先日オイル交換をしようとボンネットをあけたら、
「必ず0W-20のオイルを使用してください」とでかでかとステッカーが張ってありました。(事務用品で作れるようなステッカーです、メーカーが作ったステッカーではありません)

たぶん 車検時にディラーが貼り付けたものと思います。  

取説を読むと、 0W-20  5W-20 が指定オイルになっていましたが
これまでずっと 10W-30(20?)をいれていました。

10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

もちろんメーカーの指定が一番いいのかもしれませんが、燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

それとも これといって目立った問題はなく(そう目立った問題になるとは思えませんが)
メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

または エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

お教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました



他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの環境で多くの誤差が出ますからね。
特に、信号が一切無い+渋滞が無い+坂道が無い状態で走行しないと実験結果は出ません。
国土交通省届出用数値を得る目的で、これらの粘度のオイルを勧めているのでしよう。

>0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

質問者さまが住んでいる地域が分かりませんが、粘度は「適用・耐用できる気温」を意味しています。
0Wだと、マイナス40度から0度の範囲に対応。
10Wだと、マイナス20度からプラス10度の範囲を対応。
質問者さまがマイナス40度からマイナス20度超寒冷地で住んでいれば、エンジンが故障します。
潤滑油としての機能を、全く果たしませんからね。
日本国内でも、温暖化とエセ環境保護団体が叫んでいますが「極端に低温」になる地域がありますよね。
(10000年単位で考えれば、地球は温暖化・寒冷化を繰返しています)
また、タコメータ上の最高エンジン回転数で常時走行する場合もエンジンが故障(焼き付き)します。

>メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

先に書いた通り、メーカー指定粘度を利用しても「メーカーが望む燃費は期待薄」です。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

設計・試験走行時に、一番適した(馬力・トルク・燃費が期待できた)粘度がメーカー指定です。
安心を考えれば、メーカー指定オイルの方が無難でしようね。
但し、各種エンジンオイル添加剤を入れると意味が無くなります。

私個人としては、最高速度は(追い越し時を除いて)道交法を守っています。
最近は、10W-30の「国内平均オイル」を用いていますね。
日本国内全ての環境で、用いる事が出来ますし安価です。
メーカー指定は、10W-30・5W-30・0W-30と取説に書いています。
その下に「使用する地域の外気温度を基準に、上記オイル粘度を選択して下さい」と書いていますよ。
国産車ではありませんが、国産車も実質的には同じです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

こちらは 普通の極端に寒くもなく暑くもない土地に住んでいます

となると10Wでもよさそうですね

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

>その通りですね。



数か月に一回の高いオイル交換より 数日に1回のガソリンの出費の方が、生活に密着していて意識に残りますものね

燃費がいいその車へのイメージは良くなりますよね

ありがとうございます

お礼日時:2011/11/23 13:55

いまどきのエコエンジンは、燃費を稼ぎ出す為に 超低粘度 0W-20のエンジンオイル指定です。



エンジンオイルの粘性抵抗まで 気にしているのです。
指で 触ってみると解りますが 凄いサラサラで 5w-30や 10w-30とは 極端に 粘度(固さ)が違います。

超サラサラ 0W-20の オイルを使う前提で 作ったエンジンですから 固いオイルを入れて 良いことは有りません
まず 粘性抵抗増で 燃費が悪くなります 特に 冬場 気温が下がる時期に 筆頭に影響が出ます。
朝の始動時 セルを回す時 凄く 重く感じるかと思います。

オイルポンプにも 負荷が多く掛かるかと 考えます。
体感しなくても エンジンには、粘度が違うオイル使用で 負荷が掛かっています。 超期間間違った粘度の エンジンオイルを使用すれば 長持ちもせず 影響によるトラブルが出ると思います。

エコエンジンは、
夏場なら 5W-20でもOK しかし 秋冬春は、0W-20を使用すべき


10Wが 洗浄性が良いと言うのは 何処の情報でしょう?
 単純に考えても 粘度が柔らかい方が 汚れが取れそうな気がします 笑!!
清浄性能は、 洗浄剤(添加剤)性能です。 粘度は 関係有りません。
バルボリン プレミアムSMというオイルは、オイル交換後でも 直ぐにオイルが黒ずんでしまいます。
洗浄能力が高いオイルのための 早期汚れのようでした。 このオイルを使用し始め エンジン軽くなった 体感があったので 洗浄効果と 思います。

エンジン保護と 粘度は 端的に 粘度では語れません 固ければ 保護するともいえません
エンジンオイルは、受ける熱影響で油膜が切れず潤滑性能を維持するのが 役目です。
高性能なエンジンオイルは、低粘度でも 油膜保持性能が 高いものです。
オイルを知る人は 自身の車のエンジンに 相性が良いオイルで 油膜性能 潤滑性能が良いオイルを
探し出し 使用しています。

固ければ 安心は、 今や素人考えになります
固すぎるオイルを入れ 極寒冷地などで 冷間始動させると ピストンリングが折れることも有るとか聞きます そのくらい オイル粘度は、考えないと エンジン内部では 負担を掛けているということも
念頭において置いて見てください。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

よくわかりました


ありがとうございます

0W指定ならば0Wを入れた方がいいのですね
了解しました

お礼日時:2011/11/29 22:32

メーカーが低粘度オイルを指定しているのは「低排出ガス認定取得」の為です。



燃費にも少しは影響が出るかもしれませんが、誤差範囲です。

5W-20が指定なら、それより安い5W-30はありませんか。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

>メーカーが低粘度オイルを指定しているのは「低排出ガス認定取得」の為です


なるほど  知りませんでした


5W-30も探してみます


ありがとうございます

お礼日時:2011/11/23 13:56

洗浄力というのは関係無いですが


「0W-」指定のエンジンは「0W-」前提で設計されています。

ですのでこの場合、やはり「0W-」オイルを(街乗りであれば)強くお勧めします。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます

洗浄力は勘違いだったのですね


了解しました0Wオイルを入れることにします

お礼日時:2011/11/23 13:50

ただでさえ、カタログ値からかけ離れている燃費がさらに悪くなります。



そういうので燃費が悪くなったと言われても、ディーラーでは困りますからね。
防衛策ですね。

エンジン自体に悪い事は無いですが、燃費が悪くなるのは、仕方ない所でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私も燃費対策の気がします

○○車は燃費がいいと 言われたいですものね 

ありがとうございます

お礼日時:2011/11/22 22:17

オイルについて書いてある本には,エンジン設計が0W-20用になっているそうです。

それよりも硬いオイルを使うとオイルが完全にエンジン全体に回らない恐れがありトラブルになる可能性があるそうです。もちろん指定のオイルで油膜が切れることはありません。その本を信じるかどうかは本人が決めることです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます


設計段階でOw指定なんですね


ちょっと高いけど 0Wを使うしかないんでしょうかね

お礼日時:2011/11/22 22:15

0Wと10W 寒いときの粘りが少し強いか弱いかだけです。


10Wの方が少し硬いと言うことになります。
よって、寒いところに住んでいて、寒い季節だと燃費が悪くなると言うことになります。

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました
ぜーんぜん関係無し。
高速道路などでギアを落とし、レッドに近いところまで回して1~2分走ればそれなりに飛びますので。
そちらの方が良いですよ。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?
この程度ならば。
ただ、燃費のためには、0Wか5Wを使った方が良いですよ。
10Wを使っても、壊れることはないですけど。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

10Wの方が洗浄力があると思っていました

関係ないのですね


でも 0wのオイルは値段が高いので(10Wに比べ1,3倍) 燃費と比べるとどちらがお得か・・・・ と考えてしまいました

今度0Wで燃費を出してみます

ありがとうございます

お礼日時:2011/11/22 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q省燃費型オイル(0W-20)のおすすめメーカーは?

