出産前後の痔にはご注意!

他社の保険に加入したくて、16年掛けていた農協の生命共済を払い済みにしようと思います。
担当者に確認したところ、できませんという答えでした。払込満了まではあと15年くらいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

第18条[払済契約への変更]


(1)共済契約者は、組合の定める手続により、共済契約を払済契約に変更することができます。ただし、次の場合には、払済契約に変更することはできません。
(1) 共済契約が払込免除契約である場合
(2) 共済契約が特別条件特約を付加した共済契約である場合。ただし、共済金削減法による場合で、削減期間を経過したものを除きます。
(3) (3)により算出された共済金額が50万円未満である場合
(2)払済契約への変更をする場合は、共済契約者は、別表[請求書類]の必要書類を組合に提出してください。
(3)払済契約の共済金額は、組合の定める取扱いに基づき、変更前の共済契約の共済掛金積立金(注)により算出します。

上記の変更できない条件に当てはまっているのではありませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

もしかすると終身が100万なので、50万以上ないのかもしれません。
解約はやはり損になりますよね。
終身だけ続けたほうがいいのかもしれませんね。

農協の担当のかたもいいひとなので、よく相談してみます。

早いご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/26 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

農協」に関するQ&A: 農協のJA共済は・・・

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJA共済を払済保険に変更したい

今、保険の見直しを考えています。お力をお貸しいただければと思います。

現在、JA共済の終身共済(平成14年9月契約)に加入しています。

主契約 200万円 (転換契約充当部分 164万円);保障期間 終身、 払込期間 60歳
定期特約 300万円 保障期間、払込期間共 60歳
災害給付特約 500万円 保障期間、払込期間共 80歳
がん全全入院特約(平13) 日額 5000円 保障期間、払込期間共 80歳
生活保障特約(定額型)10 年額 150万円 保障期間、払込期間共 60歳
平成23年3月時点での積立金額 119万円 
去年の払込み掛け金 88000円

現在加入しているJA共済を払済保険に変更し、新たに国内大手生命保険会社の終身の医療保険の加入を検討しています。(現在加入のJA共済の医療保障が80歳までしかないため)

これから加入する保険会社の担当者の方から、死亡保障の付いた医療保険を勧められたのですが、私の希望としては、JA共済を払済保険に変更し、医療保障だけ新たに加入したと思います。

ただ、地元のJA窓口で「払済保険にした場合、いくらの死亡保障が受けれるのか」聞いたところ、「今すぐにはわかりません」とか「来年度にならないと計算出来ない」の一点張りで話になりません。
JA共済相談センターにも電話してみたのですが、「こちらでは契約内容はわからないので、地元のJA窓口にお越しください」と言われました。

友達は、「転換契約充当部分の164万円分は死亡保障はあるんじゃないの?」と言います。

そこで、払済保険へ変更後の保障額がいくらぐらいになるのか、解約すると解約返戻金がいくらぐらいになるのか、大体で構わないので教えていただけませんか。

もう一度、JAに行って試算を出してもらえるように掛け合ってみようと思うのですが、「これも聞いておいた方が良いよ」と言うことがあればご教授下さい。

恥ずかしいことですが、保険の事は全くわかりません。よろしくお願いいたします。

今、保険の見直しを考えています。お力をお貸しいただければと思います。

現在、JA共済の終身共済(平成14年9月契約)に加入しています。

主契約 200万円 (転換契約充当部分 164万円);保障期間 終身、 払込期間 60歳
定期特約 300万円 保障期間、払込期間共 60歳
災害給付特約 500万円 保障期間、払込期間共 80歳
がん全全入院特約(平13) 日額 5000円 保障期間、払込期間共 80歳
生活保障特約(定額型)10 年額 150万円 保障期間、払込期間共 60歳
平成23年3月時点での積立金額 119万...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、通りがかりの保険の素人です。

うちの家族ではニッセイ、県民共済、国民共済、簡保、東京海上、アフラックそしてJAなどの各種の保険(保障だけでなく、貯蓄性要素も含めて)に入っています。

小生の印象ではJAが一番対応が「ぬるい」。田舎の農家相手の金融機関が一般人に対してもついでに保険業やってる感じです。ニッセイなんてこんな内容だったら一発で教えてくれますよ。(ニッセイを勧めているわけではありませんが。)

>そこで、払済保険へ変更後の保障額がいくらぐらいになるのか、解約すると解約返戻金がいくらぐらいになるのか、大体で構わないので教えていただけませんか。

他人にはわからんのでは?担当にしつこく聞かないといけません。こっちが変更をあきらめるのを待っているのでしょう。

「保険料支払いがきつくなってきたので全解約したい。」とバン!と言ってから、「全くやめてしまうのも何だし。払い済み保険って言うのがあるようなので、検討してみたい」ともっていっては?
払い済み保険って向こうサイドにとっては(予定利率の高い保険の場合には)、損な保険でしょうから、それでもしぶるかな?

払い済み保険の保険金額は現時点での解約金(解約払戻金+積み立て配当金など精算額)によると思います。聞いといて下さい。そのグラフもあったらいいですが。長ければ長いほど解約金って多いわけではないんですよ。特約にもよるんですがピークが来たあとで一旦減ってからまた上がっていくんですよ。そのピークは小生の場合には4年後なんですよ。

小生の場合、ニッセイで参考にもならないでしょうが、20年間加入で1年前の時点で解約金160万円くらいで払い済み保険500万円くらいでしたよ。まだしていませんが。

でも、もちろんお宅と条件は違うしなあ、ご参考まで。

良い方向に進みますように。

こんばんは、通りがかりの保険の素人です。

うちの家族ではニッセイ、県民共済、国民共済、簡保、東京海上、アフラックそしてJAなどの各種の保険(保障だけでなく、貯蓄性要素も含めて)に入っています。

小生の印象ではJAが一番対応が「ぬるい」。田舎の農家相手の金融機関が一般人に対してもついでに保険業やってる感じです。ニッセイなんてこんな内容だったら一発で教えてくれますよ。(ニッセイを勧めているわけではありませんが。)

>そこで、払済保険へ変更後の保障額がいくらぐらいになるのか、解...続きを読む

QJA終身共済に詳しい方、教えてください

義母が夫にかけているJAの終身共済について
JAのホームページで調べたのですが、
よくわからないので、内容をよくご存知の方教えてください。
(義母も付き合いで入ってるようで、よくわからないみたいです。
証書もどこかにしまい込んだらしく、ありません。)

以下、払込のご案内というハガキからです。
☆終身共済金額 300万円
→死亡保障のことでしょうか?主契約払込終了年齢60才とあります。
☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
→こちらは60才で終了でしょうか?
 60才以降の死亡保障が300万でしょうか?
☆入院(日額) 病気5000円 がん10000円 災害入院5000円
→こちらは、60才以降保険料を支払いつづければ、継続しますか?

契約年月日が平成13年10月で、19年10月で7回目の支払いが来ます。
年払いで24万8869円です。
夫は1968年12月生まれです。60才で払込終了ということは、
全部で何回払い(年払の場合)になるのでしょうか?
算数もできなくて恥ずかしいのですが、詳しい方教えてください・・・

義母が夫にかけているJAの終身共済について
JAのホームページで調べたのですが、
よくわからないので、内容をよくご存知の方教えてください。
(義母も付き合いで入ってるようで、よくわからないみたいです。
証書もどこかにしまい込んだらしく、ありません。)

以下、払込のご案内というハガキからです。
☆終身共済金額 300万円
→死亡保障のことでしょうか?主契約払込終了年齢60才とあります。
☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
→こちらは60才で終了でしょうか?
 60才以降の...続きを読む

Aベストアンサー

JA共済のホームページの仕組み図からして、民間生保会社でいう「定期保険特約付終身保険」と同様のものと考えられます。

☆終身共済金額 300万円
 …一生涯の死亡保障ですね。期限はありません。60歳の時点でこの部分(主契約)に関する保険料は払い終わるような額になっています。

☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
 …終身共済に上乗せで死亡保障を厚くしているものと思われます。そしてこの「上乗せ分」は60歳(主契約の払込完了時)までの保障ですね。60歳以降に死亡した場合は終身共済の300万円が支払われます。

☆入院(日額) 病気5000円 がん10000円 災害入院5000円
 …こちらは60歳以降保険料を支払い続ければ「80歳まで」保障が継続されます。

平成13年10月で契約年齢は(恐らく)33歳かと思われますので、ずっとそのままの保障内容で続けたとして、27回払(27年)になるかと思われます。

証券が見当たらないということですが、何かがあった際に手続きが手間取るかもしれませんので、一度お時間があるときにお義母さま(契約者)よりお近くのJA共済に確認されることをお勧めします。
(個人情報保護法等の関係により、契約者からの申出でないと対応できないことが予想されますので。)

参考URL:http://www.ja-kyosai.or.jp/product/human/shushin.html

JA共済のホームページの仕組み図からして、民間生保会社でいう「定期保険特約付終身保険」と同様のものと考えられます。

☆終身共済金額 300万円
 …一生涯の死亡保障ですね。期限はありません。60歳の時点でこの部分(主契約)に関する保険料は払い終わるような額になっています。

☆病気・がん死亡 2000万円 災害による死亡 5000万円
 …終身共済に上乗せで死亡保障を厚くしているものと思われます。そしてこの「上乗せ分」は60歳(主契約の払込完了時)までの保障ですね。60歳以降に死亡した場合は終...続きを読む

Q農協のJA共済は・・・

親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の満期返戻金もかなり高いレベルで民間にはまず負けない。」とのことです。

友人が言っているのは本当なのでしょうか?
JA共済は、そもそも農協の存在、位置付けどうなんでしょうか?
生保、年金、貯蓄で入っている方はなぜ是と決断したのですか?
民間生保を選んだ方にも反論があればお教えください。
またほかにオススメがありますか?

試しにJA自動車共済(保険)には加入しましたが、今のところ事故もトラブルもなく共済(保険)を利用していませんので分からないところが多いです。金額は他社の損保と比べて安かったです。
参考までにその友人は旧友で、全く私には保険勧誘をムリにしてきません。お客さん(JA会員さんなど)への話を聞いていて自分から勝手に検討しているところです。

親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の...続きを読む

Aベストアンサー

tyounさんへ 追加回答です。
うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです。
保険関係は生命・建物・自動車すべてメインはJA共済です。
自動車事故も何度か経験しましたが、対応に問題なかったです。
自動車事故の休日夜間対応がフリーダイヤル受付のみなのも弱いと思います。
保険関係で何かあったら、管轄のJAへ電話すれば担当者が訪問して
対応してもらってます。

私は終身共済に加入していますが、他社と決定的な違いは
  1.JA共済は全期型で払込終了まで比較すると掛け金が他社の更新型に
   くらべ200万円位安かった。
   (他社のセールレディ(おばさん)はうちでは全期型はないといった。)
  2.払込終了時に特約掛金が他社は全納払のみであったがJA共済は
   年払いを選択できた。
このこともありJA共済をえらびました。
しかしJAの職員と仲良くなると、いろんな物を売りにきます。
今日は5月発売の新茶を注文にきた。母が予約していた。

tyounさんへ 追加回答です。
うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです...続きを読む

QJA養老共済を払済に変更したいのですが、できませんか?

JA養老共済を払済に変更したいのですが、できませんか?
契約年H7 契約期間30年 主契約150万円 
現在年払で15回払込 
定期特約2850万円 
災害給付特約1000万円
災害死亡割増特約1000万円
全入院特約10,000円 
共済掛金 113,347円(割戻金は掛金と相殺)
上記の保険に加入し「払済契約」を知り問い合わせると「担当者から取り扱いできない」と言われました。
特約をはずし主契約のみ継続の場合、年81,097円になるそうです。
JAの相談窓口ではここではわからないと回答されました。掛金を来月に払わないといけなく正直
今生活が苦しいので保険料を抑えたいです。担当者には特約は解約しないほうがいい、主契約の金額を下げればいいと言われましたが・・保障内容は気にしないのですが、掛金の金額を減額するにはどうすれば一番いいでしょうか?無知でわからず色々教えていただきたいのですが、やはり払済はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

払済保険に移行する……ということは、
解約払戻金を使って、保険料を一括払いする
ということと同じです。
となると、解約払戻金の金額が、一括払いできる最低金額以上で
なければなりません。
担当者ができないというのは、
たぶん、この金額を超えていないのだと思います。

保険料を下げるには、
特約を解約する
特約を減額する
主契約を減額する
という3つの方法があると思います。

減額には、最低金額が決められていますので、
それ以上の減額はできません。
それ以上の減額をしようとすれば、解約しかありません。

ご参考になれば、幸いです。

QJA共済(終身)の解約を考えています

JA共済(終身)の解約を考えています。

今まで10年ほど加入していたJA共済(終身)を解約しようと思っています。(今後は自治労共済に入る予定)
終身を解約したときに戻ってくる金額の目安を教えてください。

ちなみに
終身共済契約 200万
転換原資    78万(関係ないですか?)

Aベストアンサー

一応、元JA職員です。長期共済を担当していました。

正確な金額は、窓口にいけば簡単に試算してくれます。ので金額には触れずに注意(?)点をちょっと教えします。

☆契約日と払込方法
・年払いの場合→ある意味、解約時です。今年の支払いをせず、契約日の一日前に解約するのが一番です。
理由:年払いなので契約した日の一日前の日付までその契約は有効です。内容にもよりますが、入院が…とか言った場合、共済金がおりることもあります。

・月払いの場合→月払いなのでいつでもやめられます。上にも言えることなのですが、今回分を払い込んで解約する場合と今回分を払い込まないで解約する場合で、戻ってくるお金が違います。どっちがいいかはご確認ください。

追記:転換原資について
この契約って養老を転換した契約じゃないですか?満期金がだいたい100くらいの。この78万はその満期金のうち何万までがたまっていたかを表します。この原資を新しく契約する終身の全ての払込金額へ充当したということです。つまり、同じ内容・条件で新規に契約するより、原資を当てた分だけ安くなっているということです。

あまり役に立たなかったらすみませんm(__)m

一応、元JA職員です。長期共済を担当していました。

正確な金額は、窓口にいけば簡単に試算してくれます。ので金額には触れずに注意(?)点をちょっと教えします。

☆契約日と払込方法
・年払いの場合→ある意味、解約時です。今年の支払いをせず、契約日の一日前に解約するのが一番です。
理由:年払いなので契約した日の一日前の日付までその契約は有効です。内容にもよりますが、入院が…とか言った場合、共済金がおりることもあります。

・月払いの場合→月払いなのでいつでもやめられます。上にも言え...続きを読む

Q払い済み保険って解約できるの?

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生前給付(だったかな)についても払い済みになっておりこちらは同様に約20万です。

ふたつあわせると100万くらいになるのですが解約できるなら解約して現金を手元に置いておきたいなぁと。(子供が生まれるので学資保険の一括払いに充当とか)

ちなみに60歳とかだと解約返戻金はもっと高くなるのですが老後に備えてこのままにしておくのがいいのか・・・とも思います。

保険会社はソニー生命なんですが別の外資系に吸収される?とか先行き不安というウワサを聞いているので万が一、ソニー生命がなくなってしまったりすると「ゼロ」とは言わないまでもかなり減額される可能性はあるのでしょうか?

何かアドバイスをいただけると助かります。

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん、解約すれば、返戻金がもらえますよ。
そして、払った額に、年々運用益が乗るわけですから、基本的には、後で解約するほど高い返戻金ということになります。

ソニー損保が破綻もしくは破綻寸前ということにでもなれば、当然もらえる額は減ったりゼロに近くなったりということもあり得るでしょうが、現時点では経営自体は健全なようですから吸収されるても既存の保険は受け継がれるでしょうから、それが原因で返戻金が無くなったり減額されたりすることはないでしょう。

ということで、今解約して、手元に置いておくのも悪くはないでしょうが、すぐに必要なお金でなければ、保険の形のままおいておいて、必要が生じたときに解約する方が、一般的に考えれば、得なケースが多そうです。

Q終身保険の途中解約時の払い戻しって何%くらい?

保険についての無知な質問ですいません。

現在、30年払込満了の終身保険を10年をほど掛けているのですが、諸事情で保険を解約しようと思っています。
掛金の何%が返還されるのでしょうか。

<現在の保険>
死亡時:3000万円
終身保険金:120万円
月々の掛金:約1万2千円

先日、解約時の払戻金を聞いたとき、解約金と配当金とで約30万円ほどしか返ってこないようなことを言ってました。
10年掛けているので、120万円は支払っているのですが、掛金の70%以上は掛捨てなんですか?

ご教授、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして
ご質問の内容では詳細がわかりませんので
一般論としてご回答いたします

<現在の保険>
死亡時:3000万円
終身保険金:120万円
月々の掛金:約1万2千円

ということですが

しくみとしては以下のとおりのはずです

終身保険部分120万円

定期保険部分2880万円

死亡保険金3000万円

そして、保険料が12000円ぐらいとのことですが
この12000円は終身保険部分と定期保険部分の合計であり、実際には、終身保険部分保険料○○円、定期保険部分保険料○○円といった具合です。保険証券形態にもよりますが主契約の保険料といったかたちで記載されている保険料が終身保険部分の保険料だと思われます。(おそらく2~3千円ぐらいではないかと憶測します。)
そして、12000円から終身保険部分を差し引いた金額が定期保険部分の保険料であり、この定期保険部分はほぼ掛け捨て型なのです
例えとして、終身保険部分が3000円で定期保険部分が9000円だとすると、9000円は掛け捨て状態にあり、解約時には、終身保険部分の3000円のうちから解約返戻金のほとんどが支払われます。3000円×12ヶ月×10年=360000円。終身保険部分が100%戻ってきたとしても前記の金額が限度となります。
そのあたりをしっかり把握されていないと120万払ったのに36万しかもどってこないというような誤解が生まれます。

終身保険と定期保険を組み合わせて契約されている形態で、払っている保険料がすべて貯蓄性があるように誤解されたり、死亡保険金がいつでも3000万円受け取れるように勘違いされる、典型的パターンだと思われます(おそらく、死亡時の補償は払い込み満了時以降は3000万円から120万円にダウンするのではと思います。)

他の方の記載にもありますとおり、およその解約返戻金の記載があるかとおもいますので、そちらの記載金額にまず間違いはないと思われます。また10年前のご契約ということであれば他の方の記載にも逢った通り、「予定利率」が高いときの商品ですので、解約よりも、終身部分のみ残し、「払済」といった方法も検討されてはと思います。

至急、専門家にご相談をすることをおすすめいたします。

はじめまして
ご質問の内容では詳細がわかりませんので
一般論としてご回答いたします

<現在の保険>
死亡時:3000万円
終身保険金:120万円
月々の掛金:約1万2千円

ということですが

しくみとしては以下のとおりのはずです

終身保険部分120万円

定期保険部分2880万円

死亡保険金3000万円

そして、保険料が12000円ぐらいとのことですが
この12000円は終身保険部分と定期保険部分の合計であり、実際には、終身保険部分保険料○○円、定期保険部分保険料○○円と...続きを読む

QJA養老生命共済の解約か満期返戻金か

JA養老生命共済の解約か満期返戻金か
 昭和58年に契約した上記生命保険(30年満期、満期共済金額100万円、死亡共済1500万円、災害給付特約500万円、災害死亡割増特約1500万円、入院費用保障特約5000円)は掛金15万1300円で、掛金は割戻金相殺で初めの頃は半額位、最近は割戻金が余り無く入金は12~13万円くらいです。かつて盛んに解約して新共済に転換を勧められましたが、利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
 昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。積立金が解約返礼金と思い、今後減額されるなら解約しようと思ったのですが、今年も28回目を入金しました。
 後2回振り込めば満期なのですが、このまま満期まで入金するほうが得なのか、解約したほうがよいのか教えてください。また、満期となったらどれ位の満期返戻金があるのかもお教えください。

Aベストアンサー

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するためには、この15型をいかにたくさん売るかにかかっていました。(ノルマは補償額で課せられます。)

>利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
利率がいいのは3型までで、5型以上は満期共済金よりも掛け金のほうが多くなります。

>昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。
これは本当なのでしょうか?
もし、正確な解約返戻金を知りたいのでしたら、JAに電話して「今解約したらいくら返ってきますか?」と聞いてください。機械ですぐに出ます。
聞きにくければ、「共済でいくらまで借りられますか?(共済担保貸付)」と聞いても、大体の数字は把握できます。
共済で借りられる上限は、解約返戻金の90%までだったと思いますので、逆算すれば解約返戻金が出ます。

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するた...続きを読む

Q終身保険を払い済みに

(1)H7年(23歳)に契約した60歳払込終身保険の見直しについて。
保険金額 1,000万円
月額保険料 7400円 
満期(60歳)時の解約返戻金 440万

現在41歳で
解約すると約130~140万、払済にすると保険金額は570~580万(共に証券から推定)。
このほかH10年に、
(2)同様の60歳払込済終身300万(月額保険料4500円)
(3)家族収入保険毎月15万円(月額保険料5500円)
に契約してます。
(1)終身を払済とし、保険金が1000万→570万に減っても遺族の生活への影響はなく、妻も理解してますが、払済にする事が有利なのか?そもそも見直す必要があるのか?がわかりません。←これが質問です。

家族構成 41歳 41歳 11歳 8歳
住宅ローン有
年収約800万+妻パート年40万 預金600万強
*今後の世帯収入の大きな増減の可能性は低いです。

思い立って質問しました。
不足情報がありましたら、補足させて頂きます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)終身を払済とし、保険金が1000万→570万に減っても遺族の生活への影響はなく、妻も理解してますが、払済にする事が有利なのか?そもそも見直す必要があるのか?がわかりません。
(A)問題は、なぜ、見直しをしたいと思ったのですか?
この一番大切な、根本の答えがわかりません。

終身保険がなぜ、人気なのか?
それは、貯蓄性があるからです。
平成7年の契約ならば、予定利率は3.75%です。
つまり、60歳以降は、解約払戻金が、この利率で増える
という意味です。
60歳で、440万円ならば、
65歳では、528万円
70歳では、636万円
になります。
(実際には、もう少し低くなります)

保険料の支払いが厳しいならば、
平成10年に契約した保険の方を解約すべきです。
平成10年の契約ならば、予定利率は2.75%です。

Q個人年金の良い時期とは?

 10年ほど前(1993・1994)に大手生保(住○・第○)の個人年金(確定15年)に加入しました。
第一は年13万の32年払いで80万を15年間、住友は年11万の30年払いで81.5万を15年間もらえる、という内容です。
契約前の計画シート?では配当金もついてかなりの額になっていたのですが、現時点で配当金は0なので、全く期待していませんが、最低でも80×15で1200万いただけるならば、良い保険なのではないかと、保険のおばちゃんに半分騙された(グッズにつられた)自分をほめてあげようかとも思っています。
 よく「良い時期の保険はそのままで」といいますが、この良い時期とは具体的にいつのことなのでしょうか?
 自分では前述の2つの年金は良い時期だとおもっていたのですが、10年前は既に良くない、という話も耳にはさんでおり、よくわかりません。
 

Aベストアンサー

1985.4.2~1990.4.1  5.5%
1990.4.2~1993.4.1  5.5%
1993.4.2~1994.4.1  4.75%
1994.4.2~1996.4.1  3.75%
1996.4.2~1999.4.1  2.75%
1999.4.2~2001.4.1  2.0%
2001.4.2~2001.7.1 1.5%
2001.7.2~       1.5%

20年超有配当を対象として記しています
正確には直接保険会社へお問い合わせください。
担当者に聞きにくいようであれば
お客様センターなどでも可能なはずです
もちろん契約者本人からの連絡でないと教えてもらえないと思いますので・・・

おそらく5.5、4.75、3.75あたりのご契約ではないでしょうか
現在から考えますと非常に良い内容です
たしかにそれ以前はもっとよかったのですがそれでも・・・です
配当金については期待しないほうがいいですね
その予定利率を上回って保険会社が運用できたときに支払いますからというものですので、当分は0とお考え下さい。(逆に保険会社が高利率出来ていないにもかかわらず、高利率をお約束していかなければならなくなっている状態なのですから)

唯一の心配は加入保険会社の破綻と
「改正保険業法(予定利率引下げ可能)」ですね
これは保険会社が運用できている数字と
過去に約束してしまった運用利率による数字との開きの部分を「逆ザヤ」と呼ぶのですが、生命保険会社の『逆ざや』負担軽減を目的に、生命保険会社が保険契約者に約束している運用利回り(予定利率)を、破たん前でも引き下げられるようにする改正保険業法が平成15年8月に施行されました。
超低金利が続く中で、実際の運用利回りが予定利率を下回る『逆ざや』を軽減し、生命保険会社の破たんを未然に防ぐことで、契約者を保護するというのが、建て前?です
現実として、もし予定利率が引き下げられれば、受け取れるべき保険金がカットされるなど、契約者に対する影響は少なくありません。生命保険会社 各社は「予定利率は引き下げない」という方針のようですが、『逆ざや』が経営を圧迫しているのは確かで、経営環境次第では踏み切る可能性がないとは言い切れません

1985.4.2~1990.4.1  5.5%
1990.4.2~1993.4.1  5.5%
1993.4.2~1994.4.1  4.75%
1994.4.2~1996.4.1  3.75%
1996.4.2~1999.4.1  2.75%
1999.4.2~2001.4.1  2.0%
2001.4.2~2001.7.1 1.5%
2001.7.2~       1.5%

20年超有配当を対象として記しています
正確には直接保険会社へお問い合わせください。
担当者に聞きにくいようであれば
お客様センターなどでも可能なはずです
もちろん契約者本人からの連絡でないと教えてもらえないと思いますので・・・

おそらく5.5、4.7...続きを読む


人気Q&Aランキング