dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

宅間守・附属池田小事件とは?

想像を絶する凄惨な事件が起きた。
大阪府池田市の大阪付属大学池田小学校に出刃包丁を持った男が乱入。
児童と教師の計23人が刺され、うち8人の児童が死亡した。
殺人容疑で逮捕されたのは元学校職員の宅間守容疑者(37)。
家庭や地域・職場でもトラブルの絶えない、悪評漂う男だった。

事件の概略
惨劇は突然起きた。「知らんおっちゃんが教室に入ってきた」。約15分間の無言の凶行。
格闘の末、先生が男を取り押さえたが、8人の尊く幼い命が奪われた。
悲鳴と泣き声で、教室はパニックとなった―。  
午前10時15分。学校では2時間目の授業が終わろうとしていた。
1~2年生6クラスが並ぶ三階建て校舎の一階。北側は廊下、南側は校庭に面している。
宅間容疑者(37)は通用門に車を止めた。金色に染めた髪、白いシャツに緑のネクタイ。
校庭を横切り校舎東端の2年東組に包丁を持って乱入した。  
「給食の人かな」。ある男児はそう思ったが、すぐに「違う」と考え直した。
出刃包丁に気付いたからだ。「『ハァ、ハァ』と息が荒かった」と別の男児。
佐藤裕之教諭(36)が「外に逃げろっ」と大声を出した。
悲鳴を上げ走りだす児童たち。男は無言で、逃げ惑って転んだ児童を襲った。
教諭がいすを投げつけ、男は校庭側のテラスに。4人が重軽傷を負った。  
次いで隣の2年西組。包丁の赤い血の色が岩崎真季教諭(28)の目に飛び込んだ。
児童が次々に刺され、8人が死傷した。  最も多い5人が犠牲になった、
その隣の2年南組。既に休み時間で、教師の姿はなかった。そこを襲われた。
「馬乗りで刺したとみられる傷もあった」と治療に当たった医師。  「包丁で刺してる」。
助けを求める児童の声に、花壇に水をまいていた担任の河上洋介教諭(27)は教室に向かった。
佐藤教諭と田辺義朗教諭(28)が懸命に男に追いすがるが、田辺教諭は刺され大けがをした。
無人だった2教室を飛ばし、男は西端の1年南組へ。音楽室で授業を終え、
惨劇を知らないまま児童は教室に戻ろうとしていた。
男児の1人は「教室に入ると、友達が倒れ『痛い、痛い』と泣いていた」。床は血の海。
「入っちゃ駄目。逃げなさい」。先生の声に夢中で飛び出した。
背中を切られながらも、同教室内で河上教諭が包丁を持つ宅間容疑者の右手をつかんだ。
顔を切られながらの格闘。矢野克巳副校長(43)が加勢し、包丁を取り上げ足を押さえつけた。
10時25分ごろのこと。ふっと同容疑者の力が抜け、「しんどい、しんどい」と2回つぶやいた。
凶行の間に、副校長らが耳にした同容疑者の唯一の言葉だった。



どう思いますか。
宅間守。
すでにこの男には死刑の執行が行われています。
ところで今日の質問は、
死刑の執行順番です。
現在の死刑囚の数、百三十人超。
ずっと前に判決受けた囚人も居るし、
判決はついこの前という囚人も居ます。
法律では確定から六ヶ月以内に執行となっているらしいですが、
日本には遵法精神の乏しい国会議員先生が多いらしく、
全く守られていません。
そのため本来は確定順で行われる死刑執行が、
全く適当にランダムに執行されてしまっています。
死刑確定囚が毎日、
「今日来るか」
とどきどきしながら朝を迎えるというのは、
罰として考えると、効果があるのかもしれませんけど、
これって残虐じゃないですかね。
やっぱり順番通り、決まった奴からどんどん執行してあの世に送ってやる方が供養になるんじゃないですか。
毎日毎日、
今日か明日かって心臓ばくばく言わせるのは、
命いただいちゃうんだから、
そこまで必要ないと思うのですよ。
執行伸ばしって、実際のところ、
死刑囚をじわじわ痛めつけて、
苦しめるという高等戦術ですかね。
わざとやってるんですかね、法務大臣。

A 回答 (3件)

回答の前に一言言いたいです。

あまりんも悲惨な事件の内容を詳しく書くのは如何なものかと思います。当時、事件に巻き込まれた子供達が、もしこの文を読んだら当時の事をまざまざと思い出すと思います。犠牲になったお子さんの親御さんは改めて痛々しく思うでしょう。やめた方がよいですよ。老婆心ながら。

本題に入りますが、死刑が確定した犯人の中には冤罪を訴え、今も拘置所から「再審請求」をしたり、また「救う会」等が立ち上がって新たな証拠開示なんかを求めてる者もいます。「袴田事件」の袴田死刑囚もその一人ですが、もし死刑執行後に袴田死刑囚の無実の決定的な証拠が出てきたらどうします?これは大問題ですよ。実際「免田事件」「島田事件」「財田川事件」では犯人とされ死刑を言い渡された者が無実である事が判明し、死刑台から戻ってきた例もあるんですからねぇ。

そういった限りなく無罪に近い人はですよ、横に置いといて、明らかにそいつがやったという事案ならば俺は法律に準じて順番に死刑にしていけば良いと思うんです。それは、今日はいよいよ来るだろうか、そろそろ俺の順番か、という精神的拷問にも近い様な状況に置いてほしくないから言ってるのではありません。人を殺めたのです。殺められた人は、被害者遺族は、それ以上に精神的な苦痛を味わっているわけで、それを考えれば、さぁ次は誰か分からないぞ、みたいなこういった方法も良いと思うんです。死刑反対論者は死刑囚の人権がどうこう言いますが、殺された人の人権はまるで無視です。こういった考えには納得ができません。

だから死刑廃止論者を黙らせえる為にも「順番」に、それこそ法務大臣がいつも言う「粛々と執行」していけば良いんですよ。死刑廃止論者は自分の一番大事な人が残虐な殺され方をしても、その犯人を生かしておく事を許せるのでしょうか。俺にはどうも、こいつ等の主張は合点がいきません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

無罪の可能性に言及しちゃうと、刑罰そのものが出来なくなります。
だって日本の確定判決って、間違いだらけですよ。
これにはいろんな原因があります。
裁判官が馬鹿だというのが一番大きな原因ですけどね。
検察べったりで、
最初から有罪ありきの心証をお持ちの裁判官、多いですよ。
あと、捜査機関警察の、捜査方法にも問題ありますね。
被疑者が逮捕されると、
誰も見ることの出来ない留置場に入れられ、
長期間その留置場と、取調室との往復だけ。
こんな扱いを受けると、
犯人ではない人も認めちゃう可能性は高いです。
しかも取調室の中の様子を見せたくない警察によって、
取り調べの可視化は全く前進しませんね。
一度は有罪にされた人が無実だったことがわかっても、
捜査官や裁判官が罪に問われて罰を受けたなんて言う話は聞いたこともありません。
えん罪を作り出しても、処罰されないんですから、
えん罪なんかなくなりませんね。
無実が判明した人に対しての補償もろくなレベルではありませんし。
このように日本の刑事機構はあまりにもお粗末です。
ですので死刑の執行をしてから無実がわかる可能性も、
現行の刑事機構ではあり得ますね。
ただ、それを言っちゃうと、死刑以外の刑罰も、
出来なくなっちゃいます。
刑務所に入れておいて、後で無実だとわかったとき、
雀の涙程度の金を渡してそれでよしとは出来ないと思います。
ですから刑の執行と無実の可能性をリンクさせちゃうと、
話が進まなくなってしまいます。
死刑確定囚人の中には、実際に本当の犯人であっても、
死ぬのが嫌だから再審請求をしてる人も居ますし、
過去に再審無罪を受けた人の中にも、
実際は無実じゃない可能性の高い人も居ます。
ですのでそういういろんなしがらみを抜きにして、
死刑を順番に執行するべきだと思うのです。

お礼日時:2012/01/29 11:18

>わざとやってるんですかね、法務大臣。



違いますね。

法務大臣は各死刑囚の裁判記録や判決理由を自身でさらって、熟慮のあと、納得のいった案件から判を押すのでしょう。
当然のことですが、彼らもなかなか忙しくて、時間が経っているのだと思います。

かって誰が見ても問題があった判決では、結局決済する大臣がいなくて、拘束されたまま実質終身刑で老衰死した囚人も居ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

帝銀事件ですね。
あの当時の警察の捜査なんかろくでもないであろう事は想像できますし、
過去にさかのぼれば、無実なのに処刑された人は相当数居ると思いますね。
やっぱり大臣ってそんなに忙しいんですかね。

お礼日時:2012/01/29 11:20

悲惨な事件の状況や現場を質問の冒頭でちらつかせておいて、最後は死刑囚を尊重しないのかとの意見、質問の構成がよく分からないな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

闇雲に苦しめても仕方がないのではないかと。
とっととぶち殺してしまった方が、
本人の苦しみも少ないし、
被害者遺族の苦しみも多少は和らぐのではないかと。
生かしておいても、
賠償するわけでもないですからね、死刑囚人。
宅間死刑囚はとっとと殺してしまったじゃないですか。
でもほかの死刑囚だって、
宅間みたいなめちゃくちゃ凶悪な犯罪してますよ。
順番に公平に殺した方がいいと思いませんか。

お礼日時:2012/01/29 11:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!