クッキーを作る時、小麦粉をオーブンでローストするとサクサクしたのができるというのを見て、フライパンで炒ってから作っています。(オーブンは面倒なので)
グルテンができ難くなるということで確かにサクサクしているのですが、ちょっと匂いが独特で香ばしいとは程遠いような匂いがします。
クッキーの作り方の本を見てもローストする作り方はでていなく、小麦粉を直接入れるだけです。
何故なのでしょうか?あまりいい香りがしないからでしょうか?
一般的にロースト小麦粉を使わない理由が知りたいです。
蛇足ながら、サクサククッキーを作るということで、生地をバラバラに切ってみたりしましたが(試してガッテン方式)あまり効果を得られず、ロースト方式を使っています。
ちなみに作るのは、ポルポローネみたいなのではなく普通のアイスボックスクッキー(多少アーモンドパウダー入り)です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>多少アーモンドパウダー入り


ってところが作り慣れしていらっしゃるようですね。
そうなんですよ、
アーモンドローストの匂いがして来るんですよ。

わたしはまだやった事ないけどw
いっそのことアーモンドオイル(又はアーモンドエッセンス)も入れて、更にアーモンドスライスまで入れてみたらどうなるでしょう。
何か香ばしくて美味しそうな気がして来ます。
応用してココアも入れられますよね。
アイスボックスなんで卵黄一個余分に足すといいと思います(多分既になさっていらっしゃる事でしょうが)。

一般的でない理由は・・・憶測ですが、小麦粉のローストの一番いい按配を文章にし難いからではないでしょうか・・・?言葉で表現しにくいというか。
それに、やる人によっては失敗率も高いですよね。
ぼろぼろに割れたりして。
    • good
    • 0

私も偶にオーブンでやりますが、匂いが気になったことはありません。


何かで匂いが付いてしまったのでしょうかね?

一度既製のロースト小麦粉も使ってみて下さい。
加熱変性小麦粉やローストフラワーなどの名前が付いているかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカレーで小麦粉をきつね色になるまで炒めるのはなぜですか?

カレーで小麦粉をきつね色になるまで炒めるのはなぜですか?

先日、初めてS&Bのカレー粉からカレーを作りました。味は初めての割にはまあまあでした。

で、作ってる最中にふと思ったんですが、缶に書いてある「小麦粉をきつね色になるまで炒める」と書いてるアレはどういう意味があるのでしょうか?
炒めすぎたり、全く炒めなかったりというのはないとしても、きつね色に全然手前だと何が不都合なんでしょうか?

あと、ついでにといってはなんですが、油大さじ2.5+小麦粉おおさじ4はサラサラですか?クリーム状ですか?
私はちゃんと量を計ったつもりでしたが、クリーム状で(ほぼ)きつねを色を迎えましたが油が多すぎるような気がしてます。

Aベストアンサー

元調理師です
小麦粉と油の量は同量で構いません
小麦粉を油でいためる理由は、
粉臭さを取るためですが、
これはホワイトソースでも同じです
それをさらに炒めて、きつね色にするのは、さらに香ばしい香りを出すためです
ですから、カレーの場合には、香ばしさが要らない時には、小麦粉を炒めて、粉臭さが無くなったらそれ以上炒める必要は、有りません
きつね色の状態をブラウンルーと言いますが、焦げ付いたら苦いだけですので気を付けて下さい
カレーの場合には、ホワイトルーでもブラウンルーでも大丈夫ですよ(^-^)
粉臭さが無くなれば大丈夫です
ただホワイトソースでは、牛乳を入れるために、粉臭さは比較的でないのですが、ホワイトルーの状態≪ホワイトソースの牛乳を入れない状態≫よりも少し色がついたぐらいの方が粉臭さが無いですね(^-^)
後なぜ小麦粉を油でいためるかと言うと、粉臭さを取るほかに、小麦粉のグルテンを使ってとろみをつけるためです
勿論多少でしたら、小麦粉を水で溶いても出ますが、やはり、普通のとろみを浸けるには油で痛めたほうがちょうどよいとろみななります

Qクッキー生地が割れてしまいます。

クッキー生地が割れてしまいます。

クッキーの生地を作り(この時点で既にパサツキ、まとめるのが一苦労でした)冷蔵庫にて休ませ、
いざ生地を延ばそうと思いましたら、生地が割れてしまいました。
型抜きでクッキーを子供と作ろうと思っていたのに大失敗です。

一応レシピどおりにやったのですが、この後まとめやすくしてどうにかできるでしょうか?

レシピは
小麦粉120
卵大匙2、
バター30g
砂糖大匙3です。

牛乳など混ぜてまとめたら大丈夫でしょうか?
クッキー初心者の私にアドバイスをお願いいたします

Aベストアンサー

確かにその配合でも作れない事は無いのですが、冷えているまま麺棒で伸ばしましたか?

麺棒で伸ばす時にひび割れるのはバターがまだ固いからです。

少し常温においてバターを柔らかくしてあげると、綺麗に伸ばせるはずです。

それでも生地が固いのであれば、卵か牛乳で調節しても美味しく作れます。

目分量でも構わないので少しずつ入れて、麺棒で伸ばして割れない生地にすれば大丈夫です。

簡単に出来る型抜きクッキーの配合(アレンジですが)載せておきます。

1バター 50g(常温、マヨネーズ状。)
2砂糖 40g (お好みで結構です。)
3薄力粉 100g
4アーモンドパウダー 30g(入れると風味が良くなります。)
5卵M 1個 (常温)

生地がまとまったら、冷蔵庫で30分~1時間ほど寝かします。

180度 10分前後 焼成。

作り方は上から順に混ぜていけば出来ます。

・卵とバターは常温で戻しておくと混ぜやすいです。

・バターに砂糖を加えてから、泡だて器で白っぽくなるまで混ぜることで、サクサクの食感が生まれます。
↑ココはポイントです。

・冷蔵庫で冷やし寝かすもの、生地に出来たグルテンを弱めるために行う作業です。
↑グルテンを弱めないとサクサク感がなくなり、ただ固いクッキーになります。

お子さんとお菓子作りは楽しいですね。
巧くいきますように。

参考までに。。。

確かにその配合でも作れない事は無いのですが、冷えているまま麺棒で伸ばしましたか?

麺棒で伸ばす時にひび割れるのはバターがまだ固いからです。

少し常温においてバターを柔らかくしてあげると、綺麗に伸ばせるはずです。

それでも生地が固いのであれば、卵か牛乳で調節しても美味しく作れます。

目分量でも構わないので少しずつ入れて、麺棒で伸ばして割れない生地にすれば大丈夫です。

簡単に出来る型抜きクッキーの配合(アレンジですが)載せておきます。

1バター 50g(常温、マヨネーズ状。)
2砂糖...続きを読む

Q厚めのクッキーをさっくさくに焼く方法

以前もここで「クッキーがぱんになっちゃう」という事で質問をさせて
頂いたものです。皆さんからのアドバイスをもとにいろいろ実験したところ
私の場合は厚さが厚すぎた為とわかりました。紙のように超薄くすると
さくさくになりました。
が、やはりせめて5mm~8mmくらいの厚さのクッキーを焼きたいと
考えています。
この場合どうしたらよいのでしょうか?
ちなみに参考にしているのはクックパッドにあります、さくさくの
クッキータイプのレシピです。どれも皆さん「さくさくになった~」と
感想を残しているので、さくさくになるレシピではあるようです。
ただレシピ通りの厚さだとカントリーマアムのような食感になり
さくさくにはなりません。
片栗粉を入れて超薄く(2mmくらい)するとさくさくなのですが・・・
どうにかして厚手のクッキーを焼く方法を教えて下さい!!

Aベストアンサー

前回も回答させていただいたものです。

とりあえずいくつか原因を考えてみますね。

・混ぜすぎている。
 「混ぜすぎではないと思います」とおっしゃられていますが、友達とクッキーを作ってみると、独学でお菓子作りをはじめて1~2年目の友達は十中八九「混ぜすぎ」です。
 基本の「切るようにまぜる」も私のまわりではできていない人が結構いました。
 「切る」といっても、「底から救い上げて落とす」→「切る」→「また底から救い上げる」の繰り返しです(いろいろためにしてこの混ぜ方が一番さくさくになりました)。
 また、混ぜ加減も、1回生地を冷やして休ませるクッキーの場合、記事が本当にひとかたまりになるまで混ぜる必要はありません。
 粉とバターが混ざってきて、まだ生地がつぶつぶもろもろしている状態で、ボールの壁にぎゅっと押し付けて、ひとまとまりにしてしまいます。
 一見こなこなしく見えますが、休ませているうちに生地がまとまりますし、もろもろをぎゅっとくっつけるほうが、さくさくになります(スコーンと原理が近いのかな?と思っています)。
 前はCOOKPADで「アツ!」さんという方が、とてもわかりやすいクッキーの混ぜ方を公開していたのですが、残念ながら退会されてしまいました…。


・焼き時間の調節が大雑把
 「焼き時間を長くすると単にこげたりで・・かといって低温でちまちまやっても蒸しパンの固いのが出来上がるのです」とのことですが、どれくらいの温度調節パターンを試されてみたのでしょうか??
 「低温でちまちま」という言葉から、極端に温度を下げてみたり、頻繁にオーブンをあけたりしているのかなぁ、と言うイメージがわきました。
 オーブンって、本当に機種によってくせがあるから、レシピどおりいかないことなんてざらにあります。
 とくにネットのレシピを参考にしていると、そのレシピをかいた人も、自分の家のオーブンの癖をもとに焼き時間をきめているので、あてにしてしまうとうまくいかないことが多いです。
 なれないうちは、初心者向けの本を買って練習するのをオススメします。基本的に、ネット上の「簡単レシピ」は、「ある程度お菓子作りができる人にとっての簡単」なので、「初心者向け」と書いてあっても信用できないことが多いです。
 いろいろ試して、ご自分のおうちのオーブンの癖を把握してください。場合によっては、最初十分は指定の焼き時間で、あと十分は10度下げるとか、全部10度さげるけど、最後は20度さげるとか、いろいろややこしいことが必要かもしれません。もちろん、レシピによってもいろいろ変える必要があるでしょう。

・オーブンがおかしい
 オーブンによっては、焼いている間の温度が安定しなかったり、続けてお菓子をつくっていると、指定時間よりもどんどん温度があがってしまったり、いくら高めに温度を設定してもずっと低温だったりと、「癖」を通り越して「壊れている」といえるようなオーブンもあります。
 1回、お友達のおうちで作ってみてはどうでしょうか? 案外うまくいくかもしれません。

・そういうレシピだ
 手作りクッキーって基本的に、市販のクッキーよりも目がつまっていて、重めの味になります。
 市販のクッキーの多くが、半分に割ると中がすかすかで軽いものが多いのに対し、自分で作ったクッキーだと目がきゅっとつまっていてバターの量も多いことがあります。
 このような違いになれないため、「さくさくじゃない」と感じるのかもしれません。

・実は厚く切りすぎている
 これは、私がたまにやっちゃうんですけど、クッキーを目分量で、調度いい厚さにきるのって案外難しいんです。
 5mmのつもりできってたのに、どうも柔らかいから測ってみたら、1センチくらいになってたり…。
 人にプレゼントする予定のあるような場合、私は、生地の上にラップをかけて、定規をあて、包丁で薄く後をつけてから、ラップをとって、クッキーを切り分けて成型します。

・やきあがったあと、しっかりと乾燥させていない
 焼きあがった後のクッキーを、次から次にさらに流し込んだり、冷めたあとも部屋に放置したりしていませんか??
 焼いたあと、クッキーからはまだ蒸気がでています。これをしっかりクッキーが冷めるまで蒸気を出し切って、冷めたあとは、かんなどの密封容器にしっかりいれておかないと、水分の残った、かたい蒸しパンのようなクッキーになってしまいます。
 網の上で平たく並べないと、明らかにクッキーの裏側がしめっぽく中までパンのようになってしまうことがあります。
 とくに、焼き上がり直後にさらにざらーっとあけ、次から次へ重ねてしまうのは、「蒸しパン化」にかなりの協力をしてしまいます。


とりあえず、ぱっと思いつくのはこれくらいでしょうか??
お話を聞いていると、オーブンになれていないのと、混ぜ方がまずいのかなーと感じました。
できれば、お菓子作り歴が長いお友達といっしょにお菓子を作っていると、「目からウロコ」なことがたくさんあるかもしれませんよ。
私も、いろいろと友達に教えてもらいました。

参考になれば幸いです☆

前回も回答させていただいたものです。

とりあえずいくつか原因を考えてみますね。

・混ぜすぎている。
 「混ぜすぎではないと思います」とおっしゃられていますが、友達とクッキーを作ってみると、独学でお菓子作りをはじめて1~2年目の友達は十中八九「混ぜすぎ」です。
 基本の「切るようにまぜる」も私のまわりではできていない人が結構いました。
 「切る」といっても、「底から救い上げて落とす」→「切る」→「また底から救い上げる」の繰り返しです(いろいろためにしてこの混ぜ方が一番さく...続きを読む

Qブラックココアって普通のココアとはどう違うんでしょう。

ブラックココア(純ココアパウダーのことではなくって、オレオに使うようなまっくろなココアパウダーのことです。一部の製菓材料店で売っています)
というのは、通常のブラウンのココアパウダーとどう違うのでしょう。
脂肪分が少ないようですが、純ココアパウダーのさらに絞った(?)後とかでしょうか。それとも何か特殊な化学処理をして見た目の理由で黒くしているんでしょうか。

風味は落ちるとのことですが、普通のココアのように飲んだ場合、抗酸化などココア本来の性質ってあるんでしょうか。

知ってる方いらっしゃいましたらお教え下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

色の違いはアルカリ処理の違いです。
ココアパウダーはカカオ豆を発酵してつくるので、もともとは酸性です。
これをアルカリ溶液に浸すと、酸性→中性となります。これが「純ココア」と言われるもの。
その中性のものを更にアルカリ処理ほどこすと、ブラックココアとなります。

風味というかココアの香りや味わいはほとんどないので、お菓子などの色合いの変化の為に用いられます。ただ、若干の苦みが出ます。オレオクッキーもよく味わうとその苦みが感じられます。
ですが原料が違う訳ではないので、ココアとしての効能にさほど大きな違いはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報