よく小説の新人賞の注意書きに

著作権(出版権、ゲーム化権、映像化権、その他副次商品化権を含む)は応募した会社に帰属する

とあります。

これは小説を書いた人間の意思を無視して、会社が勝手にゲーム化したり映像化したりできるということでしょうか?

アニメ化したいが原作者のオッケーがでないのでアニメ化できないものがあるという噂を耳にしたのでちょっと気になっていました。
また、原作者に断りもなく勝手に海外向けに翻訳して問題になった小説の話もききました。

私自身、著作権というものをぼんやりとした程度しか知りませんのでちょっと分かりづらいかもしれませんが、要約すると、著作権が帰属されたばあい会社は原作者の意向を無視して勝手に映像化、ゲーム化してもよいものかどうかということです。

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

著作権は著作財産権と著作者人格権とに大別されます.前者の著作財産権は物件同様に取引の対象になります.つまり,譲渡も可能です.ご質問のように,小説その他の文学や,音楽,美術,写真,等の公募や学会による論文募集などでは,あらかじめ応募者との間に譲渡を条件とした契約を設定するのが一般的です.そうでないと,主催者が応募作品を使用することができないからです.



しかし,著作者人格権は一身専属的な権利で譲渡・相続できない権利とされています.この権利には,公表権,氏名表示権,同一性保持権が含まれます.

上記のように,公募の場合に財産権の部分で,主催者が応募作品を使用しようとした場合に,人格権が障害となることは多いので,公募の際には,人格権の行使をしないという条件を応募契約に加えることが多いです.
たとえば,人格権の行使があると,そのうちの同一性保持権が原作の改変を侵害とみなすことになったりします.ご提示の原作品のアニメ化や要約が問題になることもあります.

>著作権が帰属されたばあい会社は原作者の意向を無視して勝手に映像化、ゲーム化してもよいものか
譲渡されていれば,ある範囲での使用は可能ですが,人格権が放棄されていなければ侵害となることはあります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

著作権て2つに大別されるんですね。
詳しい回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2011/04/17 22:52

著作権を譲渡することに同意しているのですから原作者にはその作品に関しての著作権はまったくありません。


よってアニメ化もゲーム化も原作者は口出しできません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビドラマ・孤独のグルメの終わりに原作者が来店

孤独のグルメのテレビドラマ版で、毎回番組の終わりに原作者が舞台になった店に行きますよね。その際、初めて来た様な事を原作者が毎回言うのですが、原作者は、来た事無いのになんで原作かけるのですか?

Aベストアンサー

テレビドラマに関しては、
====
基本的にあえて原作を使わず、全てドラマオリジナルの話となっているが、Season1第八話のように原作に近いエピソードや、Season1第四話のように原作の延長にあるエピソードもまれに存在する。また、食事シーンがメインである点は同じだが、原作ではほとんど触れられることのない「本業」である輸入雑貨の購入を検討する顧客とのやり取りが描かれている。
====
とあるように、原作はほぼ使われていません。
原作者がシナリオを書いているわけではないのです。
ですので「ふらっとQUSUMI」にて、劇中に使用された店舗に原作者が訪れたことがなくてもなんの不思議もありません。

なお、原作者が描いた漫画の1話~23話は取材をして描かれています。

孤独のグルメ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1

Q公募の小説新人賞の著作権について

ごくまれに、著作権を主催者に帰属するという例があります。(日本ファンタジーノベル大賞や、以前のポプラ社小説大賞)

応募規定に、「出版後、著作権使用料相当額は○○社から原著作者に支払われます」と書かれている場合、著作権を失うことによるデメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>著作権を失うことによるデメリットはあるのでしょうか?

著作権は「人格権」と「財産権」の2つに分けられます。

このうち「人格権」は、他人に譲渡できず、著作者本人が死ぬまで保護されます。当然、出版社に譲渡は出来ません。

ですが「財産権」は、他人に譲渡する事ができ、相続する事もできます。

応募要綱に「主催者に帰属」とある場合、この「財産権」が「出版社に譲渡されたものとみなされる」のです。

但し、後で揉め事にならないよう、出版時「著作財産権がどちらにあるか、出版契約書に明記しておくこと」が肝心です。

「財産権」には、以下の権利が含まれます。

・複製権
著作物を印刷、写真、複写、録音、録画などの方法によって有形的に再製する権利

・上演権、演奏権
著作物を公に上演したり、演奏したりする権利

・上映権
著作物を公に上映する権利

・公衆送信権、伝達権
著作物を自動公衆送信したり、放送したり、有線放送したり、また、それらの公衆送信された著作物を受信装置を使って公に伝達する権利(自動公衆送信とは、サーバーなどに蓄積された情報を公衆からのアクセスにより自動的に送信することをいい、また、そのサーバーに蓄積された段階を送信可能化という)

・口述権
著作物を朗読などの方法により口頭で公に伝える権利

・展示権
美術の著作物と未発行の写真著作物の原作品を公に展示する権利

・頒布権
映画の著作物の複製物を頒布(販売・貸与など)する権利

・譲渡権
映画以外の著作物の原作品又は複製物を公衆へ譲渡する権利

・貸与権
映画以外の著作物の複製物を公衆へ貸与する権利

・翻訳権、翻案権等
著作物を翻訳、編曲、変形、翻案等する権利(二次的著作物を創作することに及ぶ権利)

・二次的著作物の利用権
自分の著作物を原作品とする二次的著作物を利用(上記の各権利に係る行為)することについて、二次的著作物の著作権者が持つものと同じ権利

これらの権利を失うと「どんだけ本が売れても、契約に書かれたお金しか入って来ない」です。

出版契約に「原稿料として○○万円を支払う」と書かれていたなら、本がどんだけ売れても、その金額が入ってきて終わりです。

出版契約に「著作権使用料として、図書販売額の1%を支払う」と書かれていたなら、本が売れれば売れるほど「印税」として「売れた本の1%」が入って来ます。しかし「まったく売れなかった時」には「数千円で終わり」になるかも知れません(1100円の新刊が500部しか売れなければ、5500円にしかならない)

また、どちらの場合でも「財産権を出版社に譲渡してしまった」のなら、映画化したり、アニメ化しても、1円も入って来ません。映画化権などの「版権料」は、製作会社が出版社に払います。原作者に入るのは「名声」だけです。

このように「原稿買い切り」か「印税」かで、入る金額が変わります。

「あんまり売れないな」と思えば買い切りで、「これは売れる」と思えば印税方式が良いですが、読みが外れれば、後悔する事になるでしょう。

>著作権を失うことによるデメリットはあるのでしょうか?

著作権は「人格権」と「財産権」の2つに分けられます。

このうち「人格権」は、他人に譲渡できず、著作者本人が死ぬまで保護されます。当然、出版社に譲渡は出来ません。

ですが「財産権」は、他人に譲渡する事ができ、相続する事もできます。

応募要綱に「主催者に帰属」とある場合、この「財産権」が「出版社に譲渡されたものとみなされる」のです。

但し、後で揉め事にならないよう、出版時「著作財産権がどちらにあるか、出版契約書に明記して...続きを読む

Q原作者になるには?

基本的に原作者になるには小説風に書いたのを原作と呼ぶんでしょうか?
あと原作者になるにはどうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

実は漫画原作者というのは実は余り多くありません。

例えばコンビ・グループ・夫妻等でで漫画家をやって
いて相方がストーリーを、もう一人が作画をしている
ケース等があります。女性4名ですがCLAMPがその代表例。

また、小説がヒットしてメディアミックス展開が行われ
漫画化される事があればその小説家は漫画原作者とも
言える訳です。角川スニーカー文庫系とかですね。

漫画家が歳をとって自分で描かなくなった、もしくは
絵柄が自分と合わない為に他の人に書かせるケース、
これはモンキー・パンチやガモウひろし等。

注目の小説家や力量を認めて確保しておきたい小説家を
漫画原作者として持ってきたケース、これは中山文十郎
などのケース。

先にアニメやゲームが企画されていた場合、シナリオ
ライターや企画者が原作者になります。

個人名ペンネームでも実は原作者と作画者の共同の
ペンネームである場合やプロダクションとして数名で
運営している様な場合。ゴルゴ31のさいとうたかを
などのケース。

正直、漫画の原稿料というのは一部の大御所を除いては
あまり高く有りません。さらに原作者にまで原稿料を
支払っていくとすると雑誌側としても採算を考えます。

最初からある程度のヒットを狙いますから原作や監修
付きの場合は原作・監修側にもある程度のネームバリュー
なども必要です。

通常の漫画作品の場合、作家、アシスタント、編集者、
編集長などでアイデアを纏めたネタ帳や絵コンテ、
ネームを元に様々な話し合いが持たれてストーリーを
作っていくケースが大半です。

週刊漫画雑誌などの場合、それでも間に合わないので
ゴーストライター等に頼るケースも有る様ですが。

雑誌などで漫画原作者を募集しているケースは稀です。
どちらかと言えば絵の上手い相方を見つけコンビや
チームとして同人誌や雑誌持ち込み等で活動して一緒に
プロを目指すか、小説などでヒットするなど予め実績を
作った後に漫画原作も手がけるという様な形でしか
現状では難しいと思います。

実は漫画原作者というのは実は余り多くありません。

例えばコンビ・グループ・夫妻等でで漫画家をやって
いて相方がストーリーを、もう一人が作画をしている
ケース等があります。女性4名ですがCLAMPがその代表例。

また、小説がヒットしてメディアミックス展開が行われ
漫画化される事があればその小説家は漫画原作者とも
言える訳です。角川スニーカー文庫系とかですね。

漫画家が歳をとって自分で描かなくなった、もしくは
絵柄が自分と合わない為に他の人に書かせるケース、
これはモンキー・...続きを読む

Q雑誌掲載文章の著作権は著者・出版社のいずれに帰属?

過去にも同様の質問で確認した処、以下まではわかりましたが、まだはっきりしないので質問します。
1.文芸作品の著作権は、著者に帰属するが、当初掲載の出版社が、以後の掲載権を主張することはある。
2.雑誌などに投稿された文章については、予め、投稿者(執筆者)と出版社の間で、著作権や使用許諾権が出版社に帰属する旨、申し合わせをしていることがある。

(質問)著者・出版社のいずれに著作権が帰属するかは、ケースバイケースなのでしょうか?明確に定めるためには、都度、著者・出版社の間で合意を取っておくべきなのでしょうか?
もし、そのような話し合いをしていない場合は、原則どちらに帰属するべきものなのでしょうか?

又、掲載権ないし使用許諾権というのは著作権とは別のものと解釈されるものなのでしょうか?
著作権法などに、本件関連の条項があれば、それもお示し頂けると有難いです。

Aベストアンサー

>一々そんな申し合わせをしていない場合、どうなのかというのが、この質問の趣旨なので、そうすると、ケースバイケースなのでしょうか?

出版者側だったのですね。
一義的には業界の慣例(又は常識)が優先すると考えて頂いて良いと思います。
出版権は独占的な権利(排他権)として認められてますが、はじめに例示された1と2についても、いずれも権利が独占的であることをただ追認したものに見えます。

※1と2について、No.2の回答では著作者の視点に立った書き方で、それらの内容を含めて業界の常識が優先するため、自らの権利を確保するためには改めて明示することが必要であることを意図としていますのでご留意下さい。

また、これらの例示を上げられた方々が業界の一般常識を示して居られたなら、それも当然であろうと思います。

契約に細かく書いていくことは、法律論でもれなく縛るには必要なのですが、その一方で、従来の慣例に則った契約内容について、従来のように内容についてそれほど神経質にならなくても機能させることも可能です。

ご相談の心配を暗示させるようなトラブルはいくつか思い当たります。
業界の慣例が通用するとはいえ、原著作者との間で誤解があったり、また電子書籍の問題など新しい問題に慣例が通じないこともあり、先を見通してどこまで予防線を張っておくか(明文化するか)というのはケースバイケースと思います。

なんか「これ!」といった回答もなく中途半端な説明になったようで申し訳ないのですが。

>一々そんな申し合わせをしていない場合、どうなのかというのが、この質問の趣旨なので、そうすると、ケースバイケースなのでしょうか?

出版者側だったのですね。
一義的には業界の慣例(又は常識)が優先すると考えて頂いて良いと思います。
出版権は独占的な権利(排他権)として認められてますが、はじめに例示された1と2についても、いずれも権利が独占的であることをただ追認したものに見えます。

※1と2について、No.2の回答では著作者の視点に立った書き方で、それらの内容を含めて業界の常識が優先...続きを読む

Qマンガの原作者・著者の原稿料・印税

少し前ですが機会があってある市の地域の広報誌にマンガを書きました。
原作・ネームは友達で、私はマンガのみを書きました。
2人がもらったお礼は同額でした(原作・ネームの方が大変だと思いましたが・・・)

ここで質問なのですがプロのマンガ家で原作者・著者の原稿料・印税はどのように分けられるのでしょう?

1.原作者=原作のみ、著者=ネーム・マンガ
2.原作者=原作・ネーム、著者=マンガ

この2パターンあると思うのですがご存知の方はぜひ教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

友人が出版会社に勤務していますが原稿料の取り分は毎回違います
1の原作のみのパターンでもどの程度の原作かというのがあるからです
アイデアか原案程度でほとんど漫画家また編集者がくみ上げるパターンもあれば小説のような原作がありそのままだったり漫画家側がアレンジしたりというパターンもあります
また原作者と漫画家の力関係や知名度も大きく影響します
有名原作者と新人漫画家だと当然、漫画家の取り分は少ないです
連載になるとさらに複雑で原作者がタッチしてない回もあります
そういうのを含めて単行本化に再度、印税については原作者と漫画家と話し合うそうです
ケースバイケースとしか言えないそうです

Q本を出版するときの著作権の注意

本を出版したいのですが、他の本の一部を引用しています。
引用している著者へ、どのように使用の許可をとればよい
のか。契約書の結び方など教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

扱いや引用の量によるかもしれませんが、普通は本文と分けること、変更しないこと、引用の文献名などをきちんと記載することでOKです。気になるなら、一筆お知らせのお手紙を送り、できた本を献本すればいいでしょうが、そこまでする人はほとんどいないと思います。
他の本がベースになった著作というのでなければ、気にしなくていいですよ。

Qやすらぎの郷見ていて思ったのですが、原作をネジ曲げられて、原作者と脚本家が争うことって有りますか?

やすらぎの郷見ていて思ったのですが、原作をネジ曲げられて、原作者と脚本家が争うことって有りますか?

Aベストアンサー

昔はよく有ったが
今は原作者の許可が一番と考えられる。

昔は担当編集者(何の力も無い)がOKを出し後から原作者が怒り出すが多かった
力関係が違いすぎて争うことは今は無い 鶴の一声。
アニメも昔は原作者(漫画家)の力が弱く 問題も多かったが今は創造主的な扱いだ。

Q著作権、出版権、について 教えてください

ある雑誌に 連載記事を書いています。

量的にまとまったので 書籍化したいと 考えています。

書籍化するに当たって、その雑誌の編集者や出版母体の意向に沿わないといけないものでしょうか。

それとも、著者自らが まったく別の 出版社と交渉して 出版してしまっても良いのでしょうか。

ちなみに、その掲載雑誌は 商業的な出版物でなく、業界誌に近いものです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有名な作家でも、掲載時とは違う出版社から本を出してるケース、けっこうあるみたいです。
出版社の熱意や担当者との相性、単純にそこの出版社の方がたくさん売ってくれそうだからとか。
幸いにも、掲載された編集部と本の発行を担当する出版社は別会社みたいですから、
悪いけど、今回の書籍化は紹介いただいたのとは別の出版社にお願いすることにしました。
ってお断りを入れる程度で、そうもめることはないと思います。

Q大河ドラマ 八重の桜 の原作者は関係者?

八重の桜の原作者は、山本なんとかさんだったと思います。

新島八重さんの旧姓は、山本さんですから原作者は、
同じ山本家で八重さんの家系の方なんでしょうか?

Aベストアンサー

山本むつみさんですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E3%82%80%E3%81%A4%E3%81%BF

あれこれ調べて書かれたそうですから、
家系とかは関係なさそうですね。
http://ameblo.jp/shigehisanaoko/entry-11697298022.html

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。


人気Q&Aランキング