人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

水撃ポンプとは、どのような仕組みを言うのでしょうか?

動力を必要としないポンプらしいコトは解ります。
基本的な仕組みや、一般的な用途、どの程度の汲み上げ能力があるか
知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問も簡単ですから、回答も簡単に...。



(1)水道管を地中や壁に固定せずに蛇口を付け、
 水を出してから止めると特有の衝撃があります。
 この衝撃を利用した揚水です。
 先の方が詳しく説明してくれています。
(2)騒音が苦にならない、動力が手に入らないとこ。
 ほんの少しの水の流れと、流れの距離が必要です。
 ちょろちょろな流れでも10mあればいいです。
(3)流れに沈めたパイプの長さの半分くらいに、
 水量の1/4を揚水できます。

日本でも水撃ポンプを利用している所はあると思います。
私も興味があったので作っていましたが、
用途がなくて挫折しました(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

(1)水道管を地中や壁に固定せずに蛇口を付け、
 水を出してから止めると特有の衝撃があります。
 この衝撃を利用した揚水です。

川などにパイプを沈めて水を止めたときの衝撃を利用することは、解りました。
→繰り返し繰り返し水を止めなくてはいけないと思いますが、
水を止める操作は、人間がするのでしょうか?
→水を止めたときの衝撃をどのように利用すれば、水面より高い位置に水を汲み上げることができるのでしょうか?

(2)騒音が苦にならない、動力が手に入らないとこ。
 ほんの少しの水の流れと、流れの距離が必要です。
 ちょろちょろな流れでも10mあればいいです。

→ちょろちょろにも色々ありますが、この場合高さ1メートルくらいは汲み上げられますか?
→流れが必要だと言うことは、水撃ポンプを2段3段と組み合わせてより高い位置へ水を汲み上げることはできないと考えていいのでしょうか?

お礼日時:2001/05/03 16:44

mixed_flowさんの示されたURLの通りですね。


水撃ポンプについて訊かれているから専門的な知識をお持ちの方かと思いました。
こちらについては私も専門ではないので、詳しくは説明できませんが、素人の方に判るようにと言うことでしたら、動力を必要としないポンプです、というあたりで理解してください。
なお、ユタ州立大学とは仰るとおりアメリカの大学です。
ワイオミングだったか一寸記憶に定かではありませんが、親子でこのポンプを使っている人がいるそうです。
これからはこういった自然エネルギーの利用を考えるのも我々の努めかもしれません。
    • good
    • 1

ベルヌーイの定理で一つの流れに対して


速度ヘッド、圧力ヘッド、位置ヘッド(ポテンシャル)の合計は、一定であります。
流れを瞬時に止めることで、速度ヘッドが圧力ヘッドとなり、上昇した水にポテンシャルヘッドが与えられるということで・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/16 14:31

・基本的な仕組み


 ポンプに流れ込む水流を瞬間的にせき止めた時の衝撃で水の一部を高い場所に押し上げるポンプです.定常流とせき止めを流れの力によって自動的に繰り返すのでエネルギーは川の流れそのものです.
参考URLはかなりわかりやすいです.

・一般的な用途
 電器も石油も必要としないことから,発展途上国の役に立っていると聞きました.

・どの程度のくみ上げ能力があるか?
 わかりません.発展途上国の日常生活で利用できる程度ではないでしょうか?



人に尋ねるときは文章に気をつけたほうがいいと思います.あなたの文章は,まるで,けんかを売ってるようにおもいました.匿名のこの場におきましては特に気をつけたほうが良いように思います.私は気をつけているつもりです.

参考URL:http://www.mz.reitaku-u.ac.jp/~eshimada/suigeki/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考のHPをみて、納得しました。

今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/16 14:28

依然、湖に水をと言う質問があったとき、以下のようにお答えした記憶があります。



”もう200年も前の方法なのでご存じだと思って川の水としか書きませんでしたが、流
水を利用してポテンシャルをあげる水撃ポンプを利用する方法があります。
これにはイニシャルコストのみで、ランニングコストは要りません。
詳しくは、パイプと逆止弁を使って水撃を利用して水位差を採る方法です。
かつては日本でも何カ所か利用され、造られてもいたのですが、現在はアメリカでしか
製造されていないようです。
ただ、海外青年協力隊のどなたかが、これで水位差をとっているという記事をどこかで
読んだ記憶があります。
小さな位置のエネルギーを大きな位置のエネルギーに変換する方法がこれです。”

水撃と言う言葉が一般的でなければ、ウォーターハンマーと言う方がわかりやすいかもしれませんね。
動力ポンプで一番怖いのがこの現象です。
パイプの破損にもつながります。
簡単に言えばこのエネルギーを利用して、水をより高いところへ押し上げる装置なのです。押し上げた水は逆止弁でキャッチしより高い位置へとパイプを流します。
損失など詳しいことについては、確かユタ州立大学の修士論文の中にでていたと思います。
このスペースでは書き切れませんので、ウォーターハンマーを使うという原理と、パイプと逆止弁を使うと言うことで、説明とさせてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

依然、湖に水をと言う質問があったとき、以下のようにお答えした記憶があります。

”もう200年も前の方法なのでご存じだと思って川の水としか書きませんでしたが、流
水を利用してポテンシャルをあげる水撃ポンプを利用する方法があります。

→ポテンシャルをあげるというのはどういうコトなのでしょうか?
一番重要な部分「ポテンシャル」とは?
いくつかの辞書で調べて、文章に置き換えてみましたが理解できませんでした。
英語を日本語に直すといくつかの言葉が出てきます。
今回のこの文章にあった日本語訳で書き直してください。

これにはイニシャルコストのみで、ランニングコストは要りません。
詳しくは、パイプと逆止弁を使って水撃を利用して水位差を採る方法です。
かつては日本でも何カ所か利用され、造られてもいたのですが、現在はアメリカでしか
製造されていないようです。
ただ、海外青年協力隊のどなたかが、これで水位差をとっているという記事をどこかで
読んだ記憶があります。
小さな位置のエネルギーを大きな位置のエネルギーに変換する方法がこれです。”

→ポテンシャルをあげるということが解らなかったせいか、あなたの説明がよくわかりませんでした。
「湖に水を」の時の説明でよく解らなかったので、改めて教えてGOOで聞いております。

同じコトを書かれても、って感じです。

ウォーターハンマーという現象は知っております。水道管や熱湯を利用した暖房設備で何度もその「音」を聞いております。
が、この説明もよく解りません。
簡単に言えばこのエネルギーを利用と書いてありますが、どのエネルギー?
簡単すぎてよく解りませんでした。

ユタ州立大学の修士論文の中にでていたと思います。 とは?
ユタ州ということはアメリカのことですか?
論文をインターネットで調べて?もしくは大学へ問い合わせて?
翻訳ソフトで日本語へ変換して?
おいおい、、・・・

模型や解説図を使わずに説明するのは難しいとは思いますが、
できるだけ相手のレベルにあわせて説明していただけるとありがたいです。

お礼日時:2001/05/03 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の近くの小川から塩ビ管で水を引きました.

・集水口と排水口の間の高低差は約1m.
・塩ビ管の長さは約24m,途中3箇所でL字に曲げてある.
・塩ビ管の内径は44mm,集水口と排水口は31mm.
・塩ビ管は全て接着剤で接続.
・排水口にホースを接続.
工事完了しましたが,水が集水口の高さ+5cm位までしか上がってきません.排水口付近では集水口の高さ近くまで水が上がってくるものと思っていましたが,何故でしょうか?
排水口高さ+50cm位までは上がって欲しいのですが,対策はありませんか?
以上,よろしくお願いします.

Aベストアンサー

図のようになるのです。
 通水すれば、吐水口から水が抜かれるため、高い部分が負圧になり水は供給されますから、水は出続けます。
 しかし、吐水口を上げてしまうと、左部分はサイホンになりますが、負圧部分に引かれて左側のパイプ内水面が高くなりますが、バランスを取れた高さで留まってしまいます。

 安価な透明ホース(定尺50m)を買ってきて、何が起きているかを観察するのが一番よいです。

 私は、家の傍の小川より高い位置の水槽に水をあげる必要がありラムポンプを作りましたが、それは吸水水面より高い位置まで水をあげることが出来ました。
       ↑
 \    │
   \__⊥_→


 それでもメンテナンスが結構必要でしたから、今はお休み中です。

Q低い位置の水を高い位置に移動させる方法

家の庭には排水口がないので、庭のバケツにある水を台所の流しに排水できる方法を探しています。庭と流し台の高低差はざっと見積もって1mちょいです。

何か理科の教科書でポンプなどがなくても管一本でそういった事ができる方法を昔の人が考えて、何とかの原理とか呼ばれていると読んだ記憶があるのですが、ご存知の方は教えてください。

ポンプがないと無理という場合は、ホームセンターで調達できる、大仰でない装置で排水する方法を教えてください。

Aベストアンサー

サイフォンは高いところを経由してより低いところへ送れます が 決して高いところへは送れません

衝撃ポンプを使えば落差1mの流水を20m以上高いところへ移動させることはできます
しかし 全流水量の数%しか移動できません

質問の用途ではポンプを使用するしかありません

Q水を電気を使わず1.5m~2mに上げる方法

カテゴリーが間違っているかもしれませんが、お知恵を拝借したいと思います。
タイトルの通り水を電気を使わず1.5m~2mに上げる方法はないでしょうか。
というのは、地下水がわき出ているのですが、10cmぐらいの高さなら出るのですが、斜めに2mのパイプを高さ1.5mぐらいに付けると出ません。この水を高さ1.5mぐらいのタンクに入れたいと思うのですが、電気を使わずなんとかする方法がないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水撃ポンプと言うものがあります

興味ありましたらネットで検索してください

外部からのエネルギーを使用せずに(落差のエネルギーで)落差の数倍~数十倍の揚水を行なうものです

Qマイクロ水力発電が普及しない理由

毎秒20L以下の流量(小川や小河川)での
山から海への落差エネルギーを利用した
マイクロ水力発電機なるものが昔から存在しますが
昨今の省エネが叫ばれる中で普及しない理由は
なんなのでしょうか?
私が聞いた理由としては
・河川や用水には利権問題が係わっている
・買電した方がコストが安い(メンテなど)
だそうですが、CO2排出が製造時以外発生しない
のですから国が真剣に取り組めばと思ってしまいます
普及しない理由は他にもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 国が真剣に取り組めばと思ってしまいます

一応申し上げますと、マイクロ水力は、ほかの発電と比べてかなり優遇されております。

水力発電は、治水、利水の問題や、安全性(ダムを建設する場合)、発電量の不安定性、不随意性等、いろいろと課題があるし、それ以外でも基本的に「発電所」というのは、建設しようとするとかなり面倒な手続きや、資格のある人を管理人としておかなきゃいけなかったり、かなり大変なんです。(あまり一般には理解されていませんが、基本的に「電気」というのは危険なものだし、取り扱いがかなり難しいものなんです。)

ですが、マイクロ水力というのは「小出力発電設備」という扱いになるので、こういった面倒くさい手続きがほとんど要りません。(専門的な言い方をすると、事業用電気工作物ではなく、一般電気工作物として取り扱ってもらえる。)

こうした措置が受けられるのは、太陽光発電や風力発電、燃料電池発電(最近追加されました)など、国が推進に力を入れている発電設備だけであり、マイクロ水力はかなり国が普及を後押ししているといっていいでしょう。

それでも普及が進まないのは、マイクロ水力は立地条件が難しいことが大きいと思います。
利権やなにやらを無視しても、マイクロ水力が設置できそうなところ、というのも、かなり限られた条件です。

マイクロ水力が適した条件というのは、水量は少なくてもよいけれど、ダム等を設けなくても落差が大きいところ、ということになります。こういう条件に合致するのは山間部等なので、発電したとしてもその電気を運んでゆくのがが大変です。
また、こういうところは豊かな自然の残っているところが多く、自然の保護のかねあいで設置が本当に望ましいのかも異論のあることが多いです。(同じような議論で、風力発電所の設置による環境破壊、というのもよく問題になります。)

もちろん、そういう問題の少ないところも無いわけではありませんが、そういうところはすでに設置されていることがほとんどです。

その他、他の回答者様のいうような経済性の問題や、実効性への疑問等、いろいろな課題があるのが実情です。

いずれにせよ、マイクロ水力は「適地」がそう多くないのが一番の理由だと思います。

参考URL:http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g20508g01j.pdf

> 国が真剣に取り組めばと思ってしまいます

一応申し上げますと、マイクロ水力は、ほかの発電と比べてかなり優遇されております。

水力発電は、治水、利水の問題や、安全性(ダムを建設する場合)、発電量の不安定性、不随意性等、いろいろと課題があるし、それ以外でも基本的に「発電所」というのは、建設しようとするとかなり面倒な手続きや、資格のある人を管理人としておかなきゃいけなかったり、かなり大変なんです。(あまり一般には理解されていませんが、基本的に「電気」というのは危険なものだし...続きを読む

Qポンプの圧力が知りたいです。

仕事でポンプを使った簡単な設備を作ることになったのですが、ポンプについては余りにも素人ですので質問させていただきます。
今ポンプのカタログを見ているのですが、そこには
「公称出力」「周波数」「定格電流」「吐出量」「総揚程」「使用粘度限界」「標準配管径」しか掲載されていないのですが、このポンプから吸い出した水はどのくらいの圧力で噴射されるのでしょうか?
このポンプの吐出口のすぐ先にソレノイドバルブをつけたいのですが、このままでは耐圧がどのぐらいのものを選べばいいか分かりません。
だれか分かる方がいましたらよろしくご回答お願いします。

Aベストアンサー

総揚程で解ります。

揚程で30mとあれば、約2.9Mpa(3kg/cm2)の圧力がかかります。

Q自動車はなぜジェットエンジンにしないの?

 航空機ではプロペラ機やヘリコプターもジェットエンジン(ターボプロップ及びターボシャフト)が主流ですが、自動車にジェットエンジンを利用しないのは何故なのでしょうか?(試作車ならあるのかもしれませんが、市販車は無いですよね)

 航空機部門のある三菱やスバルあたりが作ってもよさそうに思うのですが、大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

『大きさ』は、ジェットエンジン全般にガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンよりは小型軽量だと思います。
ヘリコプター用のターボシャフトエンジン(約550馬力)で重量わずか94kgというものもあり(フランス・チュルボメカ社TM3191M)、レシプロエンジンに比べ、小型・軽量・大出力のターボシャフトエンジンが実用化されたことで、ヘリコプターが民間でも使われるようになったわけですから。(それ以前は、ほとんどがレシプロエンジンを搭載した軍用ヘリ)

『騒音』も、ターボプロップやターボシャフトの構造から見て、直接燃焼ガスを後方に噴射して飛行するターボジェットやターボファンに比べれば、低減化は容易だと思います。若干の出力の低下を我慢すれば、所謂マフラーのような物を付けることも可能でしょう。(この点に関しては、ANo.#4の方以外は、ターボジェット・ターボファンとターボプロップ・ターボシャフトの構造の区別がついていないようです。)

やはり、一番の理由は『燃費』でしょう。

航空機用ターボプロップ/ターボシャフトエンジンの燃料消費量(50~100μg/J。一般的にターボシャフトの方が多い)から、大雑把に計算して、ターボプロップやターボシャフトを搭載した自動車の燃費は、良くても1km/リットルくらいになるのではないかと思います。
(1J=2.68452×10^6HPh、ジェット燃料の比重を0.8として、100馬力の出力で1時間走行すると、約20~40リットルを消費するという計算になります。)

ちなみに、一般的な自動車ではありませんが、アメリカ陸軍のM1A1戦車には、アブコライカミングAGT-1500C(1,500HP/3,000rpm、重量約1.1t)ターボシャフトエンジンが使われていますし、戦車のトランスミッションは普通乗用車以上に複雑ですから、作る気さえあれば作れるだけの技術は既にあるわけです。(軍用車両だから、燃費が悪くても(路上走行時250m/リットル)、許されるわけで、市販車で1km以下/リットルなんて到底許されない数字でしょう。)

>大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

『大きさ』は、ジェットエンジン全般にガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンよりは小型軽量だと思います。
ヘリコプター用のターボシャフトエンジン(約550馬力)で重量わずか94kgというものもあり(フランス・チュルボメカ社TM3191M)、レシプロエンジンに比べ、小型・軽量・大出力のターボシャフトエンジンが実用化されたことで、ヘリコプターが民間でも使われるようになったわけですから。(それ以前は、ほとんどがレシプロエンジンを搭載した軍...続きを読む

Q自宅前の小川からの電気を使うことは可能ですか?

こんにちは、質問させていただきます。

自宅の前に小さな川があって、その川が(急流でもなく沈滞してもなく)普通の速さで流れる川だったら、そこに小型の水車などを設置して発電し、その電気を家に引いてエアコン一台なんかを立派に使う…、なんてことは出来るでしょうか…?

大学初年度レベルの、基礎の電気回路と電磁理論をずっと昔に勉強しましたが、今現在にきちんと覚えているのは中学生レベルまでで、発電所や変電所の仕組みは、ネットを調べてもぼんやりとしか分かりません。
今回の質問で考えてしまうのは、部品や機器があれば出来そうだけども、そこで発生した起電力は(川の流れ方によって)不安定になるんじゃないかな…とか、電流の周波数を50もしくは60Hzに変換するのはどうするのかな…とか、電力会社から送られてくるような品質の電気(家のコンセントから得られる電気)は自宅近くでも作って使えるのだろうか…、といった疑問です。
とくに、発電時の起電力が水車で発生する程度で、送電線が自宅まで100mぐらいであるといった、小規模な発電・送電のとき、変電工程はどのようになるのだろう?と思います。

自家用水力発電機みたいなのがあったら、電気代節約になっていいな~…と、ふと思ったのですが、自分がやるのは法律的にまずそうな気がするのと(もしやれるなら電験とかの資格が要る気がします)、一人でやったら逆にお金がかかりそうなので実際やるわけではありません。でも、技術的に可能なのかどうか、気になって質問させていただきました。

ご回答よろしくお願いします。

こんにちは、質問させていただきます。

自宅の前に小さな川があって、その川が(急流でもなく沈滞してもなく)普通の速さで流れる川だったら、そこに小型の水車などを設置して発電し、その電気を家に引いてエアコン一台なんかを立派に使う…、なんてことは出来るでしょうか…?

大学初年度レベルの、基礎の電気回路と電磁理論をずっと昔に勉強しましたが、今現在にきちんと覚えているのは中学生レベルまでで、発電所や変電所の仕組みは、ネットを調べてもぼんやりとしか分かりません。
今回の質問で考えてしまうの...続きを読む

Aベストアンサー

できるか、できないかなら、「無理」。
理由:エアコンを動かすということから、400Wの発電とします。
落差が無いところに設置するための水車だと、直径40cm、長さ50cmで100Wくらいの発電量です。
ただし、100Wというのは、それなりに流れが速い場合の発電量で、それでも4つ必要。
もしくは、昔ながらの粉挽き用の水車が必要。(小型じゃないけど....)
 ※川の流れが遅いと、水車の回転もゆっくりなので、大きくなってしまいます。これは技術的にどうしようもありません。
ここの、写真2を参照。(設置場所:山梨県都留市の市役所そば。)
http://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2008/05/articles/0805-02-2/0805-02-2_article.html
もし、水路に50cmでいいから段差があれば、同じ大きさの水車で家庭1件分の電力は楽に発電できます。

ただ、実験ならとにかく、本格的に作る場合、洪水のことを考えないとなりません。
写真2~4の状態で洪水が来たらあふれてしまいます。つまり、堤防の改修が必要。
そうすると、水車発電機と堤防改修で、少なく見ても100万~300万かかります。
それだけお金をかけて、かつ、急流部で100W(居間用の蛍光灯1式くらい。)なので、
それでもやりたいですか?

>電力会社から送られてくるような品質の電気は自宅近くでも作って使えるのだろうか
電力会社管轄の水力発電所は、周波数を一定とするために、水車の回転速度を自動制御できるようになっています。
ただし、これは、上記写真の水車と違って高速回転する水車だからできるのであって、低速回転の場合、回転速度の調節ができないから、
発電→バッテリーに蓄電→インバータで交流にする
ということが必要になります。

できるか、できないかなら、「無理」。
理由:エアコンを動かすということから、400Wの発電とします。
落差が無いところに設置するための水車だと、直径40cm、長さ50cmで100Wくらいの発電量です。
ただし、100Wというのは、それなりに流れが速い場合の発電量で、それでも4つ必要。
もしくは、昔ながらの粉挽き用の水車が必要。(小型じゃないけど....)
 ※川の流れが遅いと、水車の回転もゆっくりなので、大きくなってしまいます。これは技術的にどうしようもありません。
ここの、写真2を参照...続きを読む

Qベルヌーイの定理とは?

初心者にも分かり易くベルヌーイの定理を教えてください。

Aベストアンサー

ベルヌイの式とは、皆さんが回答されているとおり、流体に関するエネルギー保存の式でいいと思うのですが、初心者に誤解を与えかねないような回答がありますのでコメントさせて下さい。

まずNo.4の方がおっしゃっているのは連続の式のことでベルヌイの式とは関係がありません。非圧縮性流体とは密度が一定の流体のことを意味し、流れが速かろうが遅かろうが分子間の距離は一定のままです。また分子間の距離は圧力とは関係がありません。関係するのは温度です。

翼の説明に関して、No.3の方が「翼の前面で分かれた空気は翼の後縁で一緒になります(これは厳密にいうと仮定でして、必ずしも一緒にならないこともあり得ます)。 」と書いておられますが、通常は上面の流れの方が後縁に先に達し、翼の後縁で一緒になることはありません。

QACモータを水車の発電機として使うことは可能でしょうか?

DCモータに回転を伝達して,発電機として使用する
ことを検討していたのですが,ブラシの問題や価格の
問題からACモータを使った方がいいかもしれないと思ったのですが,ACモータは逆に発電機として使う事は可能なのでしょうか?可能ならば詳しいホームページなど教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

補足です。
私は小型モーターの世界しかおつきあいが無く、発電器には無縁なので、用語は回答2の方の方が正しいと思います。
で、回答1をわかりやすく修正します。

家庭用の誘導モーターで、発電器に使用できる物はありません。
たとえば扇風機や冷蔵庫のモーターなどは、原理的に発電できません。

電気子と界磁にコイルを使ったモーターならば、発電に使用できます。
ただし、電機子に電流を流すのにブラシが不可欠ですから、ブラシレスはムリです。
家庭用のACモーターで発電に使用できてブラシレスというのはも見た事がありません。

一番簡単なブラシレスは、電機子にコイルを使用しない物です。
ただ、その構造の誘導モーターでは発電は不可能です。
電気子が永久磁石になっている物なら発電できますが、そういう構造の家庭用モーターは見たことがありません。

他の方の回答にもありましたが、すなおに発電器を使用するのが得策かと思います。
小さい物では自転車用の、もっと大きな物では自動車用の発電器が手軽だと思います。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング