題の通りです。去年の10月から今年の3月末までの6ヶ月間の契約社員でした。
仮に貰えるとしても、期間満了による退社は自己都合と同じ扱いで給付制限がかかってしまうのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

勿論もらえます!


あなたの場合、自己都合で辞めたわけではないので担当営業にいって必要な書類を貰ってください。私は、それで5ヶ月間失業保険をもらいました。
    • good
    • 0

社員なら最低半年の在籍だけど、契約で半年だけでは多分気厳しい、前職の所得証明も必要です


で、満期終了の退社なら自己都合にはならないはず
会社から継続しますか辞めますかと質問されて自分で契約しませんと言わない限り
で、今の半年の会社の前の会社では雇用保険払ってましたか?
でもって、その時失業給付受けていましたか_
その時に給付受けていたのなら可能の場合もあります
給付日数残ってれば
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失業手当を貰いながらアルバイトをするのは損?

 私は自動車学校の学費を収めるため、失業手当を貰いながらアルバイトをしようかどうか考えています。職安に聞きましたが、失業手当を貰いながらアルバイトをする場合自分がもらえるお金が減るとか言っていましたが、今いちよく、わかりませんでした。

 割合でいうと、どのくらいの人が失業手当をもらいながらアルバイトをしているのでしょうか。アルバイトでも一週間に20時間以上働くと失業手当がもらえなくなると聞きました。わたしは早くお金を支払いたいのでアルバイトに時間を費やしたいのです。内緒で失業手当を貰いながらバイトをしようと考えたこともありますが、後のことを考えると、ちょっとやめることにしました。

 みなさんは失業手当だけをもらうのか、それだけでなくアルバイトをしながらのほうが、どちらが、より多くお金を貰えるのでしょうか。

Aベストアンサー

似たような質問が、以下をはじめとして、過去にいくつもされています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1701392.html

"失業手当 減額" などをキーワードとしてこのQAサイトの過去問を検索してみてください。

いずれにしても、ここでどんなに質問しても、貴方に対する”より多くのお金がもらえる”最適な回答は得られません。
ここでの過去のQAを読んで、それを”十分に理解した後”ハローワークの担当者に相談してください。

Q失業手当のことで質問です いま失業手当を貰って3ヶ月目になるところです。 ですがなかなかいい場所が見

失業手当のことで質問です
いま失業手当を貰って3ヶ月目になるところです。
ですがなかなかいい場所が見つからないでいます。
給付期間は3ヶ月なんですが
それ以降もハローワークに行って仕事を探さなきゃいけないんですか?
友達伝いやアルバイトでもいいんですか?
その場合またハローワークで仕事を探すってなったとき何か言われますかね?

Aベストアンサー

心配は要りません。ハローワークで仕事探しをしなくてはいけないという決まりはありません。友達伝いでもアルバイトでもいいです。
その後で、ハローワークを利用することも自由です。

Q失業手当中のアルバイトについて

失業手当をもらいながらのアルバイトは申請が必要なようですが、1ヶ月間位の短期アルバイト(1日7~8時間×5日勤務)をするのは無理なんでしょうか?
失業手当がもらえないまま終わってしまうんでしょうか?それともしている間はもらえないけど、アルバイトが終了した後に回されるだけなんでしょうか?
知っている方いましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>失業手当をもらいながらのアルバイトは申請が必要なようですが、1ヶ月間位の短期アルバイト(1日7~8時間×5日勤務)をするのは無理なんでしょうか?

基本的に給付制限中及び受給中のアルバイトは制限付きですが認められていますので、その制限以内でしたら影響ありません。
しかしその制限そのものについては各安定所の裁量にゆだねられていますので、所轄の安定所に確かめてください。
ですからアルバイトをするときは事前に所轄の安定所に、内容を話して判断を仰ぐことが大切です。
勝手に自己判断をしての事後報告ですと許容範囲を超えれば失業と認められず失業給付の受給資格自体を失うということにもなりかねず、後悔することにもなりかねませんから。
裁量というのは簡単に言えばあることがある安定所ではOKでも別の安定所ではNGと判断されることがあるということです。
平等という観点からすればおかしいことなのですが、それが現実です。
ですからこのサイトで個人的な経験を聞いてもあまり意味はありません、それよりも安定所でアルバイトの内容を具体的に話してどう判断するかを聞くのがベストの方法です。

>失業手当がもらえないまま終わってしまうんでしょうか?それともしている間はもらえないけど、アルバイトが終了した後に回されるだけなんでしょうか?

一応一般的な解釈をしますと。
時間で4時間を超えて働いた場合は就労、4時間以下の場合は内職又は手伝いとなっています。
ですから失業認定申告書を見ると、これの「1 失業の認定を受けようとする期間中に就職、就労、内職または手伝いをしましたか。」の項には「就職又は就労した日は○印、内職又は手伝いをした日は×印を右のカレンダーに記入してください。」と就労と内職または手伝いをはっきり区別しています。

1.就労の場合

就業手当を請求すれば基本手当日額の3割が支給されます
それでも給付日数は1日としてカウントとされて引かれる。
ただし基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上ある場合。
就業手当を請求しなければその日数分は後に繰り延べされます。

2.内職または手伝の場合

その日の収入-控除額=A

基本手当日額・・・B

賃金日額の8割・・・C

A+B<=Cの場合は

基本手当日額は全額支給

A+B>Cの場合は

(A+B)-Cの分だけ減額

つまり「賃金日額の8割の金額」から「収入から控除額分を引いた金額」を引いた金額に減額された基本手当が支給されるということ。
それでも給付日数は1日としてカウントとされて引かれる。

A>Cの場合は

基本手当は支給されない。
その日数分は後に繰り延べされます。
また控除額は2009年8月1日以降は1326円ですが、現在は若干(数十円程度)変わっているかもしれません。
繰り返しますがこれは一般的な場合です、上記のように安定所の裁量と言うことで異なる部分があるかもしれません。
ですから以上を目安として安定所に確認してください。

>失業手当をもらいながらのアルバイトは申請が必要なようですが、1ヶ月間位の短期アルバイト(1日7~8時間×5日勤務)をするのは無理なんでしょうか?

基本的に給付制限中及び受給中のアルバイトは制限付きですが認められていますので、その制限以内でしたら影響ありません。
しかしその制限そのものについては各安定所の裁量にゆだねられていますので、所轄の安定所に確かめてください。
ですからアルバイトをするときは事前に所轄の安定所に、内容を話して判断を仰ぐことが大切です。
勝手に自己判断をして...続きを読む

Q今月末で退職する予定ですが、有給消化の関係などで退職日が7月31日では

今月末で退職する予定ですが、有給消化の関係などで退職日が7月31日ではなく少しだけ8月にのびる可能性があります。
しかし、もし月末退職できなければデメリットがあるのであれば、数日使用可能の有給休暇を使わずに7月末で退職しようと考えております。

どちらがいいでしょうか、ご助言お願いします。

Aベストアンサー

・月末(今回は7/31)退職と、月中退職(仮に8/10とすると)の違いは
 ・健康保険・・月末だと、7/31までの加入(保険診療が受けられる)・・保険料は7月分まで徴収
        (8/1から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生)
        8/10だと、8/10まで保険診療が受けられる・・保険料は8月は掛らない:0円
        (8/11から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生:日割りではなく1ヶ月分)
 ・厚生年金・・月末だと、7/31までは厚生年金・・保険料徴収も7月分まで
        (8/1からは国民年金に加入して保険料(8月分から)の支払)
        8/10だと、8/10までは厚生年金に加入(ねんきん定期便等の記録上の期間)・・保険料徴収は7月分まで
        (8/11からは国民年金に加入(記録上は8/11から国民年金)、8月分の保険料の支払)
 ・所得税・・最終の給与まで源泉徴収されるのは一緒
 ・住民税・・最終の給与まで源泉徴収されるのは一緒(当年度の残りの分を一括で支払えば・・今年に関しては以後の支払は無し)
       (当年度の残りの分を支払わない場合は、後日市役所から残りの住民税の納付書が別途自宅に送られて来るので、それで支払う事になります)

・月末退職で言われるデメリットは、退職日が月末に近い場合、
  7/30退職の場合、7/31の1日の為に、健康保険、国民年金に加入して1ヶ月分を支払わないといけなくなるので
  その場合、保険料が現在よりも高くなる場合が多いので、月末で退職した方が良いとの意味合いです


 

・月末(今回は7/31)退職と、月中退職(仮に8/10とすると)の違いは
 ・健康保険・・月末だと、7/31までの加入(保険診療が受けられる)・・保険料は7月分まで徴収
        (8/1から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生)
        8/10だと、8/10まで保険診療が受けられる・・保険料は8月は掛らない:0円
        (8/11から、任意継続、国民健康保険等に加入する必要がある・・8月分の保険料が発生:日割りではなく1ヶ月分)
 ・厚生年金・・月...続きを読む

Q【失業手当申請前のアルバイトについての質問】 うつ病になり、会社を退職しました。一向に体調が良くなら

【失業手当申請前のアルバイトについての質問】

うつ病になり、会社を退職しました。一向に体調が良くならず、未だ就活はできそうにありません。

ですが経済的にとても厳しく、月に何日か単発のアルバイトをしなくては生活ができないので、少し無理してでもやるしかない思っています。(単発バイトなら1日だけですので気持ち的な負担も少しは少ないと思ったからです。)

そこで疑問なのですが、失業手当の申請前にアルバイトはしてもいいのでしょうか?
〜時間以内、週に〜日以内、などの決まりはあるのでしょうか?

申請前にアルバイトを入れすぎてしまうと就職したとみなされて失業手当が受給できなくなるということはあるのでしょうか?

自分で調べたりもしたのですがよく分からずお手上げです。うつ病になってから文字が頭に入って来ず、何度読み直しても文章が理解ができないのです。

できれば簡潔に教えていただけたら助かります。

Aベストアンサー

先に結論を書きます。
アルバイトしても良いけど結局その分失業手当が減額されたり、先送りになるから失業手当以上に稼げない限りはやめておいた方が良いです。

>そこで疑問なのですが、失業手当の申請前にアルバイトはしてもいいのでしょうか?
良いですよ。
だけどアルバイトした日とお給料をちゃんと認定日に申告してください。
そのお給料分が失業手当から引かれます。
申告しないと3倍返しです。

アルバイトしちゃいけない期間は「待機期間」です。
「待機期間」は、失業中を確認する期間なのでバイトはダメです。

>申請前にアルバイトを入れすぎてしまうと就職したとみなされて失業手当が受給できなくなるということはあるのでしょうか?
あります。
週に20時間を超えるアルバイトは、定職についたとみなされます。

>うつ病になってから文字が頭に入って来ず、何度読み直しても文章が理解ができないのです。
活字が全然頭に入ってこないし、テレビ見てもソワソワして全然見てられないですよね。
まだまだかなり症状が強いですから、本来はアルバイトもやめておかないと良くならないんですけどね。

前の会社はなんで退職しちゃったんでしょうか?
休職して傷病手当金を受給すればお金の心配をしないで治療に専念できたのに。

先に結論を書きます。
アルバイトしても良いけど結局その分失業手当が減額されたり、先送りになるから失業手当以上に稼げない限りはやめておいた方が良いです。

>そこで疑問なのですが、失業手当の申請前にアルバイトはしてもいいのでしょうか?
良いですよ。
だけどアルバイトした日とお給料をちゃんと認定日に申告してください。
そのお給料分が失業手当から引かれます。
申告しないと3倍返しです。

アルバイトしちゃいけない期間は「待機期間」です。
「待機期間」は、失業中を確認する期間なのでバイトは...続きを読む

Q今年の6月もしくは7月末に円満退職をしたいです。

交際4年半の彼と結婚へ向けて同棲することになりました。
彼とはもともと同じ職場で、昨年から全く同じチームで仕事をしていました。周囲にはちらほらと知ってる方もいると思いますが、彼との交際はオープンにせずにやってきました。

色々あり、お互い納得の上で、この1月末、彼はスキルアップの為に遠方の職場に転職をし、同じ時期に辞めるわけにはいかないので、わたしも6月末頃には退職し、同棲する、という話をお互いにまとめました。

職場は医療関係で9名チームの部署に所属していますが、予期せず別の方も今月末で退職をされることになり、結局同時期に2名退職が重なることになってしまいました。その為、今は、私も含め個々の負担が大きくなっている状態です。
(4月からは2名の補充がありますが1名は新卒。)

2名の退職が決まった際、上司に呼び出され「来年度はリーダーシップをとってチームを引っ張っていって欲しい」「新卒の子の教育係をして欲しい」と言われました。やめるな、と釘を刺されたような気がして、心苦しくなりました。
しかし、退職する意思を変わりません。私も30代半ばですので、結婚の時期は延ばせません。
ですので、後任を探すのにかかる時間も考え、3月中旬には退職を上司に伝える気でいます。
ただ、入籍はまだ先になるので、理由をどうするか迷います。結婚を理由にするのであれば、前々から決まっていたはずなのに、大変な時期に自分勝手だ、と思われるでしょうし、恐らく強烈な引き留めにも合うだろうと思います。
(そういう上司です。)

かと言って、家族の病気、という見え空いた嘘は使いたくない気がします。。

上司に「仕方ない」と思って貰えるには、本当のことを言えばいいという訳ではないと思いますし、退職が相次ぐ中で一体どういう理由を言えばいいのか混乱しています。本当の理由は言わない方がいいでしょうか?

そもそも年度半ばでの退職ですし、円満な退職は難しいですよね…であれば、ここは開き直って家族と相談した結果、この時期に結婚で退職をせざる得なくなった、と主張してもいいものでしょうか??
もしくは転職をするなど、別の理由をでっち上げてしまう方がいいのでしょうか…??衝突せずに退職を理解して貰いたい気持ちがありますが、実際のところ難しいのでしょうか…。

一体どうすればいいのか…

皆さんの貴重なご意見を頂ければ助かります。
よろしくお願いします。

交際4年半の彼と結婚へ向けて同棲することになりました。
彼とはもともと同じ職場で、昨年から全く同じチームで仕事をしていました。周囲にはちらほらと知ってる方もいると思いますが、彼との交際はオープンにせずにやってきました。

色々あり、お互い納得の上で、この1月末、彼はスキルアップの為に遠方の職場に転職をし、同じ時期に辞めるわけにはいかないので、わたしも6月末頃には退職し、同棲する、という話をお互いにまとめました。

職場は医療関係で9名チームの部署に所属していますが、予期せず...続きを読む

Aベストアンサー

円満退職したいのなら正直に話すことです。
結婚が前提の転居で通勤も出来ないんでしょ?
婚約者の急な転勤で急遽入籍して付いていった。なんて話は実際にありますし、普通の会社なら渋々でも送り出してくれます。

強引に引き止める会社なら、どんな理由を付けても揉めます。
もしも揉めた時は自分の主張を決して曲げず、強い決意を持って臨んでください。

Q失業手当給付中にアルバイト

失業手当給付中にアルバイトをしてもバレるもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

受給期間中に、アルバイトした日は受給対象外となります。
ただし、これは受給期間が後にずれていくのてめで、最終的には受給期間分だけ受け取りは可能です。

届け出なかった場合は、不正受給となり、給付金の3倍の返還が必要になりますから、バレルかどうかではなく、正しく申告しましょう。
      
参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20010412mk21.htm

Q傷病手当について教えてください。 今休職していて、退職しようと考えていますが、退職後の傷病手当の申請

傷病手当について教えてください。

今休職していて、退職しようと考えていますが、退職後の傷病手当の申請方法がわかりません。
傷病手当自体、会社の記入欄があると思うのですが、退職する直前に書いてもらうのでしょうか。

傷病手当について全然わからないので、1から教えていただけると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在すでに傷病手当金は受給しているんですよね?
すでに受給していることを前提に話します。

退職してからは、これまで会社が記入していた欄が不要になります。
医師のコメント欄に就労不能のコメントをもらい、あなたが記入すべき箇所を記入して、適当な封筒に入れて保険事務所に郵送すればOKです。

会社が記載する欄は、「その期間お給料を支払っていませんよ」という証明です。
退職したら当然お給料なんてのはありませんから、不要になるんです。

Q失業手当の制限期間中のアルバイト

失業手当の制限期間中のうち1ヶ月間、週24時間(6時間×4日)の期間限定アルバイトした場合給付は出来なくなるのでしょうか?(初回認定日には無職の状態となります)

Aベストアンサー

就業とみなされる心配はありますが、期間限定で雇用保険に加入しなければ大丈夫かと思います。

別に給付制限中も実際に受給中もアルバイトは禁止ではありません。申告さえすればOKです。低額ですと受給額が減らされますが普通はその日の受給が停止され後日に回されます。

Q退職に伴う失業手当について

現在勤めている会社は業績悪化で給料が何ヶ月も支払われていません。
生活が出来ないので退職して、再就職先を探そうと考えています、
この場合に失業手当は依願退職として3ケ月据え置きと成るのでしょうか。
失業手当を退職後からもらえる方法が有りましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

職理由等によって以下のように分かれます。

1.正当な理由の無い自己都合(一般受給資格者)では離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限あり

2.正当な理由のある自己都合で一般受給資格者は離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限なし

3.正当な理由のある自己都合で特定受給資格者は離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上あること、給付制限なし

4.会社都合(特定受給資格者)では離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上あること、給付制限なし

下記をご覧下さい、特定受給資格者と認められる理由です。

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a2.html

「●「解雇」等により離職した者」の中に「(3) 賃金 (退職手当を除く。) の額の3分の1を超える額が支払期日までに支払われなかった月が引き続き2か月以上となったこと等により離職した者」というのがあります、つまりそういう理由がありそれを安定所が認めれば、特定受給資格者となります。

特定受給資格者となれば上記の4に該当して、3ヶ月間の給付制限期間は免除となります。

次に下記をご覧下さい。
離職理由の判断手続きの流れです。

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html#2

会社都合か自己都合か等は会社が決めるものではなく、あくまでも判断するのは安定所です。
また特定受給資格者と安定所が判断すれば、三ヶ月間の給付制限期間が免除されます。
つまり安定所は会社の退職理由をそのまま鵜呑みにするわけではありません、もし会社が自己都合と処理しても質問者の方が異議を申し立てれば質問者の方の言い分と、会社に事情聴取したものを総合的に検討して判断を下します。
離職票をもらったら安定所に行って事情を話して、退職理由に異議を申し立ててください。
安定所は上記のように処理をして、それなりに常識を持った判断を下すはずです。
また異議を認めてもらうためには、それを証拠立てる書類等を今のうちからきちんと集めておいた方がいいでしょう。

職理由等によって以下のように分かれます。

1.正当な理由の無い自己都合(一般受給資格者)では離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限あり

2.正当な理由のある自己都合で一般受給資格者は離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限なし

3.正当な理由のある自己都合で特定受給資格者は離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上あること、給付制限...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報