<質問>
(1) 主要簿は仕訳帳と総勘定元帳ですが、仕訳帳はなしで振替伝票だけでは駄目ですか?
(2) 収入伺書・支出伺書に振替伝票の内容を盛り込んだ形式を経理をしています。
  「伺書の発行をもって、振替伝票の発行とする」や「この伺書は振替伝票を兼ねる」
  では、駄目ですか?
(3) たくさんの帳簿をつけずに、わかりやすいものとするため(1)と(2)のことを合わせて、
  各伺書と総勘定元帳だけでやっていきたいのですが、どう思いますか?
(4) 総勘定元帳の現金科目だけで現金出納帳は作らない方法も大丈夫ですか?
(5) 現金と別に小口現金を作った場合、残高試算表に現金と小口現金の科目をつけることに
  なりますか?数字を合わせたりはしませんか?

  基本的なことから自信がありませんが、どうか教えてください。

A 回答 (2件)

(1) 主要簿は仕訳帳と総勘定元帳ですが、仕訳帳はなしで振替伝票だけでは駄目ですか?


振替伝票を完全に整理して保管すればそれで仕訳帳の代わりにできます。
伝票番号順、日付順など一定の分類をしたほうが良いでしょう。


(2) 収入伺書・支出伺書に振替伝票の内容を盛り込んだ形式を経理をしています。
「伺書の発行をもって、振替伝票の発行とする」や「この伺書は振替伝票を兼ねる」では、駄目ですか?

それに勘定科目、金額、日付が記載されていれば可能でしょうが、目的が仕訳とは違うので、使いにくいのではないでしょうか。
また、必ずしも収入・支出を伴わない取引も多くありますので、それを考えるとあまり良い方法とは思えません。

(3) たくさんの帳簿をつけずに、わかりやすいものとするため(1)と(2)のことを合わせて、  各伺書と総勘定元帳だけでやっていきたいのですが、どう思いますか?
(2)の答のとおり多分それは無理があるように感じます。
貴社が何かPCの会計システムをお使いならば、各伺書とシステムを連動させる形で可能とは思います。
ただし、帳簿組織は要するに元の取引と仕訳と総勘定元帳の関係が明確で、元のデータが間違いなく総勘定元帳に記帳されていることがわかれば、それはそれで有効だと思います。
貴社の企業規模がどの程度か不明なのでこれ以上はいえませんが、普通にイメージする会社ではこういう方法はあまりききませんね。

(4) 総勘定元帳の現金科目だけで現金出納帳は作らない方法も大丈夫ですか?
可能ですが、相手勘定への転記を考えると果たして合理的でしょうか。普通に現金出納帳をつけたほうが簡単では無いでしょうか。

(5) 現金と別に小口現金を作った場合、残高試算表に現金と小口現金の科目をつけることになりますか?数字を合わせたりはしませんか?

この場合は、総勘定元帳の現金とその相手勘定へは、小口現金出納帳から合計仕訳で転記をします。試算表には直接転記することはしないで、あくまで総勘定元帳の「科目ごとの残高を試算表に転記します。
そうしないと、たとえば貸借の不一致や科目残高が合わないような場合に非常にめんどうなことになります。

私は、多少の手間を考えても、仕訳伝票、総勘定元帳、試算表というオーソドックスな帳簿体系をしたほうが結果的には間違いがなく合理的だと思います。

この方法は長い歴史で最も簿記に適しているということで出来上がったものです。素人考えよりはその歴史の重みのある方法のほうが多分良くできていると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく回答してくださり本当にありがとうございました。4月から採用してくださった職場は小規模な社団法人で前任の引継ぎがなく、また上司も経理未経験者。前年度の帳簿が足りなかったり、つけていなかったり…困惑しました。法人経理が始めての私には何がわからないのかもわからない状況です。回答で教えて頂いたように私の経理からは基本的な形式で仕訳帳を作りたいと思います。それから、上司から緊急時用に現金を渡され悩みました。前例にない小口現金を作るよりも現金出納帳一本で出来るよう相談したいと思います。ちゃんとした帳簿を作って、私を採用して良かったと思ってもらえるように頑張りたいです!
反応が怖くて質問をひかえていましたが、思い切って良かったです。言葉足らずな質問にもかかわらず丁寧な回答ありがとうございました。明日から職場に行くのが楽しみですっ!!

お礼日時:2011/04/24 23:22

基本からやり直し


複式帳簿の原則に法って処理してください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
やはり、そうですよね…
ネットなどの書込みで創意工夫をしている様子を参考にして考案してみました。
どこに相談していいかわからなくて困っていました。
どうもありがとうございました。

(1)~(5)まで具体的に問題点・解説をいただけたらとっても勉強になります。

お礼日時:2011/04/24 13:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現金出納帳が合わない!

いつもお世話になっております。
小規模な会社の経理を一人でしています。
現金出納帳を3ヶ月ほどまとめて、記入していたら100万円ほど合わないのです。
どうすればよいのでしょうか?
明日、社長には正直に話して自腹を切る覚悟はできています。
現金出納帳を毎日つけなくてはいけないことは、十分承知しております。
今回は、そういうご指摘は必要ありません。

以前に、このような経験をされた方、そしてどのような対応をとられたのかをお教えいただきたいです。

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

小規模な会社で現金100万円が合わないのは結構大きな金額ですね。

まずは
1.前期比較月次推移損益計算書
2.期首比較貸借対照表
を出力してみて、異常な数値の動きがないかチェックしましょう。小規模な会社で3ヶ月で100万の金額ですので、前期の財務諸表と比較すれば大体の目安は付くのではないでしょうか?見方が分からない場合には、会計事務所の担当者に一緒に確認してもらいましょう。

次に#4の方の回答の通り、現金残が合わない原因は次のパターンに分けられます。

1.入金処理のミス
2.出金処理のミス
3.不正
4.社長の引き出し

1.入金処理のミス
・預金からの資金移動→預金残の確認
・売上入金→売掛残の確認
・単純な記帳ミス・・・等

2.出金処理のミス
・預金への預入→預金残の確認
・資産購入→請求書・領収書確認
・経費支払→請求書・領収書確認
・仕入支払→買掛残の確認
・単純な記帳ミス・・・等

3.不正
・内部管理体制の不備(これから整備していってください)

4.社長の引き出し
・現金の日頃の管理はどうされていますか?小規模な会社では会社の現金を社長が自由に出し入れしているケースがよく見られます。通常は社長貸付金として処理しているのですが役員報酬の一部として清算しているケースもあります。100万÷90日=1日3.3万となりますのでありえる金額です。

ご質問者さんの責任については、
正確な記帳や適正な現金管理はこれからの課題として、とりあえず上記の手順で比較F/Sをみて異常な数値の把握をする、出金・入金の裏付けをとる、他の勘定科目の残高を確認する、ことを実行してください。

それで原因が把握できない場合には、不正か社長による現金引き出しが原因になります。

不正については、ご質問者だけの責任ではなく、適正な内部管理を整備していない経営者の責任でもありますので自腹を切るのはいかがなものかと思います。

小規模な会社で現金100万円が合わないのは結構大きな金額ですね。

まずは
1.前期比較月次推移損益計算書
2.期首比較貸借対照表
を出力してみて、異常な数値の動きがないかチェックしましょう。小規模な会社で3ヶ月で100万の金額ですので、前期の財務諸表と比較すれば大体の目安は付くのではないでしょうか?見方が分からない場合には、会計事務所の担当者に一緒に確認してもらいましょう。

次に#4の方の回答の通り、現金残が合わない原因は次のパターンに分けられます。

1.入金処理のミス
2.出金...続きを読む

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

Q単一仕訳と複式仕訳のメリット・デメリットについて

会社にてシステムを導入する際、どちらの方が経理上・システム上・経営層管理上
どちらの方法がいいか検討しています。
私の認識では複式仕訳については1取引が見えるという事が複式のメリットしか見当がつきません。
認識者の方ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

単一仕訳とは借方、貸方が1:1の仕訳ということでしょうか?
複式仕訳とは借方、貸方がN:Nということでしょうか?
つまり、借方、貸方ともにそれぞれ1科目ずつで金額も一緒が単一仕訳、
借方、貸方ともに複数行でそれぞれに金額がばらばらについていて
伝票の借方合計、貸方合計で貸借一致させるのが複式仕訳という風に
理解してよろしいでしょうか。

複式仕訳は通常の取引では、当座預金取引に特に多いですし、伝票を見るならこれが一番いいです。
しかし、元帳に転記されると相手科目を特定できないという、致命的な欠陥があります。
さらに、しかし、単式仕訳ですと相手科目は特定できても相手科目の金額がわからないという、やはり致命的な欠陥をもっています。

伝票検索が早くできるなら、複式仕訳のシステムがいいと思います。そうでなければ単一仕訳のシステムが検索において工数が少なく済みます。理由は
単一仕訳は相手科目がわかりますので、その相手科目を検索すれば、金額が
わかります。
一方、複式仕訳では相手科目がわからないため、元伝票を検索するという
違う工程を経ないと答えが探せないので効率が悪くなります。

単一仕訳とは借方、貸方が1:1の仕訳ということでしょうか?
複式仕訳とは借方、貸方がN:Nということでしょうか?
つまり、借方、貸方ともにそれぞれ1科目ずつで金額も一緒が単一仕訳、
借方、貸方ともに複数行でそれぞれに金額がばらばらについていて
伝票の借方合計、貸方合計で貸借一致させるのが複式仕訳という風に
理解してよろしいでしょうか。

複式仕訳は通常の取引では、当座預金取引に特に多いですし、伝票を見るならこれが一番いいです。
しかし、元帳に転記されると相手科目を特定できないと...続きを読む

Q事務机の引き出しのロック解除

こういう公の場での質問するのは適切じゃないと思いますが、教えてください。昨日、事務机の2段目を開けた状態で一段目にある鍵がかかったので、鍵を二段目に入れて閉めました。まさかそれで2段目の鍵までかかるとは思わず、やらかしてしまいました。以前、同様の質問をされた方がいらっしゃいましたが、手段としては新たに鍵を注文せざるを得ないのでしょうか?会社内ですので鍵屋さんにも頼めなさそうです。方法をご存知でしたら、ご教授下さい。

Aベストアンサー

製品によって違いますが、引出しの隙間にはがきなどの硬い紙を差し込んでロックレバーを回してしまえば開く可能性はあります。

ロックレバーがどこについているかは、他の同じ引出しを開けて鍵をかけてみればわかります。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報