dポイントがお得になるネット回線は?

恥ずかしながら分数の計算(足し算、引き算、割り算、掛け算)のやり方を忘れてしまいました。

今度、派遣の登録にいくのですが、その時に簡単な計算も出るようです。
友人から分数の計算もあったと聞いたので・・・。

正直、約分と通分も怪しいです。

調べてみたのですが、分数の引き算で分からないところがありました。
問題4/5-2/3(5分の4-3分の2)で私が調べたこの問題の計算式は分子と分母に同じ数をかけて
計算過程が5×3/4×3-3×5/2×5(5×3分の4×3-3×5分の2×5)=12/15-10×15(15分の12-15分の10)=2/15(15分の2)となっていました。
同じ数をかけるのは思い出せたのですが、この問題は「3」と「5」を分子と分母にかけていますが、この「3」と「5」がどこから出てきたのかイマイチ理解できなくて困ってます。

分数の計算(足し算、引き算、割り算、掛け算)のやり方と約分・通分を分かりやすく教えてください。

A 回答 (5件)

こんにちは。



>>>この問題は「3」と「5」を分子と分母にかけていますが

そういうやり方のことを「通分」と言います。


実は、分子を分母で割ったときに割り切れるときって、通分なんていらないんですよ。
4/5 + 1/2 = 0.8 + 0.5 = 1.3
はい、これで終わり。
どこにも間違いなんてありません。
小数を分数に戻す必要さえありません。

だけど、1/3 だと、 1÷3=0.333333333333・・・
となるので割り切れませんよね。
1/3 + 1/2 =
という足し算の答えも、
0.3333・・・・ + 0.5 = 0.83333・・・・
となっちゃいます。
だから、こういうときは通分が必要になるんです。

まず、分母が同じ分数同士だったら、単純に足し算ができることはわかりますか?
たとえば、
1/5 + 2/5 = 3/5
100/3 + 1000/3 = 1100/3
12345000/7 + 678/7 = 12345678/7
といった具合です。

だから、分母が違う分数同士を足し算するためには分母を同じにすればいいんです。

ケーキを4等分するとき、1個は全体の1/4ですよね。
しかし、8等分して2個ずつ取っても、1/4ずつですよね。
そしてまた、12等分して3個ずつ取っても、1/4ずつですよね。
つまり、
1/4 = 2/8 = 3/12
です。
この2つの関係を見てみると、
1/4 の分母と分子の両方に2をかけたのが 2/8
1/4 の分母と分子の両方に3をかけたのが 3/12
これが何を意味するかというと、
「分母と分子に同じ数をかけても、分数の大きさは変わらない!」
ということを意味するのです。

では問題を解いてみましょう。
4/5 - 2/3
分母を同じにするなら、何にするのがよさそうでしょうか?

まず、4/5 について考えます。
分母の5を2倍、3倍、4倍・・・・としていくと、5,10,15,20,25,30、・・・・・
なので、
4/5 は、8/10、12/15、16/20、20/25、・・・・と同じ大きさです。(※1)

次に、2/3 について考えます。
分母の3を2倍、3倍、4倍・・・・としていくと、6,9,12,15,18、・・・・・
なので、
2/3 は、4/6、6/9、8/12、10/15、12/18、・・・・と同じ大きさです。(※2)

※1と※2の中で分母が同じものを探すと、
12/15 と 10/15 です。
つまり、
4/5 - 2/3 は 12/15 - 10/15 と同じものなのです。
結果として、
12/15 - 10/15
というものを、じーっと見てみると、
4/5 - 2/3 = (4×3)/(5×3) - (2×5)/(3×5)
 = 12/15 - 10/15
ということをやっていることになりますよね。

こたえは当然、2/15 です。

このように、分数の足し算・引き算というのは、

足し算
A/B + C/D = (A×D)/(B×D) + (C×B)/(D×B)
 = {(A+D)+(C×B)}/(B×D)

引き算A/B - C/D = (A×D)/(B×D) - (C×B)/(D×B)
 = {(A+D)-(C×B)}/(B×D)

というふうにすると、必ずできる仕組みにいなっています。

ちなみに、「最小公倍数」を発見することができると計算が楽になることがありますが、それは二の次のテクニックなので、まずは上記で理解してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 11:22

分数の計算ができないことよりあなた様のこれまでの回答受付数に対するお礼率はかなり恥ずかしいものと思われます。



今回の質問も理解できたのかどうなのか丁寧に回答くださっている方にはせめて何らかのお礼ぐらいできませんか。
ささいなことかもしれませんが中学生でもできることをしていない(できない)大人が最近増えているのは嘆かわしいことです。社会人としてまず人間をみがいていただきたいと思います。
一夜漬けで算数をマスターするより就職への早道だと思いますが。

こういうこと書くと運営でもないのに何様のつもり・・と言う人いますけどね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 11:24

分数の足し算・引き算を行うには、


分母を同じにする(通分する)必要があります。
通分するには、計算相手の分母を
分母と分子の両方に掛けておけばよいのです。
約分の逆です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

わかりやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 11:23

問題は〔4/5-2/3〕だね。



まずは意味を覚えましょう。
約分・・・分母と分子を共通で割れる数字でそれぞれ割り、分数を簡単にすること。
通分・・・分母を揃えて、数字の大きさを分かりやすくすること。

【1】通分する
最小公倍数・・・2つ以上の数字の共通する倍数で、その中の最も小さい値のこと。

今回の最小公倍数は15
(3の倍数:3,6,9,12,15,18・・・
 5の倍数:5,10,15,20,25,30・・・)

〔12/15-10/15〕になります。

【2】計算する
12/15-10/15=2/15
答えは、2/15

>この問題は「3」と「5」を分子と分母にかけていますが、この「3」と「5」がどこから出てきたのかイマイチ理解できなくて困ってます。

大きい数字はそう考えていいでしょう。(例:8と9の最小公倍数→8×9=72)

しかし、小さい数字は以下のことがあります。
(1)掛けた数字が最小公倍数にならないことがある。
(2)聞かれた2つの数字の片方がそのまま最小公倍数になることがある。

((1)の例:4と6の最小公倍数を掛けると、4×6=24
 『4の倍数は、4,8,12,16,20,24・・・』
 『6の倍数は、6,12,18,24・・・』
  24の前にさらに小さい12がある→4と6の最小公倍数は12)
((2)の例:2と8の最小公倍数を掛けると、2×8=16
 『2の倍数:2,4,6,8・・・』
 『8の倍数:8,16・・・』
  8の倍数の最初(1を掛けたとき)から8が2つの倍数にある→2と8の最小公倍数は8)

長い説明になりましたが、理解してくれたら幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 11:22

通分しなければ分数の足し算・引き算ができないので、


分母の最小公倍数を見つけて、分子にも同じ数をかけて値を変えないようにして計算します。

この計算式だったら、

2つの分母が3と5なので、最小公倍数は15
最初の4/5は分母を15にすると、3倍になるので分子も3倍にして12/15
次の2/3は分母を15にすると5倍になるので分子も5倍にして10/15にします。

足し算・引き算はこれでやります。

↓を参考にして下さい
http://ronri2.web.fc2.com/sansu/bunsu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 11:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分数の掛け算・割り算の3つの数の計算の仕方を・・

分数のかけ算・わり算の3つの数の計算の仕方を忘れてしまいましたので教えてほしいです

(1)○÷○÷○、(2)○×○÷○、(3)○÷○×○、(4)○×○×○

この4つすべての計算の仕方教えてくだされば幸いです。(○の部分の分数は何でもいいです)

よろしくお願いします

Aベストアンサー

()や指数、足算引算が無く、ただ分数の乗除の混成ならば、とにかく左から計算するのに慣れれば良いですよ。ただし、÷○/●は×●/○。つまり逆数にして掛け算にするだけ。

Q電卓 分数計算のしかたを、教えて下さい

電卓 分数計算のしかたを、教えて下さい

Aベストアンサー

関数電卓か普通の電卓かによっても違います。
普通の電卓は入力した順に全て計算するので、
a/b+c/dをしたければ、自分で通分させるか、a/bもしくはc/dを一度計算しておいて、
計算してない方を計算してから、さっき計算しておいた方を足さないといけません。
関数電卓の場合は式を保存しておいて、掛け算割り算を足し算引き算より先にやってくれるし、()を付ければ()を先にやってくれます。
詳細は機種によって違うかもしれませんが
関数電卓かどうか分からなければ、1/2+1/2と入力してみてください。
関数電卓なら結果は1と出ます。
そうじゃないなら1/2+1の段階で1.5と出て、/2を追加で0.75と出てしまいます。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q計算機で分数の計算をする方法教えて下さい

計算機で分数の計算をする方法教えて下さい

Aベストアンサー

どんな計算機ですか?

パソコンでエクセルを使用しての計算なら、「セルの書式設定」で「分数」を選び、そこにデータを入力して、演算を指定したセルの書式設定も「分数」にすれば、分数どうしの計算をして、結果も分数で表示してくれます。

こんなサイトも参考に。
https://kokodane.com/tec1_13.htm

電卓だと、分数を扱えるものは少ないでしょう。

Q分母・分子について質問があります。

恥ずかしながら分母と分子の意味が分かりません。

今更誰にも聞けないので誰かこっそり教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ひょっとしたら、他の回答者さんが書いていること以上に、
根っ子から迷っている可能性があるかも、という気がするので、
大変失礼ながら、本当に、根っ子から書いてみます。

「3分の1」という分数は、
「1つのものを『3つに分けた』ときの『1つ分』」という意味で、
#2さんの表現を借りれば、
『3つに分ける』方が、元になるので「お母さん」「分母」、
その『1つ分』の方は、あとから決めるので「子供」「分子」、
「お母さん」「分母」が「子供」「分子」を背負うので、




「5分の2」なら、
「1つのものを『5つに分けた』ときの『2つ分』」という意味で、
『5つに分ける』が、「お母さん」「分母」、
その『2つ分』は、「子供」「分子」で、




というふうに分数はできています。
なので、書かれた分数を読むときも、
下から上へ、「お母さん」から「子供」へという順番で、
「(分母)分の(分子)」のように読みます。

Q算数の計算の仕方教えて!就職試験の例題集から

恥をしのんで質問させてください。

就職試験の例題集を手に入れたのですが、
おはずかしながら本気で計算の仕方が分かりません。
解説つきで、計算方法と答えを教えてください。

(例題1)
原価4000円の品物に、35%の利益を見込んで定価をつけたのだが、
売れないので定価の20%引きで売った。原価は(  )円になる。

(例題2)
50円切手と80円切手あわせて2700円分買った。50円切手の枚数は
80円切手の枚数の2倍である。
80円切手は(  )枚買ったことになる。

(例題3)
5%の食塩水600gに400gの水を加えると、(  )%の食塩水になる。

(例題4)
3300m離れた2地点から、分速70mで歩くゆき子さんと分速62mで歩く
あき子さんが向かい合って同時に出発した。2人が出会うまでに
(  )分かかる。  


また、このテの問題は小学何年生くらいの問題ですか?
目星をつけて勉強したいので、この様なお話し問題がのっている、
詳しく分かるサイトがあったら、教えて下さい。

試験までにマスターしないと!と、切羽詰まっております。
よろしくお願いいたします!!!

恥をしのんで質問させてください。

就職試験の例題集を手に入れたのですが、
おはずかしながら本気で計算の仕方が分かりません。
解説つきで、計算方法と答えを教えてください。

(例題1)
原価4000円の品物に、35%の利益を見込んで定価をつけたのだが、
売れないので定価の20%引きで売った。原価は(  )円になる。

(例題2)
50円切手と80円切手あわせて2700円分買った。50円切手の枚数は
80円切手の枚数の2倍である。
80円切手は(  )枚買ったことになる。

(例題3)
5%の食塩...続きを読む

Aベストアンサー

(例題1)
 #2さんが言われるように、「原価」を求める場合は、4000円です。
 これが、もし「利益」の誤記であれば、次のように考えます。

  (定価)=4000×(1+35/100)=5400 (円)
  (売価)=(定価)×(1-20/100)=4320 (円)
  (利益)=(売価)-(原価)=4320-4000=320 (円)


(例題2)
 「50円切手の枚数は80円切手の枚数の2倍」なので、80円切手1枚と50円切手2枚のグループに分けることができます。
 このグループの金額は、
  80+50×2=180 (円)
です。
 このグループは、2700円の中に
  2700÷180=15
グループありますので、80円切手を飼った枚数は 15枚 ということになります。


(例題3)
 食塩水の濃度は、次の式で表されます。
 (食塩の質量)/(食塩水の質量)×100=(%濃度)

 従って、この問題では、次のようになります。
  (5/100×600) / (600+400)×100
 =30/10
 =3 (%)


(例題4)
 ゆき子さんとあき子さんの2人が1分間に縮める距離は、
  70+62=132 (m)
ですので、2人は分速132mで距離を縮めていることが分かります。
 あとは、(道のり)÷(速さ)=(時間) の関係がありますから、

  3300÷132= 25 (分)

と求められます。



 この手の問題は、小学生の問題集にも載っていますが、広範囲に分散されていますので、効率よく学習するには、就職試験用のテキストで学習するのがよいと思います。
 丁寧な解説が載っているものを選んで学習してください。

