人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

硝酸銀を水に溶かした場合,pHはどの程度ですか?
また,硝酸銀とフッ酸を混ぜた場合はどうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答が付いていないようですので



硝酸銀水溶液は使うチャンスがあるという環境にあるのだろうと推測します。
測って見られるのがいいでしょう。
多分中性です。

フッ化水素酸は扱いの面倒な試薬です。
硝酸銀に混ぜるという場面がどういうところで生じるのかがよく分かりません。
フッ化銀は他のハロゲン化銀と違って難溶性ではないということです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83% …

フッ化水素酸は比較的弱い酸だという事です。
フッ化銀が難溶性であれば酸性は強くなるのですがそうではないということなので
フッ化水素酸の水溶液のpHとほとんど同じとしていいのではないでしょうか。
解離定数の値は6.46×10^(-4)mol/Lです。
考えておられる濃度で計算してみて下さい。
    • good
    • 0

Ag^+ は非常に弱い2塩基酸と見做せます。




Ag^+ + H2O ⇔ H^+ + AgOH(aq) ;pKa1=11.7
AgOH(aq) + H2O ⇔ H^+ + Ag(OH)2^- ;pKa2=12.1


これに依ると、例えば 0.1M の AgNO3 水溶液の理論値は、pH≒6.4 程度になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAgNO3(硝酸銀)水溶液の液性

塩の液性について学んでいたんですが,ある問題集に「AgNO3水溶液は例外的に中性である」と書いてありました.これが納得いきません.理由を教えてください!よろしくお願いします.
加水分解を考えると下のように酸性になる気がするのですが・・・
Ag+ + H2O → Ag(OH) + H+
2AgOH → Ag2O + H2O

まとめて,2Ag+ + H2O → Ag2O + 2H+  だから酸性???

Aベストアンサー

 もう回答は必要ないのかもしれませんが,たまたま「コットン・ウィルキンソン 無機化学」(培風館)の記載を目にしましたので。

> AgOHは弱塩基,硝酸は強酸で,

 これが間違っている様です。上記成書によると,『酸化銀は強い塩基で,水中に懸濁させるとアルカリ性である』そうです。

 したがって,強酸・強塩基の塩で中性ですね。

Q硝酸銀について

2ヶ月前ぐらいに、実験で硝酸銀を扱った時に誤って手に付着させてしまいました。
(手袋をしておくべきでしたが、その時はしていませんでした)

急いで手を洗ったのですが、その日の終わりに気づいたら手に黒い斑点ができており、洗ってもなかなかとれませんでした。仕方なく、軽石でこすり続けてようやくとれたのですが、次の日、手をみたら、また斑点が復活していたのです。。。(泣)

これをまた軽石でこすって落としてからは、斑点はでなくなりましたが、何か他にも害があるのではないか、と今でも心配になります。

硝酸銀の毒性について知っている方がおられましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置されていると思います)に相談するのがよいでしょう。

なお、通常の皮膚なら、細胞更新で消えてくれるので(極少量なら)
まだいいのですが、万が一目(角膜)に触れると失明の危険が
大です。
手袋と共に、ゴーグルの着用も忘れないようにして下さい。


*余談;
 銀はイオン化傾向の小さい金属ですので、銀イオンは酸化剤として
 の働きを持ちます(対となる陰イオン又はキレート剤にもよりますが)。
 黒色になったのは、皮膚中のアミノ基などが銀イオンに酸化されて
 ラジカルカチオンなどになり、芳香族環を持つアミノ酸(トリプトファン、
 フェニルアラニン)等と反応し、これが長鎖化したものと思います。
 (p-フェニレンジアミン誘導体等と銀イオンの酸化還元によって色素を
  生成させる「カラー写真」の発色現像の原理と同様。
  但しこの場合は、アミン酸化物と反応する物質が別に存在し、
  長鎖化ではなく特定色素の形成で発色します。
  (黒変は、どちらかというとタール化に近いイメージかと))

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置...続きを読む

Q硝酸銀水溶液について・・・おねがいいたします。

中学1年です。

 理科の水溶液の勉強で「硝酸銀水溶液」というのがあるのですが、わたしの中ではその水溶液がなんなのか分かりません。
 辞書で調べると、「硝酸」とまでしか載っていなく、パソコンで調べると、内容が今一分からず結局なんなのか分かっていません。

 どなたか、中1でもわかるような説明で、「硝酸銀水溶液」の説明をしていただけないでしょうか。
 よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

まずは元素の理解ですね。元素と原子、あと単体をきちんと区別して理解するのが化学の最初の課題かと思います。
 他の方のご回答にもあるように、
「硝酸」とは、化学式HNO3で表される酸性の物質です。一方で、化学式NO3-(一価の陰イオン)で表される「硝酸イオン」と呼ばれるものもあったりと慣れないうちは何がどうなんだかさっぱりな気持ちはよく分かります。これから関心を持ちつつ勉強してゆけば、自然に身につきますから焦らないでね。

本題ですが、「硝酸銀」とは、先の「硝酸」の水溶液に銀(Ag)を投げ込んだ時に出来る化合物のことです。決して投げ込まないでね。

Ag+ + NO3- → AgNO3となります。これが、「硝酸」の水溶液に銀を入れた時の変化です。何となくでもお解りいただければ幸いです。

Q硝酸銀添加の意味は?

大学レベルの学生実験でのことなのですが、お願いしたいです。
Al、Mn混合試料を水酸化ナトリウムで加熱溶解させてそこに濃硫酸を加え
さらに過硫酸アンモニウム溶液および硝酸銀溶液を加え
Mn2+をMnO4-にした上で吸光光度法によってMn含量を測定しました。
このときにMn2+をMnO4-にするため過硫酸アンモニウムを加えたのだとは思うのですが
その後で加えた硝酸銀の意図が恥ずかしながらわからないのです。
どのような意図で加えたのか、溶液中の何と反応させたのか教唆いただければ幸いです。

Aベストアンサー

酸化の触媒です。
Ag+が過硫酸塩で過酸化銀Ag2O2まで酸化され、Ag2O2がMn2+をMnO4-まで酸化し、Ag+に戻るというサイクルを繰り返すようです。
定性分析の教科書等に載っていると思います。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qジアンミン銀イオン溶液に硝酸を入れて酸性に

 化学のレポートが進まなくて困っています。
ジアンミン銀(I)イオンを含んだ水溶液に、硝酸を加えて酸性にすると、白色沈殿が生成したのですが、これは塩化銀でしょうか?また化学反応式はどのようなものになるのでしょうか?
 ご存知の方、ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

陽イオンの系統的分離ですね。
だとすれば、塩化物イオンが共存しているでしょうから、AgClが沈殿したと考えてよいでしょう。
すなわち、
[Ag(NH3)2]+ + Cl- + 2H+ → AgCl + 2NH4+
ということです。

ただ、質問の仕方として、ジアンミン銀(I)イオンを作る前の状態に関する記述も必要です。すなわち、文面からは塩化物イオンが共存していると考えることはできません。

Q酸素が水に溶けたらPHは?

酸素はほとんど水に溶けないようですが、水に溶けたら何性(酸性・アルカリ性など)を示しますか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

酸素は名前から酸性と関係があるような印象を受けます。でも溶液の酸性とは関係がありません。

酸素はラボアジェがoxygenと命名したものの翻訳です。oxy-は「酸っぱい」、genは「作る」という意味です。これを「酸性の原因は酸素だとラボアジェは言った」と書いてある本もあります。でもラボアジェの本にはそのようには書かれていません。彼は「酸素には酸でないものを酸にする働きがある」と言っています。その意味での「酸素」です。炭素は酸ではありませんが二酸化炭素は酸性を示す物質です。イオウは酸ではありませんが二酸化硫黄、三酸化硫黄は酸性を示す物質です。三酸化硫黄が水に溶けると硫酸になります。強い酸の代表です。硝酸でもリン酸でも酸でないものに酸素が結合して酸性を示す物質を生じています。多くの酸が酸素を含んでいます。これに着目して酸素の働きを整理したものです。

ラボアジェが早く死んだということで後世の誤った解釈を糺す事が出来なかったのは気の毒なことだと思います。

とにかく酸素が溶けた溶液が酸性を示すということはありません。

Q当量点と中和点の違い

質問タイトルの通りですが、
「当量点と中和点は何がちがうのでしょうか?」
 (ちなみにwikipediaで調べたら
  当量点:全ての被滴定物質が反応し尽した時点とありました。)

どうかこの疑問に答えていただきたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

回答としては #4 でいいと思いますが,そういうことなので,中和点という言い方を止めて欲しいと常々思っています.
どうしても中和=中性という感覚がついてまわり,#2,#3 のように思っている人は専門家や経験者であってもかなり多いと思います.
しかし,中和点を中性の点という意味で使う場合もあり得ます.たとえば,酸廃液を中和してから廃棄するときに,どれだけ塩基を入れるかとかいう場合ですね.分析化学的な意味での「中和点」ではなく,あくまでも中性にした点という意味で使われてしまいます.なので,酸塩基だろうがなんだろうが,当量点に統一して欲しいわけですが...まあ,無理ですかね...

Q硝酸銀の電気分解、銀の析出

硝酸銀水溶液の電気分解では、陰極に銀が析出しますが、
なぜ、普段見るような単体の銀ではなく、少し黒ずんだ銀が析出するのでしょうか?
わかる方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

通常銀は「銀色」と認識されていますが, これは銀が (可視光域の) 全ての電磁波を反射しているからです. ところが, 電磁波を反射するためにはその電磁波の波長より大きい必要があります (この辺ちょっと厳密性に欠けるけど詳細は知らないしだいたいこの認識であってるので無視). つまり, 「電磁波の波長より小さな粒子」にしかならないと, 電磁波を反射することができないので黒く見えます.
表面が荒い場合には乱反射が起きて, 視線方向に反射される電磁波が少なくなるのかな.

Q銀と水酸化ナトリウム水溶液の反応

こんにちは。

銀と水酸化ナトリウム水溶液が反応するとAg2Oの沈殿が生じる
とのことですが、銀は両性元素ではないのになぜ塩基と反応する
のでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>銀は両性元素ではないのになぜ塩基と反応するのでしょうか。

周期表を見てもらうと金属元素の数の方が非金属元素の数よりも多いです。多くの金属の水酸化物は溶解度が小さいです。金属イオンの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると沈澱が生じます。銀も銅も鉄も沈澱が生じます。(水酸化物の溶解度が大きい金属元素は周期表の左側の2列にあるものだけです。少数派です。従って特別にニックネームが付いています。「アルカリ金属元素」、「アルカリ土類金属元素」です。数を調べてみて下さい。水酸化物の溶解度が大きいということは水溶液が強いアルカリ性を示すということです。)

酸にも塩基にも溶ける酸化物を「両性酸化物」といいます。金属と非金属の境界に近い金属元素の酸化物に見られる性質です。強弱の違いはありますがかなり多くの金属がこの性質をもっています。「両性元素」というニックネームが付いています。両性元素の水酸化物は水に溶けにくいですが過剰の水酸化物イオンと反応して水に溶けるイオンに変わります。代表的な元素である亜鉛、アルミニウムについては反応式が教科書に載っています。亜鉛もアルミニウムもイオン化傾向の大きな金属元素ですからアルカリ性の強い溶液に溶けます。水素が発生します。
2Al+3H2O⇒2Al(OH)3+3H2
Al(OH)3+OH^-⇒[Al(OH)4]^- 
大きな複合イオンになって溶けます。イオンのサイズが大きくなると静電気的な引力が弱くなるから溶けやすくなると考えればいいです。

銅も両性元素的な性質を示します。
水酸化銅が過剰の水酸化ナトリウムに反応します。
硫酸銅の水溶液に1mol/L程度の水酸化ナトリウム水溶液を加えるとどろっとした糊状の沈澱ができます。色は青いですが濃淡のあるまだら模様になっています。さらっとした青白色の沈殿を得るためにはかなり薄い水酸化ナトリウム水溶液を使わなければいけません。どろっとしているのはCu(OH)2の一部が[Cu(OH)4]^2-に変わっているからでしょう。もう少し濃い水酸化ナトリウム水溶液を使うと生じた糊状の沈澱がだんだんと焦げたような色(黒褐色)に変化していきます。試験管の壁に付着している部分から変化が起こり始めます。試験管を加熱するとこの変化は速くなります。この色の変化は酸化銅CuOが生じることによって起こっています。固体として取り出した水酸化物を加熱すると酸化物に変わるというのは珍しいことではありません。でも銅の場合は水溶液を加熱しても起こるのですから少し変わっています。
Cu^2++2OH^-⇒Cu(OH)2
Cu(OH)2⇒CuO+H2O

銀も低温では水酸化銀が存在するようですが常温では直ぐに酸化銀(褐色)に変わってしまいます。
銅よりももっと脱水反応が起こりやすくなっているのです。
Ag^++OH^- ⇒ AgOH
2AgOH ⇒ Ag2O+H2O

金属の銅、銀が直接水酸化ナトリウムに溶けるという変化は起こりません。

水酸化物の溶解度が小さいこと、水酸化物から酸化物への変化が起こることは両性元素であるか否かとは別の変化です。

>銀は両性元素ではないのになぜ塩基と反応するのでしょうか。

周期表を見てもらうと金属元素の数の方が非金属元素の数よりも多いです。多くの金属の水酸化物は溶解度が小さいです。金属イオンの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると沈澱が生じます。銀も銅も鉄も沈澱が生じます。(水酸化物の溶解度が大きい金属元素は周期表の左側の2列にあるものだけです。少数派です。従って特別にニックネームが付いています。「アルカリ金属元素」、「アルカリ土類金属元素」です。数を調べてみて下さい。水酸化物の...続きを読む