数億年~数十億年前の地球上に最初の生命体 が誕生し、その後、どんどん進化して今の状態になっているのですが、そもそも一番最初の生命体って、一体どんな生き物 (?) で、どういった事がキッカケで誕生したと考えられているのでしょうか?

そして、それは今の科学技術で再現 (人口生命体のようなもの) しようと思えば可能なのでしょうか?

恐竜の本を読んでいて、「じゃあ、もっと昔はどうだったの?」 と、ちょっと疑問に感じたので質問します。

A 回答 (3件)

解明はされていなかったと思います。



ただ仮説のひとつとしては、様々な物質が雑多に混ざった海で、様々な反応(火山の噴火や落雷など)を長時間繰り返されたことで、偶然に生まれたのではないかとも言われています。
確か実験ではアミノ酸が合成されたような気がしますが…ただし、もちろん可能性のひとつを示唆したに過ぎません。

また宇宙から来た説もあります。
これは宇宙からの飛来物によその星の生物が付着していた…という考え方ですね。
これも宇宙からの飛来物に生物(?)やウィルス(?)の痕跡があったことにより、可能性はありますが、これも決め手はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
やはり、まだハッキリとした事は分かっていないのですね。
偶然に偶然が重なって、まさに奇跡のようなキッカケがあって最初の生命体が生まれた・・・特定の宗教を信仰する人が神の存在を信じる気持ちが理解できるような感じがしました。
でも、いつの日か解明される時がくるでしょうね。
それまでは生きていないでしょうが。

お礼日時:2011/04/26 09:05

判るわけないですね。



宇宙からの生命起源説も面白いですが、古典的な ”粘土説 ”も子供心に感じ入りました。(年がわかる)

wiki にも結構情報あります。検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
wiki で生物という言葉で検索してみたのですが、説明が難しすぎて分かりません。
池上彰さんじゃないですが、それこそ小学生にでも分かるような解説があると助かるのですが・・・

お礼日時:2011/04/26 09:12

 No.1の方の回答が随分昔に聞いていますけど、それ以降ほとんど変わっていません。



 バクテリアなど単純な物だとは言われて居ますが、他の天体からサンプルを多く集めれば見つかるかもしれませんが。
 ウィルスなどの簡単な物という可能性もありますし、進化した形かもしれません。

 誕生の切っ掛けは分からないが、最初に生物が生まれたであろうという環境に生物が見つければ、ヒントになるかもしれません。酸素のない時代です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
考えようによっては、他の天体からきたという可能性もあるわけですね。
もしそれが本当の事だったら、では宇宙最初の生命体はどうやって生まれたのか? という次の疑問が生じそうです。

でも、地球最初の生命体が生まれた時代には酸素が無かったのですか・・・とすると、酸素が必ずしも生命体誕生の条件にはならないわけですね。
とても勉強になります。

お礼日時:2011/04/26 09:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体のかゆみがひどいです

最近、体のかゆみに悩まされています。

自転車で外に出るとき、最初は何も起こらないのですが突然上半身に猛烈なかゆみが発生します。また、家の中にいるときもかゆみが突然発生することもあります。

体を洗ったり清潔な服をきてるのに、かゆみが止まりません。

生活習慣がダニが原因なんでしょうか・・・

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療関係者です。

最近と言うことで、寒くなって来た為、痒くなったのかなと思いました。

これは寒冷ジンマシンというものです。
実は私が手だけですが、温度が10度以下になると手袋をはめずに外出した時、
暖かい場所に入ると、手が真っ赤に成り、猛烈な痒みが発生します。

初期で有れば、投薬で治る場合もありますが、殆ど効果がないと言われています。
現在は、防寒にかなり気を遣っています。

上記と別ですが、質問者さんはポテトチップは大好物では有りませんか?
もしそうであるなら、きっぱりと止めてください。
その理由は、油で揚げていますので、油が酸化したもので揚げると、肝臓がおかしくなり
体に痒みが出てきます。
自宅でフライ、天ぷらなども2回以上使用しないことが大事なことです。

私の息子がポテトチップが大好物で、痒みが発生後きっぱりと止めさせました。
現在は何の問題もありません。

お大事にして下さい。

Q平均的な幼稚園児が東大の試験をうけて合格点をとる確率と地球に生命体が誕生する確率とどちらが高いですか

平均的な幼稚園児が東大の試験をうけて合格点をとる確率と地球に生命体が誕生する確率とどちらが高いですか?

Aベストアンサー

そりゃ、地球に生命体が誕生する確率でしょうね。(^_^;)
誕生してるんだから。

Q体の部位の名称 鼻の下の溝?

鼻の下の真ん中にクチビルに向かう溝がありますが、
その部位の名称があるのでしょうか?
あれば、なんという名称なのでしょうか?

Aベストアンサー

鼻の下、上唇の上に位置する溝状の部位は「人中;じんちゅう」と呼ばれます。

と、別の人が回答しているのをパクッてしまいしまいた。

Q生命体は、他の天体でも条件さえ整えば誕生する可能性は高いと考えられます

生命体は、他の天体でも条件さえ整えば誕生する可能性は高いと考えられますか? あるいは地球のように好条件であっても、生命が誕生するのはたまたま偶然の出来事だと考えますか?

Aベストアンサー

サイコロを振って、100回連続で1が出ることは奇跡ですか、それもと可能性は高いと考えますか?

トライアルの回数を言わずに、上記の可能性が低いとか高いとか言うのは科学的ではありませんよね。

生命体の誕生も同じで、稀有な現象が連続した結果であることは間違えありませんが、そのトライアルの回数が十分に多ければどうでしょう。たとえば1000億回の100億倍とかの天文学的数字です。

宇宙に1000億を超える銀河がありますが、その中で我々の銀河系は特殊では無りません。また我々の銀河系だけでも質量換算で1000億もの恒星系があり、その中で我々の太陽系は特殊ではありません。なおかつ、それぞれの恒星系が一定の確率で生命体生存可能領域(ハビタブルゾーン)を有する惑星を持っています。したがって、宇宙では、当然、「100回連続で1が出る事」は何度もあったでしょうし、今後とも何度も起きると考えるべきです。神が設定した共通ルールの元で際限なくトライアルが繰り返されているのです。

一方、人類と地球外生命体が接触する可能性はゼロではないものの”無限小”と思います。これは、宇宙空間があまりにも広く、その間の移動にはあまりにも時間がかかり、人類の絶滅までの”寿命”があまりにも短いからです。

私たちはベートーベンと接触できませんでした。それはベートーベンの寿命があまりにも短く、私たちが誕生するまで生きていることができなかったからですね。しかし、現在の私たちは彼の音楽を通じてベートーベンに出会いました。
私たちはティラノザウルスと接触できませんでした。それはティラノザウルスという種の寿命が短すぎて、私たち人類が誕生するまで待っていてくれなかったらかです。しかし、現在の私たちは彼らの化石を通じて彼らを知ることができます。

地球外生命も同様です。実時間で接触できなくても、その生命体が残した作品や痕跡を通じて”出会う”事になるでしょう。地球外生命も途方もないトライアルの末に高度な文明を作り出したでしょう。高度な文明をつくりだせば必ず自分たちの文明を他の文明に伝えることを考えたでしょう。彼らは、文明を情報化し、その情報を電磁波に乗せて発信する仕組みを作ったはずです。未知の文明に理解されやすいよう最も単純な二進法のデジタル信号に変換したはずです。ある程度以上に文明が発展しておれば種が絶滅した後にも恒星エネルギー(私たちの太陽光)を使用して数億年ものあいだ自動で情報発信を続ける仕組みを作ってから絶滅していったでしょう。

これらの地球外文明が発信している情報が宇宙空間を伝搬中です。人類は超高解像度の電波望遠鏡とスーパーコンピュータを利用した符号解析で、これらの情報を探索し続けています。探索開始てしてからまだ0.0000001億年も経っていないので、今後とも忍耐ず良く探索し続ける必要があります。

私たち人類も高度な文明を持つことができたのですから、この文明を情報化し、太陽エネルギー利用で発信し続ける無人装置をつくってから絶滅するべきです。そうすることによって私たちがベートーベンと”遭遇した”と同じように、人類絶滅後の数百万年か後に地球外文明が地球文明と”遭遇する”ことができるのです。

そう考えると、私たち個人も、ただ生きて死ぬだけでなく、なにかを後世に残すことができればよいですね。

サイコロを振って、100回連続で1が出ることは奇跡ですか、それもと可能性は高いと考えますか?

トライアルの回数を言わずに、上記の可能性が低いとか高いとか言うのは科学的ではありませんよね。

生命体の誕生も同じで、稀有な現象が連続した結果であることは間違えありませんが、そのトライアルの回数が十分に多ければどうでしょう。たとえば1000億回の100億倍とかの天文学的数字です。

宇宙に1000億を超える銀河がありますが、その中で我々の銀河系は特殊では無りません。また我々の銀河系だけでも質量換算...続きを読む

Q子宮体癌検診の痛みって?

子宮体癌検診の痛みって?

毎年、子宮頚癌検診をしています。

そろそろ子宮体癌検診もしてみようかと思い、色々ネットで調べたり、
知人に聞いてみた所・・・・

「物凄く痛い」
「診察台で気を失う程痛い」
「トラウマになった」

・・・という、「とにかく頚癌にくらべて物凄く痛い!」という意見ばかりでした。

最初は気軽に考えていたのですが、以前、婦人科診察台で尿を取った時の
注射をしたかのような鋭い強烈な痛みを思い出し、
あれと同じだったら嫌だな。。。と思い始めました。

実際にはどのような痛みなのでしょうか?

注射のような鋭いチクッっと貼りを刺すような痛みでしょうか?
生理痛のような鈍痛なのでしょうか?

経験した方アドバイスお待ちしています。

Aベストアンサー

痛みの感じ方は人によって違いますから何とも言えないですね。

確かに子宮体癌の検査は痛みが強いと言いますが、私の場合は元々痛みに強い事もあるのかもしれませんが、声を出す程の痛みでもなく、激痛とも思いませんでしたし、トラウマになる程でもありませんでしたし、後に残る痛みでもありませんでした。

チクッだったか、ズキンッだったか、痛みの質は覚えてませんが(^^;

痛みが強いんだと心構えをして受ければ、案外「想像する程の痛みじゃなかった。」と思えるかもしれません。

是非1度受けられる事をお勧めします。

Q地球外生命体について詳しいサイトは?

 何かで「この宇宙が誕生して140億年、生命の誕生が40億年前とすると、宇宙が生まれて100億年ほど経過しないと生命は生まれてこないということになり、宇宙に、生命体が誕生した惑星が地球以外にも存在したとしても、進化論的にいって人類をはるかに凌駕するような高度な文明を持った生命体は存在しない」というような説を読みました。 うる覚えなのでニュアンスが違うのかもしれませんが、このようなことに詳しいサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

可能性はあるが何の物証もないので科学、非科学が入り乱れて憶測を並べているのが現状のようですね。
そこで地球外知性多を探す計画が実行に移されました。
SETI がそれです。
世界中のパソコンをネットネットワークで受信した信号を分析するのです。
「SETI」で検索すれば見つかるのでアクセスしてみてください。

Q体が「かたい」・「やわらかい」とはどういうしくみ?

前々から気になっていたのですが、
体が硬い・柔らかいというのはどういうしくみになっているんでしょうか?

そもそもなんで体が硬い・柔らかいという違いが生まれるんでしょうか…

また、体育座りの時は太ももがおなかにつくのに、足を伸ばした状態だとぜんぜんくっつかないという現象のしくみも気になります。

赤ちゃんの時は皆柔らかいはずなのに、成長すると体の硬い人、柔らかい人に分かれますよね。
小さい時から硬い人だっています。
足が90度も開かない人もいれば180度も開く人もいます。

なんとなく気になっていることですが、お時間ある時にご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
>体が硬い・柔らかいというのはどういうしくみになっているんでしょうか?

二つ要因があると思います。一つは筋肉に関する物、二つめは間接に関するものです。
まず筋肉については、身体の柔らかさに関係するのは骨格筋(走る投げる跳ぶの様な運動に関与する筋肉)です。骨格筋は筋束(筋肉繊維の束)がいくつも集合して一つの筋肉を形成していますが、この筋束は更に細かい筋繊維に分けられます。この筋繊維はお互いに入れ子状の構造になっており、この入れ子の部分がスライドすることによっていわゆる筋肉が収縮するわけです。この入れ子の部分の動きが悪いと筋肉の伸びが悪く、いわゆる固い筋肉になってしまうのです。この可動範囲を規定する要因については、遺伝や個人の運動のヒストリー、はたまた筋肉の手入れや体温などいろいろな要因によって違ってくると思われますが、残念ながら私は運動生理学の専門家ではないのでよく分かりません(^^;。ただ経験的に言えば、この可動域は恒常的な刺激によってある程度広げることが出来るみたいです。私の場合、お風呂上がりに太股裏の筋肉ストレッチ(片脚づつ洗面台の上に脚を載せて伸ばす)を毎日やった結果、立位体前屈での記録が3cmほどアップしました(笑。
次に間接に関する要因としては、特に間接を固定している腱の能力によって可動域がかなり違ってくると思いますが、やはり遺伝等種々の要因があると思います。これもある程度訓練で改善します(例えば片手を上から、片手を下から背中に回して両方の手を背中側でつなぐ訓練とか)が、いかんせん腱や間接の可動範囲というのは加齢によってこれらの組織の柔軟性が失われるにつれて小さくなってきます(いわゆる劣化)。純粋に劣化によって失われてしまった分に関しては無理に回復するのはなかなか困難で、無理に運動すると腱を痛めてしまいますので、そこは程々にしておいた方がいいと思います。でも若いにも拘わらず身体が固いという方は、訓練によりある程度改善すると思いますのでトライするのはいいと思いますよ。子供の頃から適度に運動をして、筋肉や関節の柔軟性を高めておくのが一番望ましい方法ですね。

お役に立てば幸いです。

こんにちは。
>体が硬い・柔らかいというのはどういうしくみになっているんでしょうか?

二つ要因があると思います。一つは筋肉に関する物、二つめは間接に関するものです。
まず筋肉については、身体の柔らかさに関係するのは骨格筋(走る投げる跳ぶの様な運動に関与する筋肉)です。骨格筋は筋束(筋肉繊維の束)がいくつも集合して一つの筋肉を形成していますが、この筋束は更に細かい筋繊維に分けられます。この筋繊維はお互いに入れ子状の構造になっており、この入れ子の部分がスライドすることによっ...続きを読む

Q地球外知的生命体の存在は脅威となるか

地球外知的生命体が存在し、彼らの文明が我々のそれよりも発達しており、仮に恒星間航行をできる宇宙船を開発できるような科学力をも保有している場合、彼らの存在は地球人に脅威となり得ると思いますか。

私たちは未知の存在に対し好奇心を抱きますが、同時に恐れを感じます。
例えば、SF映画全般で描かれる宇宙人は化け物として描かれています。
美しく描かれることは稀だと思います。

人類は文明の発達のために科学を発見しました。

しかしそれは我々の生活を豊かにするだけではなく、恐ろしい兵器をも生み出しました。

恒星間航行できる船を保有している知的生命体もやはり生物なので食物連鎖を勝ち残ったのだと思います。と同時に、そのような船を開発するにああたっては相当の年数種を存続させてきたということでもあります。

そこで疑問が生じました。

高度な科学文明を持っているような生命体にとってはもはや兵器開発というのは無意味なことになるのでしょうか。

つまり仮に彼らが地球を発見し、到達していたとしても実際には我々を暴力的に征服するというのはSFの中の話であり、高度な科学文明の発展を遂げる過程では、暴力的傾向は徐々に減少すると言えるでようか。勿論人間に関して言えば、未だに暴力的傾向は残っていますし、白人は異民族を暴力で征服してきました。勿論マヤ文明の天体技術は白人のそれよりもはるかに上回っていたのも事実だと思いますが。

生物学、科学等に詳しい方を含め、様々な意見を拝聴したいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

地球外知的生命体が存在し、彼らの文明が我々のそれよりも発達しており、仮に恒星間航行をできる宇宙船を開発できるような科学力をも保有している場合、彼らの存在は地球人に脅威となり得ると思いますか。

私たちは未知の存在に対し好奇心を抱きますが、同時に恐れを感じます。
例えば、SF映画全般で描かれる宇宙人は化け物として描かれています。
美しく描かれることは稀だと思います。

人類は文明の発達のために科学を発見しました。

しかしそれは我々の生活を豊かにするだけではなく、恐ろしい兵器をも生み...続きを読む

Aベストアンサー

御質問拝見させて頂きました。なかなか知的でおもしろそうな論点ですね。

さて、この手の議論を進めていく上で有用だと思われる書物といえばやはり・・、
H・Gウェルズの「宇宙戦争」でしょう。
恐らくはご存知かと思います。

同作の中では、まさに質問者さんがご指摘の
「高度に文明化した地球外知的生命体」が地球に侵行してきて、質問者さんの主張とは全く正反対の行為を繰り広げています。
なので「宇宙戦争」のシナリオが主張する内容(高度に文明化した地球外知的生命体は地球上の人間を<家畜化>しようとするであろう)をそのまま引用するとすれば、質問者さんの主張は、
<否>である、と言う事になります・・。

結局のところ、我々人類にしても、<高度に文明化>していると言う割には、「他の生命体(つまりは動物や自然環境)にとっての脅威」になってしまっている訳ですから。
立場は違えど、「宇宙戦争」に出てくるエイリアン達と、その点に置いては大差ないと思われます・・。

しかし、「宇宙戦争」のエイリアン達が何故
<滅びの結末を迎えてしまったのか>と言う点に注目してみると、それは「宇宙戦争」のエイリアン達が地球の環境に
<順応>
出来無かったからなのです。

適者生存、とはよく言ったものですが、私が思うのは、高度に文明化した地球外知的生命体が地球に攻めてくるのであれ無いのであれ、一番重要になってくるのは、たとえ何が起きたとしても、その事態や状態に
<順応していく>事だと思うのです。

何かの本で読んだ記憶でうろ覚えなのですが、
「最も強いものとは、決して敗北しないものの事ではなく、変化を受け入れることの出来るものである」
と言う言葉があります。
・・ですから私は、たとえ地球外知的生命体が地球に侵行してきたとしても、我々自身が
「変化を受け入れることのできる<勇気>」を忘れさえしなければ大丈夫だと思うのです・・・。

質問者さんの提示された論点とはズレてしまっているかもしれませんが、これが、御質問を拝見させて頂いた限りでの、私の率直な意見です・・。

などと最もらしい主張を繰り広げてしまいましたが、実は私は、学者でも専門家でもないただの素人です。

ですが、もしそんな私の意見でもよろしければ、
「質問者さん御自身が変化していくための」

・・・参考にしていただければ幸いです。

以上でした。

御質問拝見させて頂きました。なかなか知的でおもしろそうな論点ですね。

さて、この手の議論を進めていく上で有用だと思われる書物といえばやはり・・、
H・Gウェルズの「宇宙戦争」でしょう。
恐らくはご存知かと思います。

同作の中では、まさに質問者さんがご指摘の
「高度に文明化した地球外知的生命体」が地球に侵行してきて、質問者さんの主張とは全く正反対の行為を繰り広げています。
なので「宇宙戦争」のシナリオが主張する内容(高度に文明化した地球外知的生命体は地球上の人間を<家畜化>し...続きを読む

QQの部分環は体かPIDであることを示せ

表題の通りです。
「Q(有理数体)の部分環は体かPIDであることを示せ」という問題です。

まず、Qの部分環が体ならばそれはQでなくてはならないので、以下QのQでない部分環Rを考えます。
次に、Rの中に絶対値が最小な元aがあればRはZ上aで生成されるPIDとなります。
ですが、Rの中に絶対値最小な元が無い場合の証明が分かりません。
どなたか分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Rを質問に書いてある通りとし,IをRの(0)でない
イデアルとして,Iが単項イデアルとなることを示します.
((0)が単項イデアルなのは明らか)

Iに入っている正の整数(普通のいみでの整数です)で最小のものを
aとします.このときaR⊆Iです.

一方,Iの任意の0でない元b/cをとります.
(b,cは互いに素な整数でb>0とします.)
するとまず,b=c(b/c)はIに入る正の整数です.
b=aq+r (qは0以上の整数,rは0以上a未満の整数)と
割り算して考えるとrがIに入ることからr=0,よってb=aqとなります.

次にb,cは互いに素なのでbx+cy=1となる整数x,yが存在します.
このとき(b/c)x+y=1/cで左辺はRの元なので右辺もそうです.
従ってb/c = (1/c)b = (1/c)qa ∈ Raとなります.
また0∈Raは明らかなので
I⊆Ra. よってI=Raとなり,Iが単項であることが言えます.

Q世界初の大規模な地球外生命体の観測が行われるみたいですが

どうなるか楽しみですね。
その時アメリカが宇宙人の接触について好評するのではとも言われていますが、そうだったら凄くうれしいですね。

宇宙人の科学力なら、直ぐがんも治るし、不老長寿、ロボットに任せて働かなくても良くなる理想郷になるだろうし。

でももうすでに接触していた以外特に期待はしてないんですよねー
万一見つかっても遥か彼方だろうし…

みなさんこの実験に期待しているものはありますか?

Aベストアンサー

「宇宙の小石」や「銀河ヒッチハイクガイド」という本を読まれたことをありますか?
過去、この手の話を描いたSF作品は多数あります。
その中で、もっとも悲観的に描いたのが、この2作品(前はシリアス、後はギャグですが)です。

それと、私が知っている限り、この手の大規模な観測は3回目じゃないかな。そのうち1回は、地球規模で通信や灯を消しての観測だったですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報