(例題1)
 #2さんが言われるように、「原価」を求める場合は、4000円です。
 これが、もし「利益」の誤記であれば、次のように考えます。

  (定価)=4000×(1+35/100)=5400 (円)
  (売価)=(定価)×(1-20/100)=4320 (円)
  (利益)=(売価)-(原価)=4320-4000=320 (円)


(例題2)
 「50円切手の枚数は80円切手の枚数の2倍」なので、80円切手1枚と50円切手2枚のグループに分けることができます。
 この...続きを読む

Q3つの分数の割り算

(分子/分母の書き方で失礼します)
3/5÷10/9÷10/3は、二つ目も3つ目も逆さにして、
3/5×9/10×3/10で計算方法はあってますか??

度忘れしてしまいました。よろしくお願いいたします。

もしよろしければ、忘れないように考え方も教えてもらえると嬉しいです。>_<

Aベストアンサー

合っていますが、分数で割る時、何故逆数(3/5の逆数は5/3)をかけるのか、そのことはしっかり押さえておいた方がいい。

2×3で割るということは、2で割って3で割るということですね。

9/10で割るということは、9/10=9×1/10ですから、9で割って1/10で割るということです。

9で割ると、9は分母に来ますね。すなわち、分母を9倍することです。

1/10で割るいうことは、1/10が何個あるか数えることと同じですから、結局元の数を10倍する、つまり10をかけるということです。これは、分子を10倍すること。

結果、10/9をかけることと同じになります。

2つだろうが3つだろうが4つだろうが、順番に割っていくのだから、逆さにすることに変わりはない、と言ってしまえばそれまでですが。

Q整数と分数の割り算について

整数と分数の割り算について教えてください。

学業から暫く離れていたので、分数の計算の仕方を忘れてしまいました。
ひっくり返して掛け算するというのは分かるのですが、どうしてそうなるのか分かりません。

6÷1/3という問題があり、答えは18になるらしいです。
ひっくり返して6×3にしているのでしょうが、何故そうなるのですか?

私が計算すると答えは3になります。
6÷1/3=6/6/ / 1/3=36/12 / 6/6=3

この後また3を掛けるのだと思うのですが、6は既に使用しているので掛ける数字がありません。

恐らく、確実に私の計算式が間違っているのだと思います。
どなたか分かりやすい解説をお願いいたします。

Aベストアンサー

再び#3です。
お礼を拝読しました。

>分母に3をかけたら、 18÷3/9=18÷3 になりませんか?

(1/3)×3=3/3=1です。
この式が分母の位置にあっても、分子の位置にあっても、計算した値に変わりはありません。

整数と分数が混ざった式がわかりにくいようでしたら「整数は分母が1の分数と同じ」と考えて計算をしてみてください。
たとえば、
 (1/3)×3=(1/3)×(3/1)
     =(1×3)/(3×1)
     =3/3
     =1

 6÷1/3=(6/1)÷(1/3)
    =(6/1)×(3/1)
    =(6×3)/(1×1)
    =18/1
    =18

・分数の掛け算では分子どうし、分母どうしを掛け合わせること
・分数で割るときはひっくり返してかけること

上記2つを忘れずにたくさん計算問題を解いてみてください。

Q比率の計算

比率の計算方法を教えて頂きたいのですが、例えば・・・男女の比率を6対4として、6が50人だった場合、4は何人になるのでしょうか?
出来れば比率自体の簡単な計算式も教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

要するに
50×4/6
をすればいいのです。

4は6より小さい。求めてる方が比べてるほうより大きいか小さいかを考えて、大きいなら大きいほうを分子に、小さいほうを分母にかけてしまえばいいのです。
今回なら50×6/4にしたら75になって女のほうが多くなってしまいますよね。それはおかしい。そしたら「逆だっ」て気付いて50×4/6にするのです。

Q職業訓練校の試験(数学の四則計算、方程式、分数等)

今年度で職場を退職し、新しいスキルを身に付けようと思い
職業訓練校の試験を受ける事にしました。

筆記試験で例として義務教育終了程度の範囲で
数学の四則計算、方程式、分数の勉強範囲、
国語の読み書き、四文字熟語が出ると書いてあったのですが
職業訓練校筆記試験ではどのような問題が出るのでしょうか??
そしてどの程度勉強して置けば良いのでしょうか??
中学1レベル?それとも中3レベル??
経験者の方が居ましたらご助言頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨に合ってるかかどうかわかりませんが
過去問のリンク等の載っている参考サイトです。

参考URL:http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/examination.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報