忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

確か、昨年の今頃まで、盛んに地球温暖化問題に対して、マスコミを初め、いろいろ話題に出ていたと思うんですが・・・。

確か、人類存続危機の緊急問題であり、かなり、地球的に深刻だった・・・はずですよね?

最近、その話しを、ほとんど聞いた事がありません。

その代わりに、原発問題ばかり・・・という印象が・・。

確か、地球温暖化防止のために、原発は二酸化炭素を出さないので有効とか?って言われてませんでしたっけ?

二酸化炭素の排出権という権利が、売買されているって聞いた事あるんですが、現在、どうなってますかね?

・・で、温暖化防止のために、政府が車や電気製品を安く買えるように、巨額の税金が使われたんですが、あれって、温暖化防止にどのくらい効果があったんですかね?

とにかく、人類の存続のために、時間が無いとするなら、少しでも、現在の世界の国々の政府、企業、民間レベルの活動の状況を知りたいのですが、どなたか、ご存知の方いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 自動車も電化製品も大きいものが、減税幅が大きく、ポイントが多く付いたりしましたね。

結局、二酸化炭素を大量に出す方が優遇されていました。つまり、まやかしだったのです。「エコ」を勧めるなら、車も持たず、電化製品を持たずに生活する人に、所得税などの減税措置をするべきだと思いますが、そんなことしませんでしたね。みんなあまり深く考えてなかったので、だまされてしまいました。しかし、だまされたお蔭で車と、大型家電が売れて、景気が少し回復したようです。(震災前は)

 排出権取引も二酸化炭素削減にはなりません。外国が削減した分だけ、自分の国で排出を増やすということなので、地球規模で計算したらプラマイゼロですね。これもよく考えたらすぐに分かること。そろそろばれ出した頃に、震災騒ぎでうやむやになったのじゃないですか。鳩ポッポのリップサービスもこの際うやむやにして、二酸化炭素をどんどん排出して、景気回復をさせましょう。上がった税収は復興に回せばいいと思います。

 日本以外、二酸化炭素を減らそうって本気で思っている国はありません。経済成長が止まってしまうし、温暖化は二酸化炭素とは関係ないって分かってるから。むしろ温暖化した方が、高緯度の寒い地方は、農業ができるようになって、喜んでいるかも。五年くらい前の産経新聞に、「温暖化は今年で終わった」という観測データが出されたことがあります。その後の猛暑はヒートアイランドとか、海流が蛇行したとか、偏西風のコースが変わったとか・・・、複雑にからまった結果のようです。世界的に見れば、大寒波のニュースも聞かれます。

 温暖化が嘘だと気付きだして、そのニュースの転換をしたい時に、震災がきたのではないです。
    • good
    • 0

温暖化の事実はいまさら言うまでもないと思いますが、まだ疑っている人がいるようです。


温暖化に疑問をもたれる方は、「地球温暖化懐疑論批判」(サステイナビリティ学連携
研究機構)をご覧ください。
http://www.ir3s.u-tokyo.ac.jp/sosho

最近の研究によると、COP16で気温上昇を2℃以下にしようと決めましたが、
そのためには2050年ころまでに100%削減してその後は人為的な回収が必要だとの
ことです。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/2 …

いまは原発問題に気を取られるのはやむを得ませんが、脱原発!と短絡的に考える
のではなく、どうすれば安全に、経済活動を停滞させずにCO2を大幅削減できるか
真摯にエネルギー対策を考えるべきでしょう。

懐疑論者からは日本気象学界が論文を受理してくれないと訴えましたが、
昨年、地裁から最高裁まで棄却の判決で、1年足らずのスピード結審しています。
http://song-deborah.com/case1/X/100318judgement. …

民放では素人学者を使って懐疑論をもっともらしく取り上げていますが、
これは津波警報がでているのに、来るかどうか分からんと宣伝しているようなもので、
極めて犯罪性が高いと思います。
    • good
    • 0

ごくごくほんの一部のニュースを貼り付けるだけですが。


1.地球温暖化の現状

地球温暖化は今まさに深刻です。地球温暖化は雨が多い国では豪雨被害をもたらし、雨が少ない国では旱魃を頻発させています。
asahi.com(朝日新聞社):東北電力、電気使用率98%に 豪雨で供給力低下 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0805/TKY201 …
『干ばつ』 - 旱魃の原因と世界各国への影響 - プラス地球温暖化
http://www.plus-ondanka.net/a09_kanbatu.html
中国の大干ばつのすざましさがわかる写真特集カラパイア
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51669451.h
中国、アフリカへ食糧援助9月末までに到着 - 中国国際放送局
http://japanese.cri.cn/881/2011/08/19/181s179348
米テキサス州:干ばつによる農業損失、過去最高4000億円-地元大学 - Bloomberg.co.jp
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=9092000
FAO 干ばつに一層の支援を NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110819/t100150
中国南部50年で最大の干ばつ 400万人飲料水不足 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/08/html/d95432.
温暖化で干ばつが激化、亜熱帯、温帯が「北上」―国家気象局 2011-06-09(木) 164322 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=06
東アフリカ大干ばつ-「飢餓数十万人に」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-03/20
インド:52年ぶりの熱波 熱中症で80人死亡 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/04/html/d23951.

2.地球温暖化の影響

7月の世界食料価格は33%上昇、貧困国への圧力高まる Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN- …
[PDF] 電力経済研究 欧州異常熱波,急増する冷房需要とその抑制策 ...http://www.denken.or.jp/jp/serc/periodicals/pdf/ …

3.温室効果ガス排出権取引

ポーランドの石炭会社とのCO2排出権売買契約の締結について(ポーランド国ボリニア炭鉱メタンガス利用JIプロジェクト)
http://www.energia.co.jp/press/07/p080314-1.html

4.地球温暖化対策

チャレンジ25キャンペーン | トップページ
http://www.challenge25.go.jp/index.html
EVポータル -EV(電気自動車)に関連する総合情報ポータルサイト-
http://www.ev-life.com/
地球温暖化と氷河の後退 - スイスのエコライフ - 環境goo
http://eco.goo.ne.jp/life/world/swiss/pourquoi/p …
ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト - 地球温暖化問題
http://www.newsdigest.de/newsde/content/view/345 …
EICネット[【エコポイント寄付特講】ドイツの地球温暖化対策と都市・地域 ...
http://www.eic.or.jp/library/pickup/pu110308.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反捕鯨国の本音

反捕鯨国の建て前は「クジラはかわいい動物」との事ですが
本音は一体何なのでしょう?
反捕鯨を主張する事でどのようなメリットがあるのでしょうか?

もう一つ質問ですが日本代表が「牛もかわいい動物ではないのか」
という質問に対してドイツだったかの代表者が
何か訳の分からない答えを返してきたのですが
どのような内容だったでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
反捕鯨国の本音(??)とは、外交上のカードを増やすため一手段であるそうです。
例えば、貿易摩擦が生じて国内産業保護を行わないといけない様なものと「捕鯨は○○してやるから○○(例:農産物や自動車)等をもっと○○(例:関税の撤廃、輸入促進)しろ」と持っていくのです。
ただ、特定の少数国の意見だとカードのパワーが低いので「鯨はかわいいでっしゃろ??」と自然保護団体等を巻き込んで煽って賛同者を拡大する、と言った理論です。
従って「鯨は食べるものではない可愛く賢い動物だから保護しなきゃいけない」との世界的なコンセンサスを形成するのです。
ですから、他の動物でもよかった訳ですが鯨が適任だったってことですね。
(参考例:ソウルオリンピック前の犬肉の排除運動)

牛発言に関しては確か「牛は食べる為に生まれてきて、食べる為に育てている」ではなかったでしょうか??(発言国もアメリカだった様な…??)
取り急ぎ回答まで。


人気Q&Aランキング