現行プリウス(NHW20)Gグレードに乗ってます
少しでも燃費をよくしたい為に、省燃費型オイル(0W-20)の選定で迷っております。

あるカー用品店では「BPのバービスキュート」が純正オイルと比較して
品質が良いと店頭で宣伝表示されております。
http://www.bp-oil.co.jp/product/vervis/vervis-cute.html
しかも、値段も純正オイルより数百円安いのです。
それが本当なら「BPのバービスキュート」に決定なのですが、他に純正品やホンダの
オイルの方が燃費がよくなるという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

0W-20というのはかなりの低粘度で品質の悪いオイルだと高温時に熱ダレを起こして
オイル膜がエンジン内部を保護できなくなりパワーが落ちたり、メカニカルノイズが増してきたりと
十分に考えて使用しないと逆効果の方が多くエンジン本体にも良くありません。

バービスキュートはいわゆる廉価版オイルでプリウスなどの最新高品質のエンジンには使わない方がいいですよ。
ショップが薦めるのはそのオイルが粗利が高かったり、店にとって有利な製品を薦めるのが普通ですので
グレードを見てもとても高品質で薦めるオイルではありませんね。

もし0Wー20のオイルを入れるのであれば最低限100%化学合成のオイルを入れた方がいいですね。
モービル1など高品質の100%化学合成の0W-20だと6000円以上しますから
もしそれを高いとお思いなら純正オイルをトヨタのディーラーで入れることをオススメします。
0Wー20だと確かにフリクションが減って燃費が向上しそうですが、逆に5W-30より
トルクが無くなりますから同じスピード感覚で走ろうと思えばその分アクセルを踏まないと
速度が上がりませんから0W-20にしたからといってもほとんど変わらないと思うべきですし実際にほとんど変わりませんよ。

それよりコンパクトカーより100万高い車ですから一月にコンパクトカーより1万円分
燃費が良くても差額をペイ出来るまでに8年以上かかります。
それまでは急発進、急制動などをせず出来る限りのエコ運転に徹するのが一番の燃費向上だと思います。

0W-20というのはかなりの低粘度で品質の悪いオイルだと高温時に熱ダレを起こして
オイル膜がエンジン内部を保護できなくなりパワーが落ちたり、メカニカルノイズが増してきたりと
十分に考えて使用しないと逆効果の方が多くエンジン本体にも良くありません。

バービスキュートはいわゆる廉価版オイルでプリウスなどの最新高品質のエンジンには使わない方がいいですよ。
ショップが薦めるのはそのオイルが粗利が高かったり、店にとって有利な製品を薦めるのが普通ですので
グレードを見てもとても高品質...続きを読む

Q0Wオイルと5Wオイル エンジン保護に良いのは?

お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。

私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)

Qオイル交換、ディーラーorオートバックス、どちらが良い?

トヨタ車に乗っています。
エンジンオイル交換はディーラー、オートバックス、どちらが良いでしょうか?ちなみにオイルは純正オイルと決めています。

値段的、技術的、その他の面でどうでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ディーラーで整備士をしていました。
何度かオイル漏れするとお客様から相談されて点検すると、エンジンオイルのドレンボルトからの漏れで、原因は毎回交換する必要のあるドレンボルトのパッキンを再利用した事が原因でした。
あと、パッキンを交換しないので漏れをとめる為通常より強く締め付けた為ねじ山がなめてしまいオイルパンの交換をするはめになった事もありました。
ショップによってパッキンの交換をしない店もあるようです。
純正オイルを使うのなら安心感もあるディーラーの方が良いと思います。

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qエンジンオイル交換はどこがお得?

そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、
どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。

近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、
10リットルで6300円。有効期間は1年間だそうです。工賃込み。
ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。
オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。
ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね?
たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。(SG、SH等)
どのグレードかはちょっとわかりません。
ディーラーではすごくお得ですよと薦められましたが、
オートバックスにもオイル会員っていうものがあることを知り、
どっちが安いんだろうと悩んでます。
店頭では980円とか言う特価品(確かSG)もありましたが、
それってどうなんでしょうか?
オートバックスだと工賃は確か500円ぐらいだったと思います。
オイル会員は年会費1000円が必要で1年ごとに継続料500円がいるとのこと。

これらのことを含めどちらがお得なのでしょうか!?

そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、
どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。

近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、
10リットルで6300円。有効期間は1年間だそうです。工賃込み。
ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。
オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。
ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね?
たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。(SG、SH等)
どのグ...続きを読む

Aベストアンサー

1Lあたり630円なら安いと思います。ディーラーなら純正オイルと思われますのでメーカー推奨はクリアーしているはずです。

オイルは距離に関係なく最低半年に1回は交換が必要です。ですので最低の期間で交換しても2L余りますがそれでも安いと思います。

ちなみにオイルが安いのは、ディーラーは小分けのカンで仕入れているのでは無く200Lとかで仕入れているので安くなるのです。

Qエンジンオイルの5W30と5W20の違い

エンジンオイルの5W30は、5W20に比べて、

(1)油温が上がりにくい
(2)油温が上がっても性能が落ちにくい
(3)両方とも見当はずれ

どれでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。#2です。
ちょっと不親切だったので。

SAE10W-30といったマルチグレードやSAE30といったシングルグレードがあります。
シングルグレードオイルは、高温時のオイルの粘度のみが表示されています。
マルチグレードオイルは、最初のWの付いた数字は低温時の粘度を表し、小さくなるほど低温でも一定の粘度を保て、あとの数字は大きくなるほど高温でも必要な粘度を保てます。
したがって、5W-30は、5W-20に比べて、 油温が上がっても性能が落ちにくいといえるでしょう。

参考URL:http://www.woow-kobe.com/shopinfo/oil/kiso2.htm

Q説明書には15000kmごとにオイル交換時期と書いてますが本当?

トヨタ カローラフィールダー1500X
に乗っています。先日、ディーラーで車検に出しましたところ整備の人に、朝方寒いときに出出しのエンジンの音がうるさいけどどうしてか?
と質問したところ、エンジンオイルの交換がきっちり5000kmでされてないのが原因とのこと。
この、vvtiエンジンはガソリンを調節しながら噴出してるとのことで、オートバックス等でオイル交換は5000kmごとにまめにやらないといけないと言われました。
ただ、まだ保障期間中なので修理は行いますとのこと。
オイル交換をマメにというのはセールスではないなというのが感想ですが、どうして説明書には15000kmごとにと書いてあるのでしょうか?不思議でなりません。
ATF交換も60000kmで交換勧められました。確か説明書には無交換とのこと。
これは、車検時に交換しました。トヨタに儲けさせたかな?まあ、金額うんぬんではなく、何が正しいのでしょうか?整備士のかたに言われると説得力もあるし判断しかねますが。

Aベストアンサー

再度#5です。長文失礼します。

補足ありがとうございす。

ちょっとどこが悪いのかはっきりしませんが、そのエンジンではオイルラインが詰まりや
すい構造なのかもしれませんね。
トヨタの方の発言をみると、そのエンジンでは、オイルラインの詰まりが発生しやすく、
それが原因で音が出る症例が過去にいくつか報告されていると言った感じでしょうか。

で、ご質問者様の車両の音が、それが原因で発生している可能性があるから、ご質問者様
が気になるようであれば、原因は良くわからないが、その部分を予防修理してみましょう
と言うことかもしれません。その音自体が今後の不具合に繋がるとは考えていないように
もとれます。その修理で音が改善されるか否かは修理してみないとわからないのかもしれ
ませんね。

オイル交換のサイクルに関しては、このご質問に多数の回答が寄せられていますね。
3000Kmだ、5000Kmだ、説明書通りだ、それ以上でも問題ないなどなど・・・正直、どうす
るべきなのかさらにわからなくなっているかもしれませんね。

実は、この質問には、回答がないと考えても良いと思います。あえて言うなら、製造した
メーカーの説明書通りが正解であると言えます。
つまり、メーカーの説明書通りの扱いをしていれば、メーカーの保障期間内における不具
合は、メーカーが保証してくれる・・・メーカーは説明書通りの扱いにおいて保証期間内
で不具合が発生しないよう設計していると言うことです。

なのになぜ回答が無いのか?実際の使用環境がメーカーがテストした環境の範囲内である
とは限りませんし、純正オイル以外のオイルを使用すればオイルの性能も未知数だからで
す。

少し極端な話をさせていただきますと、サーキット走行などでは、一般的には考えられな
いような油温まで上昇し、あっと言う間にオイルが劣化します。また、一般的なオイルで
は、その温度域で油膜を保持することが難しいなどの問題も発生します。
もう一つ、何万円もする、ある高級なエンジンオイルがあるとします。このオイルはフリ
クションが少ないため、エンジンの吹け上がりが良く、高温域まで油膜を保持してくれま
す。元気な走りをする人や、毎月数千キロも走り毎月もしくは2ヶ月程度で交換している
人には【高いけど良いオイル】と評判です。が、このようなオイルの中には、サーキット
走行やスポーツ走行を前提として開発したため、酸化防止などはほとんど考えられていな
いなど・・・全く乗らなくても数ヶ月でオイルが劣化してしまうような商品もあります。
もちろん高温にならないと本来の性能を発揮しないなんてものもありますね。

上記は少々極端な例ですが(特にサーキット走行はメーカーとしても想定していないので、
保証対象外となる事も少なくありません。)、テスト環境の範囲外、未知数な性能があり
える例として参考程度にお考え下さい。

後はご質問者様次第ではありますが、『オイルも汚れてないし整備がズサンとは言えない
ので』とありますから、15000Km交換でも良いと思いますし、『オイル交換は5000kmごと
にまめにやらないといけない』から5000Kmごとでも良いかと思います。
前回の回答で『メーカー推奨交換サイクルでの最終期限を0%』と記載しましたが、もちろ
んオイルの性能が0になると言う意味ではなく、メーカーの想定範囲で言う交換時期と言
う意味ですので、2万キロ交換でも突然不具合が出る可能性は低いです。

ちなみに、どんなに整備しても保障期間が終われば修理は有償となります。メーカー保障
期間を超えても末永く乗りたいからまめに交換する(まめに交換しないと保障期間で壊れ
ると言う意味ではありません。)と言うのももちろんありでしょうね。

蛇足ですが、【テストした環境の範囲】と書きましたが、実はかなりの範囲まで色々テス
トしています。2輪車などでは、ウイリー走行時にオイルが偏っても壊れないようになん
てテストもしているほどです。

以上、参考になれば幸いです。

再度#5です。長文失礼します。

補足ありがとうございす。

ちょっとどこが悪いのかはっきりしませんが、そのエンジンではオイルラインが詰まりや
すい構造なのかもしれませんね。
トヨタの方の発言をみると、そのエンジンでは、オイルラインの詰まりが発生しやすく、
それが原因で音が出る症例が過去にいくつか報告されていると言った感じでしょうか。

で、ご質問者様の車両の音が、それが原因で発生している可能性があるから、ご質問者様
が気になるようであれば、原因は良くわからないが、その部...続きを読む

Q低粘度指定の車に10W-30を使って問題ないですか?

トヨタウィッシュ1.8L(2002年モデル)に乗っています。
オイルの指定が5W-20になっていますが、営業で使用のため会社指定のオイルがコスモ石油のエース10W-30になってしまいます。
指定のオイルより少し粘度が高くなってしまうのですが、支障はないでしょうか?燃費が落ちるくらいならよいのですが、エンジンに負担がかかるようであれば、自腹でオイルを入れようと思います。
どなたか詳しい方、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

少し勘違いされているようなので、一言。

「低粘度指定の車」ではなく、「低粘度オイル使用可能の車」です。
「低粘度指定の車」って存在しないと思います。
取り説にもエンジンオイルは5w20、5w30、10w30を使用してくださいと記載されていますね。
ですので、10w30のオイルを使用することは全く問題ありません。

フィーリングに関しては他の方々の意見を参考にしてください。

Q新車購入後初のエンジンオイル・オイルフィルター交換

新車を購入して最初のエンジンオイル交換はいつが良いのか、疑問に思い自動車会社の説明を見てみました。(この掲示板の過去の回答も少し見てみました)
トヨタ、ホンダ、日産の「定期点検(メンテナンス)パック」を見たところ三社とも同じでした。

  新車購入半年後に初めてのオイル交換、1年後にオイル交換とオイルフィルター交換

質問1、三社ともこのように書いてあるということは、最初の一ヶ月点検とか1000km走った時点でオイル交換やオイルフィルター交換をすることは全く無意味のことなのでしょうか?

質問2、一ヶ月点検でも交換した方が自動車販売会社の利益にもなると思うのですが、販売会社はそれを勧めないのはなぜなのでしょう?
 一ヶ月点検のオイル交換はしない方が良い(オイルがなじんでくる頃だから)と書いてある記事をネットで見かけたのですが、何か関係があるのでしょうか?

質問3、新車を購入したらすぐ高速道路で長距離走って慣らした方が良いという人と、それやると良くない(よくない癖がつく?)という人がいるのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。
必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。
30年前とかと比較して 現在は、かなりの機械加工制動がUP措定ますので 昔のように 大きなこすれやバリは、出ません が やはり 当たりは出ます 細かい摩耗粉も エンジンオイルに混ざります。

自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。
ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで 1000kmでオイル交換はしない!とディーラーは、強く言います。
初期慣らし 当たり取りの馴染ませに モリブデン等の添加剤を入れてるようです。
新車初の オイル交換で オイルを抜き びっくりしました。 ディーラーに確認したら 曖昧な返事で
はっきり 何を入れているかは答えてくれませんでした。

ホンダN-ONEも 3000km交換で良いと強くディーラーは、言ってます。

なので 最近の新車は、気持ち注意して ぶん回さないような慣らしを500~1000km程度して
1カ月or1000km点検では、点検のみで 3000~5000km走行か 6か月点検時に 1回目のオイル交換をすれば良いでしょう。
エレメントは、交換したければ交換しましょう。交換しなくても 目詰まりは大丈夫ですが 精神的に落ち着かない方は、交換です。
次の オイル交換は 5000km以内 か半年 距離乗らなくても1年で交換したほうが安心です。
劣化したオイルを使用し続ければ 酸化劣化が進み エンジンに悪影響がジワジワ出ます。
直ぐに壊れる 動かなくなる事はなく、徐々にです。

慣らし運転による エンジンの個性形成は、キャブ時代の話です。
300km走行位まで 優しく穏やかに 3000rpm以下
~500km走行で 少し 中速回転を使う たまに 4000rpm
500km走行超えたら 高速や 自動車専用道路で 少し加速をさせておく まあ5000rpmを少し

今どきの車は、慣らししなくても 大きな差は出ません
慣らしの仕上がりによる差より エンジンの組み立ての個体差の方が大きいです 特に トヨタ車の 調子悪い 燃費も悪いようなエンジンはこの組み立ての差だと思ってます。同じ車エンジンでこんなに差が有るの?と
会社の社有車のカルディナで 体験してます。

※初期の慣らしや オイル交換は、やり直しがききません 精神的に気にする人 拘る人は、やって損は有りません 人の話を 鵜呑みにして 後で後悔 やっておけばよかったと 悔やむより やっちゃったほうが
すっきりします。
但し 先に記載した通り 新車のエンジンオイルには、新車充填の添加剤が充填されている様なので 3000km程度は、 オイル交換せず 使い続けた方が良いですよ。

エンジンオイルには、相性が有ります 価格が高くても 合わないエンジンには、合いません 金の無駄
 自分の車のエンジンに合う 妥当な価格のエンジンオイルを見つけ 
軽とターボ車なら 3~5000km毎交換
小型車なら    5~8000km毎交換で 長く 快調なエンジンを作り出し 維持できると考えております。

機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。
必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。
30年前とかと比較して 現在は、かなりの機械加工制動がUP措定ますので 昔のように 大きなこすれやバリは、出ません が やはり 当たりは出ます 細かい摩耗粉も エンジンオイルに混ざります。

自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。
ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報