当方35歳、妻、長女が居ります。現在保険の見直しを検討しております。

現在以下保険に入ってます。
(1)Bグループ保険 死亡・高度障害1,000万円。
(2)家族傷害保険(損保)死亡後遺 1,562万円、入院日額5,500円
(3)積立介護 医療費用10万円、臨時費用100万円。
(4)がん保険 死亡300万円、入院日額 3万円。
(5)終身保険 終身保険金額 150万円、定期保険特約 1,350万円 3大疾病 300万円、年金320万円、入院特約5,000円
(6)こども保険 育英年金、満期100万円。 

(1)~(4)は団体扱なので結構メリットあると思ってます。また(6)は解約し、普通の積立預金に変更するつもりです。

そこでご質問ですが、(5)なんですが、特約を大幅に無くそうと思ってます。またもしくは(1)はコスト的にメリットがあるので増額追加加入するなどして解約も検討してます。どなたか(5)についてのお考えをご教示頂けますか?
尚、小生団体信用保険に加入の上、持ち家をローンで購入しております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(5)の年金部分ですが。

。。
「死亡後に320万円ずつ○年間もらえます。」という形の定期保険の分割支払いというような感じの物ですよね?
そうであることを前提とします。。。

(5)の死亡時の補償額が大きすぎるのではないでしょうか?
三大疾病の特約とあわせると6000万近くになりませんか?さらにBグループの分を足すと、保障額が大きすぎる気がします。
持ち家があるのでしたら、死亡後に家の心配がなくなりますので、5000万を超える保障はいらないでしょう。年金部分を減額するのも一つの手です。
また、終身150万ですが。。。正直言って、150万では、意味がないに等しいです。お葬式代にもなりませんので。そのくせ、保険料が高いですから、無駄になってしまいます。150万ある終身を、限度額まで減らしてしまってもいいと思います。

で。。。問題なのがBグループ保険です。
これについては、幹事となる保険会社の他にも、数社が協力していますので、保険会社の経営破たんの影響をほとんど受けないので便利です。
が。。。例えば、質問者様の職場が倒産した場合、何か問題があって転職した場合などは、一切保障がなくなってしまうことになります。
メインになる保障をBグループのみに絞ってしまうと、上記のケースの場合が心配になります。そうなった時に、一般の生命保険に入ろうとしても年齢が上がっているので、今以上の保険料を請求される可能性が出てくるのです。

リスクは分散しておいた方がいいかと思います。
私が、よくお薦めするのは、「終身保険は限度額ギリギリまで削る。(会社によっては、10万単位で持てる所もあります。)定期保険部分については、Bグループと併用にして、削れるところまで削る。」という方法です。この場合、年金年額×受給年数の金額は、定期保険として考えます。

ちなみに、三大疾病に関してですが。。。これは、残しておいた方がいいかと思います。あくまでも、個人的な意見ですけど。

Bグループ保険のパンフレットには、詳細な金額がかかれています。また、一般の生命保険に関しても、保険証券をみれば、定期保険部分の単価がわかります。100万あたりの単価を計算してみて、配分を決めます。ご自身が欲しい保障金額を考え、その組み合わせが安くなるのかを検討してみます。併用することで、リスクを減らします。

これが、私がFPとしてお薦めしていた考え方の一例です。
    • good
    • 0

NO1です。


推測ですが・・(1)に特約を付けたとして、何日目からの給付になりますか?多分、4日免責じゃないですか?

(5)の特約は初日からの給付だったりしませんか?
また、これには3大疾病も付いてますね。あればあった方がいいような気もしますが。

それも要らない、死亡保険金だけ確保したいと言うのであれば解約してしまって
安い保険料を取ってもいいと思います。
    • good
    • 0

(5)の年金は死亡時のみですか?それとも介護が付いてますか?もし介護が付いているなら(3)と若干重複しそうですね。


(3)の保険料がどのくらいか分かりませんがもし重複しており、なおかつ保険料を下げたいなら(3)を解約しても良さそうです。

(5)の特約を削るならやはり年金額かな?と思います。
多分、200万まで下げられるでしょう。
これは死亡時に遺族が毎年受け取れる保険金です、多ければ多いに越した事はないですが、下げても構わないでしょう。

「団体扱」と言う事は給与天引きですよね?でしたら(5)も団体扱いに出来ると思いますよ。担当営業員さんに聞いて見るといいかと思います。

この回答への補足

早速のご回答有難うございます。(3)の保険料は2,210円の終身です。(5)は死亡時のみですね。
また言葉足らずでした。(5)も給与天引きですので団体扱いです。ただこの保険のみ月16,000円と高いので、(1)を増額して、(5)を解約しようと思った次第です。ちなみに(1)は月2,500円です。

補足日時:2003/09/28 22:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHuawei Mate9とケイオプティコムdocomoプランmineo-simカード適合性について

Huawei Mate9にケイ・オプティコムmineo docomoプランのsimカードは使えますか?
音声/通信両方タイプで使えますか?
現在使用中のHuawei P9 liteのdocomoプランnano-simをMate9に差しかえて使えるのなら機種変更したいです。
Mate9お使いの方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Mate9使いではないですが、
Docomo系MVNOのSIMはDocomoが提供しているので
DocomoのSIMと実績があれば問題ないです。
Mate9は当然Docomo SIMで使えるので、ほぼ間違いなく使えます。

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む

QIPODminiをBOSEのMediaMate IIで聞く

はじめまして。
当方IPODMINIを使用していますが、ipodをスピーカーで聞きたいと思い、色々探してみたところboseのMediaMate IIを見つけました。
公式HPにはCDやMDなどの音楽再生機に接続可能とありましたが、IPODにも接続は可能なのでしょうか?
そして、もしipodと接続できる場合MediaMate IIの音質が低下(本来のパフォーマンス以下になる)したりすのでしょうか?
SoundDockを買えばいいのかもしれないのですが、価格がネックになっているのでもしMediaMate IIで大丈夫ならMediaMate IIを購入しようと考えています。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

検討されているBOSEのMediaMate IIとの接続ですが、何の問題もありません。
MediaMate IIに付属している接続コードのうち、片側がピンプラグでもう片方が
ステレオミニプラグになっているものを使用します。ステレオミニプラグの方を
iPodMiniのヘッドホン出力端子に接続すれば良いです。
SoundDockと比べ何か問題があるとすれば、リモコンがない事、iPodMiniと本体や
本体の右側と左側の接続コードが邪魔になるくらいであると思います。

参考URL:http://www.bose.co.jp/home_audio/multimedia/mediamate.html

Q医療保険 入院日額1万円→5千円のに2つ入るのは?

医療保険、検討中、28歳主婦です。
まず日額が1万円必要なのか…?というのが疑問です。
まぁ、人それぞれであり、あるに越したことない?ですよね??
そこで、日額5千円のもの(違う会社のもの)に2つ入る、というのはいかがなのでしょうか?その場合、1入院日数も60日のと120日(180日)の2パターンにするのがいいかなぁと思っています。また、将来の状況に応じて最悪1つやめることもできますよね。こういう入り方はどうなのでしょうか?間違っている?損?無意味?なのでしょうか?

例えば…
【エバーハーフ】
    +
【Dr.ジャパン】or 【全労災】or 【ソニー生命】
保険に関して本当に素人なので…変な質問ですみません。
このほかに、良い保険や組み合わせのものがありましたら教えてください。皆様からのアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

複数に分けて加入する事は間違っていませんし、ある意味正しい考え方です。
1日目からとか1泊2日から保障される商品が増えましたが、そんな短期の保障はいらないといわれる人がいるのも事実です。

例えば1本は1日目からの保障で、もうひとつは5日目からなどと必要に応じて設定する事も可能です。
また現行の老人保険制度を考えたときにひとつは終身保障でもうひとつは60(65)歳までとするのもいいでしょう。

欠点としては、まず保険料が1本の方が割安ということ。そして契約時や保険金請求時の手続きが複数になることですね。

分け方としては複数社に分ける方法もありますし、同じ商品で条件を変えるなどして複数契約する方法も考えられます。

個人的には同じ扱い者から加入する事をお勧めします。分割する意義を理解し、受け取り時の手続きも忘れないでやってもらえると思います。扱い者といってもプロ代理店などがいいですね。

どちらを選択されても、それぞれにメリットデメリットがあります。よく考えて判断しましょう。

QNEC VALUESTARとMateの違いを教えて下さい。

会社でLANシステムを導入することになりました。PC台数は約55台です。PCはNEC社製となったのですが、コンピューター会社の話では、LANを組む場合VALUESTARでは無理で、Mateになるとのこと。VALUESTARとMateの違いは何でしょうか?また、このコンピューター会社の話は本当なのでしょうか?PCに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ、VALUESTARでは現実的とは言えないのは確かです。

MATE(型番・M)はビジネス・SOHO・オフィス向けのPCです。カスタマイズが自由にでき、ソフトなどもオフィスに適した物以外はつきません。また、セキュリティ・堅牢性などもハードウェア(一部ソフトで実現)レベルで異なり、メーカーメンテナンスの質も遙かに上で異なります。

バリュースター(型番・V)は一般向けのPCとして、ホーム・SOHOとごく小規模なシステムとの連携には向きますが、企業などの大規模システムではセキュリティ関連機能やソフトの充実が弱いため企業でのLANシステムには向きません。

もっと大きな違いを知りたいなら、参考URL→パソコンと進んでみてください。付属ソフトも違えば、機能や本体の推奨の仕方も全く異なります。

ということで、LANを構築できないとは言いませんが、企業向けの安全管理にVシリーズを導入することを推奨する会社は少ないです。(小中学校などなら使い勝手などもありますからまた別ですけど)
よって、会社の規模や管理体制にもよりますがMATEを推奨するのが普通です。
もし何かあれば、補足を

参考URL:http://121ware.com/

まあ、VALUESTARでは現実的とは言えないのは確かです。

MATE(型番・M)はビジネス・SOHO・オフィス向けのPCです。カスタマイズが自由にでき、ソフトなどもオフィスに適した物以外はつきません。また、セキュリティ・堅牢性などもハードウェア(一部ソフトで実現)レベルで異なり、メーカーメンテナンスの質も遙かに上で異なります。

バリュースター(型番・V)は一般向けのPCとして、ホーム・SOHOとごく小規模なシステムとの連携には向きますが、企業などの大規模システムでは...続きを読む

Q月掛け金1000円くらいで死亡保障が300万円くらいで金払いが良い保険会社

保険に入ろうと思っている23歳の男です。

とりあえず上の条件を希望したいのですが何か良い保険などありませんか?

回答おねがいします。

Aベストアンサー

オリックスダイレクトで、300万円なら月513円です。

参考URL:http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/teiki/index.htm

Q40歳のおっさんがJeans Mateで服を買う。なしですか?

どうなんでしょう?Jeans Mateというお店は
若者向けのお店だと言うことを会社で聞きました。
「その服どこで買ったんですか?」
「Jeans Mateだよ。」
と言ったら部下に笑われました。

40歳でJeans Mateはちょっと違いますか?

Aベストアンサー

私はジーンズメイトで働いている者です。
ジーンズメイトは、たしかに若者向きのアイテムが
多いですが、落ち着いた大人の方向けの商品も
いっぱいありますよ!
年配の方に向けた商品も企画されています。
お客様の年齢層も、小さな子どもからおじいちゃんまでと幅広いです。

ジーンズメイトは、どなたでもブランドにこだわらずにおしゃれを
楽しみたい方には最適だと思いますよ☆
いろんなテイストの洋服がありますし、
お値段もお手頃ですし!
ジーンズメイトの別注商品や、
オリジナルブランドもあるんですよ☆
ズボン類は、ブランド物もたくさんありますので
おすすめです☆
私のお店には芸能人の方もいっぱいいらっしゃいます。
もちろん他のお店にもたくさんいらっしゃるそうです。
ここだけの話、渋谷店には、美輪明宏さんも
来られたそうです。笑
40歳でジーンズメイト、、、
ぜんぜんおかしくないです!!
これからも、ジーンズメイトでいっぱいお買いものしてください♪

Q入院特約付き終身保険の方が良いですか?(長文です)

現在終身医療保険への加入を検討している30代独身女性です。
代理店の方からいただいた設計書を読み返していて、保険が終身保険になっていることに気づき、これで良いのかどうか迷っています。

