最新閲覧日:

バリスタの資格を将来とりたいと考えております。

主なところでは
日本バリスタ協会の
日本スペシャリティコーヒー協会が認定するコーヒーマイスターと
日本バリスタ協会が認定するJBAバリスタライセンスがありますが
この二つの資格の特徴、違い、優劣などを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

コーヒーマイスターはバリスタというより


コーヒー全般ですね。
スペシャルティコーヒーは基本、
ハンドドリップで楽しむことが多いので
コーヒー専門店を目指す方の取得が多いです。

バリスタライセンスは、まさにバリスタ向け。
試験もマシンでテクニックを見られます。

私は当初、バリスタを目指したので
レベル1は取りましたが、
その後、スペシャルティコーヒーに目覚め
今はハンドドリップのお店を目標にしていますので
バリスタはもう受けないと思います。
(マイスターは今回の試験を受けます)

ただ、どちらにせよ、資格はなくてOKです。
箔ををつけたいならアリですが、
実際に働くには無くても大丈夫です。
まあ開業を視野にいれバリスタ選手権を目指すなら
バリスタ検定はいい練習の場になるでしょう。
合格にはマシンテクニックだけでなく、
提供マナーなども必要になりますので。

あとバリスタとしての味覚を磨くなら
マイスターよりIIAC だと思います。
こちらではよりダイレクトにエスプレッソの
効きコーヒーを勉強しますので。
お高いですけどね(確か30万くらい?)。


ちなみに、マイスターに似た資格として
コーヒーインストラクター検定というのもあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報

カテゴリ