今晩は。

細胞は、壊死(ネクローシス)を起こすとゴミみたいにバラバラになりますか?

膜が破れて中身が出てくるので、細胞は小さくなるのでしょうか?

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

破裂したら死にます。

穴の開いていない細胞膜は、生命の定義の候補にされています。水ぶくれして穴が開いたら、もはや細胞ではありません。即死です。ゴミのようにバラバラにもなるでしょうし、ゴミのように丸ごと置き去りとも言えるでしょう。中にあった酵素の反応や、引き起こされた炎症で、そのゴミが片付くまで一騒ぎになります。ちゃんと捨てないと自分のうちなのだから……

たとえは間違っていますが、鍋の中で破裂した水餃子です。破れればそれは餃子というよりも、皮と中身があるという状態です。残骸となった皮や中身は、周りを汚します。ヒトの体にとって困ることです。
一方、立つ鳥は後を濁さずで、自分をきれいに処分する死に方がアポトーシス。まるで食べられやすいように一口大に小分けされます。体の細胞がきれいな死に方を身に付けたならば、訳ありの細胞死は、ヒトの生存にとって歓迎されます。


「ネクローシスとアポトーシスの比較図」(下記参考リンクから)
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/017/751/60/N …

「動画。ネクローシスVSアポトーシス」良い作品です。
細菌にやられた細胞のNecrosisと、ミトコンドリアからシトクロムCが漏れ出して起こったApoptosisのアニメーションです。



浮んでいる細胞。
「動画。アポトーシス」
http://www.youtube.com/watch?v=M6uUqH688xc&featu …
「動画。ネクローシス」(破裂しただけのような気もしますが)
http://www.youtube.com/watch?v=vGDFn70ff7o
(参考リンク)
http://00576776.at.webry.info/200907/article_207 …

注目されている細胞の死に方はアポトーシスの方です。壊死が取り上げられるのは、細胞の次元ではなく、病気の状態を評価する時がほとんどだと思います。グジャグジャになってしまった時にネクったとでも言うのでしょうかね。

「マゴット・セラピー」日本医大・宮本正章さん。岡山大学・三井秀也。足切断の危機から救う。
http://www.47news.jp/feature/medical/news/070403 …
「動画。MAGGOT DEBRIDEMENT THERAPY」(無菌)ウジ療法。英国では保険適用だとか?
(5分51秒あたりから施術)(8分17秒あたりから説明アニメ)
http://www.youtube.com/watch?v=SHdrMlrR2Gc

こうした組織に広がった壊死は大変なことなのですね。


一方、また「アポトーシス」ですが。
べたーっと張り付いている細胞。はがれた瞬間、くるんっと丸くなるから、照明に光って見える(たぶん)
(Shigekazu Nagata / Kyoto University)
http://www.youtube.com/watch?v=xkASer3gEnc&featu …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肉じゃがを上手に失敗しないでつくるコツ

彼氏に肉じゃがをつくる約束をしました。
でもつくったことないんです。
私料理のセンスないというか、料理の経験なくて・・・

肉じゃがをおいしくつくるコツ教えていただけませんか?

Aベストアンサー

いきなり作っても、なかなか上手にはできません。
時間があるようなら、何度か練習してみましょう。3回も作ればコツがわかりますよ。はじめはレシピどおりの分量をきちんと量ってつくること。慣れれば彼の好みに合わせてレシピを改良できます。

気をつけることとしては
・じゃがいもは大きさをそろえて切る
・脂身の多すぎる肉だとくどくなる
・アクはきちんととる
・火が強すぎるとじゃがいもが崩れる…など。

手近なところでレシピを手に入れて、作り方をじっくり読んでくださいね。
がんばって♪

http://gourmet.goo.ne.jp/recipes/78.asp

参考URL:http://gourmet.goo.ne.jp/recipes/78.asp

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Q中国で口座をつくるって?

中国に1年間留学する予定で、お金は、現金と日本円トラベラーズチェックで持っていく予定です。
中国で口座をつくることもできると聞いたのですが、口座をつくると、どんな良いことがありますか?また、どうやってつくるのですか?

Aベストアンサー

中国に住んでいた者です

簡単に口座は作れますよ。パスポートを持って銀行に行けば、用紙に必要記入するだけです。
口座開設は先輩と行けば良いでしょう。

どんないいことがあるか。
最大手の中国銀行の口座は現地通貨の人民元と外貨(USドル、JP円、HKドル)を
ひとつの口座で預金することができます。
中国銀行のATMは全国24時間年中無休で、手数料もかかりません。
多くの店でキャッシュカードで日本のデビットみたいに買い物もできます。
不要な現金を持ち歩く必要がないです。

大学の寮は色々な国の人がいて、盗難も珍しいことではありません。
トラベラーズチェックは再発行がききますが、現金は当然ですが、旅行保険の対象外です。
銀行に入れておけば比較的安心です。

中国銀行ならば日本からの国際送金を受けることができます。資金不足のときに備えられます。

あとは利息がつくことですね。日本よりも利息がいいですよ。

そんなところでしょうか。

Q細胞塊をバラバラにしたい

ある動物細胞を培養したのですが、細胞塊を形成しています。
なんとかバラバラにしたいのですが、うまくいきません。
ボルテックスとピペッティングは試しました。

特殊な溶液などをつかって細胞塊をバラバラにする方法はあるでしょうか???

Aベストアンサー

結論から言うと、ケースバイケースで、万能の細胞分散法はありません。細胞塊が何の物質によって繋がっているか、によって対策が異なります。

とはいえ私の経験では、細胞塊を作りやすい培養細胞は、デスモゾームを作る上皮系細胞である場合がほとんどです。No.1の方が書かれているトリプシンは、デスモゾームを切るという点ではあまり有効ではありません。またトリプシンは二価金属イオンがあると活性が落ちるため普通PBS(-)に溶かします。そのため、トリプシン処理を長時間続けると生存率が著しく低下します。

以前私が扱っていた乳腺上皮癌由来細胞が、やはり非常に凝集塊を作りやすく、難儀をしたことがあります。フローサイトメーターにかける必要からシングルセルにしなければならなかったのですが、トリプシンではどうしても不可能でした。

このときは、無血清の増殖培地にプロナーゼを溶かし、この酵素液で40分処理して単細胞に分散させることができました。

ただこのような細胞でも、大抵コンフルエントに達する前にトリプシン処理すれば、比較的簡単に単細胞に分散させることができます。実験上許されるなら、それがベストの方法です。

結論から言うと、ケースバイケースで、万能の細胞分散法はありません。細胞塊が何の物質によって繋がっているか、によって対策が異なります。

とはいえ私の経験では、細胞塊を作りやすい培養細胞は、デスモゾームを作る上皮系細胞である場合がほとんどです。No.1の方が書かれているトリプシンは、デスモゾームを切るという点ではあまり有効ではありません。またトリプシンは二価金属イオンがあると活性が落ちるため普通PBS(-)に溶かします。そのため、トリプシン処理を長時間続けると生存率が著しく低下します...続きを読む

Q有機化合物エタノールとフェノールについて「アルカリと反応して塩をつくる」これはフェノールだ

有機化合物

エタノールとフェノールについて

「アルカリと反応して塩をつくる」
これはフェノールだけに当てはまると
解答に記載されているのですが
エタノールはナトリウムと反応して
ナトリウムエトキシドという塩をつくるのではないでしょうか?
フェノールはナトリウムフェノキシドを作って両方塩をつくるのでは?

Aベストアンサー

そもそも、塩基とアルカリの違いはわかってますか?
アルカリというのは要するにOH-を出すものです。また、アルカリという言い方自体が水溶液であることを前提としています。
したがって、アルカリで塩になるということは、周りにある水よりも強い酸でなければなりません。アルコールは水と同程度の強さの酸ですので、塩になるとは言えません。

エタノールの水溶液にNaを入れれば、NaOHとC2H5ONaができることにはなりますが、水溶液なので基本的に水はエタノールよりも多く存在しますので、大部分はNaOHの方になります。したがって、エタノールが塩になるとは言えません。

QHEK細胞、HeLa細胞および初代培養細胞株について

HEK細胞、HeLa細胞の違いってなんでしょか?
現在読んでいる論文に頻繁に登場してくるのですが。

HEKが小児の胚由来、HeLa細胞が子宮頸がん由来ということはわかっているのですが、実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?
では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

当方化学系の研究室に所属しているので身近に質問できる人がいません。なにとぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二つはどちらもずーっと分裂し続けます。

>あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?

確立されていないということはありません、ただ、効率が悪かったりします。上にあげたURLにあるように、初代培養細胞はまず集めることや、培養自体が難しいとかありますので、総合的に実験しづらいです。

>では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

所詮、293細胞やHeLaは「細胞株」でしかありません。
試験管ではない、細胞を使った解析は出来ますが、それはあくまで
この二つの特殊な細胞でそうなるということにすぎません。
最後の決めの実験はやはり、実際の細胞ではどうなのか?ということを証明しなくてはなりません。

例えば、腸の細胞での話をしていて、最初は293細胞で実験をやっていて得られた結果を、細胞はやはり腸の細胞で証明しないとダメだということです。

293とHeLaなどの「細胞株(cell line)」は実験に使いやすい
汎用実験用細胞といった感じのものです。

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二...続きを読む

Qどうやってつくるのでしょう

沢山の写真を使って1つの画像をつくったのをたまに見かけますがあれはどうやってつくるのでしょうか?
自分でもつくってみたいのですが。

Aベストアンサー

どのくらい本格的なのかわかりませんが・・・画像処理ソフトを使っていると思います。
本格的なら、フォトショップとか。
かんたんなのなら、ペイントでもできるかな。

参考URL:http://www.adobe.com/jp/products/photoshopelwin/

Q体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

といろいろ聞くのですが、いまいち違いがよくわかりません。

確か、
ES細胞はヒトの未受精卵は何にでも分化できる全能性をもつので、
そこからクローンを作るが、ヒトとなるのが可能な胚を使うのが倫理的に問題ありで、△。

一方IPS細胞は、体細胞?から脱分化させるんでしたっけ?
いまいちよくわかりません。

クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

ドリーは乳腺細胞からの核を用いて作られたはずだから、
ES細胞かIPS細胞かというと、IPS細胞?から
それとも、分類自体が間違っていますか。

よくわからなくて…

教えていただけるとありがたいです。
(大学受験レベルで御願いします。)

Aベストアンサー

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正しい言い方かどうかは分かりませんが、iPSはES細胞と同様にゲノムに修飾が入っていない状態を作り出すことでES細胞と同様の機能を持ちます。
*ゲノムへの修飾とは、クロマチンやDNAに情報(メチル化など)を書き込むことで転写の制御などに働く。大学受験の範囲外なので、スルーして下さい。

・体細胞クローン
>クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

この場合に用いられているものを体細胞クローンといいます。
その名の通り、体細胞から核取り出してきて、受精卵に入れ、クローンを作る。
ドリーは体細胞から作られたクローンです。
体細胞クローンは非常に効率が悪いです。


質問を読むと、どうやらクローンと幹細胞(ES、iPS)の区別がうまく付いてないように思えます。
ここで言われているクローンというのは、同じ遺伝情報を持つ個体のこと。
幹細胞は分化能を持つ(分化する先が決まっていない)細胞のこと。受精卵ではないので、個体にはならないはず・・・?
ES、iPS細胞はクローン作製用の細胞ではないです。

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正し...続きを読む

Qフリーソフトで声をつくるもの

フリーソフトで声をつくるもの
あったらしょうかいしてください

Aベストアンサー

 どういう方法で「声」をつくるつもりですか、入力したテキストを読み上げるとか、波形を編集するなど
何を紹介したらあなたのスキルに適合するか分かりません。
「音声合成 フリーソフト」で検索したらいっぱい出てくるので、あなたが使えそうなものを選んでください。

Q壊死が起こると何故部位を切断する?

考えても、答えが出なかったので専門家の意見を伺いたいと思います。

例えば凍傷で壊死を起した足を切断するという事がままあります。
この時切断という選択肢しかないのは、そのまま放置していくと全身に壊死が広がるからでしょうか?
(凍傷に至る状況から脱出していれば、患部が広がるとは思えないのですが)
それとも腐り落ちるだけの患部は要らないから切るという考えからでしょうか?

それとシャム双子というのがありますよね、これは一方が死ぬと片割も死ぬと言います。これは共有している臓器が機能を停止してしまうためでしょうか?それとも別な理由によるものでしょうか?

コレを考えると眠りに落ちるまでの時間が長くなって、寝不足です。
だれか明快な回答を出来る方がおられましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
>壊死~については、組織が死んでしまうと必ずそこで微生物が活動を始めます。
身体とつながっている組織だと、血管などが開放されているので、その流れに乗って繁殖した微生物や死んだ組織の分解産物、微生物の代謝産物などが全身の血管をめぐる事になるのです。
その結果、血液の中に大量の微生物が繁殖し、血液が化膿してしまったのと同じ状態、「敗血症」という非常に恐ろしい病態になってしまいます。
敗血症になると、身体中のあらゆる組織が細菌などに侵され、高熱を発し、血液は異常反応を起こして血管の中で固まってしまったり、それが原因で血管が詰まったりします。
また、細菌の種類によっては、細菌のつくり出す物質でショック死する事もあります。
ですから凍傷などを負った組織を切断するのは、この敗血症を防ぐ為なのです。
特に凍傷では、細胞自体が破壊されている為に細菌等の繁殖が早く、早急な処置が必要になります。

シャム双生児のお話では、結合したままの状態ですと同じ事が言えますね。
血管なども共有しているので、死んで腐敗が始まると全く同じ状況になります。

こんばんは。
>壊死~については、組織が死んでしまうと必ずそこで微生物が活動を始めます。
身体とつながっている組織だと、血管などが開放されているので、その流れに乗って繁殖した微生物や死んだ組織の分解産物、微生物の代謝産物などが全身の血管をめぐる事になるのです。
その結果、血液の中に大量の微生物が繁殖し、血液が化膿してしまったのと同じ状態、「敗血症」という非常に恐ろしい病態になってしまいます。
敗血症になると、身体中のあらゆる組織が細菌などに侵され、高熱を発し、血液は異常反...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報