人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

苺の茎あたりに小さなごまのような黒いつぶつぶが。
立体的(斑点じゃあない)なので病気というより虫じゃないかと思います。
これはどう対処したらいいんでしょうか?

あと以前うどんこ病じゃないかと思われる症状がありました。
園芸でまず葉っぱをきりとって様子をみてみたらいいんじゃないかと言われそうしてます。
その後少しまたあやしいのがありすこしなので切り取りましたが

また症状が明らかにくりかえされなければ何もしないでいいんでしょうか?
また症状がでた場合はどうしたらいいでしょうか?白い綿のようなカビのようなものでした。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

黒いゴマのような虫はアブラムシだと思います。


植えている苺がたくさんでなければセロテープでできるだけ取り、その後強めのシャワーをかけて流せばほぼ取れます。(ただし1匹でも残ってるとまた繁殖します)
他には薄めた唐辛子酒(唐辛子の粉+アルコール)を吹きつけてやっつける方法もありますが、葉や苺が傷む可能性があります。牛乳を吹きつけるというのも聞いたことはありますが、試したことはありません(臭そうなので)

うどんこ病はうがい薬を薄めて吹きつけると多少効果があります。
土は藁やウッドチップなどでマルチングして下さい。(水遣り時の土はねを防ぐため)
あとは、水遣りはジョロをつかって静かにそっとすることぐらいでしょうか。
(高温多湿だと病気が広がるので、葉に水をかけないようにするのも予防になります。)

食べ物ですので薬は使えませんし…地道に世話をするしかないと思います。
大変でしょうが、まずはセロテープでがんばっていただくのが良い気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
とりのぞいたらいいんですね。めんどくさそうですが。またでてきたら

お礼日時:2011/04/04 11:52

>黒いつぶつぶが


アブラムシでしょう。まだ果実が実っていないのなら園芸用殺虫剤を撒きましょう。

>うどんこ病
発病初期なら粉を吹いている葉っぱだけをちぎって捨てればよいのですが、広がっているようなら「カリグリーン」という農薬を買って散布して下さい。(このカリグリーンは農薬ですが根や茎を上部にする肥料でもあります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2011/04/04 11:53

>小さなごまのような黒いつぶつぶが



アブラムシだと思います。
手で潰すのも良いですし植物用の殺虫剤もあるので
質問者の判断で使用するのも良いでしょう。
とりあえず、アブラムシをそのままにするのは
ノミやダニを付けた犬猫と同じ事なので1日も早く取り去ってください。

あと、苺の株というのは基本的に「1年で使い捨て」と考えてください。
現在病気を患った株は枯れないように維持しながら
(品種によって異なりますが)春~秋に出たランナーから子株を取り
親株(現在の株)と親株から一番近い子株(親の病気を受け継ぐ為)は処分し
以後はランナーから出た子株を育てる、という事を繰り返すと良いので
うどんこ病が疑われる株と土は子株が取れたら処分しましょう。

うどんこ病の薬なども市販されているので
それらで対処するのも良いですし、葉が多い状態なら
病気の葉を取ってしまうのも良いです。

どっちにしても、苺は毎年株を新しい物にするものなので
病気の株に執着する必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
苺は1年で終わりなんですか

お礼日時:2011/04/04 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイチゴの苗に多数の虫!対処法を教えて下さい

ベランダ菜園初心者です。
ベランダにプランターを置いて、イチゴを育てています。
ちなみに土は100円ショップで買った腐葉土です。
この間、土の上・中に小さくて白い虫が何匹もうじゃうじゃ動いていました。
その後暫くしたら小さいハエのような虫がどんどん増えて・・・
これは何でしょう?土のせいでしょうか?
どうしたら良いでしょう?
ちなみに小さいながらも実が4つほどなって、美味しく頂きましたので、今は葉だけになっています。
土の中や上ばかりで見かけていて、葉や実には影響はなかったのですが、あまりにたくさんいたので心配です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 私もNo.1の回答者様の意見に賛成です。腐葉土は土を改良する為の補助的な役割をします。いわゆる肥料と同じです。わが家でも花壇の花が終わった後に、痩せた土を改良する為に腐葉土を透き込みます。このように土と混ぜて使うものですので、腐葉土だけでは使いません。おそらくあまり良くない腐葉土で、水はけが悪くなって腐葉土が腐り、コバエが湧いちゃったんだと思います。早急に植え替えた方が良いです。
 まず同じプランターならイチゴの苗を根を痛めない様に取り出します。プランターを洗ってきれいにした後に、鉢底石(これは100均でも売っています)を3~5cm程度敷き詰めた後、園芸用培養土を入れて下さい。苗を入れてプランターの内側に線がありますので、大体そこぐらいまで土を敷き詰めます。この時に土がスカスカにならないように入れるのがコツです。後は水を下の穴からタップリ流れるぐらいまで水をやって(水をやった後に苗がグラグラしたり極端に土が減ったらまた足して下さい)、しばらくは明るい日陰で管理します。また普段の水やりも鉢土が乾いたら下の穴からタップリ流れるまでやるという風にして下さい。
 ちなみに培養土はイチゴ用のもありますが、オールマイティので構いません。あまり安すぎるものは排水性が悪く、根腐れの原因になるのでお勧めできません(私は一応20リットル400円ぐらいのを使っています。プランター1つでしたら14リットルでもOKです)。
 100均は私もよく使っていますが、鉢植えやプランターの場合、その中の環境が全てですので、あまり安すぎると・・・という事になりますので、土だけはこだわった方が良いと思います。
 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 私もNo.1の回答者様の意見に賛成です。腐葉土は土を改良する為の補助的な役割をします。いわゆる肥料と同じです。わが家でも花壇の花が終わった後に、痩せた土を改良する為に腐葉土を透き込みます。このように土と混ぜて使うものですので、腐葉土だけでは使いません。おそらくあまり良くない腐葉土で、水はけが悪くなって腐葉土が腐り、コバエが湧いちゃったんだと思います。早急に植え替えた方が良いです。
 まず同じプランターな...続きを読む

Qいちご苗についたアブラムシ

イチゴの苗を植えています。
先日、葉の裏を見たらアブラムシがび~っしりついていました。
アブラムシにはオルトランが効くと聞いたのですが・・・実がなったら食べたいと思っています。
オルトラン使っても大丈夫なのでしょうか?
できる事なら薬品を使わずに育てたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?
どうしても薬品を使わなくてはならない場合、安心して使える薬品はありますか?
ご存知の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、思い出したので再度登場です。

かたくり粉を水で溶いて、はけでアブラムシに塗るのも
窒息させることが出来るので効果的だと思います。
牛乳もはけで塗ったほうが手間になるかと思いますが、
効果が高いです。

後はかなり原始的な方法ですが、ナナホシテントウやナミテントウは
アブラムシが大好物でアブラムシにとっては天敵なので、
見つけてきて、イチゴ苗に放してあげる方法もあります。
テントウムシでもニュジュウホシテントウ(斑点が多いヤツです)は
作物を食べる害虫なので、間違えないようにしてください。

害虫は乾燥して空気の流れが悪いところに発生するので、
鉢で育てているのでしたら、風通しの良いところに移動したほうがいいと思います。
(高温のところも害虫は好みます)

安心で美味しいイチゴが食べられるといいですね。

Q3月に植えたいちごに虫がたくさんいます...

3月に「四季なりいちご」をプランターに植えました。
順調に育っているのですが、
アリや、アリの半分ぐらいの大きさの羽のついた小さい虫などが
すごくたくさんたかっています。
アブラムシはいないようです。
どなたか解決法を教えてください!

Aベストアンサー

うーん、アリの半分くらい…大きいなぁ。
オンシツコナジラミにしてはちょっと大きすぎますね。
オンシツコナジラミは1-2mm位なので。
色とかが分かれば何の虫か分かると思います。

まあ、とりあえず、農薬を使うか何かして駆除した法が良いと思います。
農薬を使いたくない場合は、天然の害虫忌避剤を使いましょう。

どちらにしても、虫がなにか特定するのがまず第一です。それによって対処方法が変わってきますので。

Qイチゴの花が咲きません!

5月上旬に、ホームセンターでいちごの苗(とよのか)を購入しました。
ベランダなのでプランターに植え替えてそろそろ2ヶ月・・・
葉っぱだけが青々と成長しています(泣);

次々に新しい葉が出てきて、元気に育っているのですが、
一向に花が咲きません。
ダンナは「1株だから受粉しないんじゃないの?」っていうのですが、
花が咲かないのに受粉もなにもないですよね~。

買った株が何かおかしかったのでしょうか?
これから(そろそろ7月)実がなる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ふつう販売されている苗の状況を書いておきます。
1.前年の春に開花して実が成ります。
2.その後半からランナーが四方に出て、ランナーについた子株は順次活着していきます。
3.それらの子株を8-9月頃、切り離して仮植え床に移植して培養し、定植用苗に仕立てていきます。
この期間中に短日と低温の積算蓄積で花芽分化して、少しずつ花芽が大きくなります。
その時の形状は低温によって、タンポポの冬越しと同じように地面に密着するようにロゼット状になります。
4.この苗を定植に用いるには10-11月頃に移植を行ないます。

A.これを実を成らすための苗として年明け頃から3月頃までにホームセンターや種苗店で売っています。
この苗を見た目で書きますと、まずは前年の葉ですから硬くて色も濃い緑です。
つぎに葉はまだロゼット状のなごりで横に伸びています。
そして新しく伸びる花や葉が収まった中心のクラウン部が少し緩んでいれば花芽が見えます。

販売されている苗のもう1つのタイプは
B.3で培養された物をハウスに植えて、温度を上げ早くからランナーを伸ばして、子株を増やし仮植して大きくした物です。
このタイプですと、実を採る為ではなく、ランナーを伸ばして増やすための親株用です。
これは花芽が形成されていないので、花が咲く事はほとんどありません。

メリクロンで由緒正しく増殖された物は、ウイルスフリー苗として管理され、販売時にも表示されていることが多いです。
ウイルスフリー苗は特価でなければ、300円以上はします。

話を戻して北海道とはいえ、今、花芽がなければ今年は無理だと思います。
>花が咲かないのに受粉もなにもないですよね~。
↑これ当然、ダンナさんは再教育!(笑)
ランナーが出れば子株を採って仮植えして、苗を作るしかないです。
北海道のベランダで越冬できるかはわかりません。

イチゴの力は仮植え床の肥沃さでほぼ決まります。
また、その時の管理では、枯れかけた葉は順次取っていきます。
これでクラウンが大きくなります。深植え厳禁。
言い換えれば、根のボリュームやクラウンの大きさです。
クラウン部が親指位になるようにがんばってください。

ふつう販売されている苗の状況を書いておきます。
1.前年の春に開花して実が成ります。
2.その後半からランナーが四方に出て、ランナーについた子株は順次活着していきます。
3.それらの子株を8-9月頃、切り離して仮植え床に移植して培養し、定植用苗に仕立てていきます。
この期間中に短日と低温の積算蓄積で花芽分化して、少しずつ花芽が大きくなります。
その時の形状は低温によって、タンポポの冬越しと同じように地面に密着するようにロゼット状になります。
4.この苗を定植に用いるには1...続きを読む

Qいちごが枯れてしまいます

いちごが枯れてしまいます。

ホームセンター等でいちごの苗が販売される時期に毎回買っているのですが、どうしても写真のようになってしまい実をならすことができません...
原因としては何が考えられますか?

Aベストアンサー

根が傷んでいるんじゃないかと思います。
原因は、ポットから植え替える時にいじりすぎたか、
根っこにダメージを与える虫(コガネの子とか)が土中にいたか、
水の過不足か、肥料のやりすぎあたりだと思います。

> 水は朝夕とやっていました

この時期に、ですか?
多分、やりすぎだと思いますよ。
いちごは乾燥を嫌うけど、過湿も大嫌いです。
うちは20年前に植えたいちごが世代交代しつつまだ生きているけれども
この時期の水やりは1週間に1回です(東京で一般的な長い園芸用のプランター使用)。
真夏でも、3日に1回くらい(それ以上やるとキノコが生えてしまう・・・)。

もし、中心に新芽が残っているのなら、しばらく放っておいてはどうかと思います。
もうだめかもしれないけれども、焦ってあれこれやると、余計に悪くなるばかりです。

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Qイチゴの葉が巨大化しています。

今年初めてイチゴの苗を植えました。一応花も咲き実もつかましたが3株で5粒という有様でした。花自体が少なかったので咲いた分については結実したように思います。実がなる前から葉がどんどん大きくなり今も見たことないくらい大きな葉がついています。ランナーが出始めていて新しい葉は今のところ大きくはありませんがこのままにしておいていいのでしょうか?新しい株を育てるときは(定植ではなく今)赤玉土などでいいのでしょうか?肥料はいりますか?花が少なく葉が大きすぎるというのは肥料のかたよりのせいなのでしょうか?土は園芸用のはじめから肥料の入ったものを使いプランターで育てました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉が小さいよりは、大きい方が良いです。
小さいのが、いけない理由は
1.肥料不足。
2.何年か作っていると、まず間違いなしにアブラムシの媒介で株にウイルスが
入って全体的に株が萎縮します。
これがひどくなるにつれ、いわゆる玉のびがせず、収穫量が段々下がります。
ですから、農家は2-3年に一度は健全な苗を購入しています。
3.それと面倒な病気でイチゴ萎黄病あります。
これは土壌伝染性の病気で、罹病した苗などからうつります。
ただし、家庭菜園では連作が少ないのであまり見かけません。
葉が少し黄色で、三つ葉の左右の大きさが違います。

さて、貴方が植えた物ですが、肥料が多すぎた事もあるかもしれません。
植えられたのが、去年の秋でしょうか?それとも今年の2-3月でしょうか?
もし、今年になって買って植えたのであれば、その時には勝負が決まっていました。
イチゴの花芽分化は品種によって違いますが、ある温度以下の蓄積で起こります。
すなわち、今年なら、もう花芽の数は決まっていたと思います。

今年なら、そして価格が300円以上する物でしたら、親苗用に育てられた物かも
しれません。
ウイルスフリー苗と書いてあったら、それはウイルスに犯されていない親苗用です。

ランナーを走らせるのには地植えが良いです。
イチゴは苗の出来で花芽が決まりますので、ランナーとて、赤玉土のような肥料分が
少ない土ではダメです。
特にランナーを仮植えする場所は、堆肥や腐葉土が沢山入っている事が絶対的な条件で、
ヒゲ根よりは2mm位の長い根が多くある苗を目標にして頑張ってください。

ランナーは3-5枚くらいの葉があり、老化現象の茶色の根がない物を選んで、
遅くとも9月の初めに、仮植え床に植え替えて下さい。
仮植えは深植えしないこと、枯れ葉は順次とる事。

葉が小さいよりは、大きい方が良いです。
小さいのが、いけない理由は
1.肥料不足。
2.何年か作っていると、まず間違いなしにアブラムシの媒介で株にウイルスが
入って全体的に株が萎縮します。
これがひどくなるにつれ、いわゆる玉のびがせず、収穫量が段々下がります。
ですから、農家は2-3年に一度は健全な苗を購入しています。
3.それと面倒な病気でイチゴ萎黄病あります。
これは土壌伝染性の病気で、罹病した苗などからうつります。
ただし、家庭菜園では連作が少ないのであまり見かけま...続きを読む

Q寒冷地でも冬越し出来る花

冬は一番寒いときは-10℃から-15℃まで下がる所に住んでいます。家は狭くて、苗などを室内に入れて冬越しさせるのは無理なので野外で冬を越せるものを花壇に植えたいと思っています。
この寒さでも野外でも冬越しできる花にどんなものがありますか? 今まで植えて越せたのはなでしこ、ビオラ、パンジー、カスミソウ、ルピナスですが、これ以外のものでありましたら教えてください。

また寒冷地でのガーデニングについての情報が載っているサイトもしくは本があれば教えてください。大概の本やカタログはもっと温暖な気候を基準にして書いてあるので、耐寒性強と書いてあってもここでは無理だったりしてあまり参考になりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらは北海道の札幌です。雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ・芝桜・ジャ-マンアイリス・ジギタリス・しらねあおい・ストケシア・あ・から・わ・の忘れな草までまだまだたくさんありすぎて書ききれません。
お花の参考書では北海道新聞社から出ている、荒井道夫さんの書かれた「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」をお勧めします。
とても具体的に書かれているので、細かいところで迷わなくてすみます。
本州のカタログに載っている耐寒性強は、ひとつの目安になると思いますが、北海道の場合は寒冷地ではなく、厳寒地だそうでガッカリしました。後は育ててみるしかないんですよね。
その年の冬の様子でダメになったりうまくいったり、それもまた楽しいから続けているのかもしれませんが・・・。

こちらは北海道の札幌です。雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ...続きを読む

Qイチゴって、何度でも収穫できるのですか?

「イチゴは多年性木本植物」
という記述を見つけたのですが、イチゴって同じ株から何度でも収穫できるのですか? 
昔見かけたことがあるのですが、たしか、つるみたいなの(リード?)が伸びて、そこを切り取って植えて増やすんだと記憶しています。

では、庭の隅っこに植えたまま放置したような場合、(リードもそのままにして、土が栄養に富み、冬も暖かくて越冬できたと仮定して)親株にも、くっついたままの子株(とは言わない?)の両方に実がなるのでしょうか? そういう意味ではないんでしょうか。
もしそうして実がなるようだったら、大きさとか違うのかな、と疑問に思って質問してみました。

シーズン中にイチゴの一つの株から次々と結実し、最後の方ではかなり大粒のイチゴが出来ていたような記憶があるのですが、自信はありません。その後枯れてしまう(一年生)だと思い込んでいたので、ちょっと意外に思っています。
よかったらどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

多年性木本植物は、「多年生草本」の誤りです。
木本ではなく、草本です。

>イチゴって同じ株から何度でも収穫できるのですか?
出来ます。

>つるみたいなの(リード?)が伸びて、そこを切り取って植えて増やすんだと記憶しています。
つるは、#1の方も仰っていますが、正確にはランナー(あるいは、走出枝)といいますが、
大抵、秋から冬にかけて枯れてしまい、子株は親株から独立します。
参考までに、ストロンと言うのは一昔前の呼び方ですが、植物学的にランナーとストロンは異なり、
イチゴの場合は、ランナーであると言われています。
増殖のさせ方は、ランナーから増やす、で正解です。株分けも可能です。
一般の家庭菜園なら、何年も同じ親株から増やすことがあると思います。
また、新しくできた子株を植え直して、そこから更に新しい子株を取ることもします。
営利栽培の場合は、ウイルスにかかることから、せいぜい2~3年以内に
組織培養したウイルスフリーの苗に更新します。

>親株にも、くっついたままの子株(とは言わない?)の両方に実がなるのでしょうか? 
子株で正解です。
その親株、子株、いずれも花を咲かせます。
実がなるとしたら、子株が親株と同じくらい大きく育っていたら、親株と同じ大きさの実がなるでしょう。
果実の大きさは、品種の特性の一つなので、品種固有の最大のサイズが決まっています。

>シーズン中にイチゴの一つの株から次々と結実し、最後の方ではかなり大粒のイチゴが出来ていたような記憶があるのですが、自信はありません。
そう言われると、私も自信なしです。
大抵、一番初めに出来た実が大きく、シーズンの最後に出来る実は一番最初の実より小さいと思いますが?

>その後枯れてしまう(一年生)
冬になれば寒さで枯れたように見えるかもしれませんが、
よほどの寒さでない限り、「ロゼット」という、タンポポみたいに茎が伸びないで、葉っぱが地面に広がった形で越冬します。
これを何年も繰り返しますので、イチゴは多年生です。

多年性木本植物は、「多年生草本」の誤りです。
木本ではなく、草本です。

>イチゴって同じ株から何度でも収穫できるのですか?
出来ます。

>つるみたいなの(リード?)が伸びて、そこを切り取って植えて増やすんだと記憶しています。
つるは、#1の方も仰っていますが、正確にはランナー(あるいは、走出枝)といいますが、
大抵、秋から冬にかけて枯れてしまい、子株は親株から独立します。
参考までに、ストロンと言うのは一昔前の呼び方ですが、植物学的にランナーとストロンは異なり、
イチゴの...続きを読む

Qイチゴの花とランナーの剪定

プランターでイチゴを栽培しています。
 初めてのことなので、要領がわかりません。
 緑色のイチゴがたくさん見えてきました。
イチゴは花の間引きが必要との記事を読みましたが、
間引きの加減がわかりません。
 観光イチゴ園で見かけた程度に、大幅に間引いてしまえばいいのでしょうか?
 それとも、時期を分けて完熟するように多めに残しておくのでしょうか?
 それとも、今、大幅に間引いても、また花が咲いて次の収穫が期待できるのでしょうか?

収穫期までは、ランナーも取り除く必要があるそうです。
鋏で根元から切り取ろうと思っていますが、コツとか注意点があれば教えてください。

Aベストアンサー

お店で売っているくらいの大きさにしたかったら、根元からの一本の太い茎に3つまで。
いっぱい実がなっているのを楽しみたいなら、それなりに取っておけばいいです。

葉や収穫し終わった茎も取っあげてください。地面(根)に光が当たるようにしたほうがいいです。
はさみを使わなくても根元を見て、伸びている方向の反対に傾けるとポキッって簡単に折れます。(こんな書き方でわかってもらえるでしょうか?)そのとき、新しく出てきてる花芽を傷つけないように気をつけてください。そうすれば花芽もよく成長して長く楽しめます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング