プロが教えるわが家の防犯対策術!

サラリーマンだと、60パーセント税金(保険料等も税金とみなす)ですから、50パーセント消費税とし
他の税金は無しにする。
理由
複雑多岐にわたり、庶民にはわざと分かりにくくしている。
「タバコ税」「ガソリン税」等、税の上に税をとる。庶民をバカ
にしてる体系です。
役人
は勝手に無駄な仕事を作りたがる。税金喰いの虫です。
退治をすれば。大変節約できます。税務署の職員10分の1です。
何より公平です。シンプルで分かりやすい。小学生でも理解できます。

-- 一部低所得者には負担が重すぎるとのことですが、別途払い戻しをすれば済みます。。

A 回答 (9件)

  >税金は消費税だけではダメですか?



 富の大部分は少数のものが握っています。
 
 国の税金は所得税の配分だけで可能だと思います。 
 税金が高くなったからといって仕事を辞める人はいないでしょう。

 しかし法律は高額所得者が支配していますので改正は不可能です。

 ガソリン税は地球高温化を防ぐ意味である程度必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/30 08:10

補足質問への回答



先進諸国は、どこでも直接税と間接税がバランスした税制度を採用しています。

<---だから良いのですか?



 直接税と間接税には、それぞれ長所と欠陥があります。だから一方だけを採用している国はなく、どこも両者を組み合わせています。日本は、直接税が主でしたが、消費税により間接税の割合を高めたわけです。

 小学生に理解できる税制がいい税制ですか。小売り段階でかかる物品税とちがって、付加価値税型の消費税を説明するのは結構難しいですよ。軽減税率や輸出戻し税のことまで考えると、シンプルで分かりやすいとは言えないのではないでしょうか。

この回答への補足

シンプル イズ ベストですね。複雑怪奇な税法なんて間違ってます。この為にまた膨大な税金を浪費してます。役人は仕事を作るため複雑怪奇なものにしたがりますが。そもそも、直接税と間接税とのバランスが必要「多くの国がやっている」って幻想です。何のための税金ですか?少ない税金での行政サービスが基本です。既得権を守るため現状変更することなく、不足分を増税する。国家って何のためにあるのですか?まさか役人、公務員の為じゃないですよね。

補足日時:2011/12/30 08:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/30 08:36

消費税や所得税、揮発油税などは廃止し、土地に対する固定資産税を中心にするのが良いでしょう。



土地を持っている人は税金を払う。それだけ。

税金を払いたくない人は土地を売ればよいだけです。多くの人が土地を売るようになり、それに対応した買い手が現れると、都市の再開発や公共投資の用地買収などがスムーズに進み、公共投資や企業投資の効率が上がります。

消費税がないので、金持ち中国人が日本を訪問して買い物をしますので、ドバイの商人のように日本の商人が儲かります。
所得税が無いタックスヘイブンになりますので、世界中の人が日本で仕事をしたいと考え、ケイマン諸島のように企業の本社が日本に集中し、また政府・役所・大学などにも政界の人材が集まります。

商業が栄え、人材が集積するのですから、土地の価値が上昇し、そこからの税収も十分になります。

これで、日本の不公平問題や不景気問題が解決するのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/28 18:03

50%消費税だと消費が落ちないですかね。


それが心配です。
なんせ、消費はGDPの60~70%を占めていますから。

反面、外国から購入して、外国のGDPだけが伸びる
てことになりませんか。

私的には人頭税が良いと思っています。

最低ラインだけの生活を保護しておいて、
あとは人頭税だけ。

尚、私はハイエクを支持しています。
政府は余計なことはしない方が良いのです。
おかしなことをやるから、財政赤字になったり
過剰福祉になったりするのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

政府は余計なことはしない方が良いのです。
おかしなことをやるから、財政赤字になったり
過剰福祉になったりするのです<--同感です。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/28 18:05

> サラリーマンだと、60パーセント税金



どこの国の人だろう?
日本のサラリーマンの実効税率+社保は、多分20%内外~40%前後までのはずですが。
色々見ていますが、手取りが額面の半分以下となっている例は見たことがありませんね。

因みに年収2000万円超でも、所得税・住民税を合わせて実効税率は35%以下です。
社保合わせても40%を超える人はかなりの高給取りになります。


> 複雑多岐にわたり、庶民にはわざと分かりにくくしている。

そうかね?
私にはそこまで難しくないように思うが。
もちろん、日ごろ使わない税(例えば核燃料税)など知らないものも存在しているが、日常生活で使うものにかけられているものはそこまで難しくない。


> 何より公平です。シンプルで分かりやすい。小学生でも理解できます。

一番シンプルかつ小学生でも理解できる税金は、人頭税です。
各人、一人当たり○万円を納付する、というシステムです。
なにより、全員同じだけ払うんですから平等だし簡単でしょう?

まぁ、私は人頭税がよいとは、全く思いませんけれどもね。


> -- 一部低所得者には負担が重すぎるとのことですが、別途払い戻しをすれば済みます。。

ということは、現在の所得税と同じように所得を国が把握して払い戻すということだから、結局は今と同じか今以上に税務署員が必要(振り込みを受けるよりもする方が面倒ですからね)ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございました。

お礼日時:2011/12/28 18:16

税金は消費税だけでは、金持ちしか生活出来ません。



わかりやすくすればいいというのも、無茶です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/28 18:17

ダメですね。


税金なんてなしにして油田を開発すればいいじゃん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/28 18:18

意見みたいな回答になる点はお許しください。



仰るところの

>税の上に税をとる。庶民をバカにしてる体系です。
>シンプルで分かりやすい。

この2点は凄く納得しますし、同意もするんですが

>別途払い戻しをすれば済みます。。

この部分は「果たしてそうなのかな?」と思います。



税を「国家が国民に対して行うサービスの対価」として考え、具体的には「ある10mの道路」を例に挙げて考えましょうか。

所得税の累進性(高額所得ほど税率が高い)を利用すると、同じ1mの道路を利用するのに、高額所得者はより多くの納税をすることになり、低額所得者は少ない納税で良い。
上に書いた道路の例なら「高額納税者が9mを作り低額納税者は1mだけ作る。しかし高額納税者も低額納税者も同じ10mの道路を利用できる。」となります。

つまり、所得税の累進性というのは、その原理上「行政サービスを通じた所得の再配分効果」を持っているんですね。
原理上持っているので、再配分のためのコスト(還付事務関連費用等)は必要ありません。
所得の考え方によっては、投資や利子収入も課税対象になるので、「使いきれないほどの所得を得ている層、額に汗せず収入を得る層」に対しても課税が出来ます。

もちろん、所得の捕捉を適切に行うためのコスト、例えば仰るような税務署署員も必要となるわけですが、そこは「重加算税」という形で、懲罰的意味も持たせつつ徴収することも可能ですよね。

ちなみに。税務署署員は消費税制度においても相当数が必要となります。
我々庶民の買い物の場合は漏れなく消費税を徴収されるんですが、そのお金が企業から税務署に適切に納められたか?について監視する人が必要となりますから。

そうですね、消費税制度の方が徴収対象(タイミング、取引の個別回数)が増えるので、税務署職員は多く必要かもしれんです。


ここら辺。
富の再配分、すなわち低所得者に優しく....という事を考えると、従来の日本が行っていた累進性を持たせた課税体系の方が適切でないのか?とも言え、「日本は民主主義を標榜した社会主義国家であった」と言われる理由でもありますね。



対して消費税。
所得と消費にはある一定の相関がありますので、富裕層の方が総額では多くの消費税を納めることになる。
でも、他者より2倍の収入がある場合、消費も2倍なのか?
ここがキーになるんでしょう。

収入が2倍でも消費は1.5倍にしかならない(残りは貯蓄)と考えると、50%の部分(リソース)に対しては富の不公平配分が起きる。

極論すると、ある人が日本で収入を得て居住しているけど、消費の主要部分は海外で行うとします。
あり得ない事ではなく、例えば車でも家具でも衣類でも、高級品は海外製ですから、主要部分は海外で行う事も可能なんですよね。
その時に関税や物品税、これも最後は消費者が払うことを考えると所得税と同じ「累進性を持った税」と見ることが出来るんですが、これらの税で財源の一部であっても満たされないと、割を食うのは国内消費を専らにする低所得者~平均所得者層となるわけですよね。

まして、高額所得者の一部は「金融等で得る」(よくありますよね、俗に言うマネーゲームですが)ってなると、そらぁもう我々サラリーマンの方が悲しい事になるような気がします。


確かに税制は解りにくいです。
私も「なんの理由で、どういう計算でこの税が取られているのか?」が解らない場合がありますし.....。
(会社の取引においては解りやすいんですけどね。)
これは何とかしてもらいたい。

ただ、これは「どっからでも鵜の目鷹の目で取ろうとばかり考えて、支出を適切にセーブ出来ない、支出の必要性をしっかり納税者に説明できない」政府が問題なわけで......。
無駄遣いと説明実施をやってもらうのが根本と思います。

それがなされていたら、御質問者様や私が感じる「そもそもの怒り」も消えるんでしょうね。

この回答への補足

既得権云々はゼロにしての発想が出来ないですよね。肥大化しすぎた官僚
天国ではこの国も危ういですね。
叩けばホコリのでない政治家は存在しないですから。。

補足日時:2011/12/28 18:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/28 18:02

<<サラリーマンだと、60パーセント税金>>



 平均の話ですね。なにかの間違いではありませんか。


<<50パーセント消費税とし、他の税金は無しにする。>>

 それなら家族を海外に移住させ、私だけ日本に残って天引きなしの給料を頂く。もっとも、企業も海外に脱出するので、いつまで職場があるか心配ですが。


<<「タバコ税」「ガソリン税」等、税の上に税をとる。庶民をバカにしてる体系です。>>

 庶民は難しいことが分からないというのは、庶民をバカにした見方ではありませんか。先進諸国は、どこでも直接税と間接税がバランスした税制度を採用しています。

<<何より公平です。>>

 累進課税は不公平だという主張でしょうか。丘の上の小学校の水道が故障したとして、1年生も6年生も、毎日、20キロの水を運びなさいと割り当てたら、子どもたちは公平だと納得するでしょうか。

この回答への補足

先進諸国は、どこでも直接税と間接税がバランスした税制度を採用しています。

<---だから良いのですか?

補足日時:2011/12/28 17:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/28 17:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング