描き終えた作品を木製パネルに水張りしたいと思っています。
一般的には、張ったものを描くのものだと思うのですが、
今回は、逆になってしまいました。

こういう時の注意点やちょっとしたコツをご存知の方がいらっしゃいましたら、
教えてください。
紙は、厚めの水彩紙で大きさはP25(803×652mm)
描画材は、インク(耐水性)と水彩絵の具です。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

描いたものを改めて水張りということは、もしかしたら波打ちしている紙を平滑に直したいという目的でしょうか?



そうだとしたら、パネルの側面まで紙をまわす「パネル張り」より、紙より一回り大きなパネルを使ってやる「平張り」の方が簡単で上手く行きます。

http://zokeifile.musabi.ac.jp/document.php?searc …

水彩が滲まないように、水の量の調節に注意して作業して下さい。

見当違いの回答でしたらすみません。
    • good
    • 0

裏に軽く霧吹きをして2~3分おいて水張りして下さい。

あまり強く霧吹きをすると表まで湿って水溶性絵の具の方がにじんでしまいますので要注意です。終わったら水張りテープでとめて、ゆっくり乾かしましょう。
    • good
    • 0

もうできてしまっているのにパネルに貼る意味がもう一つわかりませんが。


仮留めでいいのなら仮留め用の両面テープを辺に貼るなどでいいのでは。(用が済んだらすぐ剥がしておいたほうがよいです。)

水張りしておいた紙に、よれた紙を湿らせて貼ればしわを伸ばせるのは経験があります。KMKケントのような紙を通常通りに水張りして、乾かしておいてその上に貼るだけです。でも水彩絵の具は耐水性ではないので、濡らすと滲んだり移動してしまう可能性がありますよね。
駄目元でやってみますか、あるいはGクリアのような水性ではない接着剤で隅か辺を貼るとか。(よれは直せません)

強力なものではドライマウントプレスという水を使わない熱接着もあります。これでしたら多少の波打ちは押さえられますが。
(裏打ち用の紙やボード、木製パネルにも可能)
http://www.aak.co.jp/kakoh_drymount.html

ちょうどいいサイズのパネルが無い場合、パネルを自作という事になりますね。
通常の市販パネルは用紙より一回り小さい裁ち落として規格サイズになる大きさです。水張りするときに折り込んで張るために用紙は少し大きい状態で販売し、そのような関係になっています。(ご承知でしたら失礼をおわびいたします)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水張りに使う板

透明水彩を使っています。
普通水張りはベニア板にやるそうですが、透明な板で水張りできるものはないでしょうか。
トレース台を使って、トレスしながら描きたいんです。
教えて下さい。お願いします

Aベストアンサー

補足は通知しない設定にしている人が多いと思いますのでご承知くださいませ。

・撓むかどうか、枠次第だと思いますが、心配でしたらテストしてみてください。

・お金がかかるかもしれませんが、実証済みの方法で一般的に行われておりますのでご紹介いたしました。他意はございません。

透明な板への水張りはできると思います。周辺部に水張りテープが乗るような下地を作っておけばいいというだけだと思いますので。
しかし元原稿が透明な板の厚み越しになるという難点もあります。

Q木製パネルのサイズについて

木製パネルのサイズに木炭紙大サイズ
を購入しろというのが、あったんですが

それは、木炭紙大判サイズということでしょうか
それとも、木炭紙普通サイズよりちょっと大きい
ということなんでしょうか。

紙とかだと、B2大でB2よりちょっと大きい
という意味のようなのですが。

ご存知の方いましたら
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通は木炭紙というのはMBMというブランドのもので
画材屋にいって木炭紙くださいというとこれが出てきます。
木炭紙大パネルというのはこのMBMの紙の大きさです。
木炭紙大の画用紙というのは、このパネルに水張りできるように、折り返しの分だけ大きめになっています。
普通の店にはおいていないので、自分で大きめの紙を小さく切ります。
まれに美大の予備校付設の画材屋などでは、売っていることもあります。
いずれにしても、石膏デッサンを鉛筆でする時にしか使わない大きさですね。

(ちなみにたとえばB2パネルはB2の大きさですが、B2の紙というと前述のようにB2より大きめの場合と、B2ジャストの場合があります。)

Q水張り 剥がして仕上げても効果ある?

水張りをすれば紙が曲がらないと書いてあったので、水張りをしました。
でもベニヤ板上で絵を描く、というのがとてもやりにくかったので剥がしてしまいました。

水張りは剥がしたら意味がないと聞いたのですが、何もしない紙より、にじみがやりやすかった気がするのですが、これは気のせいでしょうか?
紙もそれほど曲がらなかったです。

水張りをして剥がして仕上げても少しは効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

水彩紙は、絵の具のにじみを押さえ発色を良くするためにサイジング(にじみ止め)が施されています。

水張りをするときに、紙の表面を刷毛で何度もこすったり、紙を水に長時間 浸したりしてしまうと、紙によっては、このサイジングが取れてしまい、にじみやすくなってしまいます。

通常は、紙の裏面を刷毛で湿らし、充分に紙が伸びてからパネルや板に貼り込みます。

(もっとも、適度に滲んだ方がよいということで、積極的に処理を落としてしまう方もいらっしゃいます。)

水張りの目的は、画面が歪んだりしないためですから、それでもかまわないのでしたら水張りをしなくてもかまいません。

歪みを気になさるのでしたら、完全に画面が乾燥するまで、パネルから剥がさない方がいいですね。


また、使用するパネルや板は、白色のラッカーなどを塗って耐水性を持たせておくと、板も反りにくく、色が見やすく、汚れやテープの糊も落としやすいです。

ベニヤ板でしたら、建材用の凹凸の多いラワンベニヤなどではなく、表面が平滑なシナベニヤの使用をお勧めします。

Q夜の風景を描いた一番最初の絵画作品名を教えてください。

夜の風景を描いた一番最初の絵画作品名を教えてください。
レンブラントの「夜警」が実は昼間の警備を描いたことを最近知りました。
電灯が発明される前に、夜の風景を描いた作品がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

「風景」を純粋に風景のみの絵とするか、人物画や宗教画の背景として描かれたものを含めるかによって答えは変わりそうです。
西洋での純粋な風景画の成立は意外と遅く、15世紀末頃です。
そしてなかなかメジャーなジャンルにはなりませんでした。
広義での風景なら、ヒエロニムス・ボッス(1450頃~1516)あたりが源流かもしれません。
ボッスから大きな影響を受けたブリューゲルも、暗い場面の絵をいくつか描いています。
しかし、夜なのか、日中で曇っているのか、はたまた地獄や世界の終末だから暗いのか、という区別を厳密に行うのは難しいようです。
カラヴァッジオ、ラ・トゥールは画面の効果として暗闇を作っているので夜と言えるかどうか。

エル・グレコが有力?
「オリーブ山のキリスト(ゲッセマネの園のキリスト)」1598
http://www.salvastyle.com/menu_mannierism/elgreco_huerto.html
最初のものかどうかは分かりませんが、夜景であることがはっきりしています。

近代になると、カスパー・ダヴィド・フリードリヒ、ゴッホ、ラファエル前派、印象派などが夜の風景を描いています。

「風景」を純粋に風景のみの絵とするか、人物画や宗教画の背景として描かれたものを含めるかによって答えは変わりそうです。
西洋での純粋な風景画の成立は意外と遅く、15世紀末頃です。
そしてなかなかメジャーなジャンルにはなりませんでした。
広義での風景なら、ヒエロニムス・ボッス(1450頃~1516)あたりが源流かもしれません。
ボッスから大きな影響を受けたブリューゲルも、暗い場面の絵をいくつか描いています。
しかし、夜なのか、日中で曇っているのか、はたまた地獄や世界の終末だか...続きを読む

Q水張りについて

水張りをしようと思っています。
平面の板に・・・です。
ところで、質問ですが、水張り用のテープがないので、
ガムテープで代用しようと思ってますが、
可能でしょうか・・・?

Aベストアンサー

可能ですよ
水張り用テープよりも強力な接着力がありますから

ただ接着面は濡らさないでね。接着力が弱くなるから

水張りテープに限らないけど、テープをホッチキスやガンタッカーで押さえると更に強力に張れますよ

Qパリが描かれているフランスの文学・芸術作品

パリが描かれているフランスの文学、芸術作品で有名なものはありますでしょうか。
できれば、絵画などはweb上で閲覧できるものがいいですね。文学作品は短いものが理想です。

フランス語は何とか読むことができるので、これらの作品の解説でもいいです。

「パリ」を描いている芸術作品を教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「写真」で、「パリ」と言えば、余りにも有名で、バイブル的
存在です。

「アッジェのパリ」で通用します。(但し、古き良きパリ)

Eugene Atget, Paris
 http://www.gingkopress.com/_cata/_phot/atgetpa1.htm
  Image 1 Jardin des Tuileries, 1907
  Image 2 Cuvie´Fountain at the corner of rue Linne´1899
  Image 3 Notre-Dame, seen from Quai de la Tournelle, 1923
  Image 4 Rue Gozlin, 1905
  Image 5 Hotel de Sens, 1899
  Image 6 Mercury statue, Jardin des Tuileries, 1906
  Image 7 The Moulin Rouge, 86 Boulevard de Clichi, 1910


その他、

ウジェーヌ・アッジェ
http://www9.big.or.jp/~rokugen/tora/atget.html

http://www.taschen.com/pages/en/catalogue/books/photography/all/facts/01316.htm

写真集
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/3823803638
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/3822862150
 

参考URL:http://www.gingkopress.com/_cata/_phot/atgetpa1.htm

「写真」で、「パリ」と言えば、余りにも有名で、バイブル的
存在です。

「アッジェのパリ」で通用します。(但し、古き良きパリ)

Eugene Atget, Paris
 http://www.gingkopress.com/_cata/_phot/atgetpa1.htm
  Image 1 Jardin des Tuileries, 1907
  Image 2 Cuvie´Fountain at the corner of rue Linne´1899
  Image 3 Notre-Dame, seen from Quai de la Tournelle, 1923
  Image 4 Rue Gozlin, 1905
  Image 5 Hotel de Sens, 1899
  Image 6 Mercury statue, Jardin des Tui...続きを読む

Q困ってます。水張りした水彩紙に紙の虫

いろいろ調べてるのですが、困り果ててしまったのでこちらで質問させていただきます。

水彩紙のアルシュを
水張りしたものを窓際に置いてるのですが(彩色するまで)
※ほかに置き場がなく窓際に。ちなみに寒いです

紙によくいる小さい白い虫が最近つくようになって、取っても次見るとまたついているんです。

アルシュは滲み防止でカゼインがしみ込んでいるようですが、
まさかこのカゼインが原因とかありますか?

あと、やはり水張りをした水彩紙だから余計つきやすいのかもと思うのですが、
水彩やアクリルをやる場合、水張りしないと
キツいですよね?

それと板はシナベニヤを使ってますが、
ホームセンターの物なのでどうやら合板なようで、、
ネットでシナベニヤをさがしましたが、どれも合版が多くて。

ほかに代用できるものでゲータボードというものがあるようですが、
日本の通販ではなかなか無いようで困ってしまいました。

水張りはいつもヒタヒタに20分くらい浸して伸ばしきるのですが、
これがいけないのかな?とか思ったり。。

ざっと調べてなんとなく、水張りしないで、
最初から板にホチキスでとめてしまう方がいいかな?と今考えたりしてるのですが、
なにか紙虫対策や、水張りの事について、
対策されてる方いましたら教えてほしいです。

それと、
水張り前のストック紙は、今は袋に入れて、
中に防虫防カビの乾燥剤(衣服引き出し用の)をとりあえず応急処置で入れてみてます。
袋じゃなくてケース密閉の方がいいでしょうか?

あと、水張りした紙はそのまんまのざらしなのですが、

すぐに彩色がおわらない場合、
水張りした紙も、袋や衣装タッパー(密閉ケース)などに入れて密閉して除湿剤・防カビ剤とか入れとく方がいいのでしょうか?

いろいろ調べてるのですが、困り果ててしまったのでこちらで質問させていただきます。

水彩紙のアルシュを
水張りしたものを窓際に置いてるのですが(彩色するまで)
※ほかに置き場がなく窓際に。ちなみに寒いです

紙によくいる小さい白い虫が最近つくようになって、取っても次見るとまたついているんです。

アルシュは滲み防止でカゼインがしみ込んでいるようですが、
まさかこのカゼインが原因とかありますか?

あと、やはり水張りをした水彩紙だから余計つきやすいのかもと思うのですが、
水彩や...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です おそらくチャタテムシは水分で発生した眼に見えない小さいカビを食べに集まったのでしょう。カゼイン、木のボード、紙の繊維ともに条件が良ければカビますので詳しい原因はわかりません。濡れた紙と濡れたシナベニヤを窓際においてどちらにチャタテムシが集まるか実験するのもありかも?

一つ気になるのはアルシュを20分濡らすとのことですが、Youtubeのように普通の紙は3~5分程度です。自分はアルシュはあまり経験がないのですが20分も必要でしょうか? 水分が多すぎて乾燥に時間がかかりカビがはえるのかもしれません。 紙がしんなりすれば十分貼り頃だと思います。 あるいは十分乾燥しないうちに窓際においていませんか?

紙の水分は表面から蒸発するだけでなく裏面から木材に吸収されます。ゲーターボードは発泡スチロールの芯材のせいで水分の抜けが悪いので水張りの乾燥、描画途中の乾きが遅く、よりカビやすいのではないでしょうか? 

未使用の紙の保管はできるだけ湿らないようにしたほうが良いようです。100枚単位で注文すると防湿紙に包んであるりますが防湿紙包装の効果は大きいように感じます。包装から出した紙を長くほって置くと使いづらくなります。

(1)作品の保管場所を乾燥した場所にする。(2)水張りの水分量と水張り後に十分乾燥させる。 

チャタテムシは防虫剤での駆除より作品の乾燥が効果的な対策だと思います。

No.1です おそらくチャタテムシは水分で発生した眼に見えない小さいカビを食べに集まったのでしょう。カゼイン、木のボード、紙の繊維ともに条件が良ければカビますので詳しい原因はわかりません。濡れた紙と濡れたシナベニヤを窓際においてどちらにチャタテムシが集まるか実験するのもありかも?

一つ気になるのはアルシュを20分濡らすとのことですが、Youtubeのように普通の紙は3~5分程度です。自分はアルシュはあまり経験がないのですが20分も必要でしょうか? 水分が多すぎて乾燥に時間がかかりカビ...続きを読む

Qアート作品での他人の作品の使用について

海外の大学院で、作曲を学んでいます。現在課題で、既存の映像作品から映像を取り出し、映像を加工し、それにあわせて作曲したものがあるのですが、担当の教授から「やはり自分の撮った映像を使ったほうがいいのではないか」という指摘を受けました。もちろん、使用した映像作品の作品名とアーティスト名は明記します。しかし直接、使用許可を得たわけではないので、不安でもあります。教授の指摘理由は、課題審査の際、他人の作品を使用することに対してきちんと明確に答える必要があり、その質疑応答は困難なものになりかねないからだ、だそうです。この映像作品の対しての、自分なりの解釈を音楽と映像加工で表現したかったのですが、それだけでは、他人の作品を使用することに関して十分な説明にはならないのでしょうか?どなたかアドバイスをいただけたら光栄です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

権利の問題ではなく、「アート作品としてどうか」という観点でよろしいでしょうか。


自分は欧米の音楽や映像といったクリエイティブなものに少なからず興味があります。なのでその教授の言いたいことは少なからずわかります。

日本ならともかくとして、欧米で映像作品を「アート」として公開したいなら、やはりそれなりの作り手の考察や解釈や必要だと思います。
「なんとなく好きな映像作品だから、音楽をつけてみた」では、その人の創作における考えが見えないと思います。ファンアートの域を脱していないという意味で、創作作品としては致命的です。自分もそんなことを言ってしまう人は、クリエイターとして信用出来ません。

例えば、どういう感情や考察からその映像に音楽をつけることを思い立ったのか、その作品から何を表現したのか、といったこと。
おそらくヨーロッパなんかのアーティストであれば、例えば青を基調とした舞台美術にした場合に「なぜ青にしたのか」について数分はしゃべっていられるでしょう。「深い青を選んだのは、海の色だからです。青は私に原始的な感覚を思い起こさせます。それは生命そのものの色です。この作品の裏に始終伝えられている命というものが、視覚的にも表せたらいいと思いました。色が人の感覚にもたらす効果というのは、人が思っている以上に大きいのです。」・・・云々とかそういうことです。(例なので当たり障り無い内容になってしまいましたが、もっとその人のパーソナリティや感情・感覚にもっと深く突っ込めると良いです。)

あと、海外ということで、googumさんがどのくらい現地の言葉でうまくそれを説明できるか、というのもその教授の懸念材料としてあるということはありませんか?
それがもし映像も音楽もオリジナルであれば「作品が全てです」ということである程度成り立ちます。でも既存の作品の力を借りたのであれば、それを正当化出来るだけの説明が必要になってくるのではないでしょうか。実際のところ、既存作品を引用した時点で「完全に自分の作品です」とは言えなくなってきますので。確かに作品は「添えられた説明」が重要ではありませんが、こういう場合は必要になってきてしまいます。

もしそれが難しそうであるなら、やはり既存作品を使うのはやめ新たに作りなおした方がいいと思います。
もしかしたら「いかに説明するか」考えるよりも、そっちの方が近道だったりもしますよ。「作品だけ」で勝負出来る自信があるならなおさらです。


具体的なことはありませんが、ささやかながらヒントになれればと思います。

権利の問題ではなく、「アート作品としてどうか」という観点でよろしいでしょうか。


自分は欧米の音楽や映像といったクリエイティブなものに少なからず興味があります。なのでその教授の言いたいことは少なからずわかります。

日本ならともかくとして、欧米で映像作品を「アート」として公開したいなら、やはりそれなりの作り手の考察や解釈や必要だと思います。
「なんとなく好きな映像作品だから、音楽をつけてみた」では、その人の創作における考えが見えないと思います。ファンアートの域を脱していないと...続きを読む

Qカラーインクとアルコールマーカーの液を使用するとき、どちらとも水張りは必要でしょうか?

初歩的な質問でごめんなさい。


カラーインク(ドクターマーチンラディアント)と、アルコールマーカーの液体状のを使うときは、紙はどっちの場合も水張りが必要でしょうか?


あと水張りしたパネル、板は何回も使用できますか?


おすすめの紙も宜しかったら教えてください。コピー用紙は駄目ですよね?


よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

マーカーは水張りは要りません。
インクは水溶性なので水張りしたほうが良いです。
パネルはかなり使えます。使えるはずです。
パネルの代わりにイラストボードなどでもいいわけです。

インクはケント紙各種(KMKとかバロンとか)でもいいし水彩紙やマーメイドでも描けます。和紙でも。いわゆる「画用紙』として売ってる紙も使えるはずです。
どっちかというとケント紙でも吸い込みのいいのが良いかもしれません(インクはぼかしがおもしろいので)が、その辺は自分で試して選ぶべきだと思います。

マーカー用にはPMパッドというのがあります。
他の紙でもできますけど紙によって発色はけっこう違います。

紙の地色というのも考えるところだと思います。

Qバイエルを中級まで終えた生徒について

初心者のピアノ講師です。小学2年生の生徒さんですが、以前の先生がバイエルを進めていたということで、ピアノの森と併用して指導を引き継いでいます。ですが、バイエルは大変長い上に、もう少し刺激的で面白い教材が無いのかなと思っています。バッハのメヌエットが弾きこなせる程度のレベルではあるのですが、何か良いアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ブルグミュラー(25曲入っている方)はいかがでしょう。
私はバイエルの下巻を始めた頃に並行して弾き始めました。
それまで練習曲っぽい曲しか弾いたことが無かったので、ピアノはこんなに楽しいものなのかと驚いた覚えがあります。
バイエルは長いですよね。私は結局下巻は最後まで弾きませんでした。
基礎を作ることも大切ですが、早いうちから表情がつけやすい曲を弾いてその楽しみを知ることも大切だと思います。

偉そうなことを書いてすみません。
参考になったら幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報