あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

中学1年です。

 理科の水溶液の勉強で「硝酸銀水溶液」というのがあるのですが、わたしの中ではその水溶液がなんなのか分かりません。
 辞書で調べると、「硝酸」とまでしか載っていなく、パソコンで調べると、内容が今一分からず結局なんなのか分かっていません。

 どなたか、中1でもわかるような説明で、「硝酸銀水溶液」の説明をしていただけないでしょうか。
 よろしくお願いいたします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずは元素の理解ですね。

元素と原子、あと単体をきちんと区別して理解するのが化学の最初の課題かと思います。
 他の方のご回答にもあるように、
「硝酸」とは、化学式HNO3で表される酸性の物質です。一方で、化学式NO3-(一価の陰イオン)で表される「硝酸イオン」と呼ばれるものもあったりと慣れないうちは何がどうなんだかさっぱりな気持ちはよく分かります。これから関心を持ちつつ勉強してゆけば、自然に身につきますから焦らないでね。

本題ですが、「硝酸銀」とは、先の「硝酸」の水溶液に銀(Ag)を投げ込んだ時に出来る化合物のことです。決して投げ込まないでね。

Ag+ + NO3- → AgNO3となります。これが、「硝酸」の水溶液に銀を入れた時の変化です。何となくでもお解りいただければ幸いです。
    • good
    • 5

最も簡単に答えるなら



「銀を硝酸水溶液で溶かしたもの」

小学校で実験したかも知れませんが、鉄や亜鉛は塩酸で簡単に溶けます。

銀は貴金属の一種で、さびにくい、安定な物質です。
そのため、銀を溶かすためには、硝酸や熱した濃い硫酸(熱濃硫酸といいます)
が必要になります。

No.1の方と違う視点から書いてみました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさんいろんな角度から書かれているので、読むのも面白かったですが、とても参考になりました。

 明日はテストなので、明日までにしっかり頭に叩き込んで、明日のテストに備えようと思います。

 お返事が遅れた上に、こんな文章ですみません。

 本当に、ありがとうございました!!!

お礼日時:2011/08/29 18:50

中学1年で「硝酸銀水溶液」というのは「塩素」の存在の確認に使われると習われたのでしょうか?


硝酸銀は 塩素と顕著に反応して白い沈殿を作ります。
塩酸、食塩水、水道水(塩素殺菌されています)などに加えると白く濁ります。
あとは まだ習いませんが 銀鏡反応と言って鏡を作る実験に登場します。

中学、高校の化学ではこのくらいだったと思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ありがとうございました!!!

 とても、分かり易かったですっ☆

お礼日時:2011/08/28 16:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸銀について

2ヶ月前ぐらいに、実験で硝酸銀を扱った時に誤って手に付着させてしまいました。
(手袋をしておくべきでしたが、その時はしていませんでした)

急いで手を洗ったのですが、その日の終わりに気づいたら手に黒い斑点ができており、洗ってもなかなかとれませんでした。仕方なく、軽石でこすり続けてようやくとれたのですが、次の日、手をみたら、また斑点が復活していたのです。。。(泣)

これをまた軽石でこすって落としてからは、斑点はでなくなりましたが、何か他にも害があるのではないか、と今でも心配になります。

硝酸銀の毒性について知っている方がおられましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置されていると思います)に相談するのがよいでしょう。

なお、通常の皮膚なら、細胞更新で消えてくれるので(極少量なら)
まだいいのですが、万が一目(角膜)に触れると失明の危険が
大です。
手袋と共に、ゴーグルの着用も忘れないようにして下さい。


*余談;
 銀はイオン化傾向の小さい金属ですので、銀イオンは酸化剤として
 の働きを持ちます(対となる陰イオン又はキレート剤にもよりますが)。
 黒色になったのは、皮膚中のアミノ基などが銀イオンに酸化されて
 ラジカルカチオンなどになり、芳香族環を持つアミノ酸(トリプトファン、
 フェニルアラニン)等と反応し、これが長鎖化したものと思います。
 (p-フェニレンジアミン誘導体等と銀イオンの酸化還元によって色素を
  生成させる「カラー写真」の発色現像の原理と同様。
  但しこの場合は、アミン酸化物と反応する物質が別に存在し、
  長鎖化ではなく特定色素の形成で発色します。
  (黒変は、どちらかというとタール化に近いイメージかと))

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置...続きを読む

Q塩化ストロンチウム水溶液の属性

塩化ストロンチウム水溶液についてですが、アルカリ性か中性かで判断できず悩んでいます。
お詳しい方ならすぐにお分かりになると思うのですが、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

中性です。
水溶液が中性以外になるのは、塩に H+ や OH- が含まれているとき、加水分解を起こすとき、沈殿が出来て H+ や OH- が失われるときだと思います。
塩化ストロンチウムはいずれにもあてはまりません。

(NaOH濃厚溶液中などでは、 Sr2+ + 2OH- → Sr(OH)2 の反応が起こりますので、厳密に言えば、水溶液中でもOH- が消費されて H+ が出来るような加水分解が起こっているかもしれません。しかし、Sr(OH)2 は水に溶けますので、加水分解の効果は無視してよいでしょう。)

Q高1です。化学の沈殿反応についてです。硝酸銀水溶液と水道水の化学反応式を教えてください。わから

高1です。
化学の沈殿反応についてです。
硝酸銀水溶液と水道水の化学反応式を教えてください。
わからなくて困っています。
お願いします。

Aベストアンサー

AgNO3+HCl→AgCl+HNO3

Q希硫酸とは?

↓で質問したものです。
硫酸はSO3とH2が化学反応を起こし、H2SO4になったものだということはよくわかりました。
では、希硫酸とはどういうものなのでしょう?
H2OとH2SO4が均一に混ざっている状態のものですか?

Aベストアンサー

SO3とH2Oの反応の条件で、硫酸と希硫酸になるわけではありません。

硫酸とは別に希硫酸というものがあるわけではありません。
同様に硫酸とは別に濃硫酸というものがあるわけではありません。
どれも硫酸です。H2SO4です。

H2SO4の濃度の高いものが濃硫酸、濃硫酸を水で薄めたものが希硫酸です。「希」という字は「希釈」などと同じ「うすい」「うすめる」という意味です。

工業的な規格では、濃硫酸は、H2SO4の濃度が90~100%のもの、希硫酸は、H2SO4の濃度が27~50%のものを指します。

一般の希硫酸は、目的に応じて濃硫酸を水で薄めて作るのでいろいろな濃度のものがあります。

QAgNO3(硝酸銀)水溶液の液性

塩の液性について学んでいたんですが,ある問題集に「AgNO3水溶液は例外的に中性である」と書いてありました.これが納得いきません.理由を教えてください!よろしくお願いします.
加水分解を考えると下のように酸性になる気がするのですが・・・
Ag+ + H2O → Ag(OH) + H+
2AgOH → Ag2O + H2O

まとめて,2Ag+ + H2O → Ag2O + 2H+  だから酸性???

Aベストアンサー

 もう回答は必要ないのかもしれませんが,たまたま「コットン・ウィルキンソン 無機化学」(培風館)の記載を目にしましたので。

> AgOHは弱塩基,硝酸は強酸で,

 これが間違っている様です。上記成書によると,『酸化銀は強い塩基で,水中に懸濁させるとアルカリ性である』そうです。

 したがって,強酸・強塩基の塩で中性ですね。

Q硝酸銀の作り方

写真の勉強で鶏卵紙という印画紙を作ろうと思っています。
塩を加えた卵白を塗った紙に、水に溶かした硝酸銀を上塗りすることで鶏卵紙ができるらしく、硝酸銀を薬局で購入しなければならないのですが、そもそも硝酸銀というのはどのように作られているものなのでしょうか?
「AgNO3の劇物」ということですが、普通の銀と硝酸銀はどのような性質の違いがあるのか教えてください。
化学の知識がまったくないので、銀と硝酸銀の作り方を教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

> どうして銀の中でも硝酸銀なのか、わかりませんが。

下記参考URLを見ていただくとわかりますが、実際に鶏卵紙上で感光するのは
塩化銀になります。
「だったらなんで最初から塩化銀で作らないの?」と思われるかもしれませんが、
最初から固体だと均一に分散させるのが難しく(塩化銀の溶解度は極めて低い)、
均一に分散できないと均一に露光できなくなるから、です。

> これと似たような反応をする比較的安全な物質ってないものなのでしょうか?

これも参考URLに出ていますが、鉄塩を利用した「サイアノタイプ」というものも
あります(「サイアノ=シアノ」で、ヘキサシアノ鉄(III)酸塩を使用した感光材料)。
安全性で言えば、こちらの方が圧倒的に安全でしょう。
(硝酸銀で黒くなるのが手ぐらいならまだいいのですが、眼に触れたらアウト。
 実際使ってみるとわかりますが、うっかり手で触ると、急いで洗ったとしても
 翌日にはほくろより真っ黒な斑点が出ますので・・・)


専門の方がついての実験であれば、恐らくその場で注意がされると思いますが、
手袋・ゴーグルなどの保護具の着用、実験後の実験台の水拭きなど、
いつも以上に注意して行って下さい。
(私は硝酸銀を使った後は、一旦手袋をしたままで手を洗い、水道栓も洗ってから
 手袋を外すようにしていました。うっかり手袋についたのを手につけたりしても
 いやだったので・・・)

参考URL:http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/gakkou/koukou/active/15kenkyu/ushikueishinn.pdf

> どうして銀の中でも硝酸銀なのか、わかりませんが。

下記参考URLを見ていただくとわかりますが、実際に鶏卵紙上で感光するのは
塩化銀になります。
「だったらなんで最初から塩化銀で作らないの?」と思われるかもしれませんが、
最初から固体だと均一に分散させるのが難しく(塩化銀の溶解度は極めて低い)、
均一に分散できないと均一に露光できなくなるから、です。

> これと似たような反応をする比較的安全な物質ってないものなのでしょうか?

これも参考URLに出ていますが、鉄塩を利用した「サイ...続きを読む

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q銀溶液の廃棄方法について

現在銀の定量試験をしているのですが、その際の検量線の作成のために、1ppmと8ppbの標準溶液を調製しています。その廃棄方法なのですが、何か特別な廃棄方法が必要ですか?1ppmくらいなら普通に流しても問題ないでしょうか?化学についてはど素人なもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硫酸銀溶液か硝酸銀溶液をお使いですか??
両者とも食塩で銀の沈殿を作って一晩おいて置いたら沈殿が沈むので上澄みを流したら良いと思います。

銀の沈殿は貯めて置いて薬品会社に売ることも出来ますよ

全然違う物質だったらごめんなさい。

Q硝酸銀の反応

こんにちわ。早速ですが質問させていただきます。
水道水(塩素が含まれている)、塩酸、塩化ナトリウム、にそれぞれ硝酸銀を加えたら、すべてが白色沈殿
しました。次にその試験管を太陽光に三十分ほど当てたら、水道水は黒色沈殿、塩酸は僅かに茶褐色を帯びた白色沈殿、塩化ナトリウムは僅かに紫がかった白色沈殿、という結果になりました。
白色沈殿したのは塩化銀が出来たからだと思いますが、太陽光に当てたときの反応がわかりません。
教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あえて反応式を書けば
AgNO3+Cl2+H2O→AgCl+HNO3+HOCl
AgNO3+HCl→AgCl+HNO3
AgNO3+NaCl→AgCl+NaNO3
かと思います(水道水は違うかも)。

しかし、イオン反応式で書けば
Ag+ + Cl- → AgCl
でどれも同じです。

上の反応式ではAgCl以外の副産物が出来ているように見えますが、それらはイオンになって溶けているので、副産物として存在しているとは考えないのが普通です。
(普通、イオン反応式 Ag+ + Cl- → AgCl しか考えません。)
あえて調べるなら、陰イオンと陽イオンを別々に調べることになります。(NO3)- は褐色環反応、Naは炎色反応で調べられます。HOClが正しければ、酸化力があるので、漂白作用があるかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

価格.com 格安SIM 料金比較