勉強をしていて、カットオフ周波数(サンプリング周波数も出てきましたが、これはわかりました。)という用語が出てきました。
色々と調べているのですが見つかりません。探し方が甘いのかもしれませんが、自分でも調査中です。どなたか教えていただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 サンプリング定理の関連でしょ。



 ナイキスト周波数より高い周波成分の
信号をサンプリングすると、えーと
何とかノイズというのになってしまうんで
予めナイキスト周波数より低い周波数の
信号のみ通すフィルタ(ローパスフィルター)
で高い周波数成分をカットするんです。
 このカットする境の周波数をカットオフ
周波数といいます。
カットオフ周波数=ナイキスト周波数=サンプリング周波数の1/2というような表現がどこかに載っていると
思います。

 シャノンの情報定理関連ですね。
情報理論かデジタルサンプリングといった
本を読めれているのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕の違う質問にも回答していただいています。今回も回答いただきありがとうございます。

お礼日時:2003/10/14 21:06

フィルタ回路というのをご存知と思いますが、必要な周波数範囲の電力のみを取り出す回路のことで、これをフィルタ回路と呼んでいますね。

ここで必要外の周波数範囲を「阻止域」と呼んでおり、その境界の周波数を「カットオフ周波数」と呼んでいます。そこで具体的にハイパスフィルタについて考えてみまましょう。これは低周波域をカットするフィルタです。等価回路は下図のようになります。
  --->I
In >---[C]---+----> Out
Vin     |  Vout
       [R]
       |
       ---
       ///
そこでこのフィルタのカットオフ周波数を求めてみます。コンデンサのインピーダンスをXcとすると、等価回路の計算から(←これはご自分でTRYしてださい)
Vout/Vin=R/sqrt(R^2+Xc^2)=1/sqrt{1+(1/2ΠfCR)^2} (3)
となります。、
さて、電気信号の入出力比率はdB単位(対数)で表されますが、具体的に入出力電圧比を表すdB計算式は
G=20log(Vout/Vin)   (4)
と定義されます。カットオフ周波数は(4)で表した「入出力電圧比Gが1/2になる周波数」と定義されますから、そのようになる(Vout/Vin)を求めると
Vout/Vin=√2  (5)
となります。(3)と(5)より
1/√{1+(1/2ΠfCR)^2}=√2  (6)
これから
2ΠfCR=1  (7)
となり、(7)を満たす周波数はカットオフ周波数となりますら
fc=1/2ΠCR  (8)
が求まります。
少しごたごた書きすぎた(笑い)。ご自分で整理してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図と式で丁寧な回答ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/14 21:03

>その周波数以降をカットするというこでしたが、ある周波数以降はカットしてしまうということですか?それとも、ある周波数だけカットしてしまうというこですか?



カットオフフィルタは、ある周波数以降の周波数成分をカットする。
あるいは、ある周波数以下の周波数成分をカットする目的で使います。

カットオフ周波数=ある周波数 ではありません。

参考URL:http://www.digitalfilter.com/jpclassosf1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の回答までいただき、ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/14 21:01

フィルタのカットオフ周波数のことでしょうか?ググれはすぐに出てきます。

参考URLをご覧下さい(分かりやすいとか、お勧めということではなく、最初に見つかったサイトです)。

ご質問の内容からお答えできるのはそれだけです。サンプリング周波数とセットで出てきたのであれば、オーディオ(アンプ)絡みなんでしょうかねぇ?

参考URL:http://www.signal.ics.tut.ac.jp/~dspcai/mtanaka/ …

この回答への補足

オーディオ絡みではないと思います。他にナイキスト周波数、空間周波数などが出てきます。自分はフーリエ解析などの本で探しています。質問内容が具体的でなくて、ごめんなさい。

補足日時:2003/10/08 16:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。教えていただいたURLでだいたい把握できました。

お礼日時:2003/10/08 16:39

カットオフ周波数とは、その周波数以降をカットすると言うことです。



音楽CDの場合、20KHzがカットオフ周波数です。

この回答への補足

その周波数以降をカットするというこでしたが、ある周波数以降はカットしてしまうということですか?それとも、ある周波数だけカットしてしまうというこですか?
理解力がなくて、ごめんなさい。

補足日時:2003/10/08 16:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/08 16:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカットオフ周波数について

カットオフ周波数について質問があります。
例えば、カットオフ周波数が1MHzの1次のLPFがあったとき、もし1MHzの信号を送信したとき信号は1/√2に減衰すると思います。
しかし、この信号がパルス信号だとしたらどうなるのでしょうか?
もし、周波数1MHzのパルス信号のデューティ比が50%だとした場合、パルス幅は500nsとなります。
以下のURLを参考にして500nsのパルスが通過できるカットオフ周波数を計算したところ約700kHzとなりました。

http://www.analib.com/blog/calculator/rise-time/

つまり、カットオフ周波数1MHzのLPFならば周波数1MHzのパルス信号は減衰はほとんどなく通過できるということになります。
おそらく私が何か変な勘違いをしていると思うのですが、どなたかこの質問に回答できる方いらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

周波数1MHzのパルス信号は高次の成分が減衰しますので原型を保てず通過できません。

周波数1MHzのパルス信号の周波数成分を考えると、DCから1MHzのn次高調波の高次成分が含まれたのがパルス信号ですので、700KHzで3dB減衰して-6dB/OCTでパルス波形は減衰しますので立ち上がり・下がりの傾斜が減衰し鈍った波形で出力されます。
少なくとも5次・7次程度までは通過させないとパルス波形の原型を保てない鈍った波形になります。

Qサンプリング速度3msecの周波数の計算

 お世話になります。
現在耐圧検査器を製作しようとしておりますが、3m/secのデバイスを使用した場合周波数は何Hzになるのでしょうか?
詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

>耐圧検査器を製作しようとしております
この装置がどんなものか良くは存じ上げませんが、圧力を試料にかけて時間的に変化する波形をデジタル化して処理されるような場合、波形を正確に読み取り処理するためはサンプリング速度Tsとサンプリングされる時間信号に含まれる最高周波数foの間の関係はシャノンの標本化定理(サンプリング定理)により、結び付けられています。

アナログ信号(周波数帯域0~fo[Hz])の標本化(サンプリング)するサンプリング周期Tsは、標本化定理によれば、Ts=1/(2fo)です。

Ts=3[ms]とすれば、fo=1/(2Ts)=1/(2*0.003)=1000/6≒166.7[Hz]ですが、これは理論的な上限ですから現実の装置では90%程度の150[Hz]位と考えられた法がいいですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

QBPFでHPFよりLPFのカットオフ周波数を大きくしなければいけない理由

BPFでHPFよりLPFのカットオフ周波数を大きくしなければいけない理由がいまいちわからないのでわかる方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

BPFはLPFとHPFの合成(従続接続)と考えられます。

LPFのカットオフ周波数をf1、HPFのカットオフ周波数をf2とします。

まずLPFでf1以上の信号が遮断されます。
次にHPFでf2以下の信号が遮断されます。

これにより、f2以上f1以下の信号のみ通過するBPFが実現できます。
もし、f2よりもf1が大きくなければ通過域は無くなり、フィルタとして機能しません。

周波数応答の略図を書いてみると理解しやすいと思います

Q高速フーリエ変換 サンプリング周波数

高速フーリエ変換はQ=2とQ=4で2^degと4^degしか使えないじゃないですか、この場合横軸44100Hzぴったりで変換させるにはどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

何か勘違いしてないかな?

「サンプル数」と「サンプリング周波数」とは, 直接関係するわけじゃないよ.

Qローパスフィルタのカットオフ周波数と次数について

ローパスフィルタにおいて、カットオフ周波数や次数を大きくしたり小さくしたらどのような結果になるのか(メリットとデメリット)を教えていただきたい

Aベストアンサー

ごく一般的な話でよければ;

・カットオフ周波数を大きくした場合
 必要のない成分が信号として出てくる
・カットオフ周波数を小さくした場合
 必要な成分が出てこないかもしれない。

・次数を大きくする
 フィルタとしての性能は向上するが,部品点数(ソフトステップ数)が増える。
 部品の定数ずれにより,所望の効果が期待できない場合がある。
・次数を小さくする
 フィルタとしての性能が低下し,本来は欲しい周波数成分がカットされたり,
 本来は不要な周波数成分が紛れ込んだりする。

Q離散フーリエ変換の周期とサンプリング間隔と周波数

離散フーリエ変換で求まるスペクトルの各点の周波数について質問があります。
離散フーリエ変換で時間軸上の各点(0~T[s]でΔt刻みにN個の点を取った)を周波数軸上の各点に変換したときの周波数の換算式を調べると、
Δf=1/Tとなっていたり、Δf=1/(N*Δt)
となっていました。
意味上はどちらでも良さそうな気がしたのですが、実際に計算してみると両者の式で周波数軸上の各点での周波数がずれていました。
たとえば0秒から0.1秒刻みで10点とると一周期T=0.9秒になるのですが、N*Δtで計算すると一周期1秒になってしまいます。0.9秒しか見ていないのに一秒周期の関数としてフーリエ変換していることになると思いますが、周波数間隔はどちらの式で計算すべきでしょうか?それとも用いるフーリエ変換の式によって異なるのでしょうか?
教えていただければ助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

0~T[s]でΔt刻みにN個の点を取った
の意味ですが、
0からT秒までをΔtの幅で分割します。
分割した区間内のある時刻に計測するわけです。
たとえば、すべての区間で最初に測るときもあれば、
すべての区間で最後に測るときもあるでしょう。
 N回測ったときにかかる時間は、
それぞれの区間で計測した瞬間だけではなく、
各区間の残りの時間を含めて考えるべきです。
 そうしないと、
(N+1)回目の測定は、2*Δt秒間で1回計測することになってしまいます。
均等にするには0.9秒の瞬間に測ったとしても残りの0.1秒をつけた区間の中で1回測ったとして扱いますので、10回測るのに必要な時間は1秒となります。

Q積分回路のカットオフ周波数が

積分回路のカットオフ周波数がf0=1/(2πCR2)となるのはなぜなのでしょうか。わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

回路の周波数応答を計算して図を書けばわかるんですが、
回路のゲイン(利得、Vo/Vi)は周波数によって違って、周波数を横軸、ゲインを縦軸にとってグラフを描くと、
f0=1/(2πCR2)として、f<<f0のときとf>>f0のときでそれぞれ直線に近似できます。
二つの直線を合わせて描くと周波数応答が折れ線のグラフで近似できてその2直線が交わるところがf0=1/(2πCR2)です。
f<<f0のときに比べ、f=f0のときゲインは約3dB低下し、それ以上の周波数になるとゲインはどんどん下がっていきます。

このようにf0=1/(2πCR2)は周波数応答について考えるときにだいたいの目安になる数値なので特別な名前を付けてカットオフ周波数と呼びます。

参考URL:http://luckypool.hp.infoseek.co.jp/S/RC_integrator.html

Q集落サンプリングと層別サンプリングの違い

両者ともランダムにサンプリングして、層に分けることは同じですよね?

集落サンプリング:
大学をいくつか選び、そこからサンプリングすること?
層別サンプリング:
大学内を層別し(学年、学部等)、サンプリングをすること?

これで合っているのでしょうか?
何がどのように違うのか分かりません。
どなたか教えてもらえませんか?

また、どのような時に各々のサンプリング方法が適しているのか、例(例えば、大学などの身近な例)
などを挙げて説明してもらえると助かります。


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

集落サンプリング:おっしゃるとおり
層別サンプリング:(大学内とは限らず)学部別とか
  学年別とか。あるいは国公立と私立とか。
  で,層別してサンプリングする
のことではないかと思います。

Q反転増幅器のカットオフ周波数の求め方

基本的な反転増幅回路における周波数特性が右下がりになる理由を理論的に説明したいのですが、回路にコンデンサが使われていないので、カットオフ周波数が求められなくて困っています。
オペアンプは751です。
右下がりになる理由はカットオフとオペアンプの周波数特性によるものですよね?



   

Aベストアンサー

式が少し違うところがありますが、Fcutは合っています。
V(t)=Asin(2πft)  Aは最大値(片振幅)
dV/dt=2πfAcos(2πft)  t=0のとき、[dV/dt]max=2πfA=SR
よって、f=SR/2πA (あなたの式には2が無い)
SR=0.5[V/μs] A=8[Vp0] とすると、f=0.5/2/3.14/8=0.020[MHz]=20[kHz] (あなたの計算結果と一致)
以上はあなたに従って最初から8Vで計算しましたが、電源電圧(例えば15V)で上限値を求めておくことも必要だと思います。

Q加速度の時系列データからFFT解析を行い周波数に対するパワースペクトルのデータから周波数に対する加速度のデータをへの変換。

加速度の時系列データからFFT解析を行い周波数に対するパワースペクトルのデータを得ました。ここから周波数に対する加速度のデータを得たいのですが、このようなことは可能なのでしょうか。この考えをすること自体間違えかもしれないのですが、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

大学院時代、時系列解析をやっていた者です。

時系列データと周波数データは、フーリエ変換と逆フーリエ変換で互いに写像されるので、周波数データがあれば、元の時系列データを得ることはできます。(無論、ナイキスト周波数の存在や空間の離散化など、数値計算上の問題を除きます)

ただし、ご質問の趣旨が、周波数そのものではなくパワースペクトルのデータのみから時系列データを復元したいということであれば、それはできません。
なぜなら、パワースペクトルは、周波数の強度のみを取り出し位相の情報を捨てているからです。
フーリエ変換というと、どうしてもパワースペクトルを見るために行うもの、というイメージが強いためか、位相の情報も含まれている(従って、本来得られるのは複素数のデータである)ことが忘れられがちですが、位相と振幅の両方が揃っていなければ、波形の情報としては不完全です。

ちなみに、パワースペクトルを逆フーリエ変換して得られるのは、元の時系列データではなく(標本)自己相関関数になります。
(Wiener-Khinchinの定理)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報