「廣」は旧字体、「広」が常用漢字と覚えているのですが、マだれの中に「黄」を書く文字は、どういう位置付けなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

3字は相互に異体関係にあります。



参考画像左から
「廣」=正字(旧字体)。
「广+黄」=俗字1。現在の位置づけは俗字のまま。
「広」=もと俗字2。当用漢字新字体に採用。常用漢字もこれを踏襲。
「[廣]という字」の回答画像3

この回答への補足

ご回答有難うございました。
上段と下段の違いは何でしょうか?
(上段:明朝体 下段:楷書体?)

補足日時:2011/04/29 01:42
    • good
    • 0

No.4です。

印刷文字とあるのは、明朝体などの書体を指します。

この回答への補足

IMEでやってみてください。
楷書体も明朝体も(同じ)、漢数字の「廿」を使った文字しか出せません。

補足日時:2011/05/01 22:18
    • good
    • 0

「廣」は印刷文字の旧字体、「广+黄」は楷書の旧字体です。

この回答への補足

「印刷文字」というのは何ですか?
「明朝体」のことですか?
IMEの「楷書体」では、明朝体と同じ「廣」の字が出るのですが・・・?

補足日時:2011/04/29 01:30
    • good
    • 1

「廣」は旧字(正字)


「広」は新字(常用漢字)
「广+黄」は異体字

でしょう。

「廣」自体を「广+黄」と思っている人も、結構いるんじゃないでしょうか。
実際は「黄」ではないんですけれど、そこまで細かく見ている人って案外少ないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/29 01:34

こんにちは。



「広の旧字体」以外には「人名用漢字」という位置付けもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/29 01:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「呪」などの漢字が、人名用常用漢字に復活した意味

 人の名前にはそぐわないとして、かつて人名用漢字候補から外された「呪」「怨」「尻」など34の漢字が、先日、改定常用漢字表で復活しました。
 この復活に、何か意味があるのでしょうか?誰も得しないどころか、子供が縁起の悪い名前を付けられる被害者になりかねません。復活した理由を知っている人は、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現代において使う頻度の高いものだと判断されたからでしょう。

どうせ前までの常用漢字だって縁起の悪い名前なんかいくらでも付けられましたからね。
悪魔ちゃん騒動とか知ってます?


常用漢字であっても著しく子供の福祉に反する名前は不受理されることがあります。

大人になれば改名も出来ますし、
常用漢字は「人名前提」で作るものではありません。

Q「ん」の発音は5種類[n],[m],[ng],[N]と鼻音化した[n]

日本語「ん」の発音は5種類[n],[m],[ng],[N]と母音にはさまれて、鼻音化した [n] と聞きました。[N] とはどんな音か教えて下さい。いろいろ調べましたが、手持ちの本、インターネット検索では見付けられませんでした。

Aベストアンサー

なぜか IPA のハンドブック (2003年初版) を持っていたりするのですが, そこには
「シラブリックな /N/ の発音は千差万別」
と書かれています.
単独だと #1 に書かれているように口蓋垂鼻音ですが, 母音にはさまれたり次に h が来たりすると前の母音を鼻母音化しますし, その他の場合には次に来る子音と同器官音になる (/Nn/ → /nn/, /Nm/ → /mm/ など) ということです. 次に /n^j/ (/n/の軟子音) がくると /N/ もそれになります.
ついでにいうと, 次に /r/ (本当は違うけど) が来る場合には, /N/, /r/ も微妙に音が変化します.

Q常用漢字の見直しの意義は何ですか。

常用漢字の見直しが有りました。PCでの変換文字に有る普段使えない漢字が使えるようになったとマスコミは言っていますが、今まで法令では普通使えない常用漢字でも新聞や雑誌などには使われていました。新聞、雑誌が常用漢字でない漢字を使っていたのが、今回の見直しで、今まで常用漢字でなかった漢字が大っぴらに使えるようになっただけの事ですか。

Aベストアンサー

 本来、常用漢字と言うのは、目安みたいなもので、他の漢字を使ってはいけないと言う訳ではありませんでした。ただ、公文書などにムツカシイ漢字を使われると色々面倒なことが起きます。たとえば、「長島」さんと「長嶋」さんが同一人物かどうかなど、混乱が起きるので、制限を加えました。
 ただ、これは官僚の都合で、昭和のころにあった「なんでも規制」の関係で、例えば生まれた子どもの名前にまできびしい制限を加えてきました。しかし、最近の世界的な脱官僚主義の流れで、規制しかしない役人はいらないと言う風になって、最近のようにこれまで外字だったようなものも使えるようになってきました。
 ですから、これからもこういった規制を外していくことが、いまの閉塞感を脱するきっかけになると考えています。

Q日本の漢字の簡略化について(旧字体・新字体)

中国大陸が漢字を簡略化するときには「点や線のわずかな省略」、「同音の簡潔な漢字で代替」、「行、草書体からの借用」など
いくつか決まった方法がありましたが、日本の漢字を簡略化するときにはこういった具体的な方法はあったのでしょうか?
また、日本が漢字を簡略化したのはいつのことですか?
漢字の簡略化は日本が先で中国がそれを参考にしたのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本では1950年代に切り替えが進んだようですね。
下記URLに割と詳しく載っていました

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%AD%97%E4%BD%93

Q常用漢字について

くだらない質問で申し訳ございません。
常用漢字ってありますよね。そのうちの教育漢字は
小学の学年毎に配当漢字が決められています。しかし、それ以外の常用漢字についいては どうなっているのでしょうか? 一応 漢字検定では5級で全ての教育漢字が範囲になっていて、4級、3級、準2級毎にそれ以外の常用漢字の配当漢字が決まっていて、準2級で全ての常用漢字から出題されますね。しかし、中学の学年別で習う漢字とも一致しないし、中卒で準2級は少し難しい気もします。
それから常用漢字の矛盾も少し感じます。「璽」のような歴史の教科書にしか出てこないような漢字が常用漢字かと思えば「璧」のようなよく使う漢字が常用漢字外です。
質問の意図がはっきりしないかもしれませんが、お気付きの点がありましたら回答お願いします。ご不明な
点は回答でお聞きくだされば、補足要求いたしますので 再度回答戴ければ幸いです。それでは、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学校の配当漢字は,文部省(現・文部科学省)の「学習指導要領」に定められていますが,中学以降は特に学年ごとの配当はしていません。
したがって,「中学の学年別で習う漢字」は,教科書によって異なります。

指導要領の規定は次のようになっています。
----------
中1国語:
ア 小学校学習指導要領第2章第1節国語の学年別漢字配当表(以下「学年別漢字配当表」という。)に示されている漢字に加え,その他の常用漢字のうち250字程度から300字程度までの漢字を読むこと。
イ 学年別漢字配当表の漢字のうち900字程度の漢字を書き,文や文章の中で使うこと。

中2国語
ア 第1学年までに学習した常用漢字に加え,その他の常用漢字のうち300字程度から350字程度までの漢字を読むこと。
イ 学年別漢字配当表の漢字のうち 950字程度の漢字を書き,文や文章の中で使うこと。

中3国語
ア 第2学年までに学習した常用漢字に加え,その他の常用漢字の大体を読むこと。
イ 学年別漢字配当表に示されている漢字を書き,文や文章の中で使うこと。

高校 国語表現I,国語表現II
指導に当たっては,常用漢字の読みに慣れ,主な常用漢字が書けるようにするよう留意する。

高校 国語総合
常用漢字の読みに慣れ,主な常用漢字が書けるようになること。
----------
そんなわけで,出版社によって,教科書に取り上げられている教材が異なるため,学年ごとに登場する漢字も違ってきます。
ただ,漢字そのものについて学ぶ単元などを設けて,作品の中には出てこない漢字の学習などを補う形で,常用漢字に一通り触れるよう工夫はしています。

「璽」が常用漢字に含まれている理由は,日本国憲法の冒頭にある公布文に登場するから,と言われています。
常用漢字表の前身である当用漢字表が定められるにあたって,日本国憲法に含まれている漢字は一通り入れるようにしたという話です。

「朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
  御 名 御 璽
   昭和二十一年十一月三日」

これが公布文です。
ただ,「諮詢」の「詢」(ジュン,はかる)は当用/常用漢字にはなぜか含まれませんでした。(人名用漢字には含まれています)
担当者が見落としたのか,あるいは,そもそも「憲法の漢字は全部」という説が間違いだとか,あるいは完全な間違いではないにしても「憲法の漢字はなるべく」
程度の大まかなものだったのかもしれません。
「繭」が当用漢字に入ったのは,当時と現在との産業構造の違いを反映しているものといえましょう。

ただ,「璧」のようなよく使う漢字が常用漢字外,という指摘はよく言われるところです。
最近よく見かけるようになった「拉致」の「拉」も表外字です。
やはり,2000字弱という数字がちょっと少なめなのではないかと思います。
2500~3000字ぐらいあれば,まあまあというラインではないでしょうか。
(昔,『広辞苑』が巻末に,当用漢字とは関係なく,日常わりと使う漢字の表,みたいなのを載せていましたが,たしか2800字程度でした。)

また,人名・地名によく使われる漢字でも当用/常用漢字表に入っていないものが多々ありますが(埼玉の「埼」,栃木の「栃」など),これは当初,固有名詞の漢字については,これを限定してしまうと影響が大きいので「別に考える」として,当用漢字の選定にあたって「考慮外」となっていたためです。

こんなところで,回答になっているでしょうか。
もし補足が必要でしたらお願いします。

小学校の配当漢字は,文部省(現・文部科学省)の「学習指導要領」に定められていますが,中学以降は特に学年ごとの配当はしていません。
したがって,「中学の学年別で習う漢字」は,教科書によって異なります。

指導要領の規定は次のようになっています。
----------
中1国語:
ア 小学校学習指導要領第2章第1節国語の学年別漢字配当表(以下「学年別漢字配当表」という。)に示されている漢字に加え,その他の常用漢字のうち250字程度から300字程度までの漢字を読むこと。
イ 学年別漢字...続きを読む

Q語彙増やしたいんですが常用漢字辞典とかありますか?携帯アプリとかオススメのやつ 皆が使ってる常用漢字

語彙増やしたいんですが常用漢字辞典とかありますか?携帯アプリとかオススメのやつ
皆が使ってる常用漢字アプリとかサイト教えてください。
らのべとか読んでメモってたりしてるんですがすぐ忘れて、記憶力が悪いです。

Aベストアンサー

ラノベぃっぱぃ読んだけどぉ語彙ふぇなかったぁ。

Q漢字の筆順 常用漢字以外にも筆順はあるのでしょうか?

常用漢字の筆順は色々な辞書に載っていますが、常用漢字以外の漢字には筆順があるのでしょうか?

また、漢字検定1級の6000字全ての筆順を網羅するような書籍はあるでしょうか?

Aベストアンサー

書籍ではありませんが、参考URLは筆順のサイトです。
現在3300字ほど収録されているようですが、「漢字一覧」や「漢字の検索」で文字を確定すると、その筆順がアニメーションで繰り返し表示されます。

参考URL:http://kakijun.main.jp/

Q『私は[名詞]が[動詞]』は正しいですか?

「私はりんご "が" 貰える」とか
「私は跳び箱 "が" 飛べる」とかいう言い方は、正しいですか?

今日書類を作っていて、ふと疑問に思いました。
"を" だと正しいような気がするのですが、
"が" の方が、聞いていて心地よいのです。

Aベストアンサー

私が使っている辞書によると、「が」は
感情や可能の対象を示すのに使うみたいです。
〔例〕(辞書からの転載ではありません)
・私はりんごが好きだ(感情の対象)
・私は跳び箱が跳べる(可能の対象)
こういうときには「を」よりも
「が」のほうが一般的だそうです。

ということですので、質問の例文は
正しいのではないでしょうか。

Q「いい加減」の「加減」って常用漢字ですか?

タイトル通り…

「いい加減に…!」の「加減」って常用漢字に入りますか?

常用漢字を使って答えなさいというような問題があって、どう調べてもわからなくて困っています(´;ω;`)ウッ…

わかってる方はぜひ答えてください!お願いします!

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<「いい加減に…!」の「加減」って常用漢字に入りますか?>

はいります。


ご質問2:
<どう調べてもわからなくて>

1.常用漢字かどうかを調べる一番簡単な方法は、辞書をひくことです。

2.どの家庭にも1冊は国語辞典があると思いますから、辞書で引いてみて、何の記号もなく記載されていれば「常用漢字」=「当用漢字」ということになります。

3.常用漢字でない漢字や熟語も辞書に載っていますが、その場合は右上に「x」マークなど、何らかの記号で区別されています。

4.ご質問の「加減」は、何の記号もなく辞書に載っているので「常用漢字」と判断できるのです。

以上ご参考までに。

Q形容動詞の連用形[~に][~なり]の使い方が分かりません。

形容動詞の連用形[~に][~なり]の使い方が分かりません。

古文で「あはれに」と使われている場面があれば「あはれなり」と使われている場面がありました。
これは、どのようにして使い分けられてるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>>どのようにして使い分けられてるのでしょうか?

 「あはれに」= 形容動詞の連用形 (現代語の「あわれに」に相当し副詞として使われる。)

 「あはれなり」= 形容動詞の語幹 + 助動詞 「なり」の終止形(現代語の「あわれだ」に相当し、文の終わりに使われる。)


 実例がないので、一般的な使い分けですが、外れていたらお許しください。