【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

公立の小・中・高の学校の校長先生です

ヒラの先生が出世して教頭→校長といった感じなのか
それとも
教育関連の御偉い様の天下り先なのか

なぜこのような質問をするのかと言いますと
校長先生って人間性的に、あまり立派な人だなぁ~と思う事が無いからです。

A 回答 (3件)

昔は名物先生がいて尊敬というか、魅力ある先生がいました。


今は、周りの空気読んで、出世のチャンスを上手にゲットした人がなります。
 なれない人はやめたりします。
>ヒラの先生が出世して教頭→校長といった感じなのです。
  後は、校長間の取引かな。
   「そっちの学校の○○先生、主任にしてくれないかな。俺の学校の▽▽教頭に出してやるよ。」
  こうして伝手のある者が出世していきます。
  伝手のない者は、何をするか分からないので信用できません。
 
  伝手のある者は、伝手を頼ってお互いに不祥事しないように気をつけます。
 紹介者に恥を欠かせないようにがんばるのです。
  これは日本の役人文化です。 

 時にダメ息子がなる場合があります。
  こんなやつは、新聞に載るようなことをします。
   コネがあれば飲酒運転のもみ消しも行われます。
    最近はかなり難しいようですけどあります。
     コネは口止め命令にも有効です。
 あのことは漏らすな!
   誰も喋れいません。
    口の堅いのが一番の信用です。
     何でも喋る人をラッパと言います。
      信用がありません。
 学校の先生も同じかなと思いました。

この回答への補足

皆さん、素敵な回答ありがとう御座いましたm(_ _)m
正直いって、ベストアンサー決めるの迷いました。
と言う訳でベストアンサー無しの状態で終了させたいと思います。
気持ち的には皆さんにベストアンサーさし上げたい気分です。

補足日時:2011/07/01 22:23
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なんか一言で表現すると
世間からの評価というよりも
仲間内での評価って感じがしました。

要するに役所もそうですが
民の為の行政ではなく省益の為の行政ってパターンと同じような気がしました。

お礼日時:2011/07/01 22:17

基本的には、学校の先生の中から選ばれます。


普通の学校の先生の中から、まず、教頭になるためには、管理職としての試験を受け、合格しなければなりません。そのためには、普通に科目を教えるだけでなく、生徒指導などや、学年主任などのような、特殊な仕事をすることも必要になります。

そして、管理職試験に合格し、教頭となった中から、今度は、校長が選ばれることになります。


ですので、ほとんどの校長は、もともと、この科目が専門だった、というようなものがあります(実際、教える人も中にはいますし)

ただ、最近は、民間人校長、などのような形で、教員経験を持たない、企業の責任者などを外部から引っ張ってきて、好調にする、というケースも起こるようになりましたが。



その校長経験者などが、今度は、教育委員会などに「天下り」することはしばしばあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

管理職の試験って誰がどのように採点するのか非常に気になりましたね
まぁ~仕事が出来る人が上に付くことはけして悪い事ではないですが
その評価の仕方しだいでは、マイナス方向になることもあるかもね

民間の校長だと上手い事行くのかな
経済的な面では能力を発揮すると思いますがね

校長経験者→教育委員会 だったのか
逆でしたんですね(笑)

お礼日時:2011/07/01 22:10

公立学校の先生の大半がコネで採用されます。


その為、教員に向いてない人などが教員になります。
その結果、教員は尊敬できる行動が取れず、回りから尊敬されなくなる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コネの世界かよ
公立って結構いい加減なんだね
やっぱ公務員は駄目だな

お礼日時:2011/07/01 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教師から校長まで 

公立小学校、中学校における、出世のモデルケースを
教えて下さい。
教頭先生はだいたい、何歳くらいでなるのが普通でしょうか。
校長先生ではいかがでしょうか。
また、現在の先生方の定年退職年齢も教えていただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

東京都の場合について、説明します。

教育管理職選考試験を受けます。管理職選考には、A選考とB選考があります。
A選考は年齢33歳以上42歳未満 教職経験7年以上
B選考は年齢44歳以上56歳未満 教職経験14年以上
筆記試験と面接試験があります。
合格者は、A選考は5年間、B選考は2年間の管理職候補機関(研修期間)が
あります。指導主事や学校での主幹(主任)、あるいは都庁などの職場に派
遣されます。
そして、任用審査を受けたあと、晴れて教頭や指導主事(教頭格)になれます。
ですから、最短で38歳で教頭、42歳で校長になれます。校長選考はありま
せん。
以上が、現在の制度です。

私は、教頭試験を受けて42歳で教頭になりましたが、もう一度校長選考を受け
合格しなければ校長にはなれません。

Q校長、教頭先生になるには?

公立の小学、中学、高校の校長、教頭になるのは、どういう過程があるのですか?

Aベストアンサー

公立の小・中・高の教員は、全て都道府県職員ですから、昇進の方法もそれぞれの都道府県によって違います。#1さんがおっしゃる「例外」を除けば、基本的には先生(教諭)が昇格します。

論文を含む試験によって昇進する自治体。この場合は、本人が試験を受けない限り、絶対に校長や教頭にはなれません。また、仮に受けても、落ちる人もそれなりに出ます。どの程度落ちるかは、受験者数(倍率)にもよるので、何とも言えません。

推薦、教育委員会の認定によって、昇進する自治体。こちらですと、本人の意志?とは無関係に上司の推薦や勤務評定によって、自動的に校長・教頭になります。こちらの場合、実質的には推薦や勤務評定ですが、面接など形式的な審査(試験)を付すのが普通です。ですから、校長や教頭になりたくても、推薦が無い限りその試験を受けることが出来ない、もしくは受けても絶対に合格しないのがこちらです。その代わり、受けることが出来ればほぼ確実に合格します。

どちらの制度も一長一短があり、一概にどちらが良いとも言えません。

Q 教職(学校の先生)にある方にお尋ねします。

 40代のサラリーマンですが、以前から疑問に思っておりましたが、学校の先生と言われる方の昇進、昇格についてお尋ねしたいのです。
 我々、会社勤めの人間が社内で自らの地位を上げていくには『会社の業績に貢献する』『目覚しい実績を上げる』『上司に気に入られ、引き立ててもらう』『頭が切れる』『仕事ができる、速い』『人材育成が出来る』等の要素が考えられますが、教員の方たちはどうなのでしょうか?

 保護者の間では先生の評判について色々と言われているそうです。『今年のうちの子の担任の先生はダメな先生に当たったとか』特に母親連が多いとか。

 そんな風評が教育委員会にも入るのかな?とも思えます。

 先生になる→教頭になる→校長になるのステップがありますが、子供二人が中学校の通っており、色んな先生が居られます。

 ベテランの先生でも平教員(失礼)方も居られます。教頭になることなく、定年を迎えられる先生もおられると子供から聞いています。

 毎年、4月初旬、教職員の異動記事が新聞に掲載され、自分がかって習った担任の先生も今は『校長なんだな』と知ることが出来ます。

 では学校の先生の世界で、『平教員で定年を迎える人』『校長まで行く人』と何が違うのでしょうか?
 辞令は教育委員会から出されると聞きます。何を基準に『昇格、昇進を』決められるのか知りたいです。

 先生になられる方は、厳しい競争率を勝ち抜いてこられた方ばかりで優秀な方ばかりだと思います。

 どうすれば校長まで辿り着けるのかもお聞きしたいです。

 40代のサラリーマンですが、以前から疑問に思っておりましたが、学校の先生と言われる方の昇進、昇格についてお尋ねしたいのです。
 我々、会社勤めの人間が社内で自らの地位を上げていくには『会社の業績に貢献する』『目覚しい実績を上げる』『上司に気に入られ、引き立ててもらう』『頭が切れる』『仕事ができる、速い』『人材育成が出来る』等の要素が考えられますが、教員の方たちはどうなのでしょうか?

 保護者の間では先生の評判について色々と言われているそうです。『今年のうちの子の担任の先...続きを読む

Aベストアンサー

この3月まで高校で教員をしていました。今は別の行政機関に勤めています。民間企業からの転職で教員になった者です。

>では学校の先生の世界で、『平教員で定年を迎え
>る人』『校長まで行く人』と何が違うのでしょう
>か?辞令は教育委員会から出されると聞きます。
>何を基準に『昇格、昇進を』決められるのか知り
>たいです。

管理職試験の方法は自治体によって細部が異なりますが、3年前に私が受験した時には筆記試験、論文試験の2種類で、これに業績評価を加えて合否が判断されたとのことです。筆記試験は経営管理や法規あと時事問題など一般教養的な問題です。ごく常識的な内容で特に難しくはありません。

実際、私の場合、試験勉強は試験前日にぱらっと市販のテキストを読んだだけです。他には何もしませんでしたし、仕事が忙しくて(試験は8月上旬だったのですが、土曜も含めほとんど仕事で出勤していたので)そのために試験勉強などしてる暇はありませんでした。

ただ教員時代、自分の仕事には自身を持っていました。管理職による業績評価はトップでしたし、生徒による授業評価でもトップでした。

管理職試験を受けた理由は2つあり、1つ目は残念ながら現在の学校現場では優秀な管理職が少ない、といいますか当時30代だった私の目から見ても「ちょっとこれは」と思う人が管理職になっているケースがままあったからです。

2つ目は、これは私見ですが私は20代には20代の仕事が、30代には30代の仕事があり、それが当然とサラリーマン時代には考えていたからです。

しかし教員になってみて思ったのですが、残念ながら現場の先生方にはそうでない人が多々見られました。若い頃は経験も勉強も不足していて、毎日自転車操業のように教材研究に追われていたのが、いつの間にかベテランになり、余裕ができて手の抜き方も覚え、傍目で見ても「楽をしている」人が決して少なくないように私には見えました。

私は生涯現場に残って教師として勤めたいという生き方を否定する者ではありませんし、そうやって懸命に生徒と向き合っている先生方も多く知っています。

ただ生徒の側から見た場合に、例えば私が教員のまま定年間際になった時に、私がどんなに頑張ったとしても、生徒たちは本音では20代や30代の若くて体力も活力もあり、情熱に燃えている先生たちに教えて欲しいと思うのではないかなとも思います。

ちなみに教頭から校長への昇進ですが、ここでも試験があるのが通常のようですが、私が受けた試験方式では業績評価だけのようですね。

この3月まで高校で教員をしていました。今は別の行政機関に勤めています。民間企業からの転職で教員になった者です。

>では学校の先生の世界で、『平教員で定年を迎え
>る人』『校長まで行く人』と何が違うのでしょう
>か?辞令は教育委員会から出されると聞きます。
>何を基準に『昇格、昇進を』決められるのか知り
>たいです。

管理職試験の方法は自治体によって細部が異なりますが、3年前に私が受験した時には筆記試験、論文試験の2種類で、これに業績評価を加えて合否が判断されたとのことです。...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q教師の左遷ってあるんですか?

私の兄は関東地方の小学校で3年間教師をしておりましたが、今回の人事異動で教育委員会のとある部署に異動になりました。全く教育とは関係ない仕事内容のところだそうです。校長先生が異動を兄に決めたそうです。あまり学校の先生が先生でなくなるという話は聞いたことありませんし、何となく元気がなく心配です。2,3年したら教師職に戻れるといっておりましたが・・・どうなんでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

二通りあります。ひとつは、指導力がないと認められた場合、事務職に配置転換する、というものです。もう一つは、ご栄転です。教員を管理する上の部署に行って行政を学ぶというものです。どちらも、生徒と関わるのが好きな方や、教科指導に燃えている方にとっては寂しいし、苦痛に思えるでしょうね。お兄さんはそれで元気がないのではないでしょうか。ちなみに、左遷はあります。大学院に行く、とか研修センター行きも先のような二通りあります。あるいは、管理職でもないのに遠隔地に行くなどです。または、養護学校に行かされるとか。さらに他の方法は校内の人事でいじめれるなど。自分からやめろ、という意味です。新潟県の場合は古い体質があって、ご栄転コースの方は学閥(ときわ・公孫・新陽など)に属して暗黙のうちに出世が約束されている場合が多いようです。そういう体質がいやで、教員採用試験を関東地方にする人が多くいます。その辺の事情が分かれば異動の本当の理由も分かるでしょう。学閥やコネなど教員の世界にも不透明な部分が結構多いのですよ。

Q教師の苦情はどこに言えばいいのでしょうか

カテゴリが違ってましたらすみません。
教師の苦情はどこに言えばいいのか分からず、困っております。

状況なのですが、妹が部活動顧問の教師に苛められ続けています。
事の発端は、部活動準備室に置いていた書類が何かなっていた事から始まりました。(何故かここを教師は詳しく教えてくれませんでした。書類の順番が変わってただけとも聞きましたが。)
その日に妹が準備室に部品を置くため出入りをしていたことから妹は犯人扱いされ、その日は泣きながら帰ってきました。
妹が言うには他に先輩が入るのを見たが先輩は何も言ってくれず先生に何を言っても聞いてくれなかったそうです。
その後暴言を言われ続けたそうで6時の帰宅がその日は8時過ぎでした。

親が学校に電話をし顧問の先生と話したのですが、学校に出向いて来いと言われたため校長先生を含め三人で話をし、校長先生が「(教師を)指導しておきます」と言って下さったのでそこで帰ってきたそうです。

あれから1ヶ月以上経ち、また妹が泣きながら帰ってきたので話を聞くと、部活中は正座させられ、妹と口を利いたらいけないと先生が命令しているためシカト状態だったそうです。部活外でも苛められ始めたそうです。

長くなりましたがこういう状況なので苦情を言いたいと思ったのですが、ドラマでよくあるように教育委員会に言えばいいのでしょうか。
また、苦情を伝える方法は手紙でしょうか。
ご存知の方どうか宜しくお願いします。
苦情の体験談もありましたら是非お願いします。

ちなみに、その先生には校長先生も何も言えなかったそうです。恐い方なので言いにくいとの事でした。
確かに性格はきつい方だという印象を持ちましたがこういう学校体制にも問題はありますよね。
それともこれはよくある話でしょうか。

カテゴリが違ってましたらすみません。
教師の苦情はどこに言えばいいのか分からず、困っております。

状況なのですが、妹が部活動顧問の教師に苛められ続けています。
事の発端は、部活動準備室に置いていた書類が何かなっていた事から始まりました。(何故かここを教師は詳しく教えてくれませんでした。書類の順番が変わってただけとも聞きましたが。)
その日に妹が準備室に部品を置くため出入りをしていたことから妹は犯人扱いされ、その日は泣きながら帰ってきました。
妹が言うには他に先輩が入るの...続きを読む

Aベストアンサー

うちの姉(小学校教諭・担任)の場合ですと、生徒の親が校長に文句を言うと、教頭に指示が出て、教頭・学年主任・担任が3者会談で善後策を話し合って、学年主任と担任がご父兄のお宅にお詫びに行きます。
ご父兄が納得し、問題解決すれば教頭に報告し、教頭が校長に伝えます。
教育委員会に持ち込まれた苦情も、大体この経路でいきます。
問題をはっきりさせるため、校長に再度強く改善を求め、前回の話し合いはどうしたか聞いてみたらいかがでしょうか。
先回は

>「(教師を)指導しておきます」

と明言した訳ですから、その後校長は顧問にどう伝え、顧問はそれに関してどういう改善を行ったか。
校長が問題があるのに顧問を指導しないのは、管理責任を負う者として失格ですから、ここで初めて教育委員会に実情を訴え、教育委員会から報告をしてもらうというのがよいでしょう。
クレームの為のクレームではないのですから、第三者がなるほどと思うような流れを示すことが肝心で、それでも改善がなければ、場合によっては、地域選出の地方議員に相談してもよいかも知れません。
地域に依っては日教組の力が強く、校長と現場教師が対立してる県もあるとは聞きますが、それとこれとは別問題ですから、校長も具体策を示すべきです。

うちの姉(小学校教諭・担任)の場合ですと、生徒の親が校長に文句を言うと、教頭に指示が出て、教頭・学年主任・担任が3者会談で善後策を話し合って、学年主任と担任がご父兄のお宅にお詫びに行きます。
ご父兄が納得し、問題解決すれば教頭に報告し、教頭が校長に伝えます。
教育委員会に持ち込まれた苦情も、大体この経路でいきます。
問題をはっきりさせるため、校長に再度強く改善を求め、前回の話し合いはどうしたか聞いてみたらいかがでしょうか。
先回は

>「(教師を)指導しておきます」

と明...続きを読む

Q校長先生って何やってますか?

小中高の校長先生は、具体的にどんなお仕事をなさっているのですか?というか、事件が起こったときなど頭を下げる以外に、大切な仕事ってしてるのでしょうか。それともただの飾りで、いなくても何の弊害もない役職なのでしょうか。

Aベストアンサー

いやぁ、よくはわからないけど、うちの高校の校長さん忙しそうだよ。

基本的には、校長は対外的な仕事を受け持つイメージかな。だから、校内で勤務するのはその業務の一部。何というか、地域社会で学校教育が担う役割を政治的な部分で支えるみたいな。

だから、たとえば、地域の中で、ある校長は生徒指導の窓口になって、問題行動やら治安やらの情報交換や対策を担当して教育界や地域と連携したり、ある校長はその地域の教務的な業務を集約担当し、ある校長は、進路指導やら保健厚生やらPTA関連やら・・・

ある地域で学校の統廃合があれば、地域の役所や行政関連の中で調整に動き回ったり、一方で同窓会との連携で行動したり。

うまく説明できないし、自分も校長ではないけど、校長は第一に、自分の勤務校をどういうイメージにしたいかを決定して、それを実現するための教員や事務職さんの旗頭になります。

プラスして、その県や市町村の中で、児童生徒を巡る環境を整備して健全な青少年を育成したり、将来的な進路を確保したり、はたまた地域社会の中での学校開放やらボランティアやら社会教育なんかを担当することかな。

その実行部隊が教頭を中心とした教員集団や事務職集団かもね。

どなたか、校長さんから回答があると、良いですね。

いやぁ、よくはわからないけど、うちの高校の校長さん忙しそうだよ。

基本的には、校長は対外的な仕事を受け持つイメージかな。だから、校内で勤務するのはその業務の一部。何というか、地域社会で学校教育が担う役割を政治的な部分で支えるみたいな。

だから、たとえば、地域の中で、ある校長は生徒指導の窓口になって、問題行動やら治安やらの情報交換や対策を担当して教育界や地域と連携したり、ある校長はその地域の教務的な業務を集約担当し、ある校長は、進路指導やら保健厚生やらPTA関連やら・・...続きを読む

Q転勤にならない先生の評価

小学校の中には
1年で転勤になる先生。10年位同じ学校にいる先生。ずっと 教務主任の肩書きの先生。
すぐに副校長、校長と出世?する先生がいらっしゃいます。
やはり、すぐ転勤になる先生や、ずっと同じ学校にいる先生は、一般のサラリーマンと同じで何らかの都合で路線からはずれたと考えて良いのでしょうか?
若しくは、昇進テスト等があるのでしょうか?
もちろん 先生としての能力と、出世の能力は違うと思うのですが?

Aベストアンサー

こんばんは。

通常、1年で転勤ということはほとんどありません。
中学校なら考えられなくはないですが…。

教務主任をずっとされているのは、他校で教頭のポストの順番待ちをしているからだと思われます。

ずっと同じ学校に勤務することは、何ということはありません。+にも-にもならないと思います。
常にすぐ転勤になる(もしくは転勤したがる)先生は、現場の先生としてあまりよいことではないです。あまり続くようだと、出世には響くと思います。

すぐに出世する先生は、研究を熱心にして、成果を上げてがんばってみえる方とか、組合関係の仕事をがんばっている方とかが多いみたいですね。

Q小中学校の校長や教頭ってどうやったらなれますか??

小中学校の校長や教頭ってどうやったらなれますか??

また校長や教頭になれなかった彼らくらいの年配の人は、どうしていますか?

校長先生くらいの年齢で担任持ってる人ってなかなかいないですよね?

Aベストアンサー

どうやったらって・・・。
今は、法令(学校教育法施行規則)が変わりましたから理論上は「誰でも」なれます。良い例が東京和田中の藤原氏です。ただし、純粋に「民間人」校長というのは全国でも100人程度しかいませんので、以下は「普通の」方法を述べることにします。

まず、学校の先生になることです。学校の先生をある程度の年限勤めると「そろそろ管理職」という声がかかります。学校の先生は都道府県の職員ですので、管理職になる「なり方」はそれぞれの自治体で違います。

ほとんど校長の推薦人事みたいな所もありますし、純粋に試験という所もありますが、ともかく何らかの選抜を経て「主幹」「指導主事」「副校長」「教頭」と言った職に就きます。これらの職をそれなりの年限勤めて、やがて校長となるわけです。

まとめると
・学校の先生になる
・経験を積む
・何らかの選抜を受ける(試験、面接、推薦及びそれらの複合)
という、段階を経て教頭や校長になります。そこまでの間に「主幹」とか「指導主事」という職に就く人もそれなりの数いるというわけです。

>なれなかった彼らくらいの年配の人

もちろん志望して「なれなかった」人もいますが、大部分の人は「ならなかった」「なりたくなかった」人です。別にどうと言うことはありません。普通に教員をやっていますし、担任も持っていますよ。ただ、年を取ると、(小学校では)体力的にキツイので専科教員などに回る人も多いですね。

どうやったらって・・・。
今は、法令(学校教育法施行規則)が変わりましたから理論上は「誰でも」なれます。良い例が東京和田中の藤原氏です。ただし、純粋に「民間人」校長というのは全国でも100人程度しかいませんので、以下は「普通の」方法を述べることにします。

まず、学校の先生になることです。学校の先生をある程度の年限勤めると「そろそろ管理職」という声がかかります。学校の先生は都道府県の職員ですので、管理職になる「なり方」はそれぞれの自治体で違います。

ほとんど校長の推薦人事みたい...続きを読む

Q評判の悪い先生は異動が早くなるだろうか。

小学校の先生で、評判の良くない教員は異動が早くなるでしょうか?

評判が悪いと言っても、子どもに酷い言葉を言ったり、体罰したりするレベルのものではなく、
結構、保護者の間で「あの先生、感じ悪いよねー。」と噂されて、その噂も浸透しているようなレベルです。(もちろんそうは思わない人もいる。)

校長先生は、あまり保護者と接点がないので、平の教員から教頭までの人です。

普通の会社だと配属を変えられたりしますが、公立小学校だと評判が悪くても、異動にまではならないでしょうか?

Aベストアンサー

地域のうわさは、PTA会合などを通じて、案外校長や教頭は知っているものです。

ある市の例では、教育委員会の方針で、異動の基準が決まっています。(異動=別の学校へ)
新人は2年以降異動可能。3年で基本的に異動。
2校目以降通常の人は3年で異動可能。6年で基本的に異動。

保護者の評判が悪いケースでは、子供にもその噂が浸透し、普段の指導活動がやりにくくなります。
結果、学級崩壊などの事態を引き起こしやすくなります。

よって、そういった評判のある教員は、なるべく異動を希望するようにプレッシャーがかけられます。通常なら3年で移動するには本人の希望が必要だからです。
残っても担任を持たされないこともあります。

異動すれば、ある程度そういったネガティブ要素がなくなるので、同じように指導していても今度は「良い先生」という評判が立つような状況になることもあります。異動先の地域に合って、うまくいくこともあります。

評判の良い教員は、校長が権限を駆使して何年も残らせるケースもあります。(通常なら7年目以降は本人の残留希望が一つの条件)


なお、これは一般教員のケースであり、教頭、副教頭、副校長、校長はまた別の事情での異動となりますので、あまり知りません。

地域のうわさは、PTA会合などを通じて、案外校長や教頭は知っているものです。

ある市の例では、教育委員会の方針で、異動の基準が決まっています。(異動=別の学校へ)
新人は2年以降異動可能。3年で基本的に異動。
2校目以降通常の人は3年で異動可能。6年で基本的に異動。

保護者の評判が悪いケースでは、子供にもその噂が浸透し、普段の指導活動がやりにくくなります。
結果、学級崩壊などの事態を引き起こしやすくなります。

よって、そういった評判のある教員は、なるべく異動を希望するようにプレッシャ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング