現在52歳(昭和34年1月生まれ)の主人のねんきん定期便を見てわからないことがあるので教えてください。

主人は高卒(18歳)でずっと同じ会社で働いています。
なのでねんきん定期便を見ても「間違いようがないね!」って言ってたんですが…。

経過的加算部分と言うのが、主人は313円で
2歳下(昭和36年1月生まれ)で同じく高卒(18歳)で数年働いていた私の金額が34674円。

どうして主人の方がこんなに少ないの?と思って
経過的加算部分とは何なのか色々調べました。
20歳までにかけた年金が関係してくるとのこと???
とすると私の受け取り金額と主人の受取金額のこの差は何?と思って訳が分からなくなりました。

保険料納付額の月別状況には間違いなく18歳~20歳の22カ月も納付しています。
定額部分は∗∗∗∗∗∗∗∗∗となっています。

これまでの保険料納付金額  約12556000円
老齢基礎年金 792100円
老齢厚生年金 報酬比例部分 約1600000円
         経過的加算部分 313円
これで間違えないんでしょうか?

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

奥様は数年働いていて現在は第3号被保険者ですか?


この場合は20歳前の期間は経過的加算になります。
一方ご主人様はお勤めであり60歳まで厚生年金に加入します。
定額部分の計算は480月が上限です。42年(504月)では計算しません。
2年間は結果として報酬比例部分しか反映しません。
定期便は間違ってはいません。
詳しくは年金事務所で確認ください。
    • good
    • 0

これで間違っていないですよ。


次のような計算式で計算しますから。

平成22年度額です。物価スライドするので、毎年度、計算式は変わります。
AからBを引いた額が経過的加算額です。

A ‥‥ 1676円*1.000*480月*0.985=792413円
B ‥‥ 792100円*(480月/480月)=792100円

A-B ‥‥ 792413円-792100円=313円

<説明>
Aの1.000 ‥‥ 政令で定める率です。昭和21年4月2日生まれ以降は1.000。
Aの480月 ‥‥ 被保険者月数です。昭和21年4月2日生まれ以降は上限が480月。
Aの0.985 ‥‥ スライド率です。毎年度変わります。
Bの792100円 ‥‥ 老齢基礎年金の額です。毎年度変わります(23年度は788900円)。
Bの分子の480月 ‥‥ 厚生年金保険の実被保険者期間です。
(但し、昭和36年4月以降の期間で、かつ、20歳以上60歳未満の期間だけ計上します)
Bの分母の480月 ‥‥ 最長加入可能月数です。Aの480月と同じ上限です。

参考URLの128頁目後半から見て下さい。PDFです。
経過措置(従前額保障)による経過的加算額の計算、という箇所の説明に基づいて計算するんですよ。

式を見るとわかると思いますけど、Bの計算結果が少なければ少ないほど、経過的加算額は増えます。
あなたの場合は、厚生年金保険の実被保険者期間は少なかったでしょう?
ですから、言い替えると、ご主人よりも額が多くなるんです。実際に計算してみるとわかりますよ。

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kounen …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q条例の経過措置期間とは…?

例えば平成20年に施行された条例の経過措置期間が5年であるとする場合、経過措置期間内であれば罰則は適用されないということでしょうか?

Aベストアンサー

京都府屋外広告物条例だと「施行日から3年」ではなく「知事の指定があつた際から3年」ですので「禁止区域が設定された時点から3年以内」であれば罰則は適用されないということになります。

Qねんきん定期便 専業主婦 厚生年金は?

ねんきん定期便がきました。

私は専業主婦です。独身時代の数年は会社勤めで、厚生年金は給与天引きでしたが、その後は会社員の夫が厚生年金を納め、私は第3号被保険者の手続きをすましています。
この度のねんきん定期便に記載されていたのは

これまでの年金加入期間として、
第一号被保険者 10月
第3号被保険者 222月
国民年金計 232月
厚生年金保険 47月 
年金加入期間合計 279月
とありました。

そして、老齢厚生年金額が驚くほど少なかったのです。

私の思い違いだったのでしょうか。
専業主婦で、夫が会社つとめで、国民年金、厚生年金、ともに納め、自分は第3者被保険者の手続きをとっていれば、その後は夫の年金が納められると同時に自分も国民年金、厚生年金ともに納めたことになり、
期間を満たせば、現役就労時代の6割程度は夫婦合わせた年金受け取り額と認識していました。

今回記載されている内容によると、厚生年金保険が47月ということで、夫の厚生年金支払い期間は加算されていないようです。
ということは、専業主婦には国民年金分しか、もらうことができないのでしょうか。
ものすごく額が少なく不安です。

どなたか、ご存知の方のお知恵を貸して頂けましたら幸いです。

ねんきん定期便がきました。

私は専業主婦です。独身時代の数年は会社勤めで、厚生年金は給与天引きでしたが、その後は会社員の夫が厚生年金を納め、私は第3号被保険者の手続きをすましています。
この度のねんきん定期便に記載されていたのは

これまでの年金加入期間として、
第一号被保険者 10月
第3号被保険者 222月
国民年金計 232月
厚生年金保険 47月 
年金加入期間合計 279月
とありました。

そして、老齢厚生年金額が驚くほど少なかったのです。

私の思い違いだったのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

国民年金の分類は
 第1号被保険者・・自営業等の方、及び下記の2号、3号以外の方
 第2号被保険者・・厚生年金等の加入者本人
 第3号被保険者・・第2号の配偶者の方
貴方の会社在職時は・・第2号で、厚生年金と国民年金に加入
専業主婦の時は・・第3号で、国民年金に加入
将来の年金は、国民年金(老齢基礎年金)+厚生年金(老齢厚生年金)
 (老齢厚生年金は、会社員時代の加入月数(47ヶ月)とその時の標準報酬により計算された金額になります)
>専業主婦には国民年金分しか、もらうことができないのでしょうか
 ・専業主婦の方が加入されているのは、国民年金なのでそうなります(保険料の負担なし)
 ・ただ会社勤めの時代があれば、その分は厚生年金分として別に支給されます(加入月数とその時の給与から計算された金額)

・第3号被保険者は、保険料の負担がありません(ご主人の支払っている保険料は、ご自分の分で貴方の分は支払っていません)
 保険料の負担がなく、(国民)年金は受給できますから、第1号の方(保険料を支払っています)に比べれば優遇されていますから良しとお考えください

国民年金の分類は
 第1号被保険者・・自営業等の方、及び下記の2号、3号以外の方
 第2号被保険者・・厚生年金等の加入者本人
 第3号被保険者・・第2号の配偶者の方
貴方の会社在職時は・・第2号で、厚生年金と国民年金に加入
専業主婦の時は・・第3号で、国民年金に加入
将来の年金は、国民年金(老齢基礎年金)+厚生年金(老齢厚生年金)
 (老齢厚生年金は、会社員時代の加入月数(47ヶ月)とその時の標準報酬により計算された金額になります)
>専業主婦には国民年金分しか、もらうことができな...続きを読む

Qがんの疑いで経過観察とは

肺に影がある?と言われた人に結果どうだった?って聞いたら
今度経過観察があ流と言っていました。
それ以上聞くことはできなかったのですが
どういう意味でしょうか?

本人もあまり喋らないような感じだったのですが、とっさに聞いたので経過観察は嘘じゃないと思います。

以上のような場合のがんの疑いで経過観察はどのような意味だと思いますか?

Aベストアンサー

肺がん検診を受けて、肺に影がみつかり、経過観察で様子をみて、今度受診する、
って意味ではないでしょうか?
ガンの疑いでしばらく放置することは、あまり考えられないので、
ガン以外の何かではないでしょうか?

私も肺がん検診でひっかかり、総合病院にてCTを撮りました。
やはり影があるものの原因は分からず、経過観察となり、
4週間後にまたCTを撮ったところ、影は消えていました。
肺炎か何かだったのでは?との事で、経過観察は終了しました。

Q24年以降生まれでも経過的加算が付くのかしら

 昭和24年4月2日以後生まれの男性は、定額部分は支給されません。
 この大卒サラリーマン殿は、60歳までで厚生年金に446月加入することとなる見込みで、その後も継続して勤め、65歳で退職する予定です。
 60歳~65歳の間も給与ベースが高いことにより、年金は全額カットの見込みです。

 ところで、この男性が65歳で年金をもらい始めるとき、経過的加算部分は付くのでしょうか。過去スレをいろいろ見てみたのですが、どうもスッキリした例に遭遇できませんでした。
(1)この人には元々「定額部分」がない(制度上60~65歳の間に支給されることはない)ので、定額部分と老齢基礎との差額たる「経過的加算」などあるわけがない。
のか、
(2)経過的加算とは、昭和24年4月2日以後生まれの男性であっても、65歳時点で、例の「定額部分」とやらの計算式を用いて「定額部分に相当する金額」を計算し、それと老齢基礎との差額をいうのであって、誰にでも経過的加算の可能性はある。定額部分の受給権があったかどうか、また何歳で受給権が発生したのかは関係ない。あくまで65歳時点であの計算式を使って万人に対して計算するのだ。
というのか、
どちらでしょうか。私の記憶では、「(1)だ」という趣旨の回答が以前あったような気がするのですが・・・。

 法律の条文をつぶさに当たれば明確なんでしょうけど素人には到底不可能です。それにつけても、今回、さんざんネットサーフィンしましたが、(1)なのか(2)なのかを明確に判別できるような上手(じょうず)な書き手って、なかなかいないもんですなぁ。

 昭和24年4月2日以後生まれの男性は、定額部分は支給されません。
 この大卒サラリーマン殿は、60歳までで厚生年金に446月加入することとなる見込みで、その後も継続して勤め、65歳で退職する予定です。
 60歳~65歳の間も給与ベースが高いことにより、年金は全額カットの見込みです。

 ところで、この男性が65歳で年金をもらい始めるとき、経過的加算部分は付くのでしょうか。過去スレをいろいろ見てみたのですが、どうもスッキリした例に遭遇できませんでした。
(1)この人には元々「定額部分」がない...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。以下は聞きかじった話と個人的な意見ですし、たいした結論も出ないのでお時間あるときにでもお読みくださいませ。

 社会保険労務士の意見を聞いたことがあります。その人によれば経過的加算の条文は、65歳未満の厚生年金(特老厚)の支給が実際にあることを前提とした規定にはなっておらず、定額部分の支給が終了したあとも継続する可能性は残っているとのことでした。

 確かに多くの経過的加算の説明文は、定額部分と比べて老齢基礎年金が減額してしまうため差額を支給する云々となっていて、それはそれでわかりやすいのですが、昭和60年の附則は、定額部分の計算方法によって算出したときの額が老齢基礎年金よりも大きい場合と書いてあるだけで、「定額部分が老齢基礎年金より大きいときだけ」という解釈は成り立たないはずです。

 老齢厚生年金の経過措置の多くは、定額部分から老齢基礎年金への減額といったような、個人の年金受給史における激変緩和措置というよりも、世代間の格差是正が主な目的だと理解しています。そうであれば、定額部分がなくなる世代が、一緒に経過的措置も失うというのも厳しいとは思います。

 とはいえ、条文上の経過的措置は「当面のあいだ」ですから、どこかで線引きがなされるのも確かだと思います。定額部分の無い世代が65歳になるのは男だと早くも6年後ですので、これほど年金問題で揺れているときに、そんな大英断(?)を政府が下すかどうか。

 経過的措置により支給される金額は、主に、(1)定額部分の計算に用いられる単価(いわゆる定額単価)が、老齢基礎年金額の単価よりも小さいときに生ずる差額、(2)20歳未満または60歳以上の保険料納付済期間に関する定額部分に相当する額。いずれも新旧両法間の移行期における世代間格差の穴埋めです。

 上記(1)の差額は、生年月日による乗率(1.875~1.000)によって逓減しつつありますが、昭和21年4月2日以降に生まれた者からは乗率が1.000になるため、定額部分と老齢基礎年金は同じ単価になります。つまり、(1)は定額部分の支給終了よりも先に消滅しますので、実質的に問題になりません。

 他方で、(2)は現行制度化ではいつまでも残り得る部分です。20歳未満・60歳以上は、新法では国民年金の合算対象期間ですから老齢基礎年金額には反映されないと言いつつ、現時点では厚生年金が経過的加算で救済しているわけですね。

 これをいつまで続けるかと考えるとき、老齢厚生年金が旧法以降の経過的措置をやっとで本格的に逃れるのは、十数年先に報酬比例部分がなくなって、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金が始まるときです。

 ここから先は、20歳未満・60歳以上については基礎年金額に全く反映しないばかりか、経過的加算も終了するというのは、一応、理屈は通るようにも思います。他に何の根拠もないのですが、遅くとも、国がこのタイミングを逃すとも思えないし...。

 こんにちは。以下は聞きかじった話と個人的な意見ですし、たいした結論も出ないのでお時間あるときにでもお読みくださいませ。

 社会保険労務士の意見を聞いたことがあります。その人によれば経過的加算の条文は、65歳未満の厚生年金(特老厚)の支給が実際にあることを前提とした規定にはなっておらず、定額部分の支給が終了したあとも継続する可能性は残っているとのことでした。

 確かに多くの経過的加算の説明文は、定額部分と比べて老齢基礎年金が減額してしまうため差額を支給する云々となって...続きを読む

Q「経過した日」とは?(会社法)

 会社法の施行によって、定時株主総会の日程についての定めが変わりました。
 旧商法においては「計算書類の提出後3週間以内に附属明細書を提出する」とか「計算書類の受領後4週間以内に監査報告書を提出する」といったような定めだったのですが、会社法(厳密にいうと会社法関係法務省令)においては「計算書類の全部を受領した日から4週間を経過した日」とか「計算書類の附属明細書を受領した日から1週間を経過した日」というように変わりました。(会社計算規則158条1項)
 この「経過した日」という言葉の定義がわからないのですが、例えば9月1日(金)から1週間経過した日というのは、9月8日(金)のことをいうのか、それともそれを過ぎた9月9日(土)のことをいうのか、どちらなのでしょうか?
 どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社法においても、民法140条の初日不参入の原則が適用されます。

「受領した日」が9月1日(金)であれば、9月2日が1日目となり、9月8日(土)が7日目となります。

そうすると、受領した9月1日(金)から、1週間=7日間が経過した日ということは、7日目である9月8日(土)が経過した次の日、つまり、9月9日(日)になります。

初日不参入というのは、9月1日(土)の何時に受領したものであろうが、9月1日(土)23時59分59秒(より厳密に言うと9月2日にかわる直前)に受領したとみなして、そこから1週間=604800秒の経過を考えるということです。

Q遺族厚生年金(経過的寡婦加算)について

遺族厚生年金(経過的寡婦加算)について
お世話になります。
御夫婦とも67才になられ御健在です。
社会保険庁の「遺族年金」の上記の欄を見ますと、
「経過的寡婦加算の額は、昭和、、、、、云々、中高齢の額と
同額になるよう決められています。」との事。

奥さんが65才になられるまで38万円位/年(?)加算されていたのが
越すと14~5万円/年になったそうです。

二番目の○の受給権発生の場合に該当します。
「昭和61年4月1日から60歳に達するまで、、、」
ということは大体25年間だけ掛けていた時の「中高齢の加算の額と
同額になるよう決められています。」

(1)、、、ということで満額に近い掛け金の38万円/年(?)が加算されるということでは
なく推定25万円くらい/年の加算ということでしょうか?

(2)旦那さんの年金額は17万円位/月で単純に大雑把にみて2階部分8万円位/月と見て、
 結局計10万円位/月が遺族厚生年金として
 失礼ですが万一の場合奥さんに支給されるということでしょうか?

奥さんは65歳から80万円弱/年の国民年金を受給されており、子供さんは成人されております。

(3)奥さんの年金80万円弱+120万円=200万円/年

ということで大まかな処良いのか、
よろしくお願いします。

変幻時代な表現にうんざりする年金の表現です。
つぎはぎの対応で仕方ないのか知れませんが、、、。

以上、よろしくお願いします。

遺族厚生年金(経過的寡婦加算)について
お世話になります。
御夫婦とも67才になられ御健在です。
社会保険庁の「遺族年金」の上記の欄を見ますと、
「経過的寡婦加算の額は、昭和、、、、、云々、中高齢の額と
同額になるよう決められています。」との事。

奥さんが65才になられるまで38万円位/年(?)加算されていたのが
越すと14~5万円/年になったそうです。

二番目の○の受給権発生の場合に該当します。
「昭和61年4月1日から60歳に達するまで、、、」
ということは大体25年間だけ掛けていた時の「...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご夫婦ともにご健在とのことなので
65歳前後の年金額の変動は
老齢厚生年金の加給年金が失権し、
老齢基礎年金の振替加算に振り替わったお話と思います。
また、現在67歳とのことなので
おそらく昭和18年度生まれのご夫婦と思います。

現在の加給年金の額は227,900円ですが、
昭和18年度以後の方にはさらに168,100円が加算され
合計で396,000円の加給年金が加算されていたものと思われます。

老齢厚生年金の加給年金は配偶者の方が65歳になると失権し、
そのかわりに国民年金からその配偶者の老齢基礎年金に
振替加算が加算されます。(一度加算されると失権することはありません)
振替加算の額は配偶者の生年月日ごとに定められており、
昭和18年度生まれの方は124,700円となっています。

さて、ご質問の経過的寡婦加算ですが、
こちらは実際に年金受給者がなくなられた仮定のお話だと思います。

配偶者の方が65歳未満の場合は、一定の要件のもと
遺族厚生年金に中高齢寡婦加算というものが加算されます。
配偶者が65歳になると自身の老齢基礎年金を受給できるため
中高齢寡婦加算(遺族基礎年金の額の3/4)は加算されなくなります。
ただし、中高齢の方ほど国民年金に加入できる年数が少なく、
老齢基礎年金の額が少額となっていることが考えられたため、
国民年金に加入可能な期間に応じて経過的寡婦加算を加算することとされました。
(昭和2年度より前にお生まれの方は基礎年金導入時に既に60歳以上で
国民年金に加入することができなかったため、中高齢寡婦加算相当額が
引き続き経過的寡婦加算として支給されます)
昭和18年度生まれの方の場合は、257,600円が加算されます。

ご主人の老齢厚生年金の額を8万円×12月=96万円と仮定しますと、
遺族厚生年金の本体の額は
一般的に老齢厚生年金の額の3/4となりますので72万円となります。
したがいまして、遺族厚生年金本体と経過的寡婦加算の合計額は
720,000円+257,600円≒98万円となります。

現在、老齢基礎年金の額が約80万円ということであれば、
万が一の場合は、遺族厚生年金と老齢基礎年金の合計額
98万円+80万円=178万円の年金を
お受けに出来ることができると考えられます。

はじめまして。

ご夫婦ともにご健在とのことなので
65歳前後の年金額の変動は
老齢厚生年金の加給年金が失権し、
老齢基礎年金の振替加算に振り替わったお話と思います。
また、現在67歳とのことなので
おそらく昭和18年度生まれのご夫婦と思います。

現在の加給年金の額は227,900円ですが、
昭和18年度以後の方にはさらに168,100円が加算され
合計で396,000円の加給年金が加算されていたものと思われます。

老齢厚生年金の加給年金は配偶者の方が65歳になると失権し、
そのかわりに国民年金からその配偶者の老...続きを読む

Q人間ドック 経過観察とは?

先日、人間ドックを受診しました。
それで後日、最終的なデータが自宅に郵送されてきたのですが、「胃部X線検査の結果、所見(粘膜不整)が認められますので、経過を観察してください」との記載がありました。
当日の医師の診察の段階でこのX線の結果が出ていたかどうかは不明ですが、この所見についての説明は特になかったと記憶してます。

そこでお聞きしたいのですが、経過観察というのは、具体的にどのような状態を指していて、
一体どうすればよいのでしょうか?
抽象的すぎて、よくわかりません。
再度同じ検査をして変わりがないか見るというのは何となくわかるのですが、間をあける期間や切迫性が、よく分かりません。痛くなったり具合が悪くなるまで放置して良いとも思えず、、
一般的にはこのようにする、という目安があれば教えてください。

Aベストアンサー

検査所見上は異常を認めるが、ただちに再検査や治療はいらない状態。
正確には、何時まで経過観察と表現して、経過観察期間終了後は再検査・診察を、あるいは経過観察中に異常があれば都度検査・診察を受けてください。という意味です。
観察期間は、ドックなので通常1年と考えてよいかと思います。

Q先日、ねんきん定期便が届きました。私は厚生年金なのですが、毎月の納付額

先日、ねんきん定期便が届きました。私は厚生年金なのですが、毎月の納付額の欄に給与からの天引き分しか載っていません。厚生年金で納付額が会社との折半ならば、「給与からの天引き分×2」の額が記載されてなければいけないのではないでしょうか? まさか、会社が払ってないのでは?なんて不安になりました。誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

>毎月の納付額の欄に給与からの天引き分しか載っていません。厚生年金で納付額が会社との折半ならば、
>「給与からの天引き分×2」の額が記載されてなければいけないのではないでしょうか?
> まさか、会社が払ってないのでは?なんて不安になりました。誰か教えて下さい。
被保険者負担分が載ります。
なぜなのか? 推測ですが、給料明細書に記載されている金額と、国(現在は「年金機構」)が認識している被保険者負担額に乖離が有るかどうかを、受取った方が確認できるようにする為です。

Q要経過観察とは?

この前、学校の検診で血圧と尿検査がひっかかったことで質問させていただいたものです。
結果が返ってきて、血圧142/53→要経過観察、腎機能尿潜血±→境界線(?)正常
でした。これってどういう意味ですか?
学校でもただ返されただけでよくわかりません。
母からは白衣性高血圧かもしれないし大丈夫と言われてました。
病院に行かなくても大丈夫ということですか?
教えてくれたらありがたいです。

Aベストアンサー

血圧は一日の中でも色々と変動しています。
なのでお母さんが言われているような、白衣性高血圧では緊張して上がったりすることもあります。

1回だけの血圧測定じゃ高血圧という診断は付けれません。
だからまた次回測定する機会があるときにも血圧が高いなら一度病院で相談してね、と受け取ってください。

おいくつかわかりませんが、血圧は年齢や性別によっても大体これくらい、っていう目安があります。

高血圧が何年~何十年と続くと血管にダメージを与えてしまうことになり、将来腎臓や心臓、脳などに障害がでます。

ずっと血圧が高い状態が続くならまずは食事や(塩分をとりすぎていないか)、太りすぎていないかとか、生活習慣を見直すことになると思います。
ごくまれに他の原因のこともありますが、今の段階ではそんなに心配しなくても大丈夫だと思います^^

Q昭和28年5月生まれ 厚生年金はいつから貰える

あと2年足らずで定年退職します。中卒で就職し厚生年金は44年かけてます
60歳で無職になれば年金はいつからもらえますか?

Aベストアンサー

通りすがりの者です

惜しかったですねぇ~・・・1ヶ月程の違いでした・・・現行制度では。
昭和24年4月2日~昭和28年4月1日生まれの男性は、厚生年金のうち
「部分年金」とも言いますが「報酬比例分」の所謂2階建て部分の支給が
60歳から開始、そして65歳から基礎年金所謂「国民年金」一階部分の年金
支給が上乗せになります。

これが、貴方の場合は昭和28年5月生まれですから、1ヶ月違いですが・・・
「報酬比例分」の部分年金の支給は61歳からです。つまり1年間遅れて
支給が開始されるのです。1ヶ月の違いが結果1年もの違いになるのです。
勿論、1階部分の基礎年金部分は65歳から上乗せ支給されます。
参考データはここ
http://www.office-onoduka.com/nenkin/age_man.html

貴方の61歳から支給される「報酬比例分」の年金額と、65歳から上乗せ支給
される基礎年金の金額は、お近くの年金センターに行き、確認して下さい。
年金手帳なり、年金番号さえあれば、ものの5分でプリントアウトしてくれ
ます・・・想定額ですが。予想で年間120万~150万の範囲?
基礎年金の国民年金は40年で年間80万だそうですから、65歳からは大丈夫
でしょう。問題は61歳~65歳までの間の「報酬比例分」の支給額ですね。

従って、60歳で定年で無職は無収入で、前年収入に見合う税金がかかりますから
油断してはいけません。健康保険は任意継続で2年延長が良いでしょう。問題
は住民税でしょうか。そして61歳までの1年間、アルバイトかパートで何らか
の収入を見込まないと、退職金を使うはめに陥ります。ご検討下さい。

通りすがりの者です

惜しかったですねぇ~・・・1ヶ月程の違いでした・・・現行制度では。
昭和24年4月2日~昭和28年4月1日生まれの男性は、厚生年金のうち
「部分年金」とも言いますが「報酬比例分」の所謂2階建て部分の支給が
60歳から開始、そして65歳から基礎年金所謂「国民年金」一階部分の年金
支給が上乗せになります。

これが、貴方の場合は昭和28年5月生まれですから、1ヶ月違いですが・・・
「報酬比例分」の部分年金の支給は61歳からです。つまり1年間遅れて
支給が開始されるのです。1ヶ月の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング