先日自社の担当役員に呼ばれ、種々の事由で解雇する旨の通達があり、解雇通知を見せられました。そこには署名、捺印がなかった事は確認出来ました。

色々な話し合いで、勧奨退職を勧められ、口頭で了承した旨、伝えました。後にこのやりとりはデジタル録音されていたとのことです。

その後、知人に相談した所、解雇通知を見せられた時点で解雇を通達されたのだから、解雇引当金含め、解雇の方が良いのではと言われ、通知を見た時点をもって解雇を宣言されたのだから、勧奨退職を取り消し、解雇にして欲しいと伝えました。

ここで2点質問です。

1.印鑑、署名のない解雇通知を見てくれと渡された時点で解雇を通告されたと判断して問題ないのでしょうか。
2.口頭で一度勧奨退職を受け入れる旨、回答しているのですが、その時の雰囲気で言ってしまった事で、後に考えれば事由も納得出来ないので取り消して欲しいという事は可能なのでしょうか。

私の倫理的問題などは度外視して、法律上、上記2点はどういう扱いになるのか、教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この不況期ですから、辞める辞めないの手続きで、会社側として苦労して


きたものです。

ご自身で質問を1.2と書かれていますが、すでに矛盾に気づかれているの
ではないですか?契約書、通知書その他もろもろ・・・契約に関わること
一切は、双方が明確な意思を持って行えば、文書はその証拠でしかありま
せん。ですから、印鑑のない通知書を見せられたとのことですが、例え
見せていなくても解雇を通告されたことになります。また、勧奨退職を
受け入れた時点で、解雇についての件をご破算にして、労働契約の合意解除
が成立したことになります。

一般に、退職勧奨は制度とか法律とかいう用語ではないので、合意解除
ではあるものの、会社都合とせずに自己都合にもっていきたいのが会社
です。大きな会社だと、次の会社(例えば子会社への斡旋)などを用意
して行います。もちろん、言いだしたのが会社ですから、経緯が明らかで、
そのような配慮がなければ会社都合です。

大事なことは、法律より、質問者さんと会社にとってメリットのある解決
をすることです。解雇を合法に行える会社は少ないです。とても難しい
行為です。本当は指名解雇なのに、なんとか話し合いでゆっくり決めて
退職勧奨による労働契約の解除にもっていきたいのです。受け入れるので
あれば、条件をきちんと聞くことが先決です。ご友人がどのようなメリット
を持って解雇にしなさいとアドバイスされたかわかりませんが・・・解雇
は双方にとってあまりメリットがないですよ。どうせ辞めるのでしたら、
メリットをとりましょう。辞めて欲しいくらですから、多額は期待できない
かもしれないですが・・・質問者さんの質問以外の経緯がないと仮定すれ
ば、今回の会社さんのやり方はとても悪質です。解雇なんかできないのに、
紙をちらつかせて、その後に録音して合意解除する・・・あり得ないです。
そんな悪質な部分は、きちんとお金で精算してもらうことをお勧めします。

契約成立については、公序良俗にのっとった交渉結果なら有効です。
この場合は、とてもそう思えないということも申しそえます。
    • good
    • 0

>1.印鑑、署名のない解雇通知を見てくれと渡された時点で解雇を通告されたと判断して問題ないのでしょうか。



解雇予告(通知、通告を含む)は「口頭でも有効」です。印鑑や署名なんか要りません。

但し「あとで、何日が解雇日だったかで揉め事になる」ので、通告日や解雇日を明記した書面(もちろん、印鑑や署名なんか要らない)にするのが普通です。

「あとで揉める」ってのは、主に「解雇予告手当ての該当日数」だったりして、貰えるお金で揉め事になります。

>2.口頭で一度勧奨退職を受け入れる旨、回答しているのですが、その時の雰囲気で言ってしまった事で、後に考えれば事由も納得出来ないので取り消して欲しいという事は可能なのでしょうか。

可能。あとから「熟慮した結果、受け入れられません」は、全然OKです。

ただ、断っても、済し崩し的に解雇させられちゃう気がします。
    • good
    • 1

会社の総務をやっていますが、退職勧奨と解雇では意味が違います。



解雇の場合は就業規則上のどこかの項目に該当するから解雇、となって
退職勧奨の場合は、経営上退職者を出さざるを得ないので
退職金に数%上乗せして退職者を募集するとか、なんらかの特典を付けるものだと思います。

退職後に失業手当を受給するのにはどちらの場合も会社都合ですからその差はありません。

しかし、次の就職先を探すのに「解雇」されたというのは大きなマイナス要素だと思います。


で、回答です。

>先日自社の担当役員に呼ばれ、種々の事由で解雇する旨の通達があり、解雇通知を見せられました。

口頭でも通達があった時点で解雇通告です。

2の場合は「取り消してくれ」という可能でしょう。しかし会社がそれを認めるかどうかは別問題です。
会社も経営上の問題があるので後は会社の判断ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夢占い

夢占いの本を探しています。色々見てみたのですが、迷ってしまいます。
どなたか、夢占いの本でいいものを知っておられる方がいましたら、おしえていただきたいのですが。。。ほかにも、夢占いのホームページを知っている方、よかったら教えていただけませんか?

Aベストアンサー

先ほどの名前を入れるのを忘れてしまいました。

○「夢占い入門」   ○定価780円

2回も送ってごめんなさい。

Qお願いします、解雇事由と解雇予告について。

先日、知り合い(女性)が突然職場を解雇されました。
理由はその女性のご主人に現在安定した収入がないという
理由でした。
雇い入れ時にはそのような話は聞いておらず又、労働契約書等の明示もないようです。

働き始めて、3週間目に社会保険の手続をするために
書類を書いた際、ご主人に収入がないことを事業主が知り
その次の日の就業前に呼び出され、「昨日付けで解雇します。」と言われ
その日就業することなく解雇されました。

彼女の仕事内容は経理を含む総務の仕事で、お金を
扱う部署なので、お金に困っている人を雇う事は
できないというのが理由だそうです。
これは正当な解雇事由にあたるのでしょうか?
また14日以上働いているのですが、解雇予告の必要は
ないのでしょうか?

彼女の家庭は確かにご主人の収入は安定していませんが、
(現在求職中)家はご主人の持ち家で又、ローン等の
借金も全くありません。
親族等も問題もないようです。

事業主は彼女のパートの収入(12万~15万)だけでは
到底生活していけないと断言し、結果会社で不正をする
可能性が、あるかも知れないという考えを持っているそうです。

最後にもう一度質問の内容なのですが、
上記の内容は正当な解雇事由になるのでしょうか?
そしてもう1点、解雇予告は必要ないのでしょうか?
回答、アドバイスよろしくお願いします。

先日、知り合い(女性)が突然職場を解雇されました。
理由はその女性のご主人に現在安定した収入がないという
理由でした。
雇い入れ時にはそのような話は聞いておらず又、労働契約書等の明示もないようです。

働き始めて、3週間目に社会保険の手続をするために
書類を書いた際、ご主人に収入がないことを事業主が知り
その次の日の就業前に呼び出され、「昨日付けで解雇します。」と言われ
その日就業することなく解雇されました。

彼女の仕事内容は経理を含む総務の仕事で、お金を
扱う部署なの...続きを読む

Aベストアンサー

正当な解雇自由にはならないと思います。解雇予告は、必要なはずです。専門の労働相談センターに相談されることをお奨めします。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~toburoso/

Q夢占い

前夢占いで夢で起こった出来事を書いて診断してくれる夢占いをしたのですがそこを見失ってしまいました。どこか知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

自動で占うタイプのものでしょうか。それとも、占い師がメールなどで占うものでしょうか?
自動で占うタイプのものなら、このサイトが有名です。

http://dream.kdn.ne.jp/

メールでの夢占いなら、
http://www.s-awake.com/
または
http://www.clovera.sakura.ne.jp/yume/

こんなところだと思いますが、どうでしょう。

参考URL:http://www.clovera.sakura.ne.jp/yume/

Q突然の解雇通達

いとこの話なんですが
今、勤めていいる会社の経営者から突然、今月末で
会社を辞めて欲しいと言われました
勤務態度は遅刻や大きな失敗も無かったという事なのですが
実は2ヶ月ほど前、軽い傷害(車の運転中進路を妨害されたのでその車をとめ殴った 軽傷 いとこはは見ていただけ)で警察にお世話になりました。
運悪く新聞にも実名で載ってしまい
もちろん、会社にも知られていました。
しかしね会社はそのときは別に何も言いませんでした
それが、今ごろになって突然の解雇に憤慨しています
この場合、ただ泣き寝入りをすればいいのか
また、これからどういう手続きをすればいいのか教えてください。

Aベストアンサー

原則として「いきなりの解雇」は許されません。

労働基準法第20条によると

使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむをえない事由のために事業の継続が不可能となった場合又は労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合においては、この限りではない。

(解説)
使用者」が「労働者」を解雇する場合、原則として、次の方法が認められます。
 (1)30日以上前に予告してから解雇する
 (2)30日以上の平均賃金を「解雇予告手当」として支払い、即時に解雇する
 (3)「予告期間」と「解雇予告手当」を合計して30日以上とする
 ただし、次のような場合は、「労働基準監督署」の認定を受ければ、「解雇予告手当」を支払わずに、即時に解雇することが許されます。
 (1)天災事変その他やむをえない事由のために事業の継続が不可能となった場合
 (2)労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合
 また、次のような「労働者」を解雇する場合にも、「解雇予告手当」を支払う必要はないことになっています。(労働基準法第21条)

 (1)日日雇い入れられる者
 (2)2ケ月以内の期間を定めて使用される者
 (3)季節的業務に4ケ月以内の期間を定めて使用される者
  (4)試用期間中の者(雇い入れから14日以内)
  なお、上記の内容は「パートタイマー」など、正社員と比べて、労働日数や労働時間が短い「労働者」にも適用されます。
(これは、今回は該当しません)

詳しいことがわかりませんので、確かなことは言えませんが、会社が「労働基準監督署」に「解雇予告の除外(解雇予告手当を支払わずに即時解雇すること)」を認定してもらう手続きをしていないとすれば、予告期間が30日に満たない日数分の「解雇予告手当」を請求することが可能になります。会社が支払いに応じない場合は、「労働基準監督署」等に相談するのもひとつの方法です。

(補足)
「労働基準法」では、解雇により失業する労働者を保護する目的で、解雇に際しては、「予告期間」または「予告手当の支払」を必要とすることを定めています。しかし、現実には「法律」を守らずに解雇をするケースもあります。不当な扱いを受けた場合は、労働者自信が権利を主張する必要があります。

原則として「いきなりの解雇」は許されません。

労働基準法第20条によると

使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむをえない事由のために事業の継続が不可能となった場合又は労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合においては、この限りではない。

(解説)
使用者」が「労働者」を解雇する場合、原則として、次の方...続きを読む

Qフロイトの夢診断と、夢占い

タイトル通りです。フロイトの夢診断自体どういうものか良く知らないのですが、
夢占いは、この夢診断がルーツなのでしょうか?
夢占いは結構同じ夢でも、違うサイトで全然違う内容の結果になったりします。
フロイトの夢診断をベースに、ご存じの方教えてください。
(支離滅裂ですので、補足要求いただいても結構です)

Aベストアンサー

夢は,生理学的にとらえれば,通常90分間隔で生じ,眼球運動を認める睡眠の第一段階(REM期; rapid eye movement期)に体験されていることが明らかにされています.

夢は,もっと意味をもつ心理的現象であるとしたのが,フロイトです.
フロイトは,夢は,無意識の現れであり,無意識に抑圧された潜在的な内容(性的衝動や,攻撃性など)が,圧縮,加工,置き換えといわれる「夢の仕事」を通して,意識されたものと考えました.
つまり,意識にそのまま昇ると,自我に脅威を与えるため,意識化されても良い内容に,“修正”されて,夢を見ると考えました.
この考えによれば,夢は,何かを語っている,あるいは,象徴しているということになり,解釈の素材になるということです.

夢分析(夢解釈)は,古代から夢は何かのメッセージであるというとらえ方から,占いや呪術という形で行われて来ましたが,フロイトは,上記のように,夢を見ている人の心理的世界を良く表していると考え,研究の対象にしたのです.
フロイトによれば,夢の要素と,その解釈された内容には,一定の関係があり,いくつかの性的象徴を指摘しています.
通俗心理学では,この部分がクローズアップされ,夢占いとか,夢診断という形で話題になっているのでしょう.

たとえば,刀や剣は男性器の象徴であるとか,部屋やカバン,袋などは女性器の象徴であるとか,空を飛ぶ夢は性交渉を意味するという解釈がそれです.

しかし,夢がフロイトの考えたように,性的内容を象徴するとしても,上記の例のように単純に,1対1のつながりがあると断定して良いかは,疑問です.
少なくとも,夢の前後関係,すなわち,文脈の中でその意味するところを読み取る必要があると思われます.
こう考えると,夢占いは,根拠があるようで,しかし,確固たる根拠ではない,ということになります.
したがって,サイトや,本によって解釈がまったく異なることになります.
ということは,ふつうの心理学が目指しているような科学的研究の対象としては,適さないことになります.

残念ながら,心理学者からすると,“お遊び”の類となります.

夢は,生理学的にとらえれば,通常90分間隔で生じ,眼球運動を認める睡眠の第一段階(REM期; rapid eye movement期)に体験されていることが明らかにされています.

夢は,もっと意味をもつ心理的現象であるとしたのが,フロイトです.
フロイトは,夢は,無意識の現れであり,無意識に抑圧された潜在的な内容(性的衝動や,攻撃性など)が,圧縮,加工,置き換えといわれる「夢の仕事」を通して,意識されたものと考えました.
つまり,意識にそのまま昇ると,自我に脅威を与えるため,意識化されても良い内...続きを読む

Q解雇の平均賃金算定事由発生日

社労士の勉強を始めたばかりで、わからないことがもう発生しました。カテ違いかもしれませんが、よろしくお願いします。

解雇予告手当の平均賃金を算定すべき事由の発生した日(起算日)は、労働者に解雇を通知した日。とテキストにかかれています。

これは、労働者に解雇するという意思が伝わった日なのでしょうか?意思を発した日なのでしょうか?
たとえば、自宅に郵送にて書面で通知した場合、通知を送った日が起算日になるのでしょうか?それとも届いた日なのでしょうか?

見識者の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この問題は労働基準法の問題ではなく、民法の原則に則ります。

つまり、民法第97条により、「通知が相手方に到達した日」になります。

従って、この質問の場合は「届いた日」ということになります。

Q夢占いの本、オススメは?

以前から夢占いに興味を持ち、夢占いの本を買おうと思っているのですが、どれを買えばいいか困っています。お持ちの本で、「これはよく当たる!」という本はありませんか?あれば是非教えてください!

Aベストアンサー

梶原まさゆめさんの本がいいです。一冊しか持ってないんですが、やさしい淡い紫色の表紙で「夢占い」というタイトルの本です。
すごくよくあたります。しかも辞書みたいな分厚さのわりに値段が安い。980円で買えちゃいます。
サイトもあります。
しかもこの方親切で色々多忙なはずなのに「いのしし」の出てくる夢は何ですか、 とメールを送ったところ、ちゃんと返事が返ってきたんです。この方の本はとってもおすすめですよぉ。

参考URL:http://www.ifnet.or.jp/~kaji/index1.html

Q解雇予告の口頭通達について

会社から解雇予告をされました。会社側の一方的な都合による解雇です。その際は日取りが決まっていなかったらしく、曖昧な日付を伝えられました。その後もハッキリとした日付を伝えてこないので、こちら側からハッキリと日にちを言って下さい!と要求したところようやく具体的な日にちを伝えられました。
しかし「解雇予告は口頭でも構わないんだから」という事でお願いしても文書で発行して貰えません。今回の解雇にあたっての会社側の対応が言葉を濁したり曖昧だったりして、こちらとしては不誠実に感じるものだったので出来ればきちんと文書という形で確認を取りたいのです。解雇に向けて、現在の仕事(経理事務)の段取りの指示が全く無い事にも不安を感じています。解雇予定の月は1年で一番忙しい時期なので、仕事が間に合うよう終わらせるためにきちんと予定を立てたいのです。私の解雇日がそのまま会社の移転日なので・・・。解雇予告証明書は、会社側が拒否した場合は文書による発行は無理なのでしょうか?お分かりになられる方がおられましたら御教授お願い致します。

Aベストアンサー

労働基準法第22条との関係が言われていますが、解雇予告=書面義務づけ、ではありません。会社の言うとおり、口頭でも成立します。
しかし、労働者が証明書を請求した場合はこれを拒むことができません(労働基準法鯛22条第2項)。罰則もついています。(30万以下の罰金)



(退職時等の証明)
第22条 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

2 労働者が、第20条第1項の解雇の予告がされた日から退職の日までの間において、当該解雇の理由について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。ただし、解雇の予告がされた日以後に労働者が当該解雇以外の事由により退職した場合においては、使用者は、当該退職の日以後、これを交付することを要しない。

3 前2項の証明書には、労働者の請求しない事項を記入してはならない。

4 使用者は、あらかじめ第三者と謀り、労働者の就業を妨げることを目的として、労働者の国籍、信条、社会的身分若しくは労働組合運動に関する通信をし、又は第1項及び第2項の証明書に秘密の記号を記入してはならない。


内容から見れば堂々と請求した方がよろしいかと思いますね。

労働基準法第22条との関係が言われていますが、解雇予告=書面義務づけ、ではありません。会社の言うとおり、口頭でも成立します。
しかし、労働者が証明書を請求した場合はこれを拒むことができません(労働基準法鯛22条第2項)。罰則もついています。(30万以下の罰金)



(退職時等の証明)
第22条 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合におい...続きを読む

Q夢占いが当たった方いますか?

私はちょいちょい夢を見る方で、夢で見た内容を夢占いのサイトなどで見たりするのですが、昨夜彼氏と仲良くしてる夢を見ました。
夢占いのサイトで調べてみたら逆夢で、彼氏と喧嘩したり浮気の前触れ的な事が書かれてあり、彼の事は信じていますがお互い仕事でしばらく会えない&最近は現実でも喧嘩が多いので不安になり質問させていただきました。

こういった夢占いが当たった方っていらっしゃいますか?

Aベストアンサー

まず夢についてですが、夢は目や耳から入った情報の記憶や経験・体験した記憶がベースとなっており、その記憶を元に
また新しい物を脳が創り出したりしてストーリーを作って居る物であり、見た夢が何かを予見・予言している訳でもありませんし
何かを伝えたいと言う事でも有りません。
夢その物は脳の正常な機能の一つです。
次に占いですが、論理的根拠が全くありません。
根拠がありませんから証明する術もありません。
占い手の思うがままと言う事でも有り、口八丁ですから暗示にも掛けられてしまって当たった様な錯覚に陥る。
ですので占いは信ずるには全く値しません。
極々稀に本当に当たる事もありますが、単なる偶然でしか有りませんし確率的にも天文学的数字でしょう。
占い本や占いサイトなどは尤もらしい事を書いているに過ぎません。
虚実の世界の物ですから、気にしない事ですし無視しても構いません。

Q解雇通達後に使い込みが発覚した従業員の処置。

営業成績を全くあげないことと、上司に相談もせず勝手なことを取り引き先業者や顧客に言い、金銭的なことでトラブルが多々発生したので、1月に解雇と言うことで通達を出しました。実際には2月末付けの解雇として、解雇理由も会社側の一方的な理由でと言う事で解雇を了承して貰いました。
2月末付で退職と言うことにはしましたが、会社にも出て来る必要はなく、またこの先自分で営業をしてまわるという事だったので、それは構わないが会社(当社)の名前は一切出さないことを約束して貰いました。
が、会社の名前で営業をしていて、知らない会社から当社に見積もり書などが送られてきたり、また取り引き先業者と打ち合わせをし承諾もなく仕事を進めたり仕事を断ったりしています。
そして、今回去年末にある顧客の仕事を行ったのにも関わらず、予算が合わないから取りやめになったと会社には言い、売上代金は自分で集金し使っていたことが分かりました。
この従業員に対して支払わなければならない給与が2か月分あります(1ヶ月分はこのような諸事情から支払を止めました)。
これらの件を問いただしても辻褄の合わない言い訳をして逃げるばかりで、また平然として給料の催促もされています。
使い込んだ金額としては40万ですが、勝手に話をし取引先を怒らせたり、取りやめた仕事などから考えると損害は1000万以上です。
損害賠償とは言いませんが給料は支払わずに、また重責解雇で辞めさせる方法はないでしょうか?

営業成績を全くあげないことと、上司に相談もせず勝手なことを取り引き先業者や顧客に言い、金銭的なことでトラブルが多々発生したので、1月に解雇と言うことで通達を出しました。実際には2月末付けの解雇として、解雇理由も会社側の一方的な理由でと言う事で解雇を了承して貰いました。
2月末付で退職と言うことにはしましたが、会社にも出て来る必要はなく、またこの先自分で営業をしてまわるという事だったので、それは構わないが会社(当社)の名前は一切出さないことを約束して貰いました。
が、会社の名前で...続きを読む

Aベストアンサー

 労働基準法第24条の規定により、給料は支払わなければならないです。これに違反した場合には、最悪のケースでは、貴社が書類送検されることになります。
 次に、重責解雇ということですが、そもそも、貴社からの通知によって、2月末で解雇、すなわち労働契約が解除されるので、3月に入ると、解雇という事象は発生しません。
 貴社の就業規則に、「減給の制裁」が定められている場合には、労働基準法第91条により、「1回について、平均賃金の半額」の範囲で、減給できます。
 損害賠償の請求については、労働基準法の規定はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報