司法書士というものの未来は?いったいどうなんでしょうか?

25の男がしょぼい会社を辞めて金が溜まったので予備校に行って
司法書士を目指そうと思っております。

ただ司法書士の将来に不安があります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

司法書士を目指す前に司法書士業界の将来性を


考えることはとても良いことであると思います

もうひとつ、司法書士の仕事が実際どのようなものなのか
実体験を通じて確認し、その仕事がはたして自分の性格に
あっているかを是非考えてください。

嫌いな仕事を一生続けることとならないことを祈ります
    • good
    • 0

資格取得の努力ほど報酬面では報われない」という事実は、


これから司法書士に限らず、その他の士業を目指す人たちが知っておくべき

普通の登記は誰でもできる以上、
金、コネが無い人は人間力だけが勝負になる
    • good
    • 0

超難関な試験であるのに


合格後うまくいかないのは
「営業力がないからだ」
と切り捨てられるのは切ないね

自分の性格に向いているかどうかで
決めた方がいいと思います

公務員にまだなれる年齢だから
その道のほうが確実に安定する
    • good
    • 0

司法書士は自由業であり、営業力が非常に重要です。

どんなに知識があっても客がこなければ、収入0です。サラリーマンの方がよっぽど安定しています。しかし、営業力があれば大きな収入が得られます。これは、どんな仕事にも共通していると思います。司法書士に未来はあるかは、愚問です。自分に営業力があるか、または優れた営業マンを見つけられるかです。できれば、将来は明るいでしょう。いずれにしても、人の要望や希望を汲み取り、交渉能力があり、人間関係を良好に保てるような人でないと成功しないと思います。忍耐力も必要です。短期な人では続かないでしょう。
    • good
    • 0

司法書士に限らず「資格」だけで食べて行けるわけではありません。



営業力も必要ですし、性格的に「合う・合わない」という問題もあります。

もちろんマナーを守ることも大切ですし、「常識」がないと務まりません。

さて「あなた」の行動はいかがでしょうか。
    • good
    • 0

司法書士の将来に不安とありますが、全く問題なしです。


司法書士はかなりの難関です。独立しなくても需要は様々にあるはずです。ただ、会社をお辞めになっている現在、難関資格を目指して勉強するにはちと状況が悪いと思います。まず、予備校ではなくて就職を考えた方がいいのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答感謝いたします
ありがとうございます。

お礼日時:2003/11/01 22:18

司法書士の業務は大きく2つ「登記申請代理」と「簡易裁判所における裁判代理」です。



これらの業務がなくなることは考えにくいですが、無制限にあるわけではありませんから、「すべての司法書士」が食べてゆけるという保証はありません。
そこには「営業活動」も必要でしょうし、顧客との信頼を築くことなども大切でしょう。

たとえば、所有権移転登記や抵当権設定登記は銀行が「司法書士にさせる」ということとしています。
ある程度の知識があり、何度か登記申請書を作っていれば一般人でも「できる」ようにはなりますが、そこを「司法書士に依頼する」としているのは、「登記が間違いなくできる」という「信頼性」を担保する目的がそこに含まれています。
「責任を持たせる」というような意味もあるでしょうね。

「資格」を持っているだけで安心することはできませんが、資格を活かすことができれば「将来」はあるのではないでしょうか。

なお、周辺士業として土地家屋調査士や行政書士・社会保険労務士などを「兼業」としている場合もあります。
兼業をすることによって仕事に幅を広げることができるからですね。

司法書士に限らず、どんな「職業」につくにしても同じではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばらしい回答に感謝いたします。

やはり兼業、兼業、が幅を広めますね

お礼日時:2003/11/01 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士の過去問は買ったんですが・・・

司法書士の過去問は買ったんですが、あと基本書は何を買ったらよいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
民法、刑法、商法、憲法は司法試験用のテキストではあいません。私も(民法・商法)買ってみたのですが半分ぐらいしか通用しませんでした。難しかったからです。司法書士の学校で出している基本書だったら良いと思います。私は今はWセミナーを使っています。

Q司法書士試験 1発合格の秘訣 予備校

はじめまして。

私は、3月から司法書士試験の勉強を始めました。

目標は2011年7月合格の1発合格目標です。

予備校のDVD通信講座で、4月から開校予定ですが、

カリキュラムを見ると、全11科目全ての講義が終わるのが

2011年3月です。

私は1発合格したいのですが、

試験4か月前に講義が終了しても

本試験に間に合わせる自信がありません。

私的には、前倒ししてカリキュラムを進めて行きたいのですが

予備校に、前年度のDVDを送ってほしいとお願いしても

ものすごい高い値段で購入するように言ってきます。

さらに、予備校のDVD講義はカリキュラムに沿って2011年3月までかけて

進めるのは仕方ありませんが、

テキスト類は全て開始段階で送付するものと思っていましたが、

テキスト類も全て、DVDの収録時期に合わせてしか送ってこないとの事

です。

このようなケースで前倒しして学習するには、

どのようにすれば宜しいでしょうか?

有名な参考書等を購入して個別に進めていくしか方法はないのでしょう

か?

宜しくお願いします。

はじめまして。

私は、3月から司法書士試験の勉強を始めました。

目標は2011年7月合格の1発合格目標です。

予備校のDVD通信講座で、4月から開校予定ですが、

カリキュラムを見ると、全11科目全ての講義が終わるのが

2011年3月です。

私は1発合格したいのですが、

試験4か月前に講義が終了しても

本試験に間に合わせる自信がありません。

私的には、前倒ししてカリキュラムを進めて行きたいのですが

予備校に、前年度のDVDを送ってほしいとお願いしても

ものすごい高い値...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの場合、三年合格が標準なので、一年で合格するには、四か月で自習学習。
市販の初心者向けのもの。
いちばんやさしいものとして、オートマチックシリーズなど。
四ヶ月間で、過去問制覇。
上級問題集か、模擬試験で、時間配分の訓練。
以上と並行して、DVDは、いわば「復習」としての位置づけで進める。
まず、質問からして、予備知識が不足していることがうかがえます。
一日、5時間以上は必要でしょう。
休みの日は、10時間程度。

Q司法書士の過去問を電子データで欲しい

勉強を主にパソコンでやっているのですが、司法書士の過去問を電子データで手に入れることが出来ませんか?
書籍からパソコンに問題と解説を手打ちでやっているのですが、時間を省きたいのですが、探しても見つかりません。

書籍ではなく電子データとして過去問を販売していたり、提供しているサイトがありましたら教えてください。
パソコンデータの方が情報の整理を綺麗に出来るし勉強しやすいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

5年前ほど前、死ぬほど司法書士を勉強していた元受験生、元司法書士です。

>勉強を主にパソコンでやっているのですが、司法書士の過去問を電子データで手に入れることが出来ませんか?

市販されている様な過去問の電子データはないと思います。

>書籍ではなく電子データとして過去問を販売していたり、提供しているサイトがありましたら教えてください。

ただ、ざっくりとした一問一答形式(解説もそんなになく)のものでしたら、ベクターにあります。ちょっと古そうですが・・・

私は、全部自分で作っちゃいましたよ。一字一句、問題と解説を丁寧に打ち込んで作ったりはしませんでしたが、「問:相続放棄者がいる場合の相続登記の登記原因照明情報は? 答:被相続人の戸籍謄本、相続人の戸籍謄本、相続放棄申述受理証明書」ってな具合で。刑法なら2日丸々、不動産登記だけで1ヶ月くらいかかったかと思います。

それでは頑張ってください。

参考URL:http://search.vector.co.jp/search?query=%81%40%8Ei%96%40%8F%91%8Em&x=0&y=0

5年前ほど前、死ぬほど司法書士を勉強していた元受験生、元司法書士です。

>勉強を主にパソコンでやっているのですが、司法書士の過去問を電子データで手に入れることが出来ませんか?

市販されている様な過去問の電子データはないと思います。

>書籍ではなく電子データとして過去問を販売していたり、提供しているサイトがありましたら教えてください。

ただ、ざっくりとした一問一答形式(解説もそんなになく)のものでしたら、ベクターにあります。ちょっと古そうですが・・・

私は、全部自...続きを読む

Q司法書士試験 予備校 合格体験記の真意

はじめまして。
私は、司法書士試験に挑戦したいと思い、
各予備校のパンフレットを見ていますが、
その中に合格体験記があり、
内容を見るとかなり予備校を持ち上げたような内容になっています。
この文章自体は、予備校から金銭をもらい大げさに話されているであろうとは、商売上分かりますが、
合格までの受験回数等の内容は本当でしょうか?
例えば、1年前から勉強開始して一発合格したというような方の体験記や2回目の受験で合格した等とあります。
この内容に嘘があれば予備校の詐欺になると思いますが、
真実はどうなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の息子は2回で合格しました。
息子の友人もその程度で受かってます。
しかし、それは某有名私立大学の法学部法律学科の友人です。
皆さん現役でその大学に合額して成績優秀な人ばかしです。
現役で司法書士に合格した人も何人もいますし、司法試験に合格している人も何人もいます。
現に合格してますから詐欺ではありません。
息子が真剣に受験勉強に入ったのは1年過ぎてからです。
それまて漫然と予備校に通っていましたが合格者の体験を聞いて勉強方法をかえて翌年受かりました。
しかし98%の人が合格せず予備校を稼がせているのも事実です。

Q司法書士の過去問集は、どれがよいですか?

司法書士の過去問集(年度別ではなく、項目別の)は、どれがよいですか?
一長一短で決めかねるので、みなさんは
何をポイントに選んだのか、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Lはどうでしょう?Wもいいと聞きますが、ちょっと値は張りますが問題数はすごいです。気を抜くと消化不良にすぐ陥ります。
Lは法律に強いと聞いたことがあるので信じてやってみようと思います。解説も私にとって今のところ不満はないです。

Q遺言書作成 弁護士 司法書士 行政書士 安いのは?

遺言書を作成するにあたし、専門家に相談しながら公正証書を作りたいと思います。安く済むのは弁護士・司法書士・行政書士のいずれでしょうか?また、上記三者によってメリットデメリットなどありますか? 

Aベストアンサー

公正証書としての効力を遺言に持たせるなら、公証人に行ったほうがいいですよ。 あとで公証人役場に行って下さい。
公正証書と書いているので、わかっているとは思いますが。

しかし、遺言の内容の相談がしたければ三者に行くわけですが、私なら司法書士を薦めます。
受験の時から遺言の知識がかなりあり、料金も弁護士よりは安くあがると思います。
必ず書き込む内容を紙に、簡単でいいのでまとめておいて持って行ってくださいね。

確実に遺言を実行し、間違った方向に行かないようにするなら公証人に対し、公正証書遺言の認証をしてもらう事です。
特に、資産が多く相続のトラブルの可能性が高ければ尚更です。
http://www.yuigon.org/kousei_igon.html

Q司法書士 過去問集について

3回目の受験になる司法書士受験生です。

過去集について質問します。
昨年の受験は、過去問集を買いかえず前年度のものを使用しました。今年も2年前のものを使用し勉強していましたが、改正部分が気になり一冊だけ(民法)新たに購入しました。まっさらの過去問に書込みをする手間を考えると、時間の割りに得られるものが少なくロスが大きいと感じています。ある意味時間との戦いの試験です。
商法・商業登記法は買い換えるつもりでいますが、このまま古い過去問で勉強を続けると問題ありますでしょうか。(全て今年のものにした方がいいのか?)

また、私と同じような受験回数の方どのようにされているのか教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今度で3回目となる司法書士受験生です。

私も質問者さんと同様、まっさらな過去問に書き込みをする手間が無駄なので1年前の過去問を使っています。昔の過去問を使ううえで私の考えるメリットとデメリットは次のとおりです。

メリット
・新しい過去問に書き込みしたりラインを引く時間を節約できる。
・書き込みが充実し、読みやすいし分かりやすい。答えあわせの時
 など重要な語句だけを見て理解できるのであとは飛ばすことができる。
・1~2年程度の過去の問題であっても十分使える。
・時間が節約できた分、何度も過去問を解けるし正解率もみるみる上がる。
・過去問を買うお金も節約できる。

デメリット
・やはり法改正に対応できないことでしょう。

昨年までは実は常に新しい過去問が出るたびに買ってたのですが、同じような作業を何度もしているだけで、実が付いてきていないのが実感できたのでその反省を踏まえて今年は過去問を買いませんでした。また、法改正情報は予備校やネット、書籍等で常に仕入れるようにしていますので、特段不安はありません。

さすがに会社法は新しいのを買いますが、そういう感じで私は昔の過去問を使い続けるつもりです。

ちなみに私は過去問を解く時間を全て記録していますが、例えばLECの民法(上)を解く時間は、一回目はラインを引いたりしながら解くため、40時間かかりましたが2回目は書き込みが減った事と慣れたこともあって30時間になりました。以降もだんだん所要時間は短くなります。他の科目もそうですが、やはり書き込みやラインを引く時間が相当数に上ると思います。

「少しの法改正を身に付けるために、大幅な時間のロスはできない。若干の法改正を学べなくても、時間を有効活用して昔の過去問であってもその時間を利用してマスターした方が合格レベルに近づける」と思っています。

ではお互いがんばりましょうね。

今度で3回目となる司法書士受験生です。

私も質問者さんと同様、まっさらな過去問に書き込みをする手間が無駄なので1年前の過去問を使っています。昔の過去問を使ううえで私の考えるメリットとデメリットは次のとおりです。

メリット
・新しい過去問に書き込みしたりラインを引く時間を節約できる。
・書き込みが充実し、読みやすいし分かりやすい。答えあわせの時
 など重要な語句だけを見て理解できるのであとは飛ばすことができる。
・1~2年程度の過去の問題であっても十分使える。
・時間が節...続きを読む

Q司法書士試験合格者 → 新司法試験(予備試験)ルート

はじめまして。
司法書士試験に合格した知識レベルの者が、
新司法試験(予備試験ルート)への合格までは
どれくらいの勉強量を要するでしょうか?
司法書士試験に合格し、司法書士事務所へ勤務しながら
予備試験ルートでの合格を目指したいと思っております。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ときどきこういう質問をみかけて、解答しています。

科目的は、司法書士で勉強しないのは、刑法、刑事訴訟法になります。
あと全科目についての論文対策の勉強が必要となります。
ですので、司法書士の勉強x5くらいではないでしょうか。

Q司法書士の過去問集について

司法書士受験生&有資格者の方にお聞きします。

みなさんはどのような過去問集をお使いでしょうか?
実際使ってみた感想をお聞かせください。
具体的に教えていただけるとありがたいです。
今後の参考にしたいと思いますので、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4年ほど前の合格者です。
参考までに私の感想を。
私はLECの過去問集を使っていました。
ただ感想といっても悪くなかったとしか・・・
解説もそこそこ詳しかったですし。
(ミス等はどの過去問でもあったりします)
もっとも、その前に購入した東京法経のものは今一でした。紙が薄っぺらいのと、解説が一言二言しかなかったのが我慢ならなかったです。
あとは早稲田のをパラパラ見たりすることはありましたがLECと分量的にも内容的にも同程度。周囲と同じものあるいは自分が見やすいと思う方を選べば間違いないと思いますよ。

Q弁護士と司法書士

民事再生や破産を依頼する場合、どちらも依頼できる範囲は同じなのでしょうか?  
また依頼する場合、費用は同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

生活シーンで比較、弁護士に相談したい:比較・見積もりポータルサイト比較ALL
http://www.hikakuall.jp/scene/lawyer.html#whtlaw

―ワンポイント! 弁護士と司法書士の違いってなに?―

司法書士は、弁護士と同じように、「法律事件の解決」や「法律文書の作成」をその業務としています。それでは、司法書士の弁護士との違いは何でしょうか?

弁護士と司法書士のもっとも大きな違いは、弁護士は大小さまざまな民事事件や刑事事件を区別なく扱うことができるのに対し、司法書士は、金額が140万円を下回る民事事件しか扱うことができないという点にあります。

市民間のトラブルを扱う裁判所には小さな事件を扱う簡易裁判所から、その上級審である地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所と色々あります。弁護士はいずれの裁判所の事件に対応できますが、司法書士は簡易裁判所の事件だけに限定されています。

しかも司法書士の全員がそうなのではなく、一定の研修を受けた司法書士(認定司法書士)に限ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報