会社の上司と、会社(主に上司が使用)で使用する予定で車を購入しました。

5年ローンを組みましたが、その会社を退社することになりました。

購入の際に、車庫証明の取りやすさや手続きの早さから私で
契約を行いました。

退社することになり、車についてどう話を持っていこうかと悩んでいるので
どなたかアドバイスいただけませんでしょうか。
車は納車日からつねに、上司の自宅にあり、私は一度も使用しておりません。


・ローン中でも名義変更が可能か。
・ローン自体の名義も変更可能か。

---現状は以下のとおりです---
(1)車名義 私
(2)車ローン名義 私

車を購入する時に上司が費用を負担するという約束になっています。
(口約束ですがメールなどは残っています)

職場を変えるにあたり、この点をクリアにしたいと思っています。
自分でネットで調べたところ、私と上司で個人売買契約を結び、ローンを上司に組んでもらうしか
ないのかな?と、思っています。

どなたか、アドバイスを
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・ローン中でも名義変更が可能か。


・ローン自体の名義も変更可能か。

どちらも無理です。
一括返済して名義変更するしかありません。
会社で使用するなら、会社に払ってもらいましょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの総返済額の計算式について

よろしくお願いします。
最近住宅の購入を考え始めたので、住宅ローンに関するをいくつか読んでおります。その中で、よく分からない事があります。

例えば、
借入金:2000万円
返済期間:35年/元利均等返済
金利:2.5%
総返済額:○○○○万円
といった書かれ方をよく見かけますが、、この「総返済額」の計算方法が分かりません。

最初は、「元本:2000万円/返済期間:35年/金利:2.5%」なんだから、計算式は、
『 2000万円×(1+2.5/100)[35乗] 』でいいのだろうと思い、それで計算してみると、『=4746万円』となるのですが、この数字では書籍と合いません。
おそらく、「元利均等返済」の関係でこの計算式にはならないのでしょう。そこまでは分かりました。

そこで、「総返済額の計算方法を分かりやすく解説しているサイト」もしくは、「総返済額の計算などを分かりやすく解説している書籍」をご存知であれば教えてください。

また、本などで読むまでもなく、簡単に説明ができる方がいればぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元利均等返済の毎回の返済額は次の式で表されます。

P = L × r × (1+r)^n ÷ ((1+r)^n - 1)

P:毎回の返済額
L:借入額
r:月利(年利の12分の1)
n:返済回数

ご提示のケースの場合、次のようになります。

P = 20,000,000 × 2.5%/12 × (1+2.5%/12)^(12×35) ÷ ((1+2.5%/12)^(12×35) - 1 )
P = 71,499.0431
http://goo.gl/lK0XM

この計算式の導出の仕方はいくつかあります。
rinkunさんやalice_44さんのやり方、またfunoeさんのやり方も正しく、そのやり方を突き詰めていくと上の式にたどり着きます。
式の計算自体は普通の電卓でもできますが、結構、面倒なので、上のとおりgoogleの電卓機能を使うか、ExcelのPMT関数を使うのが簡単だと思います。
PMT関数内部では上の式(実際はもっと複雑)を計算しており、それを使うときは、次のように指定してください。

=PMT(2.5%/12, 12*35, -20000000)

毎月の返済額を71,500円とすると、返済総額は、71,500円×12ヶ月×35年 = 30,030,000円で、うち利息は、30,030,000-20,000,000=10,030,000円です。

元利均等返済の毎回の返済額は次の式で表されます。

P = L × r × (1+r)^n ÷ ((1+r)^n - 1)

P:毎回の返済額
L:借入額
r:月利(年利の12分の1)
n:返済回数

ご提示のケースの場合、次のようになります。

P = 20,000,000 × 2.5%/12 × (1+2.5%/12)^(12×35) ÷ ((1+2.5%/12)^(12×35) - 1 )
P = 71,499.0431
http://goo.gl/lK0XM

この計算式の導出の仕方はいくつかあります。
rinkunさんやalice_44さんのやり方、またfunoeさんのやり方も正しく、そのやり方を突き詰めていくと上の式にたどり着きま...続きを読む

Qローン支払中の土地建物 配偶者への名義変更

ローン支払中の土地建物の名義を配偶者へ変更することは簡単に出来るのでしょうか?
出来る場合ですが、
(1)一般的な手続きはどのようにすれば良いのでしょうか?
(2)費用等はどのくらいかかるのでしょうか?
(3)税金等も発生するのでしょうか?
解らないことばかりで、恐縮ですが、教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

1,2,司法書士会へ相談を
2,不動産の価格により変動します。
3.原因などにより、贈与税、譲渡所得税が発生します。
   非課税のときもあります
  県税の不動産取得税も発生します。

Qローン返済額の計算を教えてください。

元利金等返済で、利子率10%、償却期間15年で5000万円の
毎月の支払い額と期末残高を計算したいのです。
ただし、支払いは5年ごとに30%の割合で上昇するものとして計算する場合、
エクセルではどのように計算式をいれればいいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。再度、エクセルで表を作ってみました。ところでこれってFP試験の課題か何かですか?

1度に12ヶ月x15年分を作成するのは大変なので、各年ごとに作成しましょう。
先ず、B1からM1に1,2,3,・・・と数字を振ります(各月度の意味)
また、A列は各月返済額や前年度返済残高など参照しやすいような数字を入れます。
1年目(A2~M4):
 A2に1(年目)
 A3はとりあえず空白(各月返済額)
 A4は50,000,000(借入額、2年目以降は前年度末返済残高)
 B2:=A4*0.1/12(前年度返済残高の年利10%の1ヶ月分)
 B3:=A3
  B4:=A4+B2-B3 (当月分返済後の返済残高)

 B2~B4をM列までオートフィル機能で自動入力

2年目(A5~M7)
 A5に2(年目)
 A6:=A3
 A7:=M4 (前年度末返済残高)
 B5:=A7*0.1/12(前年度返済残高の年利10%の1ヶ月分)
 B6:=A6
 B7:=A7+B5-B6(当月分返済後の返済残高)

 B5~B7をM列までオートフィル機能で自動入力

このようにして各年ごとを作成します。3行ごとに同様の計算を行なう処理が登場しますので、
Ctrl+D機能と、各列ごとにオートフィル機能をうまく用いると入力がかなり楽になります。
6年目と11年目のところで、A18(6年目の各月返済額)、A33(11年目の各月返済額)のところで、
 A18:=A15*1.3 (1~5年目の30%増しの返済額)
 A33:=A30*1.3 (6~10年目の30%増しの返済額)
と入力しなおせば、返済額についての条件もクリアできます。

ここまで入力したところで、A3つまり初年度から5年目までの各月返済額を入力すると各返済残高が計算されます。
この返済残高が最終返済時に0に近ければいいのです。大体44万円くらいですかね。

#1です。再度、エクセルで表を作ってみました。ところでこれってFP試験の課題か何かですか?

1度に12ヶ月x15年分を作成するのは大変なので、各年ごとに作成しましょう。
先ず、B1からM1に1,2,3,・・・と数字を振ります(各月度の意味)
また、A列は各月返済額や前年度返済残高など参照しやすいような数字を入れます。
1年目(A2~M4):
 A2に1(年目)
 A3はとりあえず空白(各月返済額)
 A4は50,000,000(借入額、2年目以降は前年度末返済残高)
 B2:=A4*0.1/12(前年度返済残高の年利10%の1ヶ...続きを読む

Q離婚後の共有名義マンションローンと名義変更

現在、妻と離婚に向けての話し合いを進めている状態です。
そのうえで、マンションの扱いについて悩んでおり、
質問をさせていただきます。

マンションは、購入価格4200万円で、結婚前から二人で
貯めていた800万を頭金、残りを銀行ローンとしました。
ローンの残額は、手持ち預金を差し引いて3000万円です。
共同名義で、持分は夫(私)と妻、それぞれ1/2ずつです。
元々、子供はおらず、また先々も作らずに夫婦共働きで
なるべく早くローンを完済する方針でこれまでやってきました。

詳細は割愛しますが、離婚の原因は完全に妻の側にあり、
そのことは妻も認識しています。慰謝料の意味合いも含め、
離婚にあたって以下の内容でとりあえず妻の同意を得ました。

・マンションには私だけが残る。
・ローン完済までは、私だけでなく妻もお金を払い続ける。
・マンションの権利は私に譲る。(名義変更する)

1.ローン支払い

妻から受け取るローン支払い額は恐らく年200万近くになりますが、
離婚をしてしまうと、妻から私への贈与=課税対象になると思います。
課税対象となるのはなるべく避けたいと思うのですが、そのためには
離婚はせずに別居だけし、これまで同様に実質的夫婦共有口座である
ローン引き落とし口座に、妻の収入を振り込んでいくようにしていく
くらいしか道はないのかと思っているのですが、いかがでしょうか?

2.名義変更

上記の点より、ローン完済までは結局離婚はせずに籍は入れたままで、
ローン完済したところで名義変更することになるのかと思っています。
いろいろと調べてみたところでは、「居住用財産を譲渡した場合の
3000万円の特別控除」というものがあるようで、譲渡所得税が
控除されるらしいのです。それを当てにしたいのですが、私の場合も
それに当てはまる(控除対象となる)と考えてよいのでしょうか?

譲渡時の時価が、取得時の4200万を超えた場合に、その差額が
譲渡となる(?)ようなのですが、正確なところがよく分かりません。
例えば、譲渡時時価が仮に1億200万まで値上がりしたとしてみて、
取得時との差額は6000万、その持分(1/2)である3000万
が譲渡対象額(3000万以内で控除対象)ということでしょうか?
まず間違いなく取得時より譲渡時時価は下がると思っていますし、
仮に上がったとしても、1億200万以上なんてまずありえないので
十分に控除対象の範囲なのかなと思っているのですが。

また、上記の「3000万控除対象」とするために、譲渡は離婚後に
行わなければならないらしく、それは別に問題にはならないのですが
「居住しなくなった日から3年目の12月31日まで」というのが
ネックになりそうです。妻と離婚せずに別居だけしてローン完済まで
お金を払い続けるとして、その別居から3年以上経過してしまうと
特例の対象外になってしまうのではないかと思うのです。もちろん
ローンは3年ではとても完済できません。

残された道としては、妻の実質的な居住地はマンションの外に移すが、
住居変更手続きなどは一切行わず、郵便物等は取りにこさせるなどし、
ローン完済までの間、役所手続き上では「同居していたことにする」
くらいしかないのかなと。(ちなみに妻はマンションから遠くもない
妻の実家に戻る予定です)


素人がネットで調べたりしただけなので、誤った認識があるのではと
大いに不安です。後日、税務署にも聞ける範囲で聞いてみるのですが、
その前にこちらでお伺いしてみたく、質問をさせていただきました。
ご意見・ご指摘等々お願いします。必要でしたら、補足説明なども
させていただきます。

現在、妻と離婚に向けての話し合いを進めている状態です。
そのうえで、マンションの扱いについて悩んでおり、
質問をさせていただきます。

マンションは、購入価格4200万円で、結婚前から二人で
貯めていた800万を頭金、残りを銀行ローンとしました。
ローンの残額は、手持ち預金を差し引いて3000万円です。
共同名義で、持分は夫(私)と妻、それぞれ1/2ずつです。
元々、子供はおらず、また先々も作らずに夫婦共働きで
なるべく早くローンを完済する方針でこれまでやってきました。

...続きを読む

Aベストアンサー

補足しときます。

持分半分は奥様のだから、離婚しても払えと言う考えですよね?

っと言う事は、マンションの半分は奥様の物ですから、質問者様は離婚してローンを半分払ってもらうなら、マンション半分に対する賃貸料を奥様に払わないといけないのでは?半分は奥様の所に住ませて貰ってる事になります。

結局、こうすると色々ややこしいです、離婚して持分が半分だと、遺産相続まで引きずりますよ?家の半分しか遺産相続分がありませんから。勝手に売却もできませんし、ローン借り換えも、一人ではできませんし。一番揉めそうなのは、奥様が無くなった時に、相続者は持分の半分に対してどうするかですね、法的に売却・質問者様が買い取り・相続者に対して賃貸の選択となるでしょう。

よって、離婚時は名義を1人にするか、売却処分にするかです、競売よりは自ら売却した方が、高いですよ。
通常は、住む人が払うもしくは売却処分です。

>ローン完済までは結局離婚はせずに籍は入れたままで、
ローン完済したところで名義変更することになるのかと思っています。

奥様が離婚裁判を起こすでしょう、そして、ローンを払い終わってから持分半分を質問者に奥様がくれると思いますか?
自分の財産を他人になる人あげると言う発想がわかりません。

持分があるのですから、奥様は連帯債務者でしょう、主契約は質問者様である以上、支払う義務は質問者様です、質問者様が払えなくなると奥様が払う責任を問われます、競売・自己破産ですね。連帯債務者も連帯保証人も同じようなもんです。
もちろん質問者様はブラック登録です。

>妻から受け取るローン支払い額は恐らく年200万近くになりますが

これだけ払える奥様なら普通弁護士雇いますよね。質問者様が質問内容を知らなくても問題ないですよ?質問内容通りにはなりませんから。無駄な知識です。

ちょっと女性をなめてませんか?奥様の収入を当てに結婚したのですか?離婚したいのですか?やり直したいのですか?
それとも、マンションがほしいのですか?読めば読むだけ矛盾してきます。

今の質問内容では、だれも同情は出来ないでしょう、こう言う掲示板っていいですよね?第三者が双方にひいきせずに、判断してくれますから。厳しい意見もあれば同情の意見もあります、今回は厳しい意見となっただけです。今の時点ではの話です。もちろん、補足回答あれば読まして頂きます。

質問者様が無料の法律相談もしくは離婚ですから司法書士の方でも相談に乗ってくれます、考えの甘さをよく聞いてくる事がいいでしょう。

やっぱりね、家を買う時って嫁の収入は当てにしてはいけないのですよ?子供生まれたりすると、収入が無くなったりします、やはり家を買う時は、旦那一人でも払える金額でローン組まないとね、収入合算はローン組む手段ですがね、嫁の収入がないと払えないローンって何かあれば直ぐに破産ですよ、ちょっと無理し過ぎたのでは無いでしょうか?生活に余裕がないと、いつか疲れてしまいます。ご自分の収入に合った買い方をしないとね。

奥様の心の言葉に耳を傾けていますか?女性の人って結婚したら子供早くほしいと思う人多いのではないでしょうか?それを我慢さす事はやはり間違ってるでしょう。ローン(家)>夫婦の子供では男として世帯主として奥様の人生を預かってる旦那としてはどうなんでしょうかね?
よく考える余地はありそうな気がします。一度振り返ってみてはどうですか?

補足しときます。

持分半分は奥様のだから、離婚しても払えと言う考えですよね?

っと言う事は、マンションの半分は奥様の物ですから、質問者様は離婚してローンを半分払ってもらうなら、マンション半分に対する賃貸料を奥様に払わないといけないのでは?半分は奥様の所に住ませて貰ってる事になります。

結局、こうすると色々ややこしいです、離婚して持分が半分だと、遺産相続まで引きずりますよ?家の半分しか遺産相続分がありませんから。勝手に売却もできませんし、ローン借り換えも、一人ではでき...続きを読む

Q住宅ローンの返済額の計算について。うまくできません。

住宅ローンの算定については、この「教えて」の中にもありましたが、変動金利の場合の算定について教えてください。
例えば、借入額 2000万円 35年償還 元利均等償還 利率1年~3年1.0%・3年超10年まで1.5%・10年超2.0%とした場合の算定についてエクセルで教えていただけませんか。
利率が変動した翌年からの総返済回数と未償還元金を変えれば良いと思ったのですが残高・償還年数がうまくあいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

変動金利の場合のルールをまず知る必要があります。
まず適用される金利は半年単位で変更されます。返済額は5年毎に見直されます。またこの時の変更幅は25%以内というルールもあります。

その条件を入れて計算する場合、

まず約定時の条件から、

返済額:56,457円/月(=-PMT(金利/12,12*35,ローン金額)

が求まります。現実には小数点の問題が発生するため、多少の誤差は生じます。

3年間は金利一定の条件から、3年後の元金金額は、

元金返済額:-CUMPRINC(金利/12,12*35,元金金額,1,12*3,0) = \1,453,546

ローン残高:2000万-元金残高 = \18,546,454

とりなります。
3年経過後から5年までは、返済額同一、金利のみ異なりますので、この期間は返済年数がそれだけ延びたとして計算するとつじつまがあいます。
まず、返済年数は、NPER(金利:1.5%/12,返済額56457,-\18,546,454,0)=423.2ヶ月とでてきますので、それを使って3~5年間にどれだけ元金を返済したのかを -CUMPRINC(1.5%/12,上記423.2ヶ月,元金金額,1,12*2,0) = 810722.8161 で求めて、5年後の元金額を出すと、\18,546,454 - 810,723 = \17,735,731 になります。

次に5年から10年の期間については返済金額が変更となりますから、単純に、

-pmt(1.5%/12, 30*12, \17,735,731) = \61,210

が毎月返済額であり以前の返済額の25%以内の増額だからリミットにかかることなくそのままです。
10年後の元金返済額金額は、-CUMPRINC(1.5%/12,12*30,\17,735,731,1,12*5,0) =2,430,897だから、\15,304,835となります。
あとは金利一定なので単純に、残り返済年数25年、金利2%で元金金額は上記の通り \15,304,835 なので計算出るでしょう。10年以降もご質問の条件では変動金利の返済上限にかかることはないのでそのままです。(上限にかかると未収金利が発生しているということです)

以上ですが、書いていて疑問に思ったのは当初3年の金利が変動にしてはかなり安いですよね。
もし短期固定であれば話は違い、固定期間終了時点で返済額は変更されますので上記とは異なりますよ。
あと多分ご質問にある金利の設定はあくまでたとえだと思いますけど、10年以降2.0%というのはきわめて楽観的過ぎるといえる設定なのでちょっと気になりました。

変動金利の場合のルールをまず知る必要があります。
まず適用される金利は半年単位で変更されます。返済額は5年毎に見直されます。またこの時の変更幅は25%以内というルールもあります。

その条件を入れて計算する場合、

まず約定時の条件から、

返済額:56,457円/月(=-PMT(金利/12,12*35,ローン金額)

が求まります。現実には小数点の問題が発生するため、多少の誤差は生じます。

3年間は金利一定の条件から、3年後の元金金額は、

元金返済額:-CUMPRINC(金利/12,12*35,元金金額...続きを読む

Q住宅ローンの口座名義人変更における連立名義人に関して

夫との離婚により住宅ローンの口座名義人を変更しなくてはならない事態になりました。
夫はすでに別居しており住宅ローンの組まれている物件には住んで今ません。
そのため夫名義でのローン契約の更新ができないと銀行から通達されました。(前の契約更新時は離婚していなかった)
よって名義人を変更する必要があるのですが、私の年収では銀行の要求する条件である年収400万円以上にはとても届きません。
しかし私の年収と両親の年金を合わせたら我が家の年収合計は400万円に到達します。
そこで私と両親の三名を連立名義人とした名義人変更は可能でしょうか?
どなたかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

> 夫との離婚により住宅ローンの口座名義人を変更しなくてはならない事態になりました。
「口座名義」ではなく、住宅ローンの『債務者変更』ではないでしょうか?(銀行は別に「口座」の「名義」には拘らないので。)
ご質問者さまのような場合、銀行が残りの住宅ローンの「一括返済」を求めても仕方がないことなのですが(住宅ローンの契約条件には「債務者が対象物件に居住すること」がありますので、住宅ローンの債務者であるご主人が物件を出られた時点で、『契約違反』になってしまいますから)、それを求めていないということは、結構親切な銀行ですね。
そして、銀行は「年収が400万円以上ある人が債務者になるならば、『負担的贈与』の形で、『債務者変更』を認める」と言っているのですね。

銀行が提示した年収400万円は、債務残高と返済期間と現在の利率から逆算した『返済能力』の下限でしょうね。
これを下回っていては、とても「返済を続けることは無理だろう」と判断する基準です。

そして、ご質問者さまの年収だけでは、その基準の400万円に達しない訳ですね。

> 私と両親の三名を連立名義人とした名義人変更は可能でしょうか?
『連立名義人』という言葉は聞いたことがないのですが、どのような形にせよ、それを「その銀行が認めるか認めないか」という話になります。
「一般論としてできるかできないか」ではなく、そのやり方を債権者である「その銀行」が認めるか、認めないか…という話なので、いくらこちらで回答を得ようとしても無理なんです。
例えば、同じ立場の『経験者』がいたとして、その方が認められたらと言って、ご質問者さまも認められるとは限らないんです。

3人がそれぞれ主債務者となり(融資3本)、残りの2人がお互いの連帯債務者になる…というパターンでの変更ですと、おそらく、「返済期間の短縮」を求められます。
ご両親は年金を受け取っていらっしゃるということは、『相応の年齢』ということですよね?
仮に、現在、最年長の方が65歳だとしますと、返済期間を15年未満に短縮することが求められると思います。
現在、返済期間が残り30年だとしますと、返済期間が半減します。
となりますと、「年収400万円以上」という条件は変更され、「年収500万円以上」でなければ認められなくなる可能性もあります。

ご質問者さまを主債務者として、ご両親2人を連帯債務者にするというパターンでもおそらく同じだと思います。

いずれのパターンも、「債務者」となるご両親は、その家に住まなければなりませんが、それは問題ないですよね?

ご質問者さまを債務者として、ご両親を『収入合算者』とする場合でも、ご両親の年収の2分の1以上を合算する場合には、返済期間の短縮は考えられます(合算金額がご両親の年収の2分の1未満ならば返済期間の短縮はないかもしれません)。
また、『収入合算者』は、「連帯保証人」になっていただくことが殆どです。
ただ、「収入合算者は1名のみ」としている金融機関が多いんですよね。

「ご質問者さまの年収」+「ご両親のいずれかの年収の2分の1」で400万円を超えることができるのならば、銀行も認めてくれるのではないかと思います。

そうではなく、「ご質問者さまの年収」と「お父さまの年収」と「お母さまの年収」の3つを足さなければ400万円に満たない…というのであれば、厳しいと思います。

さらに申し上げますと、銀行が提示してきた「年収の下限」は、『税込年収』を基準に計算していますので、そのギリギリしかない状況では、実際の返済は「非常に」厳しいものになります。

私はごく普通の、住宅ローン借入申し込みについても、アドヴァイスを差し上げる際には「退職金や年金をアテにしなければ成り立たないような資金計画を立てるのはやめてください。」と申し上げています。

そんな「無理」をされても、いいことはありません。
物件から出られることを「前向きに」検討されてもよろしいのではないかと思うのですが…。

住宅ローン審査経験者です。

> 夫との離婚により住宅ローンの口座名義人を変更しなくてはならない事態になりました。
「口座名義」ではなく、住宅ローンの『債務者変更』ではないでしょうか?(銀行は別に「口座」の「名義」には拘らないので。)
ご質問者さまのような場合、銀行が残りの住宅ローンの「一括返済」を求めても仕方がないことなのですが(住宅ローンの契約条件には「債務者が対象物件に居住すること」がありますので、住宅ローンの債務者であるご主人が物件を出られた時点で、『契約違反』にな...続きを読む

Q住宅ローンの繰上返済 期間短縮or返済額減どちらがお得?

35年長期固定金利の住宅ローンを組んでおり、ローン返済2年目です。
この度繰り上げ返済をするにあたり質問させて下さい。
毎月の返済額を減らしてその分を貯金に回して次回の繰上げ返済に充てるのと(※毎月の返済額が1万円減る計算になります)、毎月の返済額は変えずに期間短縮をするのと、どちらが賢いやり方でしょうか??

また、金利の安い時期に期間短縮をするのが良いとどこかで見ましたが、それは変動金利で借り入れしている場合ですよね?

Aベストアンサー

何を以て得とするかによるでしょうね。
総返済額が減ると得だと言うことであれば、早くたくさん返した方が良いので、期間短縮に決まってます。
ローンの金利以上の利率で貯金できるなら貯金が得ですが、今は無理ですね。

Q土地は母親名義 家は兄名義 母親と嫁さんの仲が壊滅的な状態。 権利金、地代は支払っておらず 使用貸

土地は母親名義
家は兄名義
母親と嫁さんの仲が壊滅的な状態。

権利金、地代は支払っておらず
使用貸借状態です。

この状態で土地を第三者に売却可能でしょうか?私は可能であると思っております。
がご意見頂ければと。

Aベストアンサー

法的には可能です。

購入した第三者は、地代を請求出来る
ことになります。

ただ、そういうトラブルが予想される
不動産は敬遠されます。

買い叩かれる可能性があります。

Q住宅ローンの月々の返済額の目安について

住宅ローンの月々の返済額の目安について
調べてみましたが、思うような回答がなかったので質問させていただきます。
新築をするにあたり住宅ローンの借入額について悩んでいます。 年収から借入限度額や月々の返済額の目安は計算することは出来ました。 しかし、月々の返済額ですが、本当に支払って行けるのか不安に思うところがあります。
月々の生活費や税金関係、保険関係、住宅を取得したら固定資産税も発生してきます。みなさんは月々どれくらいの返済をされていますか? すごく曖昧な質問になってしまいますが、実際のところはどうでしょう。
目安とされている月々の返済額なら無理なく返済されているでしょうか?
夫28才、私28才、子供3才と1才
夫年収 500程度、私 専業主婦(2、3年のうちにはパート予定)
借入希望 2800万
35年払い、頭金 500万
月々返済 80000程、ボーナス払いなし (フラット35sでおよその計算です)

以上のような感じです。 みなさんそれぞれ生活費等や保険等を含めて、どれくらいローン返済されていますか? 実際どんな感じでしょうか?
曖昧な文章ですみませんが、参考に教えていただけないでしょうか?

住宅ローンの月々の返済額の目安について
調べてみましたが、思うような回答がなかったので質問させていただきます。
新築をするにあたり住宅ローンの借入額について悩んでいます。 年収から借入限度額や月々の返済額の目安は計算することは出来ました。 しかし、月々の返済額ですが、本当に支払って行けるのか不安に思うところがあります。
月々の生活費や税金関係、保険関係、住宅を取得したら固定資産税も発生してきます。みなさんは月々どれくらいの返済をされていますか? すごく曖昧な質問になってし...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

住宅ローンについては、他の人の状況を判断材料にしてはダメです。
「同じような家族構成、年齢、収入の人がこれくらいのことをしているのだから、自分も同じようにできなければ…。」とか「これくらいできるハズ。」と考えると無理が生じます。

その無理は金銭的なもののみならず、精神的になものにもなります。

住宅ローンって、とっても個別性が高い商品なんですよ。
ですから、「他人・他家との比較」はしないでください。

目安は、「いくらまでならば住宅ローンの返済に充てても、現在と同レベルの生活が維持できそうか」で考えてください。

> 月々の返済額ですが、本当に支払って行けるのか不安に思うところがあります。
でしたら、ご主人の現在の「手取り給与」に「交通費」や「残業代」が含まれていたらそれを差し引いてみてください。
また、「能力給」や「歩合」など、月によって額に変動がある部分については、「最低限保障されている額」だけにしてください。

「手取り給与からいろいろ差し引いた額」から、毎月8万円を住宅ローンの返済に充てても、現在と同レベルの生活が維持できそうですか?

もし、現在が賃貸住宅にお住まいならば、住宅ローンを「現在の家賃の8割」に抑えると、固定資産税等も含めて、現在と同レベルの生活が維持できると思います(固定資産税については、当初に軽減があれば、その後のことを考慮しなければならないので)。

仮に
・借入額:2,800万円
・返済期間:31年(現在の一般的な定年年齢である60歳までに完済するとして、「60歳-1年-現在の年齢」で設定)
・金利:1.660%(現在のフラット35において、返済期間が21年以上35年以下の場合で、取扱金融機関が提供する金利で最も多いのが2.660%のため。フラット35Sなので、当初10年間はそこから1.00%マイナス。11年目以降は2.660%)
・元利均等返済
・ボーナス返済なし
・繰上返済はしない
という条件でシミュレートしますと、毎月の返済額は96,340円になります。

返済期間を35年にして、返済期間が21年以上35年以下の場合のフラット35の最低金利は2.410%ですから、適用金利を1.410%でシミュレートしても、毎月の返済額は84,503円となり、ご質問者さまが想定されている「8万円」よりも多くなってしまいますが…。

できれば、「手取り給与からいろいろ差し引いた額」から、毎月10万円を住宅ローンの返済に充てても、現在と同レベルの生活が維持できそうかどうかと考えていただいた方がよろしいかと思います。

また、フラット35Sは「全期間固定金利」ではなく、「段階金利型」となります。
11年目以降は、最初のパターンで毎月の返済額が106,189円になります。

11年後というと、上のお子さんが14歳。
中学生になりますね。
中学生、高校生になってきますと、家庭における生活費も増えてきますし、何よりも教育にかかわる費用が増えてくると思います。
そのあたりの「増額」も考えて、資金計画・ライフプランニングをしてみてください。

あと、フラット35を利用されるのでしたら、考えていただきたいのは団信保険料が債務者負担という点です。
これが結構バカにならない保険料額なんですよ。
フラット35は、団信の加入が任意なので、加入者が減っていまして(中途脱退も増えている)、その分、加入者が払わなければならない保険料が年々高くなっているんですよね…。

また、火災保険が必須で、火災保険に質権が設定されます。

私自身、住宅ローンを返済中ですが、40歳代独身女性、子供なしなので、あまり参考にはならないかと思いますが…。
借入額:1,800万円 返済期間:20年(40歳の時に借りましたので) 金利:2.00%(10年固定) 元利均等返済
という条件で借りまして、毎月の返済額は6.6万円程度、ボーナス時加算18万円程度という返済をしています。
損を承知で繰上返済もしていません(できるけれどしていません)。
ボーナス返済ありにしたのは、諸般の事情により(笑)。
FPとして言うならば、「ボーナス返済なし」にされるのは多いにお薦めしたいです。

住宅ローン審査経験者です。

住宅ローンについては、他の人の状況を判断材料にしてはダメです。
「同じような家族構成、年齢、収入の人がこれくらいのことをしているのだから、自分も同じようにできなければ…。」とか「これくらいできるハズ。」と考えると無理が生じます。

その無理は金銭的なもののみならず、精神的になものにもなります。

住宅ローンって、とっても個別性が高い商品なんですよ。
ですから、「他人・他家との比較」はしないでください。

目安は、「いくらまでならば住宅ローンの返済に充てて...続きを読む

Q土地が自分名義で建物が元夫名義です 土地はローンが無く建物はローンです

土地が自分名義で建物が元夫名義です 土地はローンが無く建物はローンです 建物だけが競売にかけられます 買い主が現れたら 土地を持ってる私の権利はどうなるのでしょうか?住んでほしくないのでどうしたら良いでしょうか?そうゆう物件は競売では売れるのでしょうか?教えて下さい

Aベストアンサー

 田舎で安い競売物件を買ってる素人ですが、建物だけの競売物件はたまに出ます。安いので売れます。 ただし、ted2010さんのいう法定地上権が認められる、簡単に言えばその建物がそこに建ってることのお墨付きがある建物でないとせっかく落札してもシュウキョしろ、と言われるので、普通の人は法定地上権が成立する建物しか買いません。
 法定地上権が成立するかどうかは裁判所の三点セットに書かれるので、ted2010さんのような高度な知識の無い私ら素人でも入札できるのです。


人気Q&Aランキング