プラン内容は
5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険
死亡・高度障害保障(リビングニーズ含む) 100万円
災害入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き
疾病入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き
月額保険料は6500円位で、60歳払込終了です。
保障は特約も全て終身です。

私が最初に出した希望は
1.60歳払込終了の終身医療保険に入りたい
2.解約返戻金は無くて良いので、月々の保険料を安くしたい
3.災害・疾病共に1泊2日入院から日額5000円、120日型、限度日数1000日以上で、手術給付金付きが良い
以上です。

1はこの保険会社には終身医療保険(60歳払込終了)もあるのに終身保険になっていることが疑問です。
2は終身保険になっているので当然かもしれませんが、解約返戻金も死亡保障もあることが疑問です。
3は一応希望通りですので特に問題はありません。

ちなみに私には既往症があり、他に保険には入っていません。
今回の保険も部位不担保という条件付きでの加入予定です。(まだ加入決定ではありませんが・・・。)
代理店の方は私に既往症があるので、単体の医療保険より終身保険の方が入りやすいから、終身を勧めておられるのでしょうか?(このサイトで以前終身保険の方が入りやすいという内容を読んだことがあります。)
解約返戻金なしには出来なかったけれどその代わり死亡保障は最低金額にしたとは言われましたが、その時はそういうものかと思いましたが、終身保険であればつくのは当然といえば当然かと・・・。

代理店の方がこれを勧める意図も含め、この保険が私に最適かどうかアドバイスをお願いいたします。

現在終身医療保険への加入を検討している30代独身女性です。
代理店の方からいただいた設計書を読み返していて、保険が終身保険になっていることに気づき、これで良いのかどうか迷っています。

プラン内容は
5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険
死亡・高度障害保障(リビングニーズ含む) 100万円
災害入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き
疾病入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き
月額保険料は6500円位で、60歳払込終了です。
保障は特約も全て終身です。

...続きを読む

Aベストアンサー

その代理店の人が何を考えたのか本当のところはどうか分かりませんが、終身保険+終身医療特約には意味があります。
他の回答に終身保険を分けた方が良いとありますが、確かに一般論なんですが、500万とか1000万とかいずれ解約返戻金を使うことがありそうな契約の場合は分けておくのが良いです。
100万という最低限の終身保険を付けておく事の意味は、失効予防と言う事になってきます。無解約返戻金型の医療保険は、二ヶ月連続で保険料の払込が無いと失効してしまいます。ついうっかり、と言う事もあれば、入金に行けない事情もあるかもしれません。失効後は健康状態に問題無ければ復活できますが、絶対に可能と言うものではありません。
終身保険+医療特約の場合、自動貸付や契約者貸付が受けられます。払込が無い場合も解約返戻金から自動的に立替払いをするので契約が途切れるリスクが減るのです。(例えば入院してて入金に行けなくて失効した、ではしゃれにならんでしょう。)
失効予防策は他にもあるものの、終身保険があると予防になります。
こう言う方向で考えた場合には解約返戻金があればよいのではなく、自動貸付が出来るかどうかです。
一部の単体の医療保険には契約者貸付・自動貸付が受けられる保険があるのでそちらでも良いのですが、最近普及している解約返戻金なしの単体医療保険には危うさを感じます。
あとは細かい話ですが、殆どの医療保険には保険料率変更規定なるものがあり、終身型でも将来値上げが約款上可能となっています。終身保険+医療特約はこの保険料率変更規定がありませんので、値上がりはありません。
基本的には説明不足なんだと思います。両方提示してそれぞれのメリット、デメリットを説明すればいいわけですから。

その代理店の人が何を考えたのか本当のところはどうか分かりませんが、終身保険+終身医療特約には意味があります。
他の回答に終身保険を分けた方が良いとありますが、確かに一般論なんですが、500万とか1000万とかいずれ解約返戻金を使うことがありそうな契約の場合は分けておくのが良いです。
100万という最低限の終身保険を付けておく事の意味は、失効予防と言う事になってきます。無解約返戻金型の医療保険は、二ヶ月連続で保険料の払込が無いと失効してしまいます。ついうっかり、と言う事もあれば、入金...続きを読む

Q「JAF MATE」賞金クロスの宛先

JAFから毎月送られてくる月刊誌「JAF MATE」の中の、賞金クロスの宛先をご存知のかた、教えてください。
パズルを解いてアンケートに回答して…とホッとしたのか、宛先を書かないまま捨ててしまいました(涙)。
確か、郵便番号だけで届いたと思うのですが。

どなたかお手元に「JAF MATE」をお持ちのかた、教えてください。

Aベストアンサー

はい、どーぞ!

〒105-8050
『JAF MATE社パズル係』

郵便番号だけでOKです。
10/10必着です。

Q簡保の特別終身保険ながいきくん(お楽しみ型)入院特約のみ解約の得失を知りたい

妻の簡保のながいきくん(お楽しみ型)の特約だけの解約を検討しています。保険の詳細1)死亡保険金額 ¥500万円 2)保険契約の効力発生日 平成7年8月1日 3)保険料払込期間の終期 平成19年7月31日 4)保険料払込済年齢 65歳 5)保険料額 基本契約 ¥24,800円/月 特約保険料¥19、400円/月(入院保険のみ)  なお、災害保険は既に解約し、現在は付保していません。
6)入院特約 入院5日目から1日につき¥7500円、120日まで
7)平成18年8月1日現在の現在払込保険料総額
  基本保険料 概算¥314万円、入院特約保険料 概算246万円
8)平成18年8月1日現在の保険契約解約返戻金額約¥241万円
  (郵便局で確認した額です)
[解約したい理由](基本生命保険は維持します)
1)保険料払込期間の終期までの累計特約保険料は概算¥269万円と見積もっていますが、その時点での解約返戻金も同額程度と予想しており、入院等の費用は現金で払えば良いのではないか。
2)現金なら妻の病気に限らず、夫(小生)の病気にも使える。
3)入院特約は120日限度だが、解約返戻金が269万円あればほぼ1年の入院費用をまかなえる。
4)別途アフラックの新がん保険に入っているので長期入退院の恐れのあるガンには対応できる。
5)なお、別途夫分として同じく「ながいきくん」を一口入っているが、これも特約を解約し(時期は平成20年8月)一方の解約返戻金は、多少有利な運用に回したほうが良いのかな、との思いもあります。
[気になること]
以上のような選択に考え落ちはないでしょうか?この保険の予定利回りは3.75%と聞いていますが、解約せずにこのまま維持したほうが得なのかとも思いますが、よく分かりません。
払い済み期間終了後は解約返戻金は年々減少すると思っているのは正しいのでしょうか?

妻の簡保のながいきくん(お楽しみ型)の特約だけの解約を検討しています。保険の詳細1)死亡保険金額 ¥500万円 2)保険契約の効力発生日 平成7年8月1日 3)保険料払込期間の終期 平成19年7月31日 4)保険料払込済年齢 65歳 5)保険料額 基本契約 ¥24,800円/月 特約保険料¥19、400円/月(入院保険のみ)  なお、災害保険は既に解約し、現在は付保していません。
6)入院特約 入院5日目から1日につき¥7500円、120日まで
7)平成18年8月1日現在の現在...続きを読む

Aベストアンサー

まず質問への回答ではなくすでに回答されている方が間違っている点について指摘します。まず、現在解約した場合特約保険料はかなりの額が戻ってきます。これは払い込み終了後の特約保険料を先に払い込んでいるためです。その部分はすべて戻ります。解約返戻金は増える時期と減る時期があります。基本と特約を別に考えることが必要です。基本の部分の返戻金は常に増えます。ただし生存保険金を受け取った分減ります。特約部分の返戻金は増える期間もありますが減っていきます。確か100歳ぐらいで0になります。3.75は予定利率ですので金利とは違いますので注意が必要です。質問ついてですが解約したい理由を見ますと、そのとおりだと思います。すでに貯まっている特約保険料を貯金で置いておき、いざとなったら使うのは正解だと思います。被保険者だけの入院だけではなく色々な活用ができると思います。ながいきくんの仕組みは結構複雑です。職員でも誤解している場合があります。仕組みについて聞くのは保険事務センターや大きい郵便局の保険課に聞くべきです。この質問欄では十分な回答はできないと思います。


人気Q&Aランキング