出産前後の痔にはご注意!

お世話になります。
主人が自営業で土木一般をしています。宅地造成や公共事業などです。
私はこの業界の常識・知識もほとんどわからず、経営についても無知ですので質問させて下さい。

タイトル通りなのですが、元請け業者と下請け業者の取り分の割合はどれくらいが妥当なのでしょうか?

例えば、

1000万円の工事を元請け業者から依頼されたとします。
材料費や人件費等の経費を全て差し引いた後、現場終了時点で100万円の純利益が出たとします。

依頼をもらった元請け業者と下請け業者(主人の会社)が、50万円ずつ折半ではおかしいですか?

元請業者4割・弊社6割でもいいのではないか、と思ったくらいでしたので、主人が元請業者7割・弊社3割 くらいが妥当かなと言った時に、ビックリしました。私が甘いのでしょうか・・・?
主人独自の美学も含まれているのですが、ビジネスとなると美学よりシビアになる事も大切だと思うのですが・・・

以下の事も考慮して頂ければ幸いです
●元請け業者が弊社に依頼してくれるからこそ仕事があり、この依頼がなければ収入がないも同然(と言っても過言ではない)
●あくまで工事の依頼は元請業者による営業力・入札によるもので、もちろん元請業者にもリスクはある
●元請け業者に中間マージンを多く取ってもらうことにより、弊社に依頼してもらうメリットを明確にできる
●不景気で仕事の依頼が少ないからこそ、低予算・迅速・丁寧を実現すべきだ(そうでないと業界を生き残れない、という主人の考え)
●会社員から自営業になって5年ほど、腕を買ってもらっている元請会社も増えてきている

等です。
建設業界以外の一般的なビジネスの常識でも構いませんし、建設業界独自の暗黙の認識でも結構です。
知識がないのが今後一番困るので皆さんのお知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

A元請とは注文主から直接仕事を引き受けること。

また,その業者。
B下請とは請け負った人から,その仕事の全部または一部をさらに請うこと。又受。

A・Bの関係は簡単に割り切れない場合があります。2+3=5にならない場合があります。
よって折半と言うのは,後腐れがなくよいように思いますが●印のように物事が運ばないのが現状です。
でも下から2番目の●の内容大変気にいりました。

私は思います。あまりAにおんぶにだっこでも,いけない。そうかと言って,いいなりでもいけない。A・B間を天秤に乗せてコントロールすることが大切です。

商売は割り切って事が運べば問題はないのですが,時と場合・事と次第では臨機応変に振る舞う事も考慮してA・B間を何時も安泰にすることです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明頂きありがとうございます。
仰る通り、おんぶに抱っこでも、いいなりでも良い関係とは言えませんね。
頼りきってしまわないよう取引先を1つでも増やせるように努力の毎日ですが、何せ主人1人ですので行動範囲は簡単に広がらないのが現状です。
何よりも「A・B間を安泰にする」事を優先しなければいけませんね。こちらの利益も含め、臨機応変に対応して生き残りたいと思います。

完成後にはほとんど毎回、取引業者の方からお褒めの言葉を頂きます。徹底した現場管理、完成度、期間は半分、とたくさんの方に言って頂き、お恥ずかしいのですが、私個人的にも主人の姿勢を見て何か役に立ちたいと思う日々でこちらに質問させて頂きました。
2人で話し合うだけではそれ以上の知恵は出てこないもので…。
この業界独自の習慣(バックマージン?)等、他にも悩みは尽きません。また相談させて頂く際にはどうぞよろしくお願い致します。

長いお礼になってしまい申し訳ございません。ありがとうございました!!

お礼日時:2011/09/08 00:06

これは「丸投げ」の話でしょうか?


本来は元請が仕事の一部を下請けに発注するのが基本です。
その場合は元請の利益を確保した上で下請けに発注します。
質問のケースでは「丸投げ」(一括発注)みたいですね。
私のいた建設業界では「談合」による「丸投げ」は元請利益は1割でした。
質問のケースは「談合」ではないみたいなので、それよりは多いでしょうね。
通常は相互の力関係できまります。
クレーム対応や瑕疵担保の役割も考慮します。
一概に言えないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
「丸投げ」だと思います。元請業者は施工を一切せずに、弊社が全て請け負う、という事ですね?
なので私は元請業者が利益のうち7割取得するのはおかしいのでは?と思ったのですが、力関係次第では仕方ない事もあるのでしょうか…。
大きな会社ではなく、個人業者で入札ができる立場でもない、という立場を考えるとやはり「力関係」がそれを左右するのでしょうね。
そういえば独立してから数年のバックマージンは我が家の年収3年分を軽く超えます。私からすれば理不尽と思わずにいられないのですが、これも「力関係」が大きく関わっているので黙認するしかないようです…。

話はそれてしまいましたが、回答者様の「談合の場合は1割」も目安の一つとなり大変勉強になりました。
また質問させて頂く際にはよろしくお願い致します!ありがとうございました!

お礼日時:2011/09/08 00:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元請が消費税を支払ってくれません

初めて質問させて頂きます。
主人が自営業(下請)で仕事してますが、先日、元請からの支払いに消費税が加算されてない事がわかりました。
問いただしたところ、消費税はうち(元請)が税務署に支払っているから払えないと言われました。
元請が下請の分として納税する事があるのでしょうか?
そもそも年間1000万こえないのでこちらには支払いの義務はないと思うのですが…
いろいろ調べましたが難しくてわかりません。
分かりやすく教えていただけませんでしょうか…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消費税はうち(元請)が税務署に支払っているから払えないと…

はあ?
お客さんから消費税をもらってきているんじゃないの?

元請けも 2年前が 1千万円以下の売上しかない小規模事業者なら、確かに消費税を国 (税務署) に納める必要はありませんが、だからといって仕入れや経費にかかる消費税を支払わないで良いという理屈にはなりません。

まあ、これはお分かりになった上でのご質問かとは思います。

>元請が下請の分として納税する事があるのでしょうか…

話は逆。
お客さんからもらってきた消費税が 100円だと仮定すると、国に納めるのは自分のところの利益に対応する 10円か 20円だけ。
残り 80円か 90円は、仕入れや経費の支払と一緒に納入業者や下請業者に支払います。

納入業者や下請業者はまたそれぞれ、自分のところの利益に対応する分を国に、仕入れに対応する分は仕入れ業者に・・・・の繰り返しで、最終的にはお客さんの払った消費税 100円は全額国に納められることになるのです。

ただし、この過程のどこかの業者が免税事業者であれば、そこでは国に行かず業者の手元に残ることになります。
これは俗に「益税」と呼ばれますが、手元に残った消費税分も「売上」に含めて確定申告をするかぎり、合法です。

>1000万こえないのでこちらには支払いの義務はないと思う…

それはそうですが、今回の元請けの言っている言葉の意味とは関係ないでしょう。

そもそも消費税をもらっていないというのは、どうやって判断したのですか。
10,000円の請求書を出しても 9,200円ほどしか支払われないのですか。

もしそういうことなら、それは消費税が支払われないのではなく、本体価格を値切られたのです。

・本体支払額 8,519円
・消費税 681円
・合計 9,200円

と解釈します。

>消費税はうち(元請)が税務署に支払っているから払えないと…

はあ?
お客さんから消費税をもらってきているんじゃないの?

元請けも 2年前が 1千万円以下の売上しかない小規模事業者なら、確かに消費税を国 (税務署) に納める必要はありませんが、だからといって仕入れや経費にかかる消費税を支払わないで良いという理屈にはなりません。

まあ、これはお分かりになった上でのご質問かとは思います。

>元請が下請の分として納税する事があるのでしょうか…

話は逆。
お客さんからもらってきた消費税が 100円...続きを読む

Q元請けが下請けのピンハネする値段の上限は?

例えば元請けが1日に20000円貰った場合に、下請けに払うお金を6000円にする等、いくらピンハネしても下請けがそれで良いと言えば、最低賃金さえ払っていれば、元請けがいくらピンハネしても法律的に問題ないのでしょうか。
詳しい方回答お願いします。

Aベストアンサー

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31HO120.html

http://homepage1.nifty.com/kensetu-union/koukeiyakuhou/siryou2.htm

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q元請会社に下請の依頼を受けた時の処理

個人事業の会社をしております。
現在大手ゼネコンA社の下請けをしております。
そこでA社から別の下請け会社B社を使いたいのだが
A社にB社の口座がないので(つくれないので)
うちの会社で売上を上げてB社に支払って欲しいと依頼がありました。

こういうトンネル?形式はよくあるようですが、
通常であれば1割なりの利益をもらうことになるんだと思います。

実際会社の経理としてはこのような状態であれば
右から左にA→私→Bにお金を流してしまえば
損をすることがあるのでしょうか?

教えてください。

以前同じ質問をしたところ、仮受金として一時預りにしたらいいと
答えをいただきましたが、
わが社が窓口で請求している場合
売上に上げないといけないといわれました。
どちらが正しいのでしょうか?
また売上にあげた場合は税金面や
なにか経費がかかってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

トンネルやと、売上を計上しないんが原則や。

代理店のような、物やサービスを横流しするだけの取引の場合、出ていくお金と入ってくるお金との差額分のみを収益計上するんが原則。この点は、個人事業会計も企業会計も変わらへん。個人に仮受金はなじまないとか嘘っぱち。(苦笑)


ただし、トンネルでも売上を計上するんが原則となる場合もある。

トンネルは一般的にリスクをとらないものやけど、トンネルがリスクを被る契約がある程度盛り込まれているんなら、売上計上が原則。リスクいうんは、契約に孫請けがしくじったときの責任をとるとか、元請けが支払を渋っても孫請けには支払わないかんとか、そゆ話な。


損は、事務手数料やらデータ管理コストやらが定常的な損やな。ほかに、リスクを被る契約があれば、そのリスクが実際に起こったときに損が出るわね。

税金面は、入って出てやもの、基本は売上計上してもせんでも変わらへん。ただ、お金が出るタイミングと入るタイミングとが年を跨ぐ場合、税金のかかってくるタイミングが違うてくる。

Q一人親方のメリット・デメリット

26歳(男)職歴は4年くらいで工場のラインの仕事をしていました。
仕事があまりにも単純なので以前から興味があった建築関係の仕事に転職しようと考えています。(内装工とか左官とか・・。まだ決めていません。)自分は人間関係が苦手(同僚と飲みにいったり、後輩やアルバイトなどにたいする監督・管理業務、営業などが苦手)なので一人親方というのに興味をもっています。5年くらい経験をつんで、一人親方として仕事を請け負って生活していきたいとおもっています。ここで質問です。

(1)建設業界での一人親方(請負)という働き方は将来性がありますか?
 年収500万円くらいコンスタントに稼げますか?
(2)一人親方だと会社(組織)で働いているときよりも人間関係が楽でしょうか?
(3)その他、一人親方のメリット・デメリットや建設業界のことについて
現実を知っておられたら教えてください。

Aベストアンサー

1.腕次第です。
2.仕事を得ていくには相当の努力が必要です。

http://www.zero-kara.com/zk-hikaku-kojin.html

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q人工(にんく)について

工事の見積を業者からとったのですが、単位がm(メートル)などではなく人工(にんく)で記載されていました。普通、1人工あたりの金額はどのようにして決めるものなのでしょうか?見積書の項目によっては、『0.33人工×単価(一人工)』と、なっています。
分かりやすく説明していただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

>1人工あたりの金額はどのように?

簡単に、
『一人の人が一日労働するのに、会社としてどのぐらいの原価になるか』です。
0.33人工というのは、8時間(通常の1人工)の1/3ということで、約2時間40分の作業ということを表します。

単価/人工は会社の規模で間接経費がまったく違うため、大きく変化します。
小さな会社ほど、工事面積当たりで計算した方が有利な傾向にあります。

大雑把に言えば、設計・管理¥30000
        一般技術者¥20000~24000
        実務者  ¥15000~18000
ぐらいになっているのかな?
(業種によっても違いますので、かなり大雑把です)

Q工事見積中の「諸経費」について教えてください

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事費が2700万になったら諸経費は270万になるのでしょうか?
同じ工事をしても資材の安いモノを使うと諸経費が安くなるということなのでしょうか?

また、この諸経費とは普通どんなことを指すのでしょうか。

さらにこの諸経費については値引き交渉ができるものなのでしょうか。

私自身がコンピュータシステム開発をしている会社にいるので、明細のない「1割諸経費」なんてのせたらお客様から何を言われるかわからないんです。
建築業界の常識、といわれると困ってしまうのですが、お互い気持ちよく取引したいので、教えて頂ければと思います、よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事...続きを読む

Aベストアンサー

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。
特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで
工事単価に一割分散させ880万にして
現場管理費を30万にして
一般管理費を90万にして
計1000万とかにします。

ようはぶっちゃけた言い方をすると会社にとっては細かい見積り明細はどうでもよく
仮設費を値切られようが工事費を値切られようが諸経費を値切られようが全体の工事原価に対して所定の利益があれば経営が成り立つと言うことです。

聞いた話によるとアメリカの見積りでは工事費は原価で値入れして利益を2割とか3割とかで表記するそうです。
実際はこっちの方がオープンですよね。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kiso/mitumori/ki-f-03.htm

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。
特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで...続きを読む

Q誰が、どんな罪になりますか?

建設関係の会社です

わが社では受注するにあたり、
営業は受注先の担当者に金券および現金をつけ届けする事が上司から命じられます。
相手方の名前は出せないとの理由で振り込みではなく、すべて手渡しです。
持ち出した金額は自分の仮払いとして処理され、
その後経営者の方から仮払いの精算として、架空の請求書を作るように命じられます。
(手数料では処理できないと、外注で作ります=持って行った額以上の数字です)
月に何十件かをまとて作成した請求書の金額は、自分の口座に振り込まれ
引き出して仮払いの精算にします。
何年か前から引き出しに行くのは大変だからの理由で、専用の銀行口座を作り
通帳、印鑑、カードはすべて経営者が持っているので今の専用口座の残金はわかりません。

またわが社では残業・日曜出勤の手当てがつかないので
日曜出勤した場合には、営業の上司から小遣い程度をもらう事があります。
その出金にあたり、経理で架空の外注での請求書を作成し経営者の口座に振り込み
上司の手に渡っているみたいです。

毎月何百万の架空請求書を作る事に苦痛を感じています。
公文書違反をしている事と、自分の口座を使われることに所得になるのではと
不安を持っています。
こういう事を命ずる会社は何の違反にもならないのでしょうか?

建設関係の会社です

わが社では受注するにあたり、
営業は受注先の担当者に金券および現金をつけ届けする事が上司から命じられます。
相手方の名前は出せないとの理由で振り込みではなく、すべて手渡しです。
持ち出した金額は自分の仮払いとして処理され、
その後経営者の方から仮払いの精算として、架空の請求書を作るように命じられます。
(手数料では処理できないと、外注で作ります=持って行った額以上の数字です)
月に何十件かをまとて作成した請求書の金額は、自分の口座に振り込まれ
引き出して仮払い...続きを読む

Aベストアンサー

前段は、脱税、および相手先によっては贈収賄罪になりうる。後段は、脱税、社会保険等の不正な減額、労基法違反になる。全体として、特別背任罪にもなりうる。


前段は、税務上交際費として取り扱うべきところ、外注費として取り扱っている。これにより法人税等の納税額を減少させうることから、脱税となりうる。なお、脱税の罪は、法人およびその代表者のほか、指南役等の積極的に関与した者が問われうる。また、相手先が贈収賄罪において公務員に準じた取扱いを受けるべき個人・法人であれば、法人およびその代表者、関係者が贈収賄罪に問われうる。

後段は、税務・社会保険等において給与として取り扱うべきところ、外注費として取り扱っている。これにより法人税・所得税等の納税額を減少させうることから、脱税となりうる。また、社会保険等の納付額を減少させうることから、この点でも違法となりうる。さらに、本来支給すべき給与の額よりも低い額を渡しているとすれば、残業代を適法に支払っていないことから労基法違反になる。

前段・後段を通じて会社に損害を与えた場合、「自己若しくは第三者の利益を図り又は株式会社に損害を加える目的」があれば、経営者は特別背任罪に問われうる。


以上のうち、あなたが罪に問われるおそれがあるのは、贈賄罪だ。相手先と、関与の度合いに注意されたい。業務命令で断れない状況であれば、罪は軽くなるか、罪に問われない。

なお、交際費課税制度は資本金により区分されている。売上規模ではない。また、適法に交際費処理した場合、損金不算入となった金額のおおむね40%程度、法人税等の納税額が増加する。

前段は、脱税、および相手先によっては贈収賄罪になりうる。後段は、脱税、社会保険等の不正な減額、労基法違反になる。全体として、特別背任罪にもなりうる。


前段は、税務上交際費として取り扱うべきところ、外注費として取り扱っている。これにより法人税等の納税額を減少させうることから、脱税となりうる。なお、脱税の罪は、法人およびその代表者のほか、指南役等の積極的に関与した者が問われうる。また、相手先が贈収賄罪において公務員に準じた取扱いを受けるべき個人・法人であれば、法人およびその代...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング