私は現在、PHOTOSHOP5.0でホームページを制作しようとしているのですが、
文字を入力後、その文字自体にグラデーションツールでグラデーションをつけようとしても、文字自体の選択ができません。背景のグラデーションはできるのに、文字単体としてのグラデーションは、どうやってするのでしょうか?ご存知の方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

操作的にわかりやすい方法としてひとつ紹介します。


1.文字をうつ
2.文字を打つ際にできたレイヤーをラスタライズする
  (レイヤーメニュー→文字→ラスタライズ)
3.レイヤーパレットの「透明部分の保護」をチェック

これで、そのレイヤーに対する操作は文字だけへの
適応になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

できました!ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/24 23:43

いろいろ方法がありますが、一番原始的なものを一つ



文字マスクツール(破線のTのアイコン)で
文字の形の選択範囲を作り、そこにグラデーションをかけます。

他に、レイヤオプションによる方法、照明効果を使う方法等
幾つもの解決方法があります、非常に多機能なソフトなので
何冊かガイドブックを購入する事をお薦めします
WEBデザイン、ロゴデザイン向けに特化して説明しているものも発売されています
参考URLにも凝ったロゴがたくさん紹介されています

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/hikeda/justne …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HP制作にかなり役立ちそうです!ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/24 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfireworksで制作したデザインをphotoshopで書き出すため

fireworksで制作したデザインをphotoshopで書き出すために

fireworksで制作したデザインデータを、photoshopで書き出すことになりました。
その場合PSD形式で保存をすれば、photoshopで問題なくできるのでしょうか。

初歩的な質問で申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

fireworksはCS3、photoshopは6.0を使用しています。

Aベストアンサー

CS3同士ですが。。

PSDで保存しても、すべてうまくは、読みこめませんでした。一部、PHOTOSHOPエフェクトが引き次がれません。
しかし、fireworksPNGを読み込むと、きれいに読み込めます。

両方のケースでレイヤーは統合されます。

**********

なので、普通にJPEGで最高画質でスライスして、phptpshopに読み込んでも同じかと思います。

WEB用のRBG画像なら、それで問題はないと思います。
(カラーマネジメントまでは、意識していない回答です。)

Q文字サイズ?「160w」とは バナー制作orDTP

横700pxのwebバナー制作を頼まれました。
渡されたラフは右半分に写真、左半分に主題と説明文という構成で、
説明文のところは「150wああああ…」という書かれていました。

打ち合わせの段階で私は、これはwitdh150という意味だと思い、150pxの箱を作って別にもらった説明文のテキストを流し込めば良いと解釈したのですが、いざ制作段階になって、1行の横幅が150pxだと、もらったラフより全然サイズが小さくなることに気づきました。(ラフの文字は左半分を占めているのに、150pxだと全体の1/4程にしかならないためです。)

これは、どういう意味なんでしょうか?

頼まれた人に聞くのが一番なのですが、もしあまりに基本的な事だと恥ずかしいので質問させて頂きます。

Aベストアンサー

WはWordの略で、「150wああああ…」なら説明文のテキストが150文字ってことだと思います。

Qホームページ制作の文字コードで質問なのですが

Shift_JIS、EUC-JP、UTF-8が今現在主流のようですが、いまいちの見込めません。
Shift_JIS・EUC-JP・UTF-8の特徴とデメリットは何なのでしょうか?
またこれらの文字コードを海外から見たときはどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

■SJIS
・メリット
Windowsで標準(メモ帳)で扱える。
・デメリット
日本固有
プログラム(サーバサイドで)を動かす場合に通称「ダメ文字」問題という言われている問題がある。

■EUC-JP
・メリット
SJISのダメ文字問題からプログラム(サーバサイドで)を動かすのには昔は標準的に使われた文字コード。(今は全体的にUTF-8に移行されつつある。)
UNIXで標準的だった文字コード(LinuxなんかはEUC-JPからUTF-8に移行している。)
・デメリット
Windowsで標準(メモ帳)では文字化けを起こす。
日本固有

■UTF-8
・メリット
Windowsで標準(メモ帳)で扱える。
世界で同じ文字コード形態を使えるようにするという試みから生まれた物
・デメリット
他の文字コードでは日本語は2バイトで表現できていたけどUTF-8においては日本語文字列が含まれているの多くは3バイトでデータサイズが1.5倍になる。
文字コードが固定長ではなくて可変長のためデータサイズから文字数を逆算しにくくなる。(プログラムで文字数とバイト数の変換処理など)

■SJIS
・メリット
Windowsで標準(メモ帳)で扱える。
・デメリット
日本固有
プログラム(サーバサイドで)を動かす場合に通称「ダメ文字」問題という言われている問題がある。

■EUC-JP
・メリット
SJISのダメ文字問題からプログラム(サーバサイドで)を動かすのには昔は標準的に使われた文字コード。(今は全体的にUTF-8に移行されつつある。)
UNIXで標準的だった文字コード(LinuxなんかはEUC-JPからUTF-8に移行している。)
・デメリット
Windowsで標準(メモ帳)では文字化けを起こす。
日本固有

■UTF-8
・メリット
W...続きを読む

Q広告制作と雑誌制作

紙媒体を創る仕事に興味があるのですが、広告制作会社と雑誌の編集プロダクションとではどう違うのでしょうか?単に一枚の紙媒体を創るのと、雑誌として創るだけの違いで仕事内容は同じかな?とも思いますが、違うのでしょうか?私はデザイナーではなく、編集やディレクターとして制作に関わりたいのですが、広告と雑誌と迷っています。それぞれの仕事内容、面白さや大変さを教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

雑誌の編集プロダクションは雑誌作りが仕事です。
広告制作会社は紙媒体のほか、CM、PV、プロモーション、イベント活動など多岐に亘ります。
紙媒体に限っては似ていますが、雑誌を作るのと、
広告を作るのではスタッフ及び手法がが大分異なります。

面白いのは広告です。有名人・芸能人とも接する機会があります。
また、大きなお金が動くので楽しいです。
雑誌の編集はファッション誌などでなければ、かなり地味です。

QWEB制作における諸経費と制作費

知人の会社のホームページ制作を依頼されました。
しかし制作に関する技術は一通り持っているのですが、私は仕事として制作するのは初めてで、見積もりで困っています。
知人から「見積書内では制作費、諸経費等に分けて、尚且つ内訳を書いて」と言われました。

しかし私は、ホームページ制作における制作費、諸経費等というものがイマイチわかりません。
また、制作費、諸経費等には具体的に何が含まれているのかも分かりません。

例えば、知人曰く、技術料やコーディング料金は画像加工代1点○○円とか詳細では無く、1ページ画像加工代等を含んで○円という見積もり方で良いとのことですが、提示金額の根拠が欲しいと言っています。
たとえば、1ページ1万円として、その1万円には画像加工代(例えば2000円)や文書作成料などが含まれているのは分かるが、どういう計算の上で1ページ1万円なのか?画像加工代が2000円なのか?を説明して欲しいとのことです。
内訳全てに関して、こういった詳細な説明をして欲しいとのことです。


なお、私が思いつく料金形態といえば、制作費・技術料・人件費・交通費・諸経費程度なのですが、知人が言うには技術料・人件費は制作費に含み、交通費は諸経費に含むらしいです。

制作費・諸経費の相場・内訳、各内訳の相場・算出方法などをご教授願います。
また、万が一、全ての事細かな内訳・算出が不可能な場合はどうすれば良いでしょうか?

私が無知なだけとは思いますが、どなたかご助力願います。

知人の会社のホームページ制作を依頼されました。
しかし制作に関する技術は一通り持っているのですが、私は仕事として制作するのは初めてで、見積もりで困っています。
知人から「見積書内では制作費、諸経費等に分けて、尚且つ内訳を書いて」と言われました。

しかし私は、ホームページ制作における制作費、諸経費等というものがイマイチわかりません。
また、制作費、諸経費等には具体的に何が含まれているのかも分かりません。

例えば、知人曰く、技術料やコーディング料金は画像加工代1点○○円とか...続きを読む

Aベストアンサー

ページいくら、素材一点いくら、そういう見積方も昔はありましたが、
今はそういう所少ないでしょうね。
ANo.1さんのおっしゃる通り、同じ「1ページ」と言っても、
作りこみ具合によってかかる手間はまるで違うからです。
また総ページ数によって単価を高くしたり低くしたりしないと、
やたら安くなったり高くなったりして困ることもあります。

私の場合は、あまりよくないと思っていますが、
単純にかかる日数×1日のギャラで算出してます。
1日のギャラは、1ヵ月にかかる経費を30で割って+αし、
「これぐらいあれば楽だな」という数字にしてます。
実際はそれさえも割り込んでしまう事がありますが、
「これ以下では請けられない」という最低額は設定し、
それを割るようなら最低額で見積ります。
見積書には1ページいくらと明細を出しますが、
あくまでざくっとで、「単価はこの組み合わせの場合のみのものです。
項目に増減があれば単価も変動します」と但し書きをします。
バラバラだと高いがセットだから安くなってますよという事です。
いわばファーストフードのセット料金方式です。

日数の見積は、もう経験で出すしかないですね。
なので初心者には使えない方式なのですが(笑)。

ページいくら、素材一点いくら、そういう見積方も昔はありましたが、
今はそういう所少ないでしょうね。
ANo.1さんのおっしゃる通り、同じ「1ページ」と言っても、
作りこみ具合によってかかる手間はまるで違うからです。
また総ページ数によって単価を高くしたり低くしたりしないと、
やたら安くなったり高くなったりして困ることもあります。

私の場合は、あまりよくないと思っていますが、
単純にかかる日数×1日のギャラで算出してます。
1日のギャラは、1ヵ月にかかる経費を30で割って+αし、
「こ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報