今なら家電が全品9%OFF!

通信販売で書籍と文房具を買ったとします。
書籍3,000円
文房具2,000円
送料500円
業者に支払う際の振込手数料は考えないものとします。

業者に5,500円を支払うときに、送料は仕入れのときと同じように合計して、
新聞図書費3,300円/現金5,500円
消耗品費2,200円

このようにすべきと思っていたのですが、送料は荷造運賃として、
新聞図書費3,000円/現金5,500円
消耗品費2,000円
荷造運賃500円

とするのが正しいのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

書籍や文房具は、棚卸資産の範疇に含まれますが、ご質問のテーマについては、まず、次の会計規則を念頭に置く必要があります。



企業会計原則第三貸借対照表原則五A 
  ・・棚卸資産については、原則として購入代価に又は製造原価に引取費用等の付随費用を加算し・・
企業会計原則注解1 重要性の原則
 (1)消耗品・・貯蔵品等のうち、重要性の乏しいものについては、その買入時又は払出時の費用として処理することができる。
 (4)棚卸資産の取得原価に含められる引取費用・・等の付随費用のうち、重要性の乏しいものについて取得原価に算入しないことができる。

そこで、これらの会計原則の適用の仕方によって次の3ケースの仕訳が考えられます。

(ケース1)重要性の原則を適用しない場合
貯蔵品3,300円/現金5,500円
貯蔵品2,200円
送料は本体価格に含めて計上する。実際に消費したときに貯蔵品から費用に振替える。

(ケース2)重要性の原則(1)を適用した場合
新聞図書費3,300円/現金5,500円
消耗品費2,200円

(ケース3)重要性の原則(1)および(4)を適用した場合
新聞図書費3,000円/現金5,500円
消耗品費2,000円
荷造運賃500円

上記のケース(1)~(3)すべて間違いではありません。実務では、(2)(3)どちらでも構わないと思います。
なお、引取費用を本体価格に含める趣旨は、その貯蔵品が当期に消費されず、翌期以降に消費されることを想定したものと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

根拠を示してご回答頂きありがとうございました。
あとは、自分が納得できる方法を選択すればいい、とのことでしょうね。

お礼日時:2009/11/21 20:45

商品仕入と仕入諸掛。


単なる経費項目とそのための配送費。
を混同されなければ、このような疑問は生じないはずです。
新聞図書費、消耗品費と認識されているなら、後者の仕訳しか
ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近経理をはじめたばかりで、分からないことだらけです。
断片的な知識しかありませんので、当然と思われるようなことでも、ミスをしてしまいます。
こういったところを活用して、知識を補完するしかありませんね。

お礼日時:2009/11/23 21:27

その 500円は誰に払ったのですか。


代引きなどで運送業者に直に支払い、500円の領収証 (に相当するもの) が手元に残るなら「荷造運賃」。

商品代と一緒に業者に支払い、商品代の納品書の中に送料という 1行が含まれているなら、商品代と同じ仕訳。
つまり、1本 200円の缶ビールを町の酒屋で買ったとしても、メーカーから問屋を経て小売店までへの配送費が価格に含まれるのと同じで、配送費は商品の原価を構成する一部に過ぎないと言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に明記しているように、業者に5,500円を払ったものとしています。
他の方の回答のように、荷造運賃と別仕分けにするのも正解のようですね。

お礼日時:2009/11/21 20:49

ご質問者様がおっしゃるように、確かに商品を仕入れる際にかかる諸費用は『仕入諸掛』として、売上原価に算入します。


分かりやすく言うと、『仕入れのためにかかった費用は、もはや全体で仕入価格を構成するじゃないか』という理由です。また、『固定資産の取得の為にかかった費用を取得原価に含める』等も同様な考えです。

仕入諸掛等の場合(固定資産の場合も)は、取引先との取り決めでほぼ毎回発生するものでもあるのでそのようになりますが、消耗品等のように発生が不定期であり、かつ金額的にも重要性に乏しいものなので特にそのような扱いは受けてないようです。。。
ですので、仕訳をきるなら後者ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

消耗品を仕入諸掛と同じものと考えていたのが混乱の原因です。
個人的には後者がいいと思っていますので、これを採用したいと思います。

お礼日時:2009/11/21 20:51

>新聞図書費3,000円/現金5,500円


 消耗品費2,000円
 荷造運賃500円

こちらが正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら、これが唯一の正解ではなさそうですね。

お礼日時:2009/11/21 20:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配送料、代引き手数料について

通販で消耗品を購入した時、勘定科目は何になりますか?運送費でいいのか、消耗品費に含めていいのでしょうか?今まで消耗品費に含めて処理していましたが、ふと疑問に思いました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、購入代金に含めて「消耗品」で処理をします。

特に、固定資産を購入して固定資産に計上する場合は、引取運賃も含めて固定資産に計上し、減価償却をすることとなり、引取運賃だけを経費処理することは出来ません。

Q仕訳の科目

会社でパソコンソフト (12,000円) を通信販売で購入(送料 800円)
し 宅配便(代引手数料 350円)で 送られてきました。

たぶん 下記の仕訳科目でいいと思いますけど、どうでしょうか。
気になるのが 送料の科目です。通信費という言葉の響きがなんかしっくりこないんですが・・。ぴったりくるものがあれば教えてください。 会社で通信販売で購入したのは初めてです。

消耗品費 12,000 ソフト代金
通信費    800 送料
支払手数料  350 代引手数料

 

Aベストアンサー

>通信費    800 送料…

通信費になるのは、自分で郵便局や電話会社等に支払ったお金だけです。
その 800円はソフト本体代金と一緒にして支払ったのでしょうから、12,800円を「消耗品費」とします。

店頭購入の場合、メーカーから店までの配送にかかる経費は定価に含まれていますが、定価のうち配送にかかる経費だけを聞き出して「通信費」などとすることはありません。

Q仕入れの際の送料と振り込み手数料

仕入れの際に払う、送料と振り込み手数料についてです。
1000円の商品を仕入れたとき。(送料500円、振り込み手数料120円)
送料は仕入高に計上して、振り込み手数料は経費扱いにするであっていますでしょうか?
こんな感じです
仕入高 1500円 / 現金 1500円
送金手数料 120円 / 現金 120円

買掛とか前払い金とかは考えないものとします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この場合は厳密には下記の仕訳が正しいです。

仕 入  1,500円 / 現 金 1,620円
送金手数料 120円 

詳しくは下記リンク先の法人税基本通達5-1-1(購入した棚卸資産の取得価額)を御覧下さい。

また、5-1-1に反していますが私も記帳代行ではdog195809さんと同様に送料は運賃で処理しています。
送料はすべからく運賃で処理したほうが美しいですよね。そう思いません?

因みに、振込料は仕入に直接関係するものでなく支払い方法に関係するものなので、仕入とせず送金手数料で処理すべきです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_01_01.htm

Q仕訳における送料運賃の処理方法

昨年はわけも分からず白色で、今年は青色申告に挑戦です(申込済み)!しかし実際の帳簿付けは困難です。お助け下さい。

内容です。商品を宅急便でお届けしてますが、売れた商品の金額は間違いなく(売掛金)○○(売上)○○ですよね。
しかしお客様からは送料も含まれた形で入金されます。だから販売の段階で(売掛金)○○(荷造運賃、又は発送費?)○○とも計上し、入金あったの段階で(普通預金又は現金?)○○(売掛金)と(荷造運賃)○○(売掛金)○○と仕訳をすれば間違いないのでしょうか。

また場所によっては送料を値引きする場合もありますし、一体どういう処理をしたら正しいのか教えてください!

Aベストアンサー

発送運賃を先方が負担する場合、「売掛金」で処理をします。
なお、商品代金と別に精算するときは「立替金」で処理をします。

(一緒に精算)
販売時
10万円で販売して、運賃3000円を支払った場合。
売掛金 103,000  /売 上 100,000
         現 金   3,000

入金時
現金又は預金  103,000  /売掛金 103,000

運賃を請求しない場合は、支払運賃で処理をします。

10万円で販売して、運賃3000円を当店負担で支払った場合。
売掛金  100,000  /売 上 100,000
支払運賃  3,000 現 金  3,000

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://www.boki.info/HPboki/6f-1-P011.htm

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Qネットショップの仕訳について

私はオークションやネットショップで商品を
販売しているのですが、その際の仕訳、
帳簿の付け方がわかりませんのでご質問させてください。
会計ソフトはやよいの青色申告です。
また、事業1年目のため、消費税は関係ありません。

以下、3点が当方の通常業務で良く起こる事ですので
何卒お力をお貸し下さい。

1.商品1000円、送料200円で売って
翌日に口座に1200円入金され、その翌日に200円を
現金から支払った場合。

この場合振替伝票につけるのでしょうか?
振替伝票の場合、次の日に送料を支払った場合、
振替伝票が2つ出来てしまいます。(日付が違う為)
日付毎に分けるものなのでしょうか?それとも
商品でわけるものなのでしょうか?
また、仕訳方法も預かり金なのか、前受金なのか
いまひとつわかりません。
全部売上として入金主義でつけても良いと言われましたが、
全て発生主義か入金主義のどちらかで統一せよとのことでした。
私はクレジットカードを使用していますので、
未払い金などとして発生主義でつけていますので、
統一する必要があります。

2.1000円の商品を代金引換郵便
(送料200円+代引き手数料300円+代金送金手数料100円)で売って、
翌日に600円の送料&手数料を支払って引換金額1600円にて発送。
3日後に代金送金手数料100円を引かれた
1500円が口座に入金された。

これも複数回つける必要があるのはわかりますが、
1の質問と同じく振替伝票につけるのか等が不明です。
また、A:売った時 B:発送した時 C:入金された時の
3回つけるのでしょうか?

3.比較的短い間隔で使用するものですが、
切手などを先に購入した場合、一旦資産として
仕訳しないといけないのでしょうか?

現在はまとめて買ったときに荷造り運賃費と
して仕訳しています。

私はオークションやネットショップで商品を
販売しているのですが、その際の仕訳、
帳簿の付け方がわかりませんのでご質問させてください。
会計ソフトはやよいの青色申告です。
また、事業1年目のため、消費税は関係ありません。

以下、3点が当方の通常業務で良く起こる事ですので
何卒お力をお貸し下さい。

1.商品1000円、送料200円で売って
翌日に口座に1200円入金され、その翌日に200円を
現金から支払った場合。

この場合振替伝票につけるのでしょうか?
振替伝票の場合、次の日に送料を支...続きを読む

Aベストアンサー

>1のケースで1000円の商品で送料200円の1200円が入金された…

【普通預金 1,200円/売掛金 1,200円】

>送料200円を現金で支払った…

【荷造運賃 200円/現金 200円】

>買っておいたエクスパック500(郵便局の500円で出せる封筒)や切手で支払った場合の仕訳方法…

買い置きした切手等が、すでに「通信費」や「荷造運賃」として計上されているなら、使用のときは仕訳をしてはいけません。二重計上になります。
買い置きした切手等を「有価証券」として資産扱いにしているなら、
【通信費or荷造運賃 200円/有価証券 200円】

>私は振り込み手数料を払わないので、支払い手数料は客と運送会社の間の取引きとなり、計上しなくても良いでしょうか…

はい。
請求額より引かれたら、売上の値引きとして処理します。

>3の場合にお客様への商品の発送の場合でも通信費になるのでしょうか…

大きな問題ではありませんから、どっちでもよいです。

>これらは全て振替伝票につければ良いのでしょうか…

ソフトの扱いはお好きなようにどうぞ。

>1のケースで1000円の商品で送料200円の1200円が入金された…

【普通預金 1,200円/売掛金 1,200円】

>送料200円を現金で支払った…

【荷造運賃 200円/現金 200円】

>買っておいたエクスパック500(郵便局の500円で出せる封筒)や切手で支払った場合の仕訳方法…

買い置きした切手等が、すでに「通信費」や「荷造運賃」として計上されているなら、使用のときは仕訳をしてはいけません。二重計上になります。
買い置きした切手等を「有価証券」として資産扱いにしているなら、
【通信費or荷造運賃 ...続きを読む

Q仕訳、発送費は、仕入になぜふくまれるの?日商簿記

仕事の都合で経理をやるにようになったため(経理は初めてです)、5年ほど前に暇つぶし買った、日商簿記3級最速マスター(LEC)という本を見て少し勉強をしています。

例題でどうしても納得いかない問題があったのでお解かりになるかた、おしえてください。

問題
次の取引について仕訳を行いなさい
解答欄には空欄の仕訳表があります。

1.購入代価6,000円の商品を掛けで仕入れ、引取運賃500円は現金で支払った。
2.商品5000円を掛で売り上げ、発送運賃300円(当社負担)は現金で支払った。
3.商品8000円を掛けで売り上げ、先方負担である発送運賃600円を現金で立替払いした(立替勘定で処理すること)
4.3において発送運賃を含めた場合。

問題集の解答
  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6500 買掛金  6000
               現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300
3.売掛金   8000 売上   8000
  立替金    600 現金    600
4.売掛金   8600 売上   8000
               現金    600

となっているのですが、私はそうしても納得がいきません。
私の解答は

  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6000 買掛金  6000
  発送費    500 現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300
3.売掛金   8000 売上   8000
  立替金    600 現金    600
4.売掛金   8600 売上   8000
              現金    600

で違いは1で
問題集
  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6500 買掛金  6000
               現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300
自分
  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6000 買掛金  6000
  発送費    500 現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300

1でなぜ発送費という借り方科目がでてこないのに
2で出てくるのか、納得いきません。

そもそも、発送費という勘定科目ってあるのか?
この問題集の日商簿記に出てくる勘定科目一覧があるのですが、費用の科目に発送費という科目は載っていません。でも解答には発送費と書いてあります。

勘定科目としてあるのか?ないのか?とうのも気になるのですが、なぜ、1のケースでは発送費というのがでてこないで、2では出てくるのでしょうか?

教えてください。

仕事の都合で経理をやるにようになったため(経理は初めてです)、5年ほど前に暇つぶし買った、日商簿記3級最速マスター(LEC)という本を見て少し勉強をしています。

例題でどうしても納得いかない問題があったのでお解かりになるかた、おしえてください。

問題
次の取引について仕訳を行いなさい
解答欄には空欄の仕訳表があります。

1.購入代価6,000円の商品を掛けで仕入れ、引取運賃500円は現金で支払った。
2.商品5000円を掛で売り上げ、発送運賃300円(当社負担)は現金...続きを読む

Aベストアンサー

このあたりが参考になるでしょうか。
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/9776/text/conttextb03.html#340

仕入にかかった発送費等はそれら諸費用を含め仕入となりますが、売上にかかった発送費等は(立替で無い場合)売上とは別で費用と考え方みたいです。

難しいですね。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング