お酒好きのおしりトラブル対策とは

市販の印刷物(雑誌、書籍、パンフレット等)を切り抜いた物、ラミネートした物、カンバッジにした物、更にそれぞれに文字を入れたりペイントした物。どれまでが著作権的に販売しても良い物でしょうか?
もちろんコピー、模写した物ではありません。購入した現物を使用します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「無断使用」という言葉は著作権法には存在しないので、ちゃんと法律的な議論をするなら法律の条文に則って話をしないといけないですね。



著作権法上、著作権の侵害となるのは、著作権法に規定された各種の権利が侵害された場合に限られます。著作権法には、複製権、上映権、譲渡権・・など、いろいろありますので、それらの権利が侵害されたといえるのかどうかが問題になります。

例えば、本は著作物ですが、買ってきた本を古本屋に販売しても著作権侵害にはなりません。これは、コピーをしているわけではないから複製権の侵害にならず、また譲渡権については、本の場合は一度正規に購入をしたら譲渡権はもう消滅しているので、これも侵害にならないからです。


今回の場合は市販の印刷物を切ったりして販売するので、上記の本の販売と同様、著作権侵害にならないのでは、というのが問題ですね。(なお、その加工する印刷物が、著作権で保護される著作物であることを前提にしています。)

これらは特に判例があるわけではないのですが、「市販の印刷物(雑誌、書籍、パンフレット等)を切り抜いた物、ラミネートした物」については、基本的には著作権侵害にならないと考えます。#2の回答にもありますが、何ら複製行為をしていないからです。もっとも、印刷物の一部だけ意図的に切り取るような場合、「同一性保持権」の侵害となる可能性はあります。著作権法に、「著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする」と規定されているからです。

カンバッジの場合ですが、これは印刷物をそのまま加工、ではなくて、カンバッジの表面に印刷するという過程が加わるのではないかと思ったのですが・・・。そうだとすると複製権侵害になる可能性があります。それとも印刷物がそのままカンバッジになるのでしょうか。

文字を入れる行為やペイントする行為についても、上記の「同一性保持権」が問題となり、著作者の意図に沿わないような文字入れやペイントをして販売することは権利侵害になる可能性があります。

この回答への補足

印刷物がそのままカンバッジになる事を考えています。
缶バッジのつくり方は、元の印刷物に透明シートをかけてプレスするので、
新たに印刷する必要が無いのです。

ちなみに
有名な作家で大竹伸朗さんがいますが、
彼は捨てられたゴミを使った作品を多く制作し、その中に印刷物にペイントしコラージュ、缶バッジ、等があります。
更にそれを写真で撮影し公式の図録として販売しています。
全て二次使用の許可を取ってるとは思えないです。

しかし、これは作家活動のスタイルだと僕は考えています。
更に、模写作品もある為、完全に著作権違反だとは思うのですが、
その作品に関してはとても好感を持っています。
作家が著作権違反をした作品の場合、展示場所が美術館等であったり、作家の個性が強い場合は、
それが高値で販売されたとしても容認されやすいのかなと考えます。

補足日時:2011/10/03 17:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「同一性保持権」等、疑問の答えを出す為のヒント等、いろいろと参考になりました。
ありがとうございます。

ペイントですが、オリジナルの絵にかぶった場合、かぶらなかった場合等も考えると、
また混乱しますが、もう少し調べて行きたいと思います。

お礼日時:2011/10/03 17:37

○作家が著作権違反をした作品の場合、展示場所が美術館等であったり、作家の個性が強い場合は、それが高値で販売されたとしても容認されやすいのかなと考えます。




確かに芸術は尊重すべきですが、それでもやはり著作権侵害になる可能性はありますよ。

有名な判例で、パロディ・モンタージュ事件(あるいは単にパロディ事件)と呼ばれるものがあります。これは、マッド・アマノというデザイナーが、とある写真家の写真に勝手に手を加え、それを自分の写真集に掲載して世に出したことが著作権侵害となるかが争われたものです。

写真はこのPDFの中で見られます
http://www.jps.gr.jp/rights/pdf/workshop.pdf


最高裁判所は、このような作品はもとの写真の同一性保持権を侵害する、と判断しました。
http://kida.biz/law/court550328o923.html


もとの著作権者が何も文句を言わなければ事件にはならないので、見過ごされているケースはたくさんあるとは思いますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もとの著作権者が何も文句を言わなければ事件にはならないので、見過ごされているケースはたくさんあるとは思いますけどね。

結局はこの一文につきる気がします。
ありがとうございます。

今思い出す著作権関係の美術的事件では
赤瀬川原平 千円札裁判
ダミアンハースト 人体解剖模型の拡大
等ですが、どちらも複製が問題になっていますね。

お礼日時:2011/10/03 20:41

#2さんへ


販売するんですよ?
確実に無断使用です。

この回答への補足

販売したとしても、
雑誌の切り抜き、主にグラビアアイドルものや絶版漫画の雑誌掲載分は、
よく売られています。高値で買った事もあります。
これは合法だと考えます。
もちろんコピーした物はアウトだとわかっています。

では、どこまでかが合法なのかがわからないのです。

補足日時:2011/10/03 17:25
    • good
    • 1

どれもセーフです。


複製を伴いません。

この回答への補足

実際に雑貨屋さん等で印刷物の切り抜きや加工品を売っているのを見かけた事もあるので、
大丈夫そうな気はするのですが、
どこらへんがそのガイドラインなのかがよく解らないのです。
ありがとうございます。

補足日時:2011/10/03 17:21
    • good
    • 0

どれもアウトです。


確実に無断使用(2次)になります。

この回答への補足

二次使用という言葉は聞くけれど内容が解らないのです。
オリジナル物をコピーした物が二次だとすると、
雑誌の画像等は既に二次使用料を払って発行されている物なので、
二次そのものを使用する場合、また払うとすると使用料がかぶってしまうのでは無いかという疑問です。

補足日時:2011/10/03 14:33
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコラージュと著作権について

私は個人の趣味で、雑誌や自分の撮影した写真を切り抜いて、折り紙、リボンなども一緒に貼付けて一枚の絵にして「コラージュ」というのを作っています。
そのコラージュなんですが、自分のブログで作品として発表することは可能なのでしょうか?
またはメールで、コラージュしたものの画像を誰かに送信することも可能でしょうか?
最後に、そのコラージュの作品をコピーして(原版ではなく)、
友達に郵送するというのは可能でしょうか?
著作権で調べたのですが、よくわからなくてこちらで質問させていただきました。
ぜひ、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.そのコラージュなんですが、自分のブログで作品として発表することは可能なのでしょうか?

コラージュの質によります。これは最高裁判例が出ておりまして、他人の作品を「許諾なく利用できるのは、他人の著作物の表現形式上の本質的な特徴を直接感得させないような態様において利用する場合に限られる」

つまり、あなたの作ったコラージュが、他人のパクリだと思われない程度に、オリジナルなものになっていれば、これはもう自分の著作物ですから、いくらでも発表できます。
ただ、その「他人のパクリだと思われない」のガイドラインはありません。個別具体的に作品を見て判断するしかないので、常に著作権違反の危険と隣り合わせであることは事実です。


2.またはメールで、コラージュしたものの画像を誰かに送信することも可能でしょうか?
3.最後に、そのコラージュの作品をコピーして(原版ではなく)、
友達に郵送するというのは可能でしょうか?

どちらも私的複製と特定少数への伝達ですから、何の問題もありません。ただし、特定(つまり範囲が友人・知人=無差別は駄目)であること。それから少数(30人程度まで)であることが条件です。

これは、子どもがドラえもんを自由帳に書いて、それを友達や家族に見せても何の問題もないのと同じ事です。

1.そのコラージュなんですが、自分のブログで作品として発表することは可能なのでしょうか?

コラージュの質によります。これは最高裁判例が出ておりまして、他人の作品を「許諾なく利用できるのは、他人の著作物の表現形式上の本質的な特徴を直接感得させないような態様において利用する場合に限られる」

つまり、あなたの作ったコラージュが、他人のパクリだと思われない程度に、オリジナルなものになっていれば、これはもう自分の著作物ですから、いくらでも発表できます。
ただ、その「他人のパクリ...続きを読む

Qコラージュの著作権、手づくりの定義は一体?

読んで下さりありがとうございます。

現在、あるアートイベントに向けて作品を制作しているのですが、
その中にコラージュ作品が含まれています。
市販されているスクラップブッキング用のシールやボタン
レトロな写真が載っているデザイン紙などを使っています。

作品を展示・販売しようと考えていたのですが、
先ほどこのサイトで著作権の質問を見つけ、
展示・販売はまずいのでは…?と本当にどうしようかと悩んでいます。

私は、海外のスタンプ専門雑誌(stampers' sampler)を
よく見るのですが掲載作品がほとんどコラージュしたものでしたので
展示や販売は問題ないと認識してしまっていました。
また、海外では個人(アマチュア)のコラージュ作品を販売しているのも見ました。
国内雑誌ですと、雑貨カタログによくコラージュ作品がのっています。
貼られた各商品のロゴもばっちり写っていました。
一体著作権はどのようになっているのでしょうか?

少し話がずれて申し訳ないのですが「手づくり」の定義も
はっきりとは分からないのです。
ヴィンテージパーツや元あるなにかを使って作ったアクセサリーや
作品は手づくりとなっていることが一般的に感じるのですが、
考えてみるとそれも誰かが作ったパーツを組み立てたいわばコラージュ
と似ているように思うのですがどうでしょうか…?
そう考えていくと何もかもに著作権がある気がしてきて、
頭が完全にこんがらがってしまいました。

ご存知の方いらっしゃいましたら、どうぞ宜しくお願い致します。
ご意見でも大変嬉しいです。

読んで下さりありがとうございます。

現在、あるアートイベントに向けて作品を制作しているのですが、
その中にコラージュ作品が含まれています。
市販されているスクラップブッキング用のシールやボタン
レトロな写真が載っているデザイン紙などを使っています。

作品を展示・販売しようと考えていたのですが、
先ほどこのサイトで著作権の質問を見つけ、
展示・販売はまずいのでは…?と本当にどうしようかと悩んでいます。

私は、海外のスタンプ専門雑誌(stampers' sampler)を
よく見るのです...続きを読む

Aベストアンサー

詳しい解説をすると長くなるので省略しますが、コラージュ作品そのものの展示や譲渡は、ほぼ著作権の問題になることはないと思います。

ただ、著作権がある素材を使って作成されたコラージュ作品を、写真に撮るなどして複製したり、その写真をインターネットで公開したりする行為は、素材とした著作物を複製したり公衆送信したりしていることになるので、著作権侵害となる可能性が高いです。

海外のスタンプ専門雑誌をみたことがないので具体的には回答できませんが、著作権のある素材を使っているコラージュ作品を雑誌に載せることは、日本の著作権法上は、許諾が無ければ複製権の侵害といわざるを得ないでしょう。

後問題になるのは、もともとの素材に著作権があるかどうかということです。「ヴィンテージパーツや元あるなにかを使って作ったアクセサリー」といっても、衣服やアクセサリーなど工業生産品や実用品そのものは、著作物ではないので著作権侵害の問題はありません。ただ、衣服にデザインされている絵などは、著作物になる可能性はあります。

No.1 さんの例の、ビーズはそもそも工業製品であって著作物ではありませんし、卵が著作物でないのも当然ですから、著作権侵害という問題が生じる余地はありません。

しかし、ディズニーキャラクターが印刷されたTシャツなどを元にして何かを作る場合は、Tシャツ自体ではなく、印刷されたキャラクターに著作権があるので、その著作権を侵害しないかが問題になります。

著作権を考える上で、手作りかどうかという基準は関係ないです。

詳しい解説をすると長くなるので省略しますが、コラージュ作品そのものの展示や譲渡は、ほぼ著作権の問題になることはないと思います。

ただ、著作権がある素材を使って作成されたコラージュ作品を、写真に撮るなどして複製したり、その写真をインターネットで公開したりする行為は、素材とした著作物を複製したり公衆送信したりしていることになるので、著作権侵害となる可能性が高いです。

海外のスタンプ専門雑誌をみたことがないので具体的には回答できませんが、著作権のある素材を使っているコラージ...続きを読む

Q著作権に詳しい方教えてください

私はイラストやグラフィックを作っています
基本的には完全オリジナルなのですが
例えば 雑誌の切り抜き等をコラージュして作った作品は著作権にふれてしまうの
でしょうか

更に他人の撮った写真を見ながら描いたイラストは違法でしょうか
完全にわかるようではいけないと思いますが
それを元に自分なりのオリジナルにした物は『自分の作品』にならないのでしょ
うか

オリジナルとパクリ(?)と言われてしまう境目がよくわかりません
相手次第になってしまうのでしょうか

アドバイスお願いします

Aベストアンサー

著作権なるほど質問箱 ―文化庁―
Q写真をもとに絵を描きましたが、絵の著作権は誰のものですか。
http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000062

コピライトQ&A(著作権相談から)―社団法人 著作権情報センター―
Q人気タレントの写真を使ってポスターを作りたいのですが、だれに話をすればよいのでしょうか。
また、幕末の頃の歴史上の人物の肖像写真を使う場合はどうでしょうか。
http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan1_qa.html

Qコラージュ作品の著作権

コラージュ作品の著作権について質問です。

コラージュに使用されている素材が自分自身が作ったものではなく、web上でみつけた画像・広告・雑誌・海外の雑誌・絵本からの抜粋であった場合、その作品を営利目的で使用することは許諾が必要になるのですか?

あと追加の質問で、生地のテキスタイルの柄の著作権はどんな風に定められているのですか?

楽曲に関しては色々探せばでてくるのですがこういうった法をわかりやすく書いている書籍やwebサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>ロイヤリティが定められていますが、そのロイヤリティの
>基準となるものは協会のようなものがあって定められてい
>たりするのですか
わかりませんが、一般的に考えれば「権利者の言い値」でしょう。
基準が定めらたとすると「ミッキーマウス」と「子供が描いたネズミの絵」が同じロイヤリティになってしまうでしょうから。

>50年前等のもので許諾を得る先が不明な場合
日本では一般的な著作権は50年で切れるかと思いますので、権利期間が50年を超えていれば問題はないかもしれません。
ただし、「許諾を得る先が不明な場合」だから「自由に使っていい」とはなりません。
その場合は、告示か公示などをして・・・だったと思います。
詳細は、文化庁の著作権に関するページ(下記、URL)をお読みいただいたほうがよいかと思います。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/chosakuken/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報