判例の(最判平○判○号○頁)のことをなんと言うのでしょうか?

「判例番号」とか言うのでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最判平○


というのは、最高裁判所で判決などがなされた期日で、通常、年月日が記載されています。


とは、判決のことで、決定の場合は、「決」となります。

そのつぎには、通常、掲載されている、判例集、雑誌などの名称が記載されます。
つまり、金融法務事情、労働判例、判例タイムズとか、一番多いのは、民集、刑集で、最高裁判所民事判例集・刑事判例集の略です。

○頁
というのは、その文献の何ページにその判決なりが掲載されているかを表したものです。


このような文献は、国立大学で、一般の方でも入場が可能なところの場合、閲覧・コピーが可能ですし、
それも面倒な場合、お近くの公立図書館に行き、
国立国会図書館によるコピー(有料)のサービスを取り次いでもらえばよいと思います。その際には、上記の判決を特定したうえ、掲載されている文献名、ページを明らかにする必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
大変助かりました。

お礼日時:2011/07/24 03:29

>判例の(最判平○判○号○頁)のことをなんと言うのでしょうか?



と言うような判例の略記は見たことがないです。
ないですが、おそらく「最判平〇〇(年月日)民集〇・〇・〇」だと思います。
これは「最高裁判所平成〇年〇月〇日判決で最高裁判所民事判例集第〇巻〇号〇頁に載っている判例です。」
と言うことです。
他に、略記方法として「東京地判平〇〇(年月日)下民集〇・〇・〇」とありますが、これだと、東京地裁平成年月日判決で「下級裁判所民事判例集第〇巻〇号〇頁に載っている判例です。」と言うことです。
このように、何時何処の裁判所の判決(決定)で、それはどこの判例集で何巻の何号の何頁にあると言うことです。
なお、何処の判例集に載っているかは、「判時」「判タ」などありますが、これは「判例時報」「判例タイムス」と言う雑誌もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
大変助かりました。

お礼日時:2011/07/24 03:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投票ー!永野芽郁ちゃんと平祐奈ちゃん、どっちが好きですか???

永野芽郁ちゃんと平祐奈ちゃんどっちが好きですか???

Aベストアンサー

https://youtu.be/5HCwqRYDD6s

平さんに一票‼

Q判例(最判昭和39年10月29日)の内容

この判例では「ごみ焼却場設置行為は、処分性が否定される」となっているようですが、どうしてでしょうか。
参考資料の内容は難しく、さっぱりわかりません。
当方、法律初学者で、その基本的な知識もなく、よって、極めて簡単にご説明いただける方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この判例の重要なことは、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」(行政事件訴訟法3条2項)の定義がはじめてでたということである。そしてこの定義は今も変わっていない。行政法のもっとも重要な公式である。


判例は、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」とは、「公権力の主体たる国又は公共団体の行為につき、その行為によって直接国民の権利義務を形成し、その範囲が確定することが、法律上認められているものをいう。」といった。

この定義はきわめて重要であり、一字一句間違えず丸暗記して頂きたい。この定義を分解して要件化すると、
(1)「公権力の主体たる国又は公共団体の行為」(2)「その行為によって直接国民の権利義務を形成し、その範囲が確定すること」(3)「法律上認められているもの」となる。

本件取消訴訟の対象となった「被上告人都において本件ごみ焼却場の設置を計画し、その計画案を都議会に提出した行為」は、(1)「公権力の主体たる国又は公共団体の行為」である、(3)地方自治法に定められた都の議会提出行為であるからを充たす。しかし、(2)はみたさない。被上告人都自身の内部的手続行為に止まると解するのが相当であるからである。

したがって、本件行為は、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」にあたらず、当事者訴訟によって解決をすべきであったと判例はしたのである。

この判例の重要なことは、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」(行政事件訴訟法3条2項)の定義がはじめてでたということである。そしてこの定義は今も変わっていない。行政法のもっとも重要な公式である。


判例は、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」とは、「公権力の主体たる国又は公共団体の行為につき、その行為によって直接国民の権利義務を形成し、その範囲が確定することが、法律上認められているものをいう。」といった。

この定義はきわめて重要であり、一字一句間違えず丸暗記...続きを読む

Q平忠彦さんについて教えてください

平忠彦さんがまだ若かかりし頃(or無名のころ?いつだかわかりません)、ヨーロッパのバイクのレースで、予想外に優勝、もしくは入賞し、掲げる国旗が用意されていなかったため、たまたま観戦していたファンの持っていた、小さな日本国旗をセンターに掲げた(2、3位よりも旗が小さく低かった?)という、サムライストーリーのような話の記憶があるのですが、どなたかご存じないでしょうか?私の記憶が曖昧で、まったく別の話とまざっているかも知れません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なつかしいですね~。86年サンマリノGP 250CCクラスです。
マシンは、ヤマハYZR250。(マルボロチームアゴスチーニ)
ワークスマシンです。

レースはスタートで出遅れましたが、驚異の追い上げを見せて、見事優勝!
レースを見ていたケニーロバーツが、「見事なレースだった」と賞賛した
そうです。
(攻めまくって、タイヤがスライドしまくっていたらしいです)

確か私の記憶では、表彰式で優勝者の国歌が流れますよね。
その最初の部分が飛ばされて、流されたのではなかったかと思います。
(つまり日本人が優勝するとは、思っていなかったので、慌ててしまい)
う~ん、国旗の件は、忘れました。

もし、どうしても確認したいのでしたら、2輪レース雑誌の質問コーナーに
問い合わせてみたら、きっとわかると思いますよ。

では、平忠彦よ、永遠なれ~!

参考URL:http://homepage2.nifty.com/akimori_wgp/vol008.htm

Q最判平17.7.15(勧告取消等請求事件)

下記判例の内容が理解できません。
これ(下記判例)は、やさしくいうと、どのような主旨で、何を問題としているのでしょうか(意味するものでしょうか。)。
ご教示願います。



http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=52373&hanreiKbn=02

Aベストアンサー

  この判決はとても難しい判決です。

 法科大学院で詳しく勉強するくらいの判決なのですが、質問者さんは法科大学院の学生でしょうか?

 それとも行政書士試験を目指しているのでしょうか?

 それによって回答レベルも違ってきます。
 
  一応行政書士試験レベルとして回答します。

 行政書士試験レベルであれば、「病院開設中止の勧告」は抗告訴訟の対象となる「行政処分」であると暗記すれば足ります。

 もう少し詳しく説明すると、「行政処分」というためには「法的効果」が発生することが必要です。

 「勧告」には本来、法的効果は発生しません。「勧告」に従わなくても、医師免許が剥奪されたり、罰則が科されたりするわけではありません。

 そうすると、「病院開設中止の勧告」は、抗告訴訟の対象となる「行政処分」ではないとなるはずです。

 しかし、現実には「病院開設中止の勧告」に従わないと保健医療機関の指定を受けられないという「事実上の効果」(法的効果ではない)があるとして、「病院開設中止の勧告」は、抗告訴訟の対象となる「行政処分」としたものです。

 「行政処分」としたのは、上記の理由の他に、病院開設者(原告)の病院開設を事実上断念さざるを得ないという不利益を、訴訟上争う機会を与えるという原告の即時救済という理由もあります。行政処分でないとすると、「病院開設中止の勧告」を訴訟で直接争う方法がないからです(異説はありますが)。

 

  この判決はとても難しい判決です。

 法科大学院で詳しく勉強するくらいの判決なのですが、質問者さんは法科大学院の学生でしょうか?

 それとも行政書士試験を目指しているのでしょうか?

 それによって回答レベルも違ってきます。
 
  一応行政書士試験レベルとして回答します。

 行政書士試験レベルであれば、「病院開設中止の勧告」は抗告訴訟の対象となる「行政処分」であると暗記すれば足ります。

 もう少し詳しく説明すると、「行政処分」というためには「法的効果」が発生することが必要...続きを読む

Q平将門の乱の歴史的意義

平将門の乱の歴史的意義って何なのでしょうか?大学入試にでたんですが、、、、。何を書いたらいいのかわかりませんでした。漠然としすぎていて・・・。

Aベストアンサー

・武士勢力の成長の実証
  平将門の乱、藤原純友の乱で地方の武士勢力の成長が朝廷に伝わり、今までの朝廷の軍事組織では対応できなくなっていることが証明された。
・清和源氏の摂関家への接近
  そのため、源氏や平家という武士勢力の棟梁に官位を与えながら朝廷に取り込んでいった。特に源経基の子孫は摂関家に接近し、後の源頼義、義家といった人物を出した。貴族と接近した武士勢力は貴族や自社が持つ権利などを利用し積極的に荘園経営に乗り出し、自らの経済基盤の確立を行なった。
・朝廷が地方の反乱鎮圧に地方の武士団を使用するようになったことの契機
  また、朝廷はこういった貴族に接近した武士勢力を懐柔しながら自らの勢力拡大、反乱勢力の鎮圧などに利用していった。
・清和源氏と坂東平氏などの坂東の諸勢力の接近
  平将門の乱を契機に源経基の子孫と坂東の武士団との間に接点が生じ、この後、平忠常の乱、前九年の変、後三年の変等により清和源氏の諸勢力が坂東に根付くことになり、鎌倉幕府ができる勢力を形成していくことになる。
・平貞盛の坂東から伊勢への本拠移動の契機
  それに対して、平貞盛を中心とする桓武平氏は平将門の乱、平忠常の乱などを契機にそれまでの本拠を坂東から伊勢に移していくことになり、坂東に残った一族とも繋がりが薄くなっていく。
・藤原秀郷流の武士団繁栄の契機
  また、平将門の乱で勝利に貢献した藤原秀郷の子孫はこの後、坂東、奥州などに広まり、佐野氏、小山氏、結城氏、奥州藤原氏、小田氏、藤姓足利氏といった武士団を形成し、武士の藤原氏といったら秀郷の子孫かと思えるほどの大勢力に成長する。

・武士勢力の成長の実証
  平将門の乱、藤原純友の乱で地方の武士勢力の成長が朝廷に伝わり、今までの朝廷の軍事組織では対応できなくなっていることが証明された。
・清和源氏の摂関家への接近
  そのため、源氏や平家という武士勢力の棟梁に官位を与えながら朝廷に取り込んでいった。特に源経基の子孫は摂関家に接近し、後の源頼義、義家といった人物を出した。貴族と接近した武士勢力は貴族や自社が持つ権利などを利用し積極的に荘園経営に乗り出し、自らの経済基盤の確立を行なった。
・朝廷が地方の...続きを読む

Q判例の(大判昭○年○月○日)について

こんにちは。
初歩的な質問で恥ずかしいのですが……教えてください。
法律の問題集などで判例が載ってある時、
(最判昭○年○月○日)と日付が記されてありますが、
"最判"は最高裁判所の判例という事ですよね。
では(大判昭○年○月○日)の"大判"というのは何を指すのですか???
独学で法律を勉強しているので、そういう初歩的な事がわからなくて困ってます(汗) 
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大審院の判決を意味します。
大審院は大日本帝国憲法下で、現在の最高裁判所に相当する司法機関です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AF%A9%E9%99%A2

Q林家こぶ平の兄

昔のアイドルで桂木文がいました。落語家の林家こぶ平に兄がいてその人と結婚離婚したと芸能ニュースで昔ありましたが、最近の林家(海老名家)はこぶ平が長男になっています、こぶ平の兄はどこにいったのでしょう?

Aベストアンサー

桂木文が結婚して離婚したのは林家一門の落語家林家しん平さんで,こぶ平の「兄弟子」ということでしょう.

Q最判と最決の違い!!?

よく法律の判例集を見ていると最判と最決と出てくるのですが何の違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

どの程度の説明をご所望なのかわからないですが…

まず、直接の回答としては、
「最判」は「最高裁判決」、「最決」は「最高裁決定」のことです。

「判決」と「決定」はどちらも(結論という意味での)裁判の形式ですが、
一般的には判決のほうが決定より重要な事項についての判断を示すものになり、
方法もより厳しい縛りがあります。

判決は原則として既判力(=その判断に当事者・裁判所も拘束される効果)を持ちますが、
決定は必ずしも既判力を持つとは限りません。

Q死去した親の介護保険料

親が二ヶ月前に死去しました。通帳を見ていましたら、介護保険料が死去した後も引き落とされていました。

これは社会保険庁に死去を届けてないということでしょうか?
自分は通帳を握ってなかったので、諸手続はどうなっているのかわかりませんでした。銀行など金融機関には兄弟から届け出済みです。

Aベストアンサー

銀行へ死亡したと通知した時点で、口座が閉じられますが、関係の役所
から銀行へは通知しませんので、実際に死亡した日時と異なる場合が多
くあります。
この結果、介護保険料が所定の期日に自動的に引き落されることがあり
ます。
また、同様に「年金事務所」へも通知が行きませんので「年金事務所」
に行き「年金受給者死亡届」を書き、合わせて、その他の所定の書類を
用意して提出します。

提出済みであれば、提出の際に死去した後に引き落とされた「介護保険料」
は、指定の銀行の講座に振り込まれますので、その手続きもされていると
思います。
また、未支給の年金もあれば、この年金も指定の講座に振り込まれます。
既に受領済みで葬儀代等やその他に充当していることも考えられます。
兄弟に聞いて手続きしたのかを確認すると良いでしょう。

なお、年金事務所の手続きは、下のURLをクリックして参考にして下さい。

「年金を受けている方が亡くなったとき/日本年金機構」
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/kyotsu/20140731-01.html

銀行へ死亡したと通知した時点で、口座が閉じられますが、関係の役所
から銀行へは通知しませんので、実際に死亡した日時と異なる場合が多
くあります。
この結果、介護保険料が所定の期日に自動的に引き落されることがあり
ます。
また、同様に「年金事務所」へも通知が行きませんので「年金事務所」
に行き「年金受給者死亡届」を書き、合わせて、その他の所定の書類を
用意して提出します。

提出済みであれば、提出の際に死去した後に引き落とされた「介護保険料」
は、指定の銀行の講座に振り込まれますので...続きを読む

Q過去の判例の既判力について

今Twitterで不倫を暴露したタレントが話題になっていますが、一緒に居た弁護士が過去の最高裁の判例を出しました。これは既判力という事ですか、教えてください。

Aベストアンサー

芸能界のことは疎いので、何の事件だか分かりませんが、「一緒に居た弁護士が過去の判例を出しました。云々」
とのことですのが、過去の判例ということから、「既判力」というイメージが湧いたのでしょうが、正確には「拘束力」です

過去の判例が下級裁判所を縛る意としては「拘束力」が正解。

http://minamihorie.blog.shinobi.jp/Entry/148/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報