出産前後の痔にはご注意!

車検費用の仕訳について教えて下さい!!
先日会社の車の車検を済ませ、代金は支払い済みです。
請求書を見ながら仕訳をしているのですが、勘定科目をどうしたらいいか・仕訳に悩んでいます。


☆請求書より
・整備代金→修繕費?
・検査手続代行料→修繕費に含める?それとも支払手数料?
・回送手数料(保険も含まれていると書いてあった)→支払手数料?

・自賠責保険料→保険料?
・登録印紙代→租税公課?
・保証がつくしプラン(トヨタ自動車さんの保証プランです)→?
・前受金→車検の前にいくらか先払いし、仮払いで処理しているものです。

勘定科目のみ教えていただくのでも構いません。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

車検費用のうち金額を



消費税課税部分・・・整備代金・手数料 と

非課税部分・・・法定費用(重量税・自賠責保険料・印紙代)に わけて

すべて「車両費」として処理して問題ありません。

必要に応じて 保険料・租税公課などに分けるか、備考欄に 内訳を書いておけばいいのです。

請求書は5年くらいは保存してください。
    • good
    • 20

仕訳の仕方も、いくつかあると思いますが・・・




・ 仮払金 100,000  現金 100,000  車検費用仮払い


・ 現金   100,000  仮払金 100,000 振替
  修繕費  150,000  現金  150,000 車検費用
  租税公課  50,000  修繕費  50,000 振替:重量税
  損害保険料 30,000  修繕費  30,000 振替:自賠責保険
  租税公課   3,000  修繕費   3,000 振替:印紙代
  損害保険料 10,000  修繕費 10,000 振替:トヨタ保証費


  支払いの時
  (1)仮払金は一回返してもらったことにしてしまう。
  (2)修繕費で一回全額計上してしまう。
   (領収書の金額とあうので、出納帳が見やすい)
  (3)最後に、各科目に振替る。
   (課税、不課税の区分などがあるので)

 消費税のことがなければ、全部「修繕費」でも、税務署さんは特に問題にしませんよ。

 あと、財務諸表は基本的に「前年と比較します」ので、極力、前年の元帳から、
 勘定科目を確認し、同じ科目で仕訳したほうが、良いと思います。
 
    • good
    • 5

■車検依頼時



仮払金  / 普通預金


■支払時

経費科目 /  仮払金
     /  普通預金


整備・部品交換・部品--->修繕費

代行手数量--->役務費や役務費の小科目といして手数料など。

印紙代--->租税公課
重量税--->租税公課

自賠責--->雑費・保険の科目など。
保障費--->雑費・保険の科目など。

では?

正式な領収書に、自賠責・重量税が含まれているなら、上記のように、
仮払処理を行って、残額支払時に支出科目を決定したほうがいいでしょう。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検料の勘定科目は?

営業用の車を車検に出した時の車検整備料はどの勘定科目に入れたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

当社では「車両費」としてます
車にかかる費用はすべて「車両費」としています
今回初めてリサイクル料の預かり金が発生しましたが
その分は「差入保証金 リサイクル預詫金」
(弥生会計使用です)

どうでしょう?

Q車検代の仕訳について

車検代には整備料金、自賠責保険料や、重量税
などが含まれますが、仕訳はどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

会社にもよりますが、「車両費」という科目を設けて、全てをそれで処理する会社もありますし、そうでない場合は、整備料金は「修繕費」や「雑費」、自賠責保険料は「保険料」、重量税は「租税公課」、車検代行料は「手数料」や「雑費」、という感じになると思います。

ところで、前回の車検時はどういう仕訳をしていたのでしょうか、基本的には同じ方法を継続すべきだとは思います。

Q車検時の仕訳を教えてください

車検時の仕訳と摘要を教えてください。
手元にある領収書です
自動車保険料2年分  28,700円(B保険会社の領収書)
定期点検代      38,000円(A整備会社の領収書)
自賠責保険料     20,300円(A整備会社の領収書)
重量税印紙代      8,800円(社団法人自動車整備振興会の領収書)
検査・登録手数料    1,400円(社団法人自動車○○の領収書) 
検査代行手数料     8,400円(A整備会社の領収書)
あと、定期点検代と検査代行手数料の違いってなんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳は次のようになります。
保険料は、1行にまとめてもかまいません。
金額の後ろが摘要です。

保険料   28.700 任意保険料  /現金 105.300
保険料   20.300 自賠責保険料
租税公課  10.200 重量税他
支払手数料 8.400  車検手数料
修繕費   38.000 車検時点検代

定期点検代は、車両が車検に通るかの点検と、修理か所があった場合の修理代です。

検査代行手数料は、車検の代行手数料です。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q車検代は経費にできるか?

確定申告で個人事業で車検代は経費で落とせますか?
無休で仕事をしているのでプライベートで車を使うことはほぼないです。
仕事9、家庭用1といった割合です。

もし経費にできるなら雑費になりますか?

Aベストアンサー

車検費用の9割は経費に出来ます。
会社組織などでは、車両費などで一括仕訳してる所もあるようですが、

重量税、印紙代→租税公課
整備費用、代行料→車両費
自賠責保険料→保険料

の様に仕訳するのが良いと思います。

正確に言うと2年間で償却する費用に相当しますが、
車検に関しては、その時点で一括償却可能です。

Q車検代の仕訳について

初めての確定申告なのですが、仕訳が分からず困っています。
車検代についてですが、明細は下記の通りでした。

部品代:      14,681円
技術料:      27,345円
自賠責保険:   21,970円
重量税:       6,600円
印紙代:       1,100円
ーーーーーーーーーーーーーー
合計        71,696円

※クレジットカードにて支払ました。

どなたか助けていただけないでしょうか??お願いします。

Aベストアンサー

先の方の回答に気になる点があったので
余計かもしれませんが私なりの言葉で回答することにしました。

部品代:      14,681円
技術料:      27,345円

この2点は整備費用に該当しますので「雑費」や「車両関連費」で構いません。
消費税課税事業者に該当するのでしたら消費税区分は課税仕入で。
「初めての確定申告」というワードを素直に事業開始1期目と判断しますよ、
そうするとおそらく免税事業者(→消費税は申告不要)に該当しますね、消費税のお話は関係ないでしょう。

自賠責保険:   21,970円
保険料の支払ですので「支払保険料」や「保険料」勘定で。
消費税区分は非課税仕入該当です。免税事業者ならここもスルーで。

重量税:       6,600円
印紙代:       1,100円

税金の支払関係は「租税公課」勘定がよいでしょうね。
重量税も印紙税もこれに該当します。
消費税区分はここでは不課税仕入に該当します。
不課税についてもここでは説明を省いておきます。

ーーーーーーーーーーーーーー
合計        71,696円

「クレジットカードにて支払」
とのことですので明細が到着した際にはまだ払われていない費用ですので
「未払金」や「未払費用」で処理しましょう。

まとめると明細到来時に
車両関連費14,681  /未払金71,696
車両関連費27,345 
支払保険料21,970 
租税公課6,600    
租税公課1,100 

余計かもしれませんが一応。口座から引き落とされた時には
未払金71,696  /  普通預金71,696

これで未払金は消えますね。

どうでしょか。
消費税の関係の話が出てくるまではそんなに注意が必要な仕訳ではないですね。
意外と税務署が見るのが車両関連の仕訳です。
ご自身で処理するのが不安な場合には税理士に聞きましょうね。

先の方の回答に気になる点があったので
余計かもしれませんが私なりの言葉で回答することにしました。

部品代:      14,681円
技術料:      27,345円

この2点は整備費用に該当しますので「雑費」や「車両関連費」で構いません。
消費税課税事業者に該当するのでしたら消費税区分は課税仕入で。
「初めての確定申告」というワードを素直に事業開始1期目と判断しますよ、
そうするとおそらく免税事業者(→消費税は申告不要)に該当しますね、消費税のお話は関係ないでしょう。

自賠...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q車の整備費(6ヶ月点検、車検など)を先にパック料金で払いました。

いつもお世話になります。

営業車の整備費(6ヶ月点検、車検など)を先にパック料金で払いました。

この場合の仕訳は、前払費用/現金 でいいでしょうか?

それで、実際に発生した時に、修繕費/前払費用としようと思っているのですが、車検は3年後なので決算時にまだ前払費用が残りますが、構いませんか?

それと、前払費用は資産に計上するんですか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その通りです。
全く問題ありません。

3年後の車検の分は長期前払費用に計上という考え方もできますが、前払費用でも良いと思われます。

また、車両にかかっている費用をきちんとコントロールしたい場合、修繕費ではなく車両維持費などの勘定で処理すると良いのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング