利用規約の変更について

タイトルそのままです。

社会福祉主事と社会福祉主事任用資格の違いってあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

社会福祉主事は、地方公共団体(都道府県[郡部]・市区町村)に置かれる「福祉事務所」に必ずいなければならず、社会福祉行政全般の実務のまとめ役をします。


行政の現場に入って初めて名乗れる資格です。
言い替えると、公務員試験に受かって、かつ、福祉事務所に入って「社会福祉主事としての仕事をして下さいよ」という辞令が出て、初めて資格が意味を持ちますし、仕事ができます。

社会福祉主事任用資格は、「もし、公務員試験に合格して採用されれば、社会福祉主事となれるだけの条件はありますよ」ということだけを認める資格です。
公務員試験に合格しなければ、社会福祉主事としての仕事はできませんし、名乗れません。
また、公務員試験に合格したところで、福祉事務所に配属されて、かつ、社会福祉主事としての辞令が出なければ(任用されなければ)意味がありません。

要するに、社会福祉主事任用資格といったときには、「行政マンとして最低限の知識だけは持ってますよ」ということを示すに過ぎないんです。
3科目主事と揶揄されるんですが、大学等で社会学・教育学・心理学を履修しさえすれば、社会福祉の知識がなくとも現場を知らなくとも、任用資格だけは取れてましたからね(いまはもう少し違うようです。)。
そんな裏事情もあるので、正直、現場(福祉施設など)では「福祉のことをよくわかっていない人」と下に見る傾向は強いですし、任用資格だけでは採用を躊躇する所も多いです。
    • good
    • 3

 皆様のお答えのとおりですが、例えば、医療ソーシャルワーカーとして5年間働いたとき、社会福祉主事任用資格を持っていれば、介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得ることができます。



 このように、社会福祉士という国家資格ができるまでは(できた後も)、「社会福祉の一定レベルの知識のある人」という意味が社会福祉主事任用資格にはありましたので、公務員にならなくても、その「資格」のおかげで助かった人も大勢います。

 ご参考まで。
    • good
    • 6

役職と資格でしょう。



社会福祉主事として採用されたり、配置転換任命などを受けて社会福祉主事となるためには、社会福祉主事任用資格が必要ということでしょう。

名前のままですね。
    • good
    • 0

社会福祉主事は、社会福祉主事任用資格を得て、当該地方公共団体(市役所の福祉事務所等)の社会福祉主事に任用されてはじめて名乗ることができます。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会福祉主事任用資格

私は三科目主事としてデイサービスで生活相談員として働いてきましたが、
社会福祉主事任用資格として履歴書に書けないのではないかといわれましたが、
本当でしょうか?生活相談員としては働けるが社会福祉主事ではないといわれます、
新しい仕事先に生活相談員として働きたいと思っていますが、なんてかけばいいのか困っています。

Aベストアンサー

確かに社会福祉主事ではないですね。それは職種ですので。
でも三科目主事でも社会福祉主事にはなれますので、社会福祉主事任用資格はあります。元々行政で社会福祉主事に任用するためにいろいろな研修とか受けずに社会福祉主事にするための任用資格なので、とりあえず大学を出ていればかなりの人が任用資格は持っています。あくまでも任用資格なので社会福祉主事の業務をするわけでもないので、資格としてはあるということで良いです。当然国家資格である社会福祉士などと比べればあってないような資格ですけど。

Q社会福祉主事任用資格と受験資格の違いとは?

社会福祉主事任用資格と社会福祉士受検資格の違いはどう違うのでしょう?自分は4年生大学の文系を卒業してから、通信の社会福祉専攻科を卒業して、受験資格はもっているのですが、大学のときに取得した単位で社会福祉主事任用資格ももてるということで、成績表をとりよせて、調べてみたのですが平成12年に厚生労働省のほうで指定する科目がかわってます。自分はちょうど、12年の3月に卒業しているので、新しいほうには当てはまらないとおもいますが、それ以前の指定されている科目でも、読み替えはかのうなのでしょうか?一応、可能だとすれば法学、経済原論、経済政策原論があてはまります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1で記したとおり、平成12年4月1日から指定科目の変更が生じており(介護保険法の施行に合わせた形になっています)、同時に、次のような扱いが行なわれます。

1.平成12年3月31日までに旧指定科目(32科目)を履修して卒業した者
⇒ 旧指定科目が適用されます。
⇒ 履修科目名と旧指定科目名とが一致している必要があります。
⇒ 科目名の読み替えは認められません。
(厚生労働省社会・援護局に確認済)

2.平成12年4月1日以降に入学して履修を始めた者
⇒ 新指定科目が適用されます。
⇒ 一定の範囲内で科目名の読み替えが認められます。
(厚生労働省通知に基づくもの … #1で記したとおり)

3.平成12年4月1日現在で大学に在籍していた者
⇒ 新・旧どちらの指定科目でもOKです。
(平成12年度在籍者に限る経過措置です。)

>平成12年3月までに卒業していると、3科目主事に必要な科目名は完璧に一致してないといけないのでしょうか?

はい。
そのとおりです。

>たとえば、法律学であれば、法学ではだめなのでしょうか?

法律学と法学は別のものである、と解されます。
「法律学←→法学」という読み替えが認められるのは、あくまでも平成12年4月1日以降に履修した者に限ります。
経済原論、経済政策原論についても、全く同様です。
したがって、ご質問を拝見した限りでは、「指定科目(旧指定科目)の履修がなされていない可能性が高い」、と言わざるを得ないように思います。

大学等での履修科目名や社会福祉関係の指定科目名には、それぞれきちんと基準があります。
大学等が任意に名前をつけているわけではありません。
ですから、それぞれの履修科目名が指定科目名と一致しているかどうかはきわめて重要です。

社会福祉主事は任用資格ですから、率直に申し上げて、現在ではほとんどメリットがないのが実情です。社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士等の国家資格の取得を考えるほうがまだマシです。
なお、年齢的な条件等もありますし、厳しい割に報われることが少ない仕事でもあります(一般的に低賃金)から、『「どうしても福祉に骨をうずめたい!」という気持ちがよほど強くない限り、社会福祉職、特に現業職(介護職およびケースワーカー)は奨めたくない』というのが、正直な気持ちです。

#1で記したとおり、平成12年4月1日から指定科目の変更が生じており(介護保険法の施行に合わせた形になっています)、同時に、次のような扱いが行なわれます。

1.平成12年3月31日までに旧指定科目(32科目)を履修して卒業した者
⇒ 旧指定科目が適用されます。
⇒ 履修科目名と旧指定科目名とが一致している必要があります。
⇒ 科目名の読み替えは認められません。
(厚生労働省社会・援護局に確認済)

2.平成12年4月1日以降に入学して履修を始めた者
⇒ 新指定科目が適用されます。
⇒ 一定...続きを読む

Q45才から社会福祉士、精神保健福祉士を取ることについて

はじめまして。45才の専業主婦です。
何か人の役に立つ仕事がしたかったのですが、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取ることを勧められました。
年齢を考えると体力的に現場は続かないので、こういう資格を取ればデスクワークで65才まで働けると教わりました。
短大卒業後、一般企業につとめたあとやめてからは特別仕事をしていません。福祉の仕事経験も皆無です。
2年間通信制の大学で受験資格が取れるそうですが、費用が80万くらいかかるようです。
うまく資格まで取れたととして就職があるのか心配です。これから伸びる分野だということですが…
3月から願書受付が始まりますが悩んでいます。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の者ですが、ケアマネからスキルアップで資格(社会福祉士)を取る方居ましたが、介護現場10年のベテランの方です。
 資格を取るのと仕事をするのは全く別世界です、施設長介護担当課長など管理職も30代後半です。
 社会福祉士で仕事につく子は4年生大卒ばかりで、学生時代YMCAなど社会支援活動をしてきたなど、スタートラインが一般学生とは全く違い真剣に社会弱者と言われる方に親身な支援をしますし、対応事態がも低姿勢で優しい言葉掛けをして来ます。
 ついつい、健常者から見れば出来ない事も頭ごなしで言いますが社会福祉系に来る学生に中には、何が出来ないのか、何を求めて居るのか細かい心配りで優しい対応をする姿を見ると、弱者ではない一人の人間としての尊厳として接する原点を教わることが多々あります。
 
 福祉の原点ははっきり書けば仕事の割に実入りは少ない、サービス残業は多いし肉体労働です。
 余程の気長さが無いと障害者の方の行動はしんどいです。
 体を壊す者、精神面に相当な物を覚悟しないと持続は難しい精神疾患で倒れる人を何人か見てきています(優しい心故、全てを受け入れ潰れると思っています)目先の事考えるなら、止めた方が良い決して給与も高くないし肉体労働、定時には帰れない。

 先にも書きましたが、現場を知る、知的障害、老健施設を覗くとスタッフの動き心配りが一番分かります。
 ボランティアで経験をして見てからでも遅くないと思います。
 

#3の者ですが、ケアマネからスキルアップで資格(社会福祉士)を取る方居ましたが、介護現場10年のベテランの方です。
 資格を取るのと仕事をするのは全く別世界です、施設長介護担当課長など管理職も30代後半です。
 社会福祉士で仕事につく子は4年生大卒ばかりで、学生時代YMCAなど社会支援活動をしてきたなど、スタートラインが一般学生とは全く違い真剣に社会弱者と言われる方に親身な支援をしますし、対応事態がも低姿勢で優しい言葉掛けをして来ます。
 ついつい、健常者から見れば出来ない...続きを読む

Q社会福祉主事と社会福祉士の違いを教えて下さい。

また、両者にどのような就職先があるのかも教えて欲しいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

社会福祉主事は大学で社会学、心理学、教育学、法学などこんな感じの単位を3科目取っていれば取れる資格です。つまり、文系の学科に行けばとれちゃうって感じの資格です。俗に3科目主事と言います。
役所のケースワーカーになるためにはこの資格がいるようになりますが、この資格を持っているからと言って何らかの就職が有利になると言う感じでもないと思います。社会福祉主事を持っているからと言って社会福祉を勉強したと言う事にはならないからです…。
ちなみに、任用資格です。
社会福祉士は社会福祉受験資格を得られる大学(福祉系大学)で規定の単位を取得するか、一般大学を卒業し、1年間の養成校に行く、などの受験資格を得る道があります。相談援助の基本資格だという性格が強いので、相談員、ソーシャルワーカーの募集に社会福祉士取得を条件にするところが増えています。
高齢者の施設、障害者の施設、デイサービスなど在宅サービス、在宅介護支援センター、病院などのソーシャルワーカーが就職先となると思います。
ただ、採用となると厳しいです。

参考URL:http://www.aosyakyo.or.jp/fukusi_si/sigot_17.html

社会福祉主事は大学で社会学、心理学、教育学、法学などこんな感じの単位を3科目取っていれば取れる資格です。つまり、文系の学科に行けばとれちゃうって感じの資格です。俗に3科目主事と言います。
役所のケースワーカーになるためにはこの資格がいるようになりますが、この資格を持っているからと言って何らかの就職が有利になると言う感じでもないと思います。社会福祉主事を持っているからと言って社会福祉を勉強したと言う事にはならないからです…。
ちなみに、任用資格です。
社会福祉士は社会福祉受験...続きを読む

Q「社会福祉主事任用」と書く?「受験資格」と書く?

現在就職活動中の20代後半の女子です。
履歴書の資格欄へ書くことについてです。

大学で福祉系の科目を履修し、
卒業と同時に「社会福祉士国家試験受験資格」を得ました。
履修した科目によって自動的に「社会福祉主事任用資格」も得ていることになります。

国家資格は受験資格だけで「社会福祉士」の資格を
持っているわけではありません。

履歴書の提出先が福祉職ではなく書類選考があります。

「任用資格」よりは「受験資格」の方が取得するのは努力がいりますし、
その努力と福祉の視点を利用して「志望の動機」も考えているので
資格欄を空白にするのは避けたいと思っています。

ただ「受験資格を持っているなら任用資格を持っているのが当たり前」だと
先方がわかってくれればいいのですが、
福祉関係の職場以外ではあまり知られていないことですよね?
面接なら説明することもできるのですが、 
まず書類選考なので迷っています。

「社会福祉主事任用資格」と「国家試験受験資格」の
どちらを書いた方がより良く受け取られるでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

現在就職活動中の20代後半の女子です。
履歴書の資格欄へ書くことについてです。

大学で福祉系の科目を履修し、
卒業と同時に「社会福祉士国家試験受験資格」を得ました。
履修した科目によって自動的に「社会福祉主事任用資格」も得ていることになります。

国家資格は受験資格だけで「社会福祉士」の資格を
持っているわけではありません。

履歴書の提出先が福祉職ではなく書類選考があります。

「任用資格」よりは「受験資格」の方が取得するのは努力がいりますし、
その努力と福祉の視点を利...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

提出先が福祉関係でないのであれば、
両方書くのがいいと思いますよ。

せっかく書くのであれば、両方あればそれだけで
わからない人にも「頑張っているな」というのは
わかります。

受験資格があるので任用資格もあるよ、と
わかってくれる人ばかりではありませんから、
書かなければ損でしょう。
また、わかっておられる人がみれば、「任用資格」に
ほとんど意味がないこともわかるでしょう。
どちらかといえば、受験資格があることの方が重要になってきます。

もし、社会福祉士の試験を受験されるのであれば、
「取得見込み」と書くのもよいと思いますよ。

以上、ご参考までに。

Q介護職員処遇改善交付金について質問です。

職員1人当たり15000円いただけると聞きましたが、その金額は1月につきでしょうか?

職員とはパート職員も含まれるのでしょうか?

私の施設では事務員介護職員にも分配されたと聞きましたが、

そのようなことは良いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

介護職員処遇改善交付金は、介護職員に対して常勤換算一人当たり15000円を目処に介護報酬の額に所定の比率を掛けて支給されています。

ただし、15000円には事業所が負担する肯定福利厚生費も含まれるので、受け取る額は月額にして12000~13000円程度です。

支給について、毎月支給してもいいですし、賞与に上乗せする事も可能です。
年度末に一括して支給する方法も有ります。

介護職員に平等に配分する必要はありません
役職者や勤続年数の長い職員に手厚くして、新人やパート職員に支給しない事も認められています。
問題は、支給総額(福利厚生費を含む)が交付金を上回る必要があります。

対象者は、介護職員に限定されます。
事務員でも、食事介助や見守りを行って介護職員として常勤換算に加わっている方は支給対象に入れる事ができます。
看護師でも基準を超えて採用している職員を介護職員と兼務して常勤換算していれば支給対象に入れる事ができます。

しかし、看護職員専任、生活相談員、栄養士(専任)、管理者(専任)、計画作成担当者(専任)の場合は介護職員として常勤換算されていないので、交付金を分配する事が出来ません。
*もし、勝手に交付金より分配した場合は返還請求されます。

ただし、事業所が交付金と別枠で管理者、生活相談員、看護職員等に金銭を支給する事は可能です。
それと、交付金は職員の待遇改善の為に支給するので、他の用途に使用する事はできません。
*用品用具を購入したり、研修会費用などは認められません。

本年10月までにキャリアパスに関する制度を定めて届出をしなければ最大20%の減額が決まっています。


●私の事業所では
一時金で支給しました
パート職員、試用期間中の職員は対象外として支給していません。
管理者、生活相談員、看護職員は別枠で同程度以上の一時金を支給しました。
今回は4カ月分なので大きな格差をつけませんでしたが、次年度は格差を付けます。
12カ月分だけど、基本を本年度と同額にして、役職・勤続年数・経験年数・資格・勤務評定で数倍の差を考えています。
来年度は、パートさんでもリーダーには支給を検討しています。

ま、賞与だって施設開設以来、年間で3~5か月支給しているので、頑張る職員には報いる努力をしていますよ。(だから定着率もいいです)

介護職員処遇改善交付金は、介護職員に対して常勤換算一人当たり15000円を目処に介護報酬の額に所定の比率を掛けて支給されています。

ただし、15000円には事業所が負担する肯定福利厚生費も含まれるので、受け取る額は月額にして12000~13000円程度です。

支給について、毎月支給してもいいですし、賞与に上乗せする事も可能です。
年度末に一括して支給する方法も有ります。

介護職員に平等に配分する必要はありません
役職者や勤続年数の長い職員に手厚くして、新人やパート職員に支給しない事も認められて...続きを読む

Q社会福祉主事資格認定取得期間はどのくらい?

社会福祉主事資格認定を得る為に必要になる日数は何日でしょうか、社会福祉協議会で受けれる3科目取得の場合に
は何日くらいかかるのでしょうか?福祉の職場に働いておられる方で経験をお持ちの方にお聞きしたいのですが
よろしくおねがい申し上げます。通信教育ではなく通学をする場合を教えて下さい。

Aベストアンサー

#1です。
全国社会福祉協議会・中央福祉学院で開催している通信課程のようですね。
http://www.progress.co.jp/members/jinsyakyo/topics/topics40.html
これですと、受講期間は1年間で、面接授業は5日間となっています。
レポートや面接授業など、仕事をしながらだと大変だと思いますが、がんばってください。
わたしも社会福祉士の受験資格をとるために1年半通信講座(2週間の面接授業を含む)を受けました。月に2つのレポートは大変でしたが、そのときの勉強は現場で生きています。

Q社会福祉士と精神保健福祉士って・・・

私は24歳の男です。この4月から福祉系の通信大学に入学したのですが、希望者は社会福祉士か精神保健福祉士のどちらか、または両方の選択科目履修により国家試験受験資格が得られるそうです。しかし、両方の同時取得は相当難しいと思いますのでどちらか一方に絞りたいと考えています。介護関係の仕事をしていたこともあり社会福祉士のほうの仕事内容などはなんとなくわかるのですが、精神保健福祉士についてはよく知らないのです。そこで、1)どういったことを学び、どういった仕事内容になるのか?2)ぶっちゃけた話どちらが給料がよいのか?
十分社会経験もあり、どちらの仕事も甘くないことは理解しています。それは踏まえたうえで客観的なご意見をください。
お願いします。

Aベストアンサー

元・障害者施設中間管理職からのアドバイスです。
(勤続15年で、諸事情により一般企業に転職いたしました。)

精神保健福祉士は、比較的近年にできた国家資格です。
精神障害者社会復帰施設、精神科病院等で活躍しますが、精神障害者社会復帰施設については、法律上必置義務があります(但し、経過措置があって、諸体制が整うまでの猶予期間が設けられています。)。
ちなみに、医療機関で活躍する場合には、PSW(精神科ソーシャルワーカー)と呼ぶことがあります。

どういう仕事をするのか、と言いますと、おおよそ以下のような感じになります。

1.精神障害者のための施設(これを一般に「精神障害者社会復帰施設」と総称します。)、たとえば作業所やグループホームなどでの作業訓練や生活訓練を通じて、精神障害者の社会復帰のための基礎づくりを行なってゆく
2.精神障害者の社会復帰のためのプランづくり
3.精神障害者社会復帰施設または精神科病院等に付帯するデイケア施設(日中軽活動施設)での援助、および社会復帰に向けての環境づくり(企業訪問等)
4.諸資源の活用の援助(例:精神保健福祉法第32条に基づく精神科通院医療費公費負担制度の利用手続、精神障害者保健福祉手帳の申請手続等)
5.通院・入院の際の連絡・調整

勤務先が福祉分野と医療分野とに2分される、という傾向がありますが、臨床心理士や精神科医などとは違います。
ですから、決して心理職や医療職として活躍するものではなく、あくまでもケースワーク業務(つまりは福祉職)担当にしか過ぎない、ということを理解しておく必要があるでしょう。
言い替えると、「自分が精神疾患を分析・診断・治療する」などといった気持ちで臨んではいけませんし、仮にそういう気持ちを持つとしたら、それは大きな誤りです。
精神保健福祉士は、福祉の方面で側面から精神障害者をサポートする、というのがその仕事です。

学習する内容ですが、社会福祉士とかなり重複する部分が多いです(社会福祉一般から応用、地域福祉、グループワーク等に至るまで。)。
精神保健福祉士では、これに加えて、当然のことですが、精神衛生学、精神医学、臨床心理学、向精神薬の基礎知識等も学習します。基礎的な精神医療の知識が必須です。
また、精神保健福祉法は福祉関係の法律の中ではかなり異色の法律(具体的には、ぜひ自分で調べてみて下さい。)なので、そのあたりもしっかりマスターする必要があります。
率直に言って、相当幅広く学習する必要がありますから、社会福祉士よりもハードです。国家試験合格率も高くありませんし(過去を平均すると、合格率は3割前後です)。

給与面では、それほど大差はありません。
しかしながら、認知度・知名度という点では社会福祉士のほうがいいですし、また、精神保健福祉士の求人自体、数がきわめて少ない(精神障害者社会復帰施設の数が限られている等、精神保健福祉の立ち遅れによる。)ので、民間施設・病院等で働く精神保健福祉士をめざすのは、かなり厳しいかもしれません。
そのため、できれば、精神保健福祉士資格を活かして専門の相談機関や研究機関等で働く専門職公務員をめざしたほうがよいのではないか?、と思います(社会福祉士についても同様)。

年齢的・学歴的な条件から就職のことを申し上げますと、正直申し上げて、卒業時に30歳近くになり、しかも通信制ということで、かなり不利になるのは否めません。
年齢および所持資格が高くなればなるほど、当然それだけの高月給を用意しなければなりませんが、現実問題として経営が厳しい施設・病院等が大半ですから、少しでも人件費を抑えようと思えば、あまり採用したがらないのが現実です。
これらのことは、あらかじめ承知しておいたほうがよいでしょう。

いずれにしましても、せっかく進学したわけですから、その機会を決してムダにせず、いろいろな角度から社会福祉を学んでいただきたいと思います。
特に、社会福祉は現場での学びがきわめて重要ですから、積極的なボランティア活動を行なっておくことがたいへんな意味を持ちます(そのまま就職につながるケースがとても多いですし、また、そのような就職のほうが、ボランティアをしていた当時からの蓄積が伴うため、後々プラスになりますよ。)。

心から応援させていただきます。
どうぞ頑張って下さいね。

元・障害者施設中間管理職からのアドバイスです。
(勤続15年で、諸事情により一般企業に転職いたしました。)

精神保健福祉士は、比較的近年にできた国家資格です。
精神障害者社会復帰施設、精神科病院等で活躍しますが、精神障害者社会復帰施設については、法律上必置義務があります(但し、経過措置があって、諸体制が整うまでの猶予期間が設けられています。)。
ちなみに、医療機関で活躍する場合には、PSW(精神科ソーシャルワーカー)と呼ぶことがあります。

どういう仕事をするのか、と言...続きを読む

Q社会福祉士と介護福祉士の違いは?

社会福祉士と介護福祉士の違いは何なのでしょうか?
あまり内容が変わらないように見えるのですが。。。
また取るとしたらどちらが有効でしょうか?

Aベストアンサー

社会福祉士は、援助が必要な人に対して相談に乗るための仕事で、福祉関係の法律や制度、心理学などについて、熟知している必要があります。一般的に福祉系の大学や専門学校を卒業しなければ、受験資格は得られません。試験も、かなりむずかしいです。

介護福祉士は、高齢者や身体が不自由な人を介護する仕事で、つまりは肉体労働です。3年間の実務経験や、福祉系の高校、高校専修科などを卒業すれば、国家試験の受験資格ができます。国家試験の内容は、社会福祉士に比べれば、はるかに簡単です。また、2年以上の介護関係の専門学校や短大を卒業すれば、国家試験を受けなくても資格を与えられます。私の知り合いは、社会福祉士の国家試験に5年くらいかけてやっと合格しましたが、その間、試しに受けてみた介護福祉士は、一発で合格しました。

ぶっちゃけていえば、社会福祉士は知的な能力が求められていて、資格を取るには学歴、国家試験を含めて勉強が大変です。介護福祉士は、どちらかというと肉体労働で、知識としては最低限のものがあればよく、ただ、実技試験に合格するか、または実技講習を受講しないと合格できません。

資格を取ったとして、就職をしやすいのは、介護福祉士だと思います。ただ、キャリアを積んでいったあとで、介護施設などで責任ある地位に上がっていくのは、社会福祉士の方が多いかもしれません。でも、そのためには、社会福祉士であっても、相談業務や事務仕事しかしないというのではなく、介護の現場で経験を積むことが求められるケースが多いようですね。

福祉の仕事は、きれいごとではできません。本格的に福祉の仕事に関わっていくつもりであり、学力や経済力に余裕があれば、社会福祉士を目指すのもいいのですが、ともかく現場に飛び込んでみるというのなら、まずは介護福祉士かと。

ちなみに、介護福祉士でも社会福祉士でも、5年以上の実務経験があれば、ケアマネジャーの試験を受けることができ、ケアマネジャーになれば、それなりの求人や給料などの待遇でも、福祉系にすればよくなると思います。

なお、ホームヘルパー2級、3級というのは、一定の講習を受けた人に認められるもので、国家試験などはありません。仕事の内容は介護福祉士とほぼ同じと考えていいと思いますが、簡単に取れる分、介護福祉士よりは評価されません。

ただ、最近はホームヘルパー2級程度の資格がないと、ホームヘルパーや介護職員として採用しないという職場が多いようです。転職などの場合、ホームヘルパー2級の講座を受講して資格を取り、それをもとに就職して3年以上の実務経験を積み、介護福祉士の国家試験を受験して資格を取る。さらに2年以上の実務経験を積んで、合計介護で5年以上の実務経験を積み、ケアマネジャーもとるというパターンが多いように思います。

相談業務や福祉の仕事全般に興味を持った人は、通信教育や夜学で勉強して、社会福祉士を取る場合もあります。

もし、あなたが社会人ではなく高校生か何かで、これからの進路を考えておられるのであれば、介護福祉士ならそのための専門学校や短大、社会福祉士なら福祉系の大学に進むのが、一番確実な方法かと思います。

それから、介護福祉士も社会福祉士も、国家資格とは言えば、それだけの技能や知識がありますと保証する資格にすぎません。資格のないひとでも似たような仕事をすることは、可能です。看護師、薬剤師などの医療系の資格は、資格を持っている人でないとその仕事をすることが法的に認められていないわけで、資格の重さは全然違うことも、認識しておかれたほうがよいでしょう。

社会福祉士は、援助が必要な人に対して相談に乗るための仕事で、福祉関係の法律や制度、心理学などについて、熟知している必要があります。一般的に福祉系の大学や専門学校を卒業しなければ、受験資格は得られません。試験も、かなりむずかしいです。

介護福祉士は、高齢者や身体が不自由な人を介護する仕事で、つまりは肉体労働です。3年間の実務経験や、福祉系の高校、高校専修科などを卒業すれば、国家試験の受験資格ができます。国家試験の内容は、社会福祉士に比べれば、はるかに簡単です。また、2年以上...続きを読む

Q社会福祉主事の履歴書の書き方について質問です。

 生活相談員(デイサービス関係)の仕事につくにあたり、社会福祉主事の資格をもっている人も応募できると書いてありました。 私は、4年生大学の法学部を卒業しております。 そこで、成績証明書の単位取得科目を見てみると、社会福祉主事の指定科目、法学、心理学、社会政策、民法、行政法を取得しておりました。 私は、履歴書に社会福祉主事取得と書いてよろしいのでしょうか? もし、書いてもよろしいのであれば、正しい書き方を教えていただけますでしょうか? 勝手に書いていいものなのですか?
 あと、指定科目の民法について質問です。法学部出身だと多分、民法って総則、物権、債権、親族・相続と単位が区切られていると思うのですけど、指定科目の民法ってこの中のどれが、該当するのでしょうか? もしくは全部単位を取得していること前提で民法と書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
 ご出身の大学に依頼すれば、「社会福祉主事任用資格」の証明を発行してもらえます。(もし、該当しなければ、ダメと言ってくださいます。)

 履歴書には、資格の欄に、「社会福祉主事任用資格取得」と書き、卒業年月を記入すれば結構です。

 読み替えについては、厚労省の参照URLをご参照ください。民法は民法概論だけが読み替えが出来るようですので、他の履修科目を探された方が良いようです。

参考URL:http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/140228-u.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報