【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 
 連帯保証人になってます。
 融資は500万円でした。
 融資先は 主に個人事業主に対象とおもいます。
 現在の 残高は およそ1,000万円です。
 融資先の対応は 特に問題ありません、
 10年ほど 連帯保証人として 融資先と対応してきました。
 
 さすがに 融資主も 即処理対象にしたようです。
 借主も もう無理なようです。

 
 連帯保証人は 借主とは 借入前に 上司と部下でした。
 その関係で 個人的に断りきれない部分で 連帯保証しました。
 借入に時点では 借主は会社を辞め、個人事業主になってました。
 一切の 融資による 利益は得ていません。
 
 借主は 2年ほどで 行き詰まりましたが、裁判所が”自己破産を認めませんでした。”
 社会常識を 超えていました。
 融資先は 連帯保証人に 返済を求めてきました。
 経済的に困難であると申告したところ、、、
 融資先は 連帯保証人が個人的に借主と交渉して 毎月返済してくださいと、提案され 現在に至っております。
 
 融資先は 借主と直接電話連絡も取っております。
 返済が滞り、借主と連絡が取れなくなると、
 連帯保証人に 電話が来ます。
 勤め先にまで 電話が来ます。
 この10数年で 2度ほど”ヤバイ”と感じて 自分で 合計数万円振り込みました。

 幸いに 借主が 長年に渡り最低限の誠意を見せてくれているために 現在に至ってます。


 緊急ですが お知恵 拝借できませんでしょうか。
 よろしくお願いいたします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

いろいろな回答が見受けられますが心中お察し申し上げます。



他の方の意見のように基本的に連帯保証人を貴方の一方的な判断で抜ける事は出来ません。
(更に数回代理返済している事で100%保証人を認めていますので)

しかし不幸中の幸いなのが借主が自己破産出来なかった事です。
(自己破産していたらそのまま貴方に直接請求が来ます。)

>主に個人事業主に対象 とありますが
借りたのは銀行では無くノンバンク系でしょうか?

その場合、利息は結構高いのではないでしょうか?

借主に言って借りた金融機関に『取引履歴開示依頼書』を送付します。
金融機関によりますが1ヶ月程度で取引明細を送ってくると思いますのでそれを元に法律で決められた利息で『引き直し計算』を行なって下さい。

10年ほど連帯保証人として対応とありますが返済が延滞したのが10年前でそれ以上前の借り入れなのでしょうか?

10年以上の期間でノンバンク系なら殆どの場合大幅減額又は過払い金によりお金が戻ってくる場合もあります。

詳しい借り入れ期間と実質年利毎月の返済額が分からないと計算は出来ませんが減額の期待はあると思います。

気を付ける点は万が一借主が破産宣告をしたり夜逃げした場合貴方が債務者になりますが借入残高約1000万円をそのまま引継ぎ新たに貴方が1000万円の借り入れ契約をした場合その後減額の交渉は困難になりますので今の内に最悪の事態に備え少しでも減額(上手くいけば過入金)及び残金の金利を無利息又は2~5%以内の低金利に交渉しておいたほうが良いと思います。

どうしても手に負えない場合、弁護士に相談されるのが良いと思います。
弁護士は『法テラス』又は各都道府県の弁護士会に相談すると金融案件を得意とする弁護士を紹介してくれます。
(TVやネットで宣伝している所は相談無料とかありますが結果的に成功報酬など費用が高くかかりますのでお勧め出来ません。)

高額になりますので司法書士では対応できません。
弁護士費用は安いところで相談料も含め8~15万円でやってくれると思います。
(1000万円程度の引き直し計算と今後の利息交渉)
一般的には最初1~2万円で受け成功報酬として経済利益の8~20%です。
(経済利益は減額された金額例えば1000万が400万円に減額された場合経済利益は600万円)
仮に1000万円が過払い金が発生して100万円戻った場合経済利益は1100万円になりますので成功報酬学派8~20%でもすごい金額になってしまいます。(88~220万円)

取り合えず大至急取引履歴(詳細)を確認された方が良いと思います。
    • good
    • 0

大変な目に遭いましたね。

ご心中お察し致します。

裁判所が本来の借主である人物に破産を認めたとしても、請求は質問者様に行きます。だから借主が破産する場合は、連帯保証人も破産する必要があるんです。私は以前、会社を経営しており、銀行に3000万円の負債があり、経営に行き詰まり、会社を破産宣告しました。で、会社の破産は受理・債権者集会・裁判所の判断を経て、破産は成立しましたが、会社の借金ですので、連帯保証人は会社の代表たる私だった訳です。そうすると放置しておけば自動的に私に請求が来ます。そういった経緯で私も自己破産をせざるを得ませんでした。その免責も認められ、今に到っています。

裁判所が本来の借主である人物の自己破産を認めなかった理由がよう分からんのです。社会常識を超えてと言うのは「黒い借金」だったのか?と勘ぐりざるを得ませんが、ただ最初に書いた通り、本来の借主が債務返済履行が不可能になった場合、当然、連帯保証人に請求が来ます。連帯保証人は、自分が借りてなくても、借りたと同じと定義されており、その責任は遥かに重いのです。

結論として、質問文を読む限り、ここで「こうしたら良い」という答えを見つけようとするよりは、弁護士に相談するのが一番、間違いない道だと思います。つまり質問者様は、このサイトを使ってる事により時間を無駄に浪費してるかな?と思うんです。専門家の意見を聞くのが何よりだと思いますので、緊急とおっしゃるならば是非そうしてください。

この回答への補足

 
 ありがとうございます。

 結構 弁護士さんに不信感ありまして、
 なかなか 信頼・信用できる方に
 出会うことが 難しい。
 

補足日時:2011/10/28 18:56
    • good
    • 2

災難に見舞われ本当に心中お察しします。


参考にならないと思いますが私の体験をお話しします。
13年程前に私の友人であった個人事業者の連帯保証人になりました。借入先はあの有名な消費者金融 SFCG商工ファンド。
借入金は300万円、根保証限度も300万円の契約でした。返済機関は5年でした。
しかし、3.5年目頃に入ってからどうも事業が上手く回っていない事を知り、保証人として私がSFCG社に出向き、返済状況を確認したところ元金は一銭も支払われていませんでした(金利・延滞金のみ払っていた)
その頃より時折返済が滞り、あなたと同じように職場に何度も電話があり、自宅にまで来たこともありました。
延滞回数も多くなり、私の戸建てを法的に差し押さえる準備をするとの連絡も入りました。

これはまずいと思い、友人に払ってくれなければ困ると話し続けましたが、連絡が取れなかったり、申し訳ないなどの繰り返し。
しまいにはその友達は俺なんてもうどうでもいいから破産しようかと思っている…との話し。
一時は対応の術もなく憤りも頂点に達し保証人になった後悔と、どうせ300万払うならヤクザにでも依頼して少しでも良いから取り立てようなどとつまらないことを考えたりした事もありました。

その後、悩んだあげく破産すればどうせ全額私が支払うのなら、最後に私の従兄弟に弁護士がいるので恥を忍んで本人を連れて行きました。

弁護士がその消費者金融と話すも契約書上その300万円は今まで支払った金利(延滞金含め約300万程)と相殺できる内容ではありませんでした。

弁護士はとにかく何とかして現金で300万円持ってくればこちらで解決するとのこと。

この時に説明を聞き改めて契約の恐ろしさを身に染みたものです。

そして後に弁護士から電話をもらい、今までのケースを見てもこれはまず99%は全額私が保証する事になるだろうとの事でした。

それでも諦めずに、友人に対して感情的にならずに何とか300万円を作るように話し続けました。

その数日後、私に電話が入り「300万何とかできました」との事。

出向くと封筒から300万を出し、泣きながら私に申し訳なかったと謝罪していました。

早速、その300万を持って弁護士事務所に行き、残債、弁護士料等を支払いこの件の処理が全て終わりました。

驚いたのは後に300万を貸した人は私とも身近な人だと知ったのですが、それは相手は知らないこと。私の問題ではないと割り切りました。

そして、一週間後にこの個人事業主であるその友人は動脈瘤破裂で救急車で搬送され死亡しました。

今思えば全ての行動が後1週間遅ければ友人は死に、私が全額返済するところでした。

これは私の忘れられない思い出の1つとなりました。そして二度と保証人にはなりません。

この回答への補足

 
 まずは、
 真摯極まる ご回答 いたみいります。。。。。

 私の友人も 自分の現状を素直に語り、展望を述べました。
 自分で 融資先に連絡を取り、交渉すると言っております。
 連帯保証した以上 友人と連絡不能にならない限り 付き合うのも自虐的に 前向きな人生かとも感じます。

 それでも、
 現実的には 家族に対する責任もあります。
 
 もし、
 これから ご回答を戴けるのなら、、、、
 できるだけ 家族に与える影響を少なくできる、
 法律的な方法があれば、
 幸いです。。。
 

 

補足日時:2011/10/28 11:21
    • good
    • 0

質問しなければ良かった、と書き込んでいますが、現実は変わりません。



一括払いを請求された場合には、連帯保証人には、逃げ場が全くありません。財産は全て没収されます。(保険などは解約させられます)

給料も最低限必要な金額以外は、差し押さえられ、退職金も取りあげられます。

ですので、開き直って立ち向かうしか方法は残されていません。(返済額などの交渉です。)

あなたが働いていれば、返済もできますが、夜逃げされたらパーですので、交渉の余地はあります。

この辺は素人では難しいので、専門家に相談をしてください。

この回答への補足

 
 現実的な 回答 ありがとうございます。
 

補足日時:2011/10/25 20:05
    • good
    • 3

借主と融資先って同じ?今のわからんコトバは使わないで下さい。


誠意を見せるとか。


結局、連帯保証人が債務を逃れる方法はあるか。っていう質問?

自己破産か夜逃げか完済しかありません。

この回答への補足

 
 このような回答は
 まったく 求めていません。
 あしからず・・・
 

補足日時:2011/10/25 20:07
    • good
    • 0

連帯保証契約は片務契約と言って、一方の義務しかない契約です。


連帯ですので、普通保証人とは違い、債権者に対し、債務請求された時には一切の抗弁ができません。
簡単にいえば、債務者の支払いが停止(滞っても)すれば、自分で借りてもいない借金の肩代わりをしますという契約をしたのです。

債務者が、理由のいかんにかかわらず支払いを停止した時点で、債権者は連帯保証人に請求します、
その場合、大抵は一括返金の請求が来ます。

連帯保証人の権利としては、元の債務書への求償権しかありません。
>融資先は 連帯保証人が個人的に借主と交渉して 毎月返済してくださいと、提案され 現在に至っております。
これは求償権を行使して、債務者から回収しろと言っていると思います。


連帯保証人の逃げ道は基本的に無いと思ってください。

1.別の連帯保証人を探して、債権者の同意を得て、連帯保証契約を解除する。
2.自己破産の申請、ただし、免責されない可能性が高いです。
3.自己破産をせずに、債権者と任意整理の方向で話し合う
4.一括返済する。
5.夜逃げ

連帯保証人は親兄弟でもならないほうがいいです(いまさらだとは思いますけど)、
相手がどんなに大丈夫と言っても、将来はわかりませんし、血がつながっていてもわが身を優先します、
他人ならなおのこと。
通常、人は、受けた恩は忘れ、与えた恩だけ覚えているものです。
本当に窮すればわかりません。

ちなみに、債務者が自己破産しても、連帯保証人がその債務を免れるわけではないです、
ですが、債務者の免責が認められたら、債務者そのものの債務の原因が消えるので、連帯保証人も求償権による請求ができなくなります、そして連帯保証人には自分が借りていない借金が残ります。
債務者には安直に自己破産を進めないほうがいいです。

この回答への補足

 
 分かり易い ご回答 感謝いたします。
 

補足日時:2011/10/25 20:01
    • good
    • 0

>返済が滞り、借主と連絡が取れなくなると、


>連帯保証人に 電話が来ます。
当たり前です。 そのための保証人です。

>勤め先にまで 電話が来ます。
一回連絡が着たら、その日のうちに連絡を取るといい、必ず実行すれば(まっとうな相手であれば)職場に何度も連絡してくることはないでしょう。

連帯保証人というのは、借金しているのと同じであると認めたということなので、
対応策は、


1.夜逃げ
2.自己破産(認められないかもね)
3.借主との直接交渉
4.完済
ってことで、3番を勧められているんだと思うけど。

この回答への補足

 
 質問しなければよかった! 
 

補足日時:2011/10/25 12:06
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連帯保証人の時効?について教えてください

宜しく御願いします。

亡くなった父が、連帯保証人になっていました。
(借金の額は300万円くらい)
父のほかにも連帯保証人がいるとは思いますが、
最近になって信用保証協会の人がまたやってきて、
お金を払うように言って来ます。

詳しいことがさっぱり分からないのですが、
父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を
払っていたようです。

最近来た信用保証協会の人が、手紙と振込用紙を
もってきました。
「○月○日までにお出向きください。前述の期日を
過ぎても、ご来所またはご連絡の無い場合には、
不本意ながら法的手続きにより回収することが・・・」
という内容で、下の部分に借金の額が書いてありました。

そこに、代位弁済というのがあるのですが、これは
なんでしょうか?
日付は昭和62年となっています。

結構昔のものだと思うのですが、時効?には
ならないのでしょうか?
父が時々返していたので、やはり最後まで返さなくては
いけないでしょうか?

父が亡くなってすぐにきた協会の回収者は、
母に払わなくてもいいですよと言ったそうです。
その後、現在の担当者に変わり、土地を抵当に入れると
言われたり、元金だけでもいいといわれたりしたようです。

この借金が何時のものか、他の連帯保証人がどうしてるのか、
父が何時ごろまで借金を返していたのか、分からないことが
多いのですが、それを知る方法や、時効?かどうか
調べる方法、それを申し立てる方法など、分かる方が
いらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

宜しく御願いします。

宜しく御願いします。

亡くなった父が、連帯保証人になっていました。
(借金の額は300万円くらい)
父のほかにも連帯保証人がいるとは思いますが、
最近になって信用保証協会の人がまたやってきて、
お金を払うように言って来ます。

詳しいことがさっぱり分からないのですが、
父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を
払っていたようです。

最近来た信用保証協会の人が、手紙と振込用紙を
もってきました。
「○月○日までにお出向きください。前述の期日を
過ぎても、ご来所またはご連...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

まず「時効」は10年です。
これは「借りてから」ではありません。
「借金の一部を最後に払った日から」と考えてください。
(本当はちょっと違いますが)

>父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を払っていたようです。

ですのでお父様が亡くなった時期がわかりませんが、最近であれば
「時効」にはなっていないと思います。

借金は「相続」されます。
お父様が亡くなったのであれば相続放棄をしない限り、借金は
相続人が支払わなければなりません。
(もちろん「借金だけ」を相続放棄はできません。放棄するのであれば
土地や預貯金などのプラスの財産も放棄になります。なお、相続放棄
の手続きができるのは、通常亡くなってから3ヶ月以内です。それを
過ぎると自動的に相続したことになります。)

>この借金が何時のものか
>父が何時ごろまで借金を返していたのか

これは相手方に「取引履歴」を開示してもらえばOKです。
相手(債権者)は拒否できません。

>他の連帯保証人がどうしてるのか

これは興信所等で調べる手はありますが、当面あまり意味は無いと
思います。連帯保証人というのは何人いても、借金を頭割りして支払う
というものではありません。債権者はその中の一人に「全額」請求できます。

まずは
・借金(連帯保証)の契約書を見せてもらう
・取引履歴を開示してもらう

ところからはじめましょう。
いつの借金なのか、最後に支払をしたのはいつかを調べましょう。
なお、お父様が亡くなった後にお金を支払ってしまうと、例え相続放棄
していても「債務の追認」になる可能性があります。
(要は「代わりに支払うことを承諾した」ことになる)

こんにちは

まず「時効」は10年です。
これは「借りてから」ではありません。
「借金の一部を最後に払った日から」と考えてください。
(本当はちょっと違いますが)

>父は時々気まぐれのようにほんのわずかな額を払っていたようです。

ですのでお父様が亡くなった時期がわかりませんが、最近であれば
「時効」にはなっていないと思います。

借金は「相続」されます。
お父様が亡くなったのであれば相続放棄をしない限り、借金は
相続人が支払わなければなりません。
(もちろん「借金だけ...続きを読む

Q連帯保証人になった親族に請求が来ました

こんにちは。あまり詳しくはお話できませんが、親族が他人(学生時代の友達のようです)の連帯保証人になってしまい、先日、他人さんが自動車ローンを組んだという銀行から

「ローンの振込が無く、連絡も取れない状況。住居は既に退去しているようで、どこにいるかもわからない。請求できない。差し押さえもできないので、連帯保証人であるアナタが代わりに毎月払ってください」

などという連絡が来たそうです。
ようするに、親族の友人はバックれたようなのです。

親族からの又聞きなので真実かはわかりませんが、
 ・友達の両親は既に死んでいて、祖母しか親族がいない
 ・祖母とも疎遠で、今どこにいるのか祖母自身も知らない
 ・しかし、どうやら共通の友人宅に転々と居候しているらしい
  (海外に逃げる!とかホームレス!とかする根性のあるタイプでは無い)
 ・ローンの元金はほぼ減っていない

本人が精神薄弱なところがあり、混乱しているようで、あれやこれやと根掘り葉掘り聞けなかったのですが、下記が気になっております。


・バックれるなどということが本当に可能なのか?
→それこそホームレスとして、日雇い仕事もせずに空き缶広いだけで生活し、
 一切身分証明を求められるような事の無いような形なら逃げ切れるかもしれませんが、
 国内で普通に生活していれば、例えばツタヤカードを作るにも身分証明書を見せるでしょうし、
 バイトをするにも住民票など出す必要がありますよね。
 実際のところ、住民票は以前登録したアパートに今は住んでいなくても出せたりしますが(過去出せたことがあります)
 本気で探せば、簡単に見つかってしまうと思います。
 どうなんでしょう?
 ローン会社は警察とは違いますし、そういったお店の利用登録とかまで閲覧する権利は無いでしょうし、
 よほど高額なローンを踏み倒すとかならない限りは、本腰入れて探したりはしないものなのでしょうか?
 捜索願を出せば警察も動くわけですし、とても逃げられないと思うのですが…


・親族が生きていても、請求は連帯保証人に来るのでしょうか?
 話を聞いていると、両親が死んでいるというのもウソっぽいな…と思っています。
 仮に本当に亡くなっていても祖母は生きているわけですから、祖母の方に支払督促が行くものではないのでしょうか?


・たとえば、私の親族がいくらか連帯保証人として支払いをした後に本人が見つかった場合、見つかるまでの間に支払った額は帰ってくるのでしょうか?
 ローン会社が返還してくれるのか、民事訴訟?などして本人に個人として請求することになるのでしょうか?


・仮に私の親族が全てを支払わなければならないことになってしまった場合。一括ではとても無理なので分割ということになると思うのですが、元本のみ返せば良いのでしょうか?
 それとも、普通に利息も返さなければいけないのでしょうか?
 どうやら600万円の車を10年ローンにしたようですので、年利率を7%で計算すると
 毎月の支払額は7万円前後かと思います。

 かりに私の親族が全て支払をするとした場合、ローンを引き継ぐ形で毎月7万円を払い続けるのか、
 それとも元本のみということで、600万円を分割して払う(利息は再計算でしょうか?さすがに無利息とはならないでしょうか)
 ことになるのでしょうか。



情報が少ないため申し訳ございませんが、わかる範囲で教えていただけますと幸いです。

こんにちは。あまり詳しくはお話できませんが、親族が他人(学生時代の友達のようです)の連帯保証人になってしまい、先日、他人さんが自動車ローンを組んだという銀行から

「ローンの振込が無く、連絡も取れない状況。住居は既に退去しているようで、どこにいるかもわからない。請求できない。差し押さえもできないので、連帯保証人であるアナタが代わりに毎月払ってください」

などという連絡が来たそうです。
ようするに、親族の友人はバックれたようなのです。

親族からの又聞きなので真実かはわかりません...続きを読む

Aベストアンサー

・バックれるなどということが本当に可能なのか?
    ↑
十分に可能です。オウムの逃亡犯を見てください。
住民票など要求しない職場はいくらでもあります。
アパートもあります。


”本気で探せば、簡単に見つかってしまうと思います。
 どうなんでしょう?”
    ↑
探偵者などのプロが探せば見つかると思います。
素人では難しいです。


”本腰入れて探したりはしないものなのでしょうか?”
    ↑
余程のことがない限り、ローン会社はそんなこと
しません。
人を探すのにどれだけお金が掛かると思っているのですか。
だから、連帯保証人をたてるのです。


”捜索願を出せば警察も動くわけですし”
     ↑
警察は動きません。断言できます。
毎年何万もの行方不明者が出ているのです。
犯罪性が顕著でもない限り、警察は動きません。
身元不明の死体が発見された時に照合するぐらいです。


・親族が生きていても、請求は連帯保証人に来るのでしょうか?
     ↑
本人が生存している以上、親族には何の関係もありません。
親族が関係するのは本人が死亡して、相続が発生した時だけです。
法的には、本人を差し置いて連帯保証人に直接請求できる
ことになっています。
本人が見つからなければ、連帯保証人に請求します。
親族は関係ありません。


・たとえば、私の親族がいくらか連帯保証人として支払いをした後に本人が
見つかった場合、見つかるまでの間に支払った額は帰ってくるのでしょうか?”
     ↑
帰ってくるのではありません。
支払った連帯保証人が本人に請求するのです。
これを求償といいます。
本人が払わなければ、自分で提訴するしかありません。


”ローン会社が返還してくれるのか、民事訴訟?などして本人に個人として
 請求することになるのでしょうか?”
    ↑
ローン会社は返還などしません。


”元本のみ返せば良いのでしょうか?
それとも、普通に利息も返さなければいけないのでしょうか?”
    ↑
連帯保証人は本人と同じ責任を負います。
従って元本だけでは足りません。利息も全額支払う
必要があります。


”かりに私の親族が全て支払をするとした場合、ローンを引き継ぐ形で
毎月7万円を払い続けるのか、
それとも元本のみということで、600万円を分割して払う”
    ↑
親族は関係無いことは説明した通りですが
仮に支払った場合は、ローンを引き継ぐことになるでしょう。
勿論、ローン会社と相談して一括弁済することは
可能ですし、ローン会社が承諾すれば元本のみ、という
ことも可能です。
ローン会社次第です。

・バックれるなどということが本当に可能なのか?
    ↑
十分に可能です。オウムの逃亡犯を見てください。
住民票など要求しない職場はいくらでもあります。
アパートもあります。


”本気で探せば、簡単に見つかってしまうと思います。
 どうなんでしょう?”
    ↑
探偵者などのプロが探せば見つかると思います。
素人では難しいです。


”本腰入れて探したりはしないものなのでしょうか?”
    ↑
余程のことがない限り、ローン会社はそんなこと
しません。
人を探すのにどれだけお金が掛かると思...続きを読む

Q連帯保証人をなんとか助けられませんか?

両親が離婚しそうです。
父と母は2人共同で自営業してまして、この度、事業継続が難しいと判断し工場を売ることに決めたそうです。
そこで借金の問題ですが、工場を売却しても5000万ほど借金が残ってしまいそうです。

父はもうあきらめてしまったのか、朝から飲み屋で飲んであちらこちらにツケをためているようであてにならない状態です。
そんな状態を見かねて、母もついに離婚の決意をしたようですが、借金の連帯保証人になっているのでどうしたものかという状況です。

私としましては、父には昔からいいイメージはありませんし、どうなろうが知ったことではないのですがそんな父を文句言わずに支えてきた母にはこれ以上不幸なことにはなってほしくないので、なんとか力になりたいと思っています。

連帯保証人になっている場合、たとえ離婚しても母の返済義務は消えないということは調べてわかったのですが、なんとか母名義の土地などの財産を守る方法、母が借金から逃れる方法はないものでしょうか?
素人考えでは「父が自己破産なり債務整理すれば母は関係なくなるんじゃ?」と思ったのですが、ネットで調べても連帯保証人から逃れるには「別の連帯保証人を見つける」などの対応策しか書いてなかったのでやはり無理なんですかね?


法律関係は素人ですので正直どう質問すればいいのかわからず、わけわからないことを書いてる部分もあるかもしれませんが、なんとか汲み取って答えて頂ければと思います。
また、今回のようなケースの場合で母が損しないよう、又わ、最悪の事態を避けるために事前にしておいたほうが良い措置などもあればぜひご教授願いたいです。

必要な情報かわかりませんが、一応書いておくと、私は23歳男、会社員で実家から10kmほど離れた場所でマンション1人暮らしです。

よろしくお願いします。

両親が離婚しそうです。
父と母は2人共同で自営業してまして、この度、事業継続が難しいと判断し工場を売ることに決めたそうです。
そこで借金の問題ですが、工場を売却しても5000万ほど借金が残ってしまいそうです。

父はもうあきらめてしまったのか、朝から飲み屋で飲んであちらこちらにツケをためているようであてにならない状態です。
そんな状態を見かねて、母もついに離婚の決意をしたようですが、借金の連帯保証人になっているのでどうしたものかという状況です。

私としましては、父には昔からいいイメ...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら債権者が認めない限り、連帯保証を免れる方法はありません。
別途有力な連帯保証人と差し替えるということでもない限り債権者も認めないでしょう。

勿論、父が自己破産しても債務整理しても母さんの責任は消えません。
土地など母さん名義の物も、債務額の範囲までは免れようがありません。
ご両親所有の全財産を注ぎ込んでも完済できない限り、両親とも自己破産せざるを得ないことになります。

このさいは、他の回答者もお書きですが、ご質問者が母さんに寄り添い心の支えになってあげてください。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q連帯保証人もブラックリストに載りますか?

 夫が、夫の弟の連帯保証人になっています。(オリ○ントコーポ○ーション)
今までに、何度か『支払いが遅れています。連帯保証人様からも、
ご契約者様にご連絡願います。』という内容のハガキが届きました。
ただ、1ヶ月に2回の通知が届いたことはなく、
オリ○に電話で聞いても1ヶ月以上の滞納はないとのことでした。
(遅れながらも、払い続けている)

しかし、今回、上記のハガキが届いた数日後に『お支払いください』
という内容のハガキと夫の名前と住所が記載された振り込み票が
届きました。

弟には連絡がつかず、弟の妻に連絡すると
『すみません。電話するように言います。』という返事。
(でも、弟から連絡はありません。)

連絡をしてこない弟に腹が立ちますが、連帯保証人なので、
きちんとこちらで支払うつもりでいます。
ただ、うちが期日までに支払えないときには、
夫自身の履歴として、いわゆる”ブラックリスト”に載るのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>夫が、夫の弟の連帯保証人になっています。

連帯保証人は、債権者から返済請求があれば拒否する事が出来ません。
ただの保証人だと「借りた本人の差押でも何でもして、払って貰え!」と言う事が出来ます。
が、連帯保証人は「借金本人と同等の義務」を負います。

>上記のハガキが届いた数日後に『お支払いください』という内容のハガキと夫の名前と住所が記載された振り込み票が届きました。

この時点で、債務者は「あなたの夫」になっています。

>連帯保証人なので、きちんとこちらで支払うつもりでいます。

連帯保証人になったばかりに、自己破産をした人も多くいます。
不本意ですが、頑張って支払って下さい。
なお、契約書には「残金一括返済」となっていますが、「債権者と返済計画を立てる事も可能」です。
債権者は「1円でも返済を受けたい」のが本音ですからね。

>うちが期日までに支払えないときには、夫自身の履歴として、いわゆる”ブラックリスト”に載るのでしょうか?

残念ながら、連帯保証人の場合は「返済が無いと個人信用情報機関のブラック該当者」として登録されます。

>夫が、夫の弟の連帯保証人になっています。

連帯保証人は、債権者から返済請求があれば拒否する事が出来ません。
ただの保証人だと「借りた本人の差押でも何でもして、払って貰え!」と言う事が出来ます。
が、連帯保証人は「借金本人と同等の義務」を負います。

>上記のハガキが届いた数日後に『お支払いください』という内容のハガキと夫の名前と住所が記載された振り込み票が届きました。

この時点で、債務者は「あなたの夫」になっています。

>連帯保証人なので、きちんとこちらで支払うつ...続きを読む

Q自己破産後、ローンが組めるようになるまで。

私の婚約者は、自己破産をして丸5年経ちました。免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きましたが、実際に自己破産されてカードを作れるようになったり、ローンを組めるようになった方はいらっしゃいますか?また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?実際にカードが作れなくても、現金払いで生活していく程度の収入は有りますし、彼氏も企業の正社員として働いています。カテゴリはここでよかったのか、わからないのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッシュカードならばすぐにでも作れるでしょうし、キャッシュカードがあってその口座に残高があれば『J-Debit』というシステムに加入しているお店などでは、現金がなくても買い物等はできますから。)

5年から7年…というのは、『延滞等の金融事故があった場合=事故情報』の話です。
自己破産の場合は、『官報』に記載される情報なので、最長10年です。
『事故情報』と『官報記載情報』は扱いが違いますから、それを混同しないようにしてください。

全国銀行個人信用情報センターは「破産・民事再生手続開始決定等の場合は、当該決定日から10年を超えない期間」。
CICは「破産・失踪・再生手続開始の決定日より7年以内」。
CCBは「破産関連は宣告日より7年間」。
全国信用情報センター連合会は「破産に関する情報は、手続開始日(宣告日)から10年間」。
テラネットは「本契約不履行に係る情報は発生日から5年を超えない期間」。
となっています。

銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」と消費者金融系の「全国信用情報センター連合会」が10年であり、この2機関は、クレジット・信販系の「CIC」と(CRINというシステムにより)情報交流をさせていますので、ローンであれクレジットカードであれ「10年は無理」と思っていていただいた方がいいです。

> また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?
私には収入がないのにクレジットカードを作ったり、ローンを借りたりして、『どこから返済』をするのですか?
『夫』の給与が『返済財源』となるのではありませんか?
『返済財源』の主に『自己破産』の履歴があれば、当然にクレジットカードも作れないと考えるのが普通だと思いますけれど。

ただし、法律で「個人信用情報機関に破産の情報や金融事故の情報が載っている人にはお金を貸したり、それに準ずること(クレジットカードの発行など)をしてはいけない」と定められている訳ではないので、それぞれの金融機関やクレジット・信販会社の判断基準によっては、ローンが組めたり、クレジットカードが発行されたりといったことがないではありません。

ただ、ご質問者さま個人が誰かにお金を貸したとして、その借金を踏み倒されたとします。
その借金を踏み倒した相手に、ご質問者さまは再び、三度、お金を貸してあげよう…という気になりますか?
『(自己破産に至った理由の如何を問わず)自己破産による免責を受け、結果として借金を完済しなかった』ということは「借金を踏み倒した」のと同じことです。
免責を受けても借金そのものがなくなった訳ではないので、債務者に余裕ができ、返済の意志があれば返済をすることはできるんです。
ご質問者さまの婚約者さまも「今からでもかつての借金の返済はできます」よ。
でも、『今さら』返済をしたところで、「何の得にもなりません」からされないでしょうね。
それゆえに『自己破産による免責を受けた』=「借金を踏み倒した」と言われてしまうんです。

あと、既回答者さまも仰られている通り、かつての自己破産によって免責を受けた先のご利用は、一生涯無理だと思っていただいていいです。
世間一般で言われているような『ブラックリスト』は存在しませんが、内部資料としての『ブラックリスト』は存在し、『永年保管』としている企業は多いですから。

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッ...続きを読む

Q連帯保証人が債務者に対して訴訟を起こす

私は友人の連帯保証人となり、支払いが滞った友人の代わりに支払っています。
そこで友人にその分を請求していきたいのですが、友人はとは連絡がまったくつかずに困っています。
先日、内容証明を送ったところ受け取っているので、自宅にはいるようですが、訪ねていっても留守で(居留守?)話さえできません。

そこで訴訟を起こしてみようと思うのですが、この場合は小額訴訟でよいのでしょうか(50万円ほど)?
私が債権者に払うのは分割で、まだ支払いをはじめて間がありません。
しかしこのまま放っておくと友人は一切払うことなく、私が全額負担することになります。
いわゆる「バックレ」状態の友人をなんとか引きずり出したいのですが、訴訟は有効でしょうか?
また私は訴訟できる立場にあるでしょうか?

金額が金額なので専門家に頼む余裕もなく、自分で起訴するつもりです。
アドバイスをいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>支払督促ですが、小額訴訟とどちらが良い効果があるでしょうか?

裁判所からの督促状にビビるような普通の感覚を持った人でないと、少額訴訟より良いとはいえません。

>相手の財産を把握してないとダメというのも見ました。

強制執行の段階に至れば、その前にどんな手続きを経たかにかかわらず、何に対して執行するのか特定する必要があることは変わりません。
動産執行なら場所を特定するだけでよいですが、動産は価値が低く満足を得ることは困難です。

>自宅については法務局で確認したところ、名義は夫になっていましたが、裁判所が友人である妻に差し押さえをした場合、夫名義の財産も差し押さえができるのでしょうか?

なるほど、債務者は妻だったんですね。財産の無い人には、督促にしても訴訟にしても債権の満足を得る効果は期待できないでしょう。野放しにはしないという意味の精神的満足を得ることはできるかもしれませんが・・・。
また事情は分りませんが、文面から想像するところ夫婦の連帯債務(民法761)と認められる事情があるようには思えませんので、夫の財産を差し押さえることは難しいと思います。

>支払督促ですが、小額訴訟とどちらが良い効果があるでしょうか?

裁判所からの督促状にビビるような普通の感覚を持った人でないと、少額訴訟より良いとはいえません。

>相手の財産を把握してないとダメというのも見ました。

強制執行の段階に至れば、その前にどんな手続きを経たかにかかわらず、何に対して執行するのか特定する必要があることは変わりません。
動産執行なら場所を特定するだけでよいですが、動産は価値が低く満足を得ることは困難です。

>自宅については法務局で確認したところ、名...続きを読む

Q連帯保証人が個人再生する場合について。

はじめまして♪
乱文・長文になりますが、1つでも分かることがあれば回答していただけると助かります。よろしくお願いします。
(連帯保証人は 私の母で、借金したのは兄、質問者は妹です。ややこしくてスミマセンが、母が困っているので・・・)

★借金総額600万くらい(~650万)
 ・兄の会社独立にあたり、信用金庫から500万の連帯保証人
 ・残り100~150万は、会社のPC(広告?)レンタル代(10年だかの契約金)実際2ヶ月くらいしか使っていないらしく、そのうち 31万円は支払済みだそうです。(よくわからなくてすみません)

★母(51)職業:パート(年収100~150万くらい)
 <現在の生活>
 ・家賃7万弱のアパート
 ・H19.11月 総額200万くらいの新車購入
 (ローンが残っていたので、個人再生するに当たり今月頭に全額返済済み。ガリバーなどで車の現在価値を聞いたところ120万円くらい)
 ・手元にあるお金、30万円くらい(兄の家賃なども代わりに払っているため預金はほとんどなくなったみたいです)
 ・保険会社の配当金で持っていた株も生活費のため、今月全部売りました。(計190万くらいですが費用等取られ、150万くらい振り込まれるとの事)

★兄
 ・2会社経営していた(親会社から買い取り?1社はスグ倒産)
  ※1社は倒産するのが分かっていて、譲られたような感じです
 ・借金総額:1億くらい(毎月何百万と支払っていたみたいですが、1社が倒産し返済が追いつかず、2社とも5月頃倒産)
 ・茨城在住ですが、東京の弁護士に自己破産をお願いしたみたいです。着手金は150万くらいと母伝に聞いています。(母の株のお金を着手金に当ててと言われたらしいです)

 ☆ここからが教えていただきたいことです。
 (1)
母は、時間がかかっても返済したいといっています。
でも収入が少ない上に、兄に何かとお金を出していて預金もなく、犬も飼っているので 経済的に無理だと私は思い、個人再生(小規模かな?)を薦めていますが、個人再生 可能ですよね?
 (2)
兄の依頼している弁護士に、母(連帯保証人)の個人再生を依頼すると着手金50万円くらいらしいのですが妥当ですか?
 (3)
個人再生すると借金600万は、1/5で返済額120万になりますが、資産価値120万円の車があり、弁護士に当てる予定の現金(150万)があると もっと高くなってしまうんでしょうか?
先に弁護士費用を払うなどしたら平気なのでしょうか?
 (4)
兄は5月末に弁護士に自己破産依頼をして、母は6月頭に 同じ弁護士に依頼する場合の書類にサインしましたが、まだ何の話もなく、東京に会いに行く日程も決まっていません。
こうゆう場合、同じ弁護士に依頼したほうがスムーズに行くものなのか、茨城で探して早く対応するべきか、どうしたらいいものでしょうか?

母は全くこうゆう事について知識もなく、知人から連帯保証人は、なんとしてでも全額取り立てられると聞いて、どうしようと困り果てています。
連帯保証人は個人再生をしても減額されないのでしょうか?
最近は円形脱毛も激しく、とても見ていられません。解決するいい方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして♪
乱文・長文になりますが、1つでも分かることがあれば回答していただけると助かります。よろしくお願いします。
(連帯保証人は 私の母で、借金したのは兄、質問者は妹です。ややこしくてスミマセンが、母が困っているので・・・)

★借金総額600万くらい(~650万)
 ・兄の会社独立にあたり、信用金庫から500万の連帯保証人
 ・残り100~150万は、会社のPC(広告?)レンタル代(10年だかの契約金)実際2ヶ月くらいしか使っていないらしく、そのうち 31万円は支払済み...続きを読む

Aベストアンサー

> (1)
> 母(51)職業:パート(年収100~150万くらい)
破産の方がいいと思う。本人の希望で再生なのでしょうが。
問題はパートが継続的な収入と判断されるか、でしょう。
弁護士への依頼が必要ですが、引き受けてくれる人がいるかどうか。

> (2)
再生は手間と時間がかかるから、そんなモノでしょう。
破産なら、その半分くらいで済むのでは。


> (3)
120万円+150万円 が最低金額となります。
資産分が最低金額となるから。
費用は、先に払った方がいいでしょう。

> 解決するいい方法があれば教えてください。
破産。車は貴方が買い取り。

Q連帯保証人の時効の援用について

始めて質問させていただきます。教えてください。20年ほど前に3000万の連帯保証人になってしまいました。連帯保証人は2人です。債務者は保証協会をつけて銀行で借りたのですが、払えず。何処かに行ってしまいました。それ以来毎年1度「債権額のお知らせ」という通知が保証協会から届いていたのですが、平成18年には、保証協会債権回収株式会社というところに移りその年に1度だけ催告書というのが届きました。何年かに一度相談に来るようにという封書も届いていましたが、行っていません。身体を壊してしまいいつ子供に迷惑をかけるか分からないため後々の事を考えて時効の援用が出来るかもしれないと思い、手続きをはじめたのですが、債権額の通知を見ると元金が毎年数万円づつ減っています。
保証協会が債務者を見つけて本人もしくはもう1人の連帯保証人に払わせているのかもしれませんが、確認は、取れずにいます。また金額から見ても年間1万円から多い時で6万円としっかり払っているとは思えません。しかし減っているということは払っていると思うのですが、今まで何もなかったので、ヤブヘビになってしまうと困るので、保証協会に確認も怖くて取れない状態です。やはり少しづつでも入っていると時効は停止してしまっているのでしょうか?その場合どうすることもできないのでしょうか?保証人になっておいて何を勝手な事をと思われるかもしれませんが、教えてください。よろしくお願いいたします。

始めて質問させていただきます。教えてください。20年ほど前に3000万の連帯保証人になってしまいました。連帯保証人は2人です。債務者は保証協会をつけて銀行で借りたのですが、払えず。何処かに行ってしまいました。それ以来毎年1度「債権額のお知らせ」という通知が保証協会から届いていたのですが、平成18年には、保証協会債権回収株式会社というところに移りその年に1度だけ催告書というのが届きました。何年かに一度相談に来るようにという封書も届いていましたが、行っていません。身体を壊してしまいいつ子...続きを読む

Aベストアンサー

消滅時効の援用に関しては、債務の存在を認識している場合と存否が不明の場合とがあります。

1)債務の存在を認識しており時効期間満了前に時効完成を勘違いして
  時効援用を主張すれば、正に債務承認ということになりそうです。

2)消滅時効を援用する場合、債務の存否が不明であり、先ず取引履歴の開示を求め、時効完成と
  判断される場合に消滅時効を援用するなら、債務を承認したことにはならないと思います。

(連帯保証人は、二つの意味で時効を援用できます。)
一つは、主たる債務者の消滅時効を援用し、主たる債務が消滅したことにより附従性により
保証債務も消滅したという主張、(2)保証人自身の保証債務について消滅時効を援用する場合です。
(1)は主たる債務者が破産していると保証人は時効を援用できなくなります。
(2)は主たる債務者が破産していても時効援用は可能です。ただ、主たる債務について
時効中断事由があると保証人にも効力が及びますので、主たる債務者が破産し、
債権者が債権届出をして時効が中断すると、その効力が保証人に及びますので、
破産手続が終了した時点から時効期間が再スタートします。
その時点から5年ないし10年が経過していると時効を援用できることになります。

            (東京弁護士会の好川久治弁護士さん談)

ここで詳細や私の法的な考えを主張したり指導する弁護士法に触れるので
参考URLで無料相談⇒有料相談⇒見積もり依頼(無料)で相談されてはいかがでしょうか?

(参考URL)
連帯保証人について
http://www.bengo4.com/bbs/201211/
元夫が行方不明と債権回収会社から連絡
http://www.bengo4.com/bbs/201756/
時効援用終了しました
http://www.bengo4.com/bbs/199634/
保証人の消滅時効援用終了後
http://www.bengo4.com/bbs/201211/

消滅時効の援用に関しては、債務の存在を認識している場合と存否が不明の場合とがあります。

1)債務の存在を認識しており時効期間満了前に時効完成を勘違いして
  時効援用を主張すれば、正に債務承認ということになりそうです。

2)消滅時効を援用する場合、債務の存否が不明であり、先ず取引履歴の開示を求め、時効完成と
  判断される場合に消滅時効を援用するなら、債務を承認したことにはならないと思います。

(連帯保証人は、二つの意味で時効を援用できます。)
一つは、主たる債務者の消滅時...続きを読む

Q民事再生法をした場合の保証人について

こんにちは。知り合いが今、民事再生法の手続き中なのですが保証人のところに一括返済の通知が来ました。
この場合、保証人は相手が手続き中に債権を支払わなくてはいけないですか?
それとも再生認定が降りて残りの債権を保証人が支払うのですか?
知り合い本人は保証人に迷惑をかけたくないので自分が支払いといってるのですがその場合どうなるのですか?
保証人も自分の生活だけで精一杯だそうです。
また、保証人に何回も催告書が届くのでしょうか?
一人の保証人はそれがとても苦痛らしく止める方法があれば教えてください。
いっぱい質問して申し訳ありません。

Aベストアンサー

>保証人は相手が手続き中に債権を支払わなくてはいけないですか?
手続き中の如何にかかわらず、返済の催告があれば支払わなければなりません。

>再生認定が降りて残りの債権を保証人が支払うのですか?
認可決定と保証人の返済時期は関係ありません。認可決定後であっても全額一括返済義務はあります。

>知り合い本人は保証人に迷惑をかけたくないので自分が支払いといってるのですがその場合どうなるのですか?
それは本人と保証人の関係で、対債権者との間では何らの意味もありません。

>保証人に何回も催告書が届くのでしょうか?
支払わないならその可能性があります。

>保証人はそれがとても苦痛らしく止める方法があれば教えてください。
保証人から回避するためには全額返済するか、又は、債権者が承諾しない限り逃れることはできません。

実は私の友人もpiyo-piyoさんの友人と同様な「事件」で困惑しています。
私の例では、Aと云う者が個人民事再生法の申請し認可決定が確定しマイホームは競売から免れたのですが、Aの保証人のBのマイホームがAの債権者によって差し押さえられました。これを免れる方法をさまざま検討しましたが、Aの債権者がBのマイホームに抵当権設定登記してあったので「打つ手がない」ようです。
なお、私もkyaezawa同様「保証人の別途民事再生の申立」を考えましたが、もともと民事再生法の趣旨は支払い条件の変更なので保証人が特定の債務保証だけ対象とすることは困難と云う弁護士の意見でした。私の場合は抵当権の実行と云うこともあって、そうだと思いましたが、他に債務のある者ならkyaezawaさんの云うとおり別途申立ができると思います。

>保証人は相手が手続き中に債権を支払わなくてはいけないですか?
手続き中の如何にかかわらず、返済の催告があれば支払わなければなりません。

>再生認定が降りて残りの債権を保証人が支払うのですか?
認可決定と保証人の返済時期は関係ありません。認可決定後であっても全額一括返済義務はあります。

>知り合い本人は保証人に迷惑をかけたくないので自分が支払いといってるのですがその場合どうなるのですか?
それは本人と保証人の関係で、対債権者との間では何らの意味もありません。

>保証...続きを読む


人気Q&Aランキング