<質問>
(1) 主要簿は仕訳帳と総勘定元帳ですが、仕訳帳はなしで振替伝票だけでは駄目ですか?
(2) 収入伺書・支出伺書に振替伝票の内容を盛り込んだ形式を経理をしています。
  「伺書の発行をもって、振替伝票の発行とする」や「この伺書は振替伝票を兼ねる」
  では、駄目ですか?
(3) たくさんの帳簿をつけずに、わかりやすいものとするため(1)と(2)のことを合わせて、
  各伺書と総勘定元帳だけでやっていきたいのですが、どう思いますか?
(4) 総勘定元帳の現金科目だけで現金出納帳は作らない方法も大丈夫ですか?
(5) 現金と別に小口現金を作った場合、残高試算表に現金と小口現金の科目をつけることに
  なりますか?数字を合わせたりはしませんか?

  基本的なことから自信がありませんが、どうか教えてください。

A 回答 (2件)

(1) 主要簿は仕訳帳と総勘定元帳ですが、仕訳帳はなしで振替伝票だけでは駄目ですか?


振替伝票を完全に整理して保管すればそれで仕訳帳の代わりにできます。
伝票番号順、日付順など一定の分類をしたほうが良いでしょう。


(2) 収入伺書・支出伺書に振替伝票の内容を盛り込んだ形式を経理をしています。
「伺書の発行をもって、振替伝票の発行とする」や「この伺書は振替伝票を兼ねる」では、駄目ですか?

それに勘定科目、金額、日付が記載されていれば可能でしょうが、目的が仕訳とは違うので、使いにくいのではないでしょうか。
また、必ずしも収入・支出を伴わない取引も多くありますので、それを考えるとあまり良い方法とは思えません。

(3) たくさんの帳簿をつけずに、わかりやすいものとするため(1)と(2)のことを合わせて、  各伺書と総勘定元帳だけでやっていきたいのですが、どう思いますか?
(2)の答のとおり多分それは無理があるように感じます。
貴社が何かPCの会計システムをお使いならば、各伺書とシステムを連動させる形で可能とは思います。
ただし、帳簿組織は要するに元の取引と仕訳と総勘定元帳の関係が明確で、元のデータが間違いなく総勘定元帳に記帳されていることがわかれば、それはそれで有効だと思います。
貴社の企業規模がどの程度か不明なのでこれ以上はいえませんが、普通にイメージする会社ではこういう方法はあまりききませんね。

(4) 総勘定元帳の現金科目だけで現金出納帳は作らない方法も大丈夫ですか?
可能ですが、相手勘定への転記を考えると果たして合理的でしょうか。普通に現金出納帳をつけたほうが簡単では無いでしょうか。

(5) 現金と別に小口現金を作った場合、残高試算表に現金と小口現金の科目をつけることになりますか?数字を合わせたりはしませんか?

この場合は、総勘定元帳の現金とその相手勘定へは、小口現金出納帳から合計仕訳で転記をします。試算表には直接転記することはしないで、あくまで総勘定元帳の「科目ごとの残高を試算表に転記します。
そうしないと、たとえば貸借の不一致や科目残高が合わないような場合に非常にめんどうなことになります。

私は、多少の手間を考えても、仕訳伝票、総勘定元帳、試算表というオーソドックスな帳簿体系をしたほうが結果的には間違いがなく合理的だと思います。

この方法は長い歴史で最も簿記に適しているということで出来上がったものです。素人考えよりはその歴史の重みのある方法のほうが多分良くできていると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく回答してくださり本当にありがとうございました。4月から採用してくださった職場は小規模な社団法人で前任の引継ぎがなく、また上司も経理未経験者。前年度の帳簿が足りなかったり、つけていなかったり…困惑しました。法人経理が始めての私には何がわからないのかもわからない状況です。回答で教えて頂いたように私の経理からは基本的な形式で仕訳帳を作りたいと思います。それから、上司から緊急時用に現金を渡され悩みました。前例にない小口現金を作るよりも現金出納帳一本で出来るよう相談したいと思います。ちゃんとした帳簿を作って、私を採用して良かったと思ってもらえるように頑張りたいです!
反応が怖くて質問をひかえていましたが、思い切って良かったです。言葉足らずな質問にもかかわらず丁寧な回答ありがとうございました。明日から職場に行くのが楽しみですっ!!

お礼日時:2011/04/24 23:22

基本からやり直し


複式帳簿の原則に法って処理してください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
やはり、そうですよね…
ネットなどの書込みで創意工夫をしている様子を参考にして考案してみました。
どこに相談していいかわからなくて困っていました。
どうもありがとうございました。

(1)~(5)まで具体的に問題点・解説をいただけたらとっても勉強になります。

お礼日時:2011/04/24 13:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け

4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け軸でない御軸と思います。

文字は以下のとうり。 堅正不即 です。禅語から出典と思います。

くずし字で4文字目が即でなく却なら真宗の経典にありますが禅宗の僧侶の方の書ですので即と読みます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多少の文字の増減はよくあることだと思います。

禅宗の考え方と『華厳経』の思想は繋がる部分が多いので、『華厳経』の句ならば、全く違和感はないと思います。

ただ、禅宗の方は「これはどこどこ宗の経典だから」というようなことを言う方は少ないと思います。
そんな偏狭なことを言う坊さんは禅宗の坊主ではないでしょう。禅宗の坊さんなら、自身の心に響くよい言葉であれば、真宗の経典であろうと、キリスト教の聖書であろうと、どこからでも字を引っ張ってくるはずです。
実際、禅宗の高僧と言われる方で「南無阿弥陀仏」の軸を残していらっしゃる方は、少なからずいらっしゃいます。
ですから、「禅僧だから真宗のお経の文言を書いているのはおかしい、“却”ではなく“即”ではないか」という考えはいったん頭から外して、文字そのものを見てどのように読むか判断なさった方がいいと思います。

もしそのお軸の字が読めないのであれば、写真を貼付して皆さんに見ていただけば、きちんと読んでくださる方がいらっしゃると思います。

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多...続きを読む

Q現金出納帳から総勘定元帳に転記する際…

 仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、当座預金出納帳、得意先元帳、仕入先元帳、手形記入帳を使用していると仮定して、、、

 日々の現金取引は、仕訳帳と現金出納帳に記帳しますよね。そのあとで、総勘定元帳の現金に転記する時、下記の(1)(2)のどちらでもいいのでしょうか?

(1)現金取引が生じた都度、総勘定元帳の現金勘定に転記。
(2)現金出納帳に記帳された貸方、借方それぞれの合計額をまとめて(月1回など)総勘定元帳の現金勘定に転記。

また、(2)の場合、総勘定元帳へ転記したら、現金勘定の貸方・借方の摘要欄には何と書くのでしょうか。「現金出納帳」ですか?

また、現金、得意先元帳、仕入先元帳以外の補助簿についても、現金の時の記帳方法と同じでいいでしょうか?

Aベストアンサー

会計理論上も法律上も絶対に必要な帳簿は総勘定元帳です。質問の帳簿のうち、現金出納帳、当座預金出納帳、得意先元帳、仕入先元帳、手形記入帳は補助簿であり、これは総勘定元帳のその科目(得意先元帳は売掛金勘定、仕入先元帳は買掛金勘定)を独立させたものです。ですから、決算の際にこれらの結果だけを総勘定元帳に転記すれば足ります。(2)でもかまいませんが、(1)のような処理をするなら補助簿を使う意味はありません。(2)の処理をする場合、摘要には「合計転記」や「一括転記」などと書きます。

Q掛軸に書かれた文字の出典を教えてください

掛軸に「忘機無物我」と書かれているのですが、意味と出典がわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

下記URLに同じ語句の作品がありました。

〈「機を忘れ物我無し」と読みます。「地位や利欲の心を捨ててしまえば、自他の区別を忘れられる。」 という意味です。〉

と書かれていますが、出典は明記されていませんでした。
このサイトの主催者にお尋ねになってみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~koma/gallery2.html

Q現金出納帳や総勘定元帳の保存方法

青色申告をするのですが、現金出納帳や総勘定元帳などをCD-RWで7年間保存してもいいのでしょうか?

印刷すると現金出納帳だけでも70枚を超えてしまい、紙とインクがもったいない気がしてしまいます。
それでも印刷して書類として保存したほうがいいのでしょうか?

少し印刷してみたんですが、機械の調子が悪いのか字がちゃんと印刷できてない部分があります。
そういう箇所は二重線で消して上からハンコ、その上か下に正しい数字を手書きで記入でいいのでしょうか?

わかる方、ぜひ教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一定の要件を満たして、税務署長の承認をうければ電子データによる保存が認められますが、条件として下記のような成っています。

最初の記録段階から一貫してコンピュータを使用していること。
手書きで作成したものをコンピュータに入力したのでは、電子データ保存の対象とはなりません。
データの訂正、削除、追加などの内容を確認できる記録が残ること
帳簿相互間の関連性を確認できること
帳簿や書類から明細データが検索できること
ディスプレイやプリンタを備付けて必要に応じて出力できること
コンピュータのシステム設計書等を備付けておくこと。

これらの要件を満たす、経理ソフトを利用されるとよろしいでしょう。
参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.lotus21.co.jp/data/column/konna/konna_73.html

Q何と読むか教えてください。掛軸の箱の裏書です。

何と読むか教えてください。掛軸の箱の裏書です。

Aベストアンサー

「臘月」だろう。旧暦の十二月のことである。

Q【弥生会計】 総勘定元帳(普通預金)と預金出納帳の残高があいません(汗)

父親が、個人で小さな会社を営んでおります。

事情があり、この度、H19年度1年分をまとめて、
しかも、1ヶ月弱で確定申告をさせられる羽目に
なってしまいました。

H17年度までは税理士さんにお願いしており、
H18年度は弥生会計04を使い、素人ながら、
姉と旦那さんが手探りで伝票入力を行ったそうです。

が、、、
入力をするにあたり、H18年度の期末の残高のデータを
見てみると。

(1) 総勘定元帳(普通預金)と、預金出納帳の残高があってません。
  あってないというか、100万円ほど誤差があります。

(2) しかも、実際の通帳の残高も、総勘定元帳(普通預金)と
  1万円程あってないんですが・・・

時間がない為、昨年のデータを照合する暇はございません。

とりあえず、今回の確定申告に間に合う様にする為に、
何か良い方法はありますでしょうか?

そして(1)の状態は、どういう処理をした時に起こりうるもの
なのでしょうか?

無茶は承知の上ですが、何かお知恵をお借りできれば恐縮です。

よろしくお願いいたします。

父親が、個人で小さな会社を営んでおります。

事情があり、この度、H19年度1年分をまとめて、
しかも、1ヶ月弱で確定申告をさせられる羽目に
なってしまいました。

H17年度までは税理士さんにお願いしており、
H18年度は弥生会計04を使い、素人ながら、
姉と旦那さんが手探りで伝票入力を行ったそうです。

が、、、
入力をするにあたり、H18年度の期末の残高のデータを
見てみると。

(1) 総勘定元帳(普通預金)と、預金出納帳の残高があってません。
  あってないというか、...続きを読む

Aベストアンサー

了解です^^

追加で申し訳ないんですが、補助科目をつかってればそういう現象が起きることもあります。(補助科目別の残が入ってないとか)

あと思いつくのは、複合仕訳のバランスかなぁ。
余計に混乱させちゃいますね^^;

どうしようもなければ、私なら多分2番さんの通り事業主勘定で調整すると思います。修正については税額に大きな違いがなければ、翌期の期首に修正仕訳を入力する程度に留めるかもです。

※税務的な部分に入るので、曖昧な表現となることをご了承ください。

Q掛軸 この書は何と読むのですか?

掛軸の書なのですが、何と読むのでしょうか?
http://up2.ko.gs/src/koups93.jpg

○色○江山
松○
私がわかる範囲ではこのように見えますが。。。

Aベストアンサー

> 松○
こちらは、「松然」なのですが、
> ○色○江山
は、「寿色満江山」でしょうか…。
一番最初の字は「喜」か「春」の可能性もあります。
要するに、「お祝い」や「喜び」や「春」の雰囲気が、国中に満ちている…という意味だと思います。
「江山」には、『山河』という意味がありますが、そこから、「天下」、「国」、「国土」、「国家」、「国家の政権」といった意味で使われますので。

松然は「号」だと思うのですが、インターネットで調べた範囲では見つけることができませんでした。
「○色○江山」という五言詩の作者が「松然」なのではないかと思います。
落款に「林○姫」とありますので、書を書かれたのはこの落款の方だと思いますが、「松然」がこの方の「号」かどうかは分かりません。

Q現金出納簿は元帳「現金」で代替できるか

小企業の経理担当です。これまで現金出納帳を手書きで記帳してきまし
た。
会計ソフトの現金出納帳を手書きの帳簿の代わりにしている会社もある
ようですが、当社の会計ソフトには、残念ながら現金出納帳はありませ
ん。

そこで、手書きの現金出納帳の内容は元帳の現金科目の内容と全く同じ
ものですので、元帳を出力し、これに現金出納帳とタイトルを付して、
手書きの帳簿は省略できないかと考えております。もちろん現金の残高
管理面は従来どおりしっかりと行うことに変わりはありません。

手書きで現金出納帳を作成されていない場合、みなさまの会社ではどの
ようにされておりますか。このような変更は何か問題があるでしょうか。
すみませんがお教えいただきたいと思います。

Aベストアンサー

現金出納帳は、複式簿記を行う際に、正式な仕訳を書く前段階として記録する「補助簿」です。
手書きで帳簿作成する際には、複式の仕訳を切ることなく記録できるので、
日常処理として重宝する物です。

でもコンピュータ処理をするのなら現金出納帳も現金元帳も同じ物ですから、
わざわざ二度手間をする必要はありません。
現金出納の担当者と経理担当が異なるなら内部統制の観点から必要ですが、
全部一人でやっているのなら現金出納帳は不要です。

現金出納帳は「補助簿」ですから、現金元帳が正式な帳簿です。
わざわざタイトルを書き直す必要すら無いと思います。

Q香取大明神と書いてある掛軸

タイトルにあります「香取大明神」と書いてある掛軸を入手したいと思っているのですが、販売しているところがわかりません。武術の道場に掲げられている物です。

なかなか情報が得られないので、ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「天照皇大神」であれば、こんなところで扱ってますね
http://shop.yumetenpo.jp/goods/goodsList.jsp?st=kakejikudo.com&category=3:15&action=category
http://www.rakuten.co.jp/kakejikuya/248360/248387/

多分手配可能と思うので、こういった掛け軸店に問い合わせてみてはいかがでしょう。名のある人の書でない場合、ほとんど、表装+αの費用で入手可能だと思います。また、武道具店などでも相談は可能だと思いますが

あるいは、香取大明神は香取神宮祭神経津主神(ふつぬしのかみ)のことですから、香取神宮の門前などで取り扱っていそうです。
http://www.katori-jingu.or.jp/

Q現金出納簿と経費帳のみ 帳簿してますが 仕訳帳も必要なのかなと考えております。 特に預り金や立て替え

現金出納簿と経費帳のみ
帳簿してますが
仕訳帳も必要なのかなと考えております。

特に預り金や立て替え金があったとき
ワケわからなくなるので
使ってみようかなと思いますが

預り金があったときや
立て替えすることがあったときのみ
使用する でもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>現金出納簿と経費帳のみ…

銀行預金がないとは、あなたは何者ですか。

・主婦で家計簿を作る
・任意団体の会計担当
・個人事業者で白色申告
・個人事業者で青色申告
・法人の経理担当
・その他

>特に預り金や立て替え金があったとき…

現金を預かり、現金で立替払いをするのなら、現金出納帳に載るでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報