こちらの方の質問を見ていて、ちょっと気になりましたので教えてください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6671001.html

子供を1人作ったあと離婚し、数十年間その子供とは全く接触しなかった高齢者が亡くなったとします。
法定相続人は唯一その実子1人ですが、公正証書遺言で例えば、
「甥△△に全財産を譲る」
と書いておいたとしたら、甥△△は実子に連絡を取ることなく、預金の払い出しや不動産の登記替えなどができるのでしょうか。

実子からの遺留分減殺請求があればそれはそれで対処しますが、銀行や法務局での手続時点で遺留分請求はまだないものとします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご指摘の質問に回答した者です。


法律的な定めがどうなっているのかはわかりませんが、公正証書遺言の作成、執行を経験した事があります。

実子以外に遺贈するような遺言を公証人が作成しないのではないか、という指摘がありましたが、公証役場で遺言を作成する際に遺言者の戸籍を調べて実子がいるかどうか確認する、というような事はありませんでした。

公正証書遺言に「全財産・・・」とは書かないだろう、という指摘がありましたが、「全財産」とは書かなかったものの「一切の財産を包括して・・・」という書き方でした。これによって全ての財産を処理できましたが、あなたの書かれている「・・・以外の財産」という書き方は少し微妙だと思います。私の経験では「包括して」という言葉がポイントだったと思います。

法務局は公正証書遺言があれば受け付けます。他の相続人は関係ありません。

金融機関は対応がまちまちです。
「他の相続人から遺留分など主張されても当方で処理する」というような念書を取られたり、相続人を全て調べろと言われたり(それによって他の相続人に連絡したりするわけではありませんでしたが)、何も言われなかったりです。金額にもよるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに金融機関は全国一社ではありませんから、対応が分かれることもあるのでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 17:17

公正証書は「公証人」と言う法律の専門家が法律に基づいて作成します。


そのため、内容に法律的な効力がなかったり、後で、争いの起こる可能性があれは作成できません。
「甥△△に全財産を譲る」と言うことは、正に問題のある遺言です。
従って、現実には、あり得ないと思います。
特に、この場合の問題は特定の者に「全財産」と言う部分で、実際には「誰々に対し〇〇銀行××支店定期預金、また、誰々に対し〇〇の不動産」と言うように具体的に記載されなければならず、そのように具体的に記載されておれば、その部分は誰の承諾も必要なく執行(現実に入手すること)できます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

少し舌足らずでした。
実はまだ亡くなったわけではなのですが、公証人役場で作った遺言書に間違いないので、「甥△△に全財産を譲る」ではなく、

1. 〇〇の不動産は甥△△にに遺贈する。
2. 前項以外の遺産は1/2を甥△△に、残余の1/2を姪□□に遺贈する。

と書いてあります。
「前項以外の遺産」に銀行預金も含まれると解釈できるでしょうから、結局、銀行に対しても実子の判子は必要ないということですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 14:44

遺言公正証書で「全財産を譲る」という記載はしないと思いますが? 仮に公正証書で作成されたのなら動産、不動産も可能と思います。

残るのは遺留分減殺請求の問題だけ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

銀行も可能ですか。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 10:46

銀行は、争いに巻き込まれたくないので、拒否する。


ただし、弁護士が遺言執行者なら、最終的に本店の指示をあおぎ支払うでしょう。

法務局は問題なく受け付ける。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり銀行はそうなりますか。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 10:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローン業者が作成する公正証書作成嘱託委任状について。

ローン業者が作成する公正証書作成嘱託委任状について。
はじめから公正証書を作らずに委任状で済ますのは、公正証書だとお金がかかり委任状だとお金がかからないからでしょうか?
この委任状は公証人役場で作る必要はないのですか?
公正証書作成の費用はどれくらいかかるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足で回答します。
ご指摘のように,ローン業者が借り主から委任状を取り付けておき,その後,この委任状で公正証書を作って差し押さえ手続きをすることが過去ありました。

この弊害を防ぐため,2年前の法改正で,ローン業者は,借り主から公正証書作成の委任状を取得することが禁止されたのです。また,代理人の選任に関与してもならないことになりました。改正前であれば,ローン業者が,あらかじめ借り主から取得しておいた委任状により自分の従業員を借り主の代理人にして公正証書を作成することがよく行われていましたが,法改正後はこれが禁止されました。

ですから,現在では,ローン業者が委任状を取得すること自体禁止され,この禁止ににもかかわらずこの委任状で公正証書を作ろうとしても,公証人は絶対にその嘱託を受けません。
この意味で無意味な委任状と書いたのです。

ただし,強制執行認諾文言のない委任状であれば,ローン業者はこれを借り主から取得して公正証書を作成を公証人に嘱託できますが,およそ,強制執行認諾文言がない公正証書ではせいぜい証明力が強い借用証という程度の意味しかありません。

補足で回答します。
ご指摘のように,ローン業者が借り主から委任状を取り付けておき,その後,この委任状で公正証書を作って差し押さえ手続きをすることが過去ありました。

この弊害を防ぐため,2年前の法改正で,ローン業者は,借り主から公正証書作成の委任状を取得することが禁止されたのです。また,代理人の選任に関与してもならないことになりました。改正前であれば,ローン業者が,あらかじめ借り主から取得しておいた委任状により自分の従業員を借り主の代理人にして公正証書を作成することがよく行わ...続きを読む

Q債務の相続について(公正証書の遺言あり)

被相続人(母)相続人私と姉の二人です。
数ヶ月前、母は亡くなりました。

姉が素行に問題ある生活態度(やくざと関係持ちサラ金の返済を親にさせたり、病気の親の面倒は一切見ず等)だった為、母が公正証書の遺言を残してくれてます。
遺言執行人も決められてます。

遺留分を侵害しない程度に私の方が多く相続するような内容であるのですが、納得いかない姉に遺留分減殺請求をされて現在調停中です。

その中で「負債は等分に相続すること」の一文があり
2800万ほどのローンが銀行に残ってます。

問題はそのローンを二等分に銀行が考えてくれないところなのです。
残金を二等分にすれば、繰り上げ返済も可能なので、私としては返済してしまいたいのですが・・・。

あくまでも「保証会社さんが・・・」と言うことで
ローンはどちらか一方が名義人になり片方がもう片方に返していく形を取りたい。と言うのです。
担保になってる土地は全部私が相続して、登記も済ませました。

仲の良い姉妹ならともかく、絶縁と言えるくらい仲違いをして久しい間柄で、このようなローン返済は無謀ではないでしょうか?
姉が返済を滞れば、私に一方的に返済義務が生じますよね?

銀行側は「もう一度保証会社と相談してみるから時間を下さい」とのことですが・・・
不安でしょうがありません。

世の中、血が繋がっていればみんな仲が良いわけではないと思うのですがどうでしょう?
「姉妹だから片方に迷惑になるから滞らず完済するはず」という考え方の様なのです。

なにかご助言があれば、お願い致します。

被相続人(母)相続人私と姉の二人です。
数ヶ月前、母は亡くなりました。

姉が素行に問題ある生活態度(やくざと関係持ちサラ金の返済を親にさせたり、病気の親の面倒は一切見ず等)だった為、母が公正証書の遺言を残してくれてます。
遺言執行人も決められてます。

遺留分を侵害しない程度に私の方が多く相続するような内容であるのですが、納得いかない姉に遺留分減殺請求をされて現在調停中です。

その中で「負債は等分に相続すること」の一文があり
2800万ほどのローンが銀行に残ってます。
...続きを読む

Aベストアンサー

だいたい皆さんの回答でよいと思いますし,依頼されている弁護士さんから聞いていると思いますが,複数の相続人がいる場合,債権者との間で何らの取決めもしなければ,金銭債務はそれぞれ分割して相続することになるのが原則です。
今回のケースでは,質問者の方とお姉さんが1400万円ずつ銀行に対して債務を負っていることになっており,2800万円の連帯債務を負うわけではありません。
質問者の方は,1400万円を支払えば,債務については完済したことになります。
もっとも,抵当権の被担保債権は2800万円全額なので,仮に遺贈によって質問者の方が全部所有していても,お姉さんが相続した債務も担保対象になり,お姉さんが支払をしなければ,競売に付することができます(抵当権は所有者と債務者が同一でなくてもかまいません)。
もっとも,実務的には,本件もそうであるように,銀行は所有権を相続した人に全額の債務を負ってもらい(法定相続分以上の債務を負うという取決めを銀行とするということです),ローンの支払いを所有者に請求していくというようにさせて欲しいという希望を言ってきます。
何もしなければ,半分ずつの負担割合になるのですが,不動産を相続していないお姉さんが銀行に対する支払をしていく可能性は低く,結局,競売にかけられないようにするには,お姉さんが遅滞するごとに質問者の方が支払をして,お姉さんに求償していかざるを得ないということになるのでしょう。

だいたい皆さんの回答でよいと思いますし,依頼されている弁護士さんから聞いていると思いますが,複数の相続人がいる場合,債権者との間で何らの取決めもしなければ,金銭債務はそれぞれ分割して相続することになるのが原則です。
今回のケースでは,質問者の方とお姉さんが1400万円ずつ銀行に対して債務を負っていることになっており,2800万円の連帯債務を負うわけではありません。
質問者の方は,1400万円を支払えば,債務については完済したことになります。
もっとも,抵当権の被担保債権は...続きを読む

Q公正証書を作りに行くときのための委任状の書き方

公正証書を作りに行くときのための委任状の書き方を教えてください!旦那が一緒にいってくれないので、私と私の母でいくつもりです。
旦那に委任状を書かせるのですが、私がパソコンで委任状を作り、旦那に印鑑を押してもらおうと思ってます。でもなんと書いたらいいのかわかりません。なんとなくなら分かるのですが・・。教えてください!

Aベストアンサー

まず、『どこの誰それを代理人と定め下記事項を委任する』といった風に書いて、次に具体的な委任事項(この場合なら、どんな内容の公正証書作成を委任するかなど)を記載して、最後に日付、住所、署名捺印ですね
印鑑証明も忘れずに

参考URL:http://www.rikon.to/application_form/notarial_deed_form02.htm,http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/kousei.html#shoku

Q公正証書遺言、遺言者が存命中の場合は?

土地建物の公正証書遺言があります。
祖母が作った公正証書遺言なのですが、土地建物の権利をその証書で持った長男(父)がなくなり、次男である叔父が祖母の介護をするから
土地建物をよこせといってきます。
祖母は存命中です。

公正証書遺言の変更は、簡単にできるのでしょうか?
生活が脅かされ困っています。
教えてください。

Aベストアンサー

遺言は、相続が開始しないとその効力を持ちません。
ですから、お祖母様が存命中には、土地建物の権利は依然としてお祖母様のものです。
公正証書遺言が作成されたからといって、
その時点で父上が土地建物の権利を得たわけではありません。

従って、叔父上が「chayuneko」さんに土地建物を寄越せと言われても、
そもそもその権利はお祖母様にあるので、譲りようがないということです。
また、お祖母様存命中には「chayuneko」さんがご自身の相続分を放棄することもできません。
叔父上の要求自体がお門違いというわけです。

なお、遺言者が存命中に受遺者(遺言によって財産を受け取る人:この場合父上)が死亡した場合は、
その部分については遺言が無効になります。
従って、土地建物の権利については、法定相続人が相続分を持つことになります。
(「chayuneko」さんは父上を代襲して法定相続人になります)

もちろん、公正証書遺言を変更することもできます。
形式を満たす遺言が複数ある場合は、日付の新しいものが有効となります。
簡単にできるか、というご質問の主旨がよくわからないのですが、
少なくとも最初の遺言を作成するよりも難しい、ということはありません。

遺言は、相続が開始しないとその効力を持ちません。
ですから、お祖母様が存命中には、土地建物の権利は依然としてお祖母様のものです。
公正証書遺言が作成されたからといって、
その時点で父上が土地建物の権利を得たわけではありません。

従って、叔父上が「chayuneko」さんに土地建物を寄越せと言われても、
そもそもその権利はお祖母様にあるので、譲りようがないということです。
また、お祖母様存命中には「chayuneko」さんがご自身の相続分を放棄することもできません。
叔父上の要求自体がお門...続きを読む

Q白紙委任状・金銭消費貸借契約公正証書

白紙委任状を何ら疑いも無く、署名・実印・印鑑証明を債権者に渡しました。そうしたら勝手に金銭消費貸借契約公正証書で100万の貸付契約を結ばれていたのですが、裁判で撤回できるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

公正証書が取られているということで裁判でも難しいですね。
公正証書とは裁判の判決とほぼ同じ効果ですので。

弁護士さんに相談することをお勧めします。

Q遺産分割協議書がなくとも、遺言(公正証書)に基づいて、被相続人の現預金や不動産を分配することが可能なのでしょうか?

はじめまして、一つご相談させてください。

このたび、父の逝去にともない、相続が発生しました。

遺産分割協議書がなくとも、遺言(公正証書)に基づいて、被相続人の現預金や不動産を分配することが可能なのでしょうか?

公正証書なるものは、一緒に同居していた方が持っており、それを他の相続人一同に見せたのです。被相続人は、逝去時、99歳という高齢でしたので、そのちょうど10年前=まだ元気な頃、公正証書を作成したようです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺言(公正証書)が不完全な場合には、その不完全な部分については
遺言趣旨に沿う範囲で協議が必要です。

曖昧な部分がなければ協議書は不要です。

Q公正証書作成のための委任状について

金銭消費貸借契約で公正証書を作成しようと思っています。契約者は、貸主、借主と連帯保証人(1人)です。
当方は貸主ですが、公正証書を作成するとした場合そのための委任状は、借主と連帯保証人のそれぞれからもらう必要がありますか、それとも借主からだけもらえばよいですか。

Aベストアンサー

 保証人にも委任してもらうという前提ですが、保証人も債務を負うのと同等なわけですから当然必要です。
 尚、連名のような1枚で全員の委任を取り付ける軽視が多くないですか?
 捨て印も実印で、印鑑証明もお忘れ無く。

Q遺言公正証書 記載事項について。遺言者は直筆署名するものか?

遺言公正証書 記載事項について。遺言者は直筆署名するものか?

遺言公正証書の記載事項についてお伺いします。
公正証書の最後に下記の記載があります。
==========================
この正本は嘱託人 日本花子(遺言者仮名)の為
平成〇年〇月〇日 本職役場において原本により作成したものである

〇〇県〇市〇丁目〇番地
〇〇地方法務局所属
公証人 日本太郎(公証人仮名直筆署名と思われる) 捺印

============================
質問(1)
日本花子と手書きで書いてあるのですが、これは遺言者が直筆署名していなければいけないのでしょうか?

質問(2)
(質問(1)の回答が遺言者の直筆署名でなければいけなかった場合)
遺言者の直筆署名でなく他人の署名であった場合、遺言公正証書は無効にできるでしょうか?

公正証書内には下記記載もあります。

遺言者を『印鑑登録証明書の提出により人違いでないことを証明させた』

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>日本花子と手書きで書いてあるのですが、これは遺言者が直筆署名していなければいけないのでしょうか?

 「この正本は嘱託人 日本花子(遺言者仮名)の為平成〇年〇月〇日 本職役場において原本により作成したものである」の「日本花子」が手書きということですか。この文章は遺言者ではなく、公証人が書く文章ですから、遺言者が「日本花子」と手書きする必要はありませんし、むしろ遺言者自身が書く方が変です。
 正本である旨が記載されているページはあらかじめ印刷されているもので、嘱託人の名前の部分を公証人(実際に筆記したのは、公証役場の事務員でしょうが。)が穴埋めしただけのことです。

>遺言者の直筆署名でなく他人の署名であった場合、遺言公正証書は無効にできるでしょうか?

 遺言者が署名押印しなければならないのは、公正証書遺言の「原本」であり、原本は公証役場で保管されています。お手元の正本には遺言者の氏名とその下に丸の中に印と印刷されている部分があると思いますが、それは、原本に遺言者の署名及び押印があるという意味です。

Q委任状の書式(文言)について

委任状の書式(文言)について

6年前に私の父が自宅を建て直し(新築)しました。
前の家は祖父母から相続したものでしたので、自宅建築に関する予備知識が無く、
また実際の建築中もあまり詳細確認しなかった為か、竣工後住み始めてから色々と
不具合(建築上必要な書類も含め)が見つかりました。
契約者の父が口下手であるため、私の兄夫婦が工務店へ詳細確認を試みたのですが、
なかなかまともに応対してくれません。
その最大の理由は「契約者本人が言ってこないから」というものでした。
残念ながら父に交渉を任せるのは難しいため、工務店との交渉を兄夫婦へ権限代行
する委任状を作成すれば、工務店側も言い逃れできないのではと思いまして、
委任状を書こうと思うのですが、書式(文言)が今ひとつ自信なく、以下に私が
考えてみたものを記載します。添削いただければ幸いです。

                委 任 状
(代理人)住  所
     氏  名
     電話番号

わたしは、上記の者を代理人と認め、貴社との間に交わした新築物件(対象建築
の住所)契約に関する権限を全て委任します。

平成○年○月○日

(委任者)住  所
     本 籍 地
     筆 頭 者
     氏  名
     電話番号

○○工務店 様

委任状の書式(文言)について

6年前に私の父が自宅を建て直し(新築)しました。
前の家は祖父母から相続したものでしたので、自宅建築に関する予備知識が無く、
また実際の建築中もあまり詳細確認しなかった為か、竣工後住み始めてから色々と
不具合(建築上必要な書類も含め)が見つかりました。
契約者の父が口下手であるため、私の兄夫婦が工務店へ詳細確認を試みたのですが、
なかなかまともに応対してくれません。
その最大の理由は「契約者本人が言ってこないから」というものでした。
残念な...続きを読む

Aベストアンサー

書式はそのような形でいいと思います。
あえて1つだけ添削するとすれば、新築物件契約という文言は一般的ではないというか、素人っぽいので、建物請負契約とか建設工事請負契約など、建築するときに交わした契約の名前にした方が、すっきりする気がします。
委任者の実印を押し、印鑑証明を添付するのを忘れずに。

Q公正証書遺言の遺言執行者について

私は公正証書遺言を作成するつもりですが、その遺言執行者を決めるのに、弁護士さんは費用がべらぼーに高いので、一般人をお願いしようかと思っています。
そこで 教えてください。娘の夫・妻の姉妹とかは相続人との関係で駄目なのでしょうか。友人は頼みにくいし。それと、証人が二人必要なのですが、これは公証役場に依頼すれば世話していただけるとか聞いていますが? もちろん費用は必要でしょうが。公証役場へ相談に行く前に心積もりしておきたいのでよろしくご指導ください。

Aベストアンサー

 遺言執行者について
 法律上なれない者は,未成年者と破産者(民法1009条)であり,「娘の夫・妻の姉妹とか」を指定できないということはありません。
 しかし,そもそも遺言執行者が必要な事柄は相続人の排除(民法892条),認知(781条),財団法人設立(41条)など,ごく限られたものなので,本当に必要なのかどうかという問題と,指定された方が法律的な知識・判断能力があるのかという問題があります。
 また,相続人になるであろう者を遺言執行人に指定することは,他の相続人との関係で利害対立の可能性があるので望ましくないとされています(以上の詳細は参考URLをご覧ください)。

 証人について
 弁護士や司法書士に頼んだ場合には,これらの事務員に証人になってもらうという事例はありますが,公証人が手配するというのは聞いたことがありません。公証人役場にも事務員はいますが,この者は証人になれないことになっています。
 証人は法的知識など全く関係ないので,友人に依頼するのが宜しいかと思います。ちょっとした読み聞かせを受けて署名・捺印するだけの簡単な話です。弁護士等の事務員ですと日当として一人あたり3000円程度は請求されるでしょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/yulecs/page038.html

 遺言執行者について
 法律上なれない者は,未成年者と破産者(民法1009条)であり,「娘の夫・妻の姉妹とか」を指定できないということはありません。
 しかし,そもそも遺言執行者が必要な事柄は相続人の排除(民法892条),認知(781条),財団法人設立(41条)など,ごく限られたものなので,本当に必要なのかどうかという問題と,指定された方が法律的な知識・判断能力があるのかという問題があります。
 また,相続人になるであろう者を遺言執行人に指定することは,他の相続人との関係...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング