これは、サイレント系楽器のフレーム部分がボディに接合する図です。
(1)ボディ側は、木に穴を開けプラスチックの受け筒が仕込んであります。
(2)ポール側は、直径3.6mmのアルミ製の円柱です。(写真では水道工事用の白いテープを巻いています)
この仕組みで販売されていいますが、テープを巻かないとすぐに抜けてくるようになりました。
メーカに問い合わせても妙案は無いらしく、何かを巻いてくれとのことです。
何か妙案をお持ちの方がいれば教えてください。
受け側に金属の筒を入れ外側でロックできるような機構があれば良いのかなと思っていますが、そんな部品を探せずにいます。
よろしくお願いします。

「木に入れたポールを固定する方法」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヘリサートがそれなりにいいアイディアということでしたら、アルミの勘合部を切り落としてメネジを切り、樹脂ホールに合うピンにオネジを加工してアルミ棒のメネジにねじ込めばいいはずです(材質はアルミかステンレス)。

ピンは交換可能ですから予備も含めて複数作っても無駄にはならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
なるほど、間に1つ噛ませれば何とかなりそうですね。
樹脂ホール側は、ヘリサートの加工をすると言うことですね。
ピン(これもはじめて知りました)の加工、アルミ棒の加工が出来るか不安です。道具も揃えなければいけませんね。
何処か、加工をしていただけるところを探してみようと思います。
ちょっと楽を考えると、ネジの頭の部分に更にねじ込めるネジ穴が開いている物って無いのかなって思いますが...

お礼日時:2011/04/25 21:49

接合部に荷重がかからないなら、ホームセンターにてコーキング材を買って、それを注入して固定する方法があります。



もし荷重がかかるようなら、メス側にタップでネジ切り、ヘリサートをかまして、ねじ込むという力技があります。

そもそも、その穴にはネジが切ってありましたか?

この回答への補足

早々にご回答、ありがとうございます。

私の説明が足りていない部分がありました。
先ず、差し込もうとしているポールが、実はこの楽器のボディを形成する部分です。この楽器は、演奏時にこのボディ部分を差し込んで、搬送時には抜いて収納します。
従って、コーキングや接着剤で固定する方法は取れないのです。
ヘリサートは、グッド・アイデアです。こんな事が出来るなんて知りませんでした。しかし、このポールのもう一方の先端も本体に差し込まなければなりませんので、このポール自体を回転させるのは難しいです。
因みに、穴自体にはタップは切られていません。ただのビニール管の様な物が挿入されているだけです。(写真の黒い部分)
他に、アイデアがあれば、よろしくお願いします。

補足日時:2011/04/25 07:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング