ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

博士後期課程3年(理系)の女性です。今所属している研究室は博士課程から入りました。研究職に就きたいと思い、博士課程へ進学しましたが、自分の能力の限界に気付き、研究をやめたいと思っています。実験をやる気持ちもおこらないし、論文も書けないので、学位は諦めました。ここ半年間、研究室に行っていません。指導教官に相談したところ、中途退学か単位取得満期退学になると言われました。しかし、今まで就職が決まって退学した人しかいないから何とも言えないとも言われました。就職活動をしたいと思うのですが、どういう身分で就職活動したらよいでしょうか?相談できる人がいないので、質問させていただきました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>博士後期課程3年(理系)


>研究職に就きたいと思い、博士課程へ進学しましたが、自分の能力の限界に気付き、研究をやめたいと思っています。
>ここ半年間、研究室に行っていません。

質問者様と完全に同一の境遇なので、同志がいるようで心強いです。私は6月から就職活動をしています。同じ大学院でやはり就活している人や就職したポスドクの人、大学時代の友達に相談して、マイナビ2012やアカリクに登録して、就活マナー本を買って、会社説明会に行って、エントリーシートを提出して、テストセンターの対策本を買って、テストセンターを受けて、面接を受けて、内定を未だ頂いておりません。震災のおかげで大企業の選考日程は多少遅れていて夏採用・秋採用の〆切には単純には間に合う状況でしたが、私はまだ就職活動を始めたばかりで自己分析も企業研究もまともにできていなかったので、結局エントリーできずに〆切がどんどん過ぎていきました。その後、エントリーシートの分量が少なくて書きやすい大企業にはいくつか何とか応募できるようになりましたが、一次面接で落とされたり、さらにはエントリーシートと適性検査だけで落とされたりしています。

さて、どういう身分で就職活動したらよいかとのご質問ですが、私は既に論文を発行しており、6月の時点ではまだ十分残り時間があったので、内定を頂いて就職活動が終わったら普通に博士論文を書いて博士後期課程を修了するようなつもりでした。なので、エントリーシートのフォームでは2012年3月修了見込み(修了、修了見込み、中退から選べますよね)と入力していました。しかし、現時点でも内定がない状態なので、少なくとも今年度中には修了できない可能性が高くなってきました。そこで、私もやはりどういう身分で就職活動したらよいか多少気にしているところでした。だから質問者様がこのような質問をしてくださったことには大変感謝しております。(私のマイページにメールアドレスを載せておりますので、今後とも情報交換させていただきたいと思いますのでよろしければぜひご連絡ください。)ur2cさんやtimewasterさんの回答を参考にしながら、今後エントリーシートのフォームにどう入力するかを考えたいと思います。なお、私は大企業だけでなく最近採用を始めた中小企業にも目を向け始めました。ただし、やはりできれば大企業が良いので、就職を1年遅らせることも視野に入れてマイナビ2013にも登録しました。また、一般的な日系の企業だけでなく、夢は大きく外資系企業にも興味を抱くようになりました。外資系企業はこんな些細なことにはこだわらないという傾向がより強いと聞くというのもあります。実際、私が知っている博士後期課程2年の人は、外資系企業のインターンに参加した後に内定をもらい、普通に2013年4月に就職するのかと思いきや、中退して2012年1月から働き始めるそうです。その人は優秀なのであまり参考にならないかもしれませんが、交渉次第で道が拓ける可能性があるのだということには大いに勇気づけられました。そして、このような事例はそんなに珍しいものではなく、ネット上でもそのような経歴のブロガー等が容易に見つかります(参考URL)。同志は意外と多いですよ。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/mit_sloan/c/2a88aa9dc5942d …
    • good
    • 0

質問者さんと全く同じ状況で、博士課程(理学)に4年通い、学位をとれずに新卒で


就職したものです。

自分は普通に新卒で応募していました、内定が出た後、学位が取れないかも
しれません、と人事の方に伝えるとその場合は給与が若干少なくなると
告げられました。特に博士課程の人間の採用実績があるような企業では、
博士課程の人間の状況をよく分かっているようなので、学位が取れないから
ダメという事は少ないように思います。

採用実績が少ないような企業では、その限りではないかもしれませんが。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんですね。
企業によって反応はさまざまということですね。
自分の状況がけっしてめずらしいことではないということが分かり、少し気持ちが楽になりました。
縁のある企業と出会えるように、就職活動をしていきたいと思います。

お礼日時:2011/09/17 14:26

>> 私の先輩は工学系をこれで退学して会社を起こし、結局、博士は取らずじまいになりそうです。



> 自分で会社を起こしたりする場合は問題ないかもしれません。

その先輩は自分の会社を起こす前に電機会社に就職し、数年間、在籍しました。そこの社員と自分の会社の社長は兼務できないから退職したのです。

> ただ一般企業に応募する場合、博士課程修了見込でないのに新卒枠で応募していいのかと思います。

その企業の採用担当に聞けば、すぐ判明します。

> 単位取得満期退学か中途退学見込ですとエントリーシートに書くのもいかがなものかと思いますし。

エントリーに書かなくても、履歴書を見ればわかることです。繰り返しますけど、文系では普通のことです。文系ならいいけど理系はだめ、という理由は思いつきません。

> 自分の状況をはっきりさせるために中途退学して、既卒で受けられるところを応募したほうがいいのか

自分で判断できないなら、実験してみれば良いです。だめならだめと会社から言って来ます。応募書類なんて、同じようなものを何箇所にも送るのでしょうから、手間はたいして増えません。

傍から見れば些細なことに悩んでいらっしゃる気がします。単位取得を区切りにして、前進するまでのことのように見えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
企業の採用担当に問い合わせてみます。
気持ちを切り替えて前に進みたいと思います。

お礼日時:2011/09/15 17:33

> どういう身分で就職活動したらよいでしょうか?


> 中途退学か単位取得満期退学になる

選べるなら単位取得で退学した方が良いです。これは文系では普通のことですし、理系の場合でもよくあります。論文を書かなかっただけということで、けじめはつけた感じになります。私の先輩は工学系をこれで退学して会社を起こし、結局、博士は取らずじまいになりそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自分で会社を起こしたりする場合は問題ないかもしれません。
ただ一般企業に応募する場合、博士課程修了見込でないのに新卒枠で応募していいのかと思います。
単位取得満期退学か中途退学見込ですとエントリーシートに書くのもいかがなものかと思いますし。
新卒枠で仮に内定をいただいたとしても、実は学位が取れず修了できませんと言ったら、内定取り消しになってしまうのではないかとも思うのです。それなら自分の状況をはっきりさせるために中途退学して、既卒で受けられるところを応募したほうがいいのかとも思うのです。

お礼日時:2011/09/15 11:07

普通に修士課程終了という身分でいいんじゃないですか。

私は職員としてとある研究室で仕事をしていますが、博士課程を途中でやめる学生は結構いますよ。
修士でも博士でも研究者狙いでもない限り一般企業では就職には殆ど差がないし、最近は自社経験重視でわざと博士を嫌う企業もありますからね。それに気が付いた学生はやめる子が多いんです。学位が欲しいだけなら論文博士で就職してからでも博士はとれますしね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
博士課程を途中でやめることをネガティブに考えることないという事でしょうか。
自分の失敗を受け入れるしかないんですが。
前向きに行動していきたいと思います。

お礼日時:2011/09/14 21:37

学位は、修士になります(当たり前ですが)


研究室の先輩で、博士課程を退学し
教員採用試験(高校)に受かり
教員をやっている人がいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速、ありがとうございます。
そのような選択肢もあるんですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/09/14 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q博士課程を中退し、内定頂いた企業に修士卒扱いで入社することは可能でしょ

博士課程を中退し、内定頂いた企業に修士卒扱いで入社することは可能でしょうか?
教授のアカハラに悩んでいます。
現在大学院博士課程の者です。最終学年で今年中に論文投稿し来年4月が卒業(博士号)予定です。
研究者志望で博士課程に進学し、3年間平均睡眠時間4,5時間、拘束時間12時間以上で研究してきました。データも揃い、教授と論文作成に入ったのですが、教授と口論となり、「自分一人で作り勝手に投稿しろ。俺は見ない。お前がどうなろうが関係ない」と言われました。3年間同じように口論はありましたが何とか頑張ってきましたが今回は限界かもしれません。頑張ってきたので当然博士号を取って卒業したいです。ただ情けないですが、自分一人で論文を書き上げる自信がありません。土下座してでも協力してもらうか、辞めようかと考えています。ちなみにこれまで一緒に研究していたポスドクの先生も教授と合わず半年で辞められました。
 現在、来年4月入社の製薬企業の研究職の内定を頂いております。もし、論文が出ず、博士課程中退という形でも修士卒扱いで入社は可能なのでしょうか? 面接の際も博士号は必須という話はなく、周りは皆修士卒のようです。
もし四月から入社が可能であれば、今の状況が落ち着かなければ今すぐ辞めて、英会話や創薬の勉強するほうが建設的に思えてきました。給料が下がることはこの際気にしておりません。一週間くらい改善の努力をしても、教授との関係が戻らないようなら行動に出ようと考えています。
長い文章になってしまいましたが、経験談やアドバイスがあれば宜しくお願い致します。

博士課程を中退し、内定頂いた企業に修士卒扱いで入社することは可能でしょうか?
教授のアカハラに悩んでいます。
現在大学院博士課程の者です。最終学年で今年中に論文投稿し来年4月が卒業(博士号)予定です。
研究者志望で博士課程に進学し、3年間平均睡眠時間4,5時間、拘束時間12時間以上で研究してきました。データも揃い、教授と論文作成に入ったのですが、教授と口論となり、「自分一人で作り勝手に投稿しろ。俺は見ない。お前がどうなろうが関係ない」と言われました。3年間同じように口論はありまし...続きを読む

Aベストアンサー

折角頑張ったのだから、最後まで頑張って博士号を取ったほうがいいような気がします。
一人でも論文は書けます。
僕は教授ら先生が全くアドバイスをくれず(なぜかその研究は研究室の専門外)
、一人で書き上げたことがあります(修士で)。
やり方としては、他の論文を読みまくる。学会発表して、他の研究者の意見を聞いて
アドバイスをもらうのが良いと思います。

しかし、最も良いのは、教授に謝って、仲直りすることでしょう。
不運なことに、大学の教授というのは、世間の常識の無い方や、気難しい方、変ってる方が多いですので、
学生は大変な思いをする場合が、結構あります。
しかし、考えても見れば、付き合うのはあと、半年じゃないですか?
「僕が言い過ぎました。僕が悪かったです。申し訳ありませんでした」と言ってください。
心の中ではそう思ってなくていいんで。
そう言えば、許してもらえるでしょう。
教授を論文執筆の良きアドバイザーとして、最大限利用しましょう。

教授と良好な関係を保ちつつ、論文を投稿して、さっさと卒業、オサラバするのが良いと思います。

Q博士号をとれないひとはいるんでしょうか?

博士課程に行ったのはいいものの、才能がなくて何年も博士号を取れない。結局諦めたという人はいるのでしょうか?理系か文系かで違うと思いますができたら理系の情報を頂きたいです。

Aベストアンサー

#10さんの回答に補足しますと、文系、とくに文学部の「博士号」の意味は理系とはまったく異なっております。理系の博士号と言うのは「研究者になる為の教育はうけましたよ」という程度の意味しか無いですが、文系では、大きな研究成果をだしてはじめて取るものです。だから、文系で博士号を持たずに大学教員になっている人が殆どです(それでも、最近では変わってきたかも・・・)。最近流行りの文理融合系の学部とかおもしろいですよ。理系出身の教員は20代の若造も「博士」ですが、文系出身は大御所の教員も「修士」とか「学士」だったりしますから。でも、それが普通です。

あと、理系といっても医学部はまったく異なっています。

Q博士課程単位取得退学って何ですか

本を良く読むのですが、時々著者の紹介で博士課程単位取得退学という人を時々見かけます。なぜこのような人がいるんでしょうか?単位取得しているんだったらあと論文を書き上げるだけだと思うのですが、その論文の審査が通らなかった、そして満期が来てしまったので辞めざる得なかったということでしょうか?

私が今まで読んだ本の著者は難関大学、東大、京大、慶応などの人がほとんどでした。難関大学だと論文審査も厳しく、めったなことじゃ通らないでしょうか?

Aベストアンサー

大学院の修士課程を終了後、課程博士コースに進学し、博士課程の授業単位だけ全部取得し、研究が未完成で、博士論文提出の条件である学会等に論文発表件数などが不足で、博士論文が完成できず、その状態で博士課程を修了して大学院の学籍から離れて社会に出てしまうことを「博士課程単位取得退学」といいます。
通常、博士課程は最短3年で博士論文をまとめ、学会等に論文発表し、所定の授業単位を取得して大学院を修了できますが、博士論文が3年で提出できない場合は、必要な講義の単位数だけ全部取得して、修了して就職するか(博士課程単位取得退学)、大学院留年して研究を続けます。最大最短の3年の2倍の6年まで博士課程に籍を置くことができ、その間に博士論文の提出要件を満たし博士論文の審査に合格すれば、課程博士として大学院を修了できることになります。6年以内に論文提出できなければ、同じテーマの研究で博士論文の提出資格を失い、同時に学籍を除籍されます。その場合は、博士課程単位取得退学の道を選ぶことになります。
3年で博士論文を提出できず、博士課程単位取得退学の道を選んだ場合、通常の6年間の在学期限と同じく、退学後3年以内に博士論文を単位取得退学した大学院の指導教員に提出でき、審査に通れば、遡って、課程博士として大学院を修了したものとして扱われます。3年以内に博士論文を提出して審査に合格しなければ、その研究テーマでは博士論文が提出できなくなります(課程博士の論文とは認められなくなります)。

難関大学でなくても、博士論文は、その研究内容に、独創性が要求され、その研究がやりかけでなく、完結して、その研究内容が専門分野の学会論文誌(3人以上の専門分野の査読審査をする人の審査をクリアして論文として採録される)に何篇以上掲載される要件と、その大学院の3人以上の教授や准教授に審査を受けて、研究の独創性と完結性のチェックを受けます。そして最終審査および発表に合格して初めて、博士号が大学名で授与されます。大学も、大学名のついた博士号になりますので、○○博士(△□大学)と行った博士号になりますので、博士号授与大学の威信にかかわりますので、いい加減な審査で博士号を授与するわけには行かないということです。分野によって違いますが、とある旧制帝大の工学博士の場合3年で工学博士として修了できるのは50%で、残りの50%が半年以上、論文提出が延びるか、博士課程単位取得退学ということになります。
有名大学の博士コースでは、研究能力のない人は、指導教員も大学院にあげなかったり、論文がまとまらず、就職もうまくいかない可能性のある人は、大学院の博士課程に進学することを認めなかったりします。
博士号を取れないまま、大学院で留年したり、研究室にい続けて、(オーバードクター、ポスドク)で、就職や研究面や年齢や学費問題があって、大学も能力のない大学院生に対しては修士課程で修了を薦めるようです。修士の方がずっと就職がしやすいし、修士論文も通りやすいこともあります。指導教員は課程博士の就職先の世話が大変なようで、ずば抜けて優秀な課程修了博士なら問題ないですが、すぐ役立つような研究力があまりなさそうな学生は博士コースの進学を勧めない(取らない)ことが現実ですね。先々の進路も保証できない状態では、博士コースに合格させて研究の面倒や就職の世話をしてやれないということでしょうね。大企業の研究所や国立の研究機関などに太いパイプをもつ有力教授だと、課程修了後に就職の斡旋も容易ですので、博士課程に進学する時の配属研究室には、大学院生が集まります。博士課程は、学生の研究能力と課程終了後の就職の世話で、大学院教員が博士課程に学生を入学させるか、どうかを判定しますね。こういったことで、大学→課程修士→課程博士 と進むたびに入学定員が減少し、能力があり就職の世話のできる定員内の学生だけを合格させることになります。ただ最近は、就職の世話をしない、世話のできない、人数を合格させる大学院や教員が増えつつあるようです。
学生にとっては、課程博士は取得したが、就職先が決まらない、という学生が増えていますね。学生は、自分の研究意欲や研究能力を考えて、大学院に進み、修士で終えるか、博士まで進むか、を自己責任で、判断する時代に入ったということでしょうね。企業も、生き残りをかけて、(有名大学の修了者に対しても)優秀な大学院生や学生を選別する時代に入って来ています。

大学院の修士課程を終了後、課程博士コースに進学し、博士課程の授業単位だけ全部取得し、研究が未完成で、博士論文提出の条件である学会等に論文発表件数などが不足で、博士論文が完成できず、その状態で博士課程を修了して大学院の学籍から離れて社会に出てしまうことを「博士課程単位取得退学」といいます。
通常、博士課程は最短3年で博士論文をまとめ、学会等に論文発表し、所定の授業単位を取得して大学院を修了できますが、博士論文が3年で提出できない場合は、必要な講義の単位数だけ全部取得して、修了...続きを読む

Q30歳 新卒博士の就職活動について

私は有機合成化学を選考している博士学生なんですが、
大学時代に浪人と留年を経験し、さらに博士課程で研究が一度ポシャリ、
先日やっと規定数の論文を出し終え、来年の3月に30歳で学位を取得することがほぼ決まりました。

ただ、就職は決まっておらず、焦っております。
民間企業を希望しており、活動はしておりますが、面接にこぎつけるのがやっとの状況です。
主な業界などは、化学・食品・医薬品などの各種メーカー、各種商社などで、
職種は研究、開発、製造、営業など幅広く受けています。

ただ、面接の際によく、
「入社時30歳のあなたと、30歳の弊社の社員で比べて、あなたを採用するメリットは?」
と聞かれます。
おそらく中途としての採用基準で見られているわけですが、
学術研究に必要な非常に狭く深い知識と、企業で必要な知識とでは違うことは認識していますので、
うまく答えることが出来ません。


また、スドクなどの誘いはいくつか頂いているのですが、
その先のポスト不足、そして実力不足のため、今一歩踏み出せません。

ただ、まずはポスドクをし、一般企業への転職というのもありなのかとも思っています。

また、就職エージェントについては過去、無名なところ1つに登録したことがあるのですが、
SEの募集が非常に多く、あまり有用ではないと感じました。
もちろん、そのエージェント企業によるのかもしれませんが。。。

30歳、新卒(就業経験なし)、有機化学というなかなか厳しい状況の中で、
どのように就職活動を進めていけばよいかアドバイスをいただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

私は有機合成化学を選考している博士学生なんですが、
大学時代に浪人と留年を経験し、さらに博士課程で研究が一度ポシャリ、
先日やっと規定数の論文を出し終え、来年の3月に30歳で学位を取得することがほぼ決まりました。

ただ、就職は決まっておらず、焦っております。
民間企業を希望しており、活動はしておりますが、面接にこぎつけるのがやっとの状況です。
主な業界などは、化学・食品・医薬品などの各種メーカー、各種商社などで、
職種は研究、開発、製造、営業など幅広く受けています。

ただ、面接の...続きを読む

Aベストアンサー

 一般論として言えば(あくまでも一般論で、貴方のことを名指ししているわけではありません)、ドクターの就職の門は非常に限られており、マスターよりもある意味で難しいというか、不利です。
 というのも、それなりに年を食っているのにビジネス社会のことを知らず、かといって年下よりも初任給を少なくするわけにも行きませんから。

 おまけに頭でっかちで理屈っぽく、理屈に合わない不条理や不合理(民間企業には山ほどあります)には頑固なまでに融通を利かせませんから、採用企業にとってとても使いにくいからです。大卒や20代前半までのマスターら、まだその状況に柔軟に合わせられます。

 とても深い専門知識があるのも使いにくい一因になります。企業には深い専門知識にピッタリな仕事のニーズなんて、そう都合よくありません。深い専門知識とはちょっと違う仕事を任せようとすると、そんなことをするために博士号を取得したのではない、などと不満や苦情を言われると企業には最悪です。貴方の専門性に合わせて企業があるのではなく、企業のニーズを満たすために貴方を使うわけですから。

 ですから「入社時30歳のあなたと、30歳の弊社の社員で比べて、あなたを採用するメリットは?」と問われるのは極めて当然のことです。
> どのように就職活動を進めていけばよいかアドバイスをいただけないでしょうか?
 答えは単純です。採用する企業の立場に立って、「入社時に30歳になっている、頭が固くて融通が効かず、専門バカになっているかも知れず、ビジネス社会を知らない貴方を業務経験が5年~8年もある同年齢の先輩社員と同じくらいの初任給を与えなければならない状況で、わざわざ貴方を採用するメリット」を十分に(なるほど、と)納得できる説明ができるように準備することです。それ以外にありません。
 そのためには門を叩く企業のニーズをよく調べて、それにピッタリと応えられるようにし、高い初任給を払ってでもそれ以上の見返りが企業にあることを保証できるくらいに段取りをしないとダメでしょう。

※あえて厳しい言葉を選んで説明しましたが、それは貴方に自覚を促し、問題意識を持ってもらうためです。賢明な貴方には、きっと分ってもらえることでしょう。

 一般論として言えば(あくまでも一般論で、貴方のことを名指ししているわけではありません)、ドクターの就職の門は非常に限られており、マスターよりもある意味で難しいというか、不利です。
 というのも、それなりに年を食っているのにビジネス社会のことを知らず、かといって年下よりも初任給を少なくするわけにも行きませんから。

 おまけに頭でっかちで理屈っぽく、理屈に合わない不条理や不合理(民間企業には山ほどあります)には頑固なまでに融通を利かせませんから、採用企業にとってとても使いにく...続きを読む

Q博士課程満期退学・・

よく経歴で「博士課程満期退学」とありますが、単位だけ取得して退学するというのはわかりますが、なぜそうするのですか?何か理由があるのでしょうか?
また、その後すぐに助手になることがありますが、なぜ博士号をとる前に助手になるのですか?

Aベストアンサー

学士課程(学部)・修士課程・博士課程では、それぞれ卒業・修了するための要件が異なります。

学部では124単位程度の単位を取ればよく、卒業論文も必須ではないところもあります。修士課程となると、学内での審査に耐える修士論文か、それに相当する成果が要求されます。
博士課程になると、博士論文の審査にはより慎重なものなり、事前に関連する研究を学外に発表し、その分野の研究者としての実績のある論文でないと審査手続きが始まりません。したがって、博士課程に在籍することができる期間にそれだけの研究成果を挙げることができなければ、博士課程を期間内に修了することはできなくなってしまうわけです。

助手として就職されている方の場合ですが、助手としての応募条件は「修士課程修了」、せいぜいそれに「3年以上の研究暦」というのがスタートラインになっています。したがって、その大学で博士号を取得するにはまだ業績はないけれども、助手として採用するには十分な業績ではある方がいるわけです。このケースでは、満期退学だけではなく在籍可能期間を残す中途退学でもありえます。研究者としては、博士号という学位が欲しいという希望もありますが、安定的に研究を続けられるポストに就くことができるならば、それに越したことはないわけで。

また、退学後にも博士号を取得できる道があることも、博士課程修了にこだわらない動機になっています。大学によりますが、退学後3年くらいであれば博士課程退学の経歴は消えないものの、博士課程修了時の学位(いわゆる課程博士)として博士号を出してくれるところもあります。また、博士課程在籍の有無に関わらずそれまでの業績から学位を出すところもありますので、そちらの学位を取得することもできます(いわゆる論文博士)。

この場合、重要なのは博士号を取得できうるだけの業績を出すための研究をできる環境であり、研究暦にカウントしてもらえるポジションであるわけです。したがって、アカデミックなポストで就職できるのであれば、博士課程の修了にはこだわらないわけです。


参考
http://homepage2.nifty.com/yshimizu/researcher.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E4%BD%8D
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1111075

学士課程(学部)・修士課程・博士課程では、それぞれ卒業・修了するための要件が異なります。

学部では124単位程度の単位を取ればよく、卒業論文も必須ではないところもあります。修士課程となると、学内での審査に耐える修士論文か、それに相当する成果が要求されます。
博士課程になると、博士論文の審査にはより慎重なものなり、事前に関連する研究を学外に発表し、その分野の研究者としての実績のある論文でないと審査手続きが始まりません。したがって、博士課程に在籍することができる期間にそれだけの研...続きを読む

Q単位取得退学ののち課程博士を取った場合は「修了」とみなしてよいか?

こんにちは。26歳の大学院生です。
前から気になっていたのですが,博士課程を単位取得退学した後,課程博士を取った場合,履歴書に「博士課程修了」と書くと学歴詐称になるでしょうか?
論文博士だったら確かに中退になると思うんですけど,課程博の場合は「修了」と書いてもよいような気がするのですが…(実際,私の知り合いはそうしています)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 すでに、No3の方が言い尽くされていますが、私の実体験も含め、補足させていただきます。

 ご質問の
>>単位取得退学ののち課程博士を取った場合は「修了」とみなしてよいか?
については、「修了とみなしてよい」し、一般にそうみなされているけれども、履歴書に書くときにはそれでは不正確であり、学歴詐称になる、ということです。

 私自身は、単位取得退学後、所定の年限内に課程博士を取得しました。
(そのとき、修了式にも出席しました。)
 その後、浪人中、何十通も履歴書を書きましたが、全て、No3の方のおっしゃる書き方で書きました。就職後わかったことですが、特に、就職先が大学である場合、「単位取得退学」を「修了」と書くと、場合によってはそれだけでよくない印象を持たれます。
 したがって、No1の方への御礼の中にお書きになった

>>ということは,所定の単位を取得し,標準年限以上在学して退学した
>>場合は,課程博でも論博でも「博士課程修了」と書いてよいのですね?

には、書いてよいとは言えない。むしろ書いてはならないということです。

 ただし、たとえば、書物の扉などの著者の略歴の所に、明らかに学位を持っていないのに「修了」と書いてあるものがあります。これは、履歴書などではなく、出版業界の慣例に従っているということでしょう。実際、私もプロフィール紹介の際に、「退学なんてかっこ悪いのに、書いちゃっていいんですか?」と言われて(!)、勝手に直されたことがあります。もっとひどいのは「単位取得退学」を「中退」に勝手に変えられたこともあります。(そのほうがかっこいいからだそうです。)
 学者の中には、博士を取っていないのに、出版社に何度も何度も「修了」と書かれているうちに、世間向けには自分も「修了」と書いてしまうようになった人もいます。
 世間では、「単位取得退学」では何のことかわからないからでしょう。

 質問者さんは、大学院生なので、今後の就職のことを意識してのおたずねだろうと思います。ならば、世間向けの俗っぽい書き方よりも、正確を旨とした書き方を心がけるほうが、質問者さんの経歴を評価する立場の人たち(要は採用側とかですね)にとって、トラブルや誤解の種にならなくてよいと思います。

 すでに正解の回答があったのに、くどくなってごめんなさいね。

 すでに、No3の方が言い尽くされていますが、私の実体験も含め、補足させていただきます。

 ご質問の
>>単位取得退学ののち課程博士を取った場合は「修了」とみなしてよいか?
については、「修了とみなしてよい」し、一般にそうみなされているけれども、履歴書に書くときにはそれでは不正確であり、学歴詐称になる、ということです。

 私自身は、単位取得退学後、所定の年限内に課程博士を取得しました。
(そのとき、修了式にも出席しました。)
 その後、浪人中、何十通も履歴書を書きましたが、...続きを読む

Q大学院:修了と単位取得退学

大学の教授の学歴に、
「○○大学大学院○○研究科○○専攻博士後期課程単位取得退学」とか、「○○大学大学院○○研究科○○専攻博士前期課程修了」とかをよく目にします。
「修了」と「単位取得退学」とは、違うのでしょうか?「単位取得退学」とは、「中退」とは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

前のお二人の回答で大方あっていると思われますが、一部不正確と思われる点がありますので回答させていただきます。

まず、「単位取得退学」というのは、博士課程特有のもので、修士課程には普通はありません。

すでに指摘されているように、博士課程を修了(=博士号を取得)するためには、授業を受けて単位を取得し、博士論文の審査を通過する必要があります。しかし、分野にもよりますが、在学中に単位は取得したけれども論文は完成しないまま、大学教員などに就職してしまうことはよくあります。こういう場合には、「論文審査さえ通過すれば博士号を取得」という立場になり、いわば、博士論文を提出する権利を得たまま学籍は抜けるということになります。これを、「単位取得退学」といいます。

反対に、「中退」と言った場合、何らかの事情で修了するのをあきらめて、辞めることをいいます。中退の場合、論文を提出する権利を失うので、学位をとろうと思ったら、通常はもう一度入学からやり直さなければいけません。

つまり、
「単位取得退学」=近い将来に博士号をとれる可能性がある。
「中退」=ない。

ということであり、制度上もはっきり区別されています。

前のお二人の回答で大方あっていると思われますが、一部不正確と思われる点がありますので回答させていただきます。

まず、「単位取得退学」というのは、博士課程特有のもので、修士課程には普通はありません。

すでに指摘されているように、博士課程を修了(=博士号を取得)するためには、授業を受けて単位を取得し、博士論文の審査を通過する必要があります。しかし、分野にもよりますが、在学中に単位は取得したけれども論文は完成しないまま、大学教員などに就職してしまうことはよくあります。こうい...続きを読む

Q院中退と内定取消し

こんにちは。
現在、修論に向けて頑張っているのですが
提出できるようなものができるかどうか、きわどい状況です。
あまり研究自体に楽しさも見出せません。

そこで、万一のことも考えての質問です。
もし修論が書けなくて留年する意思もない場合、内定は取り消されてしまうのでしょうか?
研究とは何の関係もない会社(IT)だし、院卒の割合も少ないので
学部卒として採用してもらえないかなあ、なんて考えたりします。

実際どうなんでしょう?
経験者や人事部の方の回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

つらい状況にあるようですね。人事と人事関連企業に勤めた経験があり、また社会人大学院ではありますが修士課程を修了した立場から、回答させていただきます。ちょっと厳しいことを書きますが、お許しください。

ここで中退された場合、内定はおそらく取り消しになるだろうと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、あなたが最初から「院卒見込み」の採用試験を通ってきていることです。新卒か新卒に近い場合、採用する側からみれば、最終学歴が「大学院中退」というのは「大卒」と同じではありません。

院卒と大卒の採用基準は異なります。一般的に院卒は「使いにくい」と考えられており、あえて院卒であることが役に立つ場合を除き、敬遠される傾向があります。つまり、院卒は上司より学歴が高い場合もあるし、実際に仕事には役立たない余計な知識(大学院での研究を、多くの企業がそう感じています)を身につけて、実務で「生意気」にも机上の空論を振り回すかもしれません。それに院卒にはそれなりの給与を支払わねばなりません。

それなのにあえて院卒見込みのあなたを採用したからには、修士号を持つ人間を採用することが、その企業のメリットになると判断したからでしょう。たとえばあなたの修士号が、IT関連のコンサル営業に役に立つ…と、先方は考えているかもしれません。

社会に出て何年もたってからの転職の場合には、「大卒」も「大学院中退」も変わらないと考える人事も多くなりますが(もちろん最後まで「中退者」は採用しない企業も有ります)、企業での実務経験がない(または、浅い)人間を選考する場合には、大卒で行なうことが可能な仕事内容には、最初から大卒見込みの人間を選考にかけるでしょう。

もうひとつの理由は、仮にあなたがここで中退した場合、内定先があなたの性格に疑いを持つだろうということです。

すなわち、あなたが「先に内定を取りながら、2年のうちに論文を書けなかった」「研究に楽しさも見いだせないので大学院を辞めてしまった」ことで、内定先の人事はあなたを「計画性がない」「やり始めたことを完了することができない」「すぐにやめてしまう」人間だと判断する可能性が高いです。

あなたを実際に働かせた場合、あなたが仕事も完了することができないという事態が起こるのではないか、仕事が面白くないと感じた場合(最初から面白いと感じる仕事を割り振られるのは、まれです)、あるいは仕事を期限内に完了できなかった場合に、さっさと会社を辞めてしまうのではないか…との懸念を、企業は抱くでしょう。

私としては、あなたが現状で可能な範囲で論文を仕上げて、提出することをお勧めします。修士の2年間で、満足できる研究結果を伴った論文を仕上げられる人は、それほど多くありません。多くの人は、2年という期限の中で研究が進まないことに悩み、それでもできるところまで進めていき、最後には言葉は悪いですが「見切り発車」で、提出期限にあわせて論文を仕上げています。というのは、研究というのは、すればするほど次々と課題が出てきてしまい、何時までやってもキリがないからです。

本年度に論文を提出して、口述諮問に備えるのが最良の方法だと思います。というのは、内定は、あくまでもあなたが来年の3月に修了した場合に効力を発揮します。留年では取り消しになると思います。そして中退でも取り消しになるでしょう。つらいでしょうが、頑張ってください。

つらい状況にあるようですね。人事と人事関連企業に勤めた経験があり、また社会人大学院ではありますが修士課程を修了した立場から、回答させていただきます。ちょっと厳しいことを書きますが、お許しください。

ここで中退された場合、内定はおそらく取り消しになるだろうと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、あなたが最初から「院卒見込み」の採用試験を通ってきていることです。新卒か新卒に近い場合、採用する側からみれば、最終学歴が「大学院中退」というのは「大卒」と同じで...続きを読む

Q大学院の修士課程と博士課程の違いは?

大学院の修士課程と博士課程の違いは?
博士はドクターと言うことですが
修士は?
勉強の内容が違うんですか?
そもそも大学院は何を勉強するところですか?
分かりやすく教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授業(講義)を受けることにより
研究作業の訓練を習得しますが、
大学院では訓練で習得したことを生かして
主体的な研究作業をします。

つまり、学士では一般常識と同時に、
大なり小なり教授や助教授の方法論や
研究成果やを学びますが、

大学院では、より主体的なテーマを設定して、
研究を発展させていきます。
(大学によってはチームで研究することもありので
あくまで、個人的研究ではなく、主体的研究です。)

ただ修士の場合は、一方で、
学士と同じように講義を受けなければなりませんので、
(学士と一緒に受ける場合もあるし、修士のみの授業もある)
大学院でも初等的な訓練もしなければならないということでしょうか。

博士になると講義そのものはありませんが、
大学によっては出させてくれるところもあるようです。
また、教授や助教授の研究のお手伝いをしたり、
講義のお手伝いをしたり、
愛犬の散歩をしたりします(笑)

実質的な違いは、はやり名声とお金という
殺伐とした話になります。

たとえば大学の役職は教授職、助教授職、講師、助手などがありますが、
たとえば教授職になるための条件の一つとして、
博士号を修めていることなどがあります。
助手や、まれに講師職でしたら修士程度でも
雇ってくれるところはあります。

またたとえば、同じ助教授職でも、
雇用契約書によっては博士と修士の間に
給与の面で差をつけるところなどもあります。

就職難の今日では大学院へ行く人が多いようですが、
大学院に在籍しているからといって、
就職できないわけではありません。

たとえば、修士課程を受けながら、
ほかの県の予備校などで高校生相手に
受験勉強を教えている方など
いっぱいおられます。
中には昼は大学院で、夜は建設業(ドカタと言ったほうがいいかも)の方もおられます。

終戦で勉強したくてもできなかった
おじいちゃんやおばあちゃんがいる大学院も
中にはあるんじゃないでしょうか?

いずれにせよ、大学院過程は
大学によって違うし、
文科系、理科系によってもちがうし、
国立、公立、私立などの違いもあるでしょうから、

一番よいのは、志望する大学に問い合わせて
(たいていの大学院はパンフレットを発行していて
そこに研究方針やしくみなど詳しく書かれてあります)

場合によっては、教授や助教授を
直接たずねられてみてはいかがでしょうか。

最後にこの情報は何年も以前のうろ覚えですので、
今現在はこれが性格かどうかは責任もてませんが・・・

がんばってね。

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授...続きを読む

Q工学部の卒業論文の枚数

卒業論文は、学部によっても枚数が違うと聞きました。
勿論、卒論の内容によって個人差はあるのでしょうけれども、
工学部の場合であると、卒研生はA4用紙に何枚の卒論を書くのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。
へぇ~。50枚で少ないのかぁ。
ちなみに私は電気?←少し研究分野がおかしいので電気といえるかわかりませんが。
私の場合40枚から50枚くらいでした。
それも、かなり内容を増やしての結果であり
もっと、省くところがあるような気がしますが。
ちなみに私の研究室以外ではもっとも少ないところなんて
10枚くらいでいいところもありました。
何を研究してるんだ!って感じですが。
そこの人曰く、ほとんどシュミレーションだから
中身に書くことが少ないんだ。って言ってました。
まぁ、それでも10枚くらいで終わるかは、そこの研究室の
論文の書き方がまた違うからではないでしょうか?
(緒論とか、目的とか、実験方法とかをだらだらと書かないっていう研究室らしい。)

私は今大学院生ですが、あまり、研究結果がなく
今から来年の提出が心配です。院生となるとさらに多くの枚数の
論文にならないといけないみたいで・・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング