ちょっと、仕事で必要な文書の中にAUCのデータがありました。バイオアベイラビリティー関係の文書なので、薬物動態に関連した数値であると思いますが、具体的に何を表すものであるのかどうしても分かりません。ちなみに、その中ではAUCtとAUC∞の2つがあるのですが、その違いなども教えていただけると助かります。
また、Kel(消失速度定数)のデータがあるのですが、それがどういう計算で出てきたものなのか分かりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

MiJunです。


MRT:Mean residence time(平均滞留時間)
です。
ちょっと専門的ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「TDM概論」
さらに、以下の成書は如何でしょうか?
====================================
薬物動態と薬効/加藤隆一,水島裕/岩波書店/1999.9 
医薬品非臨床試験ガイドライン解説/1997 …/薬事審査研究会/薬事日報社/1999.6 
グラフによる臨床薬物動態解析法/W.A.リッチェル[他]/薬事日報社/1998.4 
わかる臨床薬物動態理論の応用/菅野彊/医薬ジャーナル社/1998.10 
医薬品開発における薬物動態研究/杉山雄一/薬業時報社/1998.3 
=====================================

ご参考まで。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/T_T2/TDM1.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変お世話になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/24 21:39

AUC(Area Under Curve)は血中濃度曲線下面積の略で、血中濃度(Y軸)と経過時間(X軸)をグラフにしたと時のグラフの面積(曲線とX軸の間)のことで、投与された薬剤が体内に入った量とみなすことができます。

IV(静脈内投与)のAUCが100でPO(経口投与)のAUCが50の時、バイオアベイラビリティーは50%となります。つまり、経口投与では静脈内投与に比べて50%の薬剤しか吸収されないことになります。おそらくAUCtはt時間までのAUCを、AUC∞はより長時間(血中濃度がセロになる時間)のAUCということだと思います。
Kelは血中濃度(Y軸)と経過時間(X軸)をグラフにして求めたt1/2(半減期)、からも求められますし、logC=-(K/2.303)t+logC0からも求まります。C:血中濃度の常用対数、C0:投与直後の血中濃度、t(時間、hr)です。半減期から求める場合はK=0.693/半減期(t1/2)となります。1コーパトメントモデルと2コンパートメントモデルで計算式が違うと思いますので、詳細は専門書で確認されることをお勧めします。何せ10年以上も前に大学で習ったもんで、記憶が定かでありません。
もっと勉強しておけばよかった、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても詳しく教えていただいてありがとうございます。10年以上前とおっしゃりながら、素晴らしい記憶力ですね!下の方にもお願いしちゃったんですが、実はMRTってのも分からなくなっちゃったんです。もしご存知でしたら、それがどういう計算で出てきているのか教えていただけるとうれしいです。

お礼日時:2001/04/22 22:21

以下の意味です。


AUC:Area Under (the) Curve
これは、一般には薬剤投与(動物でもヒトでも)後の血中の薬物(代謝物も含む)の濃度変化曲線で曲線下の面積です(積分値)。

AUCt:時間tまでのAUC
AUC∞:時間無限大まで外挿した場合のAUC
です。
Kelは、上記の曲線に近似曲線(自然対数で曲線で近似)を当てはめて計算します(セミログ用紙からも求められます)。

これから、薬剤の血中からの半減期を計算します。

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わおっ!ありがとうございます。ほんとに助かりました。もう一つついでにいいですかぁ?MRTってどういう計算で出てきているのでしょう?もしご存知でしたら御教授ください。

お礼日時:2001/04/22 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレミネント錠の動態

私が持っている治療薬マニュアルは2006年のものなので
プレミネント錠が載っていません。
動態(Tmax、T1/2)を知りたいので、
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2149110F1023_1_05/2149110F1023_1_05?view=body#436

合剤なので成分別に書いてあります

Q薬物誘発常同行動の実習

薬物誘発常同行動の実習をやったのですが、その意義がよくわかりませんでした。メタアンフェタミン誘発常同行動では生理食塩水を前投薬したものをcontrolとして、イミプラミンを前投薬したものと、ハロペリドールを前投薬したものとを実験群としてそれぞれ一匹ずつのマウスで実習をやりました。しかし、アポモルヒン誘発常同行動では生理食塩水を前投薬したものをcontrolとして、ハロペリドールのみの前投薬をしたものを使用しました。この差異の意味するところを調べてみよう、という課題です。また、薬物誘発常同行動はどのような疾患の病態モデルとなりうるのでしょうか?

Aベストアンサー

薬理学の実習でしょうか。
はっきり覚えていないのですが、私もそのような実験を見たことがあります。
大きなバケツの底に線が引かれており、その線を何回横切ったかを調べるものだったと記憶しています。(たしか、向精神薬のスクリーニングに用いる手法で「オープンフィールド法」というものでした)
fanceseさんが行った実習は、この手法を利用して向精神薬とメタンフェタミンとの拮抗作用を調べたのだと思います。
参考URLの中の「向精神薬のスクリーニング法」が参考になるかもしれません。
なお、常同行動は「覚せい剤乱用者」にしばしば見られます。
例えば、汚れてもいないのにテーブルの一部分を何度も何度も拭いたり(拭かずにはいられない)、テーブルに置いている置物の角度が気に入らず何度も何度も微調節したり(少しのズレが気に入らない)するなど、異常な行動をとることがあります。
マウスなら、同じ場所をくるくる回ったり、顔を何度も触るなどの行動が現れると思います。

◎後はご自分で調べてみてください。

参考URL:http://wwwyaku.meijo-u.ac.jp/chem_pharm/mhiramt/EText/YS-LaboClass/YSLC00-2.html

薬理学の実習でしょうか。
はっきり覚えていないのですが、私もそのような実験を見たことがあります。
大きなバケツの底に線が引かれており、その線を何回横切ったかを調べるものだったと記憶しています。(たしか、向精神薬のスクリーニングに用いる手法で「オープンフィールド法」というものでした)
fanceseさんが行った実習は、この手法を利用して向精神薬とメタンフェタミンとの拮抗作用を調べたのだと思います。
参考URLの中の「向精神薬のスクリーニング法」が参考になるかもしれません。
なお、常同...続きを読む

Qうつ病の薬物療法

うつ病は薬物療法では症状は改善されてもなおることはないって聞いたんですが、ほんとですか?

できればどういうメカニズムで症状が改善されているのかも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

うつ病に対しては、抗うつ薬の有効性が臨床的に科学的に実証されている。ただし抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1週間ないし3週間の継続的服用が必要である。このことをしっかりと理解して服薬する必要がある。 抗うつ薬のうち、従来より用いられてきた三環系抗うつ薬あるいは四環系抗うつ薬は、口渇・便秘・尿閉などの抗コリン作用や眠気などの抗ヒスタミン作用といった副作用が比較的多い。これに対して近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRIや、セロトニンとノルアドレナリンに選択的に作用する薬剤SNRI、NaSSA等は副作用は比較的少ないとされるが、臨床的効果は三環系抗うつ薬より弱いとされる。 また、不安・焦燥が強い場合などは抗不安薬を、不眠が強い場合は睡眠導入剤を併用することも多い。またカルバマゼピンやベンゾジアゼピン系もしばしば用いられている。しかしこれらはベンゾジアゼピン依存症・ベンゾジアゼピン離脱症候群をまねき、うつ病を悪化させる。 なお、抗うつ薬による治療開始直後には、年齢に関わりなく自殺企図の危険が増加する危険性があるとアメリカ食品医薬品局 (FDA) から警告が発せられ、日本でもすべてのSSRIおよびSNRIの抗うつ薬の添付文書に自殺企図のリスク増加に関する注意書きが追加された[9]。また、近年セント・ジョーンズ・ワートを始めとしたハーブの利用にも注目が集まっており後述する。なお、非定型うつ病については、本来モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害剤)が第一選択になり、欧米では活用されているが、2010年現在日本で認可されているものはない。

うつ病に対しては、抗うつ薬の有効性が臨床的に科学的に実証されている。ただし抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1週間ないし3週間の継続的服用が必要である。このことをしっかりと理解して服薬する必要がある。 抗うつ薬のうち、従来より用いられてきた三環系抗うつ薬あるいは四環系抗うつ薬は、口渇・便秘・尿閉などの抗コリン作用や眠気などの抗ヒスタミン作用といった副作用が比較的多い。これに対して近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRIや、セロトニンと...続きを読む

Q医療関係者の方、文書作成のソフトや絵は何を利用?

医学生、お医者様、看護師さんなど、医療関係者の方、保健の先生、またはそうじゃなくてもご存じの方がいらっしゃれば教えてください。

例えば医学論文や雑誌・会報誌などの記事、あるいは病院等で患者さん向けに配布する「健康だより」や学校の「保健だより」のようなチラシ等で、「医療系イラストを使った文書」を作成されるケースがあると思います。

内臓や骨格、人体器官など、専門的なイラストや図解を使うこともあるでしょうが、そのまま使える素材ばかりではなく、時には自分で絵を描いたり、注釈や説明を入れることもあるでしょう。
ワードやパワーポイントよりは、Adobe Illustratorのようなドロー系のソフトが適しているようにも思えますが、高価だしそういう専門的な医学系のイラストが多いとも思えません。

パソコンで作成する場合、どのようなソフトを使い、どこから絵を取得して作成しているのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私はLifeARTの画像(有料)を
http://www.fotosearch.jp/lifeart/
オープンオフィス(フリー)で加工して使っていますよ。
http://ja.openoffice.org/

Qタイ、フィリピンなどから看護師・介護福祉士を受け入れについて その2

「タイ、フィリピンなどから看護師・介護福祉士を受け入れについて」というタイトルで
以前質問させて頂いた者です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1015584

その後、FTAなどの進展はあったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、看護士ではないですが、近々練馬区の小児科の病院にアメリカの医師が誕生する予定です。
それは、医療特区という政策を活用するものです。
海外からの医師や看護士はまず、言葉の壁がありますが、日本の今の現状を考えると小児科の医師、救急医など極端に少ない現状です。また、医師を目指す若い人達も激減しています。医学大学では、海外の医師を留学というかたちで受け入れを強化しております。タイやフィリピンに限らず諸外国からの医療関係者は増える可能性は近年中にあります。そのため、何年間かの日本での医学的教育も必要です。
アメリカでは、色々な国々の人達が医療関係者として働いています。私もアメリカで数年外科として勤務しておりました。日本でも言葉の壁はありますが、日本で医学的な勉強や言葉を勉強することで例え外国人でも日本の医療関係で働くことに大賛成している一人でもあります。また、最近、医療特区の活用で、病院や医学大学に企業や外資系の融資によって新しい病院、医学大学が今後増えて参ります。そこには、多くの外人さんも勤務や医学を学びに日本に来ることが予想されます。

こんにちは、看護士ではないですが、近々練馬区の小児科の病院にアメリカの医師が誕生する予定です。
それは、医療特区という政策を活用するものです。
海外からの医師や看護士はまず、言葉の壁がありますが、日本の今の現状を考えると小児科の医師、救急医など極端に少ない現状です。また、医師を目指す若い人達も激減しています。医学大学では、海外の医師を留学というかたちで受け入れを強化しております。タイやフィリピンに限らず諸外国からの医療関係者は増える可能性は近年中にあります。そのため、何年...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報