乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

もう6年ほど前なんですが、真昼間に空をみあげているとオレンジ色の光が北から南に飛んでいました。
止まったように見えましたがたぶん気のせいだと思います。
何だろうなぁと見ていると後ろから青と赤と白の光が距離を開けて追いかけていました。
途中で雲に隠れて消えてしまったんですが、あれは何でしょう?
一緒に見ていた姉は人工衛星だと言うんですが
個人的には宇宙人ではないかと(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

追加回答が遅くなりました。


時間的に真昼の明るい時なのでどうかな? と思いますが、どうやらその日時には日本から見える位置には飛んでないか、空が明るすぎて見られないからデータがマスクしてあるかも知れませんが、
↓私はここで調べています。
http://star.gs/~sat/sat/jin_i.cgi
    • good
    • 3

たとえばですが、国際宇宙ステーションは大きさが110メートル x 75メートルあって、


これはサッカー場のピッチの広さです。この大きさですと肉眼でも見えますが、昼間は無理
です。地上が暗くなって、ステーションにはガンガン陽が当たっている時間帯だけ見えます。
昨夜もとてもきれいに見えましたよ。

それに対して、普通の人工衛星は小さいので、よっぽど低い軌道(350キロあたり)でも、
視認は難しいとされています。

これはやはり宇宙人がとても大きな宇宙船に乗って地球にやって着たと、締めくくらせて下さい。
    • good
    • 1

日中だと人工衛星はなかなか観れないかと…。


# それなりの条件が揃えば見えるでしょうが。
また、仮に見えたとしても太陽電池パネルが反射した日光なので、赤とか青には見えないでしょう。
赤と青と白…だと航空機の翼端灯と衝突防止灯の類ではないですかね?

なお、静止軌道にある衛星は…太陽光の反射でも厳しいかと思われます。
反射するパネルのサイズと距離からしても。
あと、静止軌道上の衛星なら見えたとしても空を移動していくことはありえません。
地上から観て、常に同じ位置に見えるからこそ静止軌道衛星なのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
書き方がおかしかったのですが白だけは光ではなくはっきりとした物体に見えました。
またそれらの3つは結構離れて飛んでいて、速度もバラバラ。
とても飛行機には見えませんでした。

お礼日時:2011/08/17 01:35

人工衛星にも高度が低いものが有りますからね。

特に、空を移動したなら確実に低空のものです(35786kmは静止衛星の高度)。

ただ、素人の方が、パッと見上げただけで気づく(観測しようと思っていたわけでもなく、突然に)というのは難しいでしょうね。飛行機じゃないかなぁ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱ見えませんかねぇ?
近くに航路があるみたいで旅客機が飛んでいるんですが、いつもと方角は違うし、形も違います。白色だけははっきりとしていて完全な丸でした。

お礼日時:2011/08/17 01:38

日付と時間と場所が正確に分かれば、その時そこに人工衛星が飛んでいたかどうか調べることができますが、6年前ではね~(~_~)



人工衛星は、快晴で雲が無い場合は昼間でも見えることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
小学校の時この事について書いた作文が見つかったので日付がわかりました。
2006年10月8日の午後3時45分頃でした。
6年も経ってませんね…
もし調べられるサイト等ご存知でしたら教えて下さい。

お礼日時:2011/08/17 01:42

スペースシャトルなら昼間見れます。

日本宇宙少年団の催しで見た事があります。
ただ、人工衛星だともっと小さいし、高度も36000Km、スペースシャトルだと200Km~500Km。

人工衛星は多分見えないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
スペースシャトルなんですかね?
書き方が悪くて申し訳なかったんですがすべての光はけっこう距離を開けていました。
ひとつの物体だったとは考えにくいです。
人工衛星ならひょっとしてと思ったんですが

お礼日時:2011/08/17 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ人工衛星のひまわりは運用を終了したのですか?

題名のとおりです。
ひまわり5号まで運用されて、なぜ、6号を作らなかったのか?ということを教えてください。
また、GOES-9に引き継いだときのことが詳しく掲載されているサイトも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

 気象衛星「ひまわり」は気象庁単独で予算を獲得して打ち上げていたのですが、気象庁予算は非常に少なく予算を圧迫していたために、国土交通省(気象庁は国土交通省の外局です)航空局からも予算を回して、航空管制の機能と気象観測の機能を持った運輸多目的衛星(MTSAT)を打ち上げることになりました。

 これは気象観測衛星ではないので「ひまわり」とは名付けずに、打ち上げが成功したあとは違う名前を付ける予定でした。

 ですから「ひまわり6号」は作りませんでしたが、これに換わる衛星は作っていたということになります。

 MTSATの打ち上げに失敗してしまったあとの話はNo1の方が書いているとおりです。

 http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/index14.html

http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/index15.html
にはその後の報道発表資料が載っています(ちょっと項目を探すのが大変ですが)。

Q人工衛星の見え方について

もう随分前(10年ぐらい前)の話なんですが・・・

高校で天文部に入っていて、彗星を見るために天体観測合宿をしていた時のことです。
夜空に、小さな光の円を描いている物体がありました。
円は、地上からの見かけ上は直径1センチぐらい、動く速度は光の軌跡で円が見えるぐらいなので結構速かったと思います(その物体自体は点にしか見えませんでした)。
みんな「あれは何?」「人工衛星じゃない?」と言っていたのですが、人工衛星は地球の軌道上を楕円を描きながら動いているそうなので、地上からは直線に見えるんじゃないかと思いますが、円を描きながら動く人工衛星もあるんでしょうか?
動きかたや見え方からヘリコプターや飛行機ではありませんでした。

ちなみに、その日はオースティン彗星を見るために集まっていたので、日付は1990年4月3日、時間は恐らく夜の8時ごろで、その物体は少なくとも1時間ほどは同じ場所を旋回していました。
もうほんとに随分前の話で今更調べられるわけはないと思うのですが、ずっっっと気になっているもので・・・。
人工衛星って、どんな風に見えるんですか?
また、これ(人工衛星)以外で、夜にこのような見え方をするものってあるんでしょうか?
(自分としてはUFOとかってあまり信じてないんですが・・・絶対無いとは言い切れないでしょうけど・・)

もう随分前(10年ぐらい前)の話なんですが・・・

高校で天文部に入っていて、彗星を見るために天体観測合宿をしていた時のことです。
夜空に、小さな光の円を描いている物体がありました。
円は、地上からの見かけ上は直径1センチぐらい、動く速度は光の軌跡で円が見えるぐらいなので結構速かったと思います(その物体自体は点にしか見えませんでした)。
みんな「あれは何?」「人工衛星じゃない?」と言っていたのですが、人工衛星は地球の軌道上を楕円を描きながら動いているそうなので、地上からは...続きを読む

Aベストアンサー

その動き方は人工衛星ではないですね。
小型飛行機かヘリだと思います。音は高高度を飛んでいてかつ上空の風が強ければ聞こえなくとも不思議ではないです。自衛隊か米軍のヘリ、あるいは報道などの用途であれば旋回しつづけることは十分考えられます。おっしゃるように宇宙人のUFOではないでしょう。

Q人工衛星を包んで保護しているシートの名称と入手先

知人から人口衛星を包んでいる金色のシートの切れ端を貰いました。一瞬金箔かと思いましたが遮熱効果抜群とのことです。真夏の園芸とか車内の遮熱に使ってみたいと思います。名称と購入先を教えてください。

Aベストアンサー

JAXAによれば「サーマルブランケット」というものだそうです。
http://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/73.html
http://www.meisei.co.jp/word/az/mli.html

上記を踏まえて「MLI」や「アルミニウム蒸着ポリエステル」などで調べてみましたが
市販品は毛布のサイズのエマージェンシーシート的なものが多いようです。
http://spacegoods.net/SHOP/HO-26.html
http://ec.midori-anzen.com/shop/g/g4082112146/

Q静止衛星と低い軌道の人工衛星の打ち上げ

静止衛星の打ち上げは,高度150km程度というような低い軌道の人工衛星を打ち上げるのに比べて,衛星の重さが同じなら何倍くらいのロケットの燃料(推進剤?)が必要になるのですか?

Aベストアンサー

燃料の比較は判りませんが、同じロケットでの衛星質量の差ならわかります。

H2Aの場合、低軌道 15,000kg 静止軌道 6.000kg

https://ja.wikipedia.org/wiki/H-IIA%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

Q“他看也不看小梅一眼,~”「見ようともしないけど」

中国語を独学している初学者です。

“他看也不看小梅一眼,心里却是对她喜欢的不得了。”
(彼はメイさんを見ようともしないけど、心では彼女の事が好きでたまらないんだ。)

“看不看”を見て「反復疑問文」かと思いましたが、違うようです。

この文は、“看不看”と考えずに、前から順番に訳せばいいのでしょうか?
他(彼は)/看(見る)/也(~さえも)/不看(見ない)→彼は見ることさえも見ない→見ようともしない

意訳部分の構造を、分解して説明していただけると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お考えの通りでだいたい合ってます。

この場合の「也」は
http://www.chinesemaster.net/dictionary/%E4%B9%9F
の「副詞 2 B」
の用法に当たります。

上記URLの解説にある
「“也”の後の動詞は結果や方向を表す補語や付加成分を伴う。」
ですが、ご質問の文では
「不~一眼」
が付加成分に当たります。

なお、「動詞+不+動詞」の形の反復疑問文の場合、動詞と「不+動詞」の間に他の単語が入ることはなかったと思います。

Q人工衛星の光電池について

放送用の衛星が地球のかげに入って光電池が使えなくなり放送できなくなる時間が多くなる時期っていつですか?また、なぜそうなるのですか?学校のテストででましたが分からなく困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地球と太陽を結んだ線(黄道)に対して地球は23.5度傾いていますよね。 赤道の上36000キロを廻る放送衛星は、そのため夏は地球の影の上に、冬は影の下にいて影の中には入りません。太陽電池は働きます。春分や秋分の前後は影に入るので以前は放送は途切れました。
でも今は途切れませんよね。番組表を見ても24時間連続の放送が常識になっています。これは搭載バッテリー性能が向上したためです。

Qミサイルと人工衛星の違い

こんにちは。

近頃話題になっている北朝鮮のミサイルor人工衛星について教えてください。

テレビの放送では、ミサイルと人工衛星の違いは大差がなく、先っぽに装着するものが核弾頭(?)だったら長距離弾道ミサイルで、先っぽに装着するものが人工衛星だと人工衛星だと言ってました。

また、大気圏を突破した後の軌道もミサイルと人工衛星では違うらしいです。

そして、仮に今回先っぽに装着されるものが人工衛星だとしても、その技術はミサイルに応用できるので、今回のもミサイルと言っても過言ではないと言ってました。

そこで質問です。

1.各国の人工衛星はミサイルとは全然別物なんですか?

2.各国の人工衛星の技術はミサイルには応用できないものなんですか?

3.仮に今後この技術がミサイルに応用できたとしても、先っぽが人工衛星なら人工衛星なんじゃないんですか?

4.なぜテレビでは先っぽに何も装着していない段階(打ち上げ前)でミサイルと断定できるんですか?

以上、よろしくお願いします。


※特に今回のミサイルor人工衛星の発射を肯定してるわけじゃなく、単なる疑問です。

こんにちは。

近頃話題になっている北朝鮮のミサイルor人工衛星について教えてください。

テレビの放送では、ミサイルと人工衛星の違いは大差がなく、先っぽに装着するものが核弾頭(?)だったら長距離弾道ミサイルで、先っぽに装着するものが人工衛星だと人工衛星だと言ってました。

また、大気圏を突破した後の軌道もミサイルと人工衛星では違うらしいです。

そして、仮に今回先っぽに装着されるものが人工衛星だとしても、その技術はミサイルに応用できるので、今回のもミサイルと言っても過言ではないと...続きを読む

Aベストアンサー

『ミサイル』と『人工衛星』をのせるロケットの違いですよね。

1.現在人工衛星を自国で打ち上げることが可能の国のミサイルとロケットは違います
 理由は先につける物の重さが全然違うからです。
 ミサイルはせいぜい数百キロ、人工衛星は数トン以上

2.国によっては構造がけっこう似てる場合もあるし、似てない場合もあります。
 ただ、先頭に乗せるものが全然違いますから、形自体は全然似てません
画像を見ると分かりますが
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/rockets_world.html
 各国の人工衛星用ロケットとミサイルは荷物を載せるペイロード部分と推進剤部分の比率が大きく違います。
 日本なんて構造自体が違います

3.確かに先っぽが人工衛星ならねw。しかし今回北が用意したのは人工衛星かどうかは疑問が残ります。。
 宇宙航空研究開発機構の的川泰宣名誉教授は「衛星の形はしているが、普通はロケットの組み立て前に衛星を内部に組み込む。これから入れるというのはあまりにも非効率」と指摘。さらに「北朝鮮の言う実用レベルで使うにはサイズも小さすぎる」と疑問を呈す。

 科学ジャーナリストの松浦晋也さんも、「全面に太陽電池を貼った衛星は太陽光を受けるため回転させて使用する。公開された衛星は縦長で、外部に重りなどのバランスを取る装置が必要。北朝鮮にそうした技術があるかどうかは不明で、なければ姿勢が安定しない。『はりぼて』の可能性が高い」

4.3の理由とか多くありますが、今回の人工衛星の打ち上げ方向をみると『極軌道』タイプの衛星です。赤道に対してほぼ90度となる。対地同期軌道の場合を除いて、極軌道の衛星は周回ごとに異なった経度で赤道を通過するタイプです。
 これは、地図作成やリモートセンシング衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる軌道なのですが、北朝鮮の発表したのは農業用ですよね。なんか農業用で『極軌道』は無いと思うのですが・・

 まぁそもそも北の環境で農業用観測衛星を打ち上げて意味があるのか?
北の貧困の理由は、治水などや飼料不足、農業用工作機械の不足などで慢性的な品不足が原因、観測したって意味が無いと思う
 結局北は現時点で人工衛星を打ち上げる意味がない

『ミサイル』と『人工衛星』をのせるロケットの違いですよね。

1.現在人工衛星を自国で打ち上げることが可能の国のミサイルとロケットは違います
 理由は先につける物の重さが全然違うからです。
 ミサイルはせいぜい数百キロ、人工衛星は数トン以上

2.国によっては構造がけっこう似てる場合もあるし、似てない場合もあります。
 ただ、先頭に乗せるものが全然違いますから、形自体は全然似てません
画像を見ると分かりますが
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/rockets_world.html
 各国の人工衛星用ロケットと...続きを読む

Q今日(2016/05/12)南の空に見えるオレンジ色の三角形をつくる星(?)

今日(2016/05/12)南の空に見えるオレンジ色の三角形をつくる星(?)が見えています。
あの星はなんていう星座なのでしょうか。えらく目立つのですが、よくわかりません。
教えてください。
場所:名古屋市内、5/11 0:00ごろ気づきました、現在(5/12 2:00)南の空、やや西よりに位置して、地平との角度は30度くらいと思います。
冬の大三角形よりは小さいと思います。

Aベストアンサー

今は火星(マイナス1等星)と土星(0等星)が近い位置にあり、
さそり座のアンタレス(1等星)と三角形を作っています。
ご覧になったのはこれらではないでしょうか。
http://www.nikon.co.jp/channel/stars/1605/index.htm
http://www.stellatheater.com/cgibin/stella/stella.exe?H&T20160512020020&V000009000350&S1100110221100&C262&A0

あまり瞬かない明るい星をみかけたら、まず間違いなく惑星です。

Q地球外生命体の発見に至らないのは…

人類はいまだかつて地球外生命体に遭遇していません
宇宙に向けて飛ばしている電波にも返信は無し…
太陽系の向こうに飛ばした人工衛星も未だ宇宙人に回収されず飛んで居ます…

どこかの星に生命が誕生し文明を持つまでには長い年月が掛かります
そしてそれは地球と同じタイミングで起きているとは限りませんよね?
つまり 地球に文明が誕生する前にどこかの超高度文明が滅びてしまってる可能性もあるという事です。
火星は当初は地球と似た環境だったそうです
もしかすると地球に生命が誕生した頃 既に火星に文明が栄えていたかもしれないですよね?
で 人類が文明を持つ前に滅びてしまった…

そう つまり地球人が地球外生命体に会えないのは
文明のタイミングが合わないからだと思うのですが どうでしょうか?

Aベストアンサー

地球外生命体については、木星や土星の衛星に可能性を持っている様ですし、火星にも地下にあると言われている
水の中に居るかも知れないとも言われて居ます。
しかし、未だ遭遇できないのは探査機のテクノロジーがまだ探査出来る域に達していない事もあるのでしょうね。
太陽系外については生命の可能性のある恒星系まであまりにも遠いので、更に難しい。
地球外知的生命体については、存在する恒星系がどの程度地球から離れているのかと言う事も有りますが、
未だに人工的な電波を確認出来ていない以上、かなり遠いと言う判断も出来ます。
何せ太陽系外周部まで1光年以上も距離がありますし、見ている星空も何十年何百年何千年何万年も前に発した
光がやっと届いていますので、一番近い地球外生命体が発した電波が未だ届いていないと考えても別に不思議ではありません。
それに宇宙線やX線など様々なノイズ源もありますので、人工的な電波も減衰した上様々なノイズ源に
掻き消されているかも知れませんしね。
文明のタイミングより、距離と言う要因が最も大きいでしょう。
高度なテクノロジーを持った地球外知的生命体はワープ航法を完成させているかも知れませんが。(笑)

※ ここで言うワープ航法はスタートレックで用いられているワープ航法であって、日本のアニメの宇宙戦艦ヤマトの様な
ワームホールを人工的に作って時空を飛び越える航法ではありません。
スタートレックで用いられているワープ航法は実際に理論が出来ていますが、問題があるので現状では実用化出来ませんが。

地球外生命体については、木星や土星の衛星に可能性を持っている様ですし、火星にも地下にあると言われている
水の中に居るかも知れないとも言われて居ます。
しかし、未だ遭遇できないのは探査機のテクノロジーがまだ探査出来る域に達していない事もあるのでしょうね。
太陽系外については生命の可能性のある恒星系まであまりにも遠いので、更に難しい。
地球外知的生命体については、存在する恒星系がどの程度地球から離れているのかと言う事も有りますが、
未だに人工的な電波を確認出来ていない以上、かなり遠...続きを読む

Q今現在、東南の空で明るく輝く星。 および東(少し北より)の空の星は?

今、南東の方向で明るく輝いている星が見えるのですが、なんと言う星ですか?なんか光の筋を引きずっているように感じますが。

また、東(少し北より)の空で上記の星より暗いのですが、けっこう輝いて見える星はなんと言う星ですか?

お教えください。

Aベストアンサー

たぶん、南東の明るい星は木星で、東の明るい星はこと座のベガ(織姫)でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報