マンガでよめる痔のこと・薬のこと

現在、根管治療中です。
しかし、何回か消毒を繰り返していますが、なかなかすっきり治りません。。。

故に、他の医院への転医を考えています。

滋賀県の草津・栗東・守山辺りで根管治療で腕の良い歯科医院を知りませんか?
もしくは、京都駅周辺でありませんか?

お勧めの医院を教えて下さい。
※もしくは、このサイトをみればわかるでも良いです。

アドバイスの程、宜しくお願い申し上げます。

A 回答 (2件)

私が通院している歯科ですが、大変丁寧に診察してくれて


診察台が個室になっております。

根管治療は受けたことはないですが一度電話すると良いかもしれません。

場所は草津の駅前なのですぐにわかると思います。

参考URL:http://www.kusatsu-dc.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。検討してみます。

お礼日時:2012/01/16 22:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。検討してみます。SJCDという団体があるのですね。勉強になりました。

お礼日時:2012/01/16 22:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素人が、良い歯医者と悪い歯医者を見分ける簡単な方法ありますでしょうか?些細な事で結構です。

歯周病の治療で、明後日歯医者に行かないといけません。
実は生まれて17年、歯医者に行った事が殆ど無く、明後日も10年振りくらいです。
勿論、かかりつけの歯医者なんて無いので、適当に近所の歯医者に予約を入れました。
そこでお聞きしたいのですが、素人でも分かる、良い歯医者と悪い歯医者の見分け方はあるでしょうか?
些細な事でも良いんです。
こんな説明のしかたをする医者はだめとか、
治療の時のしぐさなど、
簡単に判断できる方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと
これも1と同じ理由です。私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。

3.外車や高級車を乗っていないこと。
1と同じ理由です。

4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと
1と同じ理由です。患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。

5.必要以上にレントゲンを撮らないこと
知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。

6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。

7.インプラントや矯正などを行っていないこと。
これらは本来ある姿ではありません。歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。

8.神経を抜かない、抜歯しない。

9.大規模な広告などを行っていない。
1と同じ理由です。

10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない
患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。

さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。

まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。そこで
・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。
・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ)
・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。
・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。理由をはっきり聞いて納得できればマル。
・歯石除去に超音波を使えばバツ。「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。
・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。お忘れなく。

最後に。
我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。他の業界ではとっくの昔からはじまっている。三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。隣の医者がベストとは限りません。私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。
・歯科医:2時間
・皮膚科医:1.5時間
・耳鼻咽喉科医:2時間
・内科医:45分
・漢方医:45分

長文失礼。参考になれば幸いです。

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条...続きを読む

Q歯と歯の間の虫歯はどう治療するのですか?

前歯と隣の歯の間に虫歯ができました。
歯石が詰っていて気になっていたんですがとってみたら明かに虫歯くさいです。
通院中の歯医者とはまだこの歯については語ってないんですが、もし治療するとしたら、綺麗に直せるものなんでしょうか?
レーザーで虫歯部分だけを除去して白い詰め物をするとか、そんな方法があるんでしょうか?
それともこんな目立つ歯が銀色の被せものに覆われることになってしまうのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 私も歯が弱いのでよく治療しますが(前歯の隙間にも出来ました。),歯と歯の間の場合,虫歯部だけを治療するのは無理みたいで,虫歯部まで届くように最小限の範囲で歯が削られます。虫歯の大きさにもよりますが,小さいのでしたら,仕上げに削った穴に白いセメントのようなものを詰められますので,ほとんど目立ちません。

Q歯の根管治療中の痛みが消えない。

今、歯の根の再治療中です。
再治療を始めてからもう1ヶ月以上経つのですが・・・・
痛みが消えないんです。医師はもう中はキレイになっていて問題ないから歯の中の痛みではなく歯根膜の炎症だと言っています。
それも細菌性の炎症ではなく、治療における刺激によるダメージでの炎症だからあとは自然治癒力に任せるほかないそうなんです。ちなみに、顕微鏡を使って治療をしてくれている医師なので・・間違いないとは思うのですが・・
でもこの痛み、交合痛のようなかみ合わせた時に痛むとかっていうなら我慢できるんですけど・・何もしてなくても
ず~っとズキズキしてるんです。そんなわけで何をしていても集中力が続かずイライラと不安が募るばかりです。
同じようなけ経験された方いらっしゃいますか?
もう抜歯しかないのでしょうか?
辛いです。

Aベストアンサー

1ヶ月以上痛いのはつらいですね。
私の考えでは原因は2つ考えられると思います。
1つは治療中の歯の歯の根の治療が不十分である事。
治療中の医師が言っている歯根膜炎も根管治療によって直る事が普通です。又奥歯のときは根管の数が普通の歯より多いときに見逃しも考えられます。

もう1つは他の歯が原因の時です。
歯の神経は上下前後の歯は同じ神経が枝分かれしています。このため1本の歯が痛くなってその歯の治療を始めても、前後上下のほかの歯が悪いときに治療中の歯が痛く感じるときがあります。特に奥歯では間違う事が多いと思います。
この時の判断基準の一つとして、治療中の歯を指で軽くたたいて、あまり響(痛み)かなければ他の歯の原因の可能性が高いと思います。

どちらにしても他の歯医者さんに行くのもいいと思います。

田舎歯医者

Q大阪の歯医者について。

大阪でよい治療を行ってくれる歯医者を探しています。自分で歯の事を調べれば調べるほど、自分の通っている歯医者の治療に疑問を抱くようになりました。色々先生と話した結果、駄目だと思い歯医者をかえようと思っています。

大阪には大阪歯科大学附属病院と大阪大学歯学部附属病院があります。どちらも教育機関で研修を兼ねているそうなのですが、おおむね合格点に達した治療は行ってくれると考えていいのでしょうか?

インターネットを使えば近所の歯医者は物凄い数出てくるのですが、一軒一軒回るわけにもいきません。色々なサイトを見たのですがどこも似たりよったりで・・・。悩みつかれて上記の二つにしようかなと思ってます。

大学の附属病院の一般的な治療方法や、上記二つの病院の評判などを知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

以前、大阪に住んでいたことがありますがもし、
通える距離に大阪歯科大学の附属病院があるので
あれば大阪歯科大学に行くことをおすすめします。
大阪で一番高度な治療を受けられると考えて
まず間違いありません。

ご存知のように最近は歯科医数が非常に多く
だぶついています。以前のように
開院すれば患者が勝手にやってきてくれるという
状況ではありません。倒産する歯科医院もかなり
多いです。運悪く、不健全な歯科医院に通院する
ことになる可能性も十分あります。

2ちゃんねるに病院・医者板というのがあり、
そこに現役の歯医者が集まるスレなどがありますが、
読んでいると恐ろしくなるようなことが色々
書かれていますよ・・・。

このようなことを考えると、大学の附属病院に
通うほうがリスクは少ないです。歯と言うのは
自然に治りませんし、一度削ってしまったり
抜いてしまった歯は二度と元には戻りません。
歯医者選びというのは人生を左右する大きな
事です。安易に近場の歯科医院に何も考えずに
通院していると、軽々と神経を抜かれ、歯を抜かれ
とんでもない状態になっている可能性も十分に
考えられます。

大学の附属病院には紹介状がなくても普通に誰でも
通院できますので一度行かれるとよいでしょう。

よい治療を受けようと思えば、患者が賢くなる
必要があります。これに尽きます。

参考URL:http://society3.2ch.net/hosp/

以前、大阪に住んでいたことがありますがもし、
通える距離に大阪歯科大学の附属病院があるので
あれば大阪歯科大学に行くことをおすすめします。
大阪で一番高度な治療を受けられると考えて
まず間違いありません。

ご存知のように最近は歯科医数が非常に多く
だぶついています。以前のように
開院すれば患者が勝手にやってきてくれるという
状況ではありません。倒産する歯科医院もかなり
多いです。運悪く、不健全な歯科医院に通院する
ことになる可能性も十分あります。

2ちゃんねるに病院・...続きを読む

Q歯医者で神経をぎりぎりのこせる状態だと言われ、治療した歯が痛む時はどの

歯医者で神経をぎりぎりのこせる状態だと言われ、治療した歯が痛む時はどのような痛みなのか?
またそれはおさまることがあるのか?
について教えて下さい

Aベストアンサー

歯の神経は実は血管と神経が一緒になった「歯髄」と言うものです。
歯髄を残した場合の神経は炎症を起こした状態になっています。
炎症と言うのは血管に多くの血液が集まって腫れている状態です。
治療初期の段階で痛みがなくても歯髄は確実に炎症を起こしています。
この状態で冷たい刺激や暖かい刺激が加わると痛みが出ます。これを誘発痛と言います。
それ自体痛みを発しなくても、持続的な刺激が加わり続けると歯髄はストレスを感じ、炎症が強くなります。
この炎症によって血管が大きく膨れ上がると神経を刺激するので、何もしなくても痛みを感じます。これを自発痛と言います。
この初期段階までは消炎剤を飲むとか、冷やして血管の腫れを抑える事で、血流が正常に戻れば歯髄も健康になります。同時に痛みも消えます。
歯の血管や神経は根の先の小さな穴から出入りしています。炎症を起こし血管が膨らむと小さな穴を圧迫します。つまり自分の首を絞めているようなものです。
炎症が限度を超え、歯髄の血流が滞ると、最終的に歯髄は死んでしまいます。死んでしまえば何も感じないので、痛みも消えます。
つまり、治療後に痛みが出て後に消えた場合、歯は健康を取り戻した場合と、死んでしまった場合のいずれかということです。

歯の神経は実は血管と神経が一緒になった「歯髄」と言うものです。
歯髄を残した場合の神経は炎症を起こした状態になっています。
炎症と言うのは血管に多くの血液が集まって腫れている状態です。
治療初期の段階で痛みがなくても歯髄は確実に炎症を起こしています。
この状態で冷たい刺激や暖かい刺激が加わると痛みが出ます。これを誘発痛と言います。
それ自体痛みを発しなくても、持続的な刺激が加わり続けると歯髄はストレスを感じ、炎症が強くなります。
この炎症によって血管が大きく膨れ上がると神経を刺...続きを読む

Q神経治療後、脈打つような拍動を感じる

神経を抜いた時も、なかなか痛みがとれず、銀歯をかぶせるまでに
1年ほどかかりました。
その約1年の間は、消毒等で週に1回ほど、根気良く通い続けました。

それで、やっと痛みもなんとか治まり、無事治療を終えて、半年ほど経ちます。

ですがここ1、2ヶ月、特に夜(寝ようと思い布団に入った時など)に、
治療した銀歯の部分に、中から押されているような圧迫感と
脈打つような拍動を毎日感じます。

これは、誰でも感じる症状なのでしょうか?

上記の症状があるものの、痛みは感じません。
中から押されているような圧迫感のせいか、
中で押しているものを出してほしいというか、突いてほしような感じです。

痛みがないので、一時的なものなのかなと思い、様子をみてきたのですが
即歯医者に行った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

治療の内容がはっきりしないので、断言は出来ませんけど・・
治療中に、なぜそうなっているかの説明はなかったんでしょうか?
麻酔して神経を取ったのであれば基本的に根は非感染なので、出来るだけ早く密閉するのが基本です。出ないと感染させてしまうからです。
感染した根の場合は、消毒するので時間がかかります。いずれにせよ説明義務があるので、説明されていなければなんで一年もかかったかが分りませんね。

一つだけ確かめたいのは、根の長さを測定したかどうかです。
治療中にピーとか音の出る器具を使ったでしょうか?あるいは器具をさしたままのレントゲンを撮ったでしょうか?
何かしらの方法で根の長さを計ったかどうかは重要になります。

鼓動にあわせた痛みを感じる多くの場合は血管を傷つけているか、健康な組織を傷つけているということです。
可能性は幾つもありますが・・
長さを測定していない場合は、器具が根を突き抜けて、周囲の組織を傷つけている事が考えられます。
も一つは逆に先端までキチンと治療できていない場合です。この場合は神経が残ってしまう事になります。
これに近いもので神経が枝分かれしている場合があります。
いずれの場合も治療しようとすると痛みを感じる事が多いです。また傷を治すために血液が集中するのでドクッドクッという痛みが出る事があります。組織をキスつけたり反応が強いと、きつい痛みになる場合が在ります。

麻酔して生きている神経を抜いた場合は、神経は生きているので傷つけば直そうとする作用が起きます。
ですから通常であれば痛んで当たり前なんです。
歯医者はそれを痛まないようにしているだけですから、人によっては痛む場合もあります。
「痛む治療は腕が悪い」などと言っている歯医者はこの仕組みを知らない者です。
しかし、通常の場合は長い人でも1ヶ月ほどで消えて行きます。
多少反応の激しい人でも消炎鎮痛剤で軽減する事が多いのですが、歯医者の中には極端に薬に頼る事嫌う者が居ます。なかには薬を出す事が未熟だというものまでいるので気をつけましょう。

化膿している歯の治療では長くかかる場合もあります。特に血糖値が高い人や、他に蓄膿などの可能性疾患を持っている人、傷口がすぐに化膿する人は体の抵抗力や自然治癒力が低いので長く罹ります。
また酒や甘いもの好きな人も、当分は体の抵抗力を下げるので注意が必要です。

案外治療に一生懸命になってしまうと、治癒過程での痛みを消そうと、何度も治療を重ね、逆にその刺激で痛みが続くこともあるんです。だからそれは未熟といえば言えますが、判断の難しいところでもあるのです。

断言は出来ませんが、現状は内圧が高まっていると思われます。
担当医が処方を出さないのであれば、他院に行くしかありません。
同じ歯医者であれば根の治療代は支払わねばなりませんが、土台から冠のセットまでは2年を経過していないので無料となります。(自費を請求すること、自費治療を強要する事は違法行為です)

ただ個人的意見として、治療内容の説明が無い、根の長さを測定していないということであれば転医する方がイイと思いますけど。お金の問題より治療内容でしょう。

治療の内容がはっきりしないので、断言は出来ませんけど・・
治療中に、なぜそうなっているかの説明はなかったんでしょうか?
麻酔して神経を取ったのであれば基本的に根は非感染なので、出来るだけ早く密閉するのが基本です。出ないと感染させてしまうからです。
感染した根の場合は、消毒するので時間がかかります。いずれにせよ説明義務があるので、説明されていなければなんで一年もかかったかが分りませんね。

一つだけ確かめたいのは、根の長さを測定したかどうかです。
治療中にピーとか音の出る器具を使...続きを読む

Q銀歯の下の虫歯ははずさないとわかりませんか?

最近、右下の歯が時々痛みます。

そこは、4年ほど前に深い虫歯になり治療した歯で(神経はあります)
銀が詰めてあります。

気になったので歯医者で見てもらいましたが
レントゲンでは異常なく、
「もしかしたら銀歯の下が虫歯なのかもしれないけれど、はずしてみないとわからない」と
言われました。
私としては、それで確認出来るならそれもありかなと思っているのですが、
「深く削ってあるから、新たに銀を入れ替えるとなるとさらに削らないとなので
神経に近くなってしまう」みたいな事を言われました。

もし銀歯をはずして、虫歯がなかったとしても、新たに銀をつめる場合は
削らないといけないのでしょうか?
そう考えると、様子を見たほうがいいかなとも思うのですが
痛みが本格的になってから治療するとなると、神経を抜く事になってしまいそうで不安です。

どなたか詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がないし、ダイヤモンドでも直ぐだめになる。注意深く除去すれば時間もかかるので、歯を削って除去する歯医者のほうが多いんです。

しかし、除去時にまったく歯に触れないでいいかといえば“絶対”とはいえませんし、その後、古いセメントの除去や形の修正で歯をまったく削らないでイイとは言い切れません。つまり「やってみないと判らない」のです。
それに削る穴や土台の形も結構歯医者によって好みがありますからね、納得して責任ある治療するためにはある程度の修正はやむをえないでしょう。

もちろん神経を抜かないで済むように努力はするでしょうが、絶対などということはいえないのです。
逆に「絶対」などと安易に言う歯医者は気をつけたほうがいいかもしれません。

でも、時折痛むならはずしたほうがいいと思います。
虫歯になっている可能性もあるし、金属は熱伝導がいいので、神経に熱刺激によるストレスが溜まっている可能性もあります。
もしこれらの状況があれば、いずれ歯は何もしないときでも痛みを発する可能性が出てきます。
そうなると根の治療をしなければならなくなるので確認したほうがいいと思いますよ。

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がない...続きを読む

Q根管治療で、仮詰め→数日後激痛→開放の繰り返し

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われたため、
次の予約を待たずに飛び込み受診、再び開放され、今に至ります。

仮詰めするときは、根管を洗浄して無菌状態にして塞いでいる、と説明を受けましたが、
2~3日という僅かな間に再び膿が溜まるということは、バイ菌を取り切れていないまま
塞いでしまっているということなのではないでしょうか?
そうではなく、どこかからバイ菌が侵入して炎症を起こしているのでしょうか?

今後の見通しを聞いてみると、状態はかなり悪いと言わざるを得ず、
最悪抜歯になるとのことでしたが、
現状のように、仮詰めしては激痛を繰り返す(開放中には痛みがない)のは、
いったい何が原因なのでしょうか?

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の歯の状態は急性化膿性根尖性歯周炎と思われます。人によっては7日~1

0日痛みが続く場合がある歯科の痛みでも痛い方に分類されます。文章から考

えられる不適当なことは歯科医の治療は妥当であるが排膿のため開放した後、

次回までの予約期間が長いことです。急性であるから慢性時のような排膿はな

く状態収まるまで2~3日毎ガス排除させる必要性があります。慢性の状態にな

ると切開排膿しやすくなり一段と落ち着くと思われます。今は根管内の圧高ま

っては開放するという悪循環になっていると思われます。組織変性抑えるとと

もに口腔外科で入院切開ならないよう抗生剤の投与が必要で重篤にならないよ

う早期に対処することが望まれます。仕事も大事ですが歯科医が望む治療日で

治療されるのが悪化しない方法と思われます。


人気Q&Aランキング