水仙、ヒヤシンスの茎が折れたりします。
水仙では大輪の花で重みの所為か茎が途中で折れ曲がり、花は下を向いてしまいます。

水仙28輪のうち、首折れ3本、根元からの倒れ3本です。
ヒアシンス9輪のうち、倒れ2本です。

支柱にくくりつけていますが、倒れたり、折れたりするのを防ぐ方法はないでしょうか?

水不足が原因かもと思い、毎日水遣りはしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

肥料のやりすぎでは? 水もそんなにいりませんよ


スイセンの地植えですが地植えするときに注意として 深植えにします  大型の種類では 球根の高さの5倍 約50センチくらいの植え穴を掘り 10センチくらい掘った土を砕いて戻し 球根を並べ 間隔は 2個くらい空け 埋め戻します 
こうして植えてうちでは 20年以上植えっぱなしです だいぶ込んできてしまい舞いましたが
水やりなんてしてませんし肥料もやってませんが毎年咲いています

深く植えたほうが温度変化が少なく 低い気温なので 新陳代謝が遅く 高温により過度の分球がおき小さな球根ばかりになり咲かなくなるということを抑えることができます

肥料は花後~葉が枯れるでカリとリン酸の多い液肥を数回
 有機質肥料ですと 冬場に株間に深く埋める とかですか・・・・・・

地表は乾燥していたとしても 地下30~50センチはよほどのことがない限り 乾燥することはないと思いますが・・・・・・

深上は普通の水はけの土地では有効  水はけが極度に悪い場合は 高畝にします

この回答への補足

ありがとうございます。
なるほど! 深く植えるのですね?
今は20cmの深さに植えています。
今年は植え付け初年です。再来年にはもっと深く植えてみます。

補足日時:2011/04/11 06:23
    • good
    • 2

うちのスイセンとヒヤシンスも倒れますよ。

特に雨の降った後や風の強い日は。
背が高くなる大花は、雨風の負荷に耐えられないのは仕方ないと受け入れています。

ただ、書かれていることで一つ気になったのは、肥料が多いのではないかという事です。
球根植物は、成長のための栄養は球根に十分蓄えられているので開花中の肥料は不要だと思います。開花中の施肥は株を弱らせることになるので、花が終わって、翌年のために球根を太らせる段になってから追肥をやるようにした方が良いと思いますよ。

この回答への補足

ありがとうございます。
次回からは追肥の時期を遅らせてみます。

補足日時:2011/04/11 06:46
    • good
    • 3

ヒヤシンスはよく倒れますよ~。


買ったばかりの大きな球根は特にそうです。
園芸雑誌でも、一株から大きな花穂が何本も出て、真ん中を残して周りはすべて
倒れて寝てしまっているヒヤシンスがよく掲載されてますよ☆
倒れてしまったら、切り花にして楽しみましょう^^
何年か花をさかせて球根のサイズが小さくなると花穂の数が減ったり、
花穂が小さくなり倒れなくなります。

水仙も雨や風で倒れやすいですね。
これもまた、買ったばかりの大きな球根は特にです。
水仙は植えっぱなしにすると数年後には花が咲かなくなりますので、
2年~3年に1度は掘り上げますが、その際に分球してください。
球根のサイズが通常になれば花が咲いても倒れません。

売られている球根は大きな花を咲かせるように農家の方が努力して作ってますからね^^;
花が大きくて重い分、倒れやすいです。

この回答への補足

ありがとうございます。
水仙は花が大きく豪華な品種が倒れやすいです。

風ではなく、南側に倒れています。花は全て南側をむいて咲き、花の自重で倒れています。

補足日時:2011/04/11 06:40
    • good
    • 1

僕は水不足が原因ではなく、養分不足か養分のバランスが悪いのが原因と


考えます。肥料の事が書かれていませんが、肥料ば決められた時に与えて
いるでしょうか。またどのような肥料をどの程度の量を与えてますか。

肥料の三要素は燐酸と窒素とカリですが、この中で茎を丈夫させる働きが
ある成分は窒素と燐酸です。窒素を多く与えると窒素過多になり、開花に
影響しますから、窒素分を3としたら燐酸分を5にし、カリ分を7程度に
します。草花の肥料としては右上がりの山型が良いとされています。

水遣りは決められたように与えます。与え過ぎると根腐れを起こすだけで
なく、水分を多く含んだ弱弱しい茎や葉になります。これでは水耕栽培と
同じですから、茎が倒れたり折れても仕方がありません。
肥料を間違いなく与えているのでしたら、肥料の成分のバランスを考えて
施されてはどうでしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。
元肥は発酵鶏糞を与えました。追肥は発芽後固形油粕(燐酸、カリ肥料を配合したもの)を2度、化成肥料を1度与えました。隔週でハイポネックス(N:P:K=5:10:5)等の液肥を与えています。

植え付け前には苦土石灰で中和しています。右上がりにはなっていませんが、カリ肥料の不足でしょうか?

補足日時:2011/04/10 06:18
    • good
    • 1

陽の不足です、日当たりがよくても込み合っている場合にも倒れやすいです。


むしろ水のやりすぎで急激に育つのもよくないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

日当たりは良いです。南側の高台で終日、陽が当ります。
かなり密植していますが、疎らなところでも倒れがあります。

水は倒れが発現してから与えだしたところで、与える直前には土の表面は乾いています。

元来水仙は水辺に咲いており、水を好む植物だと思っていますが、間違いでしょうか?
この程度では与えすぎではないと判断しています。

お礼日時:2011/04/10 06:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水仙の花茎が倒れます

地植えで水仙、ヒヤシンスおよびチューリップを育てています。
このうち、水仙、ヒヤシンスの花茎が南向きに倒れ、花が下向きになってしまいます。ヒヤシンスは2本が根元から折れました。雨や風が強いとこの傾向が強いです。

水仙では花が小さい日本水仙は問題がありませんが、花が大きい西洋水仙はほぼ100%傾きます。チューリップは問題ありません。

何が悪いのでしょうか?解決法はありますか?現在は1本1本支柱を立てて縛り付けています。

Aベストアンサー

こんばんは

参考までにどうぞ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6656401.html

Qヒヤシンスの花が咲き終わったらどうするのですか?

ヒヤシンスって球根みたいになっていますよね。

このお花が咲き終わったので、切ってしまったのですが、残った球根は
もう一度、土に埋めても来年、咲きませんか?

花の知識がよくわからないので、花が終わったら捨てるべきなのか、とても困っています。

ヒヤシンスはちなみに普通の鉢に3球づつ入っているタイプのものを購入しました。

どうか御回答 よろしくお願いいたします。(カテゴリーが違ったらすみません)

Aベストアンサー

No.3です。
私も含めて皆さんが回答なさっておいでなのは、来年も花を咲かせるために、今年の花が終わった後にどうやって球根を太らせるか、ということです。

大抵の球根植物は、花をつけるための養分が一式詰まった状態になっていて、市販の大きな球根であれば、植え付ければそのまま咲くことになっています。でも、そこで頑張って花を咲かせたら、それまで貯めた養分を使い果たしてしまいますよね。来年も咲くには、新たに養分を貯め直さなければなりません。
それには、根と葉が大切です。
根をしっかり伸ばして養分を吸い上げる事、葉を大きく広げて光合成をすること、その二つを手助けしてやるためにはどういうことができるか、です。

三球植えの鉢は、球根がきっちり入っている上に深さも浅いでしょう? ヒヤシンスの根は真下に長く伸びるものですが、限られたスペースでは鉢にぶつかっては曲がり、他の球根の根と絡まっては曲がりして、土の中でお互いに絡まり合っています。
いうなれば、大型犬の子犬を猫用のケージで飼っているうちに大きくなっちゃった状態です。或いは初めから使い捨て前提で、花が終わったら後はどうでもいいという植え方です。よく「根っこつき切り花」なんて言い方をしますけど、使い捨てではなく活かす方法があるよ、という話です。

現在の鉢の直径が15cmくらいだとしたら、その上の18~21cmくらいの鉢(おおむね3cm刻みになってます)で、プラスティック製でいいので口径よりも深さの方が大きいタイプ(深鉢)と培養土を用意して、先の回答にも書いたように丸ごとポンと植え付けてみて下さい。元の鉢植えの土の表面の高さが鉢の縁から2cmくらい低い位置に来る様に、あらかじめ土を入れて底上げしておいて、そこに乗せる感じです。
植え付けたら、鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりと水をやります。

その後は日当りのいい場所に置く。土がからからにならないように&じめじめにもならないように、様子を見ながら数日置きに水やりをする。
基本はそれだけです。
肥料だのなんだの書きましたが、培養土が肥料入りのものでしたらそのままでも大丈夫です。

まるで何かの勧誘のように一所懸命書いていますが(苦笑)、園芸の入り口に立って興味を持って下さりそうな方をこちら側に引っ張り込もうという魂胆ですから、確かに勧誘かも知れません。
お伝えしたいのは、植物を育てるって楽しいよ、自分が世話をした植物が来年も咲いてくれたら嬉しいよ、ということです。
生き物相手なのでマニュアル通りに成功するとは限らない作業ですが、せっかくですからトライなさってみてくださればと思います。

No.3です。
私も含めて皆さんが回答なさっておいでなのは、来年も花を咲かせるために、今年の花が終わった後にどうやって球根を太らせるか、ということです。

大抵の球根植物は、花をつけるための養分が一式詰まった状態になっていて、市販の大きな球根であれば、植え付ければそのまま咲くことになっています。でも、そこで頑張って花を咲かせたら、それまで貯めた養分を使い果たしてしまいますよね。来年も咲くには、新たに養分を貯め直さなければなりません。
それには、根と葉が大切です。
根をしっかり伸ばし...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Qヒヤシンスの根っこが折れてしまったのですが

水栽培でヒヤシンスを育てているのですが、先日容器を大きいものに移し替えようとした際、根っこが約5~6本ぐらいかそれ以上折れてしまいました。
こんなに根っこが折れても、しっかり育ってくれますか?

ヒヤシンスの水栽培をやっている方または、ヒヤシンスに詳しい方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

根はたくさん残っているのでしょう
少しくらい無くなっても大丈夫です

Q水仙の花がつきません。

水仙の花がつきません。
植え替えをしすぎると花芽がつかないと聞いて
植え替えをしなかったけど花がつきませんでした。
今度は寄せ植えすると花芽がつくと聞いて寄せ植えして
みました。
結局花がつきませんそれでも諦めずに今度は鉢に上げて
肥料を沢山上げてみましたが花がつきません。
かれこれ十年以上も花がつかない球根を大事に大事に
育てています。毎年立派な葉がつきます。
何時になったら花が咲くのでしょう?
田舎の畑にあるときはとても可憐な花を咲かせていたのに・・・東京の気候がいけないのでしょうか?
誰か教えてください。

Aベストアンサー

水仙の種類は何ですか?
球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?)

原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。(日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。)
一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。(特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。

球根生産農家では親球根の花雷を摘んでしまいます。花や種に栄養を消費させないで球根を太らせ花芽を作らせます。そして#1のsattinnさんの言う通りの作業をします。(出荷まで何年か繰り返します。)
>植え替えは球根の堀り上げは葉がすっかり枯れてからします。掘り上げた球根は風通しのよい場所で乾燥させ,涼しいところに貯えておきます。
生産者は特別な冷蔵庫に入れて冬を疑似体験させて、植え付け後の成長を早くするようにしています。(←これは一般には不要な作業です。)
一般家庭でのポイントは
1)花が終わったら早めに花茎を切り落とすこと。(種を作らせない。余分な栄養を浪費させない。)
2)お礼肥えを充分に与え、日光によく当ててやる。【P(燐酸)‐葉の肥料とK(カリ)‐花の肥料を主力にすると良いと思います。】
をしてやるのが良いと思います。(毎年咲くはずです。)
これをしないと球根は年々弱って行きます。(特にチューリップは顕著です。)

鉢植えやプランターのようにシーズンオフを球根が腐らないように乾燥状態を保てる場合は
#3のmikaoさんの言うように鉢に植えたままでも良いと思います。
>3年ほどしたら植え替えたほうが良いでしょう。

これでダメな場合は土質が水仙にに不適なのかもしれません。
適した土質に改良・交換が必要だと思います。
肥料や土質は本屋で立ち読みするか、園芸店で品物を見ればわかると思います。

水仙の種類は何ですか?
球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?)

原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。(日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。)
一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。(特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。

球根生産農...続きを読む

Q花が咲かなかったチューリップの球根

昨年の秋にチューリップの球根を鉢植えしたのですが、葉と茎までは出てきたものの、とうとう花がひとつも咲きませんでした。このような球根は堀上げて今年の秋に植え直しても花は咲かないのでしょうか?条件が異なれば、咲くようになるのでしょうか?

花が咲かなかった原因も合わせて教えていただけると参考になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>とうとう花がひとつも咲きませんでした。
>>花が咲かなかった原因も合わせて・・

購入した球根が余程小さくなければ、まず花は咲くはずです。一般的な園芸種の場合、親指と人さし指で輪を作って、その輪を通らなければ十分開花が期待できます(実際はもっと小さくても咲きます)。原種系の場合、更に小さく、ラッキョウ位の大きさでも大抵開花します。

そのくらいのサイズでも開花しなかったとしたら、植えるのが早すぎたか遅すぎたか(寒くなってから~年内までが良い)、開花前に過度に乾燥させてしまったか、密植しすぎて十分根が張れなかったか、鉢に深く植えすぎて根の張るスペースが足りなかった(地植えなら、下にいくらでも土があるので深植えで良いが、鉢で深植えにすると結果的に球根下の土が少なくなってしまう)か、日当たりが極端に悪かったか、土が合っていなかった(酸性が強い土はあまり向かない)か・・などが考えられそうです。どれか一つが原因という訳ではなく、いろいろな要因が重なってそうなったのではないでしょうか。

もしかしたら、買った球根に花芽が出来ていなかったという可能性もあります。普通、球根には既に来年の花芽が出来ているのですが、育成の失敗でそれができていなければどうしようもありません。

>>今年の秋に植え直しても花は咲かないのでしょうか?条件が異なれば、咲くようになるのでしょうか?

今年花は咲かなくとも、自然に枯れるまでしっかり陽にあてて新しい球根に栄養を貯めれば、来年咲く可能性は十分あります。うちでは、掘り上げた球根で何年も咲いていますし、原種系といわれるチューリップ(レディジェーンやライラックワンダーなど)は庭に植えっぱなしでも、しぶとく花を咲かせます。

今回どういう植え方をしたのかわかりませんが、鉢植えにするなら、水捌けの良い土を使う、土に石灰(消石灰、苦土石灰など)を適量混ぜてみる、過度に密植しない(球根同士に2個分以上の間隔を空ける。他の植物と寄せ植えにする場合も同様)、11月~年内に植える、球根を植えたら、土を芯まで乾かさないように適度に水をやる(やりすぎは逆効果)、十分陽にあてる、などに注意すればきっと花は咲くはずです。

ちなみに、球根には開花までの養分は十分蓄えられているので肥料がなくても花は咲きます。来年も咲かせたい場合は、新しい球根を太らせるために花後に肥料をやります。植え付け時に肥料をやっても生長する頃には殆ど効果がなくなっていますから、花後に置き肥や液肥で与える方がベターです。もし植え付け時に肥料を混ぜたいなら、半年~1年効果が持続する肥料(マグァンプなど)を使用しましょう。

>>とうとう花がひとつも咲きませんでした。
>>花が咲かなかった原因も合わせて・・

購入した球根が余程小さくなければ、まず花は咲くはずです。一般的な園芸種の場合、親指と人さし指で輪を作って、その輪を通らなければ十分開花が期待できます(実際はもっと小さくても咲きます)。原種系の場合、更に小さく、ラッキョウ位の大きさでも大抵開花します。

そのくらいのサイズでも開花しなかったとしたら、植えるのが早すぎたか遅すぎたか(寒くなってから~年内までが良い)、開花前に過度に乾燥させてしまったか...続きを読む

Q倒れてしまったチューリップ元に戻せる?

倒れてしまったチューリップ元に戻せる?
只今、私の住んでいるマンションが改装中です。きのう作業員がベランダで何か作業していたのは知っていたが、今朝見たら、昨年11月から大事に育てていたチューリプが台風にでもあったように全部倒れています。なぜ!? これって元に戻す方法がありますか?葉が傷ついて割れてしまっているものもありますが、ほとんどは根元から倒れているだけで今のところ枯れてはいません。私に何か出来ることがありますか?ますぐ育っていたチューリップに戻せますか?どうぞ よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ花穂が出ていなければ、葉をまとめるなりしてやれば自立します。
軽く麻紐などでまとめてやればいいです。
花穂が折れてしまったら割り箸などに結わえ付けて、立てておけば良いです。
自立は無理ですから、花が大きなものなら、もう少ししっかりした棒の方がいいでしょう。
葉で包んで自立させてもいいでしょう。

Qツツジが葉ばかりで花が咲かない

1.5m程の背丈のミツバツツジ(だと思います)が、花を3-4個つけるだけで、葉ばかり茂っています。今年は諦めるとして、花後の剪定と言うのは、花が殆ど咲かなくてもやるべきなのでしょうか?ちなみに昨年も咲きませんでしたので、5月末頃に5cm程度バリカンで刈り込み、油粕を施肥しました。

Aベストアンサー

剪定時期も特に問題ないようだし、あたり前に考えれば日照不足という事になろうかとも思われます。
日当たりは多ければ多いほど良いと言うことにはなりますが、せめて1日数時間以上の直射日光は欲しいところです。まわりの樹木が日当たりを遮っているようならば、樹木を適期において少し剪定して、日当たりを良くしてやるなどの配慮も必要でしょう。

今の状態でも剪定可能のようだから、もう少し早めに剪定してやっても良いでしょう。また剪定はマメツゲやカイズカイブキでもあるまいし、バリカンなどは使わずに、植木屋がよく使う剪定バサミを使って丁寧に行うべきです。

肥料については、まあ山あたりに自生しているぐらいですから、特に多くは必要としません。油粕単体よりは骨粉も混ぜた方が良いので、「骨粉入り(生)油粕」を使われた方が良いでしょう。腐葉土あるいはバーク堆肥などと半々に混ぜ、2月あたりで株元周辺に所謂「寒肥」として土中に施します。
注意すべきは大量に施さない事です。大量に施すと葉ばかり茂り、肝心の花つきが悪くなります。ちょっと少ないかな?、と思うぐらいでちょうどよろしい。
「お礼肥」も特に必要ではないけれど、花後あたりの時期に「速効性(粒状)化成肥料、N:P:K=8:8:8」あたりを一握り株元周辺にばら撒いてやるぐらいで良いでしょう。お礼肥は速効性のものの方が良いでしょう。
なおツツジ科植物は酸性土を好むので、石灰類は施さないようにします。

山などでは斜面によく自生しています。これは排水性の良い所を好む事を意味しています。従って株元周辺に水溜りができたり、土がいつもジメジメ湿った状態は好ましくありません。表土は少し乾き気味の方がよろしい。水遣りもそのように心掛けます。

最後に、同じツツジ科のサツキなどを例にとると、テングス病(と思われる)あたりに罹ると花つきが悪くなります。
病気の疑いはないかも知れないけれど、落葉した冬期に「石灰硫黄合剤」の10倍希釈液を散布してみられる事をお勧めします。幹枝にまんべんなく散布します。もしかすると花つきが良くなるかもしれません。
(葉のある内は薬害を起こしますから散布はできません。なおサツキなどの場合は冬葉が付いていますから、20倍に希釈して冬期に散布します。)

剪定時期も特に問題ないようだし、あたり前に考えれば日照不足という事になろうかとも思われます。
日当たりは多ければ多いほど良いと言うことにはなりますが、せめて1日数時間以上の直射日光は欲しいところです。まわりの樹木が日当たりを遮っているようならば、樹木を適期において少し剪定して、日当たりを良くしてやるなどの配慮も必要でしょう。

今の状態でも剪定可能のようだから、もう少し早めに剪定してやっても良いでしょう。また剪定はマメツゲやカイズカイブキでもあるまいし、バリカンなどは使わず...続きを読む

Q球根(水仙、ヒヤシンス)の保存場所、教えてください。

球根(水仙、ヒヤシンス)の保存場所、教えてください。

球根の保存場所が無くて困っています。
本を見ると、風通しが良い場所とか涼しい場所とか書いてあるのですが、実際にそんな場所が見当たらないのです。
庭のヨド物置は、夏に地獄のように暑いですし、風通しも悪いです。

今日勢いで掘り起こしてしまって、とりあえず洗ったのですが、どうしていいものか。。。

よく種を冷蔵庫で保存しているのを聞きますが、球根も保存できますか?
タマネギやニンニクを冷蔵庫で放置すると、青い芽が出たりしますが、どうでしょう?

ちなみに、スノードロップやムスカリも堀上げ待ちです。

Aベストアンサー

私のやり方は
葉を束ねてフェンスにぶら下げておきます
雨が降りそうなときは物置に取り込んでおいて
止んだら又ぶら下げて置いて

葉が枯れてきて球根の外皮がカラッとしてきたら
大きめの段ボールに入れて屋内の邪魔にならない所に
置いておけば大丈夫です

球根の数が少なかったら種類ごとに茶封筒に入れてから
全部まとめて紙袋に入れて屋内のハンガーフックに
下げて置いても良いです

それ程神経質に成らなくても球根は案外、丈夫です
余程ジメジメしたところでない限り腐ったりしません

ただ、掘り出すのは未だ早すぎます

今年、花を咲かせた球根は、これから葉を茂らせて球根を
肥やして来年の花を咲かせるための栄養を蓄えるの時期なのに
今掘ってしまったら小粒の球根ばかりになって
来年は花数が少なくなってしまいますよ

それに球根類は掘り上げて保存するよりも2~3年植えっぱなしに
して置いた方が花数が多くなるようです

特にヒヤシンスは一度花を咲かせた後掘り上げてしまうと
再び花を付けることは殆ど期待できません

2~3年して球根が混んで来たら掘り上げて小粒の球根は処分して
大粒の球根をそのまますぐに別の場所に植えなおすようにすると
毎年、安定してたくさんの花を楽しむことができます

私のやり方は
葉を束ねてフェンスにぶら下げておきます
雨が降りそうなときは物置に取り込んでおいて
止んだら又ぶら下げて置いて

葉が枯れてきて球根の外皮がカラッとしてきたら
大きめの段ボールに入れて屋内の邪魔にならない所に
置いておけば大丈夫です

球根の数が少なかったら種類ごとに茶封筒に入れてから
全部まとめて紙袋に入れて屋内のハンガーフックに
下げて置いても良いです

それ程神経質に成らなくても球根は案外、丈夫です
余程ジメジメしたところでない限り腐ったりしません

ただ、掘り出すの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報