AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

このドイツ語の文は、あるドイツ人学者が1871年に音楽について書いたものです。
下の部分の訳を教えて欲しいのです。特に "Thaten"って何ですか?
なんて訳せばいいのでしょうか? よろしくお願いします。

»das sich wohl fühlen, aber nicht aussprechen lässt.« ─ Nicht aussprechen in Worten, wohl aber durch Thaten ;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「それは確かに感じうるが口には出されない」 - 言葉によってではなく行為を通じて発する。



That は Tat の古い綴り、以前はは他にも Thal など th で綴られた単語があります。Wort の複数は以前は -e 型もあり Worten は複数与格(3格)です。

sich 他動詞 lassen : 可能を表す
wohl ... aber : 確かに…だが
nicht ... wohl aber : …ではないがしかし

引用符の中で定動詞が後置されているのは副文の中から引用されたからでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訳して下さいましてありがとうございます。やはり「行為」という訳が適当のようですね。
今回は引用は主節は省略しました。恐れ入ります。

お礼日時:2011/12/19 00:04

19世紀のドイツ語ですね。

現行の標準ドイツ語とは多少綴りが違っています。Geothe なども原文を読むと違っています。
ルールはよく知りませんが、現代式に書くと”Taten”ですよ。即ちtunの名詞形”der Tat”の複数形でしょう。
一寸古い文章ではこのようなことはざらに有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。英語でいうと"deed"にあたる言葉だったんですね。助かりました。

お礼日時:2011/12/18 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング