最新閲覧日:

(1)イザナギが淡路島にとても関係が深い。ということは、日本書紀から理解できました。そこで、イザナギに関係の深い場所と言えば、熊野なのでしょうか。
(2)イザナギは、イザナミと国産みをしますが、イザナギだけでたくさんの神を産んでいます。これは、異なった2つの(あるいは、それ以上の)神話をくっつけたのでしょうか。
 

A 回答 (2件)

(1)熊野に関係が深いのは、イザナギではなくイザナミの方でしょう。

「クマ」とは、奥まったところ、日常の世界とは違う常世の世界をあらわす言葉です。かつて日本にはいたるところに「クマ」の世界が拡がり、人はそれを感じ取っていました。暗闇を切り開き古い神を葬る。「もののけ姫」でもとりあげられたテーマです。古き神の奥津城として現在まで残っているのが紀伊半島の熊野です。
(2)淡路島と熊野が対峙していることを考えると、この地を行き来した海洋民の姿を思い浮かべることができます。イザナギ・イザナミの2神で産んだ神々とイザナギが1神で産んだ神々とは性格が大きく異なっています。くっつけたかどうかはわかりませんが、故意の作為は感じられます。

 なお、fayestさんも指摘しておられますが、九州にもイザナギの禊ぎ伝承地があります。
 出雲の熊野の地は、イザナミの埋葬地伝承があります(比婆山)。

 
    • good
    • 0

(1)熊野も関係が深いですし、詳しい場所は忘れましたがイザナギが黄泉の国へ行ったイザナミを助けに行ったとき九州に行ったはずです。

そこで天照大御神等を生んでいるので九州も関係深いと思います。
(2)私には神話の発生源はわかりません。お役に立てずに申し訳ない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報