経済学の補助金と消費者余剰についての計算問題です。(図は省略)

(1)需要関数:D=300-6P、供給関数:S=4P-40のときの、需給が一致する取引量と価格を求めなさい。

答え:D=Sより
    300-6P=4P-40
    P=34

    D=300-6P
    D=96

    D(取引量)=96、P(価格)=34

(2)この商品に1個当たり2.5の補助金が与えられることになった。その場合の、新しい供給曲線の式を求めなさい。

答え:S=4(P+2.5)-40

 *間接税の場合、消費者余剰が減る。この問題の場合、補助金なので反作用して、消費者余剰が増えるので、+2.5としてみた。

(3)補助金が与えられた後の、需給が一致する取引量と価格を求めなさい。

答え:(2)より、S=4P-30

   D-Sより
   300-6P=4P-30
   P=33

   D=300-6P
   D=102

   D(取引量)=102、P(価格)=33

(4)補助金が与えられたことによって、増加した消費者余剰(増加分)を求めなさい。

答え:(3)より、(50-33)×102÷2=867

自分なりに解いて、答えをだしてみました。
正解かどうか、どなたか経済学に詳しい方、教えてください。
また、間違っている場合は、その個所を指摘し、正解をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

・OKwaveとgooが連動(共通)だということは私も最近知ったのです。

興味があったら、私が提起した質問と寄せられた回答を見てください--QNo.6930357およびとくにANo.17への「お礼」、それからANo.19を参照。

・いずれにせよ、補助金の効果をきちんと勉強したいなら、補助金が与えられた市場はどうなるか、価格、取引量、消費者余剰だけでなく、生産者余剰、総余剰を検討し、また補助金がないときと比較してどうなるのかについても、きちんと理解しておくことが必要。それから、補助金ではなく、反対に物品税(間接税)が課税されたらどうなるかについても--たとえば、生産1単位当たり2.5円の物品税が課せられたら--補助金の場合とどう異なるかを対比して検討しておくといこうことが重要です。そうでないと、応用がきかない!とくに需要、供給の図を描いて、消費者余剰、生産者余剰、総余剰、それから死荷重(デッドウェイトロス)がどうなるかを調べておくことが大切です。
    • good
    • 0

あなたはまた同じ質問を投稿していますね!私のチェックを信用していないということでしょうか??わかりました完璧な解答を書いておきましょう。



(1)需要関数は

1.
D = 300-6P       (1)

供給関数は

S = 4P - 40      (2)

である。市場均衡はD = Sのとき成り立つから、(1)と(2)より
 
300 - 6P = 4P - 40

よって、これを解くと、

   P = 34

これを(1)あるいは(2)に代入して

   D = S = 96

となる。

2. 補助金が生産1あたり2.5が与えられるとき、買い手支払価格をP、売り手受け取り価格をQとすると需要曲線と供給曲線はそれぞれ

(3) D = 300 - 6P

(4) S = 4Q - 40

ただし、PとQの間には
   
(5) Q = P + 2.5

の関係が成り立つ。よって、供給曲線は売り手受け取り価格の関数としては変わりがないが、買い手支払価格の関数としては(5)を(4)に代入して

   S = 4P - 30           (6)
と供給曲線は右にシフトする。 D=S とおいて(3)、(4)、(5)を解くと
   300-6P = 4P-30
よって P = 33
(3)あるいは(6)に代入して D = S = 102 となる。なお、売り手受け取り価格Q = P + 2.5 = 35.5となる。
消費者余剰を求めるためには、(3)および(5)を逆需要関数、逆供給関数のかたちに変形して
   P = 50 - D/6       (7)
    Q = 10 + S/4       (8)
と書くと便利である。このとき、消費者余剰CSは(逆)需要曲線(7)と価格線P=33に囲まれた三角形の領域の面積だから
   CS = (50-33)×102÷2 = 867
生産者余剰PSは価格線Q=35.5(8)とが(逆)供給曲線(8)とに囲まれた三角形の領域の面積だから
   PS= (35.5-10)×102÷2 = 1300.5
となる。よって、総余剰TSは、政府余剰GS=-2.5×102 =-255に注意ると
   TS = CS + PS + GS = 867 + 1300.5 -255=1912.5
となる。政府余剰GSは税収額だが、ここでマイナスとなっているのは補助金支出額だから。負の税収額と考えると分かりやすい。
補助金がない場合との余剰の比較は自分でやってほしい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問の重複の件ですが、一部訂正をしたかったのですが、訂正方法がないようなので再投稿させてもらったのとgooとOkwaveが連動(?)していることが気づかずにこのようになってしまいました。

決していたずらではありません。

親切な対応ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/27 15:27

・確かに、元の答えだと、消費者余剰は補助金のもとで、減少してしまう。

今度は増加しているから計算は合っているのでしょう!(細かいところは、手元に計算機がないので確かめませんが!)

・宿題は折をみて?いまここにそろっているデータがあれば、簡単に(2-3分の時間があれば)計算できるでしょう!
 補助金のあるときの生産者余剰=(35.5-10)×102÷2

 補助金のないときの生産者余剰=(34-10)×96÷2

とすぐ計算できる!総余剰を求めるためにはどうしたらよいか?
    • good
    • 0

計算は合っていますね。


ではもう一つの宿題のほうはどうなったでしょうか?ヒントを出しておきましょう。
生産者余剰も、補助金がないときにくらべて、より大きくなります。理由は、Q(売り手が受け取る価格)がより高くなり、生産量も拡大するからです。しかし、消費者余剰が拡大し、生産者余剰も拡大するにもかかわらず、総余剰は(補助金がないときにくらべて)減少します!実際に計算することによって確かめてください。

この回答への補足

statecollegeさん、たびたびすいません。

(4)の(1)よりの答えが計算間違いのようでした。

答え:(1)より、(50-34)×96÷2=768
   (3)より、(50-33)×102÷2=867
   867-768=99

それから、宿題の方も折を見て考えたいと思います。

補足日時:2011/08/25 14:00
    • good
    • 0

計算はあっていますね。

しかし2点ほどコメントがある。

>(4)補助金が与えられたことによって、増加した消費者余剰(増加分)を求めなさい。

答え:(3)より、(50-33)×102÷2=867

・あなたが計算したのは、補助金後の消費者余剰の値だが、問題には「増加した消費者余剰(増加分)」を求めよ、とある。これは補助金がないときに比べていくら消費者余剰が増加しているか、と尋ねているのではないか?そうだとしたら、(1)より補助金がないときの消費者余剰を計算し、それをいま求めた値から差し引いくことで「増分」を計算することが要請されているのではないか?計算してみてください。

・補助金があると、売り手の受け取り価格と買い手の支払い価格は異なってくる。あなたのPは後者だが、問題に何もかいていなときはそれでよいと思うが、両者の区別を理解しておくことは重要だ。いま前者の価格をQであらわすと、QとPの間には
  Q - P = 2.5
という関係がある。Qの関数として表わした供給関数は、
  S = 4Q-40
で以前と変わらない。(Pで表わせば、あなたの式のようになり、右にシフトする)。PとQの区別が重要なのは、とくに生産者余剰を計算するときだ。ここでは求めることは要請されていないが、生産者余剰、そして総余剰を計算してみたらどうなるか、補助金がないときとくらべて増えるのか減るのか、ぜひ計算してみられたい!

この回答への補足

statecollegeさん、丁寧な解答ありがとうございます。

(4)についてですが、以下のように解いてみました。

(4)答え:(1)より、(50-34)×96÷2=1152
     (3)より、(50-33)×102÷2=867
     1152-867=285

こんな感じでどうでしょうか?

補足日時:2011/08/24 19:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中小機構の補助金及び助成金

3月末に中小機構(独立行政法人)から補助金と助成金を受け取るのですが、法人税は課税でしょうか?課税ならば、特殊な税率を適用するなどあるのでしょうか?現在かなりの赤字なので、補助金及び助成金が入ったとしても赤字なんですが、法人税でるのでしょうか?

Aベストアンサー

補助金、助成金は売上と同じように会社としては収益とします。
その結果、利益がでれば法人税がかかりますが、その法人税は一般の税率が適用され、特別な税率はありません。

なお、消費税は課税されません。

Qミクロ経済学、独占企業が存在し図の均衡価格が価格Aへと上昇したとする。各経済主体および経済全体の余剰

ミクロ経済学、独占企業が存在し図の均衡価格が価格Aへと上昇したとする。各経済主体および経済全体の余剰に起きる変化について正しいのを選べ。
1, 消費者余剰と生産者余剰の大きさに変化は無い
2, 消費者余剰の大きさが三角形①へと変化する
3,生産者余剰の大きさだけが三角形②へと変化する
4,経済全体の余剰に三角形⑤、⑥の損失が発生する


課題なんですが分かりません

Aベストアンサー

>問題は間違ってないです……訳分からないですよね……笑

一つ考えられるのは、需要曲線と供給曲線とで描かれる完全競争市場があったとする。いま、これらの競争している企業が結託して一つの独占企業として行動したとする。このときの、余剰(生産者余剰、消費者余剰、総余剰)はどうなるか?あるいはこの市場には独占企業が存在する。この企業が独占的に行動する(つまり限界収入=限界費用によって行動する)場合と競争的に(つまりプライステイカーとして)行動する場合を比較し、余剰がどうなるかを考えよ、ということかもしれない。どちらも同じ結果を導く。そういう意味だとしてこの問題を解いてみよう。
Aは独占価格、独占生産量は価格線が需要曲線と交わる点から垂線を下し、それの横軸との交点の横座標で示される。競争的に行動したときの価格は需要曲線と供給曲線の交点(均衡点)の縦座標で示され、生産量(取引量)は均衡点の横座標で示される。競争状態のときの消費者余剰=①+③+⑤であり、生産者余剰=②+④+⑥、よって総余剰=①+②+③+④+⑤+⑥であらわされる。一方独占状態のときの消費者余剰=①、生産者余剰=②+③+④、総余剰=①+②+③+④となる。したがって、独占のときの総余剰は⑤+⑥だけ、競争状態のときの総余剰より小さくなる、つまり、答えは選択肢4となる。

>問題は間違ってないです……訳分からないですよね……笑

一つ考えられるのは、需要曲線と供給曲線とで描かれる完全競争市場があったとする。いま、これらの競争している企業が結託して一つの独占企業として行動したとする。このときの、余剰(生産者余剰、消費者余剰、総余剰)はどうなるか?あるいはこの市場には独占企業が存在する。この企業が独占的に行動する(つまり限界収入=限界費用によって行動する)場合と競争的に(つまりプライステイカーとして)行動する場合を比較し、余剰がどうなるかを考えよ、とい...続きを読む

Q寄付金と補助金と助成金ってどう違いますか?

寄付金と補助金と助成金ってどう違いますか?

Aベストアンサー

寄付金とは、何の見返りもなく無償で提供されるお金。

補助金とは、企業が製造販売などの何らかの活動をする場合に、申請の通った項目に限りかかる経費の何割かを補助してくれるもの。

助成金とは、人材関係の目標達成のご褒美と言えばわかりやすいです。
高齢者を一定の期間雇用したご褒美とか、労働環境に関わるものに対して与えられるもの。

新しい製品やサービスを提供したりする時に使えるのが補助金で、国が推奨する労働環境を整えた場合にご褒美としてもらえるのが助成金って覚えておくと解りやすい。

Qミクロ経済学の消費者余剰の具体的意味

 ミクロ経済学は売り手と買い手の経済行動をミクロな視点から積み上げていってマクロ経済を読み解くという視点かと理解しています。その理論の一つに消費者余剰、生産者余剰という概念があります。

 生産者余剰は平たく言えば売上高から費用を引いた残りの利益のことを指していますね。この売上高も費用も日常的な感覚や会計の視点からも納得感があってすぐに理解できます。

 ところが消費者余剰になると途端に分かったような分からないような、きつねにつままれたような感覚になります。定義としてはある財について最大限払ってもよいと考えていた金額から実際に買えた金額を引いた残りが消費者余剰ですよ、とされています。生産者余剰における売上高や費用に相当するミクロ経済学的な定義に比べて、消費者余剰における最大限払ってもよいと考える金額という定義はあいまいなものでいまひとつ納得感がありません。

 生産者余剰を分析する際の供給曲線はその本質は別名、限界費用曲線と言われているように費用曲線ということですよね。総費用曲線を生産量で微分した曲線です。ある財を生産する費用は客観的に測定可能です。

 消費者余剰を分析する際は総消費便益曲線を消費量で微分します。それが需要曲線です。需要曲線が右下がりになるのは、微分する前の総消費便益曲線が逓減しているからですね。

 消費者つまり買う側にとっても利益があるよという考え方は経済学特有の思考方法と思います。普通に考えれば買う側には費用のみが発生するのであり、儲けがあるなんて想像もしません。このあたりをどう飲み込むのかがミクロ経済学を理解するポイントのひとつのように思われます。

 買う側にとっての総便益というのは、売る側ににとっての総消費のように客観的に測定できるものなんですか?買う側にとっての総便益曲線が客観的に描ければ消費者余剰も理解できることになるような気がします。そもそもそこは定義の話でそいういうものとして飲み込んで、ミクロ経済学を理解すべき性質のものかもしれません。

 ミクロ経済学は売り手と買い手の経済行動をミクロな視点から積み上げていってマクロ経済を読み解くという視点かと理解しています。その理論の一つに消費者余剰、生産者余剰という概念があります。

 生産者余剰は平たく言えば売上高から費用を引いた残りの利益のことを指していますね。この売上高も費用も日常的な感覚や会計の視点からも納得感があってすぐに理解できます。

 ところが消費者余剰になると途端に分かったような分からないような、きつねにつままれたような感覚になります。定義としてはある財...続きを読む

Aベストアンサー

回答3の「お礼」のところで、労働需要曲線の例をあげて「消費者余剰」を考察されていますが、買い手が消費者であるか、この例のように企業であるかによって、消費者「余剰」の意味が少し違います。買い手が企業の場合は目的が効用の最大化というよりは利潤の最大化だからです。
いま、企業の労働需要がどのようにして得られるか考えてみましょう。簡単化のため労働(だけ)を生産要素として用いて、ある生産物を生産している企業を考ます。いま、労働インプットについて収穫逓減する技術(生産関数)
  
     y = f(L), f' > 0, f'' < 0

を用いるとき、この企業は生産物の価格pと賃金wを所与として利潤

    Π = py - wL = pf(L) - wL

を労働量Lを選択することで最大化する。すると、利潤最大化の1階の条件は

   0 = dΠ/dL = pf'(L) - w

よって

(*)    w = pf'(L)

が労働にたいするこの企業の需要曲線である。wを縦軸に、Lを横軸にとったとき、(*)を示す曲線は右下がりの曲線となる(確かめよ)。この企業が賃金のある値に直面しているとすると、買い手の「余剰」は労働需要曲線の下の部分の0からL(その賃金に対応する労働量)までの面積から、実際に支払われる賃金額wL(長方形の面積)を差し引いた残りとなります。式を用いると、

   余剰 = ∫(0,L)pf'(s)ds - wL = p∫(0,L)f'(s)ds - wL = pf(L) - wL = Π

を得る。つまり、この場合、総便益はLを雇用することから得られる企業の総収入であり、余剰は収入からこの企業にとってただ一つの費用である賃金支払額wLを差し引くことで得られるので、この企業の利潤にほかならないのです。買い手が消費者(家計)の場合は、同じように計算できますが、その場合総便益はある種の「効用」をあらわしていることになります。

回答3の「お礼」のところで、労働需要曲線の例をあげて「消費者余剰」を考察されていますが、買い手が消費者であるか、この例のように企業であるかによって、消費者「余剰」の意味が少し違います。買い手が企業の場合は目的が効用の最大化というよりは利潤の最大化だからです。
いま、企業の労働需要がどのようにして得られるか考えてみましょう。簡単化のため労働(だけ)を生産要素として用いて、ある生産物を生産している企業を考ます。いま、労働インプットについて収穫逓減する技術(生産関数)
  
   ...続きを読む

Q農家が活用できる助成金や補助金ってどんなものがあるの?

最近中小企業緊急雇用補助金が適用されて週休3日になった友達がいました。
世の中には色々な補助金や助成金があり、知らないと損してしまうなと感じました。
そこで、農家が活用できる助成金はどんなのがあるのか疑問に思いました。
僕の実家は専業農家です。
現在家族3人で営んでいます。
農家が活用できる助成金・補助金ってどんなものがあるか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農業関係は多種あり国の助成の他、県、市町村単位で独自に行っているものがあります。ほとんどが地元のJAが窓口になっていますので、管轄のJAへ問い合わせてみて下さい。
 一例として、施設整備等の資金の助成。借入金の利子助成。
 農業後継者や担い手に対する育成資金。
 (海外視察費用の助成もある)
 指定野菜の価格が基準以下になった場合の価格補償制度。
 公的ではなくJAが独自に助成や価格支援をしている場合もあります。
 地域で異なり、それぞれ条件がありますので、行政の農政担当や管轄のJAへ問い合わせてみてください。

 

Q消費者余剰、生産者余剰の数量0付近のこと

経済学の教科書を読み始めて数日の初心者です。
需要供給曲線や、消費者余剰などの概念をようやく読み終えたところです。

需要供給曲線だけを話しているときは、たいてい数量0や大量付近のグラフはカットされていて、現実的な数値のみで話をする雰囲気でした。

消費者余剰や生産者余剰の話になったとき、
「総消費者余剰は需要曲線の下側で価格より上の領域の面積に等しい」
と表現されています。意味は十分にわかるのですが、この場合、急に需要曲線の数量0付近が出現、というか数量0の時の価格まで決まった形で書かれています。

初心者向けにこの教科書では需要曲線が直線で書かれていましたが、実際には曲線でしょうし、0付近になると無限大の概念になってくるのはないかと思いました。つまり、一般的には0というのがあり得ないもしくは価格無限大になって、面積を求めるということができないのではないかと思ったわけです。

まだ、ここまでしか読んでいないのでわかっていないだけかもしれないのですが、この0付近のことはあまり考えなくてもよいのでしょうか?
問題は「変化」だけだから、便宜的に考えたらよいとか、そういうことなのでしょうか。

言葉足らずかもしれませんし、的外れなことを言っているかもしれませんが、くみ取っていただいてお答えいただければ幸いです。
(たった2冊しか教科書は見ていませんが、それには両方とも、このあたりのことは全く触れられていなかったので・・・)

経済学の教科書を読み始めて数日の初心者です。
需要供給曲線や、消費者余剰などの概念をようやく読み終えたところです。

需要供給曲線だけを話しているときは、たいてい数量0や大量付近のグラフはカットされていて、現実的な数値のみで話をする雰囲気でした。

消費者余剰や生産者余剰の話になったとき、
「総消費者余剰は需要曲線の下側で価格より上の領域の面積に等しい」
と表現されています。意味は十分にわかるのですが、この場合、急に需要曲線の数量0付近が出現、というか数量0の時の価格まで...続きを読む

Aベストアンサー

> 需要曲線が直線で書かれていましたが、実際には曲線でしょうし、0付近になると無限大の概念になってくるのはないかと思いました。

その通りでしょう。
実際問題、経済理論の研究の際には、需要曲線は右下がりの曲線であり、第一象限を通る、としか仮定されません。
ただし、数学的にごく局所的な話をする場合、テイラー展開などを使って、直線に近似するほうが取り扱いが簡便なので、この方法が良く使われます。


> まだ、ここまでしか読んでいないのでわかっていないだけかもしれないのですが、この0付近のことはあまり考えなくてもよいのでしょうか?

零付近や無限大付近は、引き算の際に相殺されて消えるか、あるいは最初から足さない部分なので、特に気にする必要はありません。


因みに、
> seatakuさんの「棒グラフつなぎ」だと、棒グラフの左上をつないだ線としています。
は、本来、量は無限に分割可能なので、棒グラフの幅が零です。なので、左上と真ん中と右上の点は同じ点になります。

Q助成金、補助金のセミナー

助成金、補助金について学びたいと思っていますが、種類が多すぎよく分からないのでセミナーなどに参加しようと思っていますがネットで少し調べてみましたが助成金、補助金などのセミナーがあまりなく、どのようなセミナーに参加すればいいのか分かりません。どなたかいいアドバイスをいただけませんでしょうか。ちなみに東京でのセミナーを希望してます。

Aベストアンサー

厚生労働省系の助成金などは社会保険労務士、中小企業庁系の助成金は中小企業診断士、その他これらの助成金を含めたコンサルタントを行うコンサルタント会社などがあります。メールマガジンなどに登録すると案内が届いたりしますから、探してみてはいかがでしょうか?

私も経営者の一人として興味のある分野です。メールマガジンでの情報などから診断士のセミナーを受けたことがあります。紹介によりコンサルタント会社のセミナーも受けたことがあります。

あなたがご自身の会社のために勉強するのならば、会社が所属する法人会・商工会などでもセミナーを行っている場合もあります。

Qミクロ経済学について教えてください。 2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費

ミクロ経済学について教えてください。
2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費者は第1期にも第2期にも働いて、それぞれY₁≥0、Y₂≥0の実質賃金を得るとする。実質利子率r>0とし、消費者は第1期に貯蓄及び借入を行えるとする。消費者は異時点間の予算制約のもとで、第2期に得られる効用の和U(C₁,C₂)=u(c₁)+u(c₂)が最大となるように第1期の消費、第2期の消費の最適な水準を決定している。各期の効用関数は対数関数(u(C)=logC)であるとする

この場合の予算制約の式はどういうやり方で求められるのでしょう?

Aベストアンサー

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予算制約は、この貯蓄Sを利子率rで運用するなら、第2期の期首には第2期の所得Y2のほかに、貯蓄を運用したときの元利合計(1+r)Sが第2期の消費にあてることができるので

C2 = Y2 + (1+r)S                          (**)

となる。(*)を(**)の右辺のSに代入し、整理するなら、求める式(一番上の式)を得る、ということです。

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予...続きを読む

Q住宅ローンの、補助金? 助成金?

御世話になります。

知人から聞いたのですが、このようなことはあるのでしょうか?

家を建てて、ローンを組んだ場合、補助金? 助成金? が受けられる
というものです。

10年間に限り 補助金? が受けられ ローン残金に対しての比率で受けられる
とのことです。

ひょっとしたら、昔はそのようなことは、あったかもしれないですが、
現在はないのかもしれません。

ご存じの方、教えて下さい。

また、別な、補助金? 助成金? があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

一時金として以下のような制度もあります。
要件を満たせば給付を受けられます。

http://sumai-kyufu.jp/


ちなみに。。。

> これって、年末調整で戻ってくるということですかね?

勤め先で行う年末調整ではなく税務署へ行って行う確定申告です。
No.1の方が示されている国税庁のWebサイトのページに「5 住宅借入金等特別控除の適用を受けるための手続」という項目があります。まずはここをしっかりお読みになられるとよいでしょう。

参考まで。

Q「市場均衡点において、消費者余剰・生産者余剰がともに最大というわけでは

「市場均衡点において、消費者余剰・生産者余剰がともに最大というわけではない理由」について。
初めまして。
現在証券アナリスト資格試験の為、経済学の勉強に取り組んでいます。
一つ疑問があったのでお聞かせください。
正誤問題にて、
「完全競争市場の市場均衡においては、生産者余剰と消費者余剰はともに最大である」
が誤りとなっていました。
解答には、「総余剰が最大ではあるが、それぞれが最大というわけではない」と書いています。

不思議に思いましたが、供給曲線と需要曲線上のどの点で考えてみても、市場均衡点の総余剰を上回る点を見つけられませんでした。
そこで、「消費者余剰・生産者余剰がともに最大というわけではない」という部分について
何か例などありましたらお教えいただけませんでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

価格がP1である時の消費者余剰は、縦軸のP1の点から水平に需要曲線と交わるまで引いた直線と需要曲線と縦軸の線で囲まれた三角形の面積です。
また、価格がP2である時の生産者余剰は、縦軸のP2から水平に供給曲線と交わるまで引いた直線と供給曲線と縦軸の線で囲まれた三角形の面積です。

ここで、P1とP2が等しくてその価格が均衡価格P0であるなら、消費者余剰と生産者余剰の合計である総余剰は最大になります。

しかし、P1がP0より安い価格であった場合、P1の上の三角形はP0の時の三角形より大きいですから、消費者余剰は均衡価格の時より大きくなります。このとき生産者余剰は小さくなり、赤字になる生産者が多くなるので、生産量が減少し需要超過の状態になっています。総余剰は市場均衡の時より少なくなっています。しかし、消費者余剰は市場均衡の時より大きいですから、市場均衡点で消費者余剰は最大ではありません。


グラフを書こうと思ったのですが、私のブラウザーが相性が悪いようでグラフが書けません。単純な絵ですから頭で想像してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング