福島市の広報に医学博士の意見として
「放射線」について正しく理解しましょう
“被ばくには「外部被ばく」と「内部被ばく」の2種類があります。外から皮膚などに放射線を浴びる外部被ばくは熱線によるもの。20~30km先では絶対にありません。”
という記載がありました。福島市にいて環境放射線が1.46μSv/hから1.6μSv/hの中にいますが、外部被ばくは絶対にないというこの医学博士の話を信じてよいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

被ばくの言葉に関しては、他の回答者が解説していただいていますので、ご理解いただけるかと思います。



稲先生の意見も、武田先生の意見も極論ですよね。放射線が発見され使われだしてからまだ百年ちょっとしかたっていません。本当のことは、まだまだ分かっていないというところが本当ではないでしょうか。戦争で被ばくをさせられた唯一の国なのに放射線に関して基礎的な知識がないのは、国の責任もありますが日本国民全体にも問題がありそうです。今のような状況になってパニックを起こしているのはおかしな話です。言い方は悪いのですが、今回の事故で放射線に関する多くのことが分かるようになるのだと思います。非常に悲しい話ですが。

さて、被ばくには確かに「内部被ばく」と「外部被ばく」があります。稲先生の講演を聞いてはいませんが、外部被ばくは熱線とは関係ありません。それは原爆の話と混同されているようです。被ばくは、周囲に放射線を出すものが存在し、そこから出てくる放射線によって生じるものです。放射線を出す元が宇宙の彼方であれば「宇宙線」ですが、たいていは放射線を出す物質が存在しています。土地や水等に含まれる放射性物質から出てくる放射線を外から浴びる場合が外部被ばくになります。つまり、20~30km先でも放射性物質が原発から飛んできているのですから、そこからの外部被ばくはあります。

内部被ばくは、放射線を出す元が体内に入った場合にそこから受ける放射線の被ばくをさします。もともと体内に存在している放射性物質もありますし(炭素14やカリウム40等)、自然に存在するラドンなどを吸い込んだ場合も内部被ばくになります。原発から飛んできたヨウ素131を吸入した場合、ヨウ素131やセシウム137で汚染された水や食物を摂取した場合も内部被ばくにつながります。

環境放射線が1.46μSv/h程度では、今すぐ障害が出る程度ではありませんが、ほとんどが外部被ばくだと思います。

昔、携帯電話の電磁波が子どもの白血病を誘発・・・・なんてことが話題になりましたが、今では幼稚園児でも携帯を使っている時代です。電磁波も放射線の一種のガンマ線・X線も同じ電磁波なんですけど、放射線だけ特別怖がられていますよね。私は、仕事がら1日で20μSv程度被ばくします。これが決して安全な量だとは思っていませんが、心配する量でもないと思います。しかし、職業で被ばくする人は、6か月に1度専門の健康診断を行っています。それによって被ばくの影響がないことを確認しています。

福島で放射線の被ばくを受けられている方々は、同様に専門の健康診断が必要になってくるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お恥ずかしい話、原発から放射性物質が自分に降りかかるまでμSvなんて単位は知りませんでした。
言葉尻を捉えるような質の問でしたが、不安な状況ではたとえ悪い知らせであっても正しくわかりやすい情報を望みますが、それが伝えられていない福島市の状況に不安を感じています。
言葉の定義がしっかりしていない中で正しく言葉を伝えるのは無理と考えた次第です。
専門家の意見も極端な話が多く、何がより正しい情報なのかを判断することができない状態でした。
福島市に外部被ばくはないのですか?の質問には「県で作ったパンフレットですから県に聞いてください。」福島県では「内容に間違いがあれば訂正します。」これではなんとも....DDTも枯葉剤も安全であるというお墨付きで世に出てきたもので、国や県や市が安全だといっても、即安心と思えないのです。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 13:46

すでに、質問に対する回答は出ていますが、



外部被曝は無くとも、放射能を体内に取り込めば体内被曝します。
5:45からの武田先生の意見をご参照ください。

諸葛先生の1960年代のセシウムの話ですが、私は当時のセシウムの影響は大いにあったと信じています。当時は「雨に濡れるとはげちゃうよ!」というのが、子供達の合言葉で、家では毎食わかめや昆布を子供達は無理やりでも食べさせられました。

体内被曝について
http://smc-japan.org/?p=1310

>福島市の広報に医学博士の意見として
>「放射線」について正しく理解しましょう

その医学博士とは、この方ですか?
http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8&featu …

上の医学博士の反対意見です。
http://blogs.yahoo.co.jp/zodiacfumiya/19520148.h …
http://takedanet.com/2011/04/post_1d9d.html

4月に入ってから、TVなどには原発について正しい情報を出さない様にしているようです。
ネットも規制されているようで、昨日は見られたものが今日は見られない様になっています。

正しい情報が得られないことで、これから若い人の癌が増えるのではないかと心配しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

福島県の県放射線健康リスク管理アドバイザーと称する方々です。
原発について正しい情報が発信されていないのは同意見です。
プルトニウムの検出は報道されても燃料棒のうちMOX燃料が今どのような状態かは一切報道されません。
リンク参考にさせていただきます。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 10:29

ANo3です。


失礼しました。年間約14mSvは胸部エックス線CTの6.9mSvの2回分程度の被曝量です。
因みに、放射線技士などの年間被曝量は50mSv程度とされてます。
このような、データーから医学博士は弱い放射線を「被ばく」と表現したかったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

福島市では20μSv/hを超える日が何日も続いてようやく最近2μSv/h位になってきている状態です。
学校の校庭とかも場所によっては5μSv/hを超えるところもあります。
不安な状況なのでわかりやすい表現と適切な説明が必要な状況なのです。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 09:52

信じて良いです。


そもそも、日本では自然界に存在してる放射線で年間に2.4mSvを浴びてます。
(※国によって自然放射線量が異なる)
放射線量は線源からの距離の二乗に反比例しますから、福島市の放射線量が1.6μSv/hとして1日24時間の放射線量は38.4μSvです。
この放射線を1年365日浴びたとしても14,016μSvになります。
μ(マイクロ)の単位は100万分の1ですから、1,000分の1のm(ミリ)に換算すると約14mSvになります。
この数値は、自然界の放射線の約5.8倍になりますが、胸部エックス線CTの6.9mSvより小さな数値です。
放射線を1度に100mSv以上浴びると健康に影響(癌のリスクなど)を与える可能性があるとされてますが、放射線は放射性物質のように蓄積(内部被曝)されないので、微弱な外部被曝なら「被ばく」の表現が適当と判断してるのだと思います。
「被曝」とは放射線に曝露されることを意味します。
そして「被爆」は爆弾の被害を被ることを意味しますから、放射線のない火薬爆弾の被害に遭っても被爆です。
    • good
    • 0

タイトルと内容が微妙に違う気がしますが。



まずはタイトル。
被爆=原水爆の爆撃を受けた時
被曝=放射線にさらされた時
被ばく=意味は「被曝」と同じですが、「曝」の字が常用漢字外なので「ひらがな」で表示しています。

で、外部被ばくについて。

ご存知かとは思いますが、宇宙線も放射線の一種で、
常に地上に降り注いでいますから、
>外部被ばくは絶対にない

--というのは誤りです。

ただ、1.46μSv/hから1.6μSv/hという程度であれば、
人体に影響が出る可能性は極めて低いといって良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに...タイトルと内容は少々つながりに問題があるようですみません。
ただ、一般の人に広く知らしめる情報源として、地方公共団体が出す内容と
しては不適切であると感じたもので、ご質問させていただきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 09:11

被爆は「爆発をうけること」


被曝は「放射線をうけること」
被ばくは一般的には「被曝」と同義です。


医学博士の意見ですが、
放射線を放出している物質が一カ所にあるとした場合、30kmでの外部被曝はありません。
ですから、原子炉にある放射性物質による被曝は避難している限りありえません。

ただ、まき散らされた放射性物質は、時間と共に減っていくものの依然として残っているので、それによる「外部被曝」は考えられます。ですから「絶対にない」とは言えません。

その医学博士が嘘を言っているというよりは、言葉足らずといった感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

隣接市町村まで放射線により計画的避難地域に指定されているのに「絶対にない」なんて
言葉を聞くと矛盾を感じたもので...
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセシウム牛を食べるとどうなるの? あとストロンチウ

セシウム牛を食べると、内部被曝するそうですが、実際、そんな害があるのでしょうか?
20歳以上なら、そんなに気にする必要はないのでしょうか?
それと、セシウムばかり報道されてますけど、ストロンチウム等、他の放射性物質は福島の牛や鶏や野菜に含まれていないのでしょうか?
シーチキンなどをよく食べますが、大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

気分を害してしまったらすみません。

こういった健康を左右するような情報を入手するときは、
あまり匿名の人に頼らない方がいいと思いますよ。

匿名の人は、発言に責任はついて回りません。だから無責任な方が多いのです。

基本は専門家が書いた本を見て決めた方が良いと思います。

Q放射性物質について(主に放射線医学について)

現在、福島原発の放射線について様々なことが言われていますね。

情報不足が想像をかきたて、真偽定かでないまま情報が飛び交い、正しい情報を手に入れることすら難しい状況なのかな。と思います。

そのことを想定したうえでご質問させていただきますし、こちらも専門としておりませんのでお返事はご挨拶程度にさせていただくことをご了承くださいませ。

個人的にネットなどで原子炉の仕組みなど調べていたのですが、疑問に思ったことを質問させていただきますね。

現在空気中に放出されている放射性物質ですが、半減期が数秒のものや分単位のもの、一週間程度のもの、化学反応をおこせば年単位のものなどいろいろあるようですね。

それらは空気中に存在する時の単位であることと思いますが、

質問(1) 体内に入った時は半減期は変化したりするのでしょうか。

テレビでは「放射性物質を体外に出す方法というものはなく、勝手に体から出ていく」と専門家の方から説明がありましたが、

質問(2)どの放射性物質でも言えることなのでしょうか。

質問(3)体内にとどまる期間はどれぐらいなのでしょうか。

たとえば「ヨウ素は甲状腺にたまりやすいから甲状腺癌にかかりやすい」とありましたが、

質問(4)身体部位によってとどまる期間の差があったりするのでしょうか。

もし可能であれば、参考にされたURLと一緒に教えていただければ幸いでございます。

よろしくお願いいたします。

現在、福島原発の放射線について様々なことが言われていますね。

情報不足が想像をかきたて、真偽定かでないまま情報が飛び交い、正しい情報を手に入れることすら難しい状況なのかな。と思います。

そのことを想定したうえでご質問させていただきますし、こちらも専門としておりませんのでお返事はご挨拶程度にさせていただくことをご了承くださいませ。

個人的にネットなどで原子炉の仕組みなど調べていたのですが、疑問に思ったことを質問させていただきますね。

現在空気中に放出されている放射性物質です...続きを読む

Aベストアンサー

1) 抗菌薬でもなんでも体から排出されていきます。ある物資が体から半減期T1で排出されるとします。
また、その物質が半減期T2で崩壊していくとしますと、体における半減期Tは1/T=1/T1+1/T2という式で表せます。

2) 半減期の長い、短いの差はありますが、この式自体は変わりません。ただし、体からの排出は単純に一つの半減期で表せないこともあります。この辺は薬物動態の本を読んでください。

3) 体内にとどまる期間は、物質の半減期に従います。脂溶性だと長期となる傾向があります。

4) ヨウ素は甲状腺にヨウ素を貯めるプールがあるので、甲状腺には長くとどまります。カルシウムなどは骨に沈着します。臓器によって親和性が異なります。

Q被爆するどうなるの?

たくさん放射能を浴びると、短時間で死にますよね?
具体的に体にどのような変化が現われますか?
数時間で死んでしまうこともあるのでしょうか?

Aベストアンサー

用語の訂正からします。
「被爆するどうなるの?」のタイトルですが、「被爆」は爆発を被ることです。
放射線や放射能を浴びることは「被曝」(ばくの字が違います)と書きますが、新聞等では「被ばく」と記載されます。
「たくさん放射能を浴びると」とありますが、間違いではないのですが「正しくはたくさん放射能を浴びることによって、大量の放射線被曝を被ると・・・」(放射能と放射線の違いがあります)になります。
さて被曝した放射線の量により次のことが生じます。
a.分子死   1、000Gy以上の線量で数分以内に死んでしまう。
b.中枢神経死   100~1、000Gyの線量で数時間~48時間で死んでしまう。
c.腸死   10~100Gyの線量で2日~6日間で死んでしまう。
d.骨髄死   3~10Gyの線量で30日程度で死んでしまう。
といわれています。
ちなみに1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故ではd.骨髄死が発生しています。
また1999年11月1日のJCO事故では被曝線量が18Gyと発表されたことから、c.腸死が生じていたことになります。
ただその際には医療チームの努力により、2ヵ月強生きつづけましたが、その後死亡しました。

用語の訂正からします。
「被爆するどうなるの?」のタイトルですが、「被爆」は爆発を被ることです。
放射線や放射能を浴びることは「被曝」(ばくの字が違います)と書きますが、新聞等では「被ばく」と記載されます。
「たくさん放射能を浴びると」とありますが、間違いではないのですが「正しくはたくさん放射能を浴びることによって、大量の放射線被曝を被ると・・・」(放射能と放射線の違いがあります)になります。
さて被曝した放射線の量により次のことが生じます。
a.分子死   1、000Gy以上の...続きを読む

Q医療従事者が医学博士をとるためには・・・。

もちろん、医学研究科に行かないといけないのはわかっていますがどうも敷居(大学院が設置されている大学出身者ではないため)が高いように感じています。
 せっかく医療の道で生きて行くわけですから医学博士のほうが箔が付くと思っています。医療現場で工学博士と言っても微妙だと思うので・・・・(実際PhDとかけばなんのことかわかりませんが・・・・)
 医療従事者(医師はのぞく)の方で医学博士を取得された方いらっしゃいましたら経験談やアドバイスを下さい。
 ちなみに修士は来年卒業で医療系の修士課程です。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鍼灸マッサージ師の女性です。文系の大学学部卒ですが、医学研究科の研究生として研究をして論文ができ、研究歴が満たされましたので今年博士号の申請をします。
仕事もありましたので大学院生としては在籍できず、時間もかかりましたが(7年必要でした)、決して無理なことはありません。まして修士をとられるのでしたらなおさらです。
博士号がどれだけ箔が付くのかはまだわかりませんが…。
基礎系でしたら、医師でも医療従事者でもない研究者も多いので、それほど敷居が高いとは思いませんでしたが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

厳密に言えば、放射能とは放射線を発する能力のこと。
よって、能力を濃縮することなんてありません。

おそらく、散らばった放射性物質が集められるとどうなるかということではないかとお察しします。
放射線が強くなるのですから被曝(被爆ではない)すると人体には有害です。
どんな影響があるかは検索してみれば分かります。

放射能は非常に長い時間をかけて減衰していきますので、どこか最終処分場を設けてそこで長期保存することが必要です。
それとは別に、科学の進歩で放射能を消滅させる技術を確立して欲しいものです。

Q医療関係者の方々は、「現代医学が科学的に正しい」という確信をもって医療

医療関係者の方々は、「現代医学が科学的に正しい」という確信をもって医療に従事されていますか?

Aベストアンサー

この短い文章でどんな回答を求めていらっしゃるのかわかりませんが
オカルトの方はオカルト板にお戻りください(2ちゃんねるの言い方です)

Qこれからの日本の風向きはどうなるのでしょうか?

今は偏西風で福島原発の放射能は太平洋に広がっていく場合が多いですが
これから夏に向けて、風向きはどう変わっていくのでしょうか?
今日も予測では、日本中(沖縄除く)が放射能に覆われていましたが、夏場は毎日、放射能に覆われるんでしょうか?
おねがいします。

Aベストアンサー

天気予報で言っている風向きとは高度が100mとか200mぐらいで吹く風の向きを言っています。風向の観測は普通、気象観測所の屋上にある風向計で測ります。これは地上10mとか20mぐらいのところにあります。当然、その高さの風向きを測ることになります。その他にウィンドプロファイラという電子的に上空数キロまで風向きや風速を測るシステムができています。天気図で使われる風向きはこちらで得たデータです。雲の動きは500mから数キロの上空で起こるからです。

さて、今後夏にかけて、福島第一原発からの風がどうなるかですが、関東から東北地方まではかなり影響を受けることになります。以下のその理由です。

1.原発からの放射性物質の漏れ出しは地表近くの、つまり、標高が数十メートルの風に乗って動きます。ところが、このぐらいの標高の風は建物や地形の影響をそのまま受けるので、天気予報で示されるような大まかな風向きでは分からないのです。一般的に言って、半径20kmぐらいまでなら、ごく普通にチリは拡散するでしょう。これが、政府が未だに半径20km圏内は避難させている理由です。

2.夏は太平洋高気圧が優勢になります。太平洋高気圧がどの程度張り出すかによって関東から北陸の風向きは変わります。太平高気圧の影響を受けた高気圧の気団が福島県沖に来れば、それは東から西へ福島県上空を風が吹くことになります。こういった気圧配置は梅雨の時から9月末までは普通に起こります。常時というわけではなく、多くは、南風なので、福島県上空ではやはり南西の風が卓越しています。ただ、一週間のうちには数回、東風がふくことは普通に起こるはずです。

3.以上のこととは別に、夜間は海風が吹きます。つまり、昼間暖められた建物や道路から上昇気流が起こり、そこへ海から比較的低温の風が吹き込む現象です。当然、福島県の沿岸部でも海から陸へ風が吹きます。数キロから10キロ以上風が吹き込みますから、これによって放射性物質のチリが拡散します。そして、これらのチリが地表に積もったものがまた風によって拡散していきますから、関東とか東北一帯へ拡散していくことは確実です。

>夏場は毎日、放射能に覆われるんでしょうか?

 現実は、かなり放射性物質の拡散量が少なくなっているようなのであまり心配はないように思います。雨が降ると、空気中のチリを濃縮して降るので、雨を避ける必要があります。福島県外であるなら、あまり心配する必要は現状が維持されるならないはずです。また、福島県内でも、ある程度離れた場所なら、心配はあまりないはずです。新生児などの赤ん坊は内部被ばくしないように食べ物や飲み物に注意が必要でしょうね。

天気予報で言っている風向きとは高度が100mとか200mぐらいで吹く風の向きを言っています。風向の観測は普通、気象観測所の屋上にある風向計で測ります。これは地上10mとか20mぐらいのところにあります。当然、その高さの風向きを測ることになります。その他にウィンドプロファイラという電子的に上空数キロまで風向きや風速を測るシステムができています。天気図で使われる風向きはこちらで得たデータです。雲の動きは500mから数キロの上空で起こるからです。

さて、今後夏にかけて、福島第一...続きを読む

Q放射線科医と放射線技師の違い

こんにちわ。
放射線技師というのは、よく病院に行って怪我などをしたときにレントゲンをとってくれたりする人のことですよね。
では、放射線科医というのはいったいどのようなことをするのでしょうか??
放射線を使って治療をするのでしょうか?
気になっています。
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療などありますね。これらの機械を患者さんに必要以上の危険をあたえず安全に操作する技術を持った職業でもあります。

一方、放射線科医というのは医師の専門領域の1つです。専門は放射線診断装置(X線単純からCT・RI・MRIなどなど)による画像の専門的な解析(読影といいます)および、放射線治療機器を用いた治療です。

ここまで読まれて、あれ?と思われるかもしれません。共通なんです。元々あまたある医療職というのは医師の多岐にわたる職分を分担して行うように作られたものです。(例外は看護婦くらいでしょうか、看護婦は医療補助の側面以外に看護という専門職の唯一の担い手です)臨床検査については臨床検査技師…なども同じです。
放射線科技師に出来なくて放射線科医に出来ることは、技師に出来なくて医師に出来ることと等価です。つまり『診断』『治療』行為です。放射線の照射線量の決定は治療行為の決定でありますから医師の仕事なんです。
放射線技師は医師の指示・監督下で放射線を扱う業務の補助を行うというのが正しい表現だと思います。

まわりくどいかき方をしましたが、いいたいことをまとめます。診断を行い、治療行為に責任を持つのは放射線科医(医師)ですが、実際に検査行為や治療行為を担当するのは両者であり、どちらがどちらだけというものではありません。白衣を着た放射線科医に実際に出会われるとしたら、検診などの画像検査の結果について説明を受ける時か、放射線治療の必要が起こった場合などでしょうね。

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療...続きを読む

Qこれからの日本はどうなるのでしょうか?

メルトダウンが明らかになりました。

不安で夜も眠れません。

Aベストアンサー

「寝ないこと」は実は死亡することにつながります。
この被害の行く末を見るためには、むざむざ不眠症で死んでしまってはわからないまま死ぬことになります。しっかり寝て、少しでも永く生き、どうなるか一緒に見つめていきましょう。

政府は、最悪の事態を想定しつつ今わかる状況を打開していくという2段階でパニックを防ぎつつ対策をしてもらいたかったのですが、もう今更の話です。これからの健康被害、封鎖される故郷の地、海外への環境破壊犯人として贖罪。いまは、わからないけど他にも起きる可能性はあるのでしょうね。
再臨界しないほどメルトしちゃってるのかなあ。それともまだ残ってれば再臨界だって可能性はあるでしょう。ぼろぼろの容器ですもの。かといってそのままにして逃げることもできない小市民です。どうにかこれ以上のことが起きないようにしてほしいです。

これからは、甲状腺がん検診の無料サービスや白血病対策で発病しても助かる人が増えてくれればよいと感じます。ゲノム解析が済んでるのですから、医療でカバーするしかないと。経済の向上のために欲しいがままに使ってきた電力への考え方も変わらないかしら。

これからの日本は「変わる」のです。変わらざるを得ません。
その変化をみんなで一緒に見るために一緒に変わるために
 変わる日本を楽しみに 夜はゆっくり眠りましょう。

「寝ないこと」は実は死亡することにつながります。
この被害の行く末を見るためには、むざむざ不眠症で死んでしまってはわからないまま死ぬことになります。しっかり寝て、少しでも永く生き、どうなるか一緒に見つめていきましょう。

政府は、最悪の事態を想定しつつ今わかる状況を打開していくという2段階でパニックを防ぎつつ対策をしてもらいたかったのですが、もう今更の話です。これからの健康被害、封鎖される故郷の地、海外への環境破壊犯人として贖罪。いまは、わからないけど他にも起きる可能性はある...続きを読む

Q放射線治療を受けた体内に放射線はいつまで残ってますか

過去に放射線治療を受けた人が放射能の計測器(なんていうんですか)をあてると反応するんでしょうか。
照射した部位にそれはずっと存在しているんじゃないですか。

Aベストアンサー

医療関係者ではないので
>放射線は同じ所には2度とかけられませんよね
これ初めて聞きました。

放射線治療はDNAに傷をつけて
その部分のガン細胞を死に導くためのものです。
健全な細胞にも傷をつけてしまいますが
ガン細胞のほうが放射線の影響を受けやすいため
健全な細胞の方が多く生き延びます。
生き延びた健全な細胞は、
傷を治そうと頑張りますが
それでも完全には治りません。
それが質問者様が読まれた本に書いてあった「記憶」なのだと思います。

文章が苦手なため読みにくい、理解しにくい文面になってしまい申し訳ありません。
疑問点があれば、こたえられる限りこたえますので補足請求してください。


人気Q&Aランキング