障害者年金を七万もらってますが七万じゃ生活できなくて親のすねかじってます。障害者年金をもらってる人はバイトか何かやられてますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。


 ←不審でしたらプロフィールご参照ください。

 勝手に想像しますと、未成年時に統合失調症発症で、成人後、障害国民(基礎)年金が月額6万6千円当たっているのかと思うのですが、東京とか、すごい住居費のかかるところにお住まいで、「七万円」がはした金にしか思えないのかな、とか推測しました。

 大不況の現在で、仕事の問題も非常に難しいですが、施設といいますか社会資源といいますか、「精神障害者地域活動支援センター」とかで、コンシュマースタッフ(ユーザーでもある職員)を募っていたりとか、クロネコヤマトのメール便がそういうところと共同したりとか、あるいは、作業所といいますが、福祉工場のようなところで、月収八万円になるような仕事もあるかもしれません。
 施設(社会資源)等の所在は保健所などに聴いてくださっても。
 あるいは、日本の法律で定まられている企業の障害者雇用枠約2%などというのもありまして、普通くらいの仕事に付ける可能性もあります。
 疑問の点などありましたら、補足してくだされば。

 単純に質問に答えるとするならば、お金の足りない人は働いたりとかしていまして、働かなくていいと思うような人は異常?な人だと思います。
 ごく当たり前のこういう常識なんですが、最近親に資産がある人とか無職でいるような変な風習が出来ています。
 ゴネ得で学校をさぼるような、甘ったれの子どもなども増えているようです。

 そうですね。貴方の義務として、月五万円以上程度、お母さんにお金を渡してください。
 それが正義だと思います。

 食費すら家に入れないで、「小遣い」で六万六千'円使っておられるとしたら、貴方は悪人としか言いようがありません。
    • good
    • 0

こんばんは


接客のアルバイトしてますよ。

この回答への補足

障害者年金は60歳までしかもらえませんか?

補足日時:2011/04/10 23:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます

お礼日時:2011/04/10 23:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成人になってから発達障害の診断をうけた者の障害者年金受給資格について

私の親戚が大人になってから発達障害と診断されました。
手帳は2級で仕事は出来ていません。

そこで聞きたいのが障害者年金の受給資格があるのかないのかです。
ーーーーーーーーーーーーー
★障害者年金の受給資格
1・「初診日の属する月の前々月迄の国民年金加入期間において、
年金保険料の納付月数と免除月数の合算月数が3分の2以上あること」

または
2・「初診日の前日において、初診日の属する月の
前々月迄の過去1年間に年金保険料滞納月が無いこと」
ーーーーーーーーーーーーーーー
大人になってから発達障害と診断された私の親族はこの条件を共に満たしていません、(上記の条件を満たせる位正常ならそもそも精神病院にも行かなかったと思います)
ですが本来発達障害は先天性の障害ですよね?たまたま診断されたのが大人になってからと言う事だと思うんです。つまり生まれつき障害があり親族等が気がつかなかっただけと言うことです、

上記、受給資格に「初診日の属する月の前々月迄の国民年金加入期間において、」とありますが、つまりこの期間も障害者だったわけです。(診断を受けていなかっただけで)

この場合上記の受給資格は当てはまるのでしょうか?大人になってから重度発達障害の診断を受けた方にとっては明らかにこの受給資格はおかしいのでは?と思うのですが。(そもそも発達障害等の病気は考慮されずつくられたものではないのかな?と)

詳しい方がいれば教えてください

私の親戚が大人になってから発達障害と診断されました。
手帳は2級で仕事は出来ていません。

そこで聞きたいのが障害者年金の受給資格があるのかないのかです。
ーーーーーーーーーーーーー
★障害者年金の受給資格
1・「初診日の属する月の前々月迄の国民年金加入期間において、
年金保険料の納付月数と免除月数の合算月数が3分の2以上あること」

または
2・「初診日の前日において、初診日の属する月の
前々月迄の過去1年間に年金保険料滞納月が無いこと」
ーーーーーーーーーーーーーー...続きを読む

Aベストアンサー

発達障害が先天性の障害であると考えられてはいても、その症状が幼少時に顕著ではないことは多々あります。
これは、親や学校によって守られており、本人自身の社会性の不足が問われる場面が少ないためです。
このとき、発達障害だとは認識されない・認識できないケースも少なくありません。

しかし、成人に達するにしたがって、自らの意思で社会とかかわってゆかなければならない場面が増えてゆきます。
そこに至ったときに周りとのトラブルなどの問題行動が明らかになり、成人後に初めて発達障害だと認められるケースは、決して少なくありません。

発達障害は、外面にあらわれるこのような「症状」から判断せざるを得ない、という限界があることも事実です。
したがって、成人後に発達障害の状態であること(障害現況)が診断・証明されたからといって、直ちにそれ以前の障害状態が証明されることにはなりません。
さらに、発達障害は2次障害(うつ・感情障害や統合失調様状態など)の形で発現することがかなり多く、その場合には、あくまでも「うつ・感情障害」や「統合失調症」などの精神疾患か、あるいは、人格障害としてしか見てもらえなくなります。医師が診断しても‥‥です。
事実、ロールシャッハテストなどの心理検査を用いても、それぞれの疾患・障害は、非常に酷似した結果が出てしまいます。
それほど、成人後の発達障害の識別はむずかしいものなのです。

いずれにしても、年金制度は既に申しあげたように「保険」制度です。
保険制度であるからこそ、受給要件を満たすことはどうしても必要になってきます。例外うんぬんという問題ではないと思います。
但し、唯一の例外(と言いますか、特例的な取り扱い)を考えるのであれば、「明らかに20歳以前からの障害と認められるときであって、20歳以前の何1つ公的年金制度に加入していない日に初診日があるとき」には、保険料の納付を一切要せずに、最短で20歳になったときから障害基礎年金を受けられる場合があります。
重度肢体障害であったり、知的障害、先天性ろう、先天性股関節脱臼などがそうです。
そうはいっても、これとて初診日証明は必須です。証明がどうしても取れない場合には、身内や親族以外の複数人の第三者から証明(明らかに20歳以前から障害を持っていた・受診していた、という証明。)を受けなければなりません。
発達障害の場合も、このような第三者証明を取れないわけではありません。しかし、ご質問を拝見するかぎりでは、初診日が明らかに20歳以降としか考えられないようですから、非常にむずかしいものがあるように思います。

発達障害が先天性の障害であると考えられてはいても、その症状が幼少時に顕著ではないことは多々あります。
これは、親や学校によって守られており、本人自身の社会性の不足が問われる場面が少ないためです。
このとき、発達障害だとは認識されない・認識できないケースも少なくありません。

しかし、成人に達するにしたがって、自らの意思で社会とかかわってゆかなければならない場面が増えてゆきます。
そこに至ったときに周りとのトラブルなどの問題行動が明らかになり、成人後に初めて発達障害だと認め...続きを読む

Q【障がい者年金】うつ病で障害者年金って月いくらもらえるんですか?

【障がい者年金】うつ病で障害者年金って月いくらもらえるんですか?

Aベストアンサー

家族構成などの条件によっても金額が変わりますので回答は出来ません。

http://shougainenkin.uetake-sr.jp/category/1322888.html

こちらでご相談なさってください。

Q精神の障害者年金の受給を出来るかどうかの質問です。 受給資格は二十歳から年金の滞納がある場合には受

精神の障害者年金の受給を出来るかどうかの質問です。

受給資格は二十歳から年金の滞納がある場合には受給資格がないらしく、私は26歳で統合失調症を発病しその時の障害者手帳は参考までに書きますと三級でちなみに今現在一級です。
25歳まで大して働いてなかったため、一年ちょっとしたか国民年金と厚生年金は支払ってませんでした。
そして発病した26歳でハローワークで障害者年金もらえるかどうか職員に尋ねたところ、未納があるからもらえないとのことでした。
あれから6年が経ちました。
去年の9月29日に措置入院し翌年の1月20日に退院、その後同年4月26日に医療保護入院をし同年6月13日に退院し、まだ通院中です。
実を言いますと、17歳の時に初めて地元で精神科病院に入院したような気がするのですが、どこの病院だったかも分からずカルテも残ってないと思いますので、これは当てになりません。

皆さん、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

障害年金の保険料納付要件とは?
https://www.shougai-navi.com/intro/id000151.html

国民年金保険料を長年に亘り未納だった人が、障害年金を受給できた事例
http://manetatsu.com/2014/05/31553/

初診日までに少なくとも直近1年か2年は年金を納めていないと無理なようです。
あまり詳しくないのでもしかすると後納制度で年金を納付すれば出来るかもしれないですが、
よくわかりませんでした。

社会保険労務士さんに確認を取ってください。

Qうつ病で生活保護と障害者年金。

 このサイトでうつ病で生活保護と障害者年金で生活されている方の投稿がありました。

 私もまだ精神科にかかっていない(外に出れない)のでうつ病との診断はされていないのですが、生活保護と障害者年金の適応がされたら社会復帰への足がかりになり得ると思い興味があります。

 うつ病だけでの生活保護と障害者年金が適応されるのでしょうか?。そして、適応基準はどうなっているのでしょうか?。

Aベストアンサー

生活保護のケースワーカーをしています。
結論から言いますと、病気や障害が重い=生活保護ではありません。
また、生活保護受給者は自立生活(保護廃止)へ向けて努力する義務を負います。
生活保護の要件を簡単に説明しますと、
まず申請者の居住地(市区町村)、世帯人数、年齢、障害の有無・程度、家賃などから「最低生活費」が算出されます。これは厚生労働省が年度ごとに決めているもので、生活保護受給者は毎月この額以内で生活しなければなりません。

この最低生活費に各種保険料、医療費等の自己負担額、各種税金等を加えた合計と、申請者世帯が得られる全ての収入(給料、年金、仕送り、不動産収入、米野菜などの現物 など)とを比較して、収入が上回れば生活保護却下、収入が足りなければ足りない額だけ生活保護支給となります。医療費は医療扶助で別途現物支給です。

申請者(受給者)は、自己の持つ全ての能力・資産を活用し、さらに扶養義務者に対しても扶養・援助を要請しなければなりません。
これらは本人から生活保護の申請があった時、福祉事務所(市役所など)の担当者が、預貯金、生命保険、自動車、不動産の有無を各関係機関へ文書で照会して調査し、扶養義務者へは面接・文書照会などをして調査します。

生活保護の適用は、他法優先の原則があり、障害年金が受給できる場合は必ず受給してもらうことになります。最初に生活保護を申請した時点で担当者が年金受給権について調査します。
年金を受給出来るようになったら、毎月の最低生活費から年金受給額を引いた差額が生活保護費として支給されます。もし障害年金受給月額が最低生活費を超える場合は生活保護却下(廃止)となります。

生活保護に病気や障害が関係してくるのは、障害の等級、障害年金受給の可否、そして一番大きいのが「就労の可否」です。前述した「能力の活用」のひとつは「働いて給料を得て自立を目指す」というものです。就労可能と判断された申請者(受給者)は就労するよう指導され、就職して給料が最低生活費を超えたら生活保護廃止(ゴール)です。
病気や障害で働けないという申し出があれば、医師の意見を踏まえ福祉事務所が就労の可否を判断します。就労不可能と判断されれば、当面治療専念または機能訓練するよう指導され、治癒した時点で上記の就労指導の対象になります。

障害年金受給の可否は、診断の有無だけでなく日常生活能力等を含めた医師の診断書をもとに判断されるので、一律にうつ病だから、という判断はできません。

生活保護のケースワーカーをしています。
結論から言いますと、病気や障害が重い=生活保護ではありません。
また、生活保護受給者は自立生活(保護廃止)へ向けて努力する義務を負います。
生活保護の要件を簡単に説明しますと、
まず申請者の居住地(市区町村)、世帯人数、年齢、障害の有無・程度、家賃などから「最低生活費」が算出されます。これは厚生労働省が年度ごとに決めているもので、生活保護受給者は毎月この額以内で生活しなければなりません。

この最低生活費に各種保険料、医療費等の自己...続きを読む

Q障害者年金の受給資格について

私は鬱病歴5年で現在は国民年金の支払い免除を受けています。
障害者年金を受給したいのですが、下記の条件に当てはまらないといけないと無理だと知りました。

平成28年4月1日までの特例として、初診日の属する前々月までの1年間年金をきちんと納めていれば障害基礎年金を申請できる。

初診日は平成16年5月なのですが、この当時は国民年金を払っていません。初診日の前々月分は3月分になるのですが、市役所で聞いたところ7月に遅れて支払っていました。その前は1年間未納はありません。
遅れて支払っていた場合は、障害者年金の受給資格はないのでしょうか?
どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

「「初診日の存在する月」の前々月」までの
「公的年金制度に加入するべき期間」のうちの
「3分の2以上」の期間について
「保険料納付済 + 保険料免除済」となっている、
という条件を満たすことが障害年金の保険料納付要件の原則で、
これを、いわゆる「3分の2要件」と言います。
(保険料の納付は「遅滞無く」済まされていることが必要です。)

「3分の2要件」により、
原則20歳からの「公的年金制度に加入するべき期間」を見てゆき、
「「初診日が存在する月」の前々月」までの間の期間において
「未納である期間」が3分の1未満にとどまっていれば、
上記までの期間内に何か月か未納だった期間があったとしても、
障害年金の保険料納付要件は満たされます。

「3分の2要件」が満たされない場合に限っては、
次に、質問者さんが記されている「特例」の適用を考えます。
「特例」は「直近1年要件」と言います。

「3分の2要件」と「直近1年要件」を
どちらとも満たさない場合には、障害年金を受給できません。

言い替えれば、回答#2にもあるように、
まずは、「3分の2要件」にあてはまるか否かを考えてゆきます。 

この点が、私の回答#1では不十分でしたので、
この回答#3で補足させていただきます。
 

「「初診日の存在する月」の前々月」までの
「公的年金制度に加入するべき期間」のうちの
「3分の2以上」の期間について
「保険料納付済 + 保険料免除済」となっている、
という条件を満たすことが障害年金の保険料納付要件の原則で、
これを、いわゆる「3分の2要件」と言います。
(保険料の納付は「遅滞無く」済まされていることが必要です。)

「3分の2要件」により、
原則20歳からの「公的年金制度に加入するべき期間」を見てゆき、
「「初診日が存在する月」の前々月」までの間の期間に...続きを読む

Qうつで生活保護だとか障害者年金だとか

うつ病で仕事ができないため、生活保護もしくは障害者年金を受給するのことは可能でしょうか?
もし受給されている方いらっしゃいましたら、申請の際のポイントなども教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

私は「抑鬱病・躁鬱病・社会適応障害その他」で就労が難しく、生活保護申請をし、受理されました。障害者3級でもあります。私の場合は通院している病院のケースワーカーさんが手続きをしてくれました。もしFukushimaGP2さんが失礼ながら心療内科に通院しているのであれば、心療内科には必ずそうゆう相談にのってくれるケースワーカーさんがいます。その方と相談するのが宜しいかと思います。私の場合は病院に役所の担当者に来てもらい、ケースワーカーさんと一緒に手続きしました。ケースワーカーさんが役所まで付いていってくれる場合もあります。

申請の際のポイントは、現在住んでる場所がアパートかマンションであれば「家賃」です。家賃には生活保護を受ける場合、上限があります。これは自治体にもより違うと思いますが、大体30000円~45000円の間というところです。後は車を持っていれば処分しなければなりません。車は財産と見なされるからです。バイクも然り。

まずは病院付のケースワーカーさんに相談するのが一番手っ取り早いです。

Q障害者年金の受給資格と所得額について

年間所得が400万円以上の場合、障害者年金は半減となり、年間所得が500万円以上の場合、障害者年金は全額支給停止となりますが、翌年の年間所得が400万円以下となった場合、障害者年金は再び支給されるでしょうか。

また、株式投資によるキャピタルゲイン(値上がり益)やインカムゲイン(配当金)は障害者年金と関係ありますでしょうか。

Aベストアンサー

実は、私も「20歳前傷病による障害基礎年金」の受給者(1級)です。
高度感音性難聴による聴覚障害(第1種/2級)で、両耳とも100dB以上の難聴ですが、15年余の障害者福祉行政経験(社会福祉法人等も含む)を経て、現在、一般企業で障害者雇用に係わる業務と社会保険・労務に関する業務を、かなり専門的に担当しています。

聴覚障害者は一般就労がかなりむずかしい、あるいは、就職してもコミュニケーションの困難度のために就労が長続きしない‥‥という厳しい現実がありますから、特に障害年金の重要性は高いと思っています。
また、20歳前傷病による障害基礎年金には所得制限があるものの、現実には、一般就労をしていたとしても所得制限にかかってしまうだけの所得が得られることは稀である、という現実がありますから、そういった意味でも、さらに障害年金の重要性は高いと思っています。

年金制度が今後どうなってゆくのかはわかりませんが、少なくとも、いきなり消滅してしまうことはないと思います。
また、国民年金保険料の全額納付免除を受けているのであれば、そのままでもかまいません。
但し、既に回答したとおり、将来の老齢年金の額はその分だけ減ってしまいますので、そのことは頭に入れておく必要があります。
ただ、高度聴覚障害の場合、「現況よりも障害が軽くなり、障害年金さえ受けられなくなる程度にまで快癒する」ということはきわめて稀ですし、実際問題として「診断書付きの現況届」によって定期的に障害の程度を報告する義務はあるものの、障害年金を受け取れなくなることはまずありません。
(これが精神障害などですと、たとえば「うつ病」が快癒すれば、障害年金を受けられなくなってしまいますが‥‥。)

このようなことから考えると、こと私や質問者さんのような高度聴覚障害の場合ならば、老齢年金をあえて求めなくとも障害年金をほぼ半永久的に受給し続けることができる、と考えられるため、全額免除された国民年金保険料を追納(直近10年以内の国民年金保険料であれば、あとから納めることができます。このことを言います。全額追納すれば、その他に未納期間がない限り、老齢年金が減ることはありません。)する必要性はあまりありません。
なお、先述したように、精神障害などの場合には全く逆で、半永久的に障害年金を受給し続けられる保証がないため、少し無理をしてでも国民年金保険料を納付し続けていったほうが良いと思います。

受給した障害基礎年金を国民年金保険料等の納付に廻す、ということは可能です。
違法でもなんでもないので、将来の老齢年金を考えるのであれば、国民年金保険料を納付しても損ではないでしょう。
ただ、基礎年金の部分だけを考えると、私や質問者さんの場合には、必ず「障害基礎年金 > 老齢基礎年金」という金額関係になります。
障害基礎年金は1級であるはずで、これは現在、年額が約99万円。老齢基礎年金は、満額が受給できたとしても、現在は年額が約79万円で、障害基礎年金2級と同額です。
現在の年金財政事情などを考慮しても、今後、これらの関係が大きく変化することはきわめて考えにくいので、厚生年金保険被保険者期間が少なければ少ないほど(少ない分だけ、老齢基礎年金に上乗せされる老齢厚生年金の部分が少ないため)、やはり、障害基礎年金の受給を優先すべきでしょう。
(その詳細は、回答2の最後のほうで述べた事情(「障害基礎年金+老齢厚生年金」)によります。)

高度聴覚障害以外には全くの健康体である、ということでしょうから、働いていない現実への罪悪感のようなものがある、ということは、たいへんよく理解できます。
ただ、「働いていない」のではなく、「働きたいけれども、働けない」「働けるようなしくみになっていない(職場でのサポートが不十分であったり、求人そのものがなかったりする)」ということのほうが問題なのですから、「働いていない」ということをマイナスにとらえることはあまりなさらないほうが良いと思います。
質問者さんのような場合には、罪を犯すなどのよほどのことがない限り、障害年金がストップすることは現実にはほとんどありえませんし、就労困難な障害者として障害年金をもらって生活することは当然の権利なのですから、堂々とされていてかまわないと思いますよ。

実は、私も「20歳前傷病による障害基礎年金」の受給者(1級)です。
高度感音性難聴による聴覚障害(第1種/2級)で、両耳とも100dB以上の難聴ですが、15年余の障害者福祉行政経験(社会福祉法人等も含む)を経て、現在、一般企業で障害者雇用に係わる業務と社会保険・労務に関する業務を、かなり専門的に担当しています。

聴覚障害者は一般就労がかなりむずかしい、あるいは、就職してもコミュニケーションの困難度のために就労が長続きしない‥‥という厳しい現実がありますから、特に障害年金の...続きを読む

Q障害年金、障害者手帳、自立支援医療の診断書作成拒否

こんにちは、都内在住の30代中盤のサラリーマンです。
メンタルヘルスか法関係かどちらのカテゴリに書くか少々迷いましたが
こちらのカテゴリでよろしくお願いします。

本題ですが、10月22日より躁うつ病にて会社を休職しました。
それに先立ち今後の金欠(借金も結構ありますし)を少しでも軽減すべく
障害年金、精神障害者手帳および自立支援医療(精神通院)の申請をすべく
10月20日に心療内科を受診し、診断書を書いてもらうようお願いしたのですが、
いずれの申請もできず、診断書も書かないと言われ、唯一可能なのは
傷病手当金のみで、それの診断書は必要に応じて書く、と言われました。
次回受診予定の丁度来月に改めて理由を聞いてみるつもりではいますが、
申請できない理由として何らかの心当たりはありますでしょうか?

以下自分の簡単な経歴です。
2006年初夏 就職(年収300弱)
同年冬頃から職務上のノイローゼからうつ傾向
2008年1月11日 心療内科A初診(受診状況証明書取得済)
同年年1~2月 休職
同年年7~9月 再発のため再度休職
同年9月30日 治癒とみなし終診
同年10月1日 退職、即日転職(年収350弱)
2011年早春 退職
2011年初夏 就職(年収200弱。選り好みできる状況ではなかったので)
同年夏~ 内臓痛や肋間神経痛、自律神経失調など
2012年初春 上記が酷いため総合診療科Bへ、
 →ストレス性のものだろうと鎮痛剤や整腸剤を処方される
同年夏~ 抑うつ状態が酷くなる
同年9月 心療内科Cへ、躁うつ病といわれ、躁鬱対策の薬を処方される
同年10月22日 休職
(現在年収200万弱なので、傷病手当金は月10万くらいかな?)

家賃を考えると長く持たないだろうなとか、実家が更地で音信不通だったり
とか金銭的な問題が色々ありますが、それはトピックを改めて質問します。

障害年金については恐らく基礎年金は貰えず障害厚生年金のみになるだろうな
とは思いますが、個人的に引っ掛かりそうなのはその程度しか思い当たりません。
もしこの辺が引っ掛かりそうだとかありましたらご教示お願いします。

こんにちは、都内在住の30代中盤のサラリーマンです。
メンタルヘルスか法関係かどちらのカテゴリに書くか少々迷いましたが
こちらのカテゴリでよろしくお願いします。

本題ですが、10月22日より躁うつ病にて会社を休職しました。
それに先立ち今後の金欠(借金も結構ありますし)を少しでも軽減すべく
障害年金、精神障害者手帳および自立支援医療(精神通院)の申請をすべく
10月20日に心療内科を受診し、診断書を書いてもらうようお願いしたのですが、
いずれの申請もできず、診断書も書かないと言われ、唯一可能...続きを読む

Aベストアンサー

2012年って、今年のことで間違いないですよね?
その医師にしてみれば、診療を始めて1ケ月で障害者認定の診断書を求められたわけですね?

それでは該当の病院で「継続的に診療している」とはその医師も診断書の提出先も認めないでしょう。

>もしこの辺が引っ掛かりそうだとかありましたら
6ケ月以上の継続的な診療、医師との信頼関係を成立させること

だと思われます。

質問者様の観点からは「2006年の初診からは6ケ月以上経過している」と思われるでしょう。
しかし、心療内科Cの立場にたって言えば、わずか1ケ月しか経過していません。
今後のご病状を判断できるほどの期間は治療していないから診断書は書く時期ではないわけで・・・・・・。

医師として「精神疾患の有無」や、「精神疾患(機能障害)の状態の確認」「能力障害(活動制限)の状態の確認」「精神障害の程度の総合判定」を、自信をもってなす段階には無いということです。
 
躁鬱対策の薬の服用を始めることで就労に差し支えない症状にコントロール可能になれば、復職も可能となるかもしれません。 今は、それを期待なさる方が良いと思われます。

2012年って、今年のことで間違いないですよね?
その医師にしてみれば、診療を始めて1ケ月で障害者認定の診断書を求められたわけですね?

それでは該当の病院で「継続的に診療している」とはその医師も診断書の提出先も認めないでしょう。

>もしこの辺が引っ掛かりそうだとかありましたら
6ケ月以上の継続的な診療、医師との信頼関係を成立させること

だと思われます。

質問者様の観点からは「2006年の初診からは6ケ月以上経過している」と思われるでしょう。
しかし、心療内科Cの立場にたって言...続きを読む

Q障害者年金の受給資格

友人は70歳で年金受給者です。
厚生年金と国民年金を受給しています。
若いころから難聴で、最近とみに酷くなっています。
テレビの音量はびっくりするくらい大きく、普通の話し声では聞こえないようです。
横で怒鳴るように大きな声で話してあげないと聞き取れません。
友人たちは話すのがしんどいと言います。
耳鼻科にかかったことはないそうですが会社の健康診断で20年以上前には

1,000ヘルツ 左右共 50dB 
4,000ヘルツ 右 50db  左 70db 

らしいです。
毎回、所見ありと記入されているようです。
この時の結果資料はまだ手元にあるらしいです。
障害者年金を受給することはできるでしょうか?
聞くところでは障害者年金の受給はとても審査が難しいとか?

どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>耳鼻科にかかったことはないそうですが会社の健康診断で20年以上前には

健康診断は初診日の証拠にはなるかもしれません。

障害認定日(原則初診日から1年6か月後)の診断書が取れないので(診察を受けていない)請求できません。

「最近とみに酷くなっています」としても、事後重症は65歳までしか請求できません。

審査以前の問題です。

Q障害年金をもらうようになったら

うつ病などで障害年金をもらうようになったら、二度と仕事をしないようになるのでしょうか?社会復帰ってできるのでしょうか?

Aベストアンサー

どこか近くに生活支援センターはありませんか?

スタッフにそういうことを相談するといいですよ。
もしも個人医院なら今後の生活のことで相談したいので
福祉相談会がどこかでおこなわれないか聞くといいでしょう。
大きな病院であればケースワーカーがいるはずですから
ケースワーカーに相談してみてはいかがですか?

うつ病といっても3ヶ月で治る人も数年かかって治る人もいて
人それぞれです。

障害者年金は国民年金を支払っていれば障害者2級の人なら
2ヶ月に1度最低13万円貰えますが
1ヶ月約6万円なので障害者年金だけでは生活できないと思います。

社会復帰するのは大変ですが知り合いにうつ病でも
社会復帰して働いてる人もいますよ。

授産施設(障害者向け雇用施設)で社会復帰を目指して
働くもしくは授産施設自体で働くのも方法です。
デイケアなどに通っていればスタッフと相談しながら
自分に合わせた方法で社会復帰するのをサポートしてくれます。

ともかく、授産施設にしろデイケアにしろ地域支援センターにしろ
相談できる場所がないか主治医かケースワーカーに
相談してみてください。

どこか近くに生活支援センターはありませんか?

スタッフにそういうことを相談するといいですよ。
もしも個人医院なら今後の生活のことで相談したいので
福祉相談会がどこかでおこなわれないか聞くといいでしょう。
大きな病院であればケースワーカーがいるはずですから
ケースワーカーに相談してみてはいかがですか?

うつ病といっても3ヶ月で治る人も数年かかって治る人もいて
人それぞれです。

障害者年金は国民年金を支払っていれば障害者2級の人なら
2ヶ月に1度最低13万円貰えますが
1ヶ月約...続きを読む


人気Q&Aランキング