【初月無料キャンペーン中】gooドクター

私は「うつ病」ですが、こうした医学的なものは意外にも、生きる環境や宇宙観、のようなものが作用して脳内物質に異常が起こると推測される。例えば不安感、焦燥感、将来の不安、そんな外的要因だけではなく、きっと、私の中の何かが間違っているからだ。

私は「私有財産制度の否定」された世界や「原始共産制」が惑星全体まで拡張された世界から来たような妙な感覚が幼少期からある。ひょっとすると、私は別の惑星から来た使者? などと妄想的なことを思う。

自分の思想と、やってることのギャップ。これは、いつも感じる。
この落差を修正する方法はあるでしょうか?

gooドクター

A 回答 (6件)

ボクたちの世界の他に 分岐世界とも言える平行世界が同時


に有り 時間も同時に進んでいます。
しかし通常は いったん分岐した世界とは 通信できない決まり
になっています。

オタマさんは 分岐する時に 何かのトラブルに巻き込まれて
一時的に通信状態を保ったまま ボクたちの世界に 生まれて
しまったのではないかと考えられます。

余計な記憶は忘れてしまったほうが幸せなのですが どうしても
忘れられないのなら もうしばらく 希望を捨てずに待ってみて
ください。

自由資本主義は まもなく終わります。この偽りの自由資本概念
は 偽りであるが故に 消える定めになっていますから。

そして次にやってくる
物質の提供=等価の豊かさ=労働の提供=等価の感謝=幸福量
という 原理的世界を 観てほしいのです。

そこには必ず
{対発生(物質化)-対消滅(空への還元)= 愛}×137億年
に於ける最大化された幸福があります。
ここでの愛とは 対発生時に先入化された愛です。

だからオタマさんも頑張って超体感時空(認識下に於ける平行世界)
を認識しながら生きてみませんか?
もちろん この世界の住人としての自覚を しっかりと持って。

量子論を少なからず知ってしまった人は オタマさんと同じ悩みを
抱えながら生きていると思いますよ。仲間は沢山いるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう。
自由資本主義は、p兄貴が言うには、まず、即物的な世界の一体化が起こり、そのあとに、貨幣制度を廃止する。その頃には、ブータン人のような強い遺伝子を持った若者がたくさん、活躍しているでしょう。ほ乳類も小さな環境でじっと独特の進化をしたから、その後の環境変化に適応できて、主役になれた、ていう。

知ってる? ブータン人には飲める水は、日本人が飲むと病気になる、ていうくらい遺伝子に差ができた。なぜなら、ブータン人は環境に適応できない人間は死んでいくので、今のこっている人々は、みな強い人ばかりなのだ。彼らの方が進化した。精神性も。

p兄貴の「環境認識工学」は、簡単なテキストを作って欲しいよね。学びたいから。お礼のお金も払うから。
ガックンからも、お願いしてよ。あのp兄貴はB型だから、飽きっぽいし、でも、簡単なテキストくらい欲しいものです!

お礼日時:2011/08/30 22:08

根拠の無い妄想によって自分を特別な人間だと思い込むのは、誉められたことではありません。


そういう人種が許される世界は、芸術だけです。
一般には「自己愛性人格障害」と呼ばれたり、「中二病」と呼ばれます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1% …

逃げてる若者の典型的な姿です。
夢見るだけなら凡人です。

落差を修正する方法は・・・
自分の非力をちゃんと認めて、努力できることからやり直したらいかがでしょうか。
    • good
    • 0

「うつ病」って 千差万別だとも聞いています。

 しかし症例がそんなにたくさんあるのなら それを判断する心の医者の判断も どこか疑えてしまいます。

そのへんは けだし専門家ではないですしなんとも言えないのですが、

昔 親しかった「うつ病患者?」の友だちは、 「うつ」になると 職場を休んでしまうのですが 下宿で寝たきりのまま 買い物にもいけない状態となってしまいました。

三日以上も それが続いたため 心配となり 彼の下宿を尋ねると、やっぱり 三日も何も食べないで寝込んでいました。

急いで 卵のハムを買ってきて 目玉焼きを作りました^^が、 彼は目を輝かせ「こんなおいしい目玉焼きたべたことない」と言ってくれました。  人間がこんなに美味しそうに食べる というのも感動ものでしたよ。

なんとも普段は こうした感じの明るい むしろたくましい人でもあったのです?

ほんとうに 同じ「うつ病」でも いろいろありそうです。


でも 理想の求めすぎ? これが どこかおかしいとは思いません。

ただ 出来ないことは出来ないですし、 時代性が来ていなければ 出来ないことというのもあり、悲しくても それでも 明るく 今できることを たんたんとやってゆくたくましさも たしかにあったほうがいいですし、それによって回りもそれなりに明るくなれたりすると思います。

普通は 無理は無理ということを 理解しようとしなかったり 理解できなかったりする、という内的要因が 原因となることで、 気がふさいだり エネルギーがなくなってしまったり やる気をなくしたりする場合が多いかと思います。


しかし、オタマエフさんの スピリチュアル的な広大な幻想(思想?)の世界は  スピリチュアルな思想家の方がたのような「ごまかし」がないだけに、 リアルな真心がともなっていると思えます。

》やっていること《とのギャップ、 ?って 例えばどういうことですか?

ビジネスでは 生きるために 利己主義にならざるをえない面が出てきてしまったりするかと思います。

ぎりぎり 正しく生きるのが無理となるような時も 平和時にもありえるかとも思います。

人間 お互い弱い生物でもあるわけですから。

戦争の時などでは、 その極限の心理状態に追い込まれれば そうでないときには虫すら殺せない人が人をも殺してしまうと思います。

そして その意味、その広い範囲にては 私たちは木の葉のような弱い存在でもあると思う。

でありつつ 

でありつつなのですが、  同時に ほんとうに この命 人間の命には どこまでいっても 理想の可能性があります。


今 情報化社会がやってきて こうして遠い見知らない人とも会話が出来たりしますが、 ここにはたしかに それによって甘い汁を一人占めで吸いたくなってしまう人もいるかと思います。

常に 言葉を獲得し 感性の方は真心を失いかけた現代文明人ならば 嘘やごまかしをつくことのできる 想像力を手にしているわけですから  そのへんつい 単純には理想的に生きられずに、 人をだますような悪人にもなってしまうのです。


でも だからこそ ほんとうの藝術や 大自然にすこしでも触れて、 真心こそを磨くことで この情報化社会こそ、 

松下幸之助は 「お客さんのニーズを越えてその裏の人生の幸せまでを考え できるだけ責任をとる意志をもってこそほんとうの商売魂」といったことを語っていますが、

それを実際に可能にすることが出来える時代でもあるはず。

なぜなら その責任感に真心が感じられる人なら そのぶんの信頼されるコミュニケーションがその周りに生まれますので、 そこまで信頼されることでお客さんになってもらえる社会が来ているわけですし、

そういう製品をつくりつづけ それをより安く提供できる努力をし続ける者が 勝者となりうる時代。

つまり 努力しだいでは そんなシステムを資本主義内にも構築可能な時代がやってきているということです。


おたがい 「うつ」もそうでしょうが 私の場合は脳障害とかもかかえていたりもしますが、 そのように考えられる時代には、  さらなる前向きな努力をつづけていってみませんか?

修正となるかどうかは 解りませんが  その闘いが すべてを癒してくれるかもしれませんね。
    • good
    • 0

心とは何かについてはまた別に質問をお建て下さい。

心の機能とは、観察と判断の上に人間能力の限界を超えるほど「願う」ことにあるはずです。ですから心を働かせば、必ず「自己の能力以上に願う」結果として不満が残るわけです。
「もっとどうにかならないかなあ」「そこをもっとうまくやりたいのだが」などと願うことが「心の使命」です。この心のお蔭で私は今日まで生き永らえてきたのだけれど、この心のお蔭で私は苦しむのです。まとめて言えば、「願うから生きてこられた。願うから叶わぬまでの願いをした悔いが残る」はずです。
疲れないためには、「願う技術・節度」を吟味すべきだということは、昔からいろいろ言われてきたはずですね。
    • good
    • 0

そうですか・・・。


なんか、色々大変なのですね。
修正方法としては、周りの人を心から受け入れることですね。自分の思想を人に伝えて、共感してもらいたいがために、ここに哲学という形で質問されている、という気持ちは分かりますが、貴方がそのように共感してもらいたいと思うのと同じように、他人も自分の思想に共感してほしいと考えているのです。思想なんてものは、人がいるだけ有ります。だから、まずは人の思想を一つの思想だと思って受け入れれば、自分の思想も一つの思想だと考えることが出来、ギャップを感じなくなると思います。




もし、自分の思想にこだわりたいのなら、いっそのこと、自分の思想について詳しく、文章にまとめてみましょう。そして、自分の思想の本を完成させることに、力を注げば、心の疲れはだいぶ無くなると思います。
    • good
    • 0

おたまさん回復おめでとうございます。



疲れは誰にでもあります。

方法は
〇心を静かに穏やかに
〇規則正しく無理のない生活

です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング