最新閲覧日:

もうどうしようも無い位、救いようがなく、
絶望・破滅的で、読んでいると自分までが
その世界に酔ってしまい、非常に後味が悪く、
重い塊を読者にのこしていくような、
そんな小説はご存知の方、いらっしゃいますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

(1)キャサリン・ダン 『異形の愛』(柳下毅一郎 訳 / ペヨトル工房)


(2)チャールズ・ブコウスキー『町でいちばんの美女』(青野總 訳 / 新潮社)

(1)は、ギーク(ドラッグによる奇形児を見せる見世物小屋)を舞台にした話で、現実とはまるっきりかい離した世界の狂気が味わえます。一方(2)は、ビートたけしも絶賛の短編集で、白昼夢を見ているうちに幼女をレイプしてしまう、といったディープ・アメリカの日常と背中合わせの狂気を描いています。2冊とも性格のちがう狂気ですが、重ーい主題を読者に残していく点では、どちらも楽しめると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
(1)はものすごく私の好みに合いそうです。

この休みを利用して
図書館に行き、探してみようと思います。

お礼日時:2001/04/30 11:10

「時計仕掛けのオレンジ」なんてどうでしょう?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報