テニスの試合に出るのですが、トーナメント表のbyeという意味がわかりません。情けないのですが、教えて下さい。

A 回答 (1件)

参考URLの5.ドローとドローの作成方法に説明が載っています



参考URL:http://www.tennis-japan.com/kta/book2/4.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よく分かりました。試合頑張ります。

お礼日時:2001/04/28 21:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QテニスのJOPの試合に出たいのですが

最近は団体に所属しなくてもJOPが稼げる試合に参加できると知ったで、参加したいと思いますが実力はどの程度必要なのでしょうか。

自分は中級程度の実力はあるのですが、公式戦になると初戦から猛者の集まりなのでしょうか。

だとすると自分は場違いな気がします。

実際はどうなのでしょうか教えて下さい、お願いいたします。

Aベストアンサー

JOP.COM
http://www.jop-tennis.com/JOP/

のサイトで会員登録し、エントリー可能な試合を検索してエントリーする形です。

年間を通すと全国でかなりの数の大会があるので、その大会のレベルを研究されると良いでしょう。

ランキングトップは当然「錦織圭」ですが、その他ランキングを見てもプロか、大学生がほとんどです。

しかしながら、TOPランキング者は本選からなので、予選からの参加者数はかなりの数になるので、チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

まずは予選から、その結果次第で自分の実力もはかれるだろうし、良い結果が出るとご自分の励みにもなりますからね。

Q硬式テニスの草トーナメントについて

以前、私は市の庭球連盟に所属しているテニスサークルに入っていました。そのサークルにいるときは、市民大会に出るには参加費がたった500円で出場できました。
今はそのサークルには入っていませんし、今から連盟に所属しているサークルに入る気にはなれません。
しかし、草トーナメントには出たいのです。しかもなるべく安い参加費で。もちろん、所属サークルなしの個人としての参加で。
スポーツメーカーが主催している大会は参加費が高そうです。

こんな私に向いている草トーナメントはありませんか?

Aベストアンサー

回答の補足を蒸し返すようで恐縮ですが、「市民大会は連盟に所属しているサークルに入っていないと出られないのです。」というのが信じられません。私の区や近隣の区を見ても、確かに連盟主催の大会はサークル所属者限定ですが、それ以外にもフリーで出られる区民大会がちゃんとあります。大体大会は春と秋にありますが、どちらかは出られます。逆にフリーだと出られない市民大会があるとしたら市役所の関係部署に抗議するべきです。
草トーナメントとは少し違いますが、テニスオフというサイトをご存じでしょうか。簡単に言えばコートを確保した主催者が希望するレベル、年代、性別を明記して参加者を募集するというものです。私は何年も主催をしたり参加したりしていますが、本当に良く出来たシステムです。ただ地方ですと余り募集が無いかも知れませんが…。
質問のお答えになっていれば幸いです。

Q米国のテニストーナメント

来年の2月~5月まで、アメリカ、ボストンに留学することになりました。
テニス大好きなのですが、ちょうどその時期行われている有名なトーナメント大会があればおしえてください。

有名選手が見れて、ボストンからなるべく近いものがよいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながらその時期、ボストンでは厳しいですね。
東海岸だとフロリダまで下りないと。
USTAプロテニスツアーの今年のスケジュールは下記urlの通りです。
ご存知の通りその時期のボストンは非常に寒く、屋外でのテニスシーズンも4月以降になります。

参考URL:http://www.usta.com/schedule/custom.sps?iType=944&icustompageid=1256

Qテニスの試合を。

女性1人で観戦する方っていらっしゃるのでしょうか?

Aベストアンサー

あんまりいないと思いますが、たまにいますよ。

Qテニスの試合を見て生じた疑問

硬式テニスの試合を初めて見ました。
小学生から50代までの人が参加していて、小学生は最新のスタイルで、またおじさんは昔の手首を固定して押し出すようなスイング、若者はほとんどトップスピンでした。

結局試合が終わってみると、特別特徴も無くフォームも左手を使ってなくてぶらんとさせている一般的には良くないと言われている人が勝ちました。
優勝した人は卓球のように見える打ち方でした。

なぜか優勝者は相手から攻められることも無く、また相手を攻めることもなく壁のようにどんなボールも淡々と返すと言った感じで結局相手が先にミスってしまうといったパターンでした。
特に遠いボールに走って追いつくと言った場面も多くなく、もしかしたらフットワークが凄いのでイージーボールに見えるだけかなと思い足の動きに注目しましたが、そうでも有りませんでした。
(全て私にはそう見えただけで実際には違うのかも知れませんが)

あとで聞いたのですが部活等でテニスをやっていたわけではないそうです。
フォームを見ても確かにそのようでした。

結局長年テニスに取り組んだ人達が、ちょっと運動神経の良い人にしてやられたって感じです。

一般的に試合では強打より確実性やコースだと言われますが、それを絵に書いたような試合でした。
でも普通だと得意なショット等が無くて勝てるのは何か違うと感じるのです。

どうして皆は彼を攻めることが出来なかったのでしょうか?
どうして皆はハードショットを打ち込めなかったのでしょうか?

試合を見ていない人には分かりづらいと思いますが、色々な意見を聞かせてください。
あとで聞いたのですが、彼は第1シードだそうです。
彼と戦った人も”サーブが速いわけでもなくショットが強いわけでもないのに負けるんだよな”とつぶやいていました。

硬式テニスの試合を初めて見ました。
小学生から50代までの人が参加していて、小学生は最新のスタイルで、またおじさんは昔の手首を固定して押し出すようなスイング、若者はほとんどトップスピンでした。

結局試合が終わってみると、特別特徴も無くフォームも左手を使ってなくてぶらんとさせている一般的には良くないと言われている人が勝ちました。
優勝した人は卓球のように見える打ち方でした。

なぜか優勝者は相手から攻められることも無く、また相手を攻めることもなく壁のようにどんなボールも淡...続きを読む

Aベストアンサー

中々ユニークな質問ですね。あまり参考になりませんが、自分なりの解釈です。

私にとってはその優勝したタイプはもっとも苦手なタイプです。つけこむ隙がないからです。
自分のスタイルはストローカーで、エースを狙うより相手のミスでポイントをとるタイプからです。優勝した方もどちらかというと私と同じように”相手に反応し対応するカウンタパンチーゲーム”タイプだと思われ、そのスタイルに熟達されている方だと思います。

見た目にはその方より速いサーブや攻撃的ストロークを持っている中級プレーヤーらがその方に勝つことはかなり難しいのです。

そこで疑問が生じると思います。日本でも世界のトッププレヤーで”カウンタパンチーゲーム”をする人はあまりいませんね。ちょっとタイプは違いますがマイケル・チャンは近いでしょう。女子で言えば井上青香さんかな?話はだいぶそれてしまいました。

カウンタパンチーゲームをするタイプはどんな特徴があるかというと

・必要な技術を持っている(安定性、プレースメント、深さ)
 パッシングショット、ロブ、リターン等に長け、無駄な動きがない。

・身体的(パワー、体力、技術、体格)が恵まれなくても可能。
  また、色々な高度な技術・戦略等がなくても可能 つまり習得しやすい。

・相手に反応するタイプなので自分で決断することが少ない。
                         などでしょうか

じゃ勝つにはどうしたら?となりますね。ここから先は経験で言えなく一般的な言葉になってしまいます。簡単な事ですが、その方より優れた攻撃的なプレーヤーとか、自分よりわずか上のカウンタパンチーゲームを持ったプレーヤーはいとも簡単に勝つでしょう。
あくまでも防御のテニスは安定した攻撃テニス(難しい)にはかないません。

ただその方はシード1というからには単に通常のカウンタパンチーゲームのタイプより下記の能力も高いのではないかと思います。(市民大会レベルを想定して)

・空間的、時間的を支配する能力を持っている。
 コートポジションが良い(常に最適なポジションにいる。だから見た目には走って打つ印象は少ない)
 
・間がある。(打点域がひろい。タイミングを早く遅くして相手から時間を奪う)
 相手のバランスを崩し、よいポジションで打たせない。

・破壊的な攻撃ショットはないが一通りのショットをこなせる。(弱点がなく攻めにくい)自分の得意なショットに依存することが少ない。

・冷静であること。(視野が広く相手をよく見ている。思い込みがない。臨機応変の動きが可能)

・5割程度の力で打っている。(力みがない=ミスが減る。体力を消耗しない勝ち上がっていくには大事な要素)

・機を心得ている。(攻め所、守り所、仕掛け所)

・深くコントロール ボールが遅くても深いボールは攻撃しにくい

最後にテニスの対戦には相性があり、仮にその方に勝つ攻撃型プレーヤーに私レベルの実力でも、まぐれでも勝てるチャンスはあります。それは攻撃型のプレーヤーは好不調の波や隙があるからです。しかしながら、私より上のカウンタパンチーゲームのタイプには全く勝てる自信はないですね。トホホ

中々ユニークな質問ですね。あまり参考になりませんが、自分なりの解釈です。

私にとってはその優勝したタイプはもっとも苦手なタイプです。つけこむ隙がないからです。
自分のスタイルはストローカーで、エースを狙うより相手のミスでポイントをとるタイプからです。優勝した方もどちらかというと私と同じように”相手に反応し対応するカウンタパンチーゲーム”タイプだと思われ、そのスタイルに熟達されている方だと思います。

見た目にはその方より速いサーブや攻撃的ストロークを持っている中級プレーヤ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報