当社では新事業を始めるに当たり休眠会社を購入しました。購入額は株主である社長が支払、商号変更・本店移転等が整い新しい謄本をいただきました。資本金は500万円となっております。ただ旧会社の決算書がないので受入仕訳はどうすればいいのでしょうか?資産・負債等は一切ありません。考えられる仕訳は(借方)?/(貸方)資本金500万円だと思うのですが借方科目名がわかりません。なにぶん初めての事なのでどなたか教えて頂ければと!よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

追記です。



他の回答などを見ていて不安になりました。

休眠会社側の仕訳の質問と考えて回答しました。

あなたの会社では、何も取引が発生していませんので、仕訳は発生しないと思います。

休眠会社側の資産債務が無いということ、手続きは社長個人が、というように考えると、諸費用の仕訳をどうすべきかは、経営者たる社長の判断となるでしょうね。
資本金部分は、前の回答だと思いますが、不安であれば税務署へ相談されれば良いとおもいます。
ただ、今後税理士へ依頼されるのであれば、その税理士のアドバイスを受けた方が確実だと思います。
    • good
    • 0

 休眠会社の購入にあたり,購入資金は社長の個人資産によって賄われ,会社のお金は全く動いていないというのであれば,会社自身の仕訳は発生しません。


 仮に,会社のお金で別会社(A社)を購入したのであれば,その取引による仕訳は
A社株式 ×××/現金預金 ×××
などとなるだけで,A社の資本金の額は関係ありません。

この回答への補足

購入休眠会社=新会社として事業開始するので資本金がないのは変ではないのでしょうか?

補足日時:2011/04/12 08:31
    • good
    • 0

会計のプロを居れた方が良いと思います、最初が肝心ですからね。



税務署に新規に帳簿をつけると届け出て、複式簿記ですよね。

簿記に詳しい方を採用してください。
    • good
    • 0

資産と負債が無いのであれば、



繰越利益(損失)/資本金

ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。私も繰越損失しかないのではと思っておりましたが、自分の考えに自信がなく悩んでおりました。心強い味方を得た気分です。本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 17:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q休眠会社にする手続きは?(活動していない株式会社の扱い)

ここ1,2年、営業活動等停止した状態の株式会社を持ってます。法人税70,000円は納付してます。休眠会社にすれば法人税の納付等不要なのでしょうか?アドバイスのほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

  事實上營業活動をしてゐないが、登記上は存在してゐる營利會社を「休眠中」と言ふかと思ひます。事業活動をしてゐないと、通常は利益が出ませんから、法人所得税や、地方税の事業税はかかりませんが、受取利子配當金や有價證券の賣却などで利益が出れば、法人税がかかります。法人税は納付金額が無くても、確定申告などは必要になります。地方税も申告が必要かと思ひます。

Q会社の社長が、取締役会の決議無く、自社の株を他の株主から自らの会社の融資によって購入、これって罪じゃないの?

私の会社は、社長と創業者が株を持っています。創業者から社長へ一部売却したことでそうなったのですが、その際の社長の購入資金が、会社から社長個人への貸付でした。貸付について取締役会の議決がありません。いろいろなりゆきがあり、その売買に問題が無いのかな、と疑問をもっております。その融資が無ければ、社長は株を買う事ができなかったようです。法律を調べても今ひとつわかりません。なにとぞお教えください。

Aベストアンサー

 その金額による貸し付けが、取締役会決議を必要とする決議に当たるかどうかは、その会社の規定です。社長決裁だけでよく、取締役会決議を必要としないものだってあります。
 そして、もしもその融資が問題あるものだったとしたら、株主が訴訟を起こすことができます。でもその株主が認めていることなら、それはないですよね。
 融資であって、株主が認めていれば背任でもないし、まして横領でもないのなら、法律的には問題はないのではないでしょうか。

Q休眠会社の会計

ひとり株式会社の経営者です。
業績が1/2に減ったので休眠会社変更予定です。

手続きは税務署で書類を提出すればよいと理解しています。

問題は休眠会社後の会計、決算ですが、休眠会社にしたらそのままにしておいてはダメなのでしょうか?

赤字は少しありますが、繰り越さなくてもよいと考えています。
私の個人名義で買っていたので、会社の資産は特にありません。

休眠会社後、法人税やその他費用は発生しますでしょうか?

お手数おかけしますが、ご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>問題は休眠会社後の会計、決算ですが、休眠会社にしたらそのままにしておいてはダメなのでしょうか?

休眠する方法
 税務署、県税事務所(等)、市役所(等)へ届け出をしてください。

登記
 株式会社の場合休眠会社であっても、役員の重任登記が必要です。
   取締役については2年に一度、監査役については4年に一度
   重任の登記をする必要があります。
   これを行わない場合は、過料の対象となります。
   (2万円程度の過料です)
   登記料は3万円(登録免許税)
   http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7191.htm
   別に自分で登記もできますから、その場合は登記料だけですみます。
   http://www.paw.hi-ho.ne.jp/sakamoto-k/zeikin/kyumin.htm
    司法書士に依頼すれば別途2万~5万程度必要です。
  ※つまり、休眠しても登記が必要です。休眠を理由に登記を怠ることは
   できません。

休眠会社の税金
 法人税
  税務申告を行わなければなりません。但し営業活動が無ければ納税額は
  ゼロとなります。
 法人住民税(地方税)
  法人税割
   法人税がゼロであれば法人事業税(法人税割)もゼロです
  均等割・資本割
   休眠中であっても、会社が存続している限り必要です。
   http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/houjinji.html#ht_2
   http://www.pref.ishikawa.jp/zei/a4.html
    ※道府県民税と市町村民税合わせて7万円程度です
  均等割の免除
   自治体によっては休眠会社の均等割が免除になる場合があります。
   これは自治体によって対応が異なり、免除にならない地区もありますの
   で、詳細はお住まいの地方自治体にお尋ね下さい。
   http://kato-kaikei.com/article/13131700.html

>赤字は少しありますが、繰り越さなくてもよいと考えています。

赤字を繰り越さないのであれば、清算してしまうのも一つの方法です。
(会社名に愛着がある等ならば別ですが)

>問題は休眠会社後の会計、決算ですが、休眠会社にしたらそのままにしておいてはダメなのでしょうか?

休眠する方法
 税務署、県税事務所(等)、市役所(等)へ届け出をしてください。

登記
 株式会社の場合休眠会社であっても、役員の重任登記が必要です。
   取締役については2年に一度、監査役については4年に一度
   重任の登記をする必要があります。
   これを行わない場合は、過料の対象となります。
   (2万円程度の過料です)
   登記料は3万円(登録免許税)
  ...続きを読む

Q現金仕訳で、事業主貸と事業主借の仕訳で困っています

個人事業主で本年度から青色申告者です。現金の仕訳についてですが、事業主貸と事業主借の仕訳に困っています。

現金の仕訳についてですが、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸し/普通預金 (適用)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (適用)月分給料 」
「・・・・・・・ /預り金(適用)預り金 源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」などと仕訳を行っています。

しかし、勘定科目の「現金」はマイナスが増えて行くだけで困っています。


自分なりの考えとしまして、(1)預金から引出した後、必要に応じた金額を「事業主借/現金」の仕訳を行ってから(2)(3)の仕訳を行う
のかとも思っています・・・
それとも、根本的に全く仕訳方法が間違っているのでしょうか?


生活費や個人的嗜好品などの購入も(1)の仕訳で預金から引出した現金を使っています。
これに対しても何かの仕訳をしなければいけないのでしょうか?

どうか良いご回答をお願いします。

Aベストアンサー

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事業主借 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/事業主借」


私ならBの方を選びます。シンプルであり間違いが少ないので。

現金勘定を使うと、仕訳処理が非常に複雑になり、また現金の管理も面倒です。事業用の現金と生活用の現金を区別して管理しなくてはなりません。

また、事業用の現金で生活費や個人的嗜好品などを購入する場合も仕訳が必要になります。しかし、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」

で処理しておけば、現金で生活費や個人的嗜好品などを購入しても仕訳は不要です。

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事...続きを読む

Q休眠会社について

休眠会社の購入を考えており、興信所や探偵会社を探していますが、
なかなか見つかりません。

こういった業種の休眠会社というのは出ないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>資本金より会社設立からの経年に利点を求めています

ということですが、休眠会社で決算をきちんとしている会社はあんまりないでしょう
創業は古いけど、第一期決算が今年という不自然なこともありえますね。

>業種変更も考えないわけではないのですが、それって簡単にできるものなのでしょうか

業種変更や、移転登記など司法書士や行政書士が請け負ってくれると思いますが
費用を考えると、新規で設立できるんじゃないでしょうかね?

また、休眠会社ですと、しっかり調べないと簿外債務があればそれを負うことになりますし
過去に、不渡りや未払い税金などがあれば、銀行にも相手にされないでしょう。
自分は買ったんだから過去の事は知らないは通らないのです。
会社自体は継続しているのですから。

何か企んでいない限りは、新規設立でこつこつと実績を積んだ方がいいですよ。
どうしてもというなら、専門業者に、それなりのお金を払って隅々まで調べてクリーンなところを探してもらうのがいいのではないですかね。

Q家事と事業が混在している口座での事業主貸と事業主借の仕訳方法について

基本的なことですが、判らないので教えてください。

日常の生活費の中に、事業に関する入出金が混在しています。事情があり、口座を分けることができません。

青色申告(正規の簿記)をしているのですが、預金出納帳については、少なくとも期首と期末で残高が一致している必要がありますので、年末にまとめて、事業主貸・事業主借の仕分けを入れて、少々無理やりですが一致させようとしています。


その場合にはどのように記帳すれば良いでしょうか。

----------------------------
1). 記帳よりも、口座残高が多い場合

事業主借で、差額を預け入れ


2). 記帳よりも、口座残高が少ない場合

事業主貸しで、差額を引き出し
----------------------------

という仕分けをすれば良いでしょうか、、、。


基本的部分なのですが、判っていません。

ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

家事用が主で使用ならば、その通帳の管理自体・帳簿をつける必要はないので、入出金が発生した都度、または年末にまとめて

経費科目/事業主借

で計上したら良いのではないでしょうか?
通帳は保管しておかないと駄目ですけどね。

もし、事業用として口座を管理されるなら
事業主貸科目を使用でいいですよ。

「家事用で出金した場合には事業主貸しで、引き出し」
事業主貸/普通預金 ですね

家事用で入金した場合には事業主借で、預け入れ

預け入れというのは口座に現金を入金される時ですよね?
家事用で入金というのは、現金の出所が事業からでなく
家事用からということですか?だとしたらOKです。
(普通預金/事業主借)
事業用の現金からなら
(普通預金/現金)で良いです。

Q休眠会社にするには? 休眠会社に税金はかかるのでしょうか?

休眠会社にするには? 休眠会社に税金はかかるのでしょうか?
合同会社を本年3月1日に設立しましたが、まだ活動しておらず給与支払,売り上げ,経費支出,負債も全て¥0です。このままですと地方税の所得割だけの税額になりそうです。
今後もそのままにしておくと毎年毎年不要な税金がかかって来るので廃止するのも手なのですが、将来活動する可能性も残っております。
どうにか活動始める時まで税金を毎年払わなくて済む手立ては無いものでしょうか?
たとえば休眠法人にするとか・・
アドバイスいただければ光栄です。

Aベストアンサー

所得割ではなく、均等割でしょう。

休眠会社についても、均等割についてのみの申告と納付の義務があるでしょう。
しかし、都道府県や市区町村によっては、休眠中の均等割を課税しない扱いがある場合もあります。
まずは、窓口などでの相談と手続きが必要だったと思います。

Q送料の仕訳と仮受金による商品売買の仕訳について

長くなり申し訳ありません。

公益法人会計で、「売上」の科目を使わずに商品の販売(ネット通販)をしています。
自社で商品は持たず、受注をうけたら生産者より直送する販売方法で、当社ではお客様より代金の回収、生産者への支払いを行い、諸費用を払った差額が利益となっています。

◎一般的な取引
1.商品販売時
 売掛金 1000 / 仮受金 1000

2.入金
 普通預金 1000 / 売掛金  1000

3.業者へ支払時
 仮受金  1000 / 普通預金  800(支払金額)
           受取手数料 200


としていますが、これに送料のからみがでてきて困っています。

お客様から送料をもらう場合と送料は無料(当社負担)の場合があります。
たとえば商品代3000円(原価2000円)、送料600円、代引315円だった場合

●送料お客様負担

1.売掛金  3915 / 仮受金 3000
              雑収入 915

2.普通預金 3600 / 売掛金 3915
  支払手数料 315

3.仮受金  3000 / 普通預金 2000
            受取手数料 1000
  運搬費  600 / 普通預金 600


●送料当社負担(代引手数料のみお客様負担)

1.売掛金 3315 / 仮受金 2400
             雑収入 915

2.普通預金 3000 / 売掛金 3315
  支払手数料 315

3.仮受金 2400 / 普通預金 2000
           受取手数料 400
  運搬費 600 / 普通預金 600


と上記のように行っています。
そもそもこの仕訳で合っていますか?
運搬費と雑収入を計上せずに、送料を仮受金に加えて計上したら間違いでしょうか?
またその場合の支払い時の仕訳はどうしたらいいでしょうか?


簡便でわかりやすい仕訳があればと思い質問させていただきました。よろしくお願いします。

長くなり申し訳ありません。

公益法人会計で、「売上」の科目を使わずに商品の販売(ネット通販)をしています。
自社で商品は持たず、受注をうけたら生産者より直送する販売方法で、当社ではお客様より代金の回収、生産者への支払いを行い、諸費用を払った差額が利益となっています。

◎一般的な取引
1.商品販売時
 売掛金 1000 / 仮受金 1000

2.入金
 普通預金 1000 / 売掛金  1000

3.業者へ支払時
 仮受金  1000 / 普通預金  800(支払金額)
         ...続きを読む

Aベストアンサー

未収入金ですね。

販売時に
未収入金 3000 / 仮受金 3000

入金時に
未収入金で受けて、

支払時に
仮受金で支払う。

でも、今まで売掛金勘定を使用しておられたのなら、
未収入金を売掛金に置き換えて、仕訳してください。

Q休眠会社にして納税を避けたいのですが。 可能でしょ

うか?  実は、一昨年、赤字続きの会社を解散(自主廃業)しました。 
現在信用保証協会から5000万円の借金があるだけです。そのため、借金返済するまで、会社を清算できないと、税理士さんから言われて、毎年45000円を納税しています。 更に信用保証協会へは私の給料から毎月40,000づつ返済しています。 連帯保証人は私一人で家族は連帯保証人になっていません。 私の給料は月手取り十数万円です。 生活は苦しいです。そこでせめてなんの利益もだしていないし活動もしていない会社のために毎年40,000円の税金を支払うのは大変です。

「休眠会社」という言葉を聞いたことがありますが、会社を休眠会社にすれば納税しなくていいのでしゅうか?

そうであれば、l休眠会社にするにはどうすればいいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自己破産すれば、所有している会社との任意契約が破棄され役員から自動的に外れます。一人役員の会社なら、それで事実上会社が消滅したことになり、会社の破産手続きをすることなく全ての借金から開放されます。もちろん信用保証協会の5000万円の借金も、事業資金として借りいてていたのでしょうから免責になります。自己破産してもいいというのなら、これが一番楽なやり方だと思います。

 実際給料が20万円行かないのであれば、これしか生活を楽にする方法は私には浮かびません。自己破産には25万円程度の資金が必要ですが、これも法テラスからの借り入れが使えますのでそんなに心配することはありません。その借り入れも大体月5000円くらいの返済になるくらいです。

 休眠会社は、結局借金のない会社でないとできないと思いますね。

Q仕訳について教えてください!! 中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について 12月に中古車を購入しま

仕訳について教えてください!!
中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について
12月に中古車を購入しました、個人事業主ですが、未払のまま確定申告をするので、質問です。
未払金/車両本体代
未払金/リサイクル料
の仕訳でよろしいのでしょうか?
減価償却は、定額法なので償却基礎金額に車両本体代を入れて、リサイクル料は、全く別勘定としておけばよろしいのでしょうか?

支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?
どうか、お知恵のある方教えて下さい

Aベストアンサー

>未払金/車両本体代
 未払金/リサイクル料
 の仕訳でよろしいのでしょうか?

いいえ、基本的に貸借(左右)逆です

・12月購入時
車両(本体)100万 未払金 100万
預託金    5万 未払金  5万

などとします

>支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?

支払ったときに「計上」すればよろしいですか、ということなら、

車両本体については支払ったときの計上は誤り(12月納車時に未払金等で計上します)、リサイクル費用については支払ったときの計上でもよいです。
(リサクル料金は「預託金」「長期前払費用」の類ですので、支払ったときの損金にはなりませんが